【2021年最新版】初心者用ベースの人気おすすめランキング10選【10万円以下で買う】

記事ID25735のサムネイル画像

これからベースを始める方や、自宅録音をするギタリストにおすすめの初心者用ベース。値段が安いセット商品や女性向けの軽いもの、人気メーカーの高品質なものまで様々な商品があります。そこで今回は初心者用ベースの選び方と人気商品ランキングを紹介します。ベース初心者の方はぜひ最後までご覧ください。

お気に入りの初心者用ベースで練習しよう!

バンドのメロディー・リズムの両方に重要なベース。これからベースを始める方も多いと思いますが、初心者でいきなり高い楽器を買うのは気が引けますよね。実は、初心者用ベースには3万円以下の格安モデルから10万円以下の本格派モデルまで幅広い商品があります!

 

初心者用ベースを選ぶ際には弾きやすいサイズ・重量以外にベースの種類、ピックアップなど専門的な選び方もできます。しかし初心者の方はまずはモチベーションを上げて練習を続ける事が重要なので、あまり悩みすぎず見た目や人気モデルから選んでも良いと思います。

 

そこで今回は初心者用ベースの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは種類、スケール、ピックアップ、人気メーカーを基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

初心者用ベースの選び方

ここでは初心者用ベースの選び方を紹介します。色々な選び方がありますが、何よりも一番は自分がカッコいい!とテンションが上がるものを選ぶことがおすすめです。

モチベーションを上げたい方は「見た目」で選ぶのがおすすめ

これから本格的にベースを始める初心者の方におすすめしたいのは、まずは自分がかっこいいと感じる見た目で選ぶことです。なるべく早く上達するには愛着が持てるベースを手に入れて、そのベースを手にとって練習する時間をどれだけ確保できるかが重要です。

 

難しく感じるフレーズも日々練習を続けることでいずれ弾けるようになってくるのがベースの楽しさの1つです。憧れのアーティストモデルでも、好きな色でも、ベースを手にするモチベーションが感じられる見た目の好みでベースを探してみましょう。

ベースグッズが何もない方は「セット商品」がおすすめ

これから初めてベースを購入する方で、アンプ・スタンド・ケーブルなどの周辺グッズが何も揃っていない場合には、お得なセット販売モデルもあります。音を出したり日々の練習やお手入れをするには最低限必要なアイテムが揃っていますので確認してみましょう。

左利きの方には演奏しやすい「レフティモデル」がおすすめ

左利きの方用にベースもレフティモデルが販売されています。右利き用より選べる種類は減ってしまうので、右利き用ベースを左利きに無理やり使うケースもあるようですが、ツマミ配置など逆になるため、まずはレフティモデルでお気に入りがないか探してみましょう。

予算で選ぶ

どれぐらいの値段が適正か判断が難しい方は、予算で区切って選ぶことも可能です。3万円以下の安いものから5万~10万円のスタジオ・ライブでも十分なものまで特徴を紹介します。

自宅・スタジオでの練習用には3万円以下の「格安ベース」がおすすめ

初めてベースを手に入れて自宅練習やスタジオでのバンド練習が中心であれば、3万円以下の格安ベースでも十分です。まずはベースがどういうものか体験したい方や、ギタリストの方が自宅録音用で手頃な価格のベースを探している場合におすすめです。

ライブやスタジオ録音で使用する方には5万~10万の「高品質モデル」がおすすめ

バンドでのライブやスタジオでの録音での利用を想定している、あるいは目標としている方には5万~10万円のモデルが音質も良くベースの作りも安定しています。高価な買い物になるので、実際に楽器屋などで触って・試奏して決めるようにしましょう。

サイズで選ぶ

ベースにはネックの長さが異なるロング・ミディアム・ショートの3つのサイズが主流です。それぞれの音の特色があり、体格の小さい方はショートスケールが弾きやすくおすすめです。

はっきりとした音が好みの方におすすめの「ロングスケール」

ロングスケールのベースはいわゆる王道サイズで、最も種類も豊富です。弦の張りをしっかりと確保できるので、各弦1つ1つの音の輪郭がはっきりとしている特徴があります。特に弾きづらさを感じなければロングスケールを選んでおいて問題ありません。

演奏のしやすさを重視したい方におすすめの「ミディアムスケール」

ロングスケールよりも5センチほどネックが短くなっているので、素早いポジションの移動など演奏性が優れているものが多いです。ロングネックよりも少し音がぼやけますが、演奏のしやすさを重視する方はミディアムスケールがおすすめです。

体格の小さい女性やお子様には軽い「ショートスケール」がおすすめ

ミディアムスケールよりもさらに5センチほどネックが短く、体格の小さい方や女性にもおすすめできるのがショートスケールです。全体的な重量も軽くなり、持ち運びも楽です。低音が少しぼやけがちなので、気になる方は演奏方法や音作りでカバーしてみましょう。

メーカーで選ぶ

初心者用ベースの人気のメーカーをご紹介します。失敗しないためには実績があり信頼の高いメーカーから選ぶことがおすすめです。各メーカーの特徴を確認しておきましょう。

元祖・王道モデルがおすすめの「Fender(フェンダー)」

エレキギターでも有名なFender(フェンダー)は、現在のベースの元になる元祖エレキベースを作ったメーカーです。ビンテージとなれば数十万~数百万円になるものもありますが、初心者でも買える10万円以下のモデルも揃えている注目の王道メーカーです。

自社開発力と充実した日本語サポートがおすすめの「YAMAHA(ヤマハ)」

日本人にとっては馴染みの深いYAMAHA(ヤマハ)ですが、オーディオ製品からピアノ・ギター・アンプと楽器製品で人気のメーカーです。ベースでもプロ仕様から初心者モデルまで幅広く揃え、自社開発力の高さと日本人には嬉しい日本語サポートも充実しています。

クセの無い力強いサウンドがおすすめの「Ibanez(アイバニーズ)」

日本の楽器メーカーである星野楽器が展開するギター・ベースのブランドであるIbanez(アイバニーズ)は、音のクセが少なくて力強いサウンドが特徴です。独特でモダンなデザインの楽器も多く、特にロック系ミュージシャンを中心に人気のブランドです。

フェンダー好きで安いモデルが欲しい方におすすめの「Squier(スクワイヤー)」

大人気フェンダーの子会社ブランドの1つで、元祖フェンダーの王道ギターやベースのモデルを元に、廉価版や現代版のオリジナルモデルを展開しています。フェンダーの流れを汲みながら、現代風のオリジナリティを加えたユニークな商品も展開しているメーカーです。

コスパの良いベースを探したい方におすすめの「Bacchus(バッカス)」

バッカスは日本国内の長野県に拠点を置きながら、リーズナブルでオリジナリティのあるギター・ベースを展開しています。特に初めてベースを買う方には、コストメリットがありながらしっかりと必要な性能を備えた高コスパモデルを選ぶ際の選択肢の一つです。

種類で選ぶ

エレキベースは元祖フェンダーが開発したジャズベース・プレシジョンベース以外に、最近は5弦ベースやその他モダンなベースが増えています。それぞれ特徴を紹介します。

太いロックサウンドがおすすめの「プレシジョンベース」

ピックアップが1つだけのシンプルな構成で、図太くパワフルなロックにおすすめのサウンドがプレシジョンベースの特徴です。バンドの土台となるリズムとメロディーをしっかり支えます。最近のモデルではリアにピックアップを追加したカスタムタイプも増えています。

クセが無く幅広ジャンルにおすすめの「ジャズベース」

ジャズベースは、シングルタイプのピックアップをセンター・リアに2つ取り付けた特徴で、クセの無い音でロック、ポップス、ジャズ、R&Bと幅広いジャンルに対応できる音作りのしやすいベースをお探しの方におすすめです。ネックが細めで弾きやすいモデルが多いです。

重低音サウンドでヘビーミュージックにおすすめの「5弦ベース」

ベースの弦は通常4本ですが、5弦ベースはさらに太い弦を1本追加して重低音を出すヘビーなサウンドのロックやメタルに人気のモデルです。ネックの太さが増したり5弦があることにより演奏の仕方にコツが必要ですが、重低音サウンドが好きな方にはおすすめです。

サウンド・見た目も個性的なモデルが好みの方は「その他ベース」がおすすめ

一般的には元祖フェンダーのジャズベース・プレシジョンベースの流れを汲んだデザイン・サウンドのベースが多いです。人とは違う個性的なモデルを探している方は、ハムバックピックアップやボディの形も独特なその他のベースモデルも多数ありますので探してみましょう。

ピックアップで選ぶ

エレキベースの音質は、音を拾うピックアップの種類によって特徴が変わってきます。代表的なベース用ピックアップの音の特徴を確認しておきましょう。

中音域の抜けがよくはっきり明るい音がおすすめの「シングル」タイプ

シングルピックアップは細い棒状のピックアップで、ジャズベースではセンター・リアに2か所搭載されています。繊細なサウンドから太い音までカバーできはっきりした音が出せるため、多様な音楽ジャンルに対応できる音作りの幅広さがおすすめです。

太くて力強いベースらしい音がおすすめの「スプリットコイル」タイプ

プレシジョンベースを中心に採用されているスプリットコイルは、太くて力強い「これぞベース」といった音の特徴があります。ピックでも指引きでも力強いサウンドが出せるので、ロック系を中心とした音楽ジャンルで人気のピックアップです。

ノイズが少なく出力の大きい重低音がおすすめの「ハムバッカー」タイプ

ハムバッカーは大きい長方形サイズで2列のピックアップが配置されています。ノイズに強く音の出力も大きい特徴があり、パワフルな重低音を出せるベースに搭載されています。ミュージックマンのスティングレイというベースがハムバッカータイプで有名です。

初心者用ベースの人気おすすめランキング10選

初心者でも弾きやすい国産エレキベース

Legend(レジェンド)のベースは、初心者用ベース最安値クラスの1万円台で購入できるエントリーモデルのベースで、初心者の1台目にもぴったりのコストパフォーマンスに優れたスタンダードなジャズベースタイプの国産エレキベースです。

 

メーカーは荒井貿易で創業60年以上の歴史があり、低価格ながらもしっかりとした作りのベースで、持ち運びに便利なソフトケースも付いています。まずは自宅やスタジオででの練習用にお手頃なベースを探している方におすすめです。カラーバリエーションも豊富に揃えています。

種類 ジャズベース 弦数 4
スケール 864mm(ロングスケール) ピックアップ シングル x 2

口コミを紹介

ベースを始めてみたい方にはいい商品だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

女性やお子様も楽しめるコンパクトベース

Squier(スクワイヤー)のショートスケールベースは、大人から子供まで、体格の小さな女性にも弾きやすいショートスケールのコンパクトなベースです。手の小さい方にもおすすめの握りやすくフレットの間隔も狭くなっているので、演奏のしやすさが特徴的なベースです。

 

初心者の方にもおすすめのコストパフォーマンスにも優れたモデルで、重すぎず自宅やスタジオに持ち運んでの練習にもピッタリです。音は独自のシングルピックアップのはっきりした音色で、ジャンルを問わず幅広く使えます。コンパクトなベースをお探しの方におすすめです。

種類 その他 弦数 4
スケール 762mm(ショートスケール) ピックアップ シングル

口コミを紹介

ロングスケールとはまた違った魅力がありますね。値段はチープですが、音のバランスの良さ等、満足しています。ルックスも可愛らしく、人に勧めたくなりますね。

出典:https://www.amazon.co.jp

5弦のパワフルな重低音ベース

YAMAHA(ヤマハ)の5弦ベースの人気モデルで、個性的な見た目とハムバッカーピックアップをセンター・リアに配置してパワフルな低音の出力に優れた重低音サウンドと、ボリュームやトーンの調整で幅広い音作りと瞬時の切り替えが可能なイコライザースイッチが付属しています。

 

見た目・サウンドともにモダンで最先端のベースとして人気が高く、演奏のしやすさと反りや歪みにも強い耐久性の高い設計が特徴です。ライブやレコーディングでも活躍する高機能なサウンド調整ができますので、自宅練習で上達した先にライブ・レコーディングを考えている方におすすめです。

種類 その他 弦数 5
スケール 863.6mm(ロングスケール) ピックアップ ハムバッカー x 2

口コミを紹介

実物を手にしてみると、弾きやすさも重さも丁度良く、満足してます。色はレッドですが、こちらも綺麗で映えるので、良いですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

初心者に嬉しい13点セット

購入してその日に練習がスタートできる入門セットとして最適な13点のセット商品がついた初心者に嬉しいモデルです。アンプやシールドケーブル、チューナーなどですぐに音を出しての演奏や、ベースのレッスン本、お手入れ用のクロス・クリーナーもついていて実用性が高いです。

 

ベース本体も人気のバッカスのジャズベースで、お手頃な価格ながら歴史のあるワンランク上のクオリティのしっかりとした創りのエントリーモデルです。これからベースを始める方には、最低限必要なものがまとめて購入できますので、経済的かつ手間もかからずおすすめです。

種類 ジャズベース 弦数 4
スケール 863.6mm(ロングスケール) ピックアップ シングル x 2

口コミを紹介

私自身も昔バンドでベースを担当していたのですが、この商品はスターターキットとして、必要十分だと思います。これよりも安い商品はありますが、アンプの違いとスタンドが付属するこちらをお勧めします。

出典:https://www.amazon.co.jp

時代に左右されない王道ジャズベース

Fender(フェンダー)のTRADITIONAL 60S JAZZ BASSは、1962年当時のデザインを再現したジャズベースの王道モデルで、時代に左右されないメリハリの効いたサウンドで幅広い音楽ジャンルに対応します。日本製でクオリティの高い素材と製造手法で作られた高品質ベースです。

 

自宅やスタジオでの練習だけではなく、ライブやスタジオでのレコーディングにも十分な音質の良さで、単に旧式の復刻モデルではなく新しいカラーバリエーションや演奏のしやすさも工夫されています。ライブ演奏やレコーディングを目標に本格的なベースを探している方におすすめです。

種類 ジャズベース 弦数 4
スケール 864mm(ロングスケール) ピックアップ シングル x 2

口コミを紹介

ネットでギター系を買うのは怖かったのですが、大変満足してます。フェンダージャパンなので、信頼性がありますね。良い買い物をしました。

出典:https://www.amazon.co.jp

自宅練習に便利なヘッドフォンアンプ付き

YAMAHA(ヤマハ)の発売40周年を迎える人気ベースシリーズ「BB」の伝統を継承したエントリーモデルで、プレシジョンベースを軸にリアにシングルピックアップを搭載したカスタムタイプで、多様性のあるサウンドとクリーンでパワフルな音に特徴のあるベースです。

 


セットで付属しているVOXの小型アンプは、シールドケーブル不要でケーブルジャックに指すだけで使用できるヘッドホン用アンプです。周囲への騒音が気になる方におすすめで、練習用のリズム・パターンを鳴らしたり、AUXポートで好きな音楽を流して自宅で効率的に練習ができます。

種類 プレシジョンカスタム 弦数 4
スケール 863.6mm(ロングスケール) ピックアップ スプリットコイル・シングル

口コミを紹介

デザインがシンプル。
音も想像より響く感じで気持ちがいい。

出典:https://www.amazon.co.jp

リーズナブルな王道ジャズベース

ジャズベースのグローバルスタンダードモデルとも呼べるFender(フェンダー)のPlayerは、リーズナブルな価格ながらライブ演奏やスタジオでのレコーディングにも活躍する高スペックのベースです。2基のシングルピックアップで様々なスタイルの音楽に対応できます。

 

現代のベースプレイヤーにとってより弾きやすさにこだわった細めのネックで手の小さい方にもおすすめです。バンドを組んでライブやスタジオでの録音と、大きな音の中でもしっかりとした存在感を出せるパンチの効いたサウンドが特徴です。ハズレの少ないベースが欲しい方に最適です。

種類 ジャズベース 弦数 4
スケール 864mm(ロングスケール) ピックアップ シングル x 2

口コミを紹介

今までYAMAHAを使用していましたが、Fenderの音に感激しましたです。このベース価格は安いですが価格以上に作りも塗装も丁寧です。大変気に入りました。

出典:https://www.amazon.co.jp

多彩な音作りができて弾きやすい

Ibanez(アイバニーズ)のSR300Eは、身体との一体感を追求した現代風のボディ・ネックデザインによる弾きやすさと、ピックアップ・イコライザーによる音調整の使いやすさが特徴です。ハムバッカータイプで音の立ち上がりの良さとハッキリ明瞭なサウンドのピックアップを搭載しています。

 

3万円台と初心者にもお求めやすい価格設定で、はじめての1本にも適切です。握りやすいスリムネックで、体格の小さい女性や手の小さい方にもおすすめできます。

種類 その他 弦数 4
スケール 864mm(ロングスケール) ピックアップ ハムバッカー x 2

口コミを紹介

鮮やかで万能なサウンド。パワフルなトーンコントロールを備えた美しい低音。どんなスタイルの音楽にも適しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

太く力強い重低音ベース

ヤマハ(YAMAHA)のTRBXシリーズは太くて力ず良い重低音を核としつつ、豊富なコントロールやイコライザースイッチによる柔軟な音作りができる次世代のスタンダードモデルです。モダンなスリムネック・立体カットのボディデザインで、軽くて持ちやすいデザインです。

 

特徴的なのは、ピックアップの電池オン・オフを切り替えるスイッチがついていて、繊細で温かいパッシブサウンドと力強くクリアなアクティブサウンドを使い分けられます。ライブやレコーディングのための音作りにも適した、初心者から次のステップを目指す方におすすめのベースです。

種類 その他 弦数 4
スケール 863.6mm(ロングスケール) ピックアップ ハムバッカー x 2

口コミを紹介

学校でも使われているし、YAMAHAなので不良品なんてことはないだろうなと思って買いました。初心者なので詳しいことはわかりませんが、いい音質だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

重々しく唸るベースの真骨頂モデル

Fender(フェンダー)のPlayer Precision Bassは、重量感があり存在感バツグンの、これぞベースといったサウンドが特徴の王道プレシジョンベースです。大音量のバンド演奏でも音のパンチがあり、バンドのリズム・メロディーを支える重厚なロック系ベーススタイルの方におすすめです。

 

クラシックのフェンダーの伝統をしっかりと引継ぎながら、ネックの弾きやすさや最新のピックアップによる音量強化など時代のニーズにしっかりと合わせています。ロック・パンク・ファンクなどパワフルで骨太なベースサウンドを求めている方にぜひ試してほしいベースの真骨頂モデルです。

種類 プレシジョン 弦数 4
スケール 864mm(ロングスケール) ピックアップ スプリットコイル

口コミを紹介

2万円クラスの安価なモデルと比べて、本品は品質の良い部品が使われています。10万円超えの高級モデルとは比べていませんが。しかしじゅうぶん満足できるもの。

出典:https://www.amazon.co.jp

初心者用ベースのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7109706の画像

    Fender(フェンダー)

  • 2
    アイテムID:7143606の画像

    ヤマハ(YAMAHA)

  • 3
    アイテムID:7109704の画像

    Ibanez(アイバニーズ)

  • 4
    アイテムID:7109703の画像

    Fender(フェンダー)

  • 5
    アイテムID:7140764の画像

    YAMAHA(ヤマハ )

  • 6
    アイテムID:7109702の画像

    Fender(フェンダー)

  • 7
    アイテムID:7109697の画像

    Bacchus(バッカス)

  • 8
    アイテムID:7109695の画像

    YAMAHA(ヤマハ)

  • 9
    アイテムID:7109715の画像

    Squier(スクワイヤー)

  • 10
    アイテムID:7109692の画像

    Legend(レジェンド)

  • 商品名
  • Player Precision Bass
  • エレキベース TRBX304
  • エレキベース SR300E
  • Player Jazz Bass
  • BB234 & VOXベースアンプ
  • MTRADITIONAL '60s JAZZ BASS
  • エレキベース入門13点セット BJB-1R
  • エレキベース 5弦 TRBX305
  • エレキベース Bronco
  • エレキベース LJB-Z
  • 特徴
  • 重々しく唸るベースの真骨頂モデル
  • 太く力強い重低音ベース
  • 多彩な音作りができて弾きやすい
  • リーズナブルな王道ジャズベース
  • 自宅練習に便利なヘッドフォンアンプ付き
  • 時代に左右されない王道ジャズベース
  • 初心者に嬉しい13点セット
  • 5弦のパワフルな重低音ベース
  • 女性やお子様も楽しめるコンパクトベース
  • 初心者でも弾きやすい国産エレキベース
  • 価格
  • 64,799円(税込)
  • 35,752円(税込)
  • 33,111円(税込)
  • 76,230円(税込)
  • 39,693円(税込)
  • 84,800円(税込)
  • 29,990円(税込)
  • 42,799円(税込)
  • 26,400円(税込)
  • 15,160円(税込)
  • 種類
  • プレシジョン
  • その他
  • その他
  • ジャズベース
  • プレシジョンカスタム
  • ジャズベース
  • ジャズベース
  • その他
  • その他
  • ジャズベース
  • 弦数
  • 4
  • 4
  • 4
  • 4
  • 4
  • 4
  • 4
  • 5
  • 4
  • 4
  • スケール
  • 864mm(ロングスケール)
  • 863.6mm(ロングスケール)
  • 864mm(ロングスケール)
  • 864mm(ロングスケール)
  • 863.6mm(ロングスケール)
  • 864mm(ロングスケール)
  • 863.6mm(ロングスケール)
  • 863.6mm(ロングスケール)
  • 762mm(ショートスケール)
  • 864mm(ロングスケール)
  • ピックアップ
  • スプリットコイル
  • ハムバッカー x 2
  • ハムバッカー x 2
  • シングル x 2
  • スプリットコイル・シングル
  • シングル x 2
  • シングル x 2
  • ハムバッカー x 2
  • シングル
  • シングル x 2

初心者用ベースはギタリストの自宅録音にもおすすめ

自宅でドラムやベースを入れて作曲などの作業をしたいギタリストの方にも初心者用ベースはおすすめです。低価格でも有名メーカーのベースなどは作りはしっかりとしているベースが多いので、コストを抑えながら自宅レコーディングのクオリティをアップできます。

初心者用ベースセットはダメ?

ネットの口コミでは、ベース初心者用セットの評判の良し悪しは様々です。セット商品は手間をかけずに必要な周辺グッズを安くまとめて揃えられるメリットはありますが、取り扱う販売店によってセットに含まれているグッズの質は様々です。

 

セット購入時の注意点として、ベース本体はしっかりしたメーカーのものを選ぶようしましょう。セットに付属しているグッズ1つ1つはそんなに高価ではなく、無くても大きな問題になりませんが、ベース本体の質が悪いとライブ・スタジオの演奏に大きな支障が出ます。

初心者ベーシストから上達するためにやることは?

初心者用ベースを手に入れたら、早速練習をはじめましょう。何から始めていいか悩む方は練習方法の進め方の一つとして以下を参考にしてみてください。

初心者用のレッスン本を読む

まずベースはどのような楽器か、ピッキングや指弾きの違いなどの基礎の部分からしっかり知りたい方は、初心者用のレッスン本からスタートすることがおすすめです。ベースを弾く上で必要な用語や奏法の特徴など最低限必要となる知識を身に着けましょう。

好きな曲のベースをコピーする

ある程度基礎的なリズムの取り方や音の出し方に慣れてきた方は、お気に入りの曲でベースのコピーを始めましょう。慣れてくれば耳で聞きながらコピーもできるようになりますが、最初はコピーする曲のタブ譜を探してタブ譜を見ながら練習をするのがおすすめです。

ベースの練習用動画を探す

最近は動画でベースの練習法やコツを解説している無料動画も増えてきています。レッスン本やタブ譜だけではわかりにくい手の位置や動かし方なども動画だと分かりやすいので、さらにレベルアップしたい方は上手な方を手本に研究していくことが重要です。

まとめ

今回は初心者用ベースの人気商品をご紹介しました。初心者用ベースの選び方には種類、スケール、ピックアップ、人気メーカーなどから選ぶ方法がありましたね。ご紹介した情報を参考にご自身に合ったドラムスティックを見つけてみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年05月14日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事