スピーカーフォンの人気おすすめランキング21選【個人用や会議用もご紹介】

リモートワークに便利なスピーカーフォンですが、単一指向性や全指向性など、さまざまな種類があって迷いますよね。そこで、マイクスピーカーを選ぶ際のポイントと、個人の1人用のものや複数人用など使用人数別のおすすめ商品をランキング形式でまとめました。

TeamsやZoomなどの会議が多い方はスピーカーフォンに注目

ZoomなどWeb会議等のリモート・テレワークで使用する製品を揃えるにあたって、関連機器をすべて買い揃えると高くついてしまうと思う方も多いのではないですか。ポイントを押さえて製品を選べば、出費を1万円程度に抑えるのも可能になります!

 

そこで、今回はオンラインでの仕事に必要なスピーカーとマイク両方の役割を1つで果たすスピーカーフォン・マイクスピーカーについて、商品選びに重要なポイントの解説と、おすすめな人気商品のランキングをご紹介します。

 

ランキング作成にあたっては、1人用の個人で使えるものや複数人で使用できるものなど、使用人数別機能性価格を基準として順位付けしています。オンライン会議のための製品選びに迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

スピーカーフォンの選び方

メーカーからさまざまな商品が発売されていますが、その中からコスパの良いものを購入するため、スピーカーフォンを選ぶ際のポイントをいくつか説明していきます。

機能性で選ぶ

スピーカーフォンを選ぶ際にまず重要なのは、搭載されている機能です。機能によってコストパフォーマンスが大きく異なる場合もありますので、特に注意が必要です。

ハウリングを除去する「エコーキャンセリング」機能

PC内蔵のスピーカー・マイクを複数人で同時に利用すると、まず気になるのがハウリングです。話している以外の人がマイクをその都度ミュートにしなければいけないのは手間がかかる上、コミュニケーションのトラブルにつながります。

 

それらの問題を解決するのが「エコーキャンセル」(ハウリングキャンセル、エコーキャンセリングとも)機能です。これによって、複数人が同時に話してもハウリングが発生するのを防ぎ、聞きやすい音声に調整されます。

タイピング音などの周囲の雑音を相手に伝えない「ノイズキャンセリング」

オフィスの環境によっては、通話中にも周囲の雑音で通話者の声が聞こえづらくなる場合がありますが、そうした不必要な音声を自動で減音してくれるのがノイズキャンセル(ノイズキャンセリングとも)機能です。

 

スピーカーフォンはPC内蔵のマイクよりも音を拾いやすいため、通話中の話し声だけでなく雑音が聞こえやすくなってしまう場合もあります。通話相手にストレスを与えないために重要な機能といえます。

複数人の声を自動で聞きやすく調整する「オートゲインコントロール」

スピーカーフォンを複数人で利用する際、マイクからの距離によって声が拾われにくい位置が出てくる場合が考えられます。広い会議室で遠くの人に声を張ってもらわなければいけないとなると使いづらさを感じますよね。

 

そうしたストレスを軽減するのが、マイクとの距離に左右されずに自動で聞きやすい音声に調整してくれるオートゲインコントロール機能です。

 

大人数・広い部屋を利用する会議でスピーカーフォンを利用する際には、この機能の有無によって使いやすさがかなり変わるので、購入前に確認するのもおすすめです。

メーカー独自の音声処理機能「VoiceIA」

こちらはさまざまな種類のスピーカーフォンを販売しているeMeet社が独自開発した音声処理機能です。人の声に反応し、スピーカーフォンから1M以上離れた音(タイピング音等の雑音)を抑制して、会話をより聞こえやすく快適にします

 

会議室のような閉鎖的な空間のみでなく、壁の無いオープンスペースを利用する場合にも、必要な音だけを拾うので、相手に不快感を与えず会話に集中できます。

マイクの指向性で選ぶ

指向性とはスピーカーフォンが音を拾う角度で、主に単一指向性全(無)指向性の2種類があります。用途に応じて選びましょう。

テレワーク時の1人用として個人間での会話をしっかり聞き取りたいなら「単一指向性」

「単一指向性」とは1つの方向からの音のみを拾う機能を指します。1人用に向いているので、テレワークなどで個人間で利用したり、1人の発話者の発言をしっかり聞き取りたい場合は、単一指向性が向いています。

 

音を拾う範囲は狭いので、音量が低く聞こえる場合もあるため音量調節を徹底しましょう。

大会議室などのWeb会議用でみんなで発話するなら「全指向性」

対して、「全指向性」は360度すべての方向から音声を拾うので、マイクに近づいたり角度を調整する必要がありません。

 

個人で利用する際には「単一指向性」の製品でも問題ありませんが、複数人でのWeb会議用にはどこからでも会話に参加できる「全指向性」がより適しておりおすすめです。

接続方法で選ぶ

大きく分けて有線、無線の2種類があります。それらのメリット・デメリットを紹介しながら、それぞれの接続方法にどのような違いがあるのかを確認していきます。

安定した回線で選ぶならUSBで接続する「有線接続」

スピーカーフォンの接続方法として最も基本的なのがUSBポータルやケーブルを利用した有線接続です。常に接続先のデバイスから電力が供給されるので充電する必要がなく、ケーブルをつなぐだけで良いので接続する際の手間がかかりません。

 

そして、有線接続の最大のメリットが「通信の安定性」です。会議の途中で音声が途切れたり、ラグが生じる心配がないのが一番の長所といえます。

 

一方で、ケーブルが足元や卓上に来るので邪魔になったり、スピーカーフォン本体を設置する場所が限られてしまうといったデメリットもあります。

どこからでも機器をつなぐなら「Bluetooth」接続がおすすめ

Bluetoothでの無線接続はケーブルを用いずにどこからでも機器と接続できるので、離れたところからも利用できます。また、ペアリングによってスマートフォンやタブレットなどのPC以外のデバイスとも接続できるので、多様な使い方が可能です。

 

有線での接続よりも環境によっては音声が聞こえづらくなったり、ペアリングがうまくいかず接続に時間と手間を要する場合があります。

 

デメリットもあるものの、有線接続の悩みを解決してくれる機能でもあるので、場所や用途に合わせて使い分ければ非常に便利です。

かざすだけで素早く接続できる「NFC」接続

NFCとは近距離無線通信で、対応機器をかざすだけで素早く接続できる機能を指します。最も身近な例としては、通勤時などに利用する電子マネーなどが挙げられますBluetoothと同じく無線接続に分類されますが、NFCのメリットはペアリングする時間がかからない点です。

 

使いたいときにさっと接続してすぐ使えるので、時間短縮や作業の効率化につながります。NFCは対応機種が限られますので、購入を考える場合は使用する機器に搭載されているかどうかを必ず確認しましょう。

使用人数・会議の規模で選ぶ

スピーカーフォンを選ぶ際には、どのような規模の会議で利用するかも重要です。実際にスピーカーフォンを利用するシーンを想定し、適切な商品を選びましょう。

「少人数(1~5人)」向けにはノイズキャンセル機能付きを

個人でのリモートワーク用、もしくは5人以下の少人数で使用する場合には小型のスピーカーフォンでも十分に利用できます。小型のタイプはかなり安価なので品質に不安があるかもしれませんが、ポイントを抑えて選べば安価な商品でも全く問題ありません。

 

5人以下の少人数・小部屋での会議であれば、集音半径が5M以下の製品がおすすめです。集音半径とはスピーカーフォンが音を拾う範囲を指します。必要以上の音を拾わないためにも、広すぎないものが良いといえます。

 

また、会議室の規模が小さい場合には、エコーキャンセル・ノイズキャンセルなどのハウリングを防いでくれる機能が搭載されているものを選ぶとより快適に会話できます。

「中~大人数(5~10人)」向けには内蔵マイクの多いタイプを

5~10人での会議には、「集音半径」が5M以上で、「オートゲインコントロール」機能が搭載されており、マイクの指向性が「全指向性」のものが適しています。

 

なお、スピーカーフォンに内蔵されているマイクの数は製品によって異なります。「全指向性」のマイクといっても、1つのみ内蔵されている場合と複数内蔵されている場合では音の拾い方に差がありますので注意しましょう。

 

多いものでは1台のスピーカーフォンに6つのマイクが内蔵されていて、全角度から音を拾いやすくなるように作られている製品があるのでそちらもおすすめです。

「超大人数(10人以上)」向けには2~4台で連結できるセットがおすすめ

10人以上の大人数での会議には、スピーカーフォンから離れていても音声を広範囲に拾ってくれる集音半径が5M以上で、複数人の声を自動で聞きやすいように調整するオートゲインコントロール機能が搭載されたものにするとより快適です。

 

1台でも10人以上に対応する製品もありますが、大きな部屋に対応しやすいスピーカーフォンを2~4台連結させて対応人数を増やせる連結機能があるものがおすすめです。スピーカーフォン同士を連結して、人数の変動・増加に柔軟に対応できます。

 

15人以上の会議用に連結を想定している商品の中には、始めから2個セットで販売しているものもあり、非常に便利なのでそちらもおすすめです。

安い価格でコスパ重視なら「軽量・コンパクト」なものがおすすめ

スピーカーフォンの平均的な価格は15000円~20000円程ですが、なかには10000円を切る買い求めやすいものや、十万円を超える高額な商品もあってピンキリです。高額な商品は多機能なものが多いものの、用途によっては平均以下の価格の製品でも十分利用できます。

 

コスパを重視したい方は、上記の多数ある性能の中での優先順位を決めると目的に合った製品を選びやすくなります。機能性よりもコストを重要であれば、10000円以下の安価な製品が多い小型・軽量モデルがおすすめです。

 

なお、本品自体の値段だけではなく、付属品が必要かどうかも確認するとよりコストを抑えられます。接続するケーブルや持ち運び用の収納ケース等を買い足さなくても利用できるもの、もしくは買い足しても予算内に収まるものを選びましょう。

メーカーで選ぶ

スピーカーフォンには海外製から日本製まで種類が豊富にラインナップされています。好みや性能など特徴も違うので、用途や予算に合わせて選びましょう。

オフィスや会議用のマイクスピーカーなら「eMeet・Jabra」

大人数が発言する会議では、それぞれの発話を理解していないと会議についていけません。クリアな音質で会話の内容に集中できる会議用のスピーカーフォンが必須です。

 

eMeetやJabraで販売されている据え置きタイプとして使用できる大型マイクスピーカーは16名までの大会議室にも対応しています。ポータブルサイズのスピーファーフォンもあり、用途や使用人数に合わせて使用できます。

iPadやiPhoneなどのスマホに接続しやすい「YAMAHA(ヤマハ)」

あらゆるデバイスとの互換性で選ぶならYAMAHA(ヤマハ)がおすすめ。USBとBluetoothの2つの接続方式を搭載しパソコンはもちろん、タブレットやスマホとも連携が可能です。

 

さらにNFC接続に対応したスマホやタブレットは、かざすだけで遠隔地とのコミュニケーションが可能になっています。小型軽量でありながら堅牢性があり、ポーチでどこでも持ち運びが叶うのもポイントです。

高音質の日本製で選ぶなら「Anker(アンカー)」

日本を代表するデバイスメーカーのAnker。大容量モバイルバッテリーやスピーカーなどあらゆるジャンルのIT機器をラインナップしています。Ankerのスピーカーフォンは、全指向性マイクを搭載し、6つのマイクで360度の音を拾うのが特徴です。

 

優れた音声処理機能で高音質を楽しめ、声の大きさと距離を調節し音量を最適化する機能も搭載。ストレスのないオンライン会議をサポートしてくれるでしょう。

少人数向けスピーカーフォンの人気おすすめランキング9選

9位

ポリー(Poly)

スピーカーフォン

価格: 20,520円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

屋外でも使用できる会議用スピーカーフォン

パソコンやスマホなど、3台同時に接続が可能な機能的スピーカーフォンです。リモート会議中のマイクやスピーカーに使えるだけでなく、スマホの充電や音楽用のスピーカーとしても活用できます。

 

防塵性能にも優れ、屋外での会議用にもおすすめです。ケースも付属し、コードも本体に格納できるのでコンパクトに持ち運べます。

搭載機能 Web会議用マイクスピーカフォン・音楽スピーカー・モバイルバッテリーの1台3役 接続方法 USB×1+Bluetooth×2
指向性 全指向性 対応人数 最大4人

口コミを紹介

リモート会議のマイク決定版!
迷ったらこれを買えば間違いないです。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

アバイア (AVAYA)

スピーカーフォン

価格: 13,980円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドイツのReddot awardを受賞したスマートデザイン

革新的なデザインでドイツのデザイン賞をも受賞したおしゃれな形状が魅力です。最大4人の小規模会議に対応しており、パソコンへ無線で繋げて使用できます。

 

コンパクトで持ち運びしやすいので、リモートワークや会議室など場所を選ばず使えるのもポイントです。

搭載機能 全二重機能・エコーキャンセレーション 接続方法 Bluetooth・NFC
指向性 全指向性 対応人数 最大4人

口コミを紹介

オンラインMTGに使っています。他製品を使ったところ満足できなかったので本製品を購入しまして2週間使っていますが、これまでのところ非常に快適です。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

Dell Computers

スピーカーフォン MH3021P

価格: 23,140円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

効率的なケーブル管理で持ち運びしやすい

スタイリッシュで小型のデザインで、ケーブルも本体に巻きつけられるなどコンパクトに取り扱えるのが魅力です。ケーブルがカバン内で絡まるのを防ぎ、手軽にバッグに入れて持ち運べます

 

ノイズやエコーをカットし、クリアな通話を楽しめ電話会議もストレスを感じません。

搭載機能 マルチポート アダプター・エコー キャンセル・ノイズ リダクション 接続方法 HDMI・Type-C・Type-A
指向性 全指向性 対応人数 最大6名

口コミを紹介

ややお値段は張りますが、スピーカーマイクとしても、ハブとしても、見た目的にも、携帯性でも、非常にバランスの取れた良い製品だと思います。さすがデル製品の品質!

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

オーディオテクニカ

スピーカーフォン

価格: 16,500円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

どこでも話しやすい高性能マイクを採用

環境騒音を低減し、どこにいても相手にクリアな声を届けます。声量を整えて相手に聞きやすい音量に調整するオートゲインコントロールや、発言者の音を感知し自動でフォーカスするビームフォーミングなど機能性が充実しているのも魅力です。

搭載機能 ビームフォーミングマイク・ノイズリダクション機能・オートゲインコントロール・エコーキャンセラー 接続方法 Bluetooth通信・USB Type-C/Type-A
指向性 全指向性 対応人数 最大6名

口コミを紹介

エコーキャンセル機能の効果は絶大です!それに音が随分クリアになり、オンライン上の相手の声がとても聞き取りやすくなりました。お陰様でミーティングがスムーズに進行できるようになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

EPOS(旧Sennheiser)

SP20 ML

価格: 20,570円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

三者通話が可能なEPOSの小型モデル

ゲーミングデバイス機器を扱うEPOS社の高音質な小型スピーカーフォンです。機器を同時につないで三者通話が可能な点が特徴です。持ち運び用のポーチを含めた値段となっているため、別途購入する必要がありません。

搭載機能 エコーキャンセル 接続方法 有線
指向性 全指向性 対応人数 1~4人

口コミを紹介

複数人参加の電話会議で大活躍しています。さすがドイツ製。お高いですが、使う価値ありです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

サンワサプライ

MM-MC28

価格: 11,864円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

価格が安いのに高コスパ製品

小型・軽量で持ち運びやすい点と10000円で購入できる価格が魅力の製品です。また、Zoom・Teamsにも対応しているのでさまざまなシーンで活用できます。こちらは連結機能が無いタイプですが、少人数の会議には問題なく利用できるのも魅力です。

搭載機能 エコーキャンエル 接続方法 有線
指向性 全指向性 対応人数 1~5人

口コミを紹介

ウェブミーティングに使っています。運動を見せたりするので、3メートルくらい離れたところに置いて使っていますが、マイクとしての集音も、スピーカーとしての音質も快適です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ヤマハ(YAMAHA)

YVC-200B

価格: 27,768円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テレワークや1人用におすすめ!個人で使える高機能なヤマハ製

音質に関する3つの機能・無線接続機能が搭載されており、安定性・使いやすさ・音質ともに購入者の満足度が高いおすすめ商品です。価格は平均よりも高めですが、機能性・音質の良さを求めるのであればヤマハが最適です。

 

個人で使える1人用なので、リモート会議に最適です。なお、カラーはブラック・ホワイトから選べるので、デザイン性でもほかの商品よりも優れているといえます。

搭載機能 エコー・ノイズキャンセル、オートゲインコントロール 接続方法 有線、無線(Bluetooth、NFC)
指向性 全指向性 対応人数 1~4人

口コミを紹介

5〜6人ぐらいの少人数の会議で使っています、相手はSlackコールを利用したリモートという環境です。MacとBluetooth接続していますが、接続も問題なく良好で音質もとてもクリアです。余計な出っ張りもないので、持ち運びも楽だし、操作も分かりやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Jabra(ジャブラ)

SPEAK510 MS

価格: 17,500円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

PCだけでなくスマートフォンとの接続が可能

Bluetoothでの無線接続が可能なほか、ヘッドセットをつけられるので個人での利用にも最適です。雑音を自動で処理してくれ、クリアな通話ができるのも魅力的な点といえます。価格は平均的ですが、十分な機能を備えた人気商品です。

搭載機能 エコー・ノイズキャンセル 接続方法 有線、無線(Bluetooth)
指向性 全指向性 対応人数 1~4人

口コミを紹介

今まで入らなかったすこし離れた場所の音すら拾ってくれるのでマイクの収音範囲の性能に驚きましたスピーカーもクリアに聞こえます。PC附属のマイクとスピーカーと圧倒的に性能が違うことがすぐに体感できました。

出典:https://www.amazon.co.jp

全方向から音を集めるスピーカーフォン

全指向性マイク搭載で、全方向から声を集められます。ノイズリダクション機能により、クリアな音質で通話できます。相手側に均一な音量で届ける事ができるので、ストレスのない会議が可能です。

 

Bluetoothによるワイヤレス接続と、USB-C・USB-Aの有線接続も可能です。

搭載機能 ノイズリダクション機能 接続方法 Bluetooth・USB-C・USB-A
指向性 全指向性 対応人数 -

口コミを紹介

他メーカーのものは安くて3万円以上しますが、この価格でこの性能はコスパが良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

少人数向けスピーカーフォンおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 搭載機能 接続方法 指向性 対応人数
1
アイテムID:10321042の画像
PowerConf S3

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

全方向から音を集めるスピーカーフォン

ノイズリダクション機能 Bluetooth・USB-C・USB-A 全指向性 -
2
アイテムID:10321039の画像
SPEAK510 MS

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

PCだけでなくスマートフォンとの接続が可能

エコー・ノイズキャンセル 有線、無線(Bluetooth) 全指向性 1~4人
3
アイテムID:10321036の画像
YVC-200B

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

テレワークや1人用におすすめ!個人で使える高機能なヤマハ製

エコー・ノイズキャンセル、オートゲインコントロール 有線、無線(Bluetooth、NFC) 全指向性 1~4人
4
アイテムID:10321033の画像
MM-MC28

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

価格が安いのに高コスパ製品

エコーキャンエル 有線 全指向性 1~5人
5
アイテムID:10321030の画像
SP20 ML

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

三者通話が可能なEPOSの小型モデル

エコーキャンセル 有線 全指向性 1~4人
6
アイテムID:10321027の画像
スピーカーフォン

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

どこでも話しやすい高性能マイクを採用

ビームフォーミングマイク・ノイズリダクション機能・オートゲインコントロール・エコーキャンセラー Bluetooth通信・USB Type-C/Type-A 全指向性 最大6名
7
アイテムID:10321024の画像
スピーカーフォン MH3021P

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

効率的なケーブル管理で持ち運びしやすい

マルチポート アダプター・エコー キャンセル・ノイズ リダクション HDMI・Type-C・Type-A 全指向性 最大6名
8
アイテムID:10321021の画像
スピーカーフォン

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ドイツのReddot awardを受賞したスマートデザイン

全二重機能・エコーキャンセレーション Bluetooth・NFC 全指向性 最大4人
9
アイテムID:10321018の画像
スピーカーフォン

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

屋外でも使用できる会議用スピーカーフォン

Web会議用マイクスピーカフォン・音楽スピーカー・モバイルバッテリーの1台3役 USB×1+Bluetooth×2 全指向性 最大4人

大人数向けスピーカーフォン人気おすすめランキング6選

6位

ヤマハ(YAMAHA)

YVC-330

価格: 57,960円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヤマハの単一指向性スピーカーフォン

ヤマハの中規模会議向けスピーカーフォンです。音質をより良くする機能と、多様な接続機能が搭載されています。今回ご紹介する中で唯一の単一指向型マイクですが、三方向に搭載されているのでどの角度からでも音を問題なく拾えます。

 

また、メーカーの推奨する使用人数は4~6人となっていますが、10人の会議でも問題なく利用できるので、大規模の会議にも対応できるといえます。

搭載機能 エコー・ノイズキャンセル、オートゲインコントロール 接続方法 有線、無線(Bluetooth、NFC)
指向性 単一指向性×3 対応人数 4~6人

口コミを紹介

広めの会議室でもみんなの中心に置いておけばクリアに音声を捉えてくれます。PCにUSB接続するだけでバスパワーで動いてくれるのもわかりやすくてグッドです

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

Anker

PowerConf

価格: 13,980円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Zoom上のミュート機能と連動する人気の多機能商品

エコー・ノイズキャンセル、オートゲインコントロール等の優れた音声処理機能に加え、どこからでも音声を拾う全指向性マイクを6つも搭載しているため、円滑で快適な通話ができる高音質さが人気です。

 

さらに、Zoomミーティング公式認証機能で製品のボタンとZoom上のミュート表示が連動するので非常に便利な製品です。日頃からZoomを利用したWeb会議をおこなう方に特におすすめです。

搭載機能 エコー・ノイズキャンセル、オートゲインコントロール 接続方法 有線、無線(Bluetooth)
指向性 全指向性 対応人数 1~8人

口コミを紹介

自分の音声のオンオフがワンタップで切り替えられるのは本当に便利です。接続も非常に簡単でスムーズ。Bluetooth接続でも一度繋げば、2回目以降は本体の電源入れる自動でpcやiPadと繋がります。音声出力の音質もとてもクリアで、音声入力の感度もよいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

eMeet

OfficeCore M0

価格: 7,999円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトサイズで持ち運びに便利だから出張先でも使う方におすすめ

小型で軽量ですが、特許取得済みのvoiceIA機能による音質の良さ・全指向性のマイク四つを搭載・SkypeやZoomなど通話アプリへの対応が可能といった高音質・多機能の商品です。

 

また、USBでの有線接続ですがPCだけでなくスマートフォン・タブレットともつなげます。価格は10000円以下と安価で、購入しやすい点も本品の魅力です。

搭載機能 エコー・ノイズキャンセル、VoiceIA 接続方法 有線
指向性 全指向性 対応人数 8~10人

口コミを紹介

同じようなスピーカフォンの中では安い方なので、音質は期待していなかったが、国内メーカで値段が倍するスピーカフォンより音質は聴きやすかった。マイクの音を取り込む方向のLEDが光ることで音をとらえていることも分かります。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

eMeet

Luna

価格: 10,999円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4台連結可能!多機能で安価で高コスパの人気商品

こちらは音声処理機能と全指向性のマイクを4つ搭載しており、広い会議室でも均等に音声を拾うため、本体と離れた場所に座っていても、声を張らずに会話に参加ができます。連結も可能で最大12人まで対応できるのも魅力です。

 

接続も有線だけでなく無線にも対応しているため、場所を選ばずに使用できる利便性の高さが人気です。平均的な価格に対して多機能を搭載しているコスパの良い製品といえます。

搭載機能 エコー・ノイズキャンセル、オートゲインコントロール、VoiceIA 接続方法 有線、無線(Bluetooth)
指向性 全指向性 対応人数 5~8人

口コミを紹介

この製品は安価ながらBluetooth接続も安定していて音声もクリアに聴こえるのでストレスなく利用できます。エコーも気になりません。バッテリーの持ち時間も十分で4時間程の長時間会議となっても問題無く使えました。

出典:https://www.amazon.co.jp

優れた音声処理とアプリ連携で使いやすさもアップ

Anker PowerConf S3は、6つの全指向性マイクを搭載しているため全方向から声を漏れなく集められます。各種機能も豊富でエコーキャンセリングや残響抑制、ノイズリダクション機能を採用しており、クリアな通話を実現します。


さらに大容量バッテリーを内蔵しているので、一度の充電で最大24時間の連続使用ができるのもポイントです。またSkypeやZoomなどのオンライン会議ツールにも対応しているので、リモートワークにもおすすめです。

搭載機能 ノイズリダクション、オートゲインコントロール 接続方法 USB、Bluetooth
指向性 全指向性 対応人数 -

口コミを紹介

リモートワーク時のオンライン会議でハンズフリーで使えるように購入しました。会議向けに音声が良く聞こえる中音域が強調され音質は良好です。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

eMeet

Luna Lite

価格: 8,300円(税込)

楽天で詳細を見る 楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Amazonベストセラー商品!Bluetoothでスマホと連携して通話アプリを使える

高音質で無線接続可能、通話アプリに対応し、全指向性マイクは3つ内蔵されており全方位から声を拾えます。2台の連結が可能(最大12人まで)なので、さらに規模を広げて使用もできます。

 

価格が安いので、2台購入しても2万円以下にコストを抑えられます。大人数の使用でも高い音質を保つのでおすすめです。

搭載機能 エコー・ノイズキャンセル、オートゲインコントロール、VoiceIA 接続方法 有線、無線(Bluetooth)
指向性 全指向性 対応人数 5~8人

口コミを紹介

まず、他のスタッフが声をそろえたのは、相手の声が聞き取りやすいということでした。マイクの感じも試してみました。ノイズキャンセル無しよりもありの方が、相手に自分の声が聞き取りやすく伝わります。

出典:https://www.amazon.co.jp

大人数向けスピーカーフォンおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 搭載機能 接続方法 指向性 対応人数
1
アイテムID:10321062の画像
Luna Lite

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

Amazonベストセラー商品!Bluetoothでスマホと連携して通話アプリを使える

エコー・ノイズキャンセル、オートゲインコントロール、VoiceIA 有線、無線(Bluetooth) 全指向性 5~8人
2
アイテムID:10321059の画像
PowerConf S3

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

優れた音声処理とアプリ連携で使いやすさもアップ

ノイズリダクション、オートゲインコントロール USB、Bluetooth 全指向性 -
3
アイテムID:10321056の画像
Luna

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

4台連結可能!多機能で安価で高コスパの人気商品

エコー・ノイズキャンセル、オートゲインコントロール、VoiceIA 有線、無線(Bluetooth) 全指向性 5~8人
4
アイテムID:10321053の画像
OfficeCore M0

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

コンパクトサイズで持ち運びに便利だから出張先でも使う方におすすめ

エコー・ノイズキャンセル、VoiceIA 有線 全指向性 8~10人
5
アイテムID:10321050の画像
PowerConf

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

Zoom上のミュート機能と連動する人気の多機能商品

エコー・ノイズキャンセル、オートゲインコントロール 有線、無線(Bluetooth) 全指向性 1~8人
6
アイテムID:10321047の画像
YVC-330

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ヤマハの単一指向性スピーカーフォン

エコー・ノイズキャンセル、オートゲインコントロール 有線、無線(Bluetooth、NFC) 単一指向性×3 4~6人

超大人数向けスピーカーフォン人気おすすめランキング6選

6位

ヤマハ(YAMAHA)

ユニファイドコミュニケーション マイクスピーカー

価格: 74,800円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最大40人まで対応可能なマイクスピーカー

NFC対応のスマホやタブレットにはかざすだけで簡単に接続できる便利なスピーカーフォンです。オプションのマイク外部スピーカーを接続すれば、規模や使用方法に応じて会議規模も変動できます。

 

この機器1つでは8名ですが、外部機器をプラスすれば最大40人まで対応します。

搭載機能 エコー・ノイズキャンセル 接続方法 Bluetooth・NFC
指向性 全指向性 対応人数 8〜40人

口コミを紹介

Web会議に使用しましたが、かなり音質が良く、満足できました。広い会議で使用するにはマイクの集音能力が足りなくなるので、そういう用途を想定しているのであれば、最初から拡張マイク(YVCMIC1000EXなど)をあわせて購入すべきと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

アイ・オー・データ

USB-SPPHL1

価格: 34,155円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

優れた音声処理機能搭載で拡張マイクとの連結が可能

音声をクリアにする多機能が搭載されており、大人数の会議に対応できます。単体での収音半径は5Mとされていますが、別売りのマイクを(2個まで)つなげば収音半径を8Mまで拡張が可能です。

 

口コミを見ると、スピーカーフォンから離れた場所ではやや声が通りにくくなる場合も考えられるので、大きな部屋で長机を使う場合にはマイクも同時に購入しておくのもおすすめです。

搭載機能 エコー・ノイズキャンセル、オートゲインコントロール 接続方法 有線
指向性 全指向性 対応人数 最大20人

口コミを紹介

予算5万で探しましたが、どのメーカーも集音距離に性能的な限界があってマイク拡張が必要だったので、とりあえず安価品には装備されていないマイク自動追尾やオートゲインコントロール機能のあるこちらの商品を購入しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Jabra

Speak 810

価格: 65,700円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1台で15人まで対応できるJabra製

高価ですが、高音質・多様な接続方法・1台で15人まで対応と利便性が高く、他の機器を購入する必要がないのが本品の利点です。

 

特徴的なのがZoomTalkマイクで、人の声に反応して自動でフォーカスをあてる指向性のマイクを6つ搭載しています。音質などのクオリティーを重視する方にはこちらがおすすめです。

搭載機能 エコー・ノイズキャンセル、オートゲインコントロール 接続方法 有線、無線(Bluetooth、NFC)
指向性 単一指向性×6 対応人数 最大15人

口コミを紹介

つなぐだけで、難しいことを考えなくてもいいのでとても楽です。普通に話せます。You Tube Liveを使っての、オンラインセミナー配信で使用しましたが問題ありませんでした。マイクの音量は特に配信側のパソコンではゲインなど何もいじっていません。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

サンワサプライ

MM-MC35

価格: 13,509円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2台連結で最大15Mまで集音でき大人数の会議用に便利

サンワサプライから発売されている小型スピーカーフォンの連結が可能なタイプです。1台あたりの価格は安く、2台購入してもコストを抑えられます。搭載機能は多くありませんが、会議には十分な音質です。

 

最大の収音半径が15Mと非常に広く、中~大規模の会議に広く適応するのでさまざまな使い方がある点も魅力といえます。

搭載機能 エコーキャンセル 接続方法 有線
指向性 全指向性 対応人数 一台で最大10人(連結で最大20人)

口コミを紹介

LANケーブルとPCと接続しない方にUSB給電が必要ですが、一度接続に慣れてしまえばリモート会議も快適です。以前はスピーカーファン一台で人や距離によって聞こえにくい現象が発生していましたが、この製品を導入してからびっくりするくるい快適になりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

eMeet

M2 Max

価格: 34,000円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多機能・高音質かつ1台で15人まで対応

1台でも大人数の会議に対応できますが、本品は連結も可能なため、2台連結で20人程度の会議でも音質の高さを保った状態で利用できます。eMeet社の製品の中で最も多い人数に対応できるのがM2 Maxです。

 

価格は機能相応で安くはありませんが、10人以上の会議を想定している方にはこちらがおすすめです。

搭載機能 エコー・ノイズキャンセル、オートゲインコントロール、VoiceIA 接続方法 有線、無線(Bluetooth)
指向性 全指向性 対応人数 最大15人

口コミを紹介

後で、Zoomの録画も視聴してみましたが、正直言って、会議室よりも静かで音声が聞きやすかったので、大変精度に驚かされました。また、Bluetooth接続で3時間使用しましが、バッテリも余裕で何も問題なく会議を終了することができました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

eMeet

M220 2台セット

価格: 37,999円(税込)

楽天で詳細を見る 楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

会議の規模に柔軟に対応できる高コスパな2台セット

多機能・高音質で人気なeMeet社スピーカーフォンを安く購入できるお得なセットです。1つずつ買うよりもコストが抑えられるほか、会議の規模や使用人数に合わせて柔軟に利用できます。

 

音質の良くする機能だけでなく、大音量で音声を再生できるパワフルなスピーカーを搭載しており、大規模・大人数の会議でもストレスなくコミュニ―ケーションが可能です。

搭載機能 エコー・ノイズキャンセル、オートゲインコントロール、VoiceIA 接続方法 有線、無線(Bluetooth)
指向性 全指向性 対応人数 一台あたり最大8人、二台連結で最大16人

口コミを紹介

早速、50人ぐらい入る会議室と、リモートで10拠点を繋いて会議をしてみましたが、問題無く使用する事が出来ました。安価で小会議室〜大会議室まで幅広く使用したいなら、オススメの商品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

超大人数向けスピーカーフォンおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 搭載機能 接続方法 指向性 対応人数
1
アイテムID:10321082の画像
M220 2台セット

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

会議の規模に柔軟に対応できる高コスパな2台セット

エコー・ノイズキャンセル、オートゲインコントロール、VoiceIA 有線、無線(Bluetooth) 全指向性 一台あたり最大8人、二台連結で最大16人
2
アイテムID:10321079の画像
M2 Max

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

多機能・高音質かつ1台で15人まで対応

エコー・ノイズキャンセル、オートゲインコントロール、VoiceIA 有線、無線(Bluetooth) 全指向性 最大15人
3
アイテムID:10321076の画像
MM-MC35

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

2台連結で最大15Mまで集音でき大人数の会議用に便利

エコーキャンセル 有線 全指向性 一台で最大10人(連結で最大20人)
4
アイテムID:10321073の画像
Speak 810

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

1台で15人まで対応できるJabra製

エコー・ノイズキャンセル、オートゲインコントロール 有線、無線(Bluetooth、NFC) 単一指向性×6 最大15人
5
アイテムID:10321070の画像
USB-SPPHL1

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

優れた音声処理機能搭載で拡張マイクとの連結が可能

エコー・ノイズキャンセル、オートゲインコントロール 有線 全指向性 最大20人
6
アイテムID:10321067の画像
ユニファイドコミュニケーション マイクスピーカー

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

最大40人まで対応可能なマイクスピーカー

エコー・ノイズキャンセル Bluetooth・NFC 全指向性 8〜40人

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

スピーカーフォンを導入するメリット

Web会議やテレワークが普及し、PCを用いた会話をする機会が増える中で、音声が不明瞭・対面と違って話しづらいといったオンラインならではの問題に悩まされる方も少なくないですよね。

 

そうした問題を解決してくれるのが、相手の音声をクリアに届けるスピーカーとこちらの声を拾うマイクが一体になったスピーカーフォンです。オンライン会議の際に気になる雑音、接続不良、ハウリング等を改善してくれます。

 

スピーカーフォンを用いるとPC内蔵のスピーカー・マイクよりも遥かに音質が良くなるほか、PCの正面に立つ必要がなく、複数人の声を均等に拾ってくれるので、より円滑なコミュニケーションをとりたい方におすすめです。

まとめ

一見すると高価で手を出しにくいように感じられるスピーカーフォンですが、1台でオンライン会議の悩みを解決してくれるのを考慮すると決して高い買い物ではないといえます。今回の商品紹介をぜひ参考にしてみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年07月28日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2022年最新版】PC用マイクの人気おすすめランキング10選【会議でも使える】

【2022年最新版】PC用マイクの人気おすすめランキング10選【会議でも使える】

楽器
【2022年最新版】単一指向性マイクの人気おすすめランキング11選【コンデンサーマイクも!】

【2022年最新版】単一指向性マイクの人気おすすめランキング11選【コンデンサーマイクも!】

楽器
ヤマハスピーカーのおすすめ人気ランキング15選【PCスピーカーも!】

ヤマハスピーカーのおすすめ人気ランキング15選【PCスピーカーも!】

スピーカー
スカイプ用マイクの人気おすすめランキング20選【web会議やビデオ通話に】

スカイプ用マイクの人気おすすめランキング20選【web会議やビデオ通話に】

楽器
【2022年最新版】アクティブスピーカーのおすすめ人気ランキング15選【高級なものも!】

【2022年最新版】アクティブスピーカーのおすすめ人気ランキング15選【高級なものも!】

スピーカー
Web会議システムの人気おすすめランキング12選【無料・有料プランを紹介】

Web会議システムの人気おすすめランキング12選【無料・有料プランを紹介】

その他のサービス