楽器を傷つけないベースケースの人気ランキング10選【ソフトケースかセミハードケースまで】

記事ID21541のサムネイル画像

ベースケースは楽器を傷や汚れから守ってくれます。しっかりしたものを選びたいけど、ハードやセミハード、ソフトケースなど種類が多くて選べない方もいるのではないでしょうか。今回はそんなお悩みを解決するため、ベースケースの選び方やおすすめ商品をランキング形式でまとめました。

ベースケースの重要さとは?

ベースは練習スタジオやライブハウスなど運搬する頻度が高い楽器ですよね。運搬の時に最も気をつけないといけないことは長いネックをいかにして守るかという点です。ネックにダメージを受けてしまうだけで、楽器としての機能そのものにダメージを受けてしまいます。

 

またベースは安い買い物ではありませんので、できることなら傷や色落ちといった劣化も防ぎたいポイントだと思います。 その大切なベースを入れるベースケースも周りから見られる上に長く使う物なので、気に入ったものを使いたいですよね。

 

そこで今回は、ベースケースの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは、種類、規格・機能性、おしゃれさを基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

ベースケースの選び方

ベースケースを購入の際、どのようなことを基準に選べば良いのか迷っているという人も多いのではないでしょうか。ここからは、ベースケースの選び方についてご紹介します。

ベースケースの種類をチェック

「ベースケース」と呼ばれているものにはいくつか種類があります。まずはそれぞれについて、そのメリットやデメリットをご紹介していきたいと思います。

高級機種や長距離の輸送にはプロの現場でも使用される「ハードケース」

ハードケースの長所は、最も耐久性に優れたケースであり、移動中に少しぶつけてしまっても、衝撃からも楽器を守ってくれます。そのため高級なベースを扱う機会の多い、プロの現場などではハードケースが使われることが一般的です。

 

車や飛行機で長時間楽器を運搬するときや、高価なベースを大事に保管・運搬したいときにはハードケースがおすすめですよ。

 

またベースを長期間保管しておきたいという場合は、ハードケースがおすすめです。また、高級なベースにはサイズがぴったりと合うように専用のハードケースが付属していることが多いです。

 

しかし、ハードケースには三つの弱点があります。そのひとつは、とにかくかさばること。二つ目は、対応するボディの形状が決まっていること。三つ目はケースそのものの値段が高いことです。

軽くて安い「ソフトケース」

ソフトケースは、ナイロン製の柔らかいケースです。 楽器を買うとこのソフトケースが付属していることもあり、軽くて持ち運びやすく、比較的安価であるのが特徴です。

 

シールドやピックなど、小物類を入れるためのポケットも付いており、ショルダーや取っ手もあるため、外に持っていく際にも便利です。 しかし、衝撃には弱く、車や電車に乗せて運ぶ際には衝撃で楽器が傷ついてしまう恐れもあります。

初心者が迷ったらとりあえず「ギグケース」

ギグケース(ギグバッグ)は、ソフトケースの内部に緩衝材が加えられたもので、ソフトケースよりも耐久性が高いです。 ハードケースほど衝撃には強くありませんが、持ち運びやすさとある程度の耐久性を兼ね備えています。

 

ギグケースはカラーバリエーションやデザインも豊富で、実用性が高いため人気も高いです。 初心者がケース選びに迷ったら実用性と耐久性に優れたこのタイプのものを選ぶのがおすすめですよ

見た目にこだわるなら「セミハード」

セミハードケースは、ハードケースのような樹脂製の板でできており、内部には緩衝材が入っています。 ハードケースと違いショルダーが付いており、持ち運びにも適しています

 

ギグケースと同様に、機能性と耐久性を兼ね備えており、デザインも豊富です。セミハードはハードケースとギグケースの中間といったイメージです。

移動をもっと楽にしたいなら「リュックサックタイプ」も要チェック

最もラクに持てるのはリュックサックのように背負えるタイプで、こちらのタイプはほとんどの方におすすめできます。ベース自体もギターと比べ重量感があるため、移動時の負担を軽減してくれます。

 

ベースの重さは4kg前後です。肩紐の幅や角度など体にフィットしたものを選ばないと肩に大きな負担がかかりますので注意しましょう

 

また手軽に持ち運べ値段もおさえたいなら ショルダーバッグタイプもありますが、小柄な方はバランスが取りにくい、意図せず振り回してしまったり、思わぬところにぶつけたりしないよう注意してください

ベースケースの規格・機能性をチェック

ベースケースの種類を理解したら、次は自分が使用するベースの形状や大きさ、また収納などの機能性など実用性の部分をチェックしていきましょう

使用しているベースのサイズ・形状を事前にチェック

今自分が使用しているベースがジャズベースやプレシジョンベースなど、定番のベースであれば、サイズのことを気にしなくても収納が可能です。しかし、ちょっと変わったタイプのベースを使っている方は、きちんと収納できるかをチェックしておくのは重要です

 

例えば、サンダーバードなどは、ケースによってはうまく収納できず、形の合うベースケースを探すのに苦労するでしょう。変形ベースでケースを探すなら、全長と最大幅をしっかりと計測し、それが本当に収納できるのかをしっかりとチェックするのが重要です

 

ただし、どうしても対応機種が分からなければ、台形タイプのギグバッグでサイズが大きいものを選んでおけば、たいていのベースは収納可能です

ベースケースの重さをチェック

一般的に、ソフトケース→ギグケース→セミハードケース→ハードケースの順番で、強度が増し、重量や価格も上がる傾向にあります。当たり前ですが、ベースケースは運搬する際に必要な道具です。

 

長時間持ち運ぶ場合はかなり体力を奪われます。強度と重量のバランスに注意してベースケースを選びましょう。

楽譜や小物をたくさん収納できるかチェック

ベースケース選びにはポケットなどの収納の数や大きさも重要です。ベースを持ち運ぶ際は最低でも何本かのシールド、チューナー、さらにスコアなども加わりますよね。それらを一緒に持ち運ぶため、それらを全て入れることができるベースケースを選びましょう。

 

セミハードケースやギグケースには、ネック部分やボディ部分にポケットがあり、小物類を入れることができます。ケース選びの際は、自分の持ち運ぶ小物類などもイメージして選ぶことをおすすめします

大切な楽器を雨から守れるか防水性をチェック

ベースケースは耐久性はもちろん、防水性があるものを選びましょう。外に持ち運んでいると、突然の雨に降られてしまうこともあります。

 

そんなとき、防水性がないとベースが濡れてしまう可能性があります。 ベースケースを背負って外を歩くことが多い人は、防水性・撥水性に優れた素材を使用しているベースケースを選び、ケースの中まで水が染み込まないものを選びましょう

 

表面の防水性はもちろんですが、チャック部分は意外と盲点です。水が染み込みにくい加工が施されているかチェックしましょう。

おしゃれなベースケースもチェック

ベースケースを背負って街を歩いたり、電車に乗ったり、楽器よりもベースケースの方が人目につく機会が多いです。もちろん目立つことが目的ではありませんが、おしゃれなベースケースの方が移動中も気分が上がりますよね。

 

またライブハウスで荷物だらけの中であったとしても、他の人とは違うおしゃれな特徴があると、自分の楽器を探しやすいメリットがあります。実用性だけでなく見た目のチェックもしてくださいね。

ベースケースのメーカーをチェック

さまざまな楽器メーカーがある中で特に堅牢なベースケースのメーカー2つを紹介していきます。

衝撃に強いのが「フェンダー」

エレクトリックギター/ベースの代名詞ともいえるFENDERは、1940年代にアメリカ、カリフォルニア州でレオ・フェンダー氏によって設立された現代の世界的定番モデルを世に生み出しているメーカーです

 

そのフェンダーのベースケースは、上部/下部に分厚い外部バンパーがあり、衝撃に対する耐性が目に見えて強いのが最大の特徴です。電車移動などの際に地面に安心して置ける構造になっています。

 

また、手持ちハンドルもパットが分厚くケース自体も防水素材でジッパーにも撥水加工が施してあります。さらに内部収納が細かくポケットで別れ、小物を収納しやすいのもありがたいですね。

立てた状態のまま出し入れが可能「MONO」

MONOは、2006年から設立された様々な楽器のケースを製造しているメーカーです。軽量なソフトケースでありながらも、ハードケース同様に丈夫な仕上がりとなっており、その耐久性と機能性が優れている為、世界中のアーティストからの支持を得ています

 

ギグケースと言えば必ず名前が挙がる人気ブランドMONO、その中でもM80シリーズは堅牢な作りから最も定番なシリーズです

 

まず特徴は、その出し入れの仕方にあります。 普通、ハードケースでもギグバックでも床に置いて、フタを広げて出し入れを行ないますが、立てた状態のまま出し入れが可能です。 ケースを床に置くのは思いのほか場所をとりますが、この方法だと狭いスタジオでも場所をとらずに済みます。

 

基本的に立てて使うものという考えから、底がスニーカーの底みたいに覆われています。これがなかなか良く出来てて、まったく滑りません。 デザイン上の特徴にもなってますね。

安すぎるベースケースには注意

ベースケースの中で、特にソフトケースは消耗品です。安すぎるものだとチャックの継ぎ目が避けて穴が開くこともあります。ギグバックでもベニヤ板を繋げただけのペラペラなものであれば、ちょっとした衝撃で凹んだり、割れたりしてしまいます。

 

消耗品として割り切って購入しても良いですが、取手が千切れて楽器が落下したり、楽器が壊れたら安いケース代ではすみません。ケースは大切なベースを守るための重要な道具。音に直接的に関係ない部分ではありますが、良質なものを使っておくとよいでしょう。

ベースケースの人気おすすめランキング10選

10位

GATOR

GATOR TSA Guitar Series GTSA-GTRBASS-LED

価格: 21,560円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

TSA承認されたロッキングラッチを採用しフライトなどの長距離移動時でも安心して持ち運びが可能

種類 ハードケース 重さ 7.2kg
カラー 収納 ストラップ、シールド、交換用の弦、コンパクトエフェクター
防水性

口コミを紹介

ケース蓋の上半分に取り付けられたLED電球は、ケースの内部だけでなく、ケース周辺の一部を点灯させるのに十分な明るさです。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

KC(ケーシー)

CB-EV

価格: 1,880円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クッションの無い簡素なソフトケースです。収納ポケット付きなので、楽譜や小物を収納可能です。コスパ重視の方にはこちら!

種類 ソフトケース 重さ
カラー 収納 クロス、ケーブル、楽譜、チューナー等
防水性

口コミを紹介

思っていた通り物で満足してます。高ければいてもんじゃ無いので手頃な価格で喜んでいる

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

Ibanez(アイバニーズ)

GB541-BK

価格: 4,756円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

"ベース・バッグにこそ"個性と遊び心を。従来のバッグ作りのノウハウにデザインのエッセンスを一滴加えて作ったベース・バッグです。

種類 ギグバック 重さ 1.3kg
カラー 黒、ベージュ、グレー、ネイビー 収納 収納ポケット(合計4口):メイン・ポケット(A4収納可能)
防水性

口コミを紹介

外の方の持ち物と紛れないようにと思って、ちょっと違う色目と質感のものを選んだ。品質、質感とも結構気に入っている。

出典:https://www.amazon.co.jp

グバッグ並の運搬性とハードケースの頑丈さを合わせ持っています

種類 セミハード 重さ 2.8kg
カラー 黒、グレー 収納 ストラップ、シールド、交換用の弦、エフェクター、A4楽譜
防水性

口コミを紹介

上部フォームバンドが内部にしっかりとロックされているので、軽量でパッド入りのパッドがしっかりと保持されています。

出典:https://www.amazon.co.jp

重量を分散させるフォームコア構造で、手が痛くなりにくいZero Gハンドル

種類 ギグバック 重さ 4.1kg
カラー 収納 タブレット対応マルチポケット
防水性 耐水性ジッパー、剛性EVAバッキング

口コミを紹介

レスポールを入れて2階からぶん投げる動画を見ればわかりますが、並のハードケースなんて相手にならない耐衝撃性です。無敵です。最強のケースです。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

Fender(フェンダー)

Limited Edition Urban Gear

価格: 12,397円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

外装には耐摩耗性・対撥水性に優れ、また発色が良く見た目にも美しい、1680デニールの上質なオックスフォード生地を使用

種類 ギグバック 重さ 1.9kg
カラー カーキ、コヨーテ、チャコールグレイ 収納 メインポケット部には大容量の収納を確保している他、バッグ中央のポケットは取り外し、付属のストラップを取り付けることでショルダーバッグとして単体での使用も可
防水性 v対撥水性に優れた1680デニールの上質オックスフォード生地

口コミを紹介

軽めで、底にゴムパットが貼ってあるところが良いですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

MONO

Vertigo Bass Case

価格: 25,729円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使用する素材・部品に軍用レベル並みの高い耐久性を追及

種類 ギグバック 重さ 2.5kg
カラー グレー、黒 収納 シールド類
防水性 高い耐水性を誇る'Sharkskin'

口コミを紹介

愛用のプレべがすっぽり入り、キズが付かない作りになっているので安心です。しっかり、体にひっつくようにベースケースを背おえば、歩く時の揺れも少なく楽です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

MUSENT

20mm厚

価格: 5,480円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ネックホルダーがケース内でのネックの大幅な横揺れや取り出しの際の転倒リスクなどを大幅に軽減

種類 ギグバック 重さ 2.5kg
カラー 収納 A4サイズまでの楽譜、ピック、エフェクター等小物入れ用ポケット
防水性 防水クッション

口コミを紹介

肩紐もふかふかめなので肩が痛くならない…!毎日満員電車に乗る私にピッタリ

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Fender(フェンダー)

FB405 ELECTRIC BASS

価格: 4,800円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人間工学に基づいてデザインされたショルダーストラップ

種類 ギグバッグ 重さ 1.9kg
カラー 黒、ツイード、ジーンズ 収納 A4楽譜
防水性

口コミを紹介

軽量で持ち運びがしやすく、尚且つ汚れが付きづらい素材の良さに非常に満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

CAHAYA

8mm厚パッド入りケース

価格: 1,990円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

8mmの厚いクッション素材を採用して、持ち運び途中でベースを衝撃や摩擦から完全に保護!

種類 ギグバッグ 重さ 1.20 kg
カラー 黒、グレー 収納 ギターチューナー、交換弦、カポ、シールドケーブル、A4楽譜など
防水性

口コミを紹介

長時間(と言っても1時間以内ですが)の運搬時、背負い心地は全く問題なく、どこか痛くなることはありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

ベースケースのおすすめ比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6567000の画像

    CAHAYA

  • 2
    アイテムID:6566995の画像

    Fender(フェンダー)

  • 3
    アイテムID:6566976の画像

    MUSENT

  • 4
    アイテムID:6566950の画像

    MONO

  • 5
    アイテムID:6566927の画像

    Fender(フェンダー)

  • 6
    アイテムID:6566910の画像

    リユニオンブルース(Reunion Blues)

  • 7
    アイテムID:6566898の画像

    GATOR

  • 8
    アイテムID:6566784の画像

    Ibanez(アイバニーズ)

  • 9
    アイテムID:6566736の画像

    KC(ケーシー)

  • 10
    アイテムID:6566720の画像

    GATOR

  • 商品名
  • 8mm厚パッド入りケース
  • FB405 ELECTRIC BASS
  • 20mm厚
  • Vertigo Bass Case
  • Limited Edition Urban Gear
  • RBC-E1 Continental Voyager
  • GL Guitar Series GL-BASS
  • GB541-BK
  • CB-EV
  • GATOR TSA Guitar Series GTSA-GTRBASS-LED
  • 特徴
  • 価格
  • 1990円(税込)
  • 4800円(税込)
  • 5480円(税込)
  • 25729円(税込)
  • 12397円(税込)
  • -
  • -
  • 4756円(税込)
  • 1880円(税込)
  • 21560円(税込)
  • 種類
  • ギグバッグ
  • ギグバッグ
  • ギグバック
  • ギグバック
  • ギグバック
  • ギグバック
  • セミハード
  • ギグバック
  • ソフトケース
  • ハードケース
  • 重さ
  • 1.20 kg
  • 1.9kg
  • 2.5kg
  • 2.5kg
  • 1.9kg
  • 4.1kg
  • 2.8kg
  • 1.3kg
  • 7.2kg
  • カラー
  • 黒、グレー
  • 黒、ツイード、ジーンズ
  • グレー、黒
  • カーキ、コヨーテ、チャコールグレイ
  • 黒、グレー
  • 黒、ベージュ、グレー、ネイビー
  • 収納
  • ギターチューナー、交換弦、カポ、シールドケーブル、A4楽譜など
  • A4楽譜
  • A4サイズまでの楽譜、ピック、エフェクター等小物入れ用ポケット
  • シールド類
  • メインポケット部には大容量の収納を確保している他、バッグ中央のポケットは取り外し、付属のストラップを取り付けることでショルダーバッグとして単体での使用も可
  • タブレット対応マルチポケット
  • ストラップ、シールド、交換用の弦、エフェクター、A4楽譜
  • 収納ポケット(合計4口):メイン・ポケット(A4収納可能)
  • クロス、ケーブル、楽譜、チューナー等
  • ストラップ、シールド、交換用の弦、コンパクトエフェクター
  • 防水性
  • 防水クッション
  • 高い耐水性を誇る'Sharkskin'
  • v対撥水性に優れた1680デニールの上質オックスフォード生地
  • 耐水性ジッパー、剛性EVAバッキング

以下の記事では、さまざまなベースの人気おすすめランキングをご紹介しています。こちらもぜひご覧ください。

ベースケース用のレインカバーがあれば雨の日も安心

ベースを持ち運ぶときに直面する問題。それは「雨」ですよね。特に自転車通学の学生さんには梅雨の季節はつらい問題です。 また、梅雨の後には台風がたくさんやってくるかもしれません。それでも楽器の練習のためスタジオには入りたいのではないでしょうか。

 

そんな雨の日のベース運搬はレインカバーがおすすめです。ケースを覆う形で雨から守るレインカバーは、ケースに仕舞えるくらいのサイズ感までたためますので、ベースケースの中に入れておけば急な雨にもさっと取り出して使うことができます。

 

比較的お手頃な価格で用意できますので、ベースケースを買う際は合わせて買うのをおすすめします。

ベースケースの保管方法と万が一のカビ対処方法を解説

ベースケースの保管状況によってはカビなどがケースに発生する可能性があります。正しい保管方法と万が一カビが生えてしまった時の対処方法をご紹介します

ベースケースの置き方

専用ケースに入れたベースは、クローゼットの中に吊るされたスーツのように(ヘッドストックを上にして)立てた状態で保管しましょう

 

その時、複数のベースケースを横に積み重ねてはいけません。ケースを縦に置くのが難しい場合でも、ベースが横向きに立った状態になるようにケースのグリップを上にして立てて保管してください。

保管時の弦のテンション

ネックが反ってしまわないために、弦はペグを1〜2度だけ半回しして軽く緩める程度で、ネックにかかる弦のテンションを維持しておきます。保管の際はプレイする状態のテンションで弦を張っておく必要はありません

ベースケースの保管場所

ベースケースを保管しておくのは、建物の外壁からできるだけ離れた中心部にある部屋やクローゼットの中が好ましいです。そのような場所であれば室温が一定に保たれていますので、特に気候の厳しい地域では有効です。

 

また、空気の乾燥する冬季には、ケース用の加湿装置等を使用して湿度を保つ方法もおすすめです。逆に湿気の多い地域では乾燥剤をいくつかケースの中に入れておくことで湿気によるカビの発生を防ぐことができます。だいたい40〜50%が湿度として理想的です。

カビが生えてしまった時の対処方法

ソフトケースの場合であれば消毒用エタノールで除去することが可能です。もしない場合でもキッチン用のアルコール除菌スプレーでも代用が可能です。

 

いずれの方法も窓を開け、部屋の換気をしながら行って下さいね。厚手のウェットティッシュにアルコール除菌スプレーを染み込ませ優しく拭いていきます。この際必ず目立たない場所から試しましょう。そうすればカビは拭き取ることができます。

 

またエタノールで落ちなかった場合、洗える素材ならば酸素系漂白剤を使ってみてください。 まず温かいお湯に酸素系漂白剤を少量入れ、ソフトケースを浸け置きします。カビがとれたのを確認したら洗濯機で洗い、天日干しし、よく乾かせば完了です。

 

大前提として、風通しがよく、湿度が40〜50%の場所にベースケースを正しく保管することでカビの予防を怠らないようにしましょう

まとめ

ここまでベースケースのおすすめランキング10選を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。ベースケースといっても、ハードケースやソフトケースなどさまざまな種類があったり、フェンダーやMONOなどさまざまなメーカーがあります。バンド活動を楽しむために、ベースケースにもこだわり、自分にあったベースケースを購入してみてはいかがでしょうか。楽器を大切にすることは演奏の上達につながるはずですよ。

また以下の記事では、ギターケース・ギタースタンドの人気おすすめランキングをご紹介しています。こちらも併せてぜひご覧ください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月08日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

5弦ベースの人気おすすめランキング10選【人気メーカーもご紹介!】

5弦ベースの人気おすすめランキング10選【人気メーカーもご紹介!】

楽器
【2021年最新版】ギターケースの人気おすすめランキング15選【アコギ・エレキ】

【2021年最新版】ギターケースの人気おすすめランキング15選【アコギ・エレキ】

楽器
バイオリンケースの人気おすすめランキング10選【丸型・角型・三角型】

バイオリンケースの人気おすすめランキング10選【丸型・角型・三角型】

楽器
iPad Airケースの人気おすすめランキング25選【手帳・キーボード付き】

iPad Airケースの人気おすすめランキング25選【手帳・キーボード付き】

タブレットケース
ギターピックの人気おすすめランキング15選【初心者やアコギ用のものも!】

ギターピックの人気おすすめランキング15選【初心者やアコギ用のものも!】

楽器
サックスケースの人気おすすめランキング10選【自作方法もご紹介!】

サックスケースの人気おすすめランキング10選【自作方法もご紹介!】

楽器