【最強はどれ?】ギタースタンドのおすすめ人気ランキング10選【ラッカー対応も】

ギタースタンドはギターを保管するのに欠かせないアイテム。1本用から複数本用、壁掛けタイプや吊り下げタイプ、ラッカー塗装に対応したものまで、種類はさまざま。そんな今回は、ギタースタンドの選び方とおすすめの商品をランキング形式でご紹介します!

ギターを大切に扱うためにも最強のギタースタンドを

ギターを気軽に弾きたいけれど、毎回ギターケースからギターを出すのが面倒だったり、ギターを床に置いていて場所をとっていたり、ギターの管理は意外と悩みどころ。ギターを大切に扱うためにも自分のギターに合った最強のスタンドを選びたいですよね。

 

ギタースタンドは置く上での安定感や大きさ、置き方や本数に応じておすすめのタイプが異なります。気軽にギターを置くための道具と思いがちですが、実は保管する上でギターのネックに優しいタイプやラッカー塗装に対応したタイプもあるんです!

 

そこで今回はギタースタンドの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングは重量・サイズ・安定感を基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

ギタースタンドのメリットとデメリット

まずはギタースタンドのメリットとデメリットを紹介していきます。メリットとデメリットを把握して正しくギタースタンドを選びましょう。

メリットはギターの出し入れが簡単になる

ギタースタンドの最大のメリットはギターの出し入れです。スタンドを使えば簡単にギターを収納することが可能。ケースに入れる手間を省けるので、練習不足を防ぐことができます。また、今までギターを床に置いていたという方は誤って蹴ったり、こけたりする心配もありません。

デメリットは設置スペースに場所をとること

ギタースタンドのデメリットはサイズ感です。設置するギターの本数によってスタンドのサイズ感は変わりますが、数本ギターを所持している方は設置スペースも考えて選びましょう

 

また、ギタースタンドはギターを常に立てかけている状態です。従って、地震などの大きな揺れがおきた際はスタンドごと倒れる危険性も。スタンドにどれくらいの安定感があるか、購入する際はその点も考えておきましょう。

ギタースタンドの選び方

最適なギタースタンドを選ぶ際には、置き方やギターを置けるスペース、ギターを使うシチュエーション、持っているギターの本数などのポイントをおさえて選ぶのが重要です。

設置方法に合わせてスタンドのタイプで選ぶ

ギタースタンドには様々なタイプのものが存在します。手軽に置けるシンプルなタイプをはじめ、ギターのネックに優しいタイプやインテリアの一部になるタイプも。自分のギターライフに合ったスタンドを選びましょう。

初心者には簡単に設置できる「立てかけタイプ」がおすすめ

ギタースタンドの中で最もオーソドックスな立てかけタイプのギタースタンド。価格もお手頃な商品が多くコスパが良いのが特徴です。設置も簡単で、アコースティックギター(アコギ)やエレキギター、クラシックギターのいずれも置くことができます。

 

ただし、一部の形状(Vシェイプ等)のギターは置けない場合があるので注意が必要です。また、一時的な置き場としての使用はおすすめですが、長期保管には向かないことを把握しておきましょう。

ギターへの負担を軽減するなら「吊り下げタイプ」がおすすめ

吊り下げタイプはギターのネック上部をスタンドに掛けることによって保管することができます。本体を支えるのではなく、ネックで吊るすのが特徴です。吊り下げタイプなら変形ギターも保管することができ、オールマイティに使用できるでしょう。

 

吊り下げタイプの利点は、ネックを吊るすことによって立てかけタイプより保管時のネックに与える負担を和らげることができることです。価格はやや高めですが、一時的な置き場としてではなく、スタンドに置いたままにしたい方にはおすすめです。

省スペースで設置するならおしゃれな「壁掛け・網掛けタイプ」がおすすめ

置き型のギタースタンドを床に置くとスペースを取られますが、壁掛けタイプなら壁にギターを掛けることができるので、省スペースでギターを保管できます。また、吊り下げタイプと同様にネックだけで吊るすので、ギターに優しいタイプです。

 

使用できるのは壁に穴を開けられる環境の方に限られてしまいますが、インテリアとしてもおしゃれにギターを設置したい方におすすめです。壁に穴を空けたくないという方は、パネルにギターを引っ掛ける網掛けタイプもチェックしておきましょう。

コンパクトなものなら持ち運びもできる「折りたたみ型」がおすすめ

自宅だけではなく、外出先でもギターを弾くことがあるという方には持ち運び可能な折りたたみ型のギタースタンドがおすすめです。平らな場所であれば、ライブ会場やキャンプやバーベキューなどのアウトドアシーンでも使用することができます。

 

軽量なのに加えて折りたたむことが可能なので、バッグの中などにも簡単に収納が可能。ただし、安定感はほかのスタンドより劣るので、屋外で風の強い日は使用を避ける、置く場所は平らな場所を選ぶなどの注意が必要です。

設置するギターの本数で選ぶ

ギタースタンドには1本用のタイプと複数本を置けるタイプがあります。保有しているギターの本数が複数の場合は、何本まで置けるのか確認しておきましょう。

1本だけ置くなら「1本用のギタースタンド」がおすすめ

ギターを置けるスペースが限られている方や、日常的によく弾くギターが決まっている方、持っているギターの本数が1本の方には1本用のギタースタンドがおすすめです。

 

1本用のギタースタンドは様々なタイプがあるので、普段のギターの楽しみ方や置き方などによって目的や用途、好みなどに合ったタイプを選ぶのがおすすめです。

3本〜5本など複数本置くなら「複数本用のギタースタンド」がおすすめ

複数本のギターを持っている方や、数種類のギターを持っている方、日常的にギターを持ち替えている方には、複数本を置くことができるギタースタンドがおすすめです。

 

複数本用のギタースタンドは2本用からあるので、3本〜5本など持っているギターの本数によって選ぶのがおすすめです。ただし、1本用と比較するとスペースを取るものが多いため、置き場所には注意が必要です。

10本など大量収納する方は「スタンドケース」がおすすめ

10本以上のギターを収納したいという方は、一般的なギタースタンドではなくスタンドケースがおすすめです。スタンド全体をギターケースの優しい素材が包み込むような形になっています。ケースのように折りたたむことも可能なので持ち運びにも便利です。

 

ただ、取り扱っているメーカーが少なく、スタンド自体がかなりの大きさになるので、設置場所にも注意が必要です。こだわりを持ってギタースタンドを購入したいという方は、自作やオーダーメイドも検討しておきましょう。

ラッカー塗装が施されたギターは「対応しているスタンド」を

ラッカー塗装がされているギターを置きたい場合は注意が必要です。多くのギタースタンドに付いているゴム製のクッションはラッカー塗装と相性が悪く、ラッカーフィニッシュ内部を容易に侵食してしまいます。場合によってはギターの木部にまでダメージを与えることがあります。

 

ラッカー塗装のギターを利用される際は、ラッカー塗装に対応したスタンドを使用するか、ギターとギタースタンドとの接点となる部分にカバーをするなどの工夫が必要です。

「転倒防止や滑り止め付き」なら安定感抜群

ギターを安全に設置するためにはスタンド自体の安定感も見過ごせないポイントです。スタンド自体に重量があるものや、脚にゴムなどの滑り止めが付いているものがおすすめです。また、吊り下げタイプを使う際は、ギターの重さに耐えられるかどうか必ずチェックしましょう。

メーカー・ブランドで選ぶ

ギタースタンドにはギターと同じようにたくさんのメーカーやブランドが存在します。ここでは主要メーカーやブランドを紹介していきます。

頑丈で安定感のあるスタンドなら「ハーキュレス(HERCULES)」

ハーキュレス(HERCULES)は安定感のある頑丈なスタンドと斬新なデザインで、ミュージシャンや音楽関係者からも信頼の高いメーカーです。ギターだけでなくキーボードなどのスタンドも取り扱っています。価格もピンからキリなので、初心者やプロの方にもおすすめです。

デザイン性が高く木製のスタンドも取り扱う「CAHAYA」

CAHAYAは高いデザイン性を持つ人気のメーカーです。簡単に設置できる木製のギタースタンドは、ギターをインテリアとしておしゃれに設置したい方におすすめです。また、価格も良心的なので初めて購入する方にもおすすめです。

世界から愛用される定番メーカー「ケーニッヒ・アンド・マイヤー(K&M)」

ケーニッヒ・アンド・マイヤー(K&M)は1949年にドイツにて創業された老舗メーカーです。シンプルなデザインと高いクオリティ・豊富な品揃えで世界中から愛用されています。まさにギタースタンドの定番メーカーです。

国内でも高い信頼性を誇る総合楽器店「島村楽器」

島村楽器は東京都江戸川区に本社を持つ、国内でも大手の総合楽器店です。実店舗も多いのでスタンドのサイズ感や素材を確かめたいという方におすすめ。また、販売のほかにも音楽教室を開催していたり、中古品も取り揃えていたり、ギターの技術を磨きたいという方にもおすすめのメーカーです。

ギタースタンドの人気おすすめランキング10選

クローゼット内でもギターを保管できる省スペースハンガー

ギターをクローゼット内やハンガーラックなどで保管したい方には最適なギターハンガー。耐荷重は10kgで、ギターの種類に関わらずネック部分から吊り下げることができます。

 

フックの向きは工具を使わず向きの調整が可能です。ネック部分もネジを緩める、締めるの調節によって保管する際の首振りの可否を選択することができます。こちらの商品は、部屋の壁に穴を開けられない環境で場所を取らずにギターを保管したい方にもおすすめです。

重量 165g サイズ(使用時) 310mmx100mmx82mm
サイズ(折りたたみ時) 折りたたみ不可 安定感 D

口コミを紹介

私はクローゼットの中ではなく壁の突起部分に使っていますが穴をあけずに壁掛けが出来ている状態でとても気に入っています。アコギもエレキもベースもかけてますが危ないような感じはしません。

出典:https://www.amazon.co.jp

信頼性高いHERCULES製の複数本用ギタースタンド

安定感は抜群で大切なギターを安心して保管できる重厚感ある3本用のギタースタンド。特殊に開発されたSFF(スペシャルフォーミュレイティッドフォーム)ゴムが楽器との接点となる箇所に使用されていて、ギターを置く際の衝撃から楽器を守ります。

 

簡単に折りたたむこともでき、使用しない時は収納しておくことも可能です。別売りのアダプターを購入することで収納するギターの本数も増やすことができます。

重量 約3.6kg サイズ(使用時) 620mm×500mm×640mm
サイズ(折りたたみ時) 700mm×620mm 安定感 A

口コミを紹介

複数本をたてかけるギタースタンドでは最強です。作りはかなりしっかりとしており、はじめから組み立て済み、すぐに使えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ラッカー塗装対応のシンプルな1本用ギタースタンド

立てかけタイプの1本用ギタースタンド。ギタースタンドの定番のタイプでしょう。本体の背面にあるV字の溝によって細かく高さを調節できます。頑丈な作りをしている上に、脚部には滑り止めのゴムがついており、安定した使用感を得られます。

 

特筆すべき点として、ギターと接する部分にラッカー塗装のギターの塗装にも優しい特殊配合EVAフォームというクッ̪ション材を使用しています。ただしラッカー塗装に対応しているとはいえ、長期間置いたままにすると化学反応を起こす場合もあるので注意が必要です。

重量 約1kg サイズ(使用時) 20cm×8cm×50cm
サイズ(折りたたみ時) 折りたたみ不可 安定感 C

口コミを紹介

他のレスポールタイプのギターにも、この同じギタースタンドを使用してるんですが、何と言っても安定感が良くて、しかもラッカー塗装対応で、さらに値段もお手頃価格で、本当に自分にとっては定番のギタースタンドと言えるでしょう。

出典:https://www.amazon.co.jp

吊り下げタイプの複数用ギタースタンドといえばこちら!

広げてみると意外と大きさを感じますが、複数本用で立てかけタイプのギタースタンドに比べるとギターの掛け方がオシャレな上に、ヘッドが出っ張らないので広くスペースを取らず、置くときに向きを選びません。

 

1本や2本だけでの使用時もバランスを崩すこともなく安定しています。また、HERCULESには6本タイプであるGS526B PLUSという商品もあり、沢山ギターを持っている方にはGS526B PLUSもおすすめです。

重量 約2.98kg サイズ(使用時) 430mm×430mm×905mm
サイズ(折りたたみ時) 150mm×150mm×780mm 安定感 A

口コミを紹介

エレキベース2台とフルアコ1台を吊るしていますが、安定しています。それぞれ1台ずつスタンドに立てるよりは省スペースで気に入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

置き場に困らずインテリアにもなる壁掛けタイプ!

こちらのギタースタンドなら、壁掛けタイプの中でもネックをロックをするゲートがついているので、大切なギターを安心して吊り下げて保管することができます。

 

壁にギターを置くことで床にスペースを取らず省スペースにもなる上、インテリアとしてギターを飾りたい方にもおすすめです。

重量 約310g サイズ(使用時) 180mm×100mm×75mm
サイズ(折りたたみ時) 折りたたみ不可 安定感 C

高い安定性と可搬性を両立した吊り下げタイプ

高品質な楽器スタンドのおすすめと言えば、Ultimate SupportのGenesisシリーズ。使いやすさを重視した革新的なギタースタンドです。特許取得のレッグ・ロッキング・システムは高い安定性を実現しています。

 

ギターを吊り下げることでギターの自重でネックをロックするセキュリティゲートが閉鎖します。使用しない時は簡単に折りたたむことができ、コンパクトに収納することもできます。吊り下げタイプの中では約1.6kgと比較的軽量なので持ち運ぶこともできるでしょう。

重量 約1.6kg サイズ(使用時) 508mm×508mm×851mm
サイズ(折りたたみ時) 114mm×114mm×533mm 安定感 B

口コミを紹介

意外としっかりしてました。値段の割に、脚周りがしっかりしていてパイプ系のものと比べて安定感がすごいです。その分それらと比べて少し重いかもしれないです。耐久性はまだわかりませんが、長持ちしそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

王道はこちら!安定感ある吊り下げタイプのギタースタンド!

ギターを吊り下げることにより、ギターの自重で下降し、同時にアームが上がってネックを掴むように保持するオートグラブシステムがついています。本体背面のグリップを握ることで簡単に高さの調節が可能で、簡単な操作感を得られます。

 

出っ張りの少ない設計は収納や持ち運び時の破損を予防しています。吊り下げタイプのためネックにも優しく、ギターに触れる部分にはスペシャル・フォーミュレイテッド・フォームというゴムが使用されており、衝撃から保護することができます。

重量 約1.9kg サイズ(使用時) 500mm×310mm×950mm
サイズ(折りたたみ時) 150mm×110mm×710mm 安定感 B

口コミを紹介

掃除をするときも女の私でもギターごと片手で持ち上げられます。多少お値段は張りますがタマほどではないし、414Bplusに替えて大満足です!これで地震も怖くありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

インテリアにもおすすめの木製スタンド

この商品の魅力はなんといってもデザイン性。ありそうでなかった木製の斬新なデザインは、インテリアとしても抜群。アコギではおしゃれに、エレキではシックでクールな印象に。厚みや保護素材を改良し、従来より安定感のあるものになりました。

重量 700g サイズ(使用時) 40x30x26cm
サイズ(折りたたみ時) - 安定感 C

口コミを紹介

ギターが乗る部分にゴムが貼ってあるので、多少無理なバランスでもギターを立てられてしまいます。バランスが悪いときは数分後に傾いてくることがありますので、見た感じバランスが悪くないことの確認は要ります。ですがずっと立てていても傾いたり倒れたりはしてません。震度3ぐらいの地震でも大丈夫でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

シンプルでコスパの良いギタースタンドといえばこちら!

スタンド部の高さを500mmから600mmの間で変更が可能です。脚部には滑り止めのゴムが付いており、本体のパイプ径が直径3mmもあるので、頑丈で安定した保管が可能

 

また、ラッカー塗装にも対応していますが、長時間の使用では変色する場合があるので注意が必要です。長時間ラッカー塗装のギターを置きたい場合はKIKUTANI社製のハンガーブラ BD-Lを使うと良いでしょう。

重量 約750g サイズ(使用時) 490mm×330×650mm
サイズ(折りたたみ時) 300mm×300×540mm 安定感 B

口コミを紹介

これだけ安いのに、全く問題のない、十分使える良い商品だ。まずネックとボディを支える部分はスポンジのクッションがついており、傷防止になる。

出典:https://www.amazon.co.jp

柔らかいアーム材と転倒防止ゴムで安定感のあるスタンド

ギターを支えるアーム素材は柔らかいEVAフォーム材を使用。立てかけ式ながらもギターに余計な負担を与えません。また、三脚部分には転倒防止用のゴム材が使用されているので、高さ調節をしても安定感はそのまま。ギター以外にもウクレレ、ベースなども設置可能です。

重量 - サイズ(使用時) 78cm~94cm(高さ調節)
サイズ(折りたたみ時) - 安定感 B

口コミを紹介

コンパクトに折りたたんで入っていました。ギターが触れる部分にはクッションがついてあり、本体が傷つかずに置けます。安定感もばっちりです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ギタースタンドのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 重量 サイズ(使用時) サイズ(折りたたみ時) 安定感
1
アイテムID:8276732の画像
ギタースタンド 折りたたみ式

Amazon

詳細を見る

柔らかいアーム材と転倒防止ゴムで安定感のあるスタンド

- 78cm~94cm(高さ調節) - B
2
アイテムID:8276517の画像
KC ギタースタンド 転倒防止ストッパー付 GS-103B

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

シンプルでコスパの良いギタースタンドといえばこちら!

約750g 490mm×330×650mm 300mm×300×540mm B
3
アイテムID:8276737の画像
ギタースタンド アコギ エレキ アコースティック

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

インテリアにもおすすめの木製スタンド

700g 40x30x26cm - C
4
アイテムID:8276519の画像
HERCULES GS414B PLUS ギタースタンド

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

王道はこちら!安定感ある吊り下げタイプのギタースタンド!

約1.9kg 500mm×310mm×950mm 150mm×110mm×710mm B
5
アイテムID:8276518の画像
ULTIMATE ギタースタンド 折りたたみ式 自動ロック採用 GS-1000 PRO

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

高い安定性と可搬性を両立した吊り下げタイプ

約1.6kg 508mm×508mm×851mm 114mm×114mm×533mm B
6
アイテムID:8276516の画像
HERCULES GSP39WB PLUS ギターハンガー

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

置き場に困らずインテリアにもなる壁掛けタイプ!

約310g 180mm×100mm×75mm 折りたたみ不可 C
7
アイテムID:8276515の画像
HERCULES GS432B PLUS ギタースタンド 3本用

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

吊り下げタイプの複数用ギタースタンドといえばこちら!

約2.98kg 430mm×430mm×905mm 150mm×150mm×780mm A
8
アイテムID:8276514の画像
OnStageStands XCG4 ギタースタンド

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ラッカー塗装対応のシンプルな1本用ギタースタンド

約1kg 20cm×8cm×50cm 折りたたみ不可 C
9
アイテムID:8276513の画像
HERCULES ギタースタンド GS523B

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

信頼性高いHERCULES製の複数本用ギタースタンド

約3.6kg 620mm×500mm×640mm 700mm×620mm A
10
アイテムID:8276512の画像
キクタニ ギターハンガー 吊り下げ型 GA-150

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

クローゼット内でもギターを保管できる省スペースハンガー

165g 310mmx100mmx82mm 折りたたみ不可 D

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

以下の記事では、ギターケース・ベースケースの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

また以下の記事では、エフェクターボードの人気おすすめランキングをご紹介しています。

ギタースタンドを自作する方法

DIYが得意な方は、ギタースタンドを木材を使って自作してみるのも面白いかもしれません。ギタースタンドを自作する方法のステップをご紹介します。

材料を揃えて土台を作成する

1.材料と工具をそろえる

使用したい木材と、のこぎりとやすりなどの工具を用意しましょう。予め設計図を書いておけば木材を購入する際にある程度図面に基づいて木材を加工してくれる店舗もあります。

 

2.木材を加工する

土台、柱、梁、ネックピロー部にする木材を理想の形状に加工します。

 

3.土台を作る

土台は安定感が大切です。重心とギターを収納できる大きさを考慮して作りましょう。

土台の強度を増して理想の形に

4.土台に柱と梁を接合する

出来上がった土台に柱と梁を接合します。梁の部分はギターのネックが寄りかかることになるので、強度を考慮しましょう。

 

5.ネックピローの加工と接合をする

ギターのネックと梁が接する部分の加工と接合をしましょう。ネックの太さや形状によって理想の形状に整えます。

 

6.完成

ギターとスタンドが触れる部分はクッション材を使用するなどして養生すると、大切なギターを傷つけません。お気に入りのあなただけのギタースタンド作りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

長期保管ならハードケースを活用しよう

ギタースタンドはギター収納としてとても便利ですが、実は長期保管には向いていません。長期保管をする際はハードケースに入れておくことをおすすめします。下記の記事ではギターケースについて詳しく紹介しています。是非チェックしてみてください。

まとめ

ここまで、様々なタイプのおすすめのギタースタンドを紹介して参りましたがいかがでしたでしょうか。最良のギタースタンドとは、持っている台数やあなたのギターライフにマッチしたものです。ぜひあなたに合ったギタースタンドを見つけてギターライフをエンジョイしてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年01月10日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

ミニギターの人気おすすめランキング10選【アコギ・エレキ・エレアコ】

ミニギターの人気おすすめランキング10選【アコギ・エレキ・エレアコ】

楽器
ハンガーラックの人気おすすめランキング15選【ナチュラルな木目が魅力の無印製も】

ハンガーラックの人気おすすめランキング15選【ナチュラルな木目が魅力の無印製も】

インテリア雑貨
歯ブラシスタンドの人気おすすめランキング20選【シンプル・おしゃれ・かわいい】

歯ブラシスタンドの人気おすすめランキング20選【シンプル・おしゃれ・かわいい】

お風呂・バス用品
譜面台のおすすめ人気ランキング10選【卓上や据え置き・折りたたみタイプも】

譜面台のおすすめ人気ランキング10選【卓上や据え置き・折りたたみタイプも】

楽器
【部屋の匂い消し】置き型消臭剤のおすすめ人気ランキング20選【最強の商品を紹介】

【部屋の匂い消し】置き型消臭剤のおすすめ人気ランキング20選【最強の商品を紹介】

日用品
ハンドソープのおすすめ人気ランキング20選【泡ハンドソープや市販品も】

ハンドソープのおすすめ人気ランキング20選【泡ハンドソープや市販品も】

ボディケア用品