ショックリーダーの人気おすすめランキング20選【ナイロンとフロロカーボン製も!】

記事ID19840のサムネイル画像

最近ではラインブレイクを防ぐためにショックリーダーを使っている方も多いですが、様々な種類があるのでどれがいいか悩んでいる方もいるでしょう。そこで今回はショックリーダーの選び方や結び方、更にはおすすめ商品をランキング形式で紹介しています。

ショックリーダーの必要性

釣りをする方はメインラインとしてPEラインを使うことが多いですが、PEラインは障害物への擦れに弱いと感じている方が多いのではないでしょうか?PEラインは細い繊維の集合体なので、擦れるとどうしても繊維が切れてしまいがちです。

 

この弱点を補ってくれるのがショックリーダーです。ショックリーダーは擦れに強いのが特徴でPEラインと仕掛けの間に結ぶことでラインブレイクを防ぐことができます!ショックリーダーを使うことでラインブレイクによる逃がしを防ぐことができます。

 

こで今回はショックリーダーの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングはコスパや性能、強度などを基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

ショックリーダーの選び方

ショックリーダーには様々な種類があり、素材や長さなどでどのような釣りに向いているのかが変わってきます。ここではショックリーダーの選び方を見ていきましょう。

素材で選ぶ

ショックリーダーは主にフロロカーボンとナイロン製の2種類があります。ここではそれぞれの特徴を紹介します。

「フロロカーボン」は人気のシーバスにもおすすめ

フロロカーボンはこすれに非常に強いのでよく選ばれている素材です。岩礁帯や障害物周りでも快適に使うことができます。またシーバスなどは口に糸が当たると切れてしまいがちですが、フロロカーボンでは切れる心配が少なく安心です。

 

更にフロロカーボンは糸伸びが少ないという特徴もあります。糸伸びが少ないことの最大のメリットは魚のアタリがわかりやすく、ダイレクトに伝わるところです。この様にフロロカーボンではメインラインの弱点を補い、釣果アップに役立ちます。

深さを狙うときは「ナイロンリーダー」

ナイロン製はしなやかで伸びが良いのが特徴です。ジギングなど深さを狙う必要のある釣りではナイロンが良く伸びることにより、魚の強い引きを吸収してくれます。糸が柔らかいと扱いやすいのでライントラブルも少なくなります。

 

またしなやかなので遠投もしやすいです。しかしナイロン製はフロロカーボンに比べると擦れに弱いというデメリットがあります。そのため状況に応じてフロロカーボンとナイロン製を使い分けるといいでしょう。

メインラインに合わせて太さ選ぶ

ショックリーダーは強ければいいというものでもありません。メインラインに対して適切な強さがあるので、適切なリーダーシステムを組むことが重要です。

メインラインが20lbなら「18lb~22lb」

ショックリーダーはメインラインの強度に合わせて適切なものを選ぶようにします。リーダーはメインラインと比べ1割から2割程度を目安として選ぶのがおすすめです。例えばメインラインが20lbであれば、リーダーは18lb~22lb、または16lb~24lbにします。

 

また根掛してしまった時にリーダー側が切れるように、あえてメインラインよりも強度の小さいラインを選ぶこともあります。こうすることでメインラインが切れることを防ぎ、メインラインがどんどん短くなってしまう状況を避けることができます。

根がある場所では20lbのラインに「30lb」が目安

根や障害物がきつい場所でつりをする際にはメインラインよりも強いリーダーを付けるのがおすすめです。メインラインが20lbであれば、リーダーは30lbを目安にするといいでしょう。強いリーダーを使うことで魚が掛かった時に、障害物に当たって切れてしまうのを防ぎます。

 

他にも牙魚と言われるまぐろやサワラなど、口まわりが鋭利な魚を狙う場合にも強いリーダーがおすすめです。ナイロン製より更に強いフロロカーボンで魚に切られてしまうのを防ぐようにします。

糸巻量から選ぶ

釣りのスタイルによって適切なショックリーダーの長さも変わります。ここではショックリーダーの長さに着目してみましょう。

「キャスティングゲーム」では短めで問題なし

ルアーやメタルジグを遠くに投げて楽しむキャスティングゲームでは、ショックリーダーは短めにとる方法が一般的となっています。リーダーの長さは1メートル程度で十分なので、20メートル巻きなどの短い商品でも十分に楽しむことができます。

「ジギングゲーム」では長さが必要

深い場所にジグを落としてしゃくり上げる必要のあるジギングなどでは、リーダーの長さも必要になります。リーダーを長くとることで大物の強烈な引きとショックを吸収してもらうためです。そのためジギングなどを楽しみたい方は糸巻量の長いものを選ぶといいでしょう。

 

以下の記事ではおすすめのジギングロッド人気ランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

狙う魚や釣りの方法で選ぶ

ショックリーダーは使う場所や狙う魚によって適切な長さや太さなどが変わります。ここでは魚にあったショックリーダーを見ていきましょう。

「ショアジギングやエギング」ならフロロカーボンが最適

ショアジギングでは100g以上ある重いルアーを使うのが一般的です。陸から投げ入れ中型から大型の魚を狙います。大型の青魚は手前で潜ることも多いため、根ズレに強いフロロカーボンが最適です。またエギングも同じ理由でフロロカーボンがおすすめです。

 

以下の記事では、エギングロッド・ショアジギングロッドの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

「トラウト」では1.2号から1.75号がおすすめ

トラウトでは20㎝から30センチの魚を釣って楽しむことが多いですが、その場合ではショックリーダーは1.2号から1.75号の太さが釣りやすいでしょう。太いものは水の抵抗が大きく、細いと切れやすいので1.75号までが使いやすいです。

 

以下の記事では、トラウトロッドの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

「ライトゲーム」はPEラインの4倍程度の太さ、アジングはさらに細いものを

基本的にはPEラインの4倍から5倍の太さのショックリーダーを選べば間違いないでしょう。これであれば30センチまでの魚を狙うのに問題なく楽しむことができます。しかしアジなど口の小さな魚をメインで狙う場合は、ショックリーダーを細くするとより釣りやすくなります。

ナイロン製のショックリーダーの人気おすすめランキング10選

圧倒的な強度

ヒラマサキャスティングゲームの第一人者である田代誠一郎氏が監修を務めた、オフショア専用モデルです。システムの組みやすさはもちろん、キャスト時のガイド抜け感などもこだわって作られています。

 

硬さを調整し、ルアーの動きに干渉しないようになっているのでキャスティングゲームからジギングまで快適に楽しむことができるようになっています。100号370lbまでラインナップがあるので、レコード級の大物を仕留めたい方におすすめです。

糸巻量 50m 平均強度 35lb

口コミを紹介

ラインが柔いのでノットが組みやすい。ルアーが扱いやすい。
ショアでジグやルアーを使ってますが強度も普通のナイロンより切れにくい気がする。

出典:https://www.amazon.co.jp

ナイロンとフロロカーボンのハイブリッド

ナイロンとフロロカーボンを両方使用しているハイブリッド素材のリーダーです。ナイロン素材の高い操作性とフロロカーボンの高い耐久性の両方が備わっています。巻き癖が付きにくくノットシステムも組みやすい、扱いやすいリーダーです。

糸巻量 30m 10lb

口コミを紹介

今までフロロを使っていましたが、これに変えて、良さそうな気がします。PE1号にノットを編んでハマチを沢山上げましたがなんの違和感も有りませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

太いラインでも締め込みやすい

衝撃吸収力が高く根ズレや魚の歯、魚体からのダメージを抑えることができます。アプロード超柔軟性と特殊耐摩耗加工によりリーダーとしての性能が強化されています。太いラインも締め込みやすく、キャスティング時のライン放出もスムーズに行うことができます。

糸巻量 30m 平均強度 12lb

口コミを紹介

やはりナイロンリーダーはしなやかで根擦れに強くて最高ですね
安心の強度
絶対の信頼

出典:https://www.amazon.co.jp

女性でも扱いやすいリーダー

使用するラインの太さに合わせて設計コンセプトが変えてあります。16~25lbは感度優先となっているので、繊細なアタリにも対応できます。30~60lbは扱いやすさに優れていて、80~130lbは対ショック性と柔軟性を高めてあります。

糸巻量 50m 平均強度 40lb

長い間人気のショックリーダー

VEP製法を採用したナイロン製のリーダーで、適度な伸びと耐摩擦性が高められています。シーバスや近海ジギングに最適なリーダーで、長い間多くのファンが愛用している商品です。

糸巻量 50m 平均強度 12lb

シーバスゲーム専用

シーバスゲーム専用として発売しているナイロン製のリーダーですが、シーバスゲーム以外にもブラックバス、ヒラメ、ニジマスなどに使うことができます。色はナチュラルスモークで、水中に自然に溶け込むことができカモフラージュ効果も期待できます。

糸巻量 20m 平均強度 30lb

口コミを紹介

初めて使用しましたが、品質も問題なくコストパフォーマンスの高い商品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

コンパクトなケース

ナイロン製とフロロカーボンの両方が用意されていますが、ルアーをより浮かせて使いたい場合にはこちらのナイロン製がおすすめです。結節強度があるので巻き癖が付きにくいのが特徴です。状況に応じて使い分けることができます。

糸巻量 35m 平均強度 25lb

口コミを紹介

他のリーダーとちょと違う所が有りました。凄く滑らかさがあり又強度もありました。凄く使いやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ごわつきにくい

ラインシステムが組みやすいのが特徴で結節強度も高いので、キャスト切れや高切れなどが心配な方にもおすすめです。ナイロン製なのでしなやかですが耐摩擦性にも優れています。ごわつきにくいリーダーを探している方は試してみるといいでしょう。

糸巻量 20m 平均強度 20lb

口コミを紹介

これは!強度も、強くなり多少毛羽っても
耐久性は強い所が良いですね

出典:https://www.amazon.co.jp

根ズレに強い

通常のナイロンの約20倍の耐摩擦性を持つ、超耐摩耗ナイロンDMVが採用されています。そのため根ズレや歯切れに強くなっているので、ナイロンだと強度が心配という方も安心して使うことができるでしょう。

糸巻量 50m 平均強度 30lb

口コミを紹介

ショアジギ用として購入。
安くて、強くて、ノットも組みやすい。

出典:https://www.amazon.co.jp

耐摩擦性に優れたナイロン製

二重による伸びのバランスが良いのでルアーの動きを損なうことがありません。そのため様々なフィッシングスタイルで使用することが可能です。伸縮性抜群なので特に強力な魚の引きにも対応することができ釣果を手助けしてくれるでしょう。

 

異種特殊コポリマーナイロンを配合することにより、ナイロン製の弱点でもあった耐摩擦性も心配いりません。低吸水で高強力、高耐磨耗特性なので結束部や吸水でのダメージも激減しています。

糸巻量 50m 平均強度 50lb

ナイロン製のショックリーダーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6352227の画像

    サンライン(SUNLINE)

  • 2
    アイテムID:6352239の画像

    よつあみ(YGK)

  • 3
    アイテムID:6352256の画像

    ヤマトヨテグス(YAMATOYO)

  • 4
    アイテムID:6352285の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 5
    アイテムID:6352400の画像

    ヤマトヨテグス(YAMATOYO)

  • 6
    アイテムID:6352680の画像

    モーリス(MORRIS)

  • 7
    アイテムID:6352695の画像

    ユニチカ(UNITIKA)

  • 8
    アイテムID:6352732の画像

    サンヨーナイロン

  • 9
    アイテムID:6352778の画像

    DUEL(デュエル)

  • 10
    アイテムID:6351484の画像

    モーリス(MORRIS)

  • 商品名
  • ソルティメイト システムショックリーダーNY
  • DMVナイロンショックリーダー
  • 耐摩耗 ショックリーダー
  • X'treme Type-N
  • ナイロンショックリーダー forシーバス
  • VARIVAS ショックリーダー VEP
  • シルバースレッド ショックリーダー
  • ショックリーダー アプロード ソルトマックス
  • HARDCORE POWERLEADER CN
  • VARIVAS オーシャンレコードショックリーダー
  • 特徴
  • 耐摩擦性に優れたナイロン製
  • 根ズレに強い
  • ごわつきにくい
  • コンパクトなケース
  • シーバスゲーム専用
  • 長い間人気のショックリーダー
  • 女性でも扱いやすいリーダー
  • 太いラインでも締め込みやすい
  • ナイロンとフロロカーボンのハイブリッド
  • 圧倒的な強度
  • 価格
  • 1045円(税込)
  • 839円(税込)
  • 385円(税込)
  • 853円(税込)
  • 378円(税込)
  • 952円(税込)
  • 1061円(税込)
  • 680円(税込)
  • 611円(税込)
  • 1240円(税込)
  • 糸巻量
  • 50m
  • 50m
  • 20m
  • 35m
  • 20m
  • 50m
  • 50m
  • 30m
  • 30m
  • 50m
  • 平均強度
  • 50lb
  • 30lb
  • 20lb
  • 25lb
  • 30lb
  • 12lb
  • 40lb
  • 12lb
  • 35lb

フロロカーボンのショックリーダーの人気おすすめランキング10選

シーバスに最適

外装と内装で異なるフロロが使用されており、外装は柔らかく内装は固くなっています。そのためPEラインにしっかりと食い込むことができ、強力に繋ぐことができます。PEライン本体の強さを生かすことができるでしょう。

 

フロロ原料の分子、結晶構造を大きくすることにより直線強力が高められています。また分子鎖も太くなったことで耐摩擦性も向上しています。シーバス用として販売されているので、シーバスに最適ですがタウチオ狙いなどでも十分使うことができます。

糸巻量 30m 平均強度 20lb

口コミを紹介

硬度が程よくPEとの結束も良く締まる。なによりリーダーのスプールが最高。数種類の太さを持ち歩くことを考えると、幅がタイトで糸留も考えてある。

出典:https://www.amazon.co.jp

ルアーの操作性抜群

耐摩擦性に優れていて、高感度かつ低伸度なのでルアーの操作性の良好で快適に釣りを楽しむことができます。ノンストレスコーティングが施されているので紫外線がケアされますし、更にスーパータフコーディング加工で給水による劣化も抑えられます。

 

シーバスに向いていますが、オールラウンドに使うことができるショックリーダーなので、初めて購入するという方にもおすすめです。製品のラインナップは2.5号10lbから40号130lbまでです。

糸巻量 30m 平均強度 40lb

口コミを紹介

天下の針バリバスです。
何の問題もなく使えます良い品だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

シーンを問わず使える

こちらの商品はラインテスターの実釣から生み出されたものです。強度と柔軟性に優れているオプティマル・バランス・デザイン、汎用性のあるマルチ・エフェクト・デザイン、操作性の高いアンチ・レジスタント・コートを採用しています。

 

シーンを問わずに使いやすいので、様々な魚種をターゲットとして使用できます。また専用スプールバンドにより、今まで以上に糸が引き出しやすくなっているのでストレスなく使うことができるでしょう。

糸巻量 30m 平均強度 3lb

サイズ別の柔軟度設計

ナチュラルクリアカラーを採用しているので、水中での乱反射を起こさずに水の屈折率に近いため魚に警戒心を与えにくいです。フロロカーボン100%のショックリーダーなので、耐摩擦性に優れていてしなやかで伸びやすくなっています。

 

サイズ別に柔軟度が異なり、12から30lbでは中硬調で伸びが少なく感度が優れています。40から100lbでは中軟調になっていて、太糸の特有である強すぎる張りが抑えられています。巻き癖も付きにくく、ノットもスムーズで使いやすいでしょう。

糸巻量 30m 平均強度 12lb

口コミを紹介

50Mも巻いてあるので必要充分。コスパも良好、店頭で買うより安い。何よりラインを取り出すときに切った場所でピタッとホールドするところがGood。また買います。

出典:https://www.amazon.co.jp

積極的に攻めたい方に

根ヅレや歯切れに強いので、積極的に攻めて楽しみたい方は試してみるといいでしょう。フロロカーボンですが、しなやかで粘りのある糸質なので過激なショックも吸収し、ダメージを最小限に抑えることができます。

 

ジグやルアーへのアクション伝達をスムーズに行うことができ、操作性も抜群です。初期伸度も低いため、急な負荷がかかってしまうフッキングも行うことができます。汎用性の高いアイテムなので、持っていて損はないでしょう。

糸巻量 50m 平均強度 20lb

長期の釣行にも

こちらの商品は糸の強さにこだわって作られています。プロアングラー達が様々な状況下で 繰り返しテストし、選び抜かれた素材が採用されています。耐摩擦性や耐衝撃吸収はもちろん優れていますし、長期の釣行にも対応できる耐久性も備わっています。

 

そのため過酷な状況下でも安心して使うことができるでしょう。比較的リーズナブルに購入することができますし、シーバスやエギング、ジギングなど様々な釣りで使うことができるコスパ抜群の商品です。

糸巻量 25m 平均強度 50lb

口コミを紹介

初心者ですがアジング用途で使用しています。トラブルもなく良い商品だと思います。またケースは糸がバラけ出ることもなく秀逸です。バッグやケースに適当に入れておけるので気に入っています

出典:https://www.amazon.co.jp

繊細なアタリを取りたい方に

ソルトルアー専用と謳われているこちらの商品はしなやかさと衝撃強度が追求されているので、安心して使うことができます。下は0.4号2lbからと非常に細い番手からラインナップが揃えられています。

 

汎用性が高いラインなので使いやすくなっています。特におすすめなのが軽量ルアーやライトリグを駆使して繊細なアタリも逃さずにキャッチしたい方です。引張強度、結節強度共に強いので、コシがありちぢれにくいです。

糸巻量 30m 平均強度 2lb

口コミを紹介

フロロでありながらノットの決まりが良くしなやかで使いやすいです。適度な柔らかさと伸びがあり、引っ張り強度も強いです。根ズレ強度・ノット強度・引っ張り強度・耐衝撃性と全てにおいて非常に高バランスだと感じます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ソフトな質感のフロロカーボン

フロロカーボンの中ではソフトな質感になっているので、結び変えがしやすくなっています。価格も比較的リーズナブルになっているので、頻繁にショックリーダーを結び変えて使う方におすすめです。

 

0.6号2lbから22号80lbまでラインナップがあるので、フィールド状況やターゲットに応じて調整しながら使いたいという方にも最適でしょう。特におすすめなのはトラウト、エギ、シーバス、鯛ラバを釣るときのリーダーです。

糸巻量 30m 平均強度 8lb

口コミを紹介

PEラインにFGノットでつないでますが強度も申し分ないですし、なにしろコスパがいい。「ソフトフィニッシュ設計」というののおかげなんでしょうか、今まで使ってたリーダーより結びやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ラパラ(Rapala)

Rapala(ラパラ) リーダー ラピノヴァ ショックリーダー フロロカーボン 20m 7.0号 25lb クリア RFL20M25

魚に発見されにくい

強度や耐久性に優れているので根ヅレに強く、魚の歯で切れてしまう事態も防ぐことができます。そのため歯の鋭い魚や大型の魚にも対応することができます。扱いやすい適度なしなやかさのリーダーなので快適に釣りを楽しむことができます。

 

水馴染みのいい比重設定で魚に発見されにくいのもポイントです。更に感度もいいので魚のコンタクトが伝わりやすく、小さな引きにも素早く反応することができ、魚を逃がしてしまうこともないでしょう。

糸巻量 25m 平均強度 10lb

口コミを紹介

波止釣りが多いのですが最近、浜辺でキス釣りや海釣り公園巡りをはじめましたが仕掛けが切れてもフロロは残っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

日本製のフロロカーボンリーダー

メジャークラフトではコスパの優れた日本製のPEラインなどを販売しています。こちらのフロロカーボンリーダーももちろん日本製で低価格なうえに耐摩擦性や感度に優れています。そのため気軽に使用して交換することができます。

 

しなやかなのでPEラインとの結合もしやすく、釣りの初心者にもおすすめできるフロロカーボンリーダーです。また10cmにも満たないコンパクトさなので、ポケットやポーチにも収納しやすくなくしにくいでしょう。

糸巻量 30m 平均強度 16lb

口コミを紹介

やっすいよく釣具屋に置いてあるやつより耐久性に優れてる。過剰評価かもしれないが、ノットが組みやすいのと、保管期間が長くても、クセが付きにくいと思う。

出典:https://www.amazon.co.jp

フロロカーボンのショックリーダーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6352070の画像

    Major Craft(メジャークラフト)

  • 2
    アイテムID:6352014の画像

    ラパラ(Rapala)

  • 3
    アイテムID:6351788の画像

    ヤマトヨテグス(YAMATOYO)

  • 4
    アイテムID:6351723の画像

    クレハ(KUREHA)

  • 5
    アイテムID:6351695の画像

    DUEL(デュエル)

  • 6
    アイテムID:6351536の画像

    サンライン(SUNLINE)

  • 7
    アイテムID:6351514の画像

    DUEL(デュエル)

  • 8
    アイテムID:6351453の画像

    東レ(TORAY)

  • 9
    アイテムID:6351430の画像

    モーリス(MORRIS)

  • 10
    アイテムID:6351410の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 商品名
  • 弾丸フロロショックリーダー
  • Rapala(ラパラ) リーダー ラピノヴァ ショックリーダー フロロカーボン 20m 7.0号 25lb クリア RFL20M25
  • フロロショックリーダー 30m
  • シーガー プレミアムマックス
  • TB CARBON ショックリーダー H3496
  • ソルティメイト システムショックリーダーFC
  • HARDCORE POWERLEADER CN H3438
  • パワーゲーム ルアーリーダー フロロ 30m 3LB
  • VARIVAS ショックリーダー ナチュラル
  • ショックリーダー エクスセンス EX CL-S23L
  • 特徴
  • 日本製のフロロカーボンリーダー
  • 魚に発見されにくい
  • ソフトな質感のフロロカーボン
  • 繊細なアタリを取りたい方に
  • 長期の釣行にも
  • 積極的に攻めたい方に
  • サイズ別の柔軟度設計
  • シーンを問わず使える
  • ルアーの操作性抜群
  • シーバスに最適
  • 価格
  • 550円(税込)
  • 602円(税込)
  • 454円(税込)
  • 927円(税込)
  • 930円(税込)
  • 1430円(税込)
  • 611円(税込)
  • 907円(税込)
  • 1645円(税込)
  • 889円(税込)
  • 糸巻量
  • 30m
  • 25m
  • 30m
  • 30m
  • 25m
  • 50m
  • 30m
  • 30m
  • 30m
  • 30m
  • 平均強度
  • 16lb
  • 10lb
  • 8lb
  • 2lb
  • 50lb
  • 20lb
  • 12lb
  • 3lb
  • 40lb
  • 20lb

サルカンも結びやすい!ショックリーダーの結び方

ショックリーダーは正しい結び方をしなければ魚が掛かった時に解けてしまうことがあります。しっかりと結ぶには電車結びという方法とFGノットという方法がおすすめです。

電車結び

電車結びではまず最初に2本のラインを並行に並べたら片方のラインで輪を作り、そのままもう片方のラインに5回程度巻き付けます。結び目になる個所を指で押さえながら巻き付けたラインをひくことで結び目ができます。

 

もう一方のラインも同じ手順で結びめを作ります。2つの結び目ができたら両サイドのラインをゆっくり引くことにより、結び目が中央に寄ってきてくっつきます。結び目が中央に寄ったら仕上げに強くひき、余ったラインを切り落としましょう。

 

短時間で簡単にできる電車結びはエギングやアジングなどにおすすめです。しかし簡単にできる反面、結び目が大きくなってしまうので竿のガイドに引っかかってしまうこともあります。またFGノットに比べ強度が弱いので負荷の強い釣りには向いていません。

FGノット

ロッドをわきに抱えながら行うのがおすすめです。最初にPEラインの片側を口に加えるなどしてラインを張らせます。その状態のまま15cm程度右端を残し、もう一方のラインを上から右向こうに回してラインをクロスさせます。

 

クロスさせてからPEラインを少し緩めると2本のラインが編み付けられるので、結び目を押さえながら手前側も同様に上から回しかけて再び編み付けましょう。この作業を10回以上繰り返し行うことで、2本のラインがしっかりくっつきます。

 

2本のラインを束ねたらハーフヒッチを5回行います。ハーフヒッチでは輪を作る作業は上下交互に行うようにするのが重要です。1回ずつ丁寧に編み込んでいくことで釣りの最中にすっぽ抜けるのを防ぐことができます。

コスパの高いハリスとの違いは?代用できる?

ショックリーダーはルアーの結び変えや根ずれなどで消耗していくので、なるべくコスパの優れた商品を使いたいと思っている方も多いでしょう。そこでおすすめなのがハリスです。実はショックリーダーとハリスは同じもので、ルアー用か餌釣り用かの違いになっています。

 

ハリスはショックリーダーに比べ巻き量が多い商品が多くあり、残量を気にせずまめにリーダーを交換することができ、それによりラインブレイクを減らすことができます。また低価格な商品も多いので、価格を気にせず使いたいという方にも最適です。

まとめ

ショックリーダーを使うことで、ラインブレイクを防ぐことができ、快適に釣りを楽しむことができるようになります。今回の記事を参考にしてショックリーダーを選んでみてはいかがでしょうか。これまで以上に釣りを楽しむことができるようになるでしょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年05月31日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

初心者も!アジングラインの人気おすすめランキング10選

初心者も!アジングラインの人気おすすめランキング10選

釣具
釣り防寒着の人気おすすめランキング15選【上下セットも紹介!】

釣り防寒着の人気おすすめランキング15選【上下セットも紹介!】

釣具
【2021年最新版】使い捨てマスクの人気おすすめランキング30選

【2021年最新版】使い捨てマスクの人気おすすめランキング30選

衛生用品
ゴミ箱用消臭剤の人気おすすめランキング20選

ゴミ箱用消臭剤の人気おすすめランキング20選

日用品
ヘアフレグランス人気おすすめランキング20選【プチプラからデパコスまで】

ヘアフレグランス人気おすすめランキング20選【プチプラからデパコスまで】

ヘアケア・スタイリング用品
プレゼントに!レディース腕時計の人気おすすめランキング25選【人気ブランドも紹介!】

プレゼントに!レディース腕時計の人気おすすめランキング25選【人気ブランドも紹介!】

腕時計