【2022年最新版】バーコードリーダーの人気おすすめランキング15選【おすすめメーカーや選び方を紹介】

商品の在庫などを管理するときに便利なバーコードリーダー。無線・ワイヤレス・USBタイプやハンディタイプなど便利な商品があり、設定方法や使い方次第で作業効率がアップします。今回はそんなバーコードリーダーの選び方や人気おすすめランキングをご紹介します。

バーコードリーダーでICタグ・バーコードを手軽に読み取ろう

商品や在庫の管理のためにバーコードリーダーを取り入れることにより作業効率をより向上させることができます。しかし開業などで、いざ自分でバーコードリーダーを購入しようと思うと複数の種類があることから選ぶのが難しいと感じてしまうことも。

 

バーコードリーダーの規格には大きく分けて一次元バーコードリーダーと二次元バーコードリーダーの2種類しかありませんので、選び方がわかれば迷う必要はありません。選ぶポイントも少ないので、目的に合わせた商品を選ぶだけですぐに欲しい商品が見つかります。

 

そこで今回はバーコードリーダーの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。ランキングはコード規格・通信タイプ・スキャン速度・付属の4つのポイントを基準として作成しました。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

優れた走査速度の省電力バーコードリーダー

売り上げ台数100,000台の高実績の人気モデルです。優れた走査速度と分解能能でスムーズにバーコードを読み取ります。印刷バーコードはもちろん、液晶画面表示のバーコードにも対応可能です。

 

バーコードリーダーをパソコンのUSBポートに差し込めば準備完了。読み取り音やバーコードの読み取り範囲など各種設定変更も可能です。

コード規格 1次元 通信タイプ 有線
スキャン速度 200回/秒 付属 記載なし

バーコードリーダーの仕組み

バーコードは一般的に白と黒のバーによって、構成されています。バーコードスキャナで光を当てることで、反射光を白と黒をデジタル信号へと置き換えることで、データを取り出す仕組みです。

バーコードリーダーの選び方

バーコードリーダーには商品によりそれぞれ特徴があり、使用するバーコードにより選び方が変わってきますので十分吟味して選ぶ必要があります。

バーコードリーダーの規格や仕組みで選ぶ

バーコードリーダーには大きく分けて1次元バーコードと2次元バーコードという2つの規格や仕組みがあります。

値段が安いものなら「1次元コードリーダー」がおすすめ

バーコードには1次元コードという一般的な食料品・書籍などに使われる細長いバーコードがあります。1次元バーコードリーダーは1次元の他に1Dと表記している商品も多いです。バーコードといわれたら想像する最も一般的なバーコードを読み込むためのリーダーです。

 

QRコードといわれるような四角いバーコードを読み取る必要のない場合は、1次元バーコードリーダーを選びましょう。以下に説明する2次元コードよりも値段が安く済みます。

QRコードも読み取るなら「2次元コードリーダー」がおすすめ

2次元バーコードリーダーは、1次元バーコードリーダーでは読み取ることのできないバーコードを読み取ることができます。2次元バーコードリーダーは2Dスキャナ・2Dイメージャーなどと表記されている商品もあります。

 

細長い一般的なバーコードの他に四角いQRコードも認識することができます。作業する上でバーコードが明確でない場合は、こちらの規格を購入しておくことによって安心して作業を行うことができます。

通信タイプで選ぶ

バーコードリーダーには大きく有線タイプと無線タイプの2種類の通信タイプがあります。それぞれのメリットとデメリットを共に説明していきます。

ウイルス・故障を防ぐならUSBで繋ぐ「有線」バーコードリーダーがおすすめ

有線タイプのバーコードリーダーは、パソコンとバーコードリーダーをUSBケーブルによって接続して使用する方式のものをいいます。有線タイプの最大のメリットはウイルス・故障が少ないというところです。

 

無線接続の場合は、場所によっては接続が安定しない場合がありますが、有線であれば急に接続が途切れるなどのトラブルが少ないので安定した作業が可能になります。またバッテリーの充電を気にする必要がないのも大きなメリットです。

 

デメリットとしては読み取り作業に移動が必要な場合対応できなくなるということです。

効率重視なスマホでBluetooth接続する「無線・ワイヤレスタイプ」がおすすめ

無線タイプのバーコードリーダーは、ドコモやauのスマホ・タブレットなどのバーコードリーダーをBluetoothで無線・ワイヤレス接続することをいいます。最大のメリットとしてはケーブルがないので作業エリアが広くとれるところです。

 

ケーブルのない無線接続だからこそ、シンプルなデザインであり作業場所をスッキリとさせることができます。また、狭い部分にあるバーコードや読み取りが難しいところにあるバーコード、高いところのバーコードも簡単に読み取りができるのが利点です。

 

パソコンの他にスマホ・タブレットなどブルートゥースに対応しているものが多く、パソコンのみならずデバイスにこだわらないで作業が可能になるところもメリット。デメリットは通信が安定せず作業が途切れる場合があるところです。

業務用など効率にこだわるなら「読み取り精度」を確認

業務用などバーコードリーダーの使用用途によっては、読み取りスピードも重要です。連続読み取りが必要な場合、読み取り精度が速いほうが作業スピードが向上します。読み取りスピードにおいては、1秒間に何回スキャンできるかで確認しましょう。

 

読み取りが速いものを選ぶ際は、秒間の回数が多いものを選ぶと良いでしょう。秒間の回数が多いものほどスキャン速度が速いので作業効率がアップします。

読み取り方式で選ぶ

バーコードリーダーの読み取り方式は主にCCDスキャナーとレーザー方式の2種類です。この読み取り方式の違いで選んでみるのも良いでしょう。

衝撃に強いものなら「CCDスキャナー」がおすすめ

光源として使われているのがLEDであり、CCDスキャンを採用していることからCCDスキャナと呼ばれているバーコードリーダーのことです。使い方はバーコードに軽く接近したり、接触することで読み取ることができるようになっています。

 

CCDバーコードリーダーは比較的安価な商品が多いですが、動かすとブレて読み取りができなくなるため、固定するように操作しなければなりません。しかしきちんと照射できれば読み取りの確率は高い商品です。

複数同時読み取りをするなら「レーザースキャナー」がおすすめ

レーザースキャナーは読み取り窓の裏側に光源のレーザーダイオードがあり、バーコードを照射します。レーザーバーコードの特徴としては、バーコードから離して読み取りできるため、複数同時読み取りや長いバーコードの読み取りが可能になることです。

 

レーザーによる細いエイミングラインが見えるので、高さの低いバーコードの読み取りが行いやすいのと、レーザーの特性から湾曲したバーコードの読み取りに強いということが挙げられます。デメリットとしてはCCDスキャナーに比べ衝撃に弱いということです。

ハンディタイプか定置タイプで選ぶ

作業内容によってはハンディタイプか定置タイプかによって選ぶと良いでしょう。また、どちらも持っておくと使い分けができ便利です。

作業場所を選ばないものなら「ハンディタイプ」がおすすめ

ハンディタイプは片手が塞がってしまいますが、どこでも持ち運んでスキャンができるので作業場所を選ばないメリットがあります。有線タイプや無線タイプがありますが、使いやすさで選ぶなら無線タイプです。

軽い商品をスキャンするなら「定置タイプ」がおすすめ

スーパーやコンビニのセルフレジでよく見かけるのが定置タイプです。両手がフリーになり、商品だけを持つことができるので作業内容によっては効率的にスキャンができます。ただ、持ち運ぶことができないのがデメリットです。

PCと繋ぐ「USBケーブル・スタンド」が付属しているか確認

バーコードリーダーを購入すると、バーコードリーダー規格・通信タイプにかかわらずほとんどの商品にPCとつなぐためのUSBケーブルが付属します。また、付いていると便利なものがスタンドです。

 

スタンドにバーコードリーダーを設置すれば、かざすだけで読み取りができ、両手を使う作業もスムーズにできるようになります。スタンドについては製品により、付属されているかどうか異なるので、付属品の確認も忘れずにしましょう。

メーカーで選ぶ

人気や信頼のあるメーカーで選んでみるのもおすすめです。ここでは人気の2種類のメーカーをご紹介します。

高品質な日本製を求めるなら「デンソーウェーブ」

高品質・高性能のバーコードリーダーを求めている方は日本製のデンソーウェーブがおすすめ。1次元・2次元バーコード、QRコードなどの幅広い読み取りに対応しています。コードの向きを気にせず読み取りができるほか、LEDのマーカータイプで目に優しいです。

コスパ重視なら「BUSICOM(ビジコム)」

ビジコムのバーコードリーダーは卓上タイプとハンディタイプが販売されており、作業内容や作業場所によって使い分けられます。また、薄型タイプや省電力タイプなどの機能によってもさまざまなモデルが売られているので、目的に応じた商品が見つかるでしょう。

バーコードリーダーの人気おすすめランキング15選

USBに対応したバーコードリーダー!ワイヤレスタイプで便利

このエリアイメージングスキャナーはCMOSエンジンを搭載しています。CMOSエンジンとは、カメラにも使用されるCMOS素子を使用したバーコード読み取りエンジンです。カメラのためバーコードを合わせる必要なく読み取りが可能です。

 

つまり読み取り画角に入っていれば読み取りが可能で、バーコードの汚れや破損があっても読み取れる部分だけを合成して読み取りが可能になります。USB・HIDをサポートしているためドライバーのインストールは不要です。

コード規格 2次元 通信タイプ 有線
スキャン速度 100回/秒 付属 記載なし

口コミを紹介

会社で2000台以上使用している信頼のおけるメーカーだったため古本管理の個人用に購入。社内では上位機種を使用しているがこちらの機種も期待していた通り素晴らしい。

出典:https://www.amazon.co.jp

Bluetoothのワイヤレス・無線接続にも対応

Eyoyoスキャナーは速いバーコードスキャン速度で、ラベル・紙・携帯電話、またはコンピューターのディスプレイ上の1D・2Dのバーコードを簡単にスキャンできます。またスマートフォン・タブレット・PC・コンピュータ・ラップと接続できます。

 

2つのアップロードモードがあり設定コードをスキャンした後、自由自在に切り替えることができます。インスタントアップロードでは直接デバイスにデータをアップロードし、ストレージモードではスキャナー内部16MBメモリの保存が可能です。

コード規格 2次元 通信タイプ 有線・無線・ブルートゥース
スキャン速度 記載なし 付属 USBケーブル

口コミを紹介

使う際は、まとめて読み取りするので、軽量で充電が長持ちすることが選ぶポイントでした。持ち手は今まで使っていたものと大差ないですが、軽量なので少し疲れにくくなりました。
読み取りスピードは問題なし◎

出典:https://www.amazon.co.jp

コンパクトデザインの手持ちスキャナー

軽量・コンパクト設計。女性でも楽に操作できるコンパクトデザインの手持ちスキャナーです。コンクリートの床に高さ1.5メートルからの落下にも耐えられる高い耐久性・衝撃性・防水性能に優れています。

 

パッケージにはバーコードリーダー・USBレシーバー・ユーザーガイド・USBケーブルが入っています。2.4Gワイヤレス伝送技術を採用し、最高転送距離はオープンの空間で60メートルまで反応可能。

コード規格 2次元 通信タイプ 有線・無線
スキャン速度 記載なし 付属 USBケーブル

口コミを紹介

広い範囲のコードをスキャンすることができて、
そしてうまく読む困難な読み取り条件下でも使用しました、うまく働きます。

出典:https://ck.jp.ap.valuecommerce.com

PCに接続するUSB・スタンド付きバーコードリーダー

長い時間使用しても疲れを感じさせない快適なハンドルデザインが特徴です。可調整なブラケット付き、POSシステムを適用。スキャニングモードは手動・自動が選択できます。高さ12メートル以内なら落としても大丈夫な耐震性があるのも魅力です。

 

パッケージには本体・USBケーブル・マニュアル・スタンドが入っています。インストール・起動プログラムは不要で、接続してすぐに使うことができます。

コード規格 1次元 通信タイプ 有線
スキャン速度 100回/秒 付属 USBケーブル・スタンド

口コミを紹介

PCにUSBで差し込むだけで認識・使用できました。スキャン速度も速いです。
オートスキャンモードもあります。

出典:https://www.amazon.co.jp

読み取り精度が高い!複数同時読み取り可能な業務用バーコードリーダー

複数のスキャンモードを備えたバーコードリーダー。有線と無線どちらも使用できる万能タイプです。手動読み取り・自動スキャン・連続スキャン・インベントモードなど、さまざまなスキャンモードを駆使して作業に取り掛かることができます。

 

電池の持ち時間は約1ヶ月。バッテリーの残量が少なくなると赤色のLEDライトが点灯し教えてくれます。優れた耐久性もあるので、壊れにくく長く使い続けることができるでしょう。

コード規格 1次元 通信タイプ 有線・無線
スキャン速度 200回/秒 付属 -

口コミを紹介

パソコンですぐに使用できました
バーコードの薄いものには若干てこずりますが
値段終わりには優秀だと思いました

出典:https://www.amazon.co.jp

有線の1Dバーコードリーダー

4つの特徴として、ブザー警告音声・長寿命ボタン・高速自動デコード・ドライバまたはアプリ不要があります。高品質チップにより優れたコード能力で1秒間に260回に達し、素早いスキャンが可能です。

 

1Dの有線バーコードリーダーで、USBケーブルをコンピュータ・ノートパソコン・その他のホストのUSBポートに差し込むだけですぐにスキャンが可能です。書店・薬局・急行物流・その他の応用分野に適しています。

コード規格 1次元 通信タイプ 有線
スキャン速度 260回/秒 付属 USBケーブル

口コミを紹介

少々遠くても読んでくれます。
ボタンを押してから認識するまでの時間が短い。
液晶に表示されたバーコードもほぼ問題なく読めます。

出典:https://www.amazon.co.jp

暗い場所での作業に便利なLEDライト付き

LEDライト付きのバーコードリーダーで、倉庫や夜間など暗い場所での作業に大変便利です。撮影対象のバーコードをしっかりと明るく照らし、読み取ることが可能。一般的な1次元バーコードはもちろんQRコードもスキャンできる高性能です。

 

日本での使用に対応した専用バーコードがついてきて、初めての方でも安心して使えます。必要に応じこのバーコードをスキャンするだけで各設定や変更ができるので、機会が苦手な方でも簡単かつ便利に初めることが可能です。

コード規格 2次元 通信タイプ 有線
スキャン速度 記載なし 付属 専用バーコード

口コミを紹介

QRの日本語表示も全く問題ありません。
日本語で表示したかったのでいろいろな変換QRで表示できるので助かります。
長文にも対応しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

バーコードスキャナの専門業者

設定用のバーコード付き。また1次元のバーコードリーダーで優れたデコード能力を持っています。液晶画面も簡単にスキャン可能です。無線接続で30メートル、ブルートゥースで15メートルほどの伝送距離があります。

 

ニーズに合わせて製品をカスタマイズしていくことができます。スキャンの読み取り方はトリガーモード・連続スキャンモード・自動検知モードに設定可能。ちなみにSymcodeはバーコードスキャナの開発及び製造の専門業者です。

コード規格 1次元 通信タイプ 有線・無線・ブルーツルース
スキャン速度 記載なし 付属 スタンド・USB受信機

口コミを紹介

今までコード付きのバーコードリーダーを使ってましたがなかなかワイヤレスでお手頃なのが無くて探してたところにこの商品がありました。軽くてスタンドに刺したままで充電もできて使いやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

スキャンの速さを求めている方におすすめ

2重モードの特殊なデザインを採用しているバーコードリーダーです。デバイスドライバーを自動的に装着できるので、ソフトウェア・APP・などの他に何も必要としない部分が手軽でメリットです。

 

32Bitの高速度のプロセッサを搭載しており、16MBのフラッシュメモリも搭載しているのでスキャンするタイミングが非常に速くなっています。ブルートゥースにも対応しているのでスマホに接続して手軽に読み取ることも可能です。

コード規格 2次元 通信タイプ 有線・無線・ブルートゥース
スキャン速度 200回/秒 付属 記載なし

口コミを紹介

仕事がらストアマネージャーを使用するので、小売店の棚割りの復元作業に使用し、大変役立っています。また、見積もり作成時もバーコード入力で行うと、打ち間違えもなくいちいちJANコードの確認をする必要がないのでこれも助かります。

出典:https://www.amazon.co.jp

読み取り幅が広く軽量でスタイリッシュ

読み取り幅が広いミドルレンジのCCDバーコードリーダー。液晶読み取りも対応なのでバーコードを読み取る幅が広がり、読み取り性能が格段に向上しました。通常のバーコードリーダーだけでなく、画面表示されているバーコードも読み取り可能です。

 

液晶画面の読み取りを行いたい方におすすめのバーコードリーダーです。

コード規格 2次元 通信タイプ 有線
スキャン速度 記載なし 付属 設定マニュアル

口コミを紹介

試しにノートパソコンの液晶画面にバーコードを表示させてみたところ、読み込むことが出来ました!!
センサーがCCDだから、液晶画面のバーコードも読み込めたのだと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

レーザー式バーコードリーダー

Windows・Macどちらも動作可能です。JANバーコードが離れた距離からでも簡単に読み込みできます。読み取り時の音量変更に加え、連続読み込みの設定が可能です。PCにつないで設定の必要なくすぐに使えます。日本語の説明書付きです。

コード規格 記載なし 通信タイプ 有線
スキャン速度 記載なし 付属 記載なし

口コミを紹介

初めて、レーザータイプを購入しました。
小さなコードも読めますし、レーザーなので、コードにピンポイントで当てられます。
1台購入後、使い勝手がよかったので、あと2台購入しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

小型軽量で高速読み取り

最新技術である2.4G無線データ転送に対応しており、有線にも対応している通信タイプに自由度のある商品です。100メートル以下が有効な距離になっていますので、幅広い使用用途で使用することができるでしょう。

 

普通の製品より速く300スキャン/秒でスムーズにバーコードを読み取る高性能のバーコードリーダーです。作業の効率を実現するために32ビットCPUを搭載しています。保存機能も充実でおおよそ10万件のスキャナーしたデータを保存が可能です。

コード規格 2次元 通信タイプ 有線・無線
スキャン速度 300回/秒 付属 USBケーブル

口コミを紹介

2次元バーコード(QRコード)も読める物は高い物しか無く、バーコードとQRコードと両方が読み込めて、しかもワイヤレス&ワイヤードの両対応な機種では一番コスパが良い製品だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

光源の寿命が長く光が目に優しいバーコードリーダー

スマートフォンやパソコンなどの液晶画面に表示されたバーコードの読み取りにも対応したバーコードリーダーリーダー。CCDタイプはレーザータイプと比べて、LED証明との干渉がない、光が目に優しい、光源の寿命が長いなどの長所があります。

 

連続使用のための軽量で人間工学に配慮したデザイン。1.5メートルの落下・衝撃に耐える頑丈ボディ、350スキャン/秒の走査速度・高精度でスムーズな読み取りです。強力かつフレキシブルな編集機能を搭載。日本語のマニュアル付きです。

コード規格 1次元 通信タイプ 有線
スキャン速度 350回/秒 付属 USBケーブル

口コミを紹介

トリガを使わずに読める設定もできますし(その場合、同一バーコードは連続で読まないという設定にする必要があります)、最後に改行やタブも入れることもできます。残念ながらShift+TABはできないようでしたがサポートも反応がよくすぐに設定ファイルを送ってくれました!

出典:https://www.amazon.co.jp

業務効率がアップする高速読み取りが可能なバーコードリーダー

ドライバソフトが不要で、バーコードリーダーをコンピュータのUSBポートに接続するだけ始めることができます。フリッカーや自動スキャン、連続スキャンに対応。簡易操作でリバウンドボタンを押すだけで、バーコードをパソコンに反映できます。

 

120スキャン/秒の高速スピードでストレスなく読み取れるので、使用者の業務効率がアップします。

コード規格 1次元 通信タイプ 有線
スキャン速度 120回/秒 付属 USBケーブル

口コミを紹介

読み取り精度も良く、バーコードをテンポよく読み取ります。設定用のバーコードが印刷されている冊子がついています。ファームウエアのバージョン等もバーコードを読めば、メモ帳などで確認できます。設定変更用のバーコードも豊富で、様々な仕様に変更できるでしょう。

出典:https://www.amazon.co.jp

優れた走査速度の省電力で安いバーコードリーダー

売り上げ台数100,000台の高実績の人気モデルです。優れた走査速度と分解能能でスムーズにバーコードを読み取ります。印刷バーコードはもちろん、液晶画面表示のバーコードにも対応可能です。

 

バーコードリーダーをパソコンのUSBポートに差し込めば準備完了。読み取り音やバーコードの読み取り範囲など各種設定変更も可能です。

コード規格 1次元 通信タイプ 有線
スキャン速度 200回/秒 付属 記載なし

口コミを紹介

使用した感じはとにかく読み取りが早い!ストレスなく読み取ってくれるのでバーコードに当てるのが意外と楽しくなっちゃいます。今まで手打ちで1文字づつ打っていた苦労はなんだったんだろう....と思います。もっと早くから買っていればよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

バーコードリーダーのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 コード規格 通信タイプ スキャン速度 付属
1
アイテムID:10390362の画像
BC-BR900L-W

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

優れた走査速度の省電力バーコードリーダー

1次元 有線 200回/秒 記載なし
2
アイテムID:10390454の画像
バーコードスキャナー

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

業務効率がアップする高速読み取りが可能なバーコードリーダー

1次元 有線 120回/秒 USBケーブル
3
アイテムID:10390451の画像
バーコードリーダー

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

光源の寿命が長く光が目に優しいバーコードリーダー

1次元 有線 350回/秒 USBケーブル
4
アイテムID:10390448の画像
ワイヤレスバーコードリーダー

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

小型軽量で高速読み取り

2次元 有線・無線 300回/秒 USBケーブル
5
アイテムID:10390445の画像
USB バーコードリーダー

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

レーザー式バーコードリーダー

記載なし 有線 記載なし 記載なし
6
アイテムID:10390442の画像
SD120

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

読み取り幅が広く軽量でスタイリッシュ

2次元 有線 記載なし 設定マニュアル
7
アイテムID:10390439の画像
ワイヤレスバーコードリーダー

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

スキャンの速さを求めている方におすすめ

2次元 有線・無線・ブルートゥース 200回/秒 記載なし
8
アイテムID:10390436の画像
R40CB

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

バーコードスキャナの専門業者

1次元 有線・無線・ブルーツルース 記載なし スタンド・USB受信機
9
アイテムID:10390433の画像
バーコードリーダー

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

暗い場所での作業に便利なLEDライト付き

2次元 有線 記載なし 専用バーコード
10
アイテムID:10390430の画像
バーコードリーダーCCD

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

有線の1Dバーコードリーダー

1次元 有線 260回/秒 USBケーブル
11
アイテムID:10390427の画像
BCST-70

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

読み取り精度が高い!複数同時読み取り可能な業務用バーコードリーダー

1次元 有線・無線 200回/秒 -
12
アイテムID:10390424の画像
バーコードリーダー

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

PCに接続するUSB・スタンド付きバーコードリーダー

1次元 有線 100回/秒 USBケーブル・スタンド
13
アイテムID:10390421の画像
バーコードリーダー

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

コンパクトデザインの手持ちスキャナー

2次元 有線・無線 記載なし USBケーブル
14
アイテムID:10390418の画像
バーコードスキャナー

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

Bluetoothのワイヤレス・無線接続にも対応

2次元 有線・無線・ブルートゥース 記載なし USBケーブル
15
アイテムID:10390415の画像
エリアイメージング2Dスキャナー

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

USBに対応したバーコードリーダー!ワイヤレスタイプで便利

2次元 有線 100回/秒 記載なし

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

\楽天スーパーSALE開催中!!/ 楽天 「バーコードリーダー」ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

せどりの作業効率アップにも!

せどりに特化したバーコードスキャナーも販売されています。KOAMTACのバーコードスキャナーKDC20iは、パソコンやiPhoneにも接続可能。仕入れやリサーチといった作業も高速でスキャン可能なので、作業効率を上げたい方におすすめです。

無線のQRコードリーダー・QRコードスキャナーのメーカー

BEVAのQRコードリーダーはあらゆる場所での作業に対応可能です。物流倉庫や図書館など、高いところにある商品も無線のハンディタイプで簡単に読み取ることができます。耐久性にも優れており、1.5メートルの高さから落としてしまっても壊れません

WindowsやMacとも連携可能?設定方法や使い方は?

WindowsMacといったパソコンに接続して使えるバーコードリーダーがあります。電力をパソコンのUSBポートから供給し使用可能です。専用のドライバーや専用のアプリケーションをインストールする必要がないので、パソコンに繋いですぐに使用できます。

Android・iPhoneのバーコードリーダー無料アプリをご紹介

AndroidやiPhoneを外付けバーコードリーダーとして使うことができます。クラウド在庫管理ソフトZAICOというアプリでは、iPhone版・Android版があり、外付けのバーコードリーダーと連動することが可能です。

 

Bluetoothを使ってペアリングを行い、アプリを開いて設定をしていきます。注意点としては、スマホに対応しているバーコードリーダーを使用しなければいけません。また、スマホの性能が低いと上手く連動できない可能性があるので気をつけましょう。

Amazonや楽天で安いバーコードリーダーを取り寄せよう

バーコードリーダーを家電量販店で直接買いに行くのも良いのですが、Amazonや楽天なら気軽に購入できます。また、ネットショッピングの良いところはさまざまな商品を比較できるところです。セールの情報もすぐに確認でき、安いタイミングですぐに購入できます。

まとめ

今回はバーコードリーダーの選び方や人気おすすめランキングをご紹介しましたが、いかがでしたか?バーコードリーダーにはさまざまな種類があり、用途によって使い方が分かれます。作業内容に合わせてバーコードリーダーを選んでみましょう。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年08月25日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

70人に調査|2022年電子書籍リーダーの人気おすすめランキング15選

70人に調査|2022年電子書籍リーダーの人気おすすめランキング15選

電子書籍リーダー
【2022年版】SDカードリーダーのおすすめ人気ランキング15選【Androidにも】

【2022年版】SDカードリーダーのおすすめ人気ランキング15選【Androidにも】

カードリーダー
USB指紋認証リーダー人気おすすめランキング10選【快適ログイン】

USB指紋認証リーダー人気おすすめランキング10選【快適ログイン】

USBメモリー
iPad用SDカードリーダーのおすすめ人気ランキング15選【データの書き出しに!】

iPad用SDカードリーダーのおすすめ人気ランキング15選【データの書き出しに!】

カードリーダー
【2022年最強版】ショックリーダーの人気おすすめランキング20選【ナイロン製も!】

【2022年最強版】ショックリーダーの人気おすすめランキング20選【ナイロン製も!】

釣具
ICカードリーダーのおすすめ人気ランキング15選【マイナンバーカードにも使える?確定申告にも】

ICカードリーダーのおすすめ人気ランキング15選【マイナンバーカードにも使える?確定申告にも】

カードリーダー