さくら製作所のワインセラーおすすめ人気ランキング15選【sb22とsa22の違いもご紹介!】

国内メーカーさくら製作所のワインセラーはワインを適温に保つ便利な商品です。しかしSB22やSA38Bなど型番が多くて迷ってしまいます。そこで今回は、さくら製作所のワインセラーの選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。楽天やヨドバシで購入した方の評判や故障時の対応などもご紹介します。

※法律により20歳未満の酒類の購入や飲酒は禁止されており、酒類の購入には年齢確認が必要です。

今回の記事ではさくら製作所のワインセラー人気おすすめランキングを紹介していますが、下記の記事ではワインセラーについて紹介しています。ぜひ参考にしてください。

さくら製作所のワインセラーがワインを適切に保存・熟成させる

ワインは保管するときの温度・湿度・光などで性質が変わります。現在では冷蔵庫が普及して、どこの家庭でも日本酒やビールや食品と一緒に保存されています。しかし、実はそれでは本来のワインの風味を味わえていないんです。

 

ワインは保冷と熟成によって味がよくなり、温度は12から18度・湿度は70から75%が最適です。国内ワインセラーメーカーのの中でも、SA22・SB22などの人気機種で知られるさくら製作所が近年注目を集めています。

 

そこで今回は、さくら製作所のワインセラーの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは収納本数・サイズ・人気・コスパトパフォーマンスなどを基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

さくら製作所ワインセラーの選び方

ワインセラーの選び方を温度・湿度管理・サイズ・収納本数・静音性・年間電気代などのポイント別にご紹介します。

冷却方式で選ぶ

ワインセラーの冷却方式はコンプレッサー式とモーターなしのペルチェ式の2種類です。さくら製作所のワインセラーはコンプレッサー式を採用しています。

長期保存したい方には「コンプレッサー方式」がおすすめ

「コンプレッサー」は本体の下部に設置されたモーターによって冷媒のガスを庫内に送り出しています。冷媒が冷却管の中で気化するときに周囲から熱を吸収して冷却します。回収したガスを液体に戻すときにコンプレッサーで圧縮します。

 

この繰り返しで冷却ができる方式を「コンプレッサー方式」といいます冷却機能が高く、ドアの開閉の際の温度変化にも対応可能です。デメリットは振動音が大きい点と本体価格が高い点が挙げられます。

 

価格は高いですが消費電力が少ないため、コストパフォーマンスは高いです。長期的な視野で見れば、価格をおさえられます。以下の記事でもコンプレッサー式ワインセラーの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

本体価格を安くおさえたい方には「ペルチェ式」がおすすめ

小型のワインセラーに多いのが「ペルチェ方式」の冷却法です。2種類の特殊な金属板を張り合わせた電極間に直流電流を流すと、ペルチェ効果によって温度差が生じます。冷却された電極に空気を当てて庫内に吹き込んで冷却する方法です。

 

静音性に優れていて大変静かです。コンプレッサー方式のワインセラーよりも安価な特徴があります。しかし、冷却効率が悪いのがデメリットです。消費電力も高く、さくら製作所では推奨しない冷却方式です。

 

さくら製作所では採用していない方式ですが、手軽で小型のワインセラーがほしい方にはおすすめです。

収納本数で選ぶ

ワインの収納本数も重要なポイントです。普段どの程度ワインを消費するのかを想定して、生活に合った収納本数のワインセラーを選びましょう。

日常的な消費をするだけの方には「10本から24本」程度がおすすめ

ワインの消費量がそれほど多くない方には10本程度の収納本数のワインセラーがおすすめです。日常的な消費量であれば、多くても20本程度までの収納本数があれば十分対応できます。小型で済むため場所も選びません。

日常的にパーティをする方には「30本から100本」程度がおすすめ

日常的にパーティをしてワインを飲む方には30本から100本程度の収納本数のワインセラーがおすすめです。さくら製作所のワインセラーはさまざまな収納本数のものがありますが、最大で155本まで収納できます。

サイズや底面積で選ぶ

ワインセラーはサイズや底面積も重要なポイントです。収納本数と合わせて検討しましょう。

置くスペースが狭い方には「小型」がおすすめ

ワインセラーを設置するスペースが狭い方には小型タイプがおすすめです。収納本数が多ければそれだけワインセラーのサイズも大きくなるため、事前の確認が必要です。放熱スペースも確保しなければならないため、しっかりと確認しましょう。

 

さくら製作所は省スペースで多収納のワインセラーを意識して製品を開発しています。それは特に小型タイプに求められる特徴です。以下の記事も参考にワインセラーを選ぶ際にはぜひ意識を向けてみてください。

スペースが広くたくさん収納したい方には「大型」がおすすめ

ワインをたくさん収納したい方や、スペースが広くてワインセラーの設置場所に困らない方には大型タイプがおすすめです。収納本数を設置面積で割るとおおよその収納効率がわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

機能で選ぶ

ワインセラーを選ぶ際にはその機能も気になります。温度を分ける機能や熟成に向いた機能などがあるので、ご紹介します。

赤ワインと白ワインを収納したい方には「二温度式」がおすすめ

ワインセラー選びには温度管理も重要なポイントです。赤ワインと白ワインは飲み頃の温度が異なるため「二温度式」のワインセラーがおすすめです。赤ワインは12から15度で、白ワインは6から10度が適した温度です。

 

「二温度式」のワインセラーは上下2段に棚が分かれており、それぞれの温度を別に設定することができます。

ワインを熟成させたい方には「加湿機能」つきがおすすめ

ワインセラーはワインを冷やすだけでなく、熟成させる機能があるものもあります。ワインを熟成させたい方は加湿機能がついたワインセラーがおすすめです。湿度をコントロールし長期熟成に理想的な環境を整えてくれます。

ワインの品質を重視する方には「UVカットガラス」採用のものがおすすめ

ワインは光や紫外線にも弱いため、中が見えやすい透明なタイプのワインセラーの場合はUVカットガラスを採用しているものがおすすめです。さくら製作所のワインセラーは紫外線対策にも配慮しているので安心して使えます。

日本酒も収納したい方には「日本酒セラー」もおすすめ

日本酒は日本の伝統的なワインともいえるお酒です。日本酒も収納したい方は、二温度式ワインセラーや日本酒セラーがおすすめです。冷蔵庫に一升瓶は保存しにくいです。さくら製作所では日本酒セラーも取り扱っています。

音が気になる方は「静音性」が高いものがおすすめ

コンプレッサー方式のワインセラーは、音がうるさい点がデメリットでした。現在では改良が重ねられ、音を床側に逃がす遮音カバーや吸音材の開発が進んでいます。コンプレッサーの出す800Hzの騒音は、従来よりも50%の静音化に成功しています。

 

また扉の形態や構造も工夫されています。3重扉にはLow-Eガラスと呼ばれる建築用の高価なガラスを2枚も使用して密閉度を高め、中からの騒音をカットして静音性を高めています。

見た目にこだわる方は「デザイン」で選ぶのもおすすめ

インテリアにこだわる方には、ワインセラーを見た目で選ぶことも必要です。さくら製作所のワインセラーは、おしゃれでスタイリッシュなデザインのものも取り扱っています。暗い色ばかりではなく、白色ガラスを使った透明感のあるものもあります。

 

色や高さなど、周囲の家具とのバランスも大切です。設置する部屋によっても異なるため、ガラスの透明度やドアフレームの質感などを好みに合わせて選んでみましょう。

型番で選ぶ

さくら製作所のワインセラーはいくつかのシリーズに分かれています。それぞれの型番をご紹介します。

最も断熱性が高い扉を使った型番「sa22・sa38B」などのZERO Advance

ZERO Advanceシリーズはワインや日本酒に使えるワインセラーです。デザイン性と温度管理を両立したシリーズで、全シリーズ中で最も断熱性の高い扉を使用しています。省エネ・静音性にも優れています。

 

「sa22」はワインを22本収納でき、日本酒も一升瓶で5本収納できます。「sa38」は上下二温度式です。「sa38B」のようなBはブラック、Wはホワイトの意味です。数字の部分は収納本数を示しています。

冷却性能が高く長期熟成もできる型番「sb22・sb38」のZERO CLASS

ZERO CLASSシリーズはワインの熟成に適した14度程度の温度に保つのに適したタイプです。ガラス扉はUVカット率99%で、ワインの劣化を防ぎます。「sb22」は最小サイズに22本が収納でき、「sb38」は二温度式でコンパクトなタイプです。

加湿循環方式採用の型番「SAB・SAF」のFURNIEL

FURNIELシリーズは日本の住環境に合わせて設置面積を小さくしたタイプです。さらに加湿循環方式を採用しており、長期熟成用のワインセラーとしておすすめです。「SAB」は12本と24本で、「SAF」は65本と89本が収納可能です。

大容量の二温度式の型番「SV」のPRO CLASS

PRO CLASSはどちらも二温度式のワインセラーです。「SV38」はミドルサイズで、「SV155」はラージサイズです。155本は全タイプの中で最大収納数を誇ります。収納本数が多くても棚がスライド式のため、取り出しやすく銘柄もわかりやすいです。

ドリンクセラーとしても使える型番「OSK」のZERO CHILLED

ZERO CHILLEDシリーズはリビングやオフィスなどのあらゆる場面で利用できるドリンクセラーです。9本収納の省スペースタイプと、20本収納の二温度式タイプがあります。見た目にもこだわっていて、黒と白の2タイプが揃っています。

 

一般的なドリンクストッカーとしても使え、またビール・ワイン・日本酒セラーとしても使えます。0度から22度まで1度刻みで温度設定ができます。

価格が気になる方は「中古品・アウトレット」もおすすめ

電化製品にも中古品が販売されているように、さくら製作所のワインセラーも「中古品」が販売されています。保証よりも安さを重視したい方はオークションサイトやリサイクルショップなどを探してみてください。

 

また、展示品や訳あり品がアウトレットとして販売される場合もあります。いずれも商品の状態や予算との兼ね合いを見ながら選ぶのがおすすめです。

スペックで比較したいなら「カタログ」を参考にしよう

多数の型番の中から自分が欲しい機能を備えたものを効率的に選びたい方は、さくら製作所のカタログを参考にしてみてください。ZERO ADVANCEや氷温など、カテゴリーごとの製品が掲載されたカタログを公式サイトから閲覧できます。

さくら製作所ワインセラーの人気おすすめランキング15選

15位

さくら製作所(Sakura Seisakusho)

FURNIEL SAF-280G-BB

89本収納の本格的な長期熟成型ワインセラー

加湿循環式です。庫内温度は5から20度で、本格的な長期保存を目的の方におすすめのワインセラーです。DCファンモーターで庫内の空気を循環させています。自動霜取り機能を備えており、加温用ヒーターとアルミフィン冷却器が環境を整えています。

サイズ 595×543×1735mm 重量 80kg
収納本数 86本 消費電力 115W
14位

さくら製作所(Sakura Seisakusho)

ZERO CLASS Premium SB75

低温冷蔵ワインセラー75本収納

収納本数は75本・設定温度は0から20度の低温冷蔵式です。日本酒の一升瓶は24本収納できます。冷却はバンクショット冷却方式です。ガラス扉は3層ガラスで棚板は大小合計11枚という冷蔵庫並みの性能です。

サイズ 595×580×1248mm 重量 77kg
収納本数 75本 消費電力 168W 

口コミ・評判を紹介

美味しい日本酒とワインを飲みたくて購入日本酒は3°、ワインは13°に冷やして、いつも飲み頃

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

長期熟成型で温度も湿度も安定

長期熟成型で188Lの庫内には、ワイン65本が収納可能です。加湿循環方式が完璧で外気との交換穴は水分を出し入れしていつも一定の湿度を保ってくれます。業務用としてもおすすめです。

サイズ 635×593×1335mm 重量 63kg
収納本数 65本 消費電力 100W

口コミ・評判を紹介

これまで使用していたペルチェタイプでは、今夏の日中は部屋のエアコンを稼働させる必要がありました。(苦笑)新たに設置した本品は流石コンプレッサータイプ!

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

さくら製作所(Sakura Seisakusho)

ZERO CLASS Premium SB103

低温冷蔵の冷却技術で日本酒やビールも冷やせる

103本収納可能の大容量タイプです。上段が0℃に冷却可能ですから日本酒やビールがよく冷えます。業務用におすすめです。バンクショット冷却法などの特許技術が使われています。扉のLow-Eガラスは3層ガラスが入ってUVカット率99%以上です。

サイズ 595×580×1215mm 重量 98kg
収納本数 103本 消費電力 168W

口コミ・評判を紹介

一升瓶が縦に入るので重宝してます。今までは口を切ったら飲みきらないと次が開けられなかったんですが、今は色々な日本酒を開けて、ちょっとした居酒屋気分で飲んでます。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

さくら製作所(Sakura Seisakusho)

PRO CLASS SV78

78本収納できる二温度管理式のワインセラー

上段に33本下段に45本が収納可能でスライド棚つきです。温度は上下室とも5から22度の調節が可能な二温度式になっています。196Wの年間電気料金は8,748円とランニングコストの高さも嬉しいポイントです。

サイズ 595×680×1215mm 重量 71kg
収納本数 78本 消費電力 196W

口コミ・評判を紹介

スタイリッシュで使いやすく気に入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

さくら製作所(Sakura Seisakusho)

ZERO CLASS Smart SB51

冷蔵庫並みの性能で二温度管理51本収納

冷蔵庫と同等な0から22度までの温度を2つの部屋で使える二温度式です。上段に日本酒の一升瓶を立てて置けます。家庭用にはちょうどいいサイズと機能を備えており、ガラス扉は3重扉の頑丈な構造です。

サイズ 475×527×1260mm 重量 60kg
収納本数 51本 消費電力 86W

口コミ・評判を紹介

冷蔵庫の野菜室と冷蔵室にいっぱいの飲み物を全て移しました。上段は4度で日本酒、ビール、ジュースで使用。下段は14度にてワインを熟成。音も気になるようなレベルではなく静かです。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

24本収納で二温度式の長期熟成型ワインセラー

設置面積が38cm×47.6cmという電子レンジ並みのコンパクトさで、狭い場所でも設置できます。タッチパネルで電源のON・OFFができて便利です。扉はフレームレスでフルフラットガラスを採用しており、防振・静音設計です。

サイズ 476×380×1150mm 重量 37kg
収納本数 24本 消費電力 72W

口コミ・評判を紹介

外観や仕上(造り)も充分満足のいくものです! また、心配していた音も問題ありません!居間に設置しましたが、バーチャルサラウンドの音響には全く影響ありません! 当面、大正解でした。(笑い)

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

さくら製作所(Sakura Seisakusho)

ZERO Advance SA38-W

二温度管理ホワイト38本収納

収納本数は上室16本下室22本の計38本です。設定温度は二温度式で0から22度の範囲で変えられます冷却法はコンプレッサー式のバンクショット式ですガラス扉は3重でLow-Eガラスが使われ、木目調の棚板がおしゃれです。

サイズ 390×530×1165mm 重量 49kg
収納本数 38本 消費電力 119W

口コミ・評判を紹介

他のモデルとフォルスターさんの物で悩んでいましたが、最新モデルで年間消費電力が安い当該モデルをチョイスしました。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

さくら製作所(Sakura Seisakusho)

ファニエル ワインセラー SAB-50G-PB

長期熟成型のポータブルワインセラー

12本収納の小型ワインセラーです。庫内温度は5から20度の加湿循環方式で、コンプレッサー式・防振・静音・ノンフロン冷媒などの機能を備えています。冬場は加温ヒーターで温度を維持してくれる点が特徴です。

サイズ 476×380×704mm 重量 27kg
収納本数 12本 消費電力 70W

口コミ・評判を紹介

欲しかったワインセラー。ワインを熟成させることが出来るこのワインセラー。音も静かで、リビングに置いても違和感がなくインテリアとしても見栄えがすると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

さくら製作所(Sakura Seisakusho)

ZERO CHILLED OSK9-B 日本酒&ドリンクセラー

あらゆる場面で利用できるドリンクセラー

最適温度が0から22度で日本酒の一升瓶を立てて9本収納できます。コンプレッサー式で静音、リビングにも置けるコンパクトタイプです。ガラス扉は3重ガラスのため、頑丈で低温状態が保てます。

サイズ 360×425×930mm 重量 32.2kg
収納本数 9本 消費電力 102W

口コミ・評判を紹介

日本酒保管用に購入。冷却性能、静音性とも文句なし。-5℃まで冷やせたらなお良かったが、0℃で縦置きで一升瓶を保管できるのが良い。なんせ酒が悪くならない。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

純白ガラスでインテリア性も際立つセラー22本収納

ガラス扉は3重ガラスでLow-Eガラスを2枚使用しています。断熱性と静音性が高く、白色ガラスが家具としてもおしゃれです。設置面積も非常に小さくコンパクトで、年間電気代も3500円と安いため一人暮らしにもおすすめです。

サイズ 390×530×710mm 重量 33kg
収納本数 22本 消費電力 118W

口コミ・評判を紹介

小型で温度調整機能も充分、特にセラーにしてお酒を美味しく出来る0°までの調整がきくのは便利です。また霜取り対策も充分、作動音も気になりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

二温度管理ができる

ワインは上室16本下室22本・一升瓶は上6本下5本を収納できます。温度は上下別々に0から22度まで調節でき、扉は3重のうち2枚がLow-Eガラスの断熱性と静音性に長けた仕様です。年間の電気代は約5000円ほどです。

サイズ 390×530×1165mm 重量 49kg
収納本数 38本 消費電力 119W

口コミ・評判を紹介

問題なく使用中。スパークもビールもしっかり冷える。おしゃれな冷蔵庫を買った気分で、満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

22本収納の最小クラスのコンパクトモデル

コンパクトモデルで一人暮らしにもおすすめです。22本収納ながら直径90mmの太めのスパークリングワインなどが収納可能です。下段にも高さ300mmのボルドーやブルゴーニュボトルが横置きに収納できます。

サイズ 390×530×710mm 重量 33kg
収納本数 22本 消費電力 118W

口コミ・評判を紹介

上段を12℃でワインセラーとして、下段を1℃で日本酒とビール庫として使っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

さくら製作所(Sakura Seisakusho)

ZERO CLASS Smart SB22

最小サイズに最大収納力

22本収納でき、コンパクトで設置面積も小さく収まります。年間電気代はもちろん、本体価格もリーズナブルで一人暮らしにもおすすめです。バンクショットクーリングテクノロジーにより0℃から冷却できます。

サイズ 380×527×710mm 重量 34kg
収納本数 22本 消費電力 84W

口コミ・評判を紹介

フローリングの上に置く予定だったので音は心配していましたが、気になるような大きさではありませんでした。設定温度(付近)まで素早く温度調整してくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

さくら製作所(Sakura Seisakusho)

ZERO CLASS Smart SB38

最小サイズに最大38本の収納力のSB38

2段タイプのおしゃれなワインセラーです。コンパクトな外見ですが38本の収納力を備えています。SB22とSB38は同じ幅のファニエル商品より1本多く収納できる棚があるので収納力が高く、家庭用におすすめです。

サイズ 380×527×1160mm 重量 49kg
収納本数 38本 消費電力 84W

口コミ・評判を紹介

ワインをよりよく保存したいからと購入。大正解だった。いつでも理想の温度のワインを飲めるのは便利。

出典:https://www.amazon.co.jp

さくら製作所ワインセラーのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 サイズ 重量 収納本数 消費電力
1
アイテムID:10126352の画像
ZERO CLASS Smart SB38

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

最小サイズに最大38本の収納力のSB38

380×527×1160mm 49kg 38本 84W
2
アイテムID:10126349の画像
ZERO CLASS Smart SB22

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

最小サイズに最大収納力

380×527×710mm 34kg 22本 84W
3
アイテムID:10126346の画像
ZERO Advance SA22-B

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

22本収納の最小クラスのコンパクトモデル

390×530×710mm 33kg 22本 118W
4
アイテムID:10126343の画像
ZERO Advance SA38-B

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

二温度管理ができる

390×530×1165mm 49kg 38本 119W
5
アイテムID:10126340の画像
ZERO Advance SA22-W

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

純白ガラスでインテリア性も際立つセラー22本収納

390×530×710mm 33kg 22本 118W
6
アイテムID:10126337の画像
ZERO CHILLED OSK9-B 日本酒&ドリンクセラー

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

あらゆる場面で利用できるドリンクセラー

360×425×930mm 32.2kg 9本 102W
7
アイテムID:10126334の画像
ファニエル ワインセラー SAB-50G-PB

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

長期熟成型のポータブルワインセラー

476×380×704mm 27kg 12本 70W
8
アイテムID:10126331の画像
ZERO Advance SA38-W

楽天

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

二温度管理ホワイト38本収納

390×530×1165mm 49kg 38本 119W
9
アイテムID:10126328の画像
FURNIEL SAB-90G-PB

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

24本収納で二温度式の長期熟成型ワインセラー

476×380×1150mm 37kg 24本 72W
10
アイテムID:10126325の画像
ZERO CLASS Smart SB51

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

冷蔵庫並みの性能で二温度管理51本収納

475×527×1260mm 60kg 51本 86W
11
アイテムID:10126322の画像
PRO CLASS SV78

楽天

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

78本収納できる二温度管理式のワインセラー

595×680×1215mm 71kg 78本 196W
12
アイテムID:10126319の画像
ZERO CLASS Premium SB103

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

低温冷蔵の冷却技術で日本酒やビールも冷やせる

595×580×1215mm 98kg 103本 168W
13
アイテムID:10126316の画像
FURNIEL SAF-190G-BB

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

長期熟成型で温度も湿度も安定

635×593×1335mm 63kg 65本 100W
14
アイテムID:10126313の画像
ZERO CLASS Premium SB75

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

低温冷蔵ワインセラー75本収納

595×580×1248mm 77kg 75本 168W 
15
アイテムID:10126312の画像
FURNIEL SAF-280G-BB

楽天

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

89本収納の本格的な長期熟成型ワインセラー

595×543×1735mm 80kg 86本 115W

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

さくら製作所のワインセラーの疑問を解説

さくら製作所のワインセラーについてよくある質問などをまとめたので、解説していきます。

年間の電気代は4000円程度

電気料金は1日10円ほどと言われていますから、年間では4000円程度です。扉の開閉回数が多いともっと上がりますが、エアコンや冷蔵庫よりも安く済みます。不用意に扉を開けっ放しにしないよう注意しましょう。

 

さくら製作所のワインセラーの扉はほとんどが3重扉で密閉度が高く、庫内の冷気を逃がしません。UVカット率も99%以上なので外部からの熱もシャットアウトして電気代の負担を軽くしています。

さくら製作所は故障にも対応してくれる

さくら製作所は公式サイト内で故障について丁寧な解説をしています。よくある質問と回答をまとめ、取扱説明書のダウンロードもできます。それらを熟読しても解決しない問題・故障には、出張修理・引取修理にも応じてくれます。

 

その際、保証書や保証期間が重要になるので、よく確認しておきましょう。保証期間はシリーズや部位ごとに異なるため、こちらもよく確認しておくことが大切です。

フォルスターはさくら製作所よりも価格が高い

ワインセラーの老舗メーカーとして、フォルスタージャパンが挙げられます。さくら製作所は2014年設立のメーカーですが、フォルスタージャパンは1987年からワインセラーを専門的に販売しています。

 

フォルスターは海外のメーカーですが、さくら製作所は日本のメーカーです。さらにフォルスターのワインセラーは高価です。それぞれのメーカーのこだわりや価格をチェックしてみましょう。

 

以下の記事ではワインセラーの人気おすすめランキング15選赤ワインの人気おすすめランキング15選をご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

さくら製作所の特許技術はバンクショット式冷却

さくら製作所の特許技術にはバンクショット式冷却法というものがあります。これは、コンプレッサーによって冷却された空気を庫内にとどまらせず、ファンによって均一に庫内を冷却する技術のことです。

 

ワインセラーの庫内の温度は、センサーも働いて設定した一定温度が保たれています。扉が開けっ放しになるとアラームと同時にファンやメインのモーターも停止する仕組みです。

sa22とsb22の違いはなに?

さくら製作所の「sa22」と「sb22」の違いは、いくつかあります。sa22の方が、冷却能力・静音性・低外気温時(寒冷地)での断熱性能が高いようです。温度表示は、sa22が「液晶画面」なのに対して、sb22は「デジタル画面」です。

 

柵の仕様も、sa22は「木目塗装モール+ワイヤー」ですが、sb22は「ワイヤーのみ」です。年間の電気代も、sa22の方が400円程度安いです。また機能性が高いため、sa22の方が本体の値段が3000円高いです。

まとめ

ここまでさくら製作所のワインセラーの選び方とランキングをご紹介してきました。人気機種のSB22・SA22以外にも魅力的なワインセラーが沢山あります。この記事を参考に、ぜひご自身に合ったお気に入りのワインセラーを見つけてみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年07月04日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

コンプレッサー式ワインセラーのおすすめ人気ランキング15選【小型や寿命の長いものも】

コンプレッサー式ワインセラーのおすすめ人気ランキング15選【小型や寿命の長いものも】

ワインセラー
【2022年最新版】小型ワインセラーの人気おすすめランキング16選【おしゃれ・使いやすい】

【2022年最新版】小型ワインセラーの人気おすすめランキング16選【おしゃれ・使いやすい】

ワインセラー
おしゃれなワインセラーの人気おすすめランキング15選【リビングインテリアにも!Wieの評判も】

おしゃれなワインセラーの人気おすすめランキング15選【リビングインテリアにも!Wieの評判も】

ワインセラー
小型6本用ワインセラーの人気おすすめランキング15選【省スペースにも】

小型6本用ワインセラーの人気おすすめランキング15選【省スペースにも】

ワインセラー
【2022年最新版】ビールにも対応したワインセラーの人気おすすめランキング15選【日本酒にも】

【2022年最新版】ビールにも対応したワインセラーの人気おすすめランキング15選【日本酒にも】

ワインセラー
日本酒向けワインセラーのおすすめ人気ランキング15選【人気のアイリスオーヤマも】

日本酒向けワインセラーのおすすめ人気ランキング15選【人気のアイリスオーヤマも】

ワインセラー