登山用水筒のおすすめ人気ランキング15選【最強はどれ?保温や冷めない水筒も】

登山での水分補給には、ペットボトルではなく登山用水筒が便利です。モンベルやサーモスのメーカーから、ワンタッチやウォーターキャリーに便利なタイプなど最強のモデルも販売されています。そこで今回は、登山用水筒の選び方や人気おすすめの商品をランキング形式でご紹介します。ぜひ参考にしてください。

ペットボトルではダメ?登山用の水筒がベストな理由

坂道を上り下りする登山は多くの体力を消耗するので、こまめな水分補給は欠かせません。疲れているときには冷たい飲み物を、身体が冷えたときには温かい飲み物が飲めるとうれしいですよね。登山での水分補給には、ペットボトルではなく登山用水筒が便利です。

 

モンベルやサーモスなどの人気メーカーから、ワンタッチで飲めるものやウォーターキャリーに便利なタイプなど最強のモデルも販売されています。登山用水筒には保冷・保温の機能や軽さ・使いやすさなどの便利機能も必要なので、選ぶのに迷ってしまいますよね。

 

そこで今回は、登山用水筒の選び方やおすすめの商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは材質・容量・利便性・人気メーカーなどを基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

プラスチックの登山用水筒のおすすめ

1位

nalgene(ナルゲン)

カラーボトル 1.0L 91315

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る

ナルゲンの人気ナンバーワン水筒

広口で飲みやすい・洗いやすいと好評なナルゲンの大容量ボトルです。第3位でご紹介した、ナルゲンのOTFモデルのキャップと互換性があります。1LボトルとOTFボトルを2本使い分けする方も多いようです。

サイズ 9.19×9.19×21cm カラー 17色
材質 本体:飽和ポリエステル樹脂/キャップ:ポリプロピレン 容量 1L
本体重量 180g 耐熱温度 100℃~-20℃

ソフトパック・折りたたみの登山用水筒のおすすめ

1位

EVERNEW(エバニュー)

ウォーターキャリー2L EBY208

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る

水汲みしやすい機能が満載

ボトルとしても水汲みとしても使いたい方におすすめです。ボトルとしての機能が高いのはもちろん、水を汲みやすい構造になっているのが特徴といえます。中央部分がくびれて持ちやすい形状です。口径が大きく、沢水なども汲みやすくなっています。

サイズ H33×21cm カラー 1色
材質 本体:ナイロン、低臭ポリエチレン三層構造 口栓・キャップ:ポリエチレン抗菌加工 容量 2L
本体重量 42g 耐熱温度 90℃~-20℃

ハイドレーションタイプの登山用水筒のおすすめ

1位

Platypus(プラティパス)

ハイドレーション

\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る

スムーズに口に運べるようチューブをバージョンアップ

1L~3Lまで4種類のサイズ展開です。従来品よりも流量が30%アップしていますので、さらに使い心地がよくなっています。プラティパスファンの方はもちろん、ハイドレーションタイプをはじめて購入する方も満足してお使いいただけます。

サイズ 15×28cm カラー 1色
材質 本体/PE・PU、ドリンキングチューブ/PU、バイトバルブ/シリコン 容量 1L
本体重量 91g 耐熱温度 -

登山用水筒の選び方

水分補給には欠かせない登山用水筒の選び方をご紹介します。材質・容量・利便性・人気メーカー・ブランドを基準にしていますので、ぜひご参照ください。

材質で選ぶ

登山用水筒の材質は大きく分けて、アルミ・ステンレス・プラスチック・ソフトパック・ハイドレーションです。それぞれのメリット・デメリットを知っておきましょう。

夏の登山なら保冷性が高い「アルミ・ステンレス」がおすすめ

アルミやステンレスなどの金属製水筒は、保温力と保冷力が高いのが特徴です。とくに夏の登山は、冷たい水が飲みたくなります。そんなときはステンレスなどの水筒がおおいに性能を発揮してくれます。

 

近年では、6時間後も70℃ほどの湯温をキープできる水筒も多く販売されています。山頂でカップ麺が食べたいときは、バーナーややかんを携帯しなくても、必要な湯量を水筒に入れるだけで食べられるようになりました。

 

なお以下の記事では、ステンレスボトルの人気おすすめ商品をランキングでご紹介しています。ぜひ参考にしてください。

軽い水筒なら「プラスチック」がおすすめ

プラスチックボトルのメリットは、とにかく軽いのが一番の特徴になります。1L容量のものでも、本体重量は約50g前後です。高山の登山は荷物が多くなりやすいので、プラスチックボトルは大活躍をしてくれます。

 

プラスチック製ではありますが、登山用のものは熱湯を入れられる商品もあります。もしプラスチックボトル本体が冷たかったり熱かったりして容器を持ちにくいときは、専用カバーを使うのがおすすめです。

ウォーターキャリーとして使うなら「ソフトパック・折りたたみ」がおすすめ

登山をするときはザックに入れられる荷物の量は限られています。とはいえなるべく水分確保はしたいので、そんなときはソフトパックがおすすめです。2Lサイズのものでも、本体重量は50gのものがほとんどです。

 

テントでの泊まり登山をするときは、沢などで水分調達も必要になります。ソフトパックや折りたたみできる水筒があると、使い終わった後の持ち運びに便利です。どちらも使用後は折りたたんでザックに収納できます。

身軽さを重視ならストローで飲める「ハイドレーションタイプ」がおすすめ

ハイドレーションタイプは、ソフトパックに飲水用のチューブストローをつないだ構造の水筒です。ザックにしまったまま使えるので、取り出す手間がありません。足を止める必要がなく、歩きながら効率よく水分補給をしたい方におすすめです。

 

多くのハイドレーションタイプは、ほとんどのザックに入れられます。本格的に使いたい方は、チューブ用の穴が付いているハイドレーションタイプ対応のザックをあわせて使うと便利です。ほかにもチューブを外せば、ソフトパックとして使えるものもあります。

容量で選ぶ

登山用水筒を持つ上で最も大切なのが、必要な水分量の把握です。ここでは必要な水分量の計算方法やおすすめの水筒の容量をご説明します。

2時間以内の登山なら「1L」がおすすめ

登山に必要な水分量は、脱水量(g)=5(g)×荷物をふくむ体重(kg)×行動時間(h)で計算ができます。登山をする方の体重にもよりますが、往復で2時間程度の低山の登山であれば、約1Lほどの容量が必要です。

 

往復2時間ほどであれば山頂にお店があることも多いので、水分を調達できるかもしれません。その場合は水筒の容量は500mlでもまかなえますが、登る山の情報なども考慮して、登山用水筒のサイズを決めるのがおすすめです。

5時間前後の登山なら「2L」がおすすめ

5時間ほどの登山に必要な水分量は、体重が60kgで荷物量が20kgの方の場合は約2L必要です。これほどの量になると少しでも荷物を軽くするためにも、登山用水筒は軽いプラスチックボトルやソフトパックをおすすめします。

 

登山は荷物の持ち方にも左右されます。左右どちらかの片側だけに負荷が片寄ると、疲れやすくなるので、ボトルを2本に分けてザックの両側に入れる方法がおすすめです。このとき2Lの量でしたら、1Lの水筒を2本用意しましょう。

サッと飲める手軽さなら「ワンタッチ」をチェック

登山用水筒には、ワンタッチの操作で手軽にフタを開けられるタイプもあります。ワンタッチで開けられるなら、歩きながらでも手軽に水分の補給ができるのでとても便利です。Nalgene(ナルゲン)が販売するOTFボトルがワンタッチ式としておすすめです。

使いやすさを重視なら「飲み口の広さや蓋の開けやすさ」を確認

登山用品のメーカーや機能で選ぶのはもちろん、飲み口の広さや蓋の開けやすさもチェックしておきましょう。蓋を開けるのに時間や手間がかかってしまうような水筒は、登山には適していません。

 

また、飲み口の大きさも大切です。飲み口が小さすぎる場合は飲みにくく、大きすぎると中身がこぼれてしまう場合もあります。用途や目的に適した水筒を選びましょう。

保温性と保冷性を重視なら「真空二重構造」をチェック

真空二重構造ステンレスボトルとは、外側と内側の間を真空状態になった水筒です。真空には熱を伝える分子がほとんどないため熱移動を防げます。なので6時間経っても冷たい温度をキープできます。真空二重構造は、一般的な水筒よりも価格が高い傾向にあります。

 

しかし実際に登山に持っていき冷たいままの飲み物が飲めたときは、高かったけれど買ってよかったと思うはずです。以下の記事では、冷めない水筒の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

人気メーカー・ブランドで選ぶ

登山用水筒の人気メーカー・ブランドには、サーモス・モンベル・ナルゲン・プラティパスなどがあります。ここでは各社こだわりの機能やデザインなどをご紹介します。

最強な保温機能なら「THERMOS(サーモス)」がおすすめ

THERMOS(サーモス)は、ステンレス製魔法瓶を中心に家庭用品の製造・販売をおこなっています。日常使いの水筒ブランドとしてよく知られていますが、登山用水筒としては山専用ボトル(通称・山専ボトル)が有名です。

 

山専ボトルは2007年に初代が発売されて以来、登山用水筒のベストセラーです。バーナーを持っていかなくても、山頂でカップ麺やホットコーヒーを作れる新しいスタイルを生み出した画期的な水筒といえます。

 

なお以下の記事では、サーモス水筒の人気おすすめ商品をランキングでご紹介しています。ぜひ参考にしてください。

アウトドアブランドで探すなら「Mont-bell(モンベル)」がおすすめ

Mont-bell(モンベル)は大阪府に本社を置く、大手アウトドアブランドです。おしゃれなウェアが好評ですが、登山用水筒として有名なアルパインシリーズは極寒の山でも保温力が抜群で、しかもグローブをしても扱いやすいデザインを採用しています。

 

水筒の上部と底部にはシリコンゴムを配置して、開け閉めするときに手が滑りにくいので便利です。内栓は180°半回転ひねるだけで開けられるようになっています。性能の良さはもちろん、類似商品の中では比較的に価格が安いので人気です

軽量プラスチックボトルなら「Nalgene(ナルゲン)」がおすすめ

Nalgene(ナルゲン)の登山用水筒は、研究用として開発されたプラスチックボトルがはじまりです。純度の高い最高級プラスチック原料を使用し、軽さ・頑丈さ・ニオイの無さ・使いやすさのすべてを兼ねそろえた品質の良さが魅力になります。

 

誤って落としてしまっても壊れないほどの頑丈さを誇り、青・赤・黄・ピンク・ネオンカラーのバリエーションが豊富なのも人気です。飲み物だけではなく、ナッツやシリアルなどの行動食を入れるといった使い方もされています。

 

なお以下の記事では、ナルゲンボトルの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

おしゃれなデザインなら「klean kanteen(クリーンカンティーン)」がおすすめ

klean kanteen(クリーンカンティーン)は、2004年に創業したアメリカのステンレスボトルメーカーです。身体に害のないステンレス素材で、BPAフリーの商品を作り続けています。真空二重構造で保温保冷機能に優れているので、登山用水筒としてとても人気です。

 

おしゃれなデザインが多くカラーバリエーションも豊富で、シンプルなロゴや継ぎ目の少ないスムーズな構造が多くのファンに支持されています。登山だけではなく、日常使いもしたくなる水筒です。

ソフトパックの初心者なら「Platypus(プラティパス)」がおすすめ

Platypus(プラティパス)はアメリカのカスケードデザイン社が展開するブランドです。商品にさりげなくプリントされているカモノハシ(英語名:プラティパス)でよく知られています。カモノハシのくちばしのような形をしたソフトパックです

 

ソフトパックは三層構造になっていて丈夫なので、落としてしまったり凍らせたりしても破けにくい作りになっています。またチューブで飲むハイドレーションタイプも販売していて、飲み口のパーツが取り外しできるので清潔に使えると評判です。

アルミやステンレスの登山用水筒人気おすすめランキング6選

6位

Boundless Voyage

純チタン水筒

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\超ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

軽くて錆びないチタン製の水筒

Boundless Voyage社は、主にアウトドアキャンプ用品を販売するメーカーです。チタンならではの軽さが特徴で、同サイズのほかのステンレス製よりも3分の1ほどの重さになります。錆びない軽い水筒をお探しの方にピッタリです。

サイズ 7×25cm カラー 1色
材質 チタン 容量 750ml
本体重量 150g 耐熱温度 -

口コミを紹介

この値段で本当にチタンが買えるなんて良い時代です。
日本酒を入れたり酒類を入れてキャンプに行ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)

真空断熱スポーツボトル 1000ml

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る

真空二重構造で保温性と保冷性が高い

冷たいものも温かいものも、温度を保ちやすい真空二重構造のステンレスボトルです。家庭用製氷機の氷がそのまま入る広口タイプを採用し、さらにハンドル付きのスクリュー栓タイプになります。9色から選べるカラーバリエーションも魅力です。

サイズ 25.9×10.2×8.2cm カラー 9色
材質 ステンレス鋼 容量 600ml
本体重量 380g 耐熱温度 -

口コミを紹介

シリコンパッキンや飲み口の部品等の複雑な部品が一切なく、ボトルスポンジのみですべて洗えます!

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Mont-bell(モンベル)

アルパイン サーモボトル

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\超ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

SUS304ステンレス鋼を使用した軽量ボトル

本体外側にはSUS304ステンレス鋼を使用しており、1Lサイズとしては非常に軽いボトルです。また、極寒の環境でも抜群の保温効果があります。シリコンゴム製の滑り止めなど、グローブをしたままでも使いやすいので、冬登山におすすめです。

サイズ 30.9×8.6×8.5cm カラー 4色
材質 ステンレス 容量 0.9L
本体重量 429g 耐熱温度 -

口コミを紹介

仕事柄、お店の無いような山中に行くことが多いのですが、お昼に温かいスープやカップラーメンが食べられるようになり、とても満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

klean kanteen(クリーンカンティーン)

インスレートクラシックボトル 592ml

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る

アメリカ発!おしゃれなステンレスボトル

環境に配慮した商品を販売するクリンカンティーン社のステンレスボトルで、通常のクラシックモデルに保温保冷機能を追加しました。機能だけではなく、おしゃれなデザインとして人気です。登山用だけではなく、普段使いにもおすすめします。

サイズ 7×7×28.2cm カラー 7色
材質 本体 : 18/8ステンレス・キャップ : ポリプロピレン (BPAフリー) 容量 500ml
本体重量 592g 耐熱温度 -

口コミを紹介

環境に良い事を商品コンセプトとしているが、デザインが特に秀逸と思う。
引っかけて運ぶのは楽だし絵になる。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

THERMOS(サーモス)

山専用ボトル

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\超ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

山頂でのラーメンやコーヒーにも活躍

保冷・保温効果が高い、サーモス社の山専用ボトルです。6時間経過で77℃以上、さらに24時間経過後でも50℃以上をキープできます。山頂でラーメンやコーヒーを作りたいときに活躍し、500mlから900mlまでサイズ展開は3種類です。

サイズ 7×7×23.5cm カラー 3色
材質 ステンレス鋼(アクリル樹脂塗装) 容量 0.5L
本体重量 280g 耐熱温度 -

口コミを紹介

これまで使用していた物より冷え方が違いました。
6時間経過後でも熱いお湯でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

THERMOS(サーモス)

山専用ステンレスボトル900ml FFX-901

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る

手袋したままでも扱いやすい

握りやすいボディリングに滑りにくく開けやすいフタや衝撃に強い底カバーなど、山専用水筒ならではの機能性を備えたステンレスボトルです。手袋をしていても使いやすいというのは、かなりポイントの高い着眼点といえます。

 

保温性も優れていて、6時間後でも80度をキープできるのも嬉しい点です。

サイズ 約8×8×30cm カラー マットブラック・マットレッド・ クリアステンレス
材質 ステンレス 容量 0.9リットル
本体重量 約0.39kg 耐熱温度 -

口コミを紹介

朝入れれば、使うまで熱々です。中身を減らすと温度低下が早まるのは若干ありますが、十分保温されています。大きめのマグカップ3〜4杯分です。
シリコンカバーがついて滑り止めになっています。

出典:https://www.amazon.co.jp

アルミやステンレスの登山用水筒おすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 サイズ カラー 材質 容量 本体重量 耐熱温度
1
アイテムID:10741730の画像
カラーボトル 1.0L 91315

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

ナルゲンの人気ナンバーワン水筒

9.19×9.19×21cm 17色 本体:飽和ポリエステル樹脂/キャップ:ポリプロピレン 1L 180g 100℃~-20℃
2
アイテムID:10737801の画像
山専用ボトル

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

山頂でのラーメンやコーヒーにも活躍

7×7×23.5cm 3色 ステンレス鋼(アクリル樹脂塗装) 0.5L 280g -
3
アイテムID:10741457の画像
インスレートクラシックボトル 592ml

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

アメリカ発!おしゃれなステンレスボトル

7×7×28.2cm 7色 本体 : 18/8ステンレス・キャップ : ポリプロピレン (BPAフリー) 500ml 592g -
4
アイテムID:10737795の画像
アルパイン サーモボトル

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

SUS304ステンレス鋼を使用した軽量ボトル

30.9×8.6×8.5cm 4色 ステンレス 0.9L 429g -
5
アイテムID:10741575の画像
真空断熱スポーツボトル 1000ml

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

真空二重構造で保温性と保冷性が高い

25.9×10.2×8.2cm 9色 ステンレス鋼 600ml 380g -
6
アイテムID:10737789の画像
純チタン水筒

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

軽くて錆びないチタン製の水筒

7×25cm 1色 チタン 750ml 150g -

プラスチックの登山用水筒人気おすすめランキング3選

3位

nalgene(ナルゲン)

OTFボトル

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\超ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

ワンタッチで開けられる手軽なプラスチックボトル

ナルゲンのOTFボトルは、ワンタッチで開けられパッキンがないシンプルな構造になっています。パカッと開いて飲み口がある形状としては、比較的洗いやすいと好評です。いつでも水筒を清潔に使いたい方におすすめします。

サイズ 7.62×7.62×24.13cm カラー 13色
材質 - 容量 650ml
本体重量 132g 耐熱温度 100℃~-20℃

口コミを紹介

子供の林間学校で保冷保温機能のない水筒が必要で購入。
不器用な子供自身が、飲み口の開け閉めができ、使い勝手もいいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

VENNERLI

ストロー ボトル 800ml/1000ml

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る

頑丈な漏れ防止設計で持ち運びに便利

頑丈なキャップフックの漏れ防止設計なので、水漏れの心配がなく持ち運びにとても便利です。またストロー設計なので、とても飲みやすくなっています。登山・ハイキング・サイクリング・ジムなど幅広い用途で活躍してくれます。

サイズ 幅8.4 x 高さ23.9 cm カラー 5色
材質 ABS樹脂・ ポリプロピレン 容量 1000 ml・ 800 ml
本体重量 - 耐熱温度 -10℃~96℃

口コミを紹介

何回が使っていたら口のゴム部分が汚れてしまったが取り外しができたので綺麗に洗えました。トレーニングに行く時に水を入れてカバンに入れていきますが漏れません。自転車に乗りながら飲むのも片手で飲めるので最適です。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

nalgene(ナルゲン)

カラーボトル

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\超ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

圧倒的な人気を誇る最強の水筒

17色もの豊富なカラー展開で、Amazonや楽天で圧倒的な人気を誇る最強の水筒です。口コミでも広口で飲みやすくて洗いやすいと好評価を得ています。第3位でご紹介した、ナルゲンのOTFモデルのキャップと互換性があります。

サイズ 9.19×9.19×21cm カラー 17色
材質 本体飽和ポリエステル樹脂/キャップポリプロピレン 容量 1L
本体重量 180g 耐熱温度 100℃~-20℃

口コミを紹介

メモリが私的にはとても役立っております。
炊飯でも、コーヒーを入れる時も、カップ麺を作る時も残量と容量を把握しながら水を入れる事ができるからです。

出典:https://www.amazon.co.jp

プラスチックの登山用水筒おすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 サイズ カラー 材質 容量 本体重量 耐熱温度
1
アイテムID:10737815の画像
カラーボトル

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

圧倒的な人気を誇る最強の水筒

9.19×9.19×21cm 17色 本体飽和ポリエステル樹脂/キャップポリプロピレン 1L 180g 100℃~-20℃
2
アイテムID:10741239の画像
ストロー ボトル 800ml/1000ml

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

頑丈な漏れ防止設計で持ち運びに便利

幅8.4 x 高さ23.9 cm 5色 ABS樹脂・ ポリプロピレン 1000 ml・ 800 ml - -10℃~96℃
3
アイテムID:10737809の画像
OTFボトル

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ワンタッチで開けられる手軽なプラスチックボトル

7.62×7.62×24.13cm 13色 - 650ml 132g 100℃~-20℃

ソフトパックの登山用水筒人気おすすめランキング3選

3位

k-jia

折りたたみ水筒

\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\超ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

カラフルでかわいい折りたたみ水筒

種類が豊富でポップなカラー展開が特徴的なかわいい折りたたみ水筒です。キャンプや登山のアウトドアにはもちろん、災害用としても活用できます。また耐熱温度が幅広く、氷水から熱々のスープまで入れるのも可能です。

サイズ 7.5×7.5×14.5cm カラー 5色
材質 シリコン素材+ PP 容量 550ml
本体重量 260g 耐熱温度 -60~240℃

口コミを紹介

以前に使ってた伸縮ボトルはプラ製で落としてヒビが入りましたが、これなら落としても心配無さそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Platypus(プラティパス)

給水用ウォーターキャリー

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\超ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

ハイドレーションタイプとしても使えるウォーターキャリー

ソフトパックの人気ブランド・プラティパスの商品です。別売りの専用チューブを装着すれば、ハイドレーションタイプとしても使えて一石二鳥のアイテムといえます。よく登山をされる方には、使い分けができて便利です。

サイズ 19×36cm カラー 1色
材質 本体 PE・PU、注ぎ口 PE、キャップ PP 容量 2.5L
本体重量 36g 耐熱温度 -

口コミを紹介

登山でハイドレーションと同時に使用しました。接続口を下にして、念のためジップロックに入れて使用しましたが、全く水漏れしませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

EVERNEW(エバニュー)

ウォーターキャリー 1.5L EBY207

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る

ウォーターキャリーに便利な水汲みしやすい機能が満載

ウォーターキャリーに便利な、水汲みしやすい機能が満載の水筒です。中央部分がくびれているので持ちやすく、口径も大きいので沢水なども汲みやすくなっています。ボトルとしても水汲みとしても使いたい方におすすめです。

サイズ H33×21cm カラー 1色
材質 本体:ナイロン、低臭ポリエチレン三層構造 口栓・キャップ:ポリエチレン抗菌加工 容量 2L
本体重量 42g 耐熱温度 -20℃~90℃

口コミを紹介

現地まで丸めて持って行って水場でこれに給水。他に1Lのナルゲンボトルを持っているので合計3L確保。これだけ水があればソロで一泊なら余裕です。

出典:https://www.amazon.co.jp

ソフトパックの登山用水筒おすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 サイズ カラー 材質 容量 本体重量 耐熱温度
1
アイテムID:10741155の画像
ウォーターキャリー 1.5L EBY207

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

ウォーターキャリーに便利な水汲みしやすい機能が満載

H33×21cm 1色 本体:ナイロン、低臭ポリエチレン三層構造 口栓・キャップ:ポリエチレン抗菌加工 2L 42g -20℃~90℃
2
アイテムID:10737823の画像
給水用ウォーターキャリー

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ハイドレーションタイプとしても使えるウォーターキャリー

19×36cm 1色 本体 PE・PU、注ぎ口 PE、キャップ PP 2.5L 36g -
3
アイテムID:10737820の画像
折りたたみ水筒

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

カラフルでかわいい折りたたみ水筒

7.5×7.5×14.5cm 5色 シリコン素材+ PP 550ml 260g -60~240℃

ハイドレーションタイプの登山用水筒人気おすすめランキング3選

3位

Generic

ハイドレーション 給水袋

\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る

やさしい素材のコンパクトな給水袋

リサイクルしやすい自然にやさしい素材で作られた給水袋です。開口部分はスライドロック付きで、このタイプの給水袋のデメリットである水漏れを防いでくれます。軽量なコンパクトサイズなので、どこにでも入れやすいのが便利です。

サイズ 28×16(1L) カラー -
材質 peva、tpu 容量 1L~3L
本体重量 - 耐熱温度 -
2位

GIMart

ハイドレーション

\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る

ゴム臭が少ない高品質TPUチューブ

チューブの材質に高品質TPUを使用しています。従来のPVC素材によくあるゴム臭がほとんどないので、ゴム臭が苦手な方でも快適です。また給水口がスクリューキャップですので、クリップ式よりも水漏れがしにくい構造になっています。

サイズ 20.9×19×4cm カラー 1色
材質 本体:EVA、チューブ・飲み口:食品級TPU 容量 2L
本体重量 130g 耐熱温度 -

口コミを紹介

昨日1,000級の低山ハイクで使用しました、結論から言うとこの製品は問題なく使えます!
また、心配していた臭い全く気になりませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Platypus(プラティパス)

給水用 ボトル ホーサー

\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る

スムーズに口に運べるようチューブをバージョンアップ

1L~3Lまで4種類のサイズ展開になっており、従来品よりも流量が30%アップしているのでさらに使い心地がよくなっています。プラティパスファンの方はもちろん、ハイドレーションタイプをはじめて購入する方も満足してお使いいただけます。

サイズ 15×28cm カラー 1色
材質 本体/PE・PU、ドリンキングチューブ/PU、バイトバルブ/シリコン 容量 1L
本体重量 91g 耐熱温度 -

口コミを紹介

とても良いです。
吸口も力むことなく給水できます。
壊れたら又購入しようと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

ハイドレーションタイプの登山用水筒おすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 サイズ カラー 材質 容量 本体重量 耐熱温度
1
アイテムID:10737835の画像
給水用 ボトル ホーサー

Amazon

詳細を見る

スムーズに口に運べるようチューブをバージョンアップ

15×28cm 1色 本体/PE・PU、ドリンキングチューブ/PU、バイトバルブ/シリコン 1L 91g -
2
アイテムID:10737832の画像
ハイドレーション

Amazon

詳細を見る

ゴム臭が少ない高品質TPUチューブ

20.9×19×4cm 1色 本体:EVA、チューブ・飲み口:食品級TPU 2L 130g -
3
アイテムID:10737831の画像
ハイドレーション 給水袋

Amazon

詳細を見る

やさしい素材のコンパクトな給水袋

28×16(1L) - peva、tpu 1L~3L - -

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

購入前に知っておきたい登山用水筒の使い方

登山のスタイルに合った水筒の使い方をすると、より登山が快適になります。ここでは登山用水筒の持ち方や、使用後のハイドレーションタイプの洗い方をご説明します。

ホルダーを活用!登山用水筒の持ち方

ザックの荷物がかたよらないようにするのは、体力温存には大切です。2Lの容量を3~4本にして小分けに持つと便利です。またカラビナなどのホルダーを使うと、リュックに引っ掛けられるので取り出す必要がありません。

 

ほかにもハイドレーションタイプは、チューブを通す穴が開いているザックを使うと便利です。多くの登山用ザックはハイドレーションタイプに対応していますが、ザックを買う前に確認するのをおすすめします。

ドリンクチューブなどハイドレーション水筒の洗い方

多くのハイドレーションタイプは、本体とチューブや飲み口の各パーツが分解できます。洗う前にまずはすべて分解しておきます。本体は小さなスポンジで、チューブは細いブラシを使って中性洗剤で洗ってください。

 

洗い終わったら、タオルで拭ける部分は十分に拭き取ります。その後本体は給水口を下にして、チューブは下に真っ直ぐ垂らして乾燥させてください。カビが生えないように、十分に乾かしましょう。

まとめ

1時間以上の登山やハイキングでの水分補給には、ペットボトルではなく登山用水筒を利用するととても便利です。サーモスやモンベルなどの人気メーカーから、保冷と保温に優れたものやワンタッチで開閉できるものまであるので、一度試してみましょう。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年10月06日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

洗いやすい水筒の人気おすすめランキング14選【手が入るものやおしゃれなものも】

洗いやすい水筒の人気おすすめランキング14選【手が入るものやおしゃれなものも】

アウトドアグッズ
500ml水筒の人気おすすめランキング25選【洗いやすいものも】

500ml水筒の人気おすすめランキング25選【洗いやすいものも】

アウトドアグッズ
冷めない水筒のおすすめ人気ランキング15選【カップ麺や登山向けも】

冷めない水筒のおすすめ人気ランキング15選【カップ麺や登山向けも】

アウトドアグッズ
【2022年最新版】水筒カバーの人気おすすめランキング15選

【2022年最新版】水筒カバーの人気おすすめランキング15選

アウトドアグッズ
【2022年最新版】サーモス水筒の人気おすすめランキング15選【1リットル入る大きさも!】

【2022年最新版】サーモス水筒の人気おすすめランキング15選【1リットル入る大きさも!】

アウトドアグッズ
スタンレー水筒の人気おすすめランキング15選【直飲みタイプのものも】

スタンレー水筒の人気おすすめランキング15選【直飲みタイプのものも】

アウトドアグッズ