【最強はどれ?】静電気ホコリ取りのおすすめ人気ランキング15選【家電に使えるものも】

ホコリ掃除には静電気ホコリ取りが最適です。棚や家電の上の隙間や、車などにも使えてひとつあるだけで重宝します。そこで今回は静電気ホコリ取りの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介するので、是非ご覧ください。

ホコリ掃除最強の静電気ホコリ取り

生活していれば必ずホコリが出てしまうので、いつの間にかあらゆる場所に溜まっているものです。ホコリが部屋の隅や家具の上に溜まれば外観を損ねたり、家電の隙間に入り込んでしまえばショートや故障の原因になったりと、放置して良いことはありません。

 

そんなホコリ掃除に役立つ最強のアイテムが静電気ホコリ取りです。静電気が帯電する性質を利用して、静電気でホコリを絡め取ってくれます。静電気ホコリ取りは、大手メーカーをはじめ、ダイソーなどの100均などでも購入可能です。

 

今回はそんな静電気ホコリ取りの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングは機能性・価格・サイズなどを基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

静電気ホコリ取りの選び方

一口に静電気ホコリ取りといってもその種類は豊富です。色や形状もさまざまなので、ここでは静電気ホコリ取りを選ぶ際にチェックすべきポイントについて説明します。

使う場所に合わせてタイプで選ぶ

使う場所によって最適な形状やサイズが違うので、静電気ホコリ取りを買う前にどこを掃除したいのかを考えてそれに合った形状やサイズの商品を選ぶようにしましょう。

車など広い面積の場所なら面でホコリを取る「モップタイプ」

テレビ画面や棚などの広い面積をもつ家具にはモップタイプがおすすめです。サッと撫でるだけで広い範囲のホコリが一気に取れます。複雑な形状を持つインテリアや車の掃除でもモップタイプは最適です。

 

モップタイプには柄の短いハンディ型や柄の部分が伸長できるポール型があります。伸長できるポール型はちょっと高い場所・ベッドの隙間・タンスの裏や隙間などに差し込んで使えるので便利です。

隙間や細かい場所に使用するなら「ブラシタイプ」

OA機器のボタンの隙間や細かい場所のホコリ取りにはブラシタイプがおすすめです。隙間に入ったホコリをブラシがかきだしつつ、静電気の力でホコリを吸着します。また、ブラシタイプにもスティック型やより大きなブラシサイズのものもあり、多種多様です。

 

スティック型は持ち運びに便利で、お部屋だけでなく車の画面についたホコリ取りにも使えます。コンパクトだから使わないときは邪魔になりません。

高い場所に使用するなら最強の「はたきタイプ」

手の届かない家具や梁などの高さがある場所にははたきタイプのホコリ取りがおすすめです。はたいて浮いたホコリを静電気の力でキャッチしてくれます。はたきタイプははたき部分の素材が商品によって異なり、ほこりを落とすことだけの商品も多いです。

柄の長さで選ぶ

ホコリ取りの柄の長さは使い勝手に影響します。日々のホコリ取りが苦にならないように、適切な柄の長さを選ぶようにしましょう。

手先の感覚で使用したいなら「柄の短い」タイプがおすすめ

ハンディモップといわれるこのタイプは柄の長さは短いです。気軽に使えるちょうどいい大きさで、毎日使うのに苦になりません。本棚やブラインドの掃除にもこのタイプが使われます。

 

一方で、柄が短いと高い場所のホコリ取りが難しいので注意が必要です。もし高い場所のホコリ取りを想定しているのなら後述の「柄の長いタイプ」を選んでください。

手の届かない場所に使用するなら「柄の長い」タイプがおすすめ

奥まった家具の隙間や高い場所のホコリ取りに便利です。1m以上の長いタイプであれば、カーテンレールや照明器具のカサ部分などのホコリ取りができます。柄の長いタイプでも伸縮できるものは、ホコリ取りをする場所に応じて長さを変えられるので使いやすいです。

 

普段使いのしやすさは柄の短いハンディモップの方が有利ですが、柄の長いタイプと組み合わせるように使えばお部屋の隅々までホコリ取りができます

使い勝手の良さを重視するなら「ふさの大きさ」をチェック

ホコリ取りのふさのサイズが大きければ、よりたくさんのホコリを吸着できるので面で掃除するのがはかります。その代わり、細かい隙間などのホコリは拾えなくなる場合があるので、注意してください。

 

形や大きさでホコリ取りのしやすさが変わってくるので、一本だけで済まそうとするのではなく、形状や大きさ違いの静電気ホコリ取りをいくつか買っておけば、より掃除がはかどります。

長く使いたいなら水洗いできるか「お手入れのしやすさ」をチェック

静電気ホコリ取りは静電気の力を利用してホコリを吸着させるためホコリが取れやすい一方で、お手入れの際にホコリ取り本体からホコリを取るのが難しいという一面があります。ホコリ取りを選ぶ際は水洗いが可能かどうかは要チェックポイントです。

家電やOA機器に使用するなら「除電タイプ」のものがおすすめ

静電気ホコリ取りとは「静電気」の力でホコリを吸着するため、静電気に弱い電子機器への使用は注意が必要です。パソコン・OA機器・オーディオ機器などのホコリ取りに静電気ホコリ取りを使うのであれば除電タイプのものを選びましょう。

 

除電タイプは、静電気でホコリを吸着しながら機器表面の静電気の発生を抑えるため、静電気に敏感な電子機器のお手入れにも安心して使えます。

コストを抑えたいならダイソーなどの「100均」もチェック

さまざまな商品が展開されている静電気ホコリ取りですが、コストを抑えたいという方も多いはず。静電気ホコリ取りはダイソーなどの100円均ショップでも販売されているので、ぜひチェックしてみてください。

 

機能面を重視するのか・コストを重視するのかを確認したうえで選びましょう。

効率的にホコリを取りたいなら「電動」がおすすめ

効率的にホコリを取りたいなら電動タイプのホコリ取りがおすすめです。電動タイプは少し値段が高めですが、自動でブラシが動いて辺りのホコリをかきとるため、手動でやるよりきれいに掃除できます。

 

また、厳密にはホコリ取りではないですが、毛玉やホコリを取るクリーナーのようなタイプもあります。中にはカーペットや衣服の掃除に使えるものもあるので、ぜひチェックしてみてください。

静電気ホコリ取りの人気おすすめランキング15選

15位

サンワサプライ

クリーニングブラシ

キーボードなどの隙間のホコリ取りに便利

収納スペースを取らないコンパクトなスティック型です。ブラシ先端の長さを調節することができるので掃除する箇所の深さに合わせられ、使わないときはブラシ部分をスティック内に格納できます。

全長 全長14.5〜10.2cm
タイプ ブラシ・除電なし

口コミを紹介

車の中に置き、モニターやパネルに埃が目立つときに使用する目的で購入しました。結果、この商品にして大正解でした。ブラシは静電式でよくホコリをとりますし、毛足が長いので少しの隙間にもはいります。ダッシュボードやパネルの掃除がしやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

サンワサプライ

除電ブラシ 隙間ブラシ付き

すきまブラシ付きでかゆいところに手が届く

大まかなホコリを取りつつ隙間に入り込んだホコリを隙間ブラシでかきだせる、二刀流な静電気ホコリ取りです。除電ブラシタイプなので、ホコリを吸着した際に表面の静電気を除去してくれるだけでなく、ホコリをつきにくくします。

全長 26.5cm グレー
タイプ ブラシ・除電あり

口コミを紹介

こちらのブラシでなぞる様にブラッシングすると綺麗に埃が取れていきます。何気に気分転換にもなりますのでキーボード周りの掃除も楽しくなります。お勧めですよ!

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

エレコム

クリーナー ブラシ 除電タイプ

高性能な静電気除去繊維を使用

プロユースで使われる高性能な静電気除去繊維を使用した除電ブラシです。耐摩耗性に優れた有機伝導性繊維100%使用で日々の使用に耐えます。グッドデザイン賞受賞商品で、デスクに置いていても違和感がないデザインです。

全長 20.8cm
タイプ ブラシ・除電あり

口コミを紹介

マザボの掃除に使用しました。ブラシが柔らかくて基盤を傷めずに埃を綺麗にとり除けました。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

エレコム

クリーニングブラシ ノーマルタイプ

ホコリ取りと同時に除電するからホコリが再付着しない!

帯電防止繊維入りのブラシがホコリを取るのと同時に、表面の静電気を取り除くので、ホコリが再付着するのを防ぎます。柔らかく毛足の長いブラシ繊維なのでディスプレイなど傷が気になる部分への使用も安心です。

全長 31cm
タイプ モップ・除電あり

口コミを紹介

サッとひと撫でするだけで、ほこりがよく取れる。付いたほこりも落ちないし、掃除機で吸うとすぐ綺麗になる。本体が黒いのでどれくらい取れたか、一目でわかるのもよい。素材がフワフワでもサラサラでもなく、独特でよく考えられている。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

日本クリンテック

ふわふわダスター 静電気除去タイプ

何度も洗える大きめサイズの除電タイプ

極細繊維で製品を傷つけず、かつホコリを絡め取れるホコリ取りです。静電気除去タイプなので、静電気に敏感な電子機器にも安心して使えます。汚れてきたら洗って何度でも使えるので、清潔な状態を保てるうえに経済的です。

全長 57cm
タイプ モップ・除電あり

口コミを紹介

片手に持ちながら、掃除機を使用しています。壁の埃を落としながら、重宝しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

アズマ工業

はたき エレキャッチスター

どんな場所でもきれいにできるオールラウンダーな静電気ホコリ取り

全長60cmのハタキタイプで高い場所から狭い隙間、広い面など幅広いホコリ取りが可能です。柄がしなるので狭い空間に差し込んでもしっかりホコリをキャッチしてくれます。洗って繰り返し使えるので経済的です。

全長 60cm
タイプ はたき・除電なし

口コミを紹介

柄の柔軟さが最適、はたきを振った時のバランスがちょうど良い。丈夫で長持ち、時々洗ってもへたれない。柄の部分がすぐにヘタレる製品が多く、困っていたので助かっている。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

山崎産業

静電気除去 ニュー除電払い ミニ

家だけでなく車にも常備したくなるちょうどいいサイズ

除電機能をもった小ぶりなタイプの商品です。丸々としたかわいらしいフォルムが特徴的ですが、かわいいだけでなく広い範囲でホコリをキャッチしてくれます。隙間の多い車にも最適です。

全長 27cm ピンク
タイプ モップ・除電あり

口コミを紹介

濡れた雑巾でもホコリが取れず、もしや、静電気のせいかと思って、この製品を購入しました。するとどうでしょう、一拭きで見事にホコリがとれて、何日もきれいなままなのです!

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

アズマ工業

エレキャッチハタキ

軽くはたいて静電気でホコリをキャッチ!

全長75cmのロングタイプで、ホコリ取りの「あとちょっと」をかなえられます。軽くはたいてホコリをキャッチするハタキタイプであるため、日本家屋の複雑な造形をもつ「欄間」部分のホコリ取りには最適です。

全長 75cm
タイプ はたき・除電なし

口コミを紹介

昔ながらのハタキは、やはり良い。静電気でホコリを取るタイプやら、色々販売してますが、掃除が運動になります。また、気になるところ、高いところの、ホコリが簡単に消えます。昔の人の知恵ですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

それぞれの場所に常備するうえで最適なサイズ

レンタル掃除用具メーカーとして圧倒的なブランド力を誇るダスキンが満を持して送る、高性能なホコリ取りアイテムです。固定電荷という静電気とは異なる力でホコリを吸着するので、パソコン・OA機器などに安心して使えます。

全長 27.5cm 3色あり
タイプ モップ・除電あり

口コミを紹介

ホコリが毛先に吸着するので、ホコリが舞わない点が良いです。そして、吸着するので隙間のホコリもきれいに取れます。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

エレコム

クリーナー ブラシ

傷のつかないやわらかタイプでOA機器のディスプレイに

毛足が長く、柔らかい毛なので掃除する本体を傷つけません。 清潔感のある白色のホコリ取りでリビングに置いていても目立たないデザインを採用しています。丸洗いOKなので経済的にも優れたホコリ取りアイテムです。

全長 31cm
タイプ モップ・除電なし

口コミを紹介

以前もエレコムの似たような商品を購入し、とても良かったのですが生産終了してしまったみたいなのでこちらを購入。面白い位ホコリが取れるのでついあちこち掃除しちゃいます。(笑)家電用は持っているので、家具用に購入しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

サンワサプライ

クリーニングブラシ Lサイズ

ホコリがごっそり取れるLサイズのホコリ取り

ホコリの取れ具合がよく見える黒色で、掃除後の結果がよくわかります。さらに大きめサイズなので大型テレビやデスクなどの広い面積のホコリ取りに最適です。ホコリをごっそり取れるので、大掃除で活躍します。

全長 30cm
タイプ モップ・除電なし

口コミを紹介

今まで数々のダスターを試しましたが、この商品のホコリの取れ具合が1番満足しました。柄の部分を指先を使ってゆっくり回転させながら撫でていくと、さらに良いようです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

エレコム

クリーナー ブラシ

グッドデザイン賞受賞のホコリ取り!使わないときはスマートに収納

使いやすい角度と長さに調節できる多機能な商品です。シンプルなケース付きなので、使わないときはキレイに収納しておけます。ホコリ取りとしても優秀であり、どんな場所でもホコリを根こそぎ掃除できるので、ぜひ試してみてください。

全長 25cm
タイプ モップ・除電なし

口コミを紹介

これ、ホントオススメです(^^)テレビやテレビ台に毎日たまるホコリ、すごく気になって毎日拭いていますが、これが来てから、気になった時にささーっとやるだけ、手間いらず!

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

アズマ工業

エレキャッチスター自在GT

エアコン・冷蔵庫など背の高い家電のホコリ掃除に

最長1.64mまで伸びるため、手の届かない天井・壁はもちろん、エアコン・冷蔵庫など背の高い家電のホコリ掃除におすすめのホコリ取りアイテムです。ヘッドの角度が180度まで折れ、6段階で固定できます。

全長 1.64m
タイプ モップ・除電なし

口コミを紹介

実際使ってみて、シーリングファンが回らないようにした方向に抑えながら拭くというコツはいるが、圧倒的に簡単に掃除できた。あまり何度も使うものではないけれど、一家に一台あると便利なものだと思います。作りも割としっかりしているなと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

山崎産業

デイリークリーン ムーンダスター

ちょうどいいサイズのふわっとしたブラシがあらゆるホコリ取りに活躍

コスパに優れた静電気ホコリ取りです。テレビ画面・パソコン画面・ラック・戸棚などあらゆる場所に使えるちょうどいい大きさであり、部屋のすみずみまできれいにできます。穴付きなので使わないときはフックに掛けてしまえる商品です。

全長 61cm
タイプ モップ・除電なし

口コミを紹介

入ってる袋から出すとふわっとなります。本棚も家電が入ってるラックも撫でると埃が綺麗に取れます。テレビは画面を撫でるだけで1日の埃が綺麗になります。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ダスキン

エレクトロン・エル-E

静電気に弱いパソコンやオーディオ機器に使える最強のホコリ取り

このモップはダスキン独自の特殊技術で作られたモップで、静電気を使わない固定電荷でホコリを吸着します。固定電荷なので時間が経ってもホコリの吸着力が落ちません。

 

デリケートなパソコン・オーディオ機器・OA機器などのホコリ取りに最適です。その性能は高く、最強のホコリ取りと評価されています。

全長 47cm
タイプ モップ・除電あり

口コミを紹介

パソコンデスクも机もクローゼットの上もひと掃きですごくきれいになります、素晴らしい!マウスパッドも埃がたまりやすかったのですが、これのおかげでいつも綺麗を維持できるようになって満足です。 

出典:https://www.amazon.co.jp

静電気ホコリ取りのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 全長 タイプ
1
アイテムID:10221093の画像
エレクトロン・エル-E

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

静電気に弱いパソコンやオーディオ機器に使える最強のホコリ取り

47cm モップ・除電あり
2
アイテムID:10221090の画像
デイリークリーン ムーンダスター

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ちょうどいいサイズのふわっとしたブラシがあらゆるホコリ取りに活躍

61cm モップ・除電なし
3
アイテムID:10221087の画像
エレキャッチスター自在GT

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

エアコン・冷蔵庫など背の高い家電のホコリ掃除に

1.64m モップ・除電なし
4
アイテムID:10221084の画像
クリーナー ブラシ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

グッドデザイン賞受賞のホコリ取り!使わないときはスマートに収納

25cm モップ・除電なし
5
アイテムID:10221081の画像
クリーニングブラシ Lサイズ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ホコリがごっそり取れるLサイズのホコリ取り

30cm モップ・除電なし
6
アイテムID:10221078の画像
クリーナー ブラシ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

傷のつかないやわらかタイプでOA機器のディスプレイに

31cm モップ・除電なし
7
アイテムID:10221075の画像
エレクトロンミニ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

それぞれの場所に常備するうえで最適なサイズ

27.5cm 3色あり モップ・除電あり
8
アイテムID:10221072の画像
エレキャッチハタキ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

軽くはたいて静電気でホコリをキャッチ!

75cm はたき・除電なし
9
アイテムID:10221069の画像
静電気除去 ニュー除電払い ミニ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

家だけでなく車にも常備したくなるちょうどいいサイズ

27cm ピンク モップ・除電あり
10
アイテムID:10221066の画像
はたき エレキャッチスター

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

どんな場所でもきれいにできるオールラウンダーな静電気ホコリ取り

60cm はたき・除電なし
11
アイテムID:10221063の画像
ふわふわダスター 静電気除去タイプ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

何度も洗える大きめサイズの除電タイプ

57cm モップ・除電あり
12
アイテムID:10221060の画像
クリーニングブラシ ノーマルタイプ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ホコリ取りと同時に除電するからホコリが再付着しない!

31cm モップ・除電あり
13
アイテムID:10221057の画像
クリーナー ブラシ 除電タイプ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

高性能な静電気除去繊維を使用

20.8cm ブラシ・除電あり
14
アイテムID:10221054の画像
除電ブラシ 隙間ブラシ付き

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

すきまブラシ付きでかゆいところに手が届く

26.5cm グレー ブラシ・除電あり
15
アイテムID:10221051の画像
クリーニングブラシ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

キーボードなどの隙間のホコリ取りに便利

全長14.5〜10.2cm ブラシ・除電なし

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

\秋を楽しむお買い物キャンペーン開催中!!/ 楽天 「はたき」ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

静電気ホコリ取りのメリット

ホコリは、静電気ホコリ取りを使う他に雑巾がけをしたり、掃除機で吸い取ったりする方法があります。購入前に静電気ホコリ取りを使うメリットを押さえておきましょう

水を使わないので気軽に使える

静電気ホコリ取りなら、ホコリに気づいた時点でサッと使えます。雑巾がけのように水に濡らして絞る必要はありません。サッと取り出してサッとホコリが取れる扱いやすさがメリットであり、手軽な掃除が可能です。

ホコリを吸着するので小さいお子様がいる家庭でも安心

静電気の力でホコリを吸着させるためにホコリが舞い上がらず、アレルギーを持つお子さんや赤ちゃんのいるご家庭でも安心して掃除ができる点も、静電気ホコリ取りの大きなメリットです

 

以下の記事では、赤ちゃんがいても使える空気清浄機の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

力がいらないので誰でも気軽に使える

静電気の力でホコリを吸着するので、雑巾がけや掃除機のように体力は使いません。軽いタッチで簡単にホコリが取れます。そのため、パソコンやオーディオ機器のようなデリケートな電化製品の掃除もスムーズです。

掃除機が入らないような狭い場所にも使える

静電気ホコリ取りは素材自体が柔らかく、狭い隙間にも入っていけるので、ベッドの隙間やタンスの裏など掃除機のノズルが届かない、入らないような場所にあるホコリもとれます。そのため、重い家具を移動させる必要がない点もおすすめです。

濡らさなくていいので障子の掃除にも使える

静電気ホコリ取りは水に濡らす必要がないので障子についたホコリを取るのにも便利です。さらに繊維が柔らかいので、障子紙を破るリスクも低く、ホコリだけを確実に掃除できます。そのため、和室を掃除するときに最適です。

音がしないのでいつでも使える

掃除機は大きい音がする商品が多いので、作業をする時間も気にかける必要があります。とりわけ集合住宅に住んでいると、騒音が原因でトラブルに発展するリスクも高いです。一方で、ホコリ取りは音がしないので時間帯を問わずいつでも作業ができます

静電気の力でホコリが飛び散らないので花粉防止にも

花粉も静電気で吸着するので、花粉が多くなる時期には静電気ホコリ取りの出番です。掃除機で花粉を吸うと、掃除機から出る排気で室内の花粉とホコリを舞い上げてしまいますが、静電気ホコリ取りならその心配もいりません。

 

以下の記事では、空気清浄機の人気おすすめランキングや花粉対策をご紹介しています。ぜひご覧ください。

雑巾がけと静電気ホコリ取りどっちが良い?

静電気ホコリ取りは、雑巾がけとは違って「水」を必要としません。水に濡らす必要がないのでホコリ取り自体のお手入れもラクです。また、静電気ホコリ取りなら水を使わずサッと掃除ができるので手荒れが気になる冬の時期でも安心して掃除できます。

 

一方で、雑巾がけは水に濡らしたり絞ったりする必要があるのでひと手間かかります。しかも拭き続けるには体力を使います。雑巾がけは対象の部分にホコリをすくい取るように拭く必要がありますが、静電気ホコリ取りならサッとなでればホコリが取れる点が特徴です。

静電気ホコリ取りを使ったホコリの取り方

ホコリは静電気で付着します。これを利用したのが静電気ホコリ取りですが、これを使ったホコリの取り方を知っておきましょう。まず、ホコリ取りを行う前に「軽く振る」ことです。これで繊維同士が触れ合って静電気が発生するのでホコリをよく吸着してくれます。

 

そして、ホコリが気になる箇所にサッと撫でるだけでホコリが取れます。取れたホコリは屋外で軽くはたくか掃除機で吸い取りましょう。静電気ホコリ取りの使い方はとても簡単です。

静電気ホコリ取り購入後のメンテナンス

静電気ホコリ取りはメンテナンスフリーではありません。ここでは静電気ホコリ取りを購入した後の使い方について説明します。

静電気ホコリ取りの置き方

静電気ホコリ取りの素材は柔らかいものを使っているため、立て掛けたり机の上に置いていたりすると毛にクセがついて使いづらくなります。たいていは柄の部分に穴が空いていてフックに掛けられるようになっているので、使い終わったらフックにかけておきましょう。

 

ケース付きのホコリ取りであれば、使い終わった後にそのまま入れて保管できます。

静電気ホコリ取りの普段のお手入れ

静電気ホコリ取りの普段のお手入れはすごく簡単です。ホコリが付着したままだと静電気が弱まって新たにホコリを吸着する力が弱くなるので、使い終わったら屋外で軽くホコリを払い落とすようにしましょう。

静電気ホコリ取りの洗い方

洗濯可能と明記されている静電気ホコリ取りなら洗えます。汚れが目立つようになってきたら、中性洗剤を数滴垂らした上でぬるま湯を用いて優しく揉み洗いしてください。冷たい水では汚れが融解しないので、ぬるま湯で洗うことがポイントです。

 

揉み洗い後に乾燥させれば、また元通りにホコリを吸着してくれます。

ホコリ吸着力を復活させるなら

使っていてホコリの取れ具合が悪くなってきて、毛先に縮れや絡まりが目立ってきたら買い替えのサインです。洗える静電気ホコリ取りタイプなら、中性洗剤を数滴つけぬるま湯で洗t他あと、日陰で乾かしてみましょう。

 

それでも以前のようにホコリが取れないなら買い替えましょう。

そもそもホコリとは

気づいたらうっすらとついているホコリですが、そもそもホコリはどこからやってくるのか、ここで解説します。

ホコリの成分は身近に潜むあるもの

ホコリ成分の大部分を占めるのが繊維や紙くずです。ホコリ1グラムの中に、100万匹ものカビ胞子と3000匹のダニが潜んでおり、さらにホコリには菌やウイルスが一緒にくっついている場合もあります。

ホコリが生じるメカニズム

人間の生活動作で本や新聞紙の紙くずが発生し、衣類やソファなどの布が擦れて細かい繊維となったものが空気の流れに乗って空気中に舞い、部屋のあちこちに付着するのがホコリです。ホコリは服・寝具・カーテンなど、家の中のあらゆるところから発生します。

ホコリを放置すると身体に悪影響も

ホコリを放置すると、ダニ繁殖の温床になり、ほかにもシックハウス症候群やアレルギー性鼻炎や喘息など「ハウスダストアレルギー」の原因となります。また、トラッキング現象と呼ばれるコンセント周りの火災もホコリの蓄積が原因です。

 

ぜひ、ここで紹介している静電気ホコリ取りアイテムで身の回りのホコリを取ってキレイに快適に過ごしましょう。

ホコリが溜まりやすい場所

ホコリには溜まりやすい場所というのがあります。ホコリの生息場所を知れば、普段目にしないところも意識して掃除できるので、この機会にぜひ知ってください。

ベッドの下や隙間

寝具の繊維が寝起きするたびに舞うので、ベッドの下や隙間にはホコリが溜まりやすいです。脚付きベッドの場合は空気の流れが滞留する場合があるため、よりホコリが溜まりやすいため、定期的に掃除しましょう。

タンスの裏や隙間

タンスの裏や隙間も、衣類の出し入れで生じた繊維のくずが堆積したり空気の流れが滞留したりする空間になっているためホコリが溜まりやすいです。ゴキブリなど害虫が潜んでいることもあるので、掃除の際は注意してください。

家電製品

家電製品は熱を発し、空気の対流を生じる上に静電気も発生するためホコリがつきやすい条件が整っています。部屋に舞っているホコリが対流に乗ることで、冷蔵庫裏や家電製品の天板などに堆積するので、欠かさずチェックしましょう。

 

部屋の角に置かれることが多い冷蔵庫は、特にホコリが溜まりやすいところです。

照明器具のカサや戸棚の上

高さのある家具は部屋の空気の対流上にあるため、対流で舞い上がったホコリが堆積しやすいです。たくさんホコリがたまっていると、ちょっとした振動でホコリが降ってくることがあります。そのため、ホコリが見えてきたら、すぐに掃除しましょう。

静電気ホコリ取りが使えない場所に要注意!

静電気ホコリ取りは濡れている場所のホコリ取りには使えません。また、静電気ホコリ取り自体が濡れているときも静電気が発生しないのでホコリ取りの効果が出ないので注意してください。濡れている場所は雑巾などで掃除しましょう。

自作できる!静電気ホコリ取りの作り方

さまざまな静電気ホコリ取りの商品を紹介しましたが、できる限り費用を抑えたいという方もいます。そのような方におすすめなのがホコリ取りの自作です。実はホコリ取りは材料を揃えれば自分で簡単に作れます。

 

必要な材料や道具ですが、ビニールひも・割り箸・輪ゴム 6つ程度・ハサミ・ラップの箱があれば作れます。まず、ラップの箱にビニールひもを巻きつけた後、輪ゴムで結んだ割り箸にビニールひもを輪ゴムで巻きつけ、ビニールひもの先端を裂けば完成です。

 

さらにリボンやマスキングテープで装飾すれば自分好みにデザインできるので、楽しく掃除ができます。

その他のお掃除グッズもあわせてチェック!スプレータイプも

ホコリ対策に便利な掃除アイテムは多数存在します。以下の記事では、ハンディモップや電動モップ、はたき、フローリング用掃除シートにエアダスターの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

まとめ

一口に静電気ホコリ取りといっても家電のホコリ取りに向いているもの・吸着性が落ちない特殊素材のもの・洗えて吸着力も復活して繰り返し使える経済的なものまで豊富にあります。日頃から身の回りのホコリを取っておけば、年末年始の大掃除も簡単です。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年07月28日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

洋服用ホコリ取りのおすすめ人気ランキング20選【エチケットブラシや携帯用コロコロも】

洋服用ホコリ取りのおすすめ人気ランキング20選【エチケットブラシや携帯用コロコロも】

日用品
障子紙のおすすめ人気ランキング15選【破れないものやプラスチック製も】

障子紙のおすすめ人気ランキング15選【破れないものやプラスチック製も】

住宅建材
【2022年最新版】はたきの人気おすすめランキング10選【天井のほこり掃除に】

【2022年最新版】はたきの人気おすすめランキング10選【天井のほこり掃除に】

掃除用具・清掃用品
【100名に調査】買ってよかった便利家電の人気おすすめランキング32選【最新家電も】

【100名に調査】買ってよかった便利家電の人気おすすめランキング32選【最新家電も】

その他家電
ハンガーラックのカバーおすすめ人気ランキング15選【ホコリよけも!】

ハンガーラックのカバーおすすめ人気ランキング15選【ホコリよけも!】

収納家具・収納用品
ケーブルボックスの人気おすすめランキング20選【ホコリ防止にも!】

ケーブルボックスの人気おすすめランキング20選【ホコリ防止にも!】

収納家具・収納用品