【2021年最新版】はたきの人気おすすめランキング10選【天井のほこり掃除に】

記事ID20982のサムネイル画像

ほこり掃除にははたきがおすすめですが、はたきの種類によって得意な掃除もさまざま。レデッカーや無印良品などおしゃれなはたきもたくさんあるのでどれにしようか迷ってしまいますね。今回は掃除に役立つはたきの選び方と掃除のコツ、おすすめ人気ランキング10選をご紹介します。

はたき掃除は必要?

こまめに掃除をしていても、溜まってしまうのがほこり。気がつくと置き物の上やテレビの画面がうっすら白い、なんて経験ありませんか?そんな時に、手軽・効果的にほこりを掃除できるアイテムがはたきです。

 

はたきは、細い柄の先に羽毛や布を束ねてつけた掃除用具のこと。日本では江戸時代から使用されていると言われており、現在では化学繊維を使用したものやインテリア性の高いおしゃれな見た目のものまでさまざま販売されています。

 

はたきは家の中の家具・家電や天井、さらに車についたほこりも簡単に掃除できるため、多くの人に利用されている掃除道具のひとつです。でも掃除機もフローリングモップもある現代、本当にはたき掃除は必要なのでしょうか?

はたき掃除はメリットだらけ

はたきはダスターやハンディモップとも言われ、現在も広く愛用されています。ライフスタイルブログで、おしゃれなダスターがかかっているインテリアをみたことがある人も多いと思います。おしゃれだけじゃない、はたき掃除のメリットについてまとめまてみました。

手軽に掃除が習慣化できる

ほこりは私たちの身のまわりにある布製品や紙、空気中の小さなちり、髪の毛、食べ物などさまざまなものが原因となって発生します。つまり、どんなに部屋をきれいに掃除してもほこりはできてしまうもの。こつこつ掃除して取ることが大切です。

 

ほこりは長期間放置してしまうと、湿気を吸いかたまることで掃除しにくくなってしまいます。しかも、蓄積したほこりはダニやカビの住処になることも。ほこりが溜まると見た目にもよくないので、掃除を習慣化することによってきれいな部屋を保ちたいですね。

 

毎日の掃除を習慣化するにははたき掃除はうってつけ。電気を使わず軽い力でほこりをはらうことができるので、掃除のハードルが低いです。気になった時にさっとほこりをはらっておけば、後の掃除も楽になりますよ。

はたきは幅広い場所で使える

はたき掃除ができる場所は手の届きづらい天井や照明器具、毎日使うデスク周りやお気に入りを並べた飾り棚、さらに観葉植物まで幅広くあります。ほこりは壁紙からも発生するので、壁のはたきも定期的にすることをおすすめします。

 

また水を使わないためパソコンやテレビなど電化製品の掃除にもおすすめです。特に電化製品は静電気を帯びやすくほこりを引き寄せやすい場所のひとつなので、こまめに掃除をしたいですね。電化製品のケーブルや画面は特にほこりが目立つところです。

 

特に天井や壁は日々の掃除では見逃しがちな部分。少し大きめのはたきを用意すれば、高い部分も簡単に掃除できるので、お掃除のルーティーンとして取り入れてみるのはいかがでしょうか。

はたきの選び方

ほこりの掃除が簡単にできるはたきですが、その種類はさまざま。どんな基準ではたきを選べばいいのか、使用場所や特徴などをまとめました。

ヘッドの素材で選ぶ

家の中ではたきを使う場所はたくさんあります。天井のほこりを一気にはらうはたきと、小さなインテリアを飾っている飾り棚は、同じはたきで大丈夫?はたきはヘッドの素材によって得意な場所が違うので、ぜひそれぞれの特徴を参考にはたきを選んでみてください。

「羽根はたき」はデリケートなインテリアにおすすめ

羽根はたきは主にオーストリッチ(ダチョウ)の羽毛を使用したはたきです。ダチョウの羽根は繊細で柔らかく静電気を帯びにくいという特徴があります。優しくほこりを取り除くことができるため傷のつきやすいガラス家具から観葉植物、飾り棚の掃除にも安心です。

 

さらに毛足の長い羽根は手の届きにくい戸棚の奥の掃除、繊細な毛先を使えば狭い隙間の掃除にと場所を選ばずに使うことができます。羽根はたきは静電気が起きにくいので使用後は軽くはたくだけでほこりを落とすことができ、お手入れも簡単です。

 

ふさふさとヘッドのボリュームあるものは、車のほこり取りにも長い間使われてきました。オーストリッチの柔らかい羽根は車のボディにもやさしいので、車のほこり取りを考えている方は専用の物を買って長く使うのもおすすめです。

細かいほこりが溜まる場所には「羊毛はたき」

羊毛は毛足がふわふわと柔らかく、弾力性に富んだ素材。そのため、細かい綿ほこりの掃除に向いています。また羊毛の表面にはうろこ状の凹凸があるため優しく撫でただけでしっかりとほこりを絡めとることができます

 

やさしく掃除ができるのでデリケートな家具はもちろん、テレビやパソコンなどの電化製品まで幅広く使うことができます。羊毛も静電気を帯びにくいため、本体をはたくだけで毛先についたほこりを払うことができお手入れもシンプルです。

「ポリはたき」を電化製品に使うときは注意

ポリエステルなどの化学繊維で作られたポリはたきははたき自体に静電気を帯びさせることでほこりを絡め取るため電化製品の掃除に最適。電化製品は静電気を帯びやすくほこりが溜まりやすい場所ですが、ポリはたきなら表面に付いたほこりもしっかりキャッチできます。

 

ただ、静電気の力でほこりを取るポリはたきはパソコンなどの繊細な機器には注意が必要。静電気の発生でパソコンがダメージを負うこともあります。気になる方は、静電気負荷のかかりずらいものを選ぶのがおすすめです。

 

マイクロファイバーなら車のボディにもおすすめです。回転させながらやさしく使用することによって、車のボディについたほこりを絡め取ってくれます。水洗いができるものを選べば、汚れを気にせずに使えますね。

しっかり叩ける場所には昔ながらの「和はたき」

和はたき(布はたき)は、柄の先に絹などの布をつけたもの。はたきでしっかりと叩くことで、大きなほこりを落とすことができます。絹は静電気を起こさないため、ほこりを吸い付けずに下に落とすことができます。

 

パタパタと叩いてほこりを落とすため傷のつきやすい家具や細かいところの掃除には向きませんが、傷に強い木製家具や天井・カーテンレールなど面積が広く大きなほこりがつきやすいところにはぴったりです。布部分を洗えるので、繰り返し使用できおすすめです。

サイズで選ぶ

はたきのサイズは、使う高さに合わせて選ぶのがおすすめです。掃除する場所によってヘッドの大きさ・はたきの長さに注目して選んでみてください。

手元で使いたい方は「ハンディタイプ」

繊細なインテリアや自分の身長より低い場所に使いたい方にはハンディタイプがおすすめです。全長が短いものを選べば、よりやさしくほこりをはらうことができます。広範囲を一気に掃除したい方はヘッドにボリュームのあるタイプを選ぶと掃除が効率的に進みますね。

背の高いインテリアに使いたい方は「ロングタイプ」「伸縮するもの」

全長の長いロングタイプを選べば手の届かない場所でも簡単にお掃除できます。全長が50cm以上あれば背の高い家具にも届きやすいですが、特に高い位置にあるエアコンや電気の傘・天井などの掃除なら高さに合わせて全長が70cm以上あるものが便利です。

 

長さが伸縮するタイプなら手元から高いところまで幅広く使えます。使わないときは短くすることによって収納もしやすいですよ。さらにヘッドが曲がるものもおすすめ。家具に合わせてヘッドを曲げることで、見えない部分のほこりもしっかり落とすことができますよ。

収納のしやすさで選ぶ

毎日使いたいはたきなので、置く場所も大切です。とくに手の届くところに置いておきたいはたきは、収納方法もポイントにして選んでみてください。

シンプルにスッキリみえる「たてる収納」

はたきのヘッド用ケースがついているものを選べば、立てて収納することができます。立てる収納のいいところは幅を取らずどこにでも置けること。よく使うデスクの上においておけば、いつでもさっと使えるのでおすすめです。

 

またヘッドをカバーで覆うため、汚れてしまった時も隠すことができます。特に白など色の薄いヘッドは汚れがどうしても目立つのでそのまま置いておくのは気が引けますよね。使用後にカバーに入れておくことできれいな見た目を保つことができるのでおすすめです。

インテリアのアクセントに「つるす収納」

おしゃれな見た目のものならインテリアとして飾るのもいいですね。また羽根はたきや羊毛はたきは型崩れ予防のために吊るして収納するのがおすすめです。柄に紐やフック穴があるものを選んで、玄関やデスクなどよく使う場所にかけておくとすぐ掃除ができますよ。

 

柄の長いものはフックをつけて戸棚の中にしまうのがおすすめ。インテリアの邪魔をせず部屋の中がすっきりみえます。シューズボックスや掃除用具入れなどの開き扉の裏にかけておくと、出し入れもしやすいですよ。

洗える・交換できるものを選ぶ

はたきの中にはヘッドが取り外せるものもあります。とにかく簡単・清潔に、汚れを気にせず使いたいという方は、ヘッド部分のケアが簡単なものがおすすめです。

毎日清潔に使いたい方は「ヘッドが洗えるもの」

はたきを使っているとどうしても毛先が汚れてしまいますが、ヘッドを取り外して水洗いできるものを選べばいつも清潔に使用することができます。和はたきだけでなくポリはたきの中にも洗えるものがあるので、選ぶ時に注目してみてください。

 

また、ヘッドが洗えるはたきは繰り返し使えるのでとってもエコ。一度買って長く使えるとお財布にもやさしいですね。お気に入りのはたきを選べば洗う一手間も苦にならないので、毎日使いたいはたきはぜひこだわってチョイスしてください。

大掃除には「ヘッドが交換できるもの」

ヘッドが取り替えられるものを選べば、汚れを気にせず使うことができるので、大掃除などで汚れがたくさん付くときは、ヘッドが交換できるものを準備しておくのがおすすめです。中には抗菌成分配合のものもあるので、選ぶときのポイントにしてみてください。

見た目もおしゃれにデザインで選ぶ

掃除道具はぜひ見た目にもこだわってみてください。特にはたきはこまめに使うものなので、すぐ手の届くところに置いておきたいもの。おしゃれなものを選べば、目につくところに置いてもインテリアの邪魔になりませんし、お掃除のハードルもぐっと下がります。

シンプルな部屋には「カバー付き」「落ち着いた色」

シンプルなインテリアが好きな方は、ヘッド部分にカバーがついているものや柄がたためるものを選んでみてください。一見はたきには見えないフォルムはスタイリッシュなお部屋の雰囲気ともよく合います。グレーやホワイトを選ぶと、お部屋がすっきりと見えますね。

 

特に白を基調としたホワイトインテリアは、清潔感があり部屋全体が明るく見えます。大きな家具だけでなく、小物にも白やグレーを取り入れることできれいでおしゃれに見えるインテリアコーディネートになるのでおすすめです。

北欧スタイルには「天然素材をつかったもの」

北欧インテリアやナチュラルテイストが好きな方はオーストリッチや羊毛はたき、また柄の部分が木製のものを選ぶと温かい雰囲気が出るので、お部屋のインテリアとも合っておすすめです。つるせる紐がついてるタイプを選べば、おしゃれなインテリアとしても楽しめます。

 

北欧やナチュラルインテリアのコツは、存在感のある雑貨でアクセントをつけること。温かい雰囲気のはたきを飾れば、お部屋がおしゃれに見える上にこまめに掃除もできて実用的。ぜひ天然素材を使ったものを選んでみてください。

人気のブランド・メーカーや買える店で選ぶ

おしゃれで高機能「レデッカー」

Redecker(レデッカー)社は1936年創業の老舗生活用品メーカー。ドイツを拠点にハンドメイド製品を多数展開しています。ひとつひとつ職人の手作りによって生み出されるアイテムは手入れをしながら長く使う方も多く、愛用者の多いブランドです。

 

また天然の素材を原料にしているため、使うほど手に馴染みやすく愛着がわきます。おしゃれな見た目と機能性の高さから、引っ越し祝いなどでプレゼントに選ばれる方も多く、インテリア好きのたくさんの方に愛されているブランドです。

ビンテージ感のある見た目がかっこいい「ダルトン」

DULTON(ダルトン)は1988年創業のインテリア雑貨メーカーです。ダルトンのアイテムはポップな色合いとビンテージ感のある見た目が特徴で、部屋の雰囲気をパッと変えてくれるアイテムが揃います。

 

台所用品からデスク用品・メガネまでさまざまなアイテムが揃っているブランドで、インテリア好きな方ほもちろん、雑貨もおしゃれにこだわりたいという男性にもおすすめのブランドです。

シンプルですっきりみえる「無印良品」

無印良品といえば国内外に合計1029店舗(2020年8月末時点)を展開する生活ブランド。生活に馴染むシンプルな商品が多くの人に愛されています。また店舗数も多いので、実際にみて購入したいという方にはおすすめ。

 

無印良品のアイテムは落ち着いた色のものが多いため、揃えることで部屋に統一感も出ます。シンプルですっきりしたデザインは、あまり物を増やしたくないという方にも人気が高く、老若男女問わず愛されているブランドです。

初めての一人暮らしには「ニトリ」もおすすめ

ニトリは家具・雑貨の販売から、多彩な事業を展開する1967年創業のメーカーです。新生活に必要なインテリアがまとめて揃うので、家具・家電一式をニトリで揃えている方も多いのではないでしょうか。

 

ニトリのラインナップは明るくポップなデザインのものからシンプルなデザインまで幅広く、お部屋のテイストを選びません。インテリア全体が一つのブランドで揃えられるのは魅力ですね。ニトリにもハンドモップの取り扱いがあるので、ぜひチェックしてみてください。

はたきを試しに使ってみたい方は「100均」

はたきって実際どうなのかな?自分のライフスタイルに合ってるのかな?と不安な方は、試しに100均ではたきを買ってみるのもおすすめです。ダイソーやseriaなどにもはたきは売っているので、まずは1つ用意してみるのはいかがでしょうか。

 

100均のはたきにも伸縮式やヘッドの曲がるものまで種類はさまざま。気軽にいろいろな商品に挑戦できるのも100均の魅力ですね。商品によっては100円以上のものや、在庫切れの場合があるので、購入の際は注意してください。

全長50cm以下ハンディタイプはたきの人気おすすめランキング5選

ベリーソフトタイプの羊毛で細かいほこりもしっかりキャッチ

こちらはドイツREDECKER(レデッカー)社製のはたき。ベリーソフトタイプの羊毛を使っているのでソフトでこしのある使い心地が特徴です。毛が密集しているためほこりを逃しにくく繊細なインテリアからオーディオ機器まで幅広く使えます。

 

白いヘッドにはワンポイントで黒い毛が使われており、インテリアのアクセントとしてもおすすめです。柄には天然木のペアウッドが使用されているため、高級感がありあたたかい見た目。飾っておくだけでお部屋の雰囲気も落ち着きますね。

素材 羊毛(ベリーソフトタイプ) 全長 約34cm
柄のみ 約28cm 収納 革紐つき
ヘッド洗浄・交換

口コミを紹介

ドライフラワーのリースやクッション、ぬいぐるみなど掃除機を直接あてるにはちょっと繊細なもののほこりを払うのにこれほど最適なものはありません。インスタグラマーさんたちのおしゃれなお部屋にさりげなくディスプレイされているのをみて買ってみましたが大満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

固定電荷で安全に、しっかりお掃除

こちらの製品の特徴は固定電荷を利用してほこりを取ること。固定電荷とはパソコンなどの精密機器に静電気負荷がかからないよう安定した電荷でほこりを取るという技術です。繊細な家電のケアは注意深く行いたい、という方にはぴったりです。

 

ふさふさと大きなヘッドなので、広い範囲を一気に掃除したいという方やデスク周りの掃除に人気の高い商品です。ダスキンの科学技術がぎゅっとつまったほこりとりは、ぜひ試してみたい1本ですね。

素材 ポリプロピレン、導電性繊維 全長 47cm
柄のみ 19.5cm 収納 フック穴つき
ヘッド洗浄・交換 不可

口コミを紹介

ホコリをちゃんと取ってくれました。テレビの上や裏、テレビボードなどのホコリは拭いても拭いても静電気が多いのかホコリがくっ付いてしまって掃除しても何か汚いままでイライラしてましたがこれを使うと簡単に解決して掃除が楽しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

シンプルインテリアの王道 無印良品のエコハンディーモップ

無印良品のミニハンディモップは落ち着いたライトグレーと無駄のないシンプルなフォルムで飽きの来ない見た目。立てて収納できるカバー・フック穴どちらもついているので、収納場所も自由自在です。

 

モップには極細繊維のマイクロファイバーを使用しているので、ほこりを逃さずキャッチします。汚れたらモップを外して水洗いできるので、繰り返し使うことができるのもポイントです。丁寧なライフスタイルを送りたいかたにはおすすめの商品ですよ。

素材 ポリエステル、ナイロン 全長 33cm
柄のみ 収納 縦型ホルダー・フック穴つき
ヘッド洗浄・交換 洗浄・交換可

口コミを紹介

マイクロファイバーが簡単に交換でき、洗ってもへたりにくく良いです。無印らしい色やデザインも、主張し過ぎず良い感じです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ユニチャーム

ウェ−ブ ハンディワイパ− ホルダー+シート1枚+収納ケース シンプルホワイト

抗菌成分入りでほこりを巻き上げずスッキリお掃除。収納ケース付きワイパー

ユニチャームのウェーブハンディワイパーは抗菌成分配合。溜まったほこりの菌の増殖を抑え、清潔な空間を維持できます。また、シートにはほこりを舞いあげづらい工夫があり、さっと撫でるだけでほこりや髪の毛をしっかりとキャッチできます。

 

狭い家具の隙間や凹凸のある場所にもフィットする形状で、本棚やコードなどほこりが溜まりやすい場所にもぴったり。収納ケースつきのシンプルな見た目はインテリアにも馴染みますよ。シートは使い捨てなのでいつでも清潔に保てますね。

素材 シート:ポリオレフィン、ポリエステル 全長 33cm
柄のみ 収納 縦型ホルダーつき
ヘッド洗浄・交換 交換可

口コミを紹介

形状が神です。雑巾なんかより狭いところも吸い込まれるようにするっと入っていき埃キャッチです。むしろ雑巾より後がきれい。企業努力を感じる一品です。もっと早く買えばよかったです(泣)

出典:https://www.amazon.co.jp

おしゃれで機能的な優しいはたき

こちらのRedecker(レデッカー)社製のはたきはダチョウの胸の羽根で作られており柔らか。デリケートな家具や傷のつきやすい繊細なインテリア、観葉植物のほこりとりまで幅広く使用できます。

 

またデザイン性にも優れており、おしゃれな見た目はお部屋の雰囲気を損ねません。天然素材のためヘッドの大きさ・色などには個体差があり愛着もわくので、ついつい飾っておきたくなるはたきです。

素材 オーストリッチ 全長 35cm
柄のみ 18cm 収納 革紐つき
ヘッド洗浄・交換

口コミを紹介

色んな方のプログを読んで購入しました。ハタキ本来の仕事をしてくれてエコだし購入してよかったです。しっかりした作りとしなやかな毛が隅々まで埃を取ってくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ハンディタイプはたきのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6452976の画像

    REDECKER(レデッカー)

  • 2
    アイテムID:6456073の画像

    ユニチャーム

  • 3
    アイテムID:6456652の画像

    無印良品

  • 4
    アイテムID:6456319の画像

    ダスキン

  • 5
    アイテムID:6455586の画像

    REDECKER(レデッカー)

  • 商品名
  • オーストリッチ羽はたき
  • ウェ−ブ ハンディワイパ− ホルダー+シート1枚+収納ケース シンプルホワイト
  • マイクロファイバーミニハンディモップ
  • エレクトロン・エル-E ハンドル付き
  • 山羊毛の高級埃掃い
  • 特徴
  • おしゃれで機能的な優しいはたき
  • 抗菌成分入りでほこりを巻き上げずスッキリお掃除。収納ケース付きワイパー
  • シンプルインテリアの王道 無印良品のエコハンディーモップ
  • 固定電荷で安全に、しっかりお掃除
  • ベリーソフトタイプの羊毛で細かいほこりもしっかりキャッチ
  • 価格
  • 3,470円(税込)
  • 370円(税込)
  • 490円(税込)
  • 1,197円(税込)
  • 5,960円(税込)
  • 素材
  • オーストリッチ
  • シート:ポリオレフィン、ポリエステル
  • ポリエステル、ナイロン
  • ポリプロピレン、導電性繊維
  • 羊毛(ベリーソフトタイプ)
  • 全長
  • 35cm
  • 33cm
  • 33cm
  • 47cm
  • 約34cm
  • 柄のみ
  • 18cm
  • 19.5cm
  • 約28cm
  • 収納
  • 革紐つき
  • 縦型ホルダーつき
  • 縦型ホルダー・フック穴つき
  • フック穴つき
  • 革紐つき
  • ヘッド洗浄・交換
  • 交換可
  • 洗浄・交換可
  • 不可

下記の記事では、ハンディモップについて詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

全長50cm以上ロングタイプはたきの人気おすすめランキング5選

自由に調整できるはたきで、見えないところまでしっかりお掃除

こちらは全長が約102〜156cmまで調整できるため高いところの掃除におすすめ。さらに大きなヘッドは自由に曲げることができるので、電気の傘などの曲線やなかなか掃除できないエアコン上部・天井までしっかりとモップをあてることができます。

 

モップ部分は多角形構造のマイクロファイバーになっているため、小さなほこりから大きなものまでしっかりと絡めとることができます。モップ部分は取り外して洗うことができ、水洗いしてももこもこの質感はそのまま繰り返して使うことができますよ。

素材 マイクロファイバー 全長 約102〜156cm
柄のみ 収納 フック穴つき
ヘッド洗浄・交換 洗浄可

口コミを紹介

すごくいいです。壁の壁面に天井、柄が曲がるので、とても掃除しやすかったです。汚れもよく取れます。汚れたら洗って再利用できるので、経済的です。洗面器にお風呂の残り湯と洗剤を入れて、揉み洗いし、最後はシャワーで流したら、綺麗になりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

高級感のあるオーストリッチで、高いところも丁寧にお掃除

オーストリッチ羽根はたきPATAは、全長約65cmあるので高いところの掃除に向いています。ヘッドはソフトで柔らかい羽根が使われているため、デリケートな家具にも安心してはたきをかけることができますよ。

 

オーストリッチの毛先はとても細いので、細かな場所の掃除も簡単。静電気が起きにくいため、お手入れも振るだけで完了します。高いところもこまめにはたきをかけることによって、掃除がぐっと楽になりますね。

素材 オーストリッチ 全長 約65cm
柄のみ 収納 紐つき
ヘッド洗浄・交換

口コミを紹介

あるブログで、オストリッチの羽根ばたきがホコリ落としにとても良いと載っていたので、購入してみました。ほんとうに家具や仏壇のホコリがよく取れ、静電気でもう一度家具などに戻ったりしないので、買って良かったです。もう一本、短いのを購入しようかと思ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

昔ながらのはたきで、毎日のお掃除をエコに

白木屋傳兵衛は1830年創業の老舗。環境に優しい掃除をコンセプトにほうきやたわしなどの掃除用品を販売しています。絹は摩擦に強くしっかりとほこりを落とせると同時に木製品の艶出し効果も期待できるため木製家具が多いご家庭におすすめです。

 

また、静電気が起きにくいためはたき部分が絡まず、効果的に掃除をすることができますね。布製のはたきなので、汚れたら石鹸でゴシゴシと洗えてとってもエコ。レトロな見た目は、和室のインテリアにもぴったりです。

素材 全長 80〜85cm
柄のみ 57cm 収納 紐つき
ヘッド洗浄・交換 洗浄可

口コミを紹介

持ち手とハタキの絶妙な重さと長さが非常に気持ちよく埃をバサバサ落としてくれます。ずっと叩いていたいくらいです。見た目も美しいですし絹なのでそんなに汚れがつきにくいですね。猫もお気に入りで付いて来ます。

出典:https://www.amazon.co.jp

かっこいい見た目と実用性をそろえたはたき

DULTON(ダルトン)は家具から雑貨まで幅広く展開しているブランド。おしゃれと実用性を兼ね備えたアイテムが魅力です。こちらはオーストリッチフェザーを使用しているため静電気が起きにくく、ほこりをしっかりと落とすことができます

 

柄には天然素材の竹を使っているので見た目にもおしゃれ。革紐がついているので、見せる掃除道具としてインテリアの一部としてもおすすめです。全長約60cmあるので、掛け時計や電気の傘など高いところのお掃除にも最適ですよ。

素材 オーストリッチ 全長 60cm
柄のみ 42cm 収納 革紐つき
ヘッド洗浄・交換

可愛くてエコな天然羊毛100%のはたき

mi woollies(ミーウーリーズ)はニュージーランドの老舗メーカー。ふかふかの天然羊毛100%のダスターは、ほこりを吸着しやすく電化製品や車の中のお手入れにもおすすめ。少し大きめのLサイズなら、広い範囲にも使えますね。

 

ウール特有のキューティクルが汚れをはじきくため、汚れたら軽くはたくだけとお手入れも簡単。ナチュラルでおしゃれな見た目なので、見えるところに飾っておいてすぐ掃除できるのがいいですね。

素材 天然羊毛 全長 53㎝
柄のみ 27.5㎝ 収納 革紐つき
ヘッド洗浄・交換

口コミを紹介

静電気を起こさないので埃が付着しないこと。天然の木には艶だし効果があるとか、オシャレで使いたくなる。面倒くさがりな私が高いとこから低いところ、たまる前のサッとひと撫でが可能な一本です!ちょっと高価だなと思ったけれど思いきってLsizeにして良かった!

出典:https://www.amazon.co.jp

ロングタイプはたきのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6454189の画像

    mi woollies(ミーウーリーズ)

  • 2
    アイテムID:6454939の画像

    DULTON(ダルトン)

  • 3
    アイテムID:6457329の画像

    白木屋傳兵衛

  • 4
    アイテムID:6458050の画像

    松本羽毛合同会社

  • 5
    アイテムID:6457463の画像

    アズマ工業

  • 商品名
  • ダスター Lサイズ
  • Feather Duster
  • 羽二重正絹ハタキ
  • オーストリッチ羽根はたき PATA
  • モコモハタキFL MC420
  • 特徴
  • 可愛くてエコな天然羊毛100%のはたき
  • かっこいい見た目と実用性をそろえたはたき
  • 昔ながらのはたきで、毎日のお掃除をエコに
  • 高級感のあるオーストリッチで、高いところも丁寧にお掃除
  • 自由に調整できるはたきで、見えないところまでしっかりお掃除
  • 価格
  • 2,480円(税込)
  • 1,892円(税込)
  • 1,650円(税込)
  • 2,970円(税込)
  • 2,180円(税込)
  • 素材
  • 天然羊毛
  • オーストリッチ
  • オーストリッチ
  • マイクロファイバー
  • 全長
  • 53㎝
  • 60cm
  • 80〜85cm
  • 約65cm
  • 約102〜156cm
  • 柄のみ
  • 27.5㎝
  • 42cm
  • 57cm
  • 収納
  • 革紐つき
  • 革紐つき
  • 紐つき
  • 紐つき
  • フック穴つき
  • ヘッド洗浄・交換
  • 洗浄可
  • 洗浄可

家にあるものではたきを手作り

家にあるものでもはたきは手作りできます。用意するのは割り箸などの棒・いらなくなった服などの布・輪ゴムだけ。作り方は40×4cm幅に切った布を10枚ほど作ります。布を放射状に並べ、その中心を輪ゴムで棒に止めるだけ。

 

自分で作れば、布の枚数や太さでヘッドのボリュームも思い通り。またヘッド部分にストッキングやビニール紐を使えば、静電気の力を使ったはたきを作ることもできます。お気に入りの布と柄の部分にこだわれば、長く使いたくなる1本になるかもしれません。

ほこりを溜めにくい掃除のコツ

コツコツ掃除をしてもどうしても溜まってしまうほこりは、完全に除去することはできません。毎日の掃除は、できるだけ効率的に済ませたいですね。

ほこり掃除は上から下へ

ほこり掃除のコツは「上から下」。天井から始めて徐々に低い家具に移りほこりを下に落としてから床掃除をすることで、効率的にほこりがとれますよ。床に落ちたほこりは、掃除機やフローリングワイパーで一気に取るとすっきり掃除ができます。

 

毎日の床掃除に便利な掃除機には、静音性の高いものや軽量のものもあるのでぜひライフスタイルにあったものを選んでみてください。スティック型を選べば、収納の少ないお部屋でも邪魔になりませんね。

 

以下の記事では、掃除機の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

換気はしっかり 掃除後が効果的

数日家を留守にすると、「なんだか部屋がほこりっぽい」と感じたことはありませんか?部屋を締め切って換気が行われないと、ほこりはたまる一方です。空気をきちんと入れ替えることによって、ほこりを外に追い出しましょう。

 

換気をしない部屋では、入ってきたほこりがどんどん溜まってしまいます。たまったほこりは空気の流れに乗って部屋の隅にかたまったり、静電気に引き寄せられてインテリアや電化製品につくことも

 

定期的に換気し空気を循環させることによって、ほこりが溜まりにくい部屋を作ることができます。換気のタイミングは掃除の後がおすすめ。掃除前の換気は、溜まったほこりを舞い上がらせてしまう可能性があります。下記の記事では、お部屋の空気を循環する、サーキュレーターについて詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

なかなか掃除ができない方は「加湿空気清浄機」も併用

ほこりが気になるけど毎日はお掃除できない、という方には加湿空気清浄機もおすすめです。加湿空気清浄機にはほこりや花粉をフィルターで除去してくれるタイプもあるので、お部屋の中に漂う見えないほこりを効果的に減らしてくれます

 

また、部屋の中が乾燥しているとほこりが舞う原因に。加湿することによってほこりが下に落ちるため、掃除がしやすいお部屋を作ることができますよ。特に乾燥する冬は静電気も発生しやすいので、お部屋の湿度をあげることは大切ですね。

 

以下の記事では、加湿空気清浄機の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は掃除に便利なはたきをおすすめランキング形式で紹介しました。ほこりはアトピーや喘息の悪化原因の一つとも言われています。ぜひこだわりのはたきを選んで、おしゃれできれいなライフスタイルを送りましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年05月29日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

ほうきちりとりセットの人気おすすめランキング15選【室内掃除をおしゃれに楽しく】

ほうきちりとりセットの人気おすすめランキング15選【室内掃除をおしゃれに楽しく】

掃除用具・清掃用品
テーブルマットの人気おすすめランキング20選【おしゃれ!】

テーブルマットの人気おすすめランキング20選【おしゃれ!】

インテリアファブリック
ほうきの人気おすすめランキング15選【玄関やフローリング掃除に】

ほうきの人気おすすめランキング15選【玄関やフローリング掃除に】

掃除用具・清掃用品
L字デスクの人気おすすめランキング10選【ニトリやikeaも】

L字デスクの人気おすすめランキング10選【ニトリやikeaも】

家具
ペルシャ絨毯の人気おすすめランキング10選【シルクタイプもご紹介!】

ペルシャ絨毯の人気おすすめランキング10選【シルクタイプもご紹介!】

インテリアファブリック
【家電販売員監修】コードレス掃除機の人気おすすめランキング12選【2021年最新版】

【家電販売員監修】コードレス掃除機の人気おすすめランキング12選【2021年最新版】

掃除機