冷凍食品枝豆のおすすめ人気ランキング12選【スーパーで買える美味しい市販枝豆も】

記事ID14106のサムネイル画像

おつまみに人気の枝豆は、冷凍なら茹でる手間が省けます。しかし国産・外国産に加え、スーパー・コンビニなどの市販品やお取り寄せなど種類が多く、美味しいものがどれかわかりにくいです。今回は冷凍枝豆の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

さまざまなレシピにも使える美味しい冷凍食品の枝豆

枝豆はお酒のつまみ・スープ・揚げ物などいろいろな美味しい食べ方ができる人気の食材です。しかし生では食べられないので、毎回茹でなければならず、それが面倒だと感じる方もいます。そのような方におすすめな食材が冷凍食品の枝豆です。

 

実は冷凍枝豆はシンプルに茹でただけのもの・塩が振ってあるもの・さやをむいてあるむき枝豆・わさびなどの風味がついたものまであります。スーパーやコンビニなどの市販品だけでなく、国産・外国産など産地からの通販もふくめると種類がかなり多いです。

 

そこで今回は冷凍食品の枝豆の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは種類・産地・人気を基準に作成しました。枝豆の購入を迷っている方はぜひ参考にしてください。

冷凍食品になっている枝豆の選び方

冷凍枝豆にはいろいろな商品があります。品種・産地・解凍方法により、その味わいは大きく変わるので、自分にあったものを選んでみてください。

枝豆の種類で選ぶ

枝豆は品種によりそれぞれに違った味わいがあります。以下でその違いをご紹介していきますので、参考にしてください。

食べ慣れている枝豆なら「青豆」がおすすめ

青豆は一般的に食べられている定番の枝豆です。緑色の豆が特徴で、甘味があるので茹で枝豆にぴったりだから、シンプルな味わいと豆本来の香りが楽しめるので料理の材料やお菓子の材料にも使われています。冷凍枝豆に最も多いタイプがこの青豆です。

食感を楽しみたいなら「黒豆」がおすすめ

黒豆の枝豆を黒枝豆と呼ばれ、深みのあるコクや甘味が楽しめます。青豆ほど流通していないので、食べた経験のない方も多いですが、真っ黒なわけではなく黒みががっている程度です。食べるとほくほくした食感があります。生産地としては兵庫県の丹波地方が有名です。

甘味とコクを楽しみたいなら「茶豆」がおすすめ

茶豆は山形県で古くから作られている豆でふっくらして青豆より若干茶色がかっている品種です。だだ茶豆とも呼ばれ、栽培が難しいうえに青豆よりも生産できる時期が短いため価格が高く、高級枝豆としても知られています。甘味があり食感もよい美味しい枝豆です。

手間なく使うならさやをむいてある「むき枝豆」をチェック

冷凍食品の枝豆はさやがついているタイプとさやをむいてあるタイプがあります。どちらも美味しく味わえますが、さやが邪魔だと感じたり、料理やお菓子を作ったりするならさやがないタイプがおすすめです。

 

むき枝豆はさやから出した状態で冷凍されているので、料理やおやつなどを作ったりするときに面倒な豆むきをする手間がかかりません。また、最近はサラダなどのトッピング用としてむき豆を使う方も多く、トッピング用・スープ・お菓子・離乳食にも使えます。

解凍方法で選ぶ

冷凍の枝豆は、商品によって解凍する方法が異なります。 それぞれの方法の違いをみて選びましょう。

短時間で調理するなら「流水・電子レンジ」がおすすめ

仕事から帰って晩酌するときなど、短時間で調理したい場合は、流水や電子レンジで解凍できる商品がおすすめです。解凍にかかる時間は異なりますが、流水なら4~5分・電子レンジなら3分ほどで解凍できるものがあるので、自然解凍より大幅に時間を短縮できます。

味を重視するなら「茹で解凍」がおすすめ

調理の手間を省くよりも味を重視するのであれば、茹でて解凍する冷凍枝豆がおすすめです。茹でる調理法は最も解凍にムラが出にくく、獲れたて茹でたてのような美味しさを味わえます。また全体にしっかり温かい状態で食べられる点も魅力です。

香ばしさを求めるなら「焼くもの」がおすすめ

冷凍枝豆は焼いて解凍する方法もあります。フライパンに冷凍枝豆を並べて、はじめは氷を溶かすように弱火で数分焼き、最後に強火で温めれば完成です。手早く解凍できるうえに、豆のうまみを逃さず、ほくほくして香ばしい味を楽しめます。

時間に余裕があるなら「自然解凍」がおすすめ

自然解凍で食べられるタイプの冷凍枝豆は、食べる時間にあわせて外に出しておくだけで美味しい茹で枝豆が食べられます。茹でたりレンジで解凍したりしないので、手間なく美味しい枝豆を食べたい方におすすめです。

 

この解凍方法なら塩ゆで枝豆はもちろん、わさび枝豆や調理済み冷凍枝豆など味付きの冷凍枝豆でも風味や味わいが逃げずに美味しく食べられます。手軽なので、調理器具が限定されるアウトドアシーンにも最適です。

産地で選ぶ

冷凍食品の枝豆にはいろいろな生産地があります。味も見た目も異なるので、お好みの枝豆を探したいならまずは生産地にこだわってみましょう。

生産量日本一の枝豆を食べたいなら「群馬県産」がおすすめ

群馬県は日本全国で何度も枝豆の生産地ナンバー1を獲得している県です。平成30年度の生産量は全体のおよそ10%を占めています。ただ、枝豆は日本全国で作られているので、ずば抜けて生産量が高いという地域はありません。

 

群馬県で生産されている枝豆は青豆が多く、味緑と書いて「みりょく」と読む天狗印の枝豆は、群馬県民なら誰でも知っている有名なブランド枝豆です。この天狗印の枝豆は築地でも高い評価を受けており、豊かな味と風味を楽しめます。

大自然が育てた冷凍食品の枝豆なら「北海道産」がおすすめ

北海道の枝豆は豆自体がふっくらとしていて味が濃い青豆が多く、日本人の食べ慣れた味で人気があります。多くの冷凍食品メーカーが北海道産の枝豆を使っているので失敗が少なく、迷ったら北海道産の冷凍枝豆を選びましょう。

美味しいだだ茶豆が食べたいなら「山形県産」がおすすめ

山形県の枝豆は青豆もありますが、有名なものが庄内の鶴岡で作られているだだ茶豆です。だだ茶豆はこの地域に古くからある美味しいと評判の枝豆で、昔はなかなか県外に出回りませんでしたが最近は技術の向上で生産量が増え、各地で楽しめます。

甘さがある国産枝豆が食べたいなら「九州産」がおすすめ

九州地方で生産された枝豆は青豆が多く、味と甘みの評価が高いです。ファンが多い理由はこの甘みにあり、枝豆本来のおいしさを堪能できます。青豆以外にもだだ茶豆の栽培もしているので、美味しい国産枝豆を探している方はチェックしてください。

冷凍食品メーカーで選ぶ

冷凍枝豆を販売しているメーカーで選ぶ方法もおすすめです。ここでは冷凍枝豆のメーカーごとに味などをご紹介します。

スーパーやコンビニでも市販されているものなら「ニチレイ」がおすすめ

ニチレイの冷凍枝豆は種類が豊富であり、香り枝豆・塩味枝豆などレンジでそのまま解凍できるタイプの冷凍枝豆も販売しています。ニチレイは種類が多いので、用途や好みにあったタイプを選びやすいです。

 

ニチレイ製冷凍枝豆の原料として使われている枝豆の生産地は、台湾や中国なので心配の声もありますが契約農家の栽培した枝豆を厳選して使用しており、基準は満たしているので自信をもって販売しています。スーパーやコンビニで市販されており入手しやすいです。

大手食料品メーカーなら「マルハニチロ」がおすすめ

マルハニチロも有名な冷凍食品のメーカーです。マルハニチロは北海道十勝産の枝豆や「すぐに食べられるえだまめ」など、数種類の冷凍枝豆を販売しています。収穫後すぐに茹でて急速冷凍しているため、味わいが豊かで枝豆本来の味を楽しめる点が魅力です。

マルちゃんでおなじみのメーカーなら「東洋水産」

東洋水産の販売している冷凍枝豆は「塩ゆでえだ豆」「わさび風味枝豆」などがあります。業務用でキロ単位の大袋商品を扱っているのが特徴で、割安でコスパが良いので毎日食べたい方や料理などで大量に使い方におすすめです。

全国各地の国産冷凍枝豆が食べたいなら「JAブランド」がおすすめ

枝豆の生産地にこだわる方や、個人農家の冷凍枝豆を手に入れたい場合は全国各地のJAが販売しているものをチェックしましょう。生産者が美味しく食べられる茹で方や塩加減などを研究しているので、美味しい枝豆に出会えます。

使いやすい冷凍枝豆なら「ニッスイ」がおすすめ

ニッスイの枝豆の味付けはシンプルな食塩だけで整えています。とれたてを茹で、そのまま冷凍しているのでコクと香りを味わえる点が魅力です。シンプルなので、そのまま食べるだけでなく、さまざまな料理に活用できます。

すぐに食べるなら「味の素」がおすすめ

味の素から販売されている枝豆は素材本来のおいしさを生かすため収穫時期や加工方法にこだわっています。調理方法は流水・ゆで・電子レンジから選べるので、すぐにでも食べたい方にもおすすめです。

入手簡単な冷凍枝豆の人気おすすめランキング7選

美味しい国産枝豆を味わえる食べやすい冷凍タイプ

北海道で収穫された国産の美味しい枝豆を食べられる商品です。塩味がついているので、解凍すれば、すぐにそのまま食べられます。中身の枝豆はバラ凍結しているので、使いたい分だけ使えるなど、使い勝手も抜群です。

食品の種類 枝豆 内容量 200g
調理方法 自然解凍 原産国 日本
6位

Smile Spoon(スマイルスプーン)

Delcy 塩あじえだまめ 400g

手もぎ収穫なので見た目のよい枝豆がたくさん

タイ産の緑光系枝豆を使用しており、色が濃く粒が大きいです。手もぎでていねいに収穫しているだけでなく、目視で確認して作業するのでふっくらと見た目のよい枝豆が揃っています。もちろん枝豆の香りと甘みも強いです。

食品の種類 枝豆 内容量 400g
調理方法 自然解凍・流水・電子レンジ 原産国 タイ

スーパーやコンビニでも市販されている大容量冷凍枝豆

自然解凍・流水による解凍・電子レンジでも解凍ができるので、すぐ食べたいときにも時間に余裕があるときにも重宝します。スーパーやコンビニなど市販でも手軽に購入でき、大容量なので常備したいときにおすすめです。

食品の種類 枝豆 内容量 1kg
調理方法 流水・お湯・自然解凍 原産国 台湾

アウトドアでも重宝する使いやすい冷凍食品

1kg以上も入ったサイズでも販売されてているので、キャンプなどのアウトドアやレジャーにも重宝します。家族みんなで楽しみたいときにもぴったりです。塩がふってあるので別途塩を用意する必要もありません。

 

自然解凍して食べられる冷凍枝豆なので、凍らせた状態のまま現地に行けば、食事のときにちょうどいい状態に解けてくれます。もちろん、家庭用としてもおすすめであり、冷凍庫に常備すればおつまみやおかずに使えます。

食品の種類 枝豆 内容量 1.5kg
調理方法 流水・自然解凍・レンジ解凍 原産国 台湾

枝つきなので冷凍なのに新鮮さが感じられる塩枝豆

こちらの冷凍枝豆はさやがついているだけではなく、枝もちょっとだけついているタイプです。枝がそのままついているため収穫したばかりの枝豆が持っている新鮮さをイメージしやすく、より美味しく食べられます。

 

塩味がついているタイプなので解凍してから、そのままおつまみやおやつとして食べたり、そのほかにもお料理用として使ったりするのにもぴったりです。1kgと大容量なのでコスパも高く、家庭での常備用に適しています。

食品の種類 枝豆 内容量 1kg
調理方法 流水 原産国 タイ

さやがむいてあるむき枝豆で手間なく美味しい食べ方ができる

マルハニチロのむき枝豆は、新鮮な枝豆を茹で、さやから出した状態で急速冷凍しています。そのまま解凍しておつまみや子どものおやつとして食べても美味しいですが、スープにするなどさまざまな食べ方もできるので便利です。

 

さやがないので、食べ終わったときにゴミが出ません。そのため、片付けの手間が軽減できるメリットもあります。粒も揃っており、豆のちょうどよい歯ごたえが病みつきになる冷凍のむき枝豆です。ぜひ試してみてください。

食品の種類 枝豆 内容量 1kg
調理方法 流水 原産国 中国

わさび風味がきいた冷凍枝豆

塩ゆでした枝豆にわさびの風味をプラスしています。食べてみるとわさびの風味と枝豆の風味がとてもよくマッチした味わいです。わさびの風味をきかせていますが、辛みはおさえてあるので子どもでも手軽に食べられます。

 

お酒のおつまみにもぴったりなので、普段の塩ゆで枝豆にちょっと飽きてきた方やひと味違う枝豆を食べてみた方はぜひ試してみてください。わさびの風味をしっかり感じられるので、和え物などの料理にも使えます。

食品の種類 枝豆 内容量 500g
調理方法 自然解凍 原産国 台湾

入手が簡単な冷凍枝豆のおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 食品の種類 内容量 調理方法 原産国
アイテムID:11495238の画像

楽天

ヤフー

わさび風味がきいた冷凍枝豆

枝豆

500g

自然解凍

台湾

アイテムID:11495235の画像

楽天

ヤフー

さやがむいてあるむき枝豆で手間なく美味しい食べ方ができる

枝豆

1kg

流水

中国

アイテムID:11495234の画像

楽天

ヤフー

枝つきなので冷凍なのに新鮮さが感じられる塩枝豆

枝豆

1kg

流水

タイ

アイテムID:11495233の画像

楽天

Amazon

ヤフー

アウトドアでも重宝する使いやすい冷凍食品

枝豆

1.5kg

流水・自然解凍・レンジ解凍

台湾

アイテムID:11495230の画像

楽天

ヤフー

スーパーやコンビニでも市販されている大容量冷凍枝豆

枝豆

1kg

流水・お湯・自然解凍

台湾

アイテムID:11495227の画像

楽天

ヤフー

手もぎ収穫なので見た目のよい枝豆がたくさん

枝豆

400g

自然解凍・流水・電子レンジ

タイ

アイテムID:11495224の画像

Amazon

ヤフー

美味しい国産枝豆を味わえる食べやすい冷凍タイプ

枝豆

200g

自然解凍

日本

以下の記事では、冷凍枝豆だけではなくおつまみにピッタリな冷凍食品ををご紹介しています。こちらもぜひ参考にしてみてください。

産地別冷凍食品枝豆の人気おすすめランキング5選

もぎたて新鮮な北海道の冷凍枝豆を楽しめる

JA北海道の中札内産でとれた枝豆を塩ゆでして美味しい状態で急速冷凍した冷凍枝豆です。解凍してそのままおやつやおつまみにしたり、料理用にしたりとさまざまな食べ方を楽しめます。枝豆の味が濃いので、満足感が高いです。

食品の種類 枝豆 内容量 1kg
調理方法 自然解凍 原産国 日本

ふっくらとコクのある甘味を味わえるだだ茶豆

だだ茶豆で有名な山形県産の茶豆を、塩ゆでにしてから急速冷凍した商品です。だだ茶豆の特徴であるコクや豆本来の甘味をしっかり楽しめます。だだ茶豆はふっくらしているうえに、大粒なので食べごたえも抜群です。

食品の種類 枝豆 内容量 1kg
調理方法 お湯 原産国 日本

電子レンジでも解凍できるから手軽に食べられる冷凍枝豆

山形県のだだちゃ豆は冷凍枝豆でも大人気です。こちらの冷凍枝豆は山形県の特産品であるだだちゃ豆を塩ゆでして冷凍しています。だだちゃ豆の甘さや実の大きさが際立っており、美味しいとユーザーからの評価が高いです。

 

ちょうどよい塩加減と歯ごたえなので、おつまみに最適であり、ついついビールが進みます。自然解凍はもちろん、少しレンジで温めても解凍でき、手軽に美味しく食べられるので、病みつきになるリピーターが多いです。

食品の種類 枝豆 内容量 150g
調理方法 自然解凍・流水・電子レンジ 原産国 日本

JAが作った究極のおいしさを誇るだだちゃ豆

JA鶴岡が販売しているだだちゃ豆の冷凍タイプです。農家が本当に美味しいとれたてのだだちゃ豆を塩ゆでして急速冷凍しているので、風味がよく、収穫したままの味わいを楽しめます。そのため枝豆好きからの人気が高いです。

 

冷凍しているため、短い期間しか収穫できない貴重な枝豆を、いつでも食べられる点が魅力です。ビールやお酒のおつまみにもぴったりですが、贈答用としてプレゼントしても喜ばれます。大容量なので常備用にも最適です。

食品の種類 枝豆 内容量 200g×5袋
調理方法 お湯・流水 原産国 日本

人気品種を新鮮なまま瞬間冷凍した国産の冷凍枝豆

北海道中札内村特産の人気品種である「大袖の舞大豆」を使用した冷凍枝豆です。瞬間冷凍技術を使用し、旬の味をそのまま閉じ込めているので、自宅に常備しておけばいつでも手軽に美味しい枝豆を楽しめます。

 

大袖の舞大豆はクセがなく、大豆本来のナチュラルな味わいを堪能できる品種です。しっかりと豆の味を楽しめるうえに、粒も揃っています。見た目も華やかなので、そのままだけでなく料理に使う方も多いです。

食品の種類 枝豆 内容量 300g
調理方法 自然解凍・熱湯・電子レンジ 原産国 日本

産地別冷凍食品枝豆のおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 食品の種類 内容量 調理方法 原産国
アイテムID:11495255の画像

楽天

ヤフー

人気品種を新鮮なまま瞬間冷凍した国産の冷凍枝豆

枝豆

300g

自然解凍・熱湯・電子レンジ

日本

アイテムID:11495252の画像

楽天

ヤフー

JAが作った究極のおいしさを誇るだだちゃ豆

枝豆

200g×5袋

お湯・流水

日本

アイテムID:11495249の画像

楽天

ヤフー

電子レンジでも解凍できるから手軽に食べられる冷凍枝豆

枝豆

150g

自然解凍・流水・電子レンジ

日本

アイテムID:11495246の画像

楽天

ヤフー

ふっくらとコクのある甘味を味わえるだだ茶豆

枝豆

1kg

お湯

日本

アイテムID:11495243の画像

楽天

ヤフー

もぎたて新鮮な北海道の冷凍枝豆を楽しめる

枝豆

1kg

自然解凍

日本

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

以下の記事では、冷凍枝豆だけではなくおつまみにぴったりな冷凍食品ををご紹介しています。こちらもぜひ参考にしてみてください。

冷凍枝豆はまずい?解凍のコツと美味しい食べ方をご紹介

冷凍枝豆は水っぽく、味が抜けてまずいイメージを持っている方も多いです。最近は冷凍技術が進歩しており、正しく解凍すれば美味しく食べられますが、解凍時にひと工夫するとさらに美味しい食べ方ができるのでご紹介します。

 

まずは冷凍枝豆をフライパンで弱火で焼いてください。氷が溶けて温まるまで数分弱火にかけ、最後に仕上げとして強火で焼きます。この仕上げのひと手間で余分な水分が飛び、香ばしく美味しさの凝縮した枝豆を楽しめるので、ぜひ試してみてください。

生の枝豆と冷凍枝豆に含まれる栄養素は違う

枝豆は栄養がとても豊富です。ただし生のものと冷凍のものでは若干栄養が違うので、ここでは生のタイプと冷凍のタイプに含まれている栄養素についてご紹介します。

生の枝豆に含まれる栄養素

枝豆は大豆になる前に収穫したものです。未熟な状態であっても豆なので良質なたんぱく質が豊富に含まれています。またお腹にもよい影響を与えるカルシウム・鉄分などのミネラル・βカロチン・ビタミンCまで摂取できる栄養豊富な緑黄色野菜です。

冷凍枝豆に含まれる栄養素

冷凍枝豆に含まれている栄養素はタンパク質・炭水化物・カルシウム・リン・カリウム・マグネシウム・鉄・亜鉛などです。冷凍しても生の枝豆と大きな違いはないものの、冷凍だとβカロテンやビタミンCは減ってしまいます。

 

ほかにも葉酸・ビタミンB2・ビタミンB6なども含まれているので、筋トレをする方にもおすすめです。また食物繊維・水溶性食物繊維が含まれていてコレステロールが0なので、中性脂肪が気になる方のおつまみにもぴったりです。

まとめ

冷凍枝豆の選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介しました。冷凍枝豆は栄養豊富でそのまま食べても料理に使っても美味しい人気の食材です。ぜひ本記事を参考にお好みの冷凍枝豆を見つけてみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年12月19日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2023年最新版】食べてもいい冷凍食品のおすすめ人気ランキング19選【体に良いのは?】

【2023年最新版】食べてもいい冷凍食品のおすすめ人気ランキング19選【体に良いのは?】

レトルト・惣菜
夕飯用冷凍食品の人気おすすめランキング10選【ご飯作りたくないときにも!】

夕飯用冷凍食品の人気おすすめランキング10選【ご飯作りたくないときにも!】

レトルト・惣菜
冷凍食品ハンバーグのおすすめ人気ランキング11選【美味しいものを紹介!】

冷凍食品ハンバーグのおすすめ人気ランキング11選【美味しいものを紹介!】

レトルト・惣菜
【プロ監修】冷凍食品のおすすめ人気ランキング31選【本当に美味しい冷凍食品】

【プロ監修】冷凍食品のおすすめ人気ランキング31選【本当に美味しい冷凍食品】

レトルト・惣菜
冷凍食品のおつまみのおすすめ人気ランキング15選【スーパーで買えるものも】

冷凍食品のおつまみのおすすめ人気ランキング15選【スーパーで買えるものも】

レトルト・惣菜
冷凍春巻きのおすすめ人気ランキング10選【トースターで簡単!揚げない春巻きも】

冷凍春巻きのおすすめ人気ランキング10選【トースターで簡単!揚げない春巻きも】

レトルト・惣菜