ホエイプロテインの人気おすすめランキング15選【筋トレ・ダイエット・ランニングに!2020年最新】

記事ID13980のサムネイル画像

筋肥大効果や、ダイエットの手助けをするホエイプロテインは、男性だけでなく女性にも人気を集めています。今回は、ホエイプロテインの選び方の紹介をはじめ、人気おすすめランキングを紹介します。海外から国産と種類も多く、飲み方も簡単なおすすめのホエイプロテインばかりなので参考にしてみてください。

ホエイプロテインはダイエットや筋トレの味方!

壊れた筋肉を修復したり、免疫力を高めてくれたりする効果のあるホエイプロテインは、女性のダイエットや筋トレの味方として愛されています。ソイプロテインや、カゼインプロテインなど、他のプロテインと比べて、ホエイプロテインは吸収が早いのが特徴です。

 

プロテインを飲むと、筋肉がつきすぎたり、太ってしまったりするのを恐れている方も多いですが、正しく飲むことでよりダイエットや筋トレを効率よく進めることができます。

 

今回は、ダイエットや筋トレをサポートしてくれるホエイプロテインの選び方、ホエイプロテインの人気おすすめランキングを紹介します。ランキングはAmazon評価数・コスパ・口コミを基準に作りました。プロテインに迷ったら参考にしてみてください。

ホエイプロテインとは?筋肥大に効果的!

プロテインには、ホエイプロテインやカゼインプロテイン、ソイプロテインなど様々な種類があります。ホエイプロテインとは、筋肥大に効果が高いプロテインになっており、吸収が速いのが特徴です。男性、女性と性別を選ばずに愛されています。

ホエイプロテインの特徴

ホエイプロテインとは、牛乳から作られているタンパク質です。吸収が早いので筋肥大をする目的や、日々のタンパク質の補給の目的で利用する方も多いです。他のプロテインよりも、価格が安い、カロリーも低いので太るデメリットも回避できます。

ソイプロテインとカゼインプロテインの違い

ホエイプロテインと比べて、ソイプロテインは大豆から作られているプロテインです。カゼインプロテインは、ホエイプロテインと同じように牛乳から作られていますが、吸収がゆっくりなのが特徴です。筋肥大をする際は、ホエイプロテインがおすすめです。

ホエイプロテインの選び方

最初に、ホエイプロテインの選び方を紹介していきます。ホエイプロテインは、筋肉の回復や免疫力を鍛えるために飲む方も多いです。ホエイプロテインが100%配合されているもの、バストアップ効果のあるソイと混ざっているものなど色々あります。

 

プロテインを飲む目的や、飲みやすさ、味、製法などに合わせて、選び方を知っておくと、ホエイプロテインを購入する時に迷わないのでおすすめです。

目的で選ぶ

ホエイプロテインを飲む時の目的で選ぶ方法です。筋トレや、バストアップ、ダイエットなど、目的や効果に合わせてホエイプロテインを選ぶと、効果が出やすくなります。同じホエイプロテインでも、効果によって選ぶ成分は変わるので覚えておくと便利です。

効率よく「筋肥大」をするならタンパク質の多いもの

アミノ酸を多く含むホエイプロテインや、ホエイ100%のタイプ、タンパク質を含んでいる%が多いものを選ぶと、筋肉を効率よくつけられます。ホエイプロテインは、吸収が早いので運動後にすぐに飲めるように、事前にシェイカーに作っておくのもおすすめです。

「ダイエット・バストアップ」目的で飲むならビタミンやミネラルが多いもの

ダイエットやバストアップなど、美容・健康目的で飲む場合は、ホエイプロテインと一緒にソイプロテインが混ざっているタイプがおすすめです。ソイプロテインは、美肌効果やバストアップがあるので、女性に嬉しい効果が得られます。

 

合わせて、ビタミンやミネラル、鉄分が摂れるホエイプロテインも人気が高いです。足りない栄養素を補えるように、成分表をよく見て選びましょう。

ホエイプロテインの種類で選ぶ

粉末で飲むタイプ、水に溶かして飲むタイプなど、ホエイプロテインの種類で選ぶ方法です。最近では、コンビニエンスストアやスーパーでも気軽にホエイプロテインが買えるので、生活スタイルに合わせて種類を選ぶと便利です。

コスパの良さ重視なら「粉末タイプ」

粉末でそのまま飲んだり、水や飲み物、スープに溶かして飲む粉末タイプのホエイプロテインです。ホエイプロテインの中でも販売されている種類が多く、価格が安いのが特徴です。大容量で販売されているので、継続してホエイプロテインを飲む方にもおすすめです。

飲み方が簡単な「ドリンクタイプ」

1回分のプロテインが、ドリンクに凝縮されているタイプです。水に溶かしたり、粉の量を計算する必要がないので、初心者の方にも取り入れやすいです。粉と比べると、飲みやすく味がついているものが多いですが、価格は高めです。コンビニエンスストアでも買えます。

太るデメリットを回避できる「タブレットタイプ」

錠剤の形をしており、水やそのまま食べることができるタブレットタイプです。粉タイプやドリンクタイプに比べて、種類が少ないですが、プロテインの味が苦手という方にはおすすめです。タブレットタイプは、海外製で販売されているタイプが多いです。

 

タブレットタイプは、他のプロテインのタイプと比べてカロリーが低いので、太るデメリットをなくせます。出先でも飲めるので、飲み方が簡単な点もメリットです。

製法で選ぶ

ホエイプロテインは、3種類の製法で作られています。ビタミンやミネラルを多く含むwpc製法、タンパク質を多く含むwpi製法、アミノ酸を多く含むwph製法と、製法によって多く含んでいる成分が変わります。特徴が製法によって違うので、チェックしましょう。

女性におすすめの「wpc製法」

タンパク質を濃縮してホエイプロテインを作るwpc製法は、80%前後のタンパク質の量が特徴です。女性に嬉しい美肌効果やダイエットをサポートする、ビタミンやミネラルを多く摂ることができます。日頃の健康管理としても人気の高い製法です。

タンパク質が多い「wpi製法」

3種類の製法の中でも1番のタンパク質の多さを持つのがwpi製法です。1gあたりに含まれているタンパク質の量が多いため、価格も高めに設定されています。タンパク質以外の成分があまり含まれないので、糖質を気にする方にも飲みやすいホエイプロテインです。

筋肥大の効果が高い「wph製法」

wph製法は、微生物に含まれている酵素から作られているホエイプロテインです。タンパク質の働きを高めてくれるアミノ酸を多く含んでいるので、筋トレをしている方や、筋肉の回復の目的でプロテインを飲む方におすすめです。ホエイが多く含まれています。

味で選ぶなら「甘め」のものを選ぶ

飲み物や食べ物に入れても味の邪魔をしないプレーンタイプ、スイーツ感覚で飲めるストロベリーやココアタイプなど、ホエイプロテインの味で選ぶ方法です。美味しいお気に入りの味を見つけておくと、継続して飲む時にストレスになりにくいのでおすすめです。

飲みやすくするなら「溶けやすさ」も重要!

ホエイプロテインの飲みやすさを重視するなら、水や牛乳に簡単に溶けるタイプを選びましょう。溶けやすさにこだわっているプロテインは、ダマになりにくく、喉ごしも良いです。シェイカーに入れなくても溶けるタイプは、出先でも飲みやすいです。

「BCAA・グルタミン・糖質」が配合されたものなら効果アップ

BCAA、グルタミン、糖質が配合されたものは、プロテインの効果を上げられます。プロテインに含まれているタンパク質と同時に摂ることで、筋肥大の効果を高めたり、ダイエット効果をサポートしてくれたりします。

口コミの多さで選ぶなら「人気メーカー」のものを選ぶ

日本や海外で販売されているプロテインの人気メーカーから選ぶ方法です。ホエイプロテインは、海外で販売されているものが多いですが、人気メーカーのものは、口コミも見やすく選びやすいのが利点です。味やサイズの種類も多いので、気軽に買いやすいです。

 

マイプロテイン(アイソレート)やザバスなど、人気の高いメーカーは、プロテインの修理も豊富なので目的に合わせて選びやすいです。筋肥大効果、ダイエット効果など、好きな効果に合わせて選びましょう。

「コスパ」を重視するなら価格で選ぶ

ホエイプロテインの販売されている価格で選ぶ方法です。プロテインの場合は、量によって価格が変動するので、1gや1食分あたりの価格で計算するのがおすすめです。毎日、続けて飲むものなので、コスパが良く、タンパク質が多く含まれているものを選びましょう。

粉末タイプのホエイプロテインの人気おすすめランキング9選

9位

GronG(グロング)

ホエイプロテイン100 スタンダード

価格:2,480円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

11種類のビタミンも摂れるホエイプロテイン

100g当たりに、タンパク質が75gが含まれており、効率よくプロテインが摂れます。味のフレーバーが多く、ココアやバナナの味など、牛乳に混ぜることで飲みやすいです。また、11種類のビタミンが含まれているので、栄養補給としても使えるホエイプロテインです。

 

国内で生産されている国産プロテインで、スポーツブランドから販売されているので、筋トレやスポーツをしている方も、安心して飲めます。サラサラしていて、牛乳や水にも溶けやすいので、アレンジレシピにも使いやすいおすすめのホエイプロテインです。

抹茶風味、ココア、ストロベリー、フルーツミックス、バニラ、ナチュラル、バナナカロリー118kcal(29g当たり)
内容量1kg
8位

有限会社九南サービス

タンパクオトメ

価格:2,980円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1日分のビタミンとミネラルを補給できる

1日分のビタミン、ミネラルを補給できるプロテインです。美容やバストアップのサポートを行ってくれる、ソイプロテインとホエイプロテインが入っているので、女性にもおすすめのプロテインです。細マッチョを目指す男性にも飲みやすいです。

 

味のフレーバーが多く、バナナやベリー、ココアなど、女性に人気の高い味が揃っています。朝食代わりに飲んだり、筋トレ後の栄養補給として飲んだりするのもおすすめです。カロリーは、1杯56kcalと甘いのにヘルシーなプロテインドリンクです。

やさい、ピュア、カカオ、ぜいたくベリー、ほんのりチャイ、バナナカロリー56kcal(15g当たり)
内容量260g
7位

X-PLOSION

ホエイプロテイン エクスプロージョン

価格:5,476円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパが良い100%ナチュラルホエイのプロテイン

1食当たりが、約55円とコスパが良いのに、100%のナチュラルホエイを使っているプロテインです。国内の工場で製造しているので、国内産のプロテインを求める方にもおすすめです。チョコレートやカフェオレなど、牛乳にぴったりなフレーバーが揃っています。

 

飲み方は、シェーカーやミキサーに牛乳やフルーツジュースを入れて飲むだけです。水にも溶けやすいので、継続して飲む方にもおすすめです。筋トレやダイエットとして、利用するだけでなく、毎日の栄養補給としても人気の高いホエイプロテインです。

ミルクチョコレート、カフェオレ、フルーツオレ、プレーン、ストロベリーカロリー119kcal(30g当たり)
内容量3kg
6位

ドーム

プロテインホエイ100

価格:3,200円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

8種類のフレーバーが人気のプロテイン

ホエイプロテインを100%使っており、タンパク質を効率的に摂れる点が魅力です。全部で8種類のフレーバーがあり、飽きない味わいが人気です。飲み方は、水や牛乳にシェイカーで混ぜるだけです。国際的なアンチドーピング認証もされているプロテインです。

 

また、効率よく筋肉を作ることができるアミノ酸も含んでいるので、運動後の摂取としても使えます。ダイエットをしている女性の方や、筋トレや運動をかかさず行っている方に愛されているホエイプロテインです。

いちごミルク、カフェオレ、チョコレート、トロピカルマンゴー、バナナオレ、リッチバニラ、レモン、抹茶カロリー142kcal(35g当たり)
内容量350g~1050g
5位

ゴールドジム(GOLD'S GYM)

ホエイプロテイン チョコレート風味

価格:5,400円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水に溶けやすいプロテイン

ゴールドジムが製造しているプロテインで、水に溶けやすく、ダマになりにくいのがポイントです。厳選された原材料を使用しており、安全性に優れている安心のホエイプロテインです。吸収速度が速いので、筋トレ後のタンパク質の補給にもおすすめです。

 

フレーバーが多く、チョコレートやヨーグルトなど、水に溶かして美味しい味が揃っています。味が濃すぎないので、継続して飲むのにも飽きがこないのも魅力です。ゴールドジムに通う方だけでなく、プロテイン初心者の方にも飲みやすいホエイプロテインです。

チョコレート、ヨーグルト、ストロベリー、カフェオレ、クッキー&クリームカロリー375kcal(100g当たり)
内容量720g
4位

ファインラボ

ホエイプロテインピュアアイソレート

価格:5,000円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

質がよく価格が安いホエイプロテイン

WPI製法で作られているホエイプロテインで、水にもさらっと溶けやすい特徴があります。質がよく価格が安いので、継続してプロテインを飲む方におすすめです。ホエイプロテインは、衛生管理を徹底して作られていて、成分や製法が気になる方も安心して飲めます。

 

味のフレーバーは、アレンジしやすいプレーンをはじめ、牛乳に混ぜると美味しい、ミルクココアやメロンなどが揃っています。原産国は日本なので、国産のホエイプロテインを探している方にもおすすめです。1食あたりのカロリーも少なめです。

ココア、ストロベリー、プレーン、ミックスフルーツ、メロンカロリー377kcal(100g当たり)
内容量1kg~4.5kg
3位

MYPROTEIN

Impact ホエイプロテイン

価格:2,359円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

純度の高いタンパク質が人気

純度の高いタンパク質が摂れるプロテインです。炭水化物の量が少ないので、糖質制限のダイエットをしている方にも飲みやすいです。フレーバーの種類が60種類以上あり、飽きずにプロテインを楽しみたい場合にもおすすめです。天然由来で作られているのが魅力です。

 

必須アミノ酸であるBCAAも含んでいるので、タンパク質とプロテインを効率よく摂りたい方にもおすすめです。成分を全て公開しているので、成分が気になる方にも飲みやすいです。コスパも良いので、継続的に飲みたい方に人気を集めています。

ストラチャテッラ、ストロベリー、チェスナット、チョコバナナ、ヒーロープロテインカロリー103kcal(1食当たり)
内容量1kg
2位

オプティマムニュートリション

Gold Standard 100% ホエイ

価格:4,915円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

グルタミン酸と一緒に摂れる

純度の高いWPI製法で作られているホエイプロテインで、グルタミン酸と一緒にタンパク質が摂れる点が魅力です。牛乳由来で作られているので、牛乳が好きな方にも飲みやすいです。吸収が早く低カロリーなので、ダイエット中や筋トレ中にもおすすめです。

 

日本だけでなく、世界でシェアされているホエイプロテインなので、安心して飲めます。味のバランスが良いので、牛乳と混ぜたり、水と混ぜたりして味が楽しめます。水に溶けやすいので、さっとプロテインを補給したい時にもおすすめです。

ダブルリッチチョコレート、ミルクチョコレートカロリー119kcal(1食当たり)
内容量907g
1位

明治

ザバス ホエイプロテイン100

価格:3,980円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ビタミンと一緒に摂れる人気プロテイン

国内で利用者の多い、ザバスから販売されているホエイプロテインです。プロテインはもちろん、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンDを初めとした4種類のビタミンが配合されており、筋トレやダイエットだけでなく、栄養補給の目的でも飲めます。

 

飲み方は、シェイカーに牛乳か水を入れて溶かすだけでなので簡単です。3秒でさっと溶けてくれるので、運動後に急いでタンパク質を摂りたいという方にも飲みやすいです。ボディメイク、アスリート用など、目的に合わせてプロテインの種類が選べます。

ココア、バニラカロリー83kcal(1食当たり)
内容量294g~2520g

粉末タイプのホエイプロテインの人気おすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5850639の画像

    明治

  • 2
    アイテムID:5850810の画像

    オプティマムニュートリション

  • 3
    アイテムID:5850833の画像

    MYPROTEIN

  • 4
    アイテムID:5850843の画像

    ファインラボ

  • 5
    アイテムID:5850880の画像

    ゴールドジム(GOLD'S GYM)

  • 6
    アイテムID:5850893の画像

    ドーム

  • 7
    アイテムID:5850901の画像

    X-PLOSION

  • 8
    アイテムID:5850916の画像

    有限会社九南サービス

  • 9
    アイテムID:5850938の画像

    GronG(グロング)

  • 商品名
  • ザバス ホエイプロテイン100
  • Gold Standard 100% ホエイ
  • Impact ホエイプロテイン
  • ホエイプロテインピュアアイソレート
  • ホエイプロテイン チョコレート風味
  • プロテインホエイ100
  • ホエイプロテイン エクスプロージョン
  • タンパクオトメ
  • ホエイプロテイン100 スタンダード
  • 特徴
  • ビタミンと一緒に摂れる人気プロテイン
  • グルタミン酸と一緒に摂れる
  • 純度の高いタンパク質が人気
  • 質がよく価格が安いホエイプロテイン
  • 水に溶けやすいプロテイン
  • 8種類のフレーバーが人気のプロテイン
  • コスパが良い100%ナチュラルホエイのプロテイン
  • 1日分のビタミンとミネラルを補給できる
  • 11種類のビタミンも摂れるホエイプロテイン
  • 価格
  • 3980円(税込)
  • 4915円(税込)
  • 2359円(税込)
  • 5000円(税込)
  • 5400円(税込)
  • 3200円(税込)
  • 5476円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 2480円(税込)
  • ココア、バニラ
  • ダブルリッチチョコレート、ミルクチョコレート
  • ストラチャテッラ、ストロベリー、チェスナット、チョコバナナ、ヒーロープロテイン
  • ココア、ストロベリー、プレーン、ミックスフルーツ、メロン
  • チョコレート、ヨーグルト、ストロベリー、カフェオレ、クッキー&クリーム
  • いちごミルク、カフェオレ、チョコレート、トロピカルマンゴー、バナナオレ、リッチバニラ、レモン、抹茶
  • ミルクチョコレート、カフェオレ、フルーツオレ、プレーン、ストロベリー
  • やさい、ピュア、カカオ、ぜいたくベリー、ほんのりチャイ、バナナ
  • 抹茶風味、ココア、ストロベリー、フルーツミックス、バニラ、ナチュラル、バナナ
  • カロリー
  • 83kcal(1食当たり)
  • 119kcal(1食当たり)
  • 103kcal(1食当たり)
  • 377kcal(100g当たり)
  • 375kcal(100g当たり)
  • 142kcal(35g当たり)
  • 119kcal(30g当たり)
  • 56kcal(15g当たり)
  • 118kcal(29g当たり)
  • 内容量
  • 294g~2520g
  • 907g
  • 1kg
  • 1kg~4.5kg
  • 720g
  • 350g~1050g
  • 3kg
  • 260g
  • 1kg

ドリンクタイプのホエイプロテインの人気おすすめランキング6選

6位

ニューレックス

ダイエットプロテイン ミックスパック

価格:3,950円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ダイエットにもおすすめのプロテイン

1杯当たり160kcalのカロリーで、膨らむ成分のグルコマンナンが配合されているので、置き換えダイエットや、小腹が空いた時にもおすすめです。味のフレーバーが多いので、スイーツ感覚で飲めるのも人気の秘密です。

バナナ、チョコレート、いちご、マンゴー、ミックスベリーカロリー160kcal
内容量630g
5位

ボディプラスインターナショナル

HALEO ブルードラゴン

価格:7,259円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

少量でタンパク質を多く摂れる

200ml当たりにタンパク質が20gと入っているので、水の量を多く飲めない方にもおすすめです。カロリーは、1本あたり133kalとご飯1杯分よりも少なめです。バニラやストロベリー、抹茶ラテと甘めのフレーバーが揃っているので飽きがこずに楽しめます。

バニラ、ストロベリー、抹茶ラテカロリー133kcal
内容量200ml
4位

THINKフィットネス

プロテインドリンク40

価格:10,260円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ビタミンとナイアシンも一緒に摂れるプロテイン

500ml当たりにタンパク質が40g、ビタミン、ナイアシンが配合されており、栄養補給や筋トレ後のタンパク質の摂取におすすめです。ペットボトルタイプなので、飲みたい時に飲めるのもポイントが高いです。脂質が含まれておらず、ダイエット中にもおすすめです。

ヨーグルト、グレープカロリー201kcal
内容量500ml
3位

DNS(ドーム)

プロテインドリンク プロエックス

価格:7,290円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

30gのプロテインが摂れる

1本でホエイプロテインが30gも摂れるドリンクタイプのプロテインです。シェイカーにパウダーを混ぜて飲む手間が省けるので、運動後や栄養補給として、すぐにプロテインを飲めます。3種類のフレーバーから選べるだけでなく、飲みやすい味が人気です。

アップル、ミックスベリー、マンゴーカロリー121kcal
内容量350ml
2位

株式会社ボディプラスインターナショナル

バルクスポーツ プロテイン ビッグホエイ

価格:3,500円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

持ち運びにもおすすめ

シェイカーを使わずに、ゼリーの食感を楽しめるプロテインドリンクです。バルクスポーツから販売されており、普段からパウダータイプを使用している方からも愛されています。蓋が閉められるので、プロテインを持ち運びたい時にもおすすめです。

 

1個あたり20gのホエイプロテインを摂取できます。20gは、通常のスポーツ後に摂取する量と同じなので、運動後や栄養補給で飲むのにもおすすめです。フルーツベースのフレーバーが美味しいホエイプロテインです。

はちみつ&りんごヨーグルト、ストロベリーヨーグルト、ブルーベリーヨーグルトカロリー120kcal
内容量300g
1位

明治

ザバス ミルクプロテイン

価格:2,250円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

気軽に飲める紙パックタイプ

日本で人気の高いプロテインメーカーのザバスから販売されているドリンクです。1本にタンパク質を15g入っており、シェイカーがいらずでさっと飲める点が魅力です。また、脂肪が0なのに甘めに作られているので、ダイエット中でも飲みやすいプロテインです。

 

コンビニエンスストアや、スーパーで気軽に買えるので、初めてプロテインを飲む方にもおすすめです。バナナやバニラ、ストロベリーなど、味の種類が多いのも特徴です。

ココア、バナナ、バニラ、ストロベリーカロリー102kcal
内容量200ml

ドリンクタイプのホエイプロテインの人気おすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5850980の画像

    明治

  • 2
    アイテムID:5850960の画像

    株式会社ボディプラスインターナショナル

  • 3
    アイテムID:5850994の画像

    DNS(ドーム)

  • 4
    アイテムID:5850998の画像

    THINKフィットネス

  • 5
    アイテムID:5851005の画像

    ボディプラスインターナショナル

  • 6
    アイテムID:5851011の画像

    ニューレックス

  • 商品名
  • ザバス ミルクプロテイン
  • バルクスポーツ プロテイン ビッグホエイ
  • プロテインドリンク プロエックス
  • プロテインドリンク40
  • HALEO ブルードラゴン
  • ダイエットプロテイン ミックスパック
  • 特徴
  • 気軽に飲める紙パックタイプ
  • 持ち運びにもおすすめ
  • 30gのプロテインが摂れる
  • ビタミンとナイアシンも一緒に摂れるプロテイン
  • 少量でタンパク質を多く摂れる
  • ダイエットにもおすすめのプロテイン
  • 価格
  • 2250円(税込)
  • 3500円(税込)
  • 7290円(税込)
  • 10260円(税込)
  • 7259円(税込)
  • 3950円(税込)
  • ココア、バナナ、バニラ、ストロベリー
  • はちみつ&りんごヨーグルト、ストロベリーヨーグルト、ブルーベリーヨーグルト
  • アップル、ミックスベリー、マンゴー
  • ヨーグルト、グレープ
  • バニラ、ストロベリー、抹茶ラテ
  • バナナ、チョコレート、いちご、マンゴー、ミックスベリー
  • カロリー
  • 102kcal
  • 120kcal
  • 121kcal
  • 201kcal
  • 133kcal
  • 160kcal
  • 内容量
  • 200ml
  • 300g
  • 350ml
  • 500ml
  • 200ml
  • 630g

ホエイプロテインを飲むタイミングは?

ホエイプロテインは、ソイプロテインやカゼインプロテインと比べると吸収が早いので、運動後の30分以内のタイミングで飲むのがおすすめです。タンパク質の摂取目的の場合は、朝ご飯や間食としてプロテインを飲むのも便利です。

 

ホエイプロテインは、体重1kgに対して0.25g~0.4gがよいとされており、1回分が約20g~30gで設定されていることが多いです。ドリンクに溶かしたり、粉末で飲んだりと飲みやすい形で、ホエイプロテインを飲むと続けやすいです。

 

初めてプロテインに挑戦する方は、バータイプのプロテインは食べやすくて美味しいのでおすすめです。

ホエイプロテインの飲み方

ホエイプロテインは、筋肥大のために運動後に飲むことが推奨されています。飲み方は、水や牛乳など、パウダーを溶かして飲む方法が基本です。

水と牛乳のどちらで飲む?

1杯分のプロテインパウダーを取り、水や牛乳に溶かして飲みましょう。太るデメリットを取りたくない方は、水に溶かすのがおすすめです。甘さや美味しい味を求めるなら、牛乳に溶かしましょう。ダイエットや美容目的の場合は、豆乳が入っているものがベストです。

ホエイプロテインをダマなく溶かすには?

ホエイプロテインは、適当に混ぜてしまうとダマになってしまいます。プロテインのシェイカーを持っている方は、1杯分を取って丁寧に振りましょう。ダマになりやすい場合は、混ぜる回数を増やしたり、少量ずつ混ぜたりするのがおすすめです。

 

また、ミキサーにかけたり、ホットとして飲んだりするのも飲みやすいです。

飲むときは糖質を一緒に摂取しよう

筋肥大の目的で飲む場合は、プロテインの効果を上げるために糖質の摂取が必要です。糖質は、摂取したタンパク質の分解を防いでくれます。また、筋肉を作るためのエネルギーの元になるので、糖質と一緒に摂るように心がけましょう。

ホエイプロテインは太る?過剰摂取に注意

プロテインは、筋肥大やタンパク質の補給に使えますが、カロリーは低くはありません。1日の目安の摂取量を上回って摂取してしまうと、太る原因になるので注意しましょう。運動の量が少ない日は、プロテインの量を調整するのもおすすめです。

まとめ

筋肉を回復を効率よくしたり、ダイエットの効果を上げてくれるホエイプロテインの選び方、おすすめ人気ランキングを紹介しましたが、気になるプロテインはありましたか。バストアップや美容効果も高いので、女性も是非ホエイプロテインを取り入れてみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ