静かなドライヤーの人気おすすめランキング10選【2020年最新版】

記事ID12818のサムネイル画像

集合住宅に住んでいたり、深夜早朝にドライヤーを使う人はなるべく静かなドライヤーを選びたいですね。静音タイプのドライヤーでもパワフルで速く乾く大風量のモデルはあるのでしょうか?ここではそんな静かなドライヤーの人気おすすめランキング10選と選び方をご紹介します。

静音タイプのドライヤーで騒音対策!

集合住宅や深夜早朝にドライヤーを使う人はなるべく音が静かなドライヤーを選びたいものです。また、聴覚過敏や音に過敏な猫などのペットがいる方も、静音性の高いドライヤーが便利ですので、ぜひ毎日のヘアケアに活用したいですよね。

 

パナソニックやテスコム、コイズミなどの人気メーカーからは音の静かなドライヤーが多数販売されています。中にはダイソンのように無音ドライヤーと呼ばれる、従来のドライヤーのイメージを覆すモデルもあるんですよ!

 

そこで今回はそんな静かなドライヤーの騒音値・使いやすさ・メーカーに注目した人気おすすめランキング10選と選び方をご案内します。音の静かなドライヤーをご検討中の方は、ぜひとも今回のランキングを参考にしてみて下さい。

静音ドライヤーを選ぶメリット

音が静かなドライヤーを選ぶメリットはどんなものがあるのでしょうか?まずは静音性の高いドライヤーを選ぶ魅力をご紹介します。

「集合住宅」や「深夜早朝」にも使いやすい

集合住宅に住んでいる人や深夜早朝にドライヤーを使う人は、その音が周りに聞こえないか気になりますよね。特にドライヤーの音は大きくなりがちですので、なるべく周りに迷惑をかけたくありません。そんな時に音の静かなドライヤーだと安心してドライヤーを使うことができます。

使用中も「テレビの音が聞こえる」

ドライヤーを使用している時にテレビを楽しみたい方も多いと思います。しかし、ドライヤーは基本的に音が大きいものですから、ドライヤーの音がテレビの音を邪魔してしまいがち。音の静かなドライヤーだとテレビの音が聞こえやすくなるので、同時にテレビを楽しむことができます。

「音に敏感な猫」や「聴覚過敏の人」にも使いやすい

猫などのペットの毛を乾かす時、音に過敏な子であればドライヤーを使うのが大変ですよね。また、聴覚過敏の人もなるべく音の小さなドライヤーを使用することで、不快感を軽減することができます。

静かなドライヤーの選び方

音の静かなドライヤーを選ぶ際にはどのような点に注目すれば良いのでしょうか?ここではそんな音の静かなドライヤーの騒音値や機能性などに着目した選び方をご紹介します。

騒音値で選ぶ

ドライヤーはモーターを使って温風を送り出すので、音が高めの家電製品です。音の大きさはdBであらわすことができますが、一般的なドライヤーの騒音値は100dB前後です。音が静かなモデルだとこの騒音値が低めに作られていますので購入時はこの騒音値にも注目してください。

静音タイプの平均値は「60dB前後」が目安

一般的なドライヤーと比べて静かな音を重視して製造されている静音タイプのモデルは、平均して60dB前後の騒音値が多い傾向です。60dBと言えば、人の一般的な会話の音と同じくらいのレベルですので不快感はかなり軽減します。

 

音が静かなドライヤーをお探しの場合は、この60dBを1つの目安として検討してみましょう。

静音が最重要な人は「50dB台のもの」

音の静かさを最も重視する場合は、騒音値が50dB台のモデルを探してみましょう。50dBと言えば、静かな部屋のクーラーの音やオフィス内の機械音レベルの大きさです。これくらいの音であれば、かなり静音性を重視したモデルと言えるでしょう。

パワフルさも重視したい人は「80dB前後」のものを

静音性を重視したモデルは、どうしてもドライヤーの風量が小さくなりがちです。これはドライヤーの温風を送り出すにはモーターは不可欠で、このモーターの音がドライヤーの音と比例しているからです。

 

つまり、音が静かになれば風量などの機能性がやや劣ってしまう傾向に。風量などのパワフルさも重視したい人は、80dB前後のモデルを選んでおきましょう。

環境によって音の大きさを調整したいなら「ナイトモード」搭載のものを

ドライヤーのモデルによっては、使用環境によってモードの切り替えができるタイプもあります。昼間は普通のモードを使い、夜間や早朝にはナイトモードの音が静かなモードに切り替えるなど、使い分けができるモデルがおすすめです。

ファンの種類で選ぶ

ドライヤーの音は、実は使用されているファンの種類にも関係するんです。ドライヤーには大きく分けると2つのファンの種類があります。ここではそんなファンの特徴をご紹介します。

強風なのに音が静かな「シロッコファン」

シロッコファンが使われているドライヤーは、ファンの羽の枚数が多く、1点に集中してドライヤーの温風を出すことができます。羽の数が多い分、少量の風で強風を送り出しますので静音性が高いファンです。また、温度のムラもなく、髪の毛の根元から先まで均一に髪を乾かすことができます。

広範囲を乾かずなら「プロペラファン」

一般的なドライヤーに使われていることが多いのがプロペラファンです。扇状に広がったプロペラを使って風を送り出します。広範囲に風を送り出すので速く乾くメリットもありますが、温度ムラができやすく、音が大きめになります。

風量で選ぶ

音の静かなドライヤーを使いたいけれど、風量もそれなりにあるものが欲しいという方も多いのではないでしょうか?ここではそんなドライヤーの風量で選ぶポイントをご紹介します。

速く乾くなら大風量の「1.9m³/分」以上がおすすめ

速乾性を重視したい人は、 ドライヤーの風量にも注目してください、一般的には、風量が1.6m³/分あれば十分と言われていますが、より速く乾かしたい人は、風量が1.9m³/分以上あるものがおすすめです。

家族やペットと一緒に使うなら「風量調整ができるもの」

ドライヤーは家族で共有して使う人も多いでしょう。また、ペットの毛を乾かす時に使っている人もいると思いますが、そんな場合は風量調整ができるものがおすすめ。使用環境によって風量を調整できるので、様々なシーンで複数の人が共有して使用することができます。

静音重視のモデルは「風量が小さめ」のことも多い

なるべく速く髪の毛を乾かしたい場合に気になる風量ですが、実は音が静かな静音重視のモデルは風量が小さめのことが多いんです。これはドライヤー音の原因であるモーターがパワフルなほど音が大きくなるためです。

 

そのため、風量重視のドライヤーを選ぶ際は、音がどうしても大きめになることを覚えておきましょう。

速乾性重視なら「ノズルの形状」にも注目

速乾性を重視する人は、ドライヤーのノズルの形状にも注目しておきましょう。ノズルの先端が細くなっていたりすると、1点を集中して乾かずことに長けています。静音性重視で風量がそれほど大きくない場合も、ノズルの形状によっては速く乾かすことができます。

仕上がりで選ぶ

ドライヤーを使用する際は、その仕上がりも気になりますよね。ここではより良い仕上がりを重視したポイントをご紹介します。

髪の毛のまとまり重視なら「マイナスイオン」や「スチーム機能」

髪の毛をきれいにまとめたい場合は、マイナスイオンやスチーム機能の付いたモデルがおすすめです。マイナスイオンやスチーム機能は髪の毛のパサつきを抑え、まとまりやすい髪の毛に仕上げます。

 

マイナスイオンは、プラズマクラスターやイオニティ、ナノケアなどメーカーによって呼び名も異なりますので各メーカーの機能面を確認しておきましょう。

風量の弱さをカバーできる「温度調整機能」

静音タイプのドライヤーは風量が弱めのものも多いのですが、温風の温度が高めだとそれだけ分髪の毛を速く乾かすことができます。そんな場合は、温風の温度を調整できる機能がおすすめ。また、髪の状態に合わせて温度を調整できるので、髪へのダメージも最小限に抑えられます。

ツヤ感や潤い重視なら「セラミック」や「コラーゲン」を使用したもの

髪の毛にツヤ感や潤いを与えたい場合は、セラミックやコラーゲンなどを採用したモデルがおすすめ。セラミックのパーツを通じて温風を送り出したり、吹き出し口にセラミックのネットを採用するなど、髪の毛に潤いを与える工夫を搭載したモデルなどがあります。

使いやすさで選ぶ

ドライヤーはほぼ毎日使用するものですので、なるべく使いやすいモデルが嬉しいですよね。ここでは、そんな使いやすさを重視したポイントをご紹介いたします。

誤操作を防止するならボタン周りが「シンプルなもの」

ドライヤーを使用している際に誤って押してしまう誤操作。特にヘアブローをしている際は、ブラシや整髪料なども使用するので誤操作が起こりがちですよね。そんな誤操作を防止するなら、ボタン周りはなるべくシンプルな設計がおすすめです。

海外で使う予定なら「海外対応モデル」

海外は日本とは電圧が異なるので、各国に見合った電圧のドライヤーが不可欠。そのため。海外旅行などで使用する予定のある人は、海外対応モデルがおすすめです。また、海外ではブラぐの形が異なる場合もあるので、プラグ変換器も一緒に付属しているモデルであればさらに便利ですよ。

外出先で使用するならコンパクトな「折りたたみ式」

外泊や外出先でドライヤーを使用する場合は、なるべくコンパクトな形状であれば持ち運びがしやすいですね。そんな場合は、折りたたみができるモデルがおすすめです。折りたたみ式ですのでコンパクトにカバンやスーツケースに収納ができます。

ロングヘアの人は「スタンド付き」もおすすめ

髪の毛の長いロングヘアの人は髪の毛を乾かす時間も長めになり、腕が疲れてしまいがちですよね。そんな場合は、スタンド付きのドライヤーがおすすめです。スタンドにドライヤーを置いて乾かせば、長時間ドライヤーを持つ必要がなく、使いやすいですよ。

持ちやすさ重視なら「グリップの形状」にも注目

髪の毛をいろんな角度から乾かしたり、ブローをする際は、持ちやすい形状が助かりますね。そんな持ちやすさを重視の場合は、グリップの形状にも注目しましょう。握りやすさを重視したり、滑りにくい設計のものがおすすめです。

重さで選ぶ

ドライヤーはモデルによって重さも異なります。重すぎるドライヤーは腕が疲れやすくなりますので、なるべく軽いモデルが使いやすいですね。ここではそんなドライヤーの重さで選ぶポイントをご紹介します。

一般的な重さの目安は「600g前後」

一般的なドライヤーの重量は、600g前後と言われています。機能性が高くなるとモーターや吹出し口なども大きめになるので、これよりも重さは重くなりがちです。髪の毛の長い人やブロー時間が長くなりがちの人は、なるべく600gよりも軽いモデルがおすすめです。

疲れにくい重さは「400g以下」

腕が疲れにくいドライヤーの重さは、400g以下を目安としておきましょう。400g以下のモデルであれば軽量タイプですので、長い時間持っても腕が疲れにくいですし、子供や女性でも扱いやすい重さです。

コスパ重視なら「シンプルで価格の安いもの」

ドライヤーは商品によって価格差の大きい家電の1つですが、ドライヤーは必要最低限の機能性で十分だという人には、シンプルなモデルがおすすめです。シンプルな機能ですのでお値段もお安く、コスパも優れています。

人気メーカーで選ぶ

音の静かなドライヤーを選ぶ際は、メディアや店頭、通販などで大人気のメーカーで選ぶのも1つの選択方法でしょう。ここではそんな人気メーカーをいくつかご紹介します。

ナノケアやくるくるドライヤーが大人気「パナソニック」

パナソニックにはナノケアやイオニティ、くるくるドライヤーなど大人気シリーズのドライヤーが揃っています。静音タイプのモデルも数多く販売されており、騒音値が50台の音が静かなタイプも人気です。

 

下記のリンクではそんなパナソニックの人気ドライヤーを多数ご紹介しています。ぜひ併せてご一読下さい。

無音ドライヤーが話題の「ダイソン」

数々の画期的な製品を展開しているダイソンでは、従来のドライヤーの羽のない無音ドライヤーが話題です。羽がないので音はほぼ無音、それなのに従来のドライヤーの3倍もの風量があります。お値段は高めになりますが、無音ドライヤーが気になる方は必見ですよ。

 

ダイソンと言えば羽のない扇風機も話題ですよね。下記のリンクではそんなダイソンの人気扇風機も多数ご紹介していますので、ぜひ併せてご覧ください。

静音から強力タイプまで揃う「テスコム」

静音から強力タイプの数々のドライヤーが揃っているテスコム。テスコムの静かなドライヤーは騒音値が50dBのものが販売されており、静音性を重視する方におすすめ。使用環境によってナイトモードへの切り替えもできます。

 

下記のリンクではそんなテスコムドライヤーの人気商品を多数ご紹介しています。ぜひ併せてご覧ください。

風量が無段階調整可能な「日立」

日立のドライヤーは、風量が無段階調整が可能なモデルが多数販売されています。家族で一緒に共有してドライヤーを使う場合や、使用環境によって風量調整をしたい場合は日立のドライヤーがおすすめ。

メンズ人気も高い「コイズミ」

コイズミでは確かな品質とお安い価格が大人気。音の静かなモデルから大風量モデルまで幅広い選択が可能です。女性だけでなくメンズからの人気も高いので、シンプルなドライヤーをお探しの男性にもおすすめ。

5,000円以下の静かなドライヤーの人気おすすめランキング7選

7位

コイズミ(Koizumi)

モノクローム ヘアドライヤー

価格:3,040円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サロンレベルの品質が人気

従来のドライヤーよりも静音性と耐久性の高いDCブラシレスモーターを搭載。サロンでプロも愛用していると話題のモデルです。内部にはシロッコファンを採用しているので静音性が高く、まっすぐで滑らかな風を送り出します。ノズルの形状も長めですので、ブローにも最適。

騒音値サイズ3.7×8.7×28cm
風量注目機能風量調整、独自ノズル

口コミを紹介

実際使ってみると折り畳めないから大きく感じるけれど細身なのでむしろ大きさは感じませんでした。音も静かで重さも今までのより若干軽い気がします。そして乾くのが早い!

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

CONFU

プロサロン用ヘアドライヤー

価格:4,399円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大風量なのに音も小さい

こちらは大風量なのに音が静かな高機能のDCモーターを採用したモデル。温度調整や風量調整ができるので使用環境や髪の状態によって調整ができます。また、マイナスイオン機能も搭載されていますので、髪の毛へのうるおいケアも十分あります。

騒音値サイズ24.5 x 10.5 x 26.1cm
風量注目機能マイナスイオン

口コミを紹介

今回のドライヤーは、幾つもの付属品が付いてあり風量調節が出来、気にっております。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

Zoyolife-JP

Rate サーモスタット ヘアドライヤー

価格:4,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

風量の高さと静音性を兼ね備えたモデル

大風量で音が静かなドライヤーをお探しなら、こちらの商品もおすすめ。3.2 ㎥/分というパワフルな風量ながらも、騒音値はたったの40dBという静音性に優れたモデル。ヘアスタイルによって交換できる3種のノズルはマグネット式になっているので簡単に取り換えできます。

騒音値40dBサイズ30.5 x 26 x 9 cm
風量3.2 m³/分注目機能マイナスイオン、自動温度調整機能

口コミを紹介

早速使ってみたら、風量もいいし、温度もあつくないし、髪の毛にやさしい感じでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

テスコム(TESCOM)

naturam ドライヤー

価格:1,736円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

静音性を重視したコスパ重視モデル

髪の毛のパサつきを軽減するマイナスイオンを搭載したテスコムのドライヤー。58dBと静音性が高く、深夜早朝にドライヤーを使う人にも安心です。風量は小さめですが、お値段は2,000円を切る低価格。コスパの良いドライヤーをお探しの方に。

騒音値58 dBサイズ21.5×19.6×77cm
風量1.1㎥/分注目機能マイナスイオン

口コミを紹介

安くて高評価だったのでこちらを購入しましたが音は静かだし風量も十分、髪に優しい温風で今まで使ってたドライヤーは何だったんだろう?って思う程。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

コイズミ(Koizumi)

モノクローム ヘアドライヤー

価格:2,530円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シロッコファン使用の音が静かなドライヤー

シロッコファンを使用し、音が静かなのにパワフルな風量を送り出すモデル。ツインマイナスイオン機能も搭載し、髪の毛の潤いもしっかりケア。お値段もお手心価格ですので、音の静かなドライヤーを試してみたい人にもおすすめです。

騒音値60dBサイズ23.1×21.7×9.5cm
風量1.6㎥/分注目機能ツインマイナスイオン

口コミを紹介

探してました 静かで風量があって早く乾かせてお値段も高くないドライヤーを…
静音タイプって意外と少ない気がします。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

パナソニック(Panasonic)

イオニティ マイナスイオンシーンターボ

価格:3,717円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

52dBと音がとても静か

パナソニックの人気シリーズであるイオニティの静音性の高いモデルです。音は52dBとかなり小さく、深夜や早朝に気兼ねなく使用できます。マイナスイオン機能が付いているので美髪ケアにも最適。

騒音値52dbサイズ20.8×19.3×8.4cm
風量1.1m³/分注目機能マイナスイオン

口コミを紹介

温めると動作する電子回路基板を屋外で温めるのに使っていますが、夜間は騒音がご近所迷惑かと気にしていました。パナ製の以前のものと比べて同パワーで圧倒的に静穏で目的に合いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

パナソニック(Panasonic)

シーンターボ イオニティ

価格:3,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

静音性重視のイオニティ

パナソニックの静音性の高い優秀モデルと言えばコチラのシーンターボイオニティでしょう。騒音値は52dBまで落としていますので、音が静かなドライヤーをお探しの方にぴったり!2位でご紹介した商品の上位モデルでさらにたっぷりのマイナスイオンを放出します。

騒音値52dBサイズ20.8×19.3×8.4cm
風量1.1m³/分注目機能マイナスイオン

口コミを紹介

驚くほど静か。夜中でもご近所に気兼ねなく使えるし、自分もうるさくないので快適です。

出典:https://www.amazon.co.jp

5,000円以下の静かなドライヤーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5767331の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 2
    アイテムID:5767202の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 3
    アイテムID:5767246の画像

    コイズミ(Koizumi)

  • 4
    アイテムID:5767284の画像

    テスコム(TESCOM)

  • 5
    アイテムID:5789060の画像

    Zoyolife-JP

  • 6
    アイテムID:5767560の画像

    CONFU

  • 7
    アイテムID:5767504の画像

    コイズミ(Koizumi)

  • 商品名
  • シーンターボ イオニティ
  • イオニティ マイナスイオンシーンターボ
  • モノクローム ヘアドライヤー
  • naturam ドライヤー
  • Rate サーモスタット ヘアドライヤー
  • プロサロン用ヘアドライヤー
  • モノクローム ヘアドライヤー
  • 特徴
  • 静音性重視のイオニティ
  • 52dBと音がとても静か
  • シロッコファン使用の音が静かなドライヤー
  • 静音性を重視したコスパ重視モデル
  • 風量の高さと静音性を兼ね備えたモデル
  • 大風量なのに音も小さい
  • サロンレベルの品質が人気
  • 価格
  • 3580円(税込)
  • 3717円(税込)
  • 2530円(税込)
  • 1736円(税込)
  • 4780円(税込)
  • 4399円(税込)
  • 3040円(税込)
  • 騒音値
  • 52dB
  • 52db
  • 60dB
  • 58 dB
  • 40dB
  • サイズ
  • 20.8×19.3×8.4cm
  • 20.8×19.3×8.4cm
  • 23.1×21.7×9.5cm
  • 21.5×19.6×77cm
  • 30.5 x 26 x 9 cm
  • 24.5 x 10.5 x 26.1cm
  • 3.7×8.7×28cm
  • 風量
  • 1.1m³/分
  • 1.1m³/分
  • 1.6㎥/分
  • 1.1㎥/分
  • 3.2 m³/分
  • 注目機能
  • マイナスイオン
  • マイナスイオン
  • ツインマイナスイオン
  • マイナスイオン
  • マイナスイオン、自動温度調整機能
  • マイナスイオン
  • 風量調整、独自ノズル

高機能の静かなドライヤーの人気おすすめランキング3選

3位

Solis (ソリススイス)

パーフェクション440ブラック

価格:13,637円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界中のプロが愛用する業務用モデル

スイスの有名メーカーであるソリススイスは、世界中のプロも愛用するドライヤーが人気。髪の毛に優しい77度の低温設定と耐久性のあるACモーターを搭載。ACモーターは従来のドライヤーよりも振動が少ないせいか音が比較的小さく、静音性が高いと好評です。

騒音値-サイズ27.9 x 25 x 10.7 cm
風量1.7m³/分注目機能マイナスイオン、低温設定

口コミを紹介

美容師です。ドライヤーを、いろいろ使ってきましたが、やっぱり安定感のあるソリスに決めました。プロ目線で、いままでのソリスと比べると完成度やバランス感が、とてもいいです。 意外と静か!なのとモーターの振動が少ない!です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Dyson(ダイソン)

スーパーソニックアイロニック

価格:45,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大風量なのに音も静か

高機能なドライヤーと言えば必ず名前の挙がるダイソン。ダイソンでは従来のドライヤーのように羽がない画期的なモデルを販売しています。独自のマイナスイオン機能や地肌をいたわるスカルプモードなどを搭載。音が静かなのに大風量というところも見逃せません。

騒音値78dBサイズ37.4 x 26 x 9.4 cm
風量2.4m³/分注目機能マイナスイオン

口コミを紹介

性能は言わずもがなの大満足です!

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

パナソニック(Panasonic)

ナノケア ドライヤー

価格:24,880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドライヤーとしての性能が高いモデル

独自のヘアケア機能であるナノイーを搭載し、速乾性や静音性など総合的に優秀なのがこちらのモデル。騒音値は約79dBですが、風量や風量調節、マイナスイオン機能などの機能面が充実。ワンランク上の静かなドライヤーを求めたい方に。

騒音値79dBサイズ28.6 x 15.4 x 15 cm
風量1.3㎥/分注目機能マイナスイオン、速乾ノズル

口コミを紹介

感動です。期待した通りで、皆が大絶賛してる通りでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

高機能の静かなドライヤーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5767408の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 2
    アイテムID:5767435の画像

    Dyson(ダイソン)

  • 3
    アイテムID:5767673の画像

    Solis (ソリススイス)

  • 商品名
  • ナノケア ドライヤー
  • スーパーソニックアイロニック
  • パーフェクション440ブラック
  • 特徴
  • ドライヤーとしての性能が高いモデル
  • 大風量なのに音も静か
  • 世界中のプロが愛用する業務用モデル
  • 価格
  • 24880円(税込)
  • 45500円(税込)
  • 13637円(税込)
  • 騒音値
  • 79dB
  • 78dB
  • -
  • サイズ
  • 28.6 x 15.4 x 15 cm
  • 37.4 x 26 x 9.4 cm
  • 27.9 x 25 x 10.7 cm
  • 風量
  • 1.3㎥/分
  • 2.4m³/分
  • 1.7m³/分
  • 注目機能
  • マイナスイオン、速乾ノズル
  • マイナスイオン
  • マイナスイオン、低温設定

ドライヤーの音の原因は?

従来のドライヤーはどうしても音が大きめになる家電の1つですよね。ドライヤーの音の騒音値は、約100dBと言われています。100dBの騒音値は、実はガード下で電車が通り過ぎる音と同じくらいの値なんです。これはけっこう大きな音ですよね。

 

ドライヤーの音の原因は、内部に収まったモーター音です。このモーターは温風を作り出して外に送り出す役割をするので、ドライヤーには必要不可欠のパーツ。これがなければドライヤーが成り立ちません。

 

そしてこのモーターはドライヤーのパワーと比例しますので、風量のあるドライヤーどうしてもこのモーター音が大きくなってしまうんですね。そのため、静音タイプのドライヤーは比較的風量が小さめになります。

ドライヤーの音を静かにする方法は?

ドライヤーは静音タイプのモデルを使用すると、その音を軽減することができます。しかし、既にお持ちのドライヤーをそのまま使いたいけれど音も静かにしたい場合はどうしたら良いのでしょうか?

 

簡単にドライヤーの音を静かにする方法は、ズバリ少ない風量で乾かすことです。ドライヤーの音が大きい理由は風量を大きくするモーター音が原因。そのため、風量を小さくすると音も必然的に小さくなるんですね。

ドライヤーのお手入れ方法

お気に入りのドライヤーを長持ちさせるには、きちんとお手入れを行うことも大切です。ここではドライヤーのお手入れ方法や収納方法などをご紹介します。

長持ちさせるには「月2回のお手入れ」がおすすめ

ドライヤーは風を取り入れながら風量を出すので、風の吸い込み口はホコリがたまりやすいもの。そんなホコリは定期的にお手入れをしないと故障の原因にもなります。月2回ほどは柔らかめの布で吸い込み口のホコリを除去しておきましょう。

ドライヤーの「収納方法」は?

ドライヤーって収納する時に、本体に電源コードを巻き付けている方はいませんか?実は電源コードは本体に繰り返し巻き付けていると断線をする恐れがあるんです。故障の原因にもなりますので、ドライヤーの本体に電源コードを巻き付けるのはおすすめできません。

 

そんなドライヤーは、ドライヤーホルダーに入れて収納すると便利です。収納方法に迷っている方は、一度ドライヤーホルダーをチェックしてみてください。

まとめ

静かなドライヤーの人気おすすめランキング10選と選び方についてご案内しました。静音タイプのドライヤーを使うと、音に敏感な人や集合住宅にお住まいの人でも安心。ぜひとも今回のランキングを参考に、自分にぴったりのドライヤーを探してみて下さいね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ