【ヨーグルトの冷凍保存】乳酸菌はどうなる?保存期間や食べ方も!

記事ID12664のサムネイル画像

乳酸菌が含まれているヨーグルトは健康や美容にいいとされているため、普段の食事に取り入れている方も多いのではないでしょうか。今回は、そんなヨーグルトの冷凍保存について紹介します。冷凍保存で乳酸菌が変化するのかどうかや、おすすめレシピなどをまとめました。

ヨーグルトは冷凍保存が可能?乳酸菌はどうなる?

健康的でおいしいヨーグルトですが、保存方法として冷凍しても問題ないのか気になった人も少なくないでしょう。凍らせた場合の味や見た目の変化、また、ヨーグルトの乳酸菌の変化についても気になるところです。

 

ここでは、ヨーグルトを冷凍した場合の特徴や注意点を紹介していきます。冷凍ヨーグルトについて知ることで、さらにヨーグルトをおいしく楽しむことができるでしょう。

ヨーグルトは凍らせても大丈夫?

おいしく健康的なヨーグルトですが、凍らせて食べても大丈夫なのか気になるポイントです。ヨーグルトの味や見た目は多少変化しますが、凍らせて食べることは問題ありません。タンパク質が分離して水っぽくなってしまう可能性はありますが、シャリシャリして面白い食感になるのが特徴です。

 

また、フルーツが入っているヨーグルトであれば、凍ったフルーツの食感も一緒に楽しむことができます。普段食べているヨーグルトに変化をつけたいなら、ヨーグルトを凍らせて食べることを試してみてください。

味が変化する場合もあり

ヨーグルトを冷凍保存することは可能ですが、風味や食感が悪くなってしまう可能性があります。市販のヨーグルトは元々凍らせることを想定してつくられていないので、本来の風味や食感が失われてしまうのは仕方がありません。

 

食べる人の好みによりますが、ヨーグルト本来の味が好きな人は注意しましょう。

ヨーグルト 冷凍 ビフィズス菌や乳酸菌はどうなる?

ヨーグルトを凍らせることによって、ビフィズス菌や乳酸菌にも変化が出てきます。0℃以下だと乳酸菌は活動休止状態となりますが、凍結・解凍によってビフィズス菌と乳酸菌の菌数は減少する可能性があります。

凍らせる場合の保存期間は?

ヨーグルトを凍らせる場合は、保存期間を意識することが重要です。ヨーグルトを凍らせるなら、保存期間は3~4週間ほどで、解凍後の再冷凍はできません。ヨーグルトを凍らせたまま、長い期間放置してしまわないように注意しましょう。

 

また、凍らせたヨーグルトを解凍する時は、再解凍ができないので食べきれる量を解凍することが大切です。

離乳食に冷凍ヨーグルトはNG

離乳食に冷凍ヨーグルトはNGです。赤ちゃんにヨーグルトをあげる場合は、冷凍したヨーグルトではなく、開封したばかりの新鮮なものを与えることが大切です。冷凍して保存したヨーグルトは、余っていても赤ちゃんには食べさせず、大人が食べるようにしましょう。

人気のR1ヨーグルト 冷凍してもいい?

メディアでも多く取り上げられ、さまざまな層から人気のR1ヨーグルトですが、販売している明治ではR-1ヨーグルトの冷凍をおすすめしていません。冷凍することによって、やはりヨーグルト本来のなめらかさがなくなってしまい、食感や風味も変化してしまいます。

 

もちろんR1ヨーグルトを凍らせて食べることも可能ですが、メーカーサイドはおすすめしていないことを把握しておきましょう。

ヨーグルトの冷凍保存方法

ヨーグルトを冷凍保存する場合は、保存方法について知っておくことが大切です。ここでは、食べきりサイズ・大容量パック・プレーンタイプ・アイスバーの保存方法について解説していきます。

 

ヨーグルトにもさまざまな商品があるので、商品によって最適な保存方法を考えていきましょう。

食べきりサイズはそのまま冷凍保存

市販のヨーグルトにもさまざまな商品が販売されていますが、小分けになって食べきりやすいサイズで販売されている商品が数多く存在します。小分けパックの食べきりサイズのヨーグルトであれば、開封はせずにそのまま冷凍するようにしましょう。

 

開封した状態で凍らせると衛生的によくないので、未開封で冷凍することが重要です。小分けタイプのヨーグルトであれば、食べきれる量なので安心して解凍することができます。

大容量パックは小分けにして冷凍保存

大容量パックのヨーグルトを冷凍する場合は、清潔な容器に小分けにして密閉してから、冷凍保存していくことをおすすめします。大容量パックのヨーグルトをそのまま冷凍してしまうと、解凍した時に食べきれない可能性があります。

 

食べきりやすいサイズで小分けにして保存することで、食べる分だけ解凍することが可能です。

プレーンタイプは事前に味付け

市販のヨーグルトにはさまざまな味の商品が販売されていますが、やはり一番人気はプレーンタイプだといえます。プレーンタイプを冷凍保存する時は、冷凍前にジャムやはちみつで味付けしてから冷凍するのがおすすめです。

 

冷凍する前にジャムやはちみつで味付けしてあげることで、分離を防ぐことができます。ジャムなどで味付けすることによって、味の変化を楽しめるだけではないことを覚えておきましょう。

パックのフタに棒を刺す方法は注意!

ヨーグルトの食べ方にもいろいろありますが、ヨーグルトのパックのフタに割りばし等を刺して冷凍保存し、アイスのように食べる方法には注意が必要です。割りばし等を刺して凍らせる方法は流行っていますが、この方法は開封状態になってしまうので、衛生的にはおすすめできません。

 

しかし、冷凍ヨーグルトを食べやすいアイスバーの形状にできるので、長期保存しないなら試してみるのも面白いでしょう。アイスバーの木棒は安く手に入るので、簡単に作ることができます。

冷凍ヨーグルトの美味しい食べ方レシピ

ヨーグルトを冷凍することによって、本来のヨーグルトから風味や見た目が変化してしまいますが、冷凍ヨーグルトにはさまざまな美味しい食べ方があります。ここでは、フルーツ入りフローズンヨーグルト・ヨーグルトキャンディー・ヨーグルトスムージーの3つを紹介します。

 

自分好みの冷凍ヨーグルトの食べ方を探してみましょう。

フルーツを入れてフローズンヨーグルトに

冷凍フルーツや缶詰のフルーツと一緒に冷凍することで、見た目も華やかなフローズンヨーグルトの完成です。フルーツを加えたフローズンヨーグルトの作り方は冷凍するだけなので、手軽に立派なデザートを作ることが可能です。

 

自分好みのフルーツをヨーグルトに加えて、おしゃれな見た目のフローズンヨーグルトを楽しんでみましょう。

型に入れてヨーグルトキャンディーに

アイスキャンディーの型にヨーグルトを入れ、冷凍するだけでヨーグルトキャンディーが出来上がります。型に入れる前にヨーグルトの水をきって、牛乳やはちみつ、レモン汁を加えて冷凍します。

 

牛乳やはちみつでコクを出して、レモン汁を加えることで爽やかさをプラスしていきます。これはブルガリアヨーグルトを販売する明治が公開している、ヨーグルトキャンディーのレシピです。

 

ヨーグルトに加えるものをアレンジして、自分好みのヨーグルトキャンディーを作ってみてください。

フルーツや野菜があればスムージーに

冷凍ヨーグルトとフルーツや野菜を一緒にミキサーにかけると、ヨーグルトのスムージーが出来上がります。冷凍ヨーグルトを使用することで、冷たくて飲みやすいスムージーが完成します。

 

スムージーであれば、フルーツや野菜も手軽に摂取することができるので、健康飲料としておすすめです。フルーツや野菜を用意して、冷凍ヨーグルトを使ったおしゃれなスムージーを作ってみてはいかがでしょうか。

人気の市販ヨーグルト5選

市販のヨーグルトにも、さまざまな特徴を備えた商品が販売されており、多くの選択肢の中から好みの商品を選ぶことができます。ここでは、メグミルク ナチュレ 恵megumi・明治プロビオヨーグルトR-1・ダノン ダノンビオ プレーン加糖・北海道乳業 フルーツサラダヨーグルトの5つを紹介していきます。

メグミルク ナチュレ 恵megumi 400g

雪印メグミルク

ナチュレ 恵 megumi 400g

価格:209円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マイルドで食べやすいプレーンヨーグルト

北海道の札幌市に本店を構える雪印メグミルクから販売されている「ナチュレ 恵 megumi」は、ガセリ菌SP株ビフィズス菌SP株を使用したヨーグルトです。酸味が強くはなく、マイルドでシンプルな味わいになっており、ヨーグルトのアレンジ料理に使うには最適な商品だといえます。

 

 

内容量400gプレーン
原材料生乳・乳製品カロリー63kcal

明治プロビオヨーグルトR-1

明治

明治プロビオヨーグルトR-1 112g×24個

価格:3,240円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

明治の大人気ヨーグルト

「明日をもっとおいしく」をスローガンにした大手食品会社の明治より、メディアで取り上げられることも多い大人気のヨーグルトです。1073R-1乳酸菌を使用し、健康的なヨーグルトでありながら、酸味が少なくて食べやすいヨーグルトに仕上げられています。

 

R-1ヨーグルトを食べることによって、免疫力の向上や肌トラブルの解消に期待大です。インフルエンザ等の感染症の予防に効果があるとされているので、昨今のキーワードである感染症予防の強い味方として注目されています。

内容量112g×24個プレーン
原材料生乳・乳製品・砂糖/甘味料(ステビア)カロリー1個あたり89kcal

口コミを紹介

今後とも健康維持の為に続けて行きたい 商品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

ダノン ダノンビオ プレーン加糖 パック75g×4

ダノン

ダノンビオ 脂肪0 プレーン・加糖4P 6パック

価格:1,312円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ビフィズス菌BE80が入ったダノンビオのヨーグルトです。酸味が少なく、ほのかな甘みで食べやすく仕上げられています。1個あたり75gの食べきりサイズで、家族用に購入するにも最適な商品です。スプーンですくうと、美しいツヤが感じられるのも特徴になっています。

内容量75g×4 6パックプレーン
原材料乳製品、糖類(砂糖、乳糖)、乳たんぱく、ゼラチン/増粘剤(加工でんぷん)カロリー1カップあたり47kcal

BifiX

グリコ乳業

グリコ BifiXヨーグルト 375g 6個

価格:1,150円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

甘いヨーグルトが好きな人におすすめ

牛乳や乳製品の製造販売をおこなうグリコ乳業より、「おなかで増えるビフィズス菌」というキーワードで人気のBifiXヨーグルトです。甘みをしっかりと感じられるヨーグルトで、ヨーグルトの酸味が苦手な人にもおすすめの商品です。

 

毎日の朝食のお供に、グリコのBifiXヨーグルトを選んでみてはいかがでしょうか。

内容量375g×6加糖
原材料砂糖・乳製品・乳たんぱく・ゼラチン・乳等を主要原料とする食品・酵母エキス/安定剤(CMC)・香料・酸味料カロリー100gあたり42kcal

北海道乳業 フルーツサラダヨーグルト 120g

北海道乳業

どっさりフルーツヨーグルト 120g×12個

価格:1,857円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フルーツヨーグルト好き必見!

北海道の函館市に本社を構える乳製品メーカーの北海道乳業より、フルーツがどっさりと入ったヨーグルトです。商品名になっている通り、フルーツの量が特徴的な商品になっています。

 

さらに、フルーツに加えてナタデココも入っているので、食感の違いを楽しむこともできます。食べ応えのあるヨーグルトを探しているなら、こちらのどっさりフルーツヨーグルトを試してみてください。

内容量120g×12個フルーツ
原材料生乳、ナタデココ、パインアップル、黄桃、砂糖、乳製品、乳清たんぱくなどカロリー120gあたり116kcal

口コミを紹介

開けて食べてびっくり
フルーツが沢山入ってます

出典:https://www.amazon.co.jp

冷凍ヨーグルトをお試しあれ!

いかがでしたでしょうか。ここでは、冷凍ヨーグルトについて解説し、おすすめのヨーグルトを紹介してきました。冷たいアイスのようにヨーグルトを食べたい人、日頃食べているヨーグルトに変化をつけたい場合は、冷凍ヨーグルトという食べ方を試してみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ