小型犬のドッグフードの人気おすすめランキング10選【ダイエットも】

記事ID12434のサムネイル画像

室内で飼われることが多い小型犬は、運動不足によって肥満になる傾向が強いです。体型はもちろん、犬の体質や状態によって適切な食事を与える必要があります。小型犬ドッグフードの選び方とおすすめの商品をランキング形式にしてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

顎や歯が小さい小型犬用のドッグフードとは

ペットと居住できるマンションが増えたことから、室内で飼うことのできる小型犬・超小型犬は人気が高いです。人気が高まるにつれて、各メーカーによって小型犬専用のドッグフードの開発も急速に進められ、豊富な種類の商品が販売されています。

 

顎や歯が小さい小型犬は与えるドッグフードを誤ってしまうと、顎の骨に悪影響が出てしまったり、歯周病を発症してしまう原因にもなります。犬の体質や飼育環境、また小型犬の年齢に応じて与えるドッグフードを変えていく必要があります。

 

そこで今回は小型犬ドッグフードの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

小型犬ドッグフードの選び方

ここからは小型犬ドッグフードの選び方について紹介していきます。ぜひ愛犬に合ったドッグフードを見つけてください。

粒の大きさで選ぶ

小型犬は口や顎が小さいので、ドッグフードの大きさに気を付ける必要があります。小型犬の小さな口でも食べやすいように、小粒で噛み砕きやすいものが適しています。

 

また小型犬は中型犬・大型犬に比べ、歯周病など歯のトラブルを起こしやすいタイプでもあります。噛み砕きやすく工夫されたドッグフードであれば、歯のトラブルを回避できる可能性が高くなります。

 

子犬・シニア犬には「小さめの粒」を

子犬は消化器官が未熟な上に噛む力もまだ弱いです。シニア犬は消化能力が低下しており、噛む力も衰えています。子犬・シニア犬はどんな食べ方をするタイプであっても小さめの粒が最適です。小粒は一般的には8mm以下のものを言います。

よく噛んで食べる小型犬には「少し大きめの粒」を

小型犬の全てに小粒のドッグフードが合っているとは限りません。小型犬でもよく噛んで食べている場合などは、小粒である必要はありません。少し大きめの粒のドッグフードを与えると、噛みごたえを感じて満足することができます。

小粒では物足りない小型犬には「大きめの粒」を

小型犬の中には、大きめのドッグフードを噛み砕くことが好きなタイプもいます。粒の大きさの判断に迷った時は、犬が実際に食べている様子を見てから決めることをおすすめします。噛み砕くという行為は犬にとってのストレス解消の効果があります。

原材料・成分で選ぶ

最近のドッグフードは原材料や成分の種類がとても豊富です。値段やパッケージだけで判断するのではなく、原材料や成分をしっかりと確認することが、愛犬の健康と安全を守ることに繋がります。

食いつきが悪い時は「動物性たんぱく質」を確認

愛犬が食事中、ドッグフードの食いつきがあまり良くない時は、体に合っていないのかもしれません。そこで確認した方がいい重要な要素が動物性たんぱく質です。

 

犬は本来肉食動物であり、野菜や穀物などは消化がスムーズにいかなかったり、アレルギーを発症してしまう原因にもなります。このことから、ビーフ・チキン・魚などの動物性たんぱく質が犬の主原料となっています。

 

成分表は原材料の割合が高いものから順番に記載されており、動物性たんぱく質より穀物などが先に記載されていたら動物性たんぱく質は少なめということになります。

小型犬にとって安心安全な「低脂肪」ドッグフード

脂肪は太りやすいと思いがちですが、脂肪の適度な摂取は犬をより健康にしてくれます。脂肪は必要なエネルギー源ではありますが、ドッグフードに炭水化物・たんぱく質が十分に含まれていれば、脂肪の摂取は必要ないと言われています。

 

主原料になるべく多くの高タンパク・低脂肪の魚や肉を使用した、低脂肪ドッグフードがおすすめです。脂肪がある程度含まれたものであれば犬も喜びますが、動物性油脂・植物性油脂などを吹きかけたドッグフードは素材が明確でないため、犬に与え続けることは避けた方が無難です。

添加物を避けたいなら「無添加」のドッグフード

人工添加物・保存料・香料・着色料などの添加物は必ずしも悪いものとは限りませんが、アレルギーなどで体調を悪くしてしまったり、毛並みが崩れてしまったりと、デメリットがあることも事実です。酸化防止剤を使用したドッグフードは長持ちするという利点もありますが、犬の健康を第一に考えるのなら避けましょう。

 

注意しなければならないのは、添加物の成分のうち一つでも使用していないものがあれば「無添加」と表示することができます。パッケージの原材料名を必ず確認し、「100%無添加」「完全無添加」と記載されているものを選びましょう。

 

以下の記事では、無添加ドッグフードの人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧になってみて下さい。

「肉を多く使ったもの」で消化を助ける

本来肉食寄りと言われている犬は、人間との共同生活を長く送ってきたことで雑食寄りになっています。しかし体の構造自体は、肉の消化を助けるためのものとなっています。肉類(チキン・ビーフ)をできるだけ多く使用しているものを選ぶことをおすすめします。

 

ただし、悪質な肉類には注意しなければなりません。原材料表示の部分で「〇〇パウダー」「〇〇ミール」「〇〇副産物」となっているものは、家畜の脳・骨・羽根・皮といった、一般的に「肉」とはされない部分が使用されているケースがあります。「鶏肉」「ラム」のように、肉の種類が明確に判別できるものを選びましょう。


4Dミートと呼ばれるフードも要注意です。「4D」とは「人間の食用には出荷することのできない悪質な肉」のことです。一部の店頭に並んでいる非常に安価なフードには、この肉が使用されている可能性があります。

 

穀物アレルギーがある場合は「グルテンフリー」「グレインフリー」

穀物に対して食物アレルギーがある犬は、グルテンフリー・グレインフリーのドッグフードを与えることでアレルギーを避けることができます。

 

「グルテンフリー」は、麦類の小麦などに含まれているたんぱく質の一種・グルテンが含まれていない食品のことです。「グレインフリー」はグルテンだけでなく、穀物全般を原材料としては使用していないことを指しています。

 

ただし、アレルギーの原因であるアレルゲンは穀物や小麦に限ったことではなく、乳製品・鶏肉にも多く、食の環境によっても様々です。もし何か症状を感じるようであれば、すぐに動物病院へ相談に行くことが必要です。

高品質で食いつきが良い「ヒューマングレード」

ヒューマングレードのドッグフードとは、人間用の食品と同等レベルで管理された、品質の高い原材料を使用したドッグフードという意味です。食材を丁寧に低温調理し、何かあった時に生産情報・流通経路などが追跡できる、トレーサビリティというシステムが確保されています。

 

 

ライフステージから選ぶ

小型犬の子犬は、他のサイズの犬よりも成長が早いです。子犬の時に嗜好の合うドッグフードを見つけておくと、成長してからもドッグフードを選びやすくなります。

子犬は「高い栄養価」と「消化・吸収」の良いものを

小型犬は生後2ヶ月から8〜10ヶ月が、子犬と呼ばれる時期になります。高栄養価で消化・吸収に優れたドッグフードを与える必要があります。小型犬は好き嫌いが多い傾向にあるので、子犬のうちに好みをしっかりと把握しておくことをおすすめします。

 

 

 

成犬のドッグフードは「肥満」「運動不足」を考慮

小型犬は生後11ヵ月〜8歳までが成犬期で、他のサイズの犬と比べても成犬期が長いです。子犬の時ほどではないですが、多くの栄養素とカロリーを摂取する必要があります。

 

子犬の時よりも消化器官が成長しているので、食べ過ぎて肥満体型にならないよう注意しなければなりません。特に室内犬の場合は運動不足から肥満・便秘になりやすいので、日々の運動量を考慮した上でドッグフードを選んだ方がいいでしょう。

 

床がフローリングになっている室内犬は、脚が滑りやすく関節への負担が大きくなりやすいので、関節の健康をサポートするドッグフードを選ぶことをおすすめします。

シニア犬は「脂質」を控えめにし「高タンパク」なものを

小型犬は7、8歳くらいから老犬期が徐々に始まってきます。あまり運動しなくなり、食事の量が減っていったり、消化器官もちょっとずつ衰えていきます。消化・吸収の良いドッグフードで、適切な栄養を補う必要があります。

 

成犬の時よりも脂質を控えめにして、筋肉維持のサポートをできるような高タンパクなドッグフードがおすすめです。

 

以下の記事では、シニア犬ドッグフードの人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧になってみて下さい。

ダイエット目的で選ぶ

肥満体型の愛犬をダイエットさせたい、肥満を予防したい時には、カロリー以外にどこで判断すればいいのか迷いますよね。ダイエット向けのドッグフードの選び方をご紹介します。

「高タンパク」で脂肪燃焼率を高める

筋肉・血液・骨などを作るタンパク質は、ダイエットでは重要な栄養分です。運動し筋肉をつけることで人間と同じように基礎代謝が上がり、脂肪燃焼の効果が期待できます

 

ただし犬が腎臓疾患を持っている場合は、高タンパクのドッグフードは腎臓に悪影響を及ぼす恐れがあります。タンパク質だけに偏らせずバランス良く栄養を補給しましょう。

脂肪になりにくい「低GI食品」

ダイエットといえば炭水化物を抑えることが浮かびますが、全く摂取しないのはおすすめしません。そもそもドッグフードは炭水化物・糖質が含まれているものがほとんどです。

 

糖質でも、GI値の低い原材料が使われているドッグフードであれば、脂肪に変わることを抑制しダイエット効果が期待できます。低GI食品は肉・魚・玄米・りんご・さつまいも・チーズ・海藻などがあります。「低GI食品」と、ドッグフードのパッケージに記載されているものもあります。

健康的なダイエットのためには「良質な油」

犬が健康にダイエットするためには、植物由来の油や魚油で良質な油が必要です。特に魚介類に含まれるEPA・DHAのオメガ3脂肪酸が含まれたドッグフードは、血栓を予防しコレステロールを減らし、皮膚粘膜を保護したりと、多くの効果が期待できます。

 

逆に動物性油はコレステロールの値を上昇させてしまうので、ドッグフードの成分表でよく確認しましょう。

満腹感を持続させるには「食物繊維」

腸内環境をデトックスし、血糖値の急上昇を抑える効果が期待できる食物繊維満腹感が得られやすく、腹持ちが持続します。小麦使用のドッグフードもありますが、小麦アレルギーへの配慮として野菜・果物など自然由来の食物繊維から摂取するのがおすすめです。

 

ただし、犬は満腹状態でも食事を出されると食べてしまうので、過剰に与えないよう注意が必要です。

タイプで選ぶ

ドッグフードには乾燥したタイプ、水分が多いタイプなど種類があります。犬の健康状態や生活スタイルなどに合わせた、適切なタイプを使い分けましょう。

価格が安く栄養価の高い「ドライフード」

栄養価が高く、お財布にも優しい総合栄養食のドライフード。保存性が高く持ち運びもしやすいので、外出先でもすぐに与えることができます。

 

硬い食感でカリカリと噛んで食べるため、顎の筋肉が鍛えられ脳への刺激にもなり、認知症予防も期待できます。噛んでいる時に歯の表面に粒が当たり、歯垢が取れやすいというメリットもあります。

 

ただし、匂いが少ないので食いつきはあまり良くありません。

匂いが強く食べやすい「ウェットフード」

水分が豊富で柔らかく、子犬や噛む力が弱くなっている老犬に向いているウェットフード。ドライフードに比べ低カロリーで消化も良く、ダイエットさせたい時には少量でも満腹感を得られます。

 

できたものを乾燥させずすぐに密閉しているため、魚や肉などの匂いをそのまま感じることができ、食欲があまりない犬にもおすすめです。ドライフードよりも価格は高めとなっており、保存料・添加物が使われているものが多いこともデメリットの一つです。

小型犬のドッグフードのおすすめ人気ランキング10選

10位

サンライズ

サンライズ ミンチスペシャル

価格:635円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

素材の旨みを凝縮した超小粒タイプ

国産生肉の旨みをそのままに、しっとりと半ナマで食べやすい柔らかさに仕上がっています。小分けパックでいつでも作り立ての新鮮な風味・美味しさを味わうことができます。ビタミンを含んだ野菜と魚が配合されており、食物繊維により腸内環境を整えます

主な原材料肉類、糖類、豆類、でん粉類、穀類、魚介類、油脂類、野菜類、グルコサミンカロリー245kcal/100g

口コミを紹介

もともと少食の犬で、ドライタイプをカリカリと三分の一くらい食べて、残ったのをまたしばらくしてから食べて一日かけて食べきる、、、という感じでしたが、これは一気に完食するので美味しいのだと思います。お腹の調子も良いようです。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

マース ジャパン リミテッド

アイムス (IAMS) ドッグフード

価格:1,438円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

チキン味で食べやすいこだわりの小粒

手に取りやすく、小型犬にぴったりの機能性を持った入門機能食です。子犬が健やかに成長できるよう、豊富な栄養素が配合されています。チキンの旨味たっぷりで食欲を促進させます。カリカリの粒を噛むことで歯垢の蓄積を抑え、口臭の悪化を防ぎます。

主な原材料肉類、とうもろこし、小麦、動物性油脂、乾燥ビートパルプ、家禽エキス、植物性タンパクカロリー392kcal/100g

口コミを紹介

今まで店頭でこちらの商品を購入しておりましたがAmazon定期便でかなりお値打ちに購入できるので利用しています。
小型犬のチワワですので四袋に小分けされているので、新鮮なものを食べさせてあげることができ安心しています。獣医師の定期検診でも毎回異常なく、毛艶もよいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

ROYAL CANIN Japan

ロイヤルカナン ドッグフード スキンケア パピー

価格:3,645円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

皮膚疾患の小型犬のための食事療法食

皮膚の炎症・脱毛など、皮膚疾患を持つ小型犬のために調製された、必須脂肪酸を増強した食事療法食です。刺激を受けがちな皮膚の健康を保ち、栄養のバランスを維持することで、皮膚が本来持つバリア機能を持続させることができます。

主な原材料コ-ン、超高消化性小麦タンパク、米、タピオカ、動物性油脂、コ-ングルテン、加水分解タンパクカロリー402kcal/100g

口コミを紹介

8ヶ月のトイプーに皮膚病の名残りがありましたが良くなってきました。11ヶ月の柴犬もいるのですが、美味しいらしく良く食べます。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

ネスレピュリナペットケア

プロプラン 小型犬

価格:2,155円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

脳と記憶力をサポートし健康維持

DHA・EPAの配合で歯茎の健康を維持し、植物油の補給により本来の注意力・記憶力・機敏さを30日以内にサポートします。関節の健康を重要な栄養素で維持することにより、成犬時に活発な行動ができます。

主な原材料チキン、とうもろこし、小麦、コーングルテンミール、大豆ミール、中鎖脂肪酸、米、ビートパルプカロリー364kcal/100g

口コミを紹介

初めての定期便注文。
以前は別の商品を利用していました。愛犬がこのドライフードにしてから、迷わずに食べるようになり大変満足です。
また、排泄物の匂いも、以前のものに比べると気にならなくなったように感じられております。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

ROYAL CANIN Japan

ロイヤルカナン SHNミニ インドア パピー

価格:4,917円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小型犬の免疫力をサポート

室内で生活している子犬の小型犬のために、消化性を高めてエネルギー量にも配慮したドライフードです。重要な期間である成長期に、子犬の免疫機能は少しずつ発達します。ビタミンEなどを含んだ抗酸化成分配合により、抵抗力を維持し健康を保つことができます。

 

消化の機能を高め良質な便の状態を維持し、適度な食物繊維が便の量と臭いを軽減します。

主な原材料肉類、米、動物性脂肪、とうもろこしカロリー392kcal/100g

口コミを紹介

マルチーズ7ヵ月頃から与えてます。
他のに変えたら目やに涙やけか、すごくでました、また、ロイヤルカナンに、したら涙やけが無くなりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

ROYAL CANIN Japan

ロイヤルカナン ドッグフード ユリナリー

価格:5,191円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

下部尿路疾患の犬のための食事療法食

病気・疾患を抱えた小型犬の健康をサポートするために服られた食事療法食です。ストルバイト結石症またはシュウ酸カルシウム結石症など、下部尿路疾患を抱えている小型犬に最適です。

 

ミネラル成分など栄養バランスを調整することで、弱酸性の尿へと導いて尿量をコントロールします。ポリリン酸ナトリウム配合により、噛むたびに歯垢が蓄積していくのを防いでくれます。

主な原材料米、コーンフラワー、肉類、動物性油脂、コーングルテン、加水分解タンパク、植物性繊維カロリー385kcal/100g

口コミを紹介

phコントロールスペシャル時代からストルバイト治療のため食べさせていますが、愛犬のお気に入り。
粒が小さな市販のドッグフードでも食べたり食べなかったりするのに、常に完食。
体に良いものは分かるんでしょうか?
ま、お値段も高いし、食べてくれないと困りますけどね('∀`; )

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

ROYAL CANIN Japan

ロイヤルカナン ドッグフード 満腹感サポート

価格:6,233円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

減量目的で特別に調製された食事療法食

減量を必要としている犬のために作られたドッグフードです。減量を目的として摂取カロリーを制限しても、食物繊維を増量することで食事量が確保されます。また、必要なタンパク質やビタミン・ミネラル等の摂取が十分に行えるよう調整されています。

主な原材料肉類、植物性繊維、超高消化性小麦タンパク、タピオカ、チコリー、加水分解タンパク、小麦、コーンカロリー270kcal/100g

口コミを紹介

以前「満腹感サポートスペシャル」だったのですが、商品自体が変更とのことでこちらに変更。
以前と変わらずよく食べます。少し粒が小さくなった気がします。
値段がグーンとあがったので、他の商品(消化器サポート)に変えようかと思っています

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ニュートロジャパン

ニュートロジャパン ナチュラルチョイス

価格:3,261円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

工夫された形状で小型犬が美味しく食べやすい

小型犬の小さな口と顎に合わせて作られた独自の自然素材の極小粒により、噛みやすく食べやすい工夫がされています。チキン生肉・乾燥チキンを使用していることから嗜好性に優れ、食物繊維の成分が腸内環境を整えてくれます。

 

マグネシウムなどミネラルバランスを調整することで尿路結石の形成を抑制し、自然由来の抗酸化成分で免疫力をサポートします。小型犬が長生きするのに必要な栄養素をしっかり補うことができます。

主な原材料チキン生肉、乾燥チキン、玄米、粗挽き米、鶏脂、オートミール、エンドウタンパクカロリー365kcal/100g

口コミを紹介

某有名海外産ドックフードも試しましたが、こちらの方がうちの子には合ったみたいです。ウンチの量も食べた量と同程度、かつ状態も良い。それとなんといっても涙焼けの原因となる黒っぽい涙の量がこちらを食べてる間は減少する。毎日顔拭きしてますが、白柴なので綺麗な顔維持には涙の出難いこちらの商品をリピしてこうと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

日本ヒルズ・コルゲート

ヒルズ サイエンス・ダイエット ドッグフード

価格:2,064円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

栄養バランスに優れ健康な皮膚ををサポート

7歳以上の肥満傾向がある小型犬向けのドッグフードです。従来品よりもカロリー・脂肪分を減らし、整った栄養バランスで小さな体をしっかりと守ります。

 

オメガ3&6脂肪酸とビタミンEを最適なバランスで配合し、美しい毛艶なめらかな皮膚を維持します。専属の栄養学者が適切な栄養素を選び日々研究を重ね、米国の獣医師にも推奨されています。

 

チキン・サーモン・ラムなど、高品質で良質なタンパク質が含まれた自然素材を使用しています。人工着色料・保存料・香料などは一切使用していません。

主な原材料トリ肉、トウモロコシ、小麦、米、動物性油脂、トリ肉エキス、植物性油脂カロリー374kcal/100g

口コミを紹介

カロリー控えめでキチンと主原料がお肉の物を探していました。
やはり肉メインだからか非常に食いつきもよく満足そうです
量も1ヶ月分としてちょうどよく、定期便にすると割引にもなりますので、ちゃんとしたフードでダイエットさせたいという用途ならオススメです

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ニュートロジャパン

シュプレモ 小型犬用

価格:1,410円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

チキン肉たっぷりで食いつき抜群

自然素材を厳選し、栄養をバランス良くブレンドしたホリスティックブレンド。乾燥ミールだけでなく、チキン肉をたっぷり主原料に使用したミートファースト製法により、食いつきを促進させます。

 

カルニチンを豊富に含んだラムミールに、DHA・EPAを含んだサーモンミールを組み合わせ、バランスの良い体型をサポートします。愛犬の理想の体型をキープしたい時におすすめです。

 

肉以外にも、ミネラル・食物繊維が豊富なオーツ麦・玄米といった穀物や、抗酸化成分が多いトマト・リンゴ・ケールなどの野菜や果実をたっぷり使用しています。美しい皮膚や毛並みを維持させます。

主な原材料チキン、玄米、粗挽き米、鶏油、ラムミール、サーモンミールカロリー 360kcal/100g

口コミを紹介

ブリーダーさんのおうちでシュプレモを使っていた流れで今も食べさせています。
犬の食べっぷりを見ていると、大好きという感じもありませんが、その逆に、嫌い、飽きた、ということもなさそうです。
この「特別大好きでもないけど飽きない」というのは、地味なようでいて案外重要なポイントなのかな~と思います。食べ過ぎて太ることもなく、食べずに痩せてしまうこともなく。もうすぐ5歳になりますが、適正体重をキープしています。
他にもいいフードはあるのでしょうが、獣医さんからは餌をあれこれ変えるのはよくないと言われます。大きな不満もないのでこのまま使い続けると思います。

体重5キロの成犬、3㎏入りでだいたい1か月くらいもちます。
開封から1ヶ月以内にあげきるようしている(メーカーでも一か月以内に使い切るよう書いてあったかと)ので、1㎏入りだと少なすぎ、6㎏入りでは多すぎ、3㎏がちょうどいいです。

近所のホームセンターでは扱いがなく、また公式から購入するよりはだいぶ安いので助かっています。

出典:https://www.amazon.co.jp

小型犬のドッグフードのおすすめ商品価格一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5728063の画像

    ニュートロジャパン

  • 2
    アイテムID:5728075の画像

    日本ヒルズ・コルゲート

  • 3
    アイテムID:5728085の画像

    ニュートロジャパン

  • 4
    アイテムID:5728086の画像

    ROYAL CANIN Japan

  • 5
    アイテムID:5728090の画像

    ROYAL CANIN Japan

  • 6
    アイテムID:5728092の画像

    ROYAL CANIN Japan

  • 7
    アイテムID:5728094の画像

    ネスレピュリナペットケア

  • 8
    アイテムID:5728143の画像

    ROYAL CANIN Japan

  • 9
    アイテムID:5728218の画像

    マース ジャパン リミテッド

  • 10
    アイテムID:5728258の画像

    サンライズ

  • 商品名
  • シュプレモ 小型犬用
  • ヒルズ サイエンス・ダイエット ドッグフード
  • ニュートロジャパン ナチュラルチョイス
  • ロイヤルカナン ドッグフード 満腹感サポート
  • ロイヤルカナン ドッグフード ユリナリー
  • ロイヤルカナン SHNミニ インドア パピー
  • プロプラン 小型犬
  • ロイヤルカナン ドッグフード スキンケア パピー
  • アイムス (IAMS) ドッグフード
  • サンライズ ミンチスペシャル
  • 特徴
  • チキン肉たっぷりで食いつき抜群
  • 栄養バランスに優れ健康な皮膚ををサポート
  • 工夫された形状で小型犬が美味しく食べやすい
  • 減量目的で特別に調製された食事療法食
  • 下部尿路疾患の犬のための食事療法食
  • 小型犬の免疫力をサポート
  • 脳と記憶力をサポートし健康維持
  • 皮膚疾患の小型犬のための食事療法食
  • チキン味で食べやすいこだわりの小粒
  • 素材の旨みを凝縮した超小粒タイプ
  • 価格
  • 1410円(税込)
  • 2064円(税込)
  • 3261円(税込)
  • 6233円(税込)
  • 5191円(税込)
  • 4917円(税込)
  • 2155円(税込)
  • 3645円(税込)
  • 1438円(税込)
  • 635円(税込)
  • 主な原材料
  • チキン、玄米、粗挽き米、鶏油、ラムミール、サーモンミール
  • トリ肉、トウモロコシ、小麦、米、動物性油脂、トリ肉エキス、植物性油脂
  • チキン生肉、乾燥チキン、玄米、粗挽き米、鶏脂、オートミール、エンドウタンパク
  • 肉類、植物性繊維、超高消化性小麦タンパク、タピオカ、チコリー、加水分解タンパク、小麦、コーン
  • 米、コーンフラワー、肉類、動物性油脂、コーングルテン、加水分解タンパク、植物性繊維
  • 肉類、米、動物性脂肪、とうもろこし
  • チキン、とうもろこし、小麦、コーングルテンミール、大豆ミール、中鎖脂肪酸、米、ビートパルプ
  • コ-ン、超高消化性小麦タンパク、米、タピオカ、動物性油脂、コ-ングルテン、加水分解タンパク
  • 肉類、とうもろこし、小麦、動物性油脂、乾燥ビートパルプ、家禽エキス、植物性タンパク
  • 肉類、糖類、豆類、でん粉類、穀類、魚介類、油脂類、野菜類、グルコサミン
  • カロリー
  • 360kcal/100g
  • 374kcal/100g
  • 365kcal/100g
  • 270kcal/100g
  • 385kcal/100g
  • 392kcal/100g
  • 364kcal/100g
  • 402kcal/100g
  • 392kcal/100g
  • 245kcal/100g

小型犬用と大型犬用のドッグフードの違いは?

小型犬用のドッグフードだけでも様々なタイプのものがありますが、大型犬用との大きな違いカロリー・粒の大きさの2点になります。

 

体の小さい小型犬の方は、大型犬よりも代謝が激しいです。そのため、小型犬のドッグフードは大型犬用よりも高カロリーに作られています。

 

体の大きさも違うため、当然口や顎の大きさも異なり、ドッグフードはそれぞれの口に合わせたサイズになっています。小粒は5~8mm程度、中粒は1cm程度の大きさです。

 

以下の記事では大型犬ドッグフードの人気おすすめ商品をランキング形式で紹介しています。ぜひ参考にして下さい。

まとめ

小さな体で成長の早い小型犬ですが、愛犬に最適なドッグフードは見つけられたでしょうか?ライフステージによって美味しく食べやすいドッグフードを与えて、健康的に長生きさせてあげたいですね。愛犬のために、ぜひこだわったドッグフード選びをしてあげて下さい。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ