【2023】チャイルドシートのおすすめ人気ランキング20選【安全性が高く安いものも】

車に子どもを乗せる際に必要なものがチャイルドシートです。色々なメーカーから発売されているのでどれを選べばいいのか、わからないという方も多いです。この記事では、チャイルドシートの選び方と2022年最新のおすすめ商品をランキング形式にしてご紹介します。

子どもを車に乗せる際に欠かすことができないのが、チャイルドシートです。必需品ではありますが、決して安い買い物ではないです。ついついコスパを重視して選んでしまうという方も多いですよね。

 

実は、チャイルドシートは年齢に合わせてサイズや形だけではなく、機能も大きく変わってきます。取り付け方式・回転式・背もたれのタイプなど商品によって、さまざまな違いがあります。多くの商品が販売されているので、どう選べばいいのか迷ってしまいますよね。

 

そこで今回は、2022年最新チャイルドシートのおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは、年齢・取り付け方式・安全性を基準に作成しました。購入を迷われている方は是非参考にしてみてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

新生児から1歳用チャイルドシートのおすすめ

1位

荷物の多い母親に最適の使いやすいシート

頭の先から足元まで、しっかりと赤ちゃんを保護してくれるベビーシートです。操作も簡単で、3段階のリクライニングや片手で回転させることができる機能が備わっています。

対象年齢 0ヶ月 ~ 48ヶ月 サイズ 79 × 59.3 ×56.6cm
取り付け方法 シートベルト固定 本体重量 13.5kg
適応体重 18kg 機能 3段階リクライニング・回転式・やわらかクッション
素材 -

ISOFIXのチャイルドシートのおすすめ

2022年おすすめNo.1!安全性も操作性も抜群なチャイルドシート

コンパクトに使えるサイズで、コンビの販売しているチャイルドシートの中では、最小の部類になります。指1本でリクライニングも可能なので、誰もが扱いやすく2022年おすすめNo.1のチャイルドシートです。

対象年齢 新生児~4才頃 サイズ 460×526×675~845mm
取り付け方法 ISOFIX 本体重量 12.2kg
適応体重 18kg 機能 360度回転式・ヘッドガード・エッグショック・イージームーブレスト・エアスルーシステム・スリープシェル・洗濯機丸洗い
素材 -

回転式のチャイルドシートのおすすめ

幅広い年代で使えるチャイルドシート

ベビーシートからジュニア用まで、幅広く使うことができるチャイルドシートです。この1台を買えば、チャイルドシートが必要な期間はすべてカバーできるので、買い替える必要がないです。コスパ重視の方にもおすすめです。

対象年齢 新生児~7才頃 サイズ 510×510~570×590~720mm
取り付け方法 シートベルト固定 本体重量 6.0kg
適応体重 26kg 機能 エッグショック・サイドプロテクション・インナークッション・3段階リクライニング・エアスルーシート・ヘッドレスト24段階調節・
素材 -

安全性の高いチャイルドシートのおすすめ

義務機関を全てカバー!安全性だけでなくコスパにも優れたシート

この1台でチャイルドシートの義務期間を全てカバーできる、コスパのよいシートです。それでいて3点シートベルトによるホールドがあるので、安全にお子様を守る事ができます。

対象年齢 0歳から7歳 サイズ 不明
取り付け方法 シートベルト固定 本体重量 5.3kg
適応体重 - 機能 ヘッドレスト・Eマーク有・3Dメッシュ
素材 -

チャイルドシートの選び方

チャイルドシートと一口に言ってもたくさんの種類がありますし、子供は年齢による体格の差も大きいです。選び方にも注意が必要なので、細かい選び方について解説していきます。

年齢で選ぶ

チャイルドシートの選び方で大切なのは年齢で選ぶことです。年齢が1歳違うだけで体格は大きく違うので、子どもの年齢に適したチャイルドシートを使うことが大切です。

退院時に使える新生児から1歳用で選ぶなら「乳児用ベビーシート」がおすすめ

新生児から1歳を迎えるくらいまで使えるタイプが乳児用ベビーシートです。この時期の子どもは、ベビーカーを使う時期なので、ベビーカーとドッキングする事ができる物も多いです。車で使う専用のシートというよりはベビーキャリーとして使うこともができます。

 

クーファンの代わりとして使うこともできるので、多様な使い方ができるのが特徴です。ただし、使える期間がわずか1年ほどなので買い換える必要があります。下記記事では、ベビーシート・新生児用のおすすめランキングを紹介しています。是非参考にしてください。

2歳から3歳用で選ぶなら「幼児用チャイルドシート」がおすすめ

乳幼児を過ぎたとはいえ、まだまだ身体が小さい時期なのでチャイルドシートそのものも、小さくて持ち運びがしやすいシートが多いです。ベビーシートからの意向の目安は首や腰が座って支えが無くても1人でしっかりと座れるくらいです。

 

チャイルドシートを嫌がりがちな年齢ですが、しっかりと固定をしておくことで急ブレーキでケガをしたり、勝手にドアを開けて事故を起こすといったトラブルを未然に防ぐことができます。

4歳から11歳用で選ぶなら「学童用ジュニアシート」がおすすめ

園児から小学生までを対象にしたのが学童用のジュニアシートです。身長145cmまで、体重15~36kgが大体の目安です。ジュニアシートには背もたれのあるタイプと背もたれの無いブースターシートの2つに分けられ、どちらもメリットとデメリットがあります。

 

安全性の高いのは背もたれのあるタイプなので常用する場合は背もたれありのジュニアシートがよいです。ブースターシートは臨時で使う場合に便利で、持ち運びも可能です。下記記事では、ジュニアシートのおすすめを紹介しています。是非参考にしてください。

長く使えるもので選ぶなら「1~12歳まで使える3Wayタイプ」がおすすめ

長い期間安心して使うことを考えると、取り外しが可能で、1歳~12歳まで使用可能なものを選ぶと長く使用することができます。また、取り外しが可能なので、掃除も簡単です。成長に合わせて買い替えるのではなく、コスパを重視するなら3Wayタイプがおすすめです。

取り付け方式で選ぶ

チャイルドシートには取り付け方式が複数あります。取り付け方式によっては車に取り付けられないという事もあるので、取り付け方式を知っておくことは大事です。

新車に取り付けるなら2023年最新の「ISOFIX方式」がおすすめ

シートベルトを使わずに簡単に設置することができるISOFIX方式です。車の座席にISOFIX方式専用の取り付け金具がある場合はそこにカチッと音がする様にはめ込むことで設置する事ができます。車の挙動によってズレたりするようなことはなく安心です。

 

このISOFIX方式は、2022年現在も義務化されているので、新しくリリースされる車には必ずありますが、少し古い車には付いていないので、注意が必要です。

少し古めの車に乗っているなら「シートベルト式」がおすすめ

最大の魅力は全ての車で付ける事ができるという事です。ISOFIX方式が義務化される前の車には、ISOFIX方式の金具がない物が多いので、少し古めの車に乗っている方はシートベルト取り付け方式のチャイルドシートがマッチします。

 

ただし、ISOFIX方式と比べると取り付けが難しいので注意が必要です。

機能で選ぶ

チャイルドシートには、色々な機能があります。年齢や体格に合わせて選ぶのは当然ですが、同じサイズであれば機能による違いでチャイルドシートを選ぶと決めやすいです。

移動に最適なもので選ぶなら「トラベルシステム」がおすすめ

トラベルシステムとは、ベビーカーに連結させて取り付ける事ができるシステムのことです。つまり、ベビーカーからいちいち降ろしてベビーシートに、子どもを乗り換えさせる必要がなく、スムーズに車に乗せる事ができます。

 

また、ベビーキャリーやベビーラックとしても使うことができるので、移動できるベッドというイメージで使えるので便利です。下記記事では、トラベルシステムのおすすめランキングを紹介しています。是非参考にしてみてください。

子どもの乗り降りを簡単にしたいなら「回転式」がおすすめ

シートの向きを自由に変える事ができるので、子どもを車から降ろしたり乗せたりする際に、自分がやりやすい向きに変える事ができて便利です。特にトラベルシステムなどの取り付けが大変なチャイルドシートにおすすめです。

 

下記記事では、回転式チャイルドシートのおすすめランキングを紹介しています。是非参考にしてください。

小学生以降なら「外せる背もたれ付き」がおすすめ

チャイルドシートの中には背もたれが外せるタイプの物もあります。主にジュニアシートに見られるタイプで、子どもが圧迫感を感じる事なく車に乗ることができるのが特徴です。背もたれが外れることで掃除も簡単にすることができます。

 

ただし、座席のみで使用する場合は、子どもの体幹がしっかりとしてからがおすすめです。小学生以降を目安にすることをおすすめします。

太陽光やエアコンの風から守るなら「サンシェード付き」がおすすめ

いわゆる日よけです。夏の暑い日にになると、日射しが強く紫外線のダメージも大きくなります。体温調整ができない赤ちゃんにとって、極端な温度は身体へのダメージになるので、忘れがちですが大事な装備です。

 

また、サンシェードがある事でエアコンの風が直接当たるのも防いでくれます。乾燥してしまったり、冷えすぎてしまったりすることを防いでくれます。日よけだけでなく、さまざまなシーンに活躍してくれるので便利です。

頭の保護をしっかりしたいなら「ヘッドレストの高さ調整が細かくできる物」がおすすめ

どのチャイルドシートにもヘッドレストは付いていますが、高さ調整ができると便利です。子どもの成長は早く、身長の伸びも大きいですから慎重に合わせてヘッドレストの高さが調整できると適正な位置に合わせる事ができます。

眠ったまま車に乗せたいなら「リクライニング付き」がおすすめ

チャイルドシートの中には、リクライニング機能が付いている物もあります。リクライニング機能があれば眠ったままの子どもを、起こすことなく車に乗せる事ができます。

 

車のリクライニングに合わせるタイプとチャイルドシートにリクライニング機能が付いている物の2種類があるので車に合わせて選びましょう。下記記事では、リクライニング式チャイルドシートのおすすめランキングを紹介しています。是非参考にしてください。

臨時で使うなら「ブースターシート」がおすすめ

背もたれの無いチャイルドシートの事を、ブースターシートと呼びます。最大の特徴が子どもにとって圧迫感がないという事で、ストレスが少ないです。半面背もたれがない分、安全性は下がりますので、注意が必要です。

 

常用するというよりは臨時で使うのに適しており、レンタカーなどに乗る際に使うと便利なのでおすすめです。

出かけ先でも使うなら「折りたたみ式」がおすすめ

旅行先でも利用可能な折りたたみ機能がついていると便利です。レンタカーや乗り換えの際もすぐに取り換えることが可能です。軽量なので女性でも安心して持ち運ぶことが可能です。薄型が多いのでキャリーケースにも収納可能なのが嬉しいポイントです。

子どもの体温管理をきっちりするなら「素材」をチェック

体温管理がきちんとできない子どものためにも、メッシュ素材のものを選ぶことをおすすめします。通気性がよく、熱を逃がしてくれる設計のものだと安心して使用することが可能です。

安全性で選ぶ

チャイルドシートの目的は、子どもの安全を守ることです。安全性でチャイルドシートを選ぶことは重要な事です。

シートにしっかりと固定させたいなら「5点ハーネス式」がおすすめ

高所等の安全性を確保する際にも使われるハーネスですが、チャイルドシートにも5点式のハーネスの様な安全ベルトが備わった物があります。お腹に中心がくる形で両肩・股下・お腹周りとしっかりと固定するので、しっかりとシートに固定してくれます。

価格が安いものや安全性を確保したいなら「インパクトシールド式」がおすすめ

お腹の上をインパクトシールドという、衝撃吸収材を巻き付けるように固定するタイプの物です。シートベルトと合わせて使う事で、シートと子どもを固定します。ハーネス式と比べてチャイルドシートから取り外しが簡単で価格も安い物が多いです。

安全かどうかの信頼感が欲しいなら「ECE規則に注目すること」がおすすめ

車での安全性を高めるために日本は、国連欧州経済委員会の定めたECE規則を採用しています。チャイルドシートの先進国である、ヨーロッパを参考にしたもので、厳しい基準が設けられています。チャイルドシートの購入の際は、この基準をクリアしたものがよいです。

高い安全性を求めるなら「チャイルドシートアセスメントをクリアしたもの」がおすすめ

日本で安全を確保するために市販されてるチャイルドシートは、チャイルドシートアセスメントというテストをクリアしています。前面衝突試験や使用性評価試験などがあり、クリアしたチャイルドシートはより安全です。

 

全てのチャイルドシートがクリアしている訳ではないので、より安全なチャイルドシートが欲しい場合はこのテストをクリアしている物がおすすめです。

メーカーで選ぶ

チャイルドシートは多くのメーカーから発売されていますが、その中でも人気のメーカーという物もあります。気に入ったメーカーがあるのならメーカーで選ぶのもおすすめです。

使いやすさと安全性のバランスの良さなら「combi(コンビ)」がおすすめ

子ども用品の中でもベビーカーやチャイルドシートに特化した会社がcombi(コンビ)です。移動用品に特化した会社で、衝撃吸収や頭を守るためのシートが多数販売しています。使いやすさもいいので、移動に特化したチャイルドシートが欲しい方におすすめです。

年齢に合わせて最適の物を選びたいなら「Aprica(アップリカ)」がおすすめ

健やかな発育と万一の安全を重視したAprica(アップリカ)は、年齢にぴったりのチャイルドシートを多く発売しています。しっかりと固定はさせつつも快適性に優れ、子どもにストレスが無いように作られています。

車によって選ぶ

いくら性能が良くて安全性が高いチャイルドシートでも、車に取り付けられなければ意味がないです。自分の乗っている車に取り付けられるかどうかで、選ぶことも重要です。

軽自動車に付けるなら「コンパクトな物」がおすすめ

軽自動車は、スペースが限られているので、とにかくコンパクトなものがおすすめです。市販されているチャイルドシートは、平均すると6kg前後の物が多いですが少し小さめの5kgくらいの物がおすすめです。

 

そこから必要に応じて、使いやすい付属品や機能が備わっているものを選ぶと、使いやすくなります。下記記事では、コンパクトなチャイルドシートのおすすめランキングを紹介しています。是非参考にしてください。

フリードの様なミニバンなら「好きなサイズで選ぶこと」がおすすめ

フリードの様なミニバンタイプの車であれば、好きなサイズを選ぶことができます。もちろんベストは、純正アクセサリーとして発売されているチャイルドシートがしっかりと固定できます。市販の物がそれよりも劣っている訳ではないです。

 

純正だと価格が高くなってしまう場合があります。自分の好みでない場合もあるので、好きなメーカーや機能で選ぶことをおすすめします。市販で選ぶことで純正より安価で購入できる場合があるので確認をすることをおすすめします。

新生児から1歳用チャイルドシートの人気おすすめランキング5選

清潔に使えるチャイルドシート

汗っかきの赤ちゃんが快適かつ清潔に使える様に、開発されたチャイルドシートです。3Dのメッシュシートのおかげで蒸れる事はないです。シート自体も選択する事ができるので、汚れても選択によって清潔を保つ事ができます。

対象年齢 0ヶ月~ サイズ 475×685×525mm
取り付け方法 シートベルト固定 本体重量 6.3kg
適応体重 18kg 機能 ウォッシャブルシート・前向き3段階角度調節・コンパクト設計・メッシュシート
素材 3Dメッシュ

口コミを紹介

商品が軽いので取り付け時が楽、車のシートにそこまで負担をかけなさそう、

出典:https://www.amazon.co.jp

快適さと取り扱いのしやすさに優れたシート

通気性に優れたクッションを使っているので、子どもにとってはベビーベッドで寝ている様な快適なシートです。また、コンパクトなので、軽自動車に取り付けるのも簡単で軽いので取り扱いやすいです。

対象年齢 0ヶ月 ~ 48ヶ月 サイズ 450×530×615mm
取り付け方法 シートベルト固定 本体重量 4.3kg
適応体重 18kg 機能 サイドガード・メッシュ・レバー式ベルトロック
素材 3Dメッシュ

口コミを紹介

生後二ヶ月の乳児を乗せ100キロ位走りましたが、寝心地が良いのか?ずっと寝てました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

安定感と快適性に優れたシート

点で支えるクッションのおかげで安定感は、抜群で安全に子どもを座らせる事ができます。シートそのものの通気性も良く、蒸れやすい夏場においても快適に座らせることができます。

対象年齢 12ヶ月 ~ 132ヶ月 サイズ 440×450×670mm
取り付け方法 - 本体重量 5.1kg
適応体重 36kg 機能 洗濯機丸洗い可能・コンパクト設計
素材 3Dメッシュ

口コミを紹介

子供が寝たあとに、そのまま少しシートを倒せるので、それも重宝しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

赤ちゃんの姿勢を自然に保持

Amazon限定のチャイルドシートで、赤ちゃんの乗せおろしが楽にできるように工夫されています。低重心と低座面のおかげで腰を痛める事無く使えます。赤ちゃんもインナークッションで、安定して座らせることができます。

対象年齢 0ヶ月 ~ サイズ 420×615×550mm
取り付け方法 シートベルト固定 本体重量 4.4kg
適応体重 18kg 機能 インナークッション・抱っこ型シート
素材 -

口コミを紹介

付けるのがとても簡単で助かっています。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

荷物の多い母親に最適の使いやすいシート

頭の先から足元まで、しっかりと赤ちゃんを保護してくれるベビーシートです。操作も簡単で、3段階のリクライニングや片手で回転させることができる機能が備わっています。

対象年齢 0ヶ月 ~ 48ヶ月 サイズ 79 × 59.3 ×56.6cm
取り付け方法 シートベルト固定 本体重量 13.5kg
適応体重 18kg 機能 3段階リクライニング・回転式・やわらかクッション
素材 -

口コミを紹介

回転式で楽です

出典:https://www.amazon.co.jp

新生児から1歳用チャイルドシートのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 対象年齢 サイズ 取り付け方法 本体重量 適応体重 機能 素材
アイテムID:11674643の画像

楽天

Amazon

ヤフー

荷物の多い母親に最適の使いやすいシート

0ヶ月 ~ 48ヶ月

79 × 59.3 ×56.6cm

シートベルト固定

13.5kg

18kg

3段階リクライニング・回転式・やわらかクッション

-

アイテムID:11674063の画像

楽天

Amazon

ヤフー

赤ちゃんの姿勢を自然に保持

0ヶ月 ~

420×615×550mm

シートベルト固定

4.4kg

18kg

インナークッション・抱っこ型シート

-

アイテムID:11674060の画像

楽天

Amazon

ヤフー

安定感と快適性に優れたシート

12ヶ月 ~ 132ヶ月

440×450×670mm

-

5.1kg

36kg

洗濯機丸洗い可能・コンパクト設計

3Dメッシュ

アイテムID:11674057の画像

Amazon

ヤフー

快適さと取り扱いのしやすさに優れたシート

0ヶ月 ~ 48ヶ月

450×530×615mm

シートベルト固定

4.3kg

18kg

サイドガード・メッシュ・レバー式ベルトロック

3Dメッシュ

アイテムID:11674054の画像

楽天

Amazon

ヤフー

清潔に使えるチャイルドシート

0ヶ月~

475×685×525mm

シートベルト固定

6.3kg

18kg

ウォッシャブルシート・前向き3段階角度調節・コンパクト設計・メッシュシート

3Dメッシュ

ISOFIXのチャイルドシートの人気おすすめランキング5選

5位

お子様が快適に乗っていられるシート

平らにすることができるチャイルドシートなので、子どもが寝たまま車に乗せる事ができます。更に回転もできるチャイルドシートで乗り降りもしやすく、荷物が多いご家庭に便利です。

対象年齢 0ヶ月 ~ サイズ -
取り付け方法 ISOFIX 本体重量 14.8kg
適応体重 18kg 機能 回転式・ヘッドレス・メッシュ素材・W台形シート
素材 ポリプロピレン等・発泡ポリプロピレン・ウレタンフォーム・ポリエステル

口コミを紹介

シートもほとんど水平になるので新生児でも安全です。

出典:https://www.amazon.co.jp

国土交通省に認められた安全性の高さが魅力

国土交通省の安全性能試験で最高評価となるW優を獲得した、安全性に優れたチャイルドシートです。自然な姿勢でストレスなく赤ちゃんを載せられますし、着脱も簡単なので扱いやすいです。

対象年齢 0ヶ月 ~ サイズ 415×620×655mm
取り付け方法 ISOFIX 本体重量 11.2kg
適応体重 18kg 機能 マグネットタング・自立バックル・ブレスエアー・分離可能
素材 -

口コミを紹介

赤ちゃんが生まれたので購入。isofixの中ではお買い求めしやすい値段。
装着も簡単にできた。説明書もわかりやすい。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

カーメイト(エールベベ)

パパット2 プレミアム CF530

ジャンピングハーネスでママの味方

ジャンピングハーネス式でベルトが跳ね上がるので、背中やお尻の下敷きにならず付け外ししやすい設計です。エアーシート搭載なので、夏の蒸れも感じさせない、子どもにも優しいチャイルドシートです。

 

取り外しも可能なので、洗濯機で洗うことができる部分と、手洗いが可能な部分があるので清潔に保つことができます。

対象年齢 1~11歳 サイズ 59×43×52.5cm
取り付け方法 ISOFIX 本体重量 10kg
適応体重 36kg 機能 ジャンピングハーネス・ウォッシャブルカバー・エアーシート・3ステップシート
素材 -

口コミを紹介

取り付けやすく子供も何の苦もなく座ってくれます!

出典:https://www.amazon.co.jp

子どもを守る装備が充実!後ろ向き取り付け可能

サンシェードが付いているおかげで、紫外線やエアコンの風から守りやすく、衝突時のダメージを軽減してくれる衝撃吸収バーが付いています。子どもの万が一に備えた装備が充実したチャイルドシートです。

 

産後直前から使うことができます。産後間もない子は後ろ向きに使用することが可能です。リバウンドバーがあるため後ろ向きに取り付けても安心です。後ろ向きでの耐久テストも行われているので安心できます。

対象年齢 0ヶ月 ~ 48ヶ月 サイズ 45×61×61~65cm
取り付け方法 ISOFIX 本体重量 13.8kg
適応体重 18kg 機能 リバウンドバー・大型幌付き・7段階肩ハーネス・回転式
素材 -

口コミを紹介

isofix対応、回転式でこの値段はお値打ち。大きすぎるというレビューもあったので少し悩みましたが、ソリオの後部座席で問題ありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

2022年おすすめNo.1!安全性も操作性も抜群なチャイルドシート

コンパクトに使えるサイズで、コンビの販売しているチャイルドシートの中では、最小の部類になります。指1本でリクライニングも可能なので、誰もが扱いやすく2022年おすすめNo.1のチャイルドシートです。

対象年齢 新生児~4才頃 サイズ 460×526×675~845mm
取り付け方法 ISOFIX 本体重量 12.2kg
適応体重 18kg 機能 360度回転式・ヘッドガード・エッグショック・イージームーブレスト・エアスルーシステム・スリープシェル・洗濯機丸洗い
素材 -

口コミを紹介

手元に2つのスイッチがまとまっているので他のよりは使いやすい。

出典:https://www.amazon.co.jp

ISOFIXのチャイルドシートのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 対象年齢 サイズ 取り付け方法 本体重量 適応体重 機能 素材
アイテムID:11674083の画像

楽天

Amazon

ヤフー

2022年おすすめNo.1!安全性も操作性も抜群なチャイルドシート

新生児~4才頃

460×526×675~845mm

ISOFIX

12.2kg

18kg

360度回転式・ヘッドガード・エッグショック・イージームーブレスト・エアスルーシステム・スリープシェル・洗濯機丸洗い

-

アイテムID:11674080の画像

楽天

Amazon

ヤフー

子どもを守る装備が充実!後ろ向き取り付け可能

0ヶ月 ~ 48ヶ月

45×61×61~65cm

ISOFIX

13.8kg

18kg

リバウンドバー・大型幌付き・7段階肩ハーネス・回転式

-

アイテムID:11674077の画像

楽天

Amazon

ヤフー

ジャンピングハーネスでママの味方

1~11歳

59×43×52.5cm

ISOFIX

10kg

36kg

ジャンピングハーネス・ウォッシャブルカバー・エアーシート・3ステップシート

-

アイテムID:11674074の画像

Amazon

ヤフー

国土交通省に認められた安全性の高さが魅力

0ヶ月 ~

415×620×655mm

ISOFIX

11.2kg

18kg

マグネットタング・自立バックル・ブレスエアー・分離可能

-

アイテムID:11674071の画像

楽天

Amazon

ヤフー

お子様が快適に乗っていられるシート

0ヶ月 ~

-

ISOFIX

14.8kg

18kg

回転式・ヘッドレス・メッシュ素材・W台形シート

ポリプロピレン等・発泡ポリプロピレン・ウレタンフォーム・ポリエステル

回転式のチャイルドシートの人気おすすめランキング5選

5位

クッション性が高い!車両関係なしに取り付け可能

クッションはとても肉厚になっていて、クッション性が高いのが特徴のシートです。安全設計によりクッションが柔らかくなった事は、快適に過ごせる事も意味するので、安全と快適を両立させたシートです。

対象年齢 0ヶ月~48ヶ月 サイズ 44 × 65.1 × 72~77.8cm
取り付け方法 ISOFIX・シートベルト固定 本体重量 14.2kg
適応体重 18kg 機能 リクライニング調節7段階・回転式・
素材 -

口コミを紹介

ISOFIXでセールの値段ならどこよりも安くていい買い物しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

子どもの安全性が高いシート

シートが一回転するだけでなく、ゆりかごのようにも動かす事ができる、可動域の高いチャイルドシートです。ショックを吸収する面積も広くなり、安全に子どもを車に乗せる事ができます。

対象年齢 0ヶ月 ~ 48ヶ月 サイズ 460×526×675~845mm
取り付け方法 ISOFIX 本体重量 12.8kg
適応体重 18kg 機能 エッグショック・スリープシェル・イージームーヴレスト・電動式ファン・回転式・エアースルーシステム
素材 -

口コミを紹介

素晴らしいです

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

リクライニング機能もあるシート

回転式のチャイルドシートなので扱いやすさは、当然としてリクライニング機能もあります。寝てもゆったり座っても、しっかり座らせることもできて、大人しく子どもが座っていられます。

対象年齢 0ヶ月 ~ 48ヶ月 サイズ 47 × 59.3 ×67cm
取り付け方法 シートベルト固定 本体重量 13.5kg
適応体重 18kg 機能 回転式・フルリクライニング・
素材 -

口コミを紹介

横にできる物として絞った結果、こちらを購入しましたが、結果良かったと思っています。使いやすいですから。

出典:https://www.amazon.co.jp

清潔で楽に使える!スリムで軽量

ふんわりとサンシェードが赤ちゃんを保護してくれる回転式のチャイルドシートです。片手で楽に取り外しができますし、洗濯機で丸洗いもできるので清潔に使うことができます。

対象年齢 0ヶ月 ~ 48ヶ月 サイズ 高さ71cm×幅47cm×奥行き65cm
取り付け方法 シートベルト固定 本体重量 3.6kg
適応体重 18kg 機能 回転式・UVカット・サンシェード・
素材 ポリプロピレン・ポリエステル・ウレタンフォーム・ウレタンフォーム

口コミを紹介

日差しが差し込む時に、大活躍です。

出典:https://www.amazon.co.jp

幅広い年代で使えるチャイルドシート

ベビーシートからジュニア用まで、幅広く使うことができるチャイルドシートです。この1台を買えば、チャイルドシートが必要な期間はすべてカバーできるので、買い替える必要がないです。コスパ重視の方にもおすすめです。

対象年齢 新生児~7才頃 サイズ 510×510~570×590~720mm
取り付け方法 シートベルト固定 本体重量 6.0kg
適応体重 26kg 機能 エッグショック・サイドプロテクション・インナークッション・3段階リクライニング・エアスルーシート・ヘッドレスト24段階調節・
素材 -

口コミを紹介

作りは丁寧なので満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

回転式のチャイルドシートのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 対象年齢 サイズ 取り付け方法 本体重量 適応体重 機能 素材
アイテムID:11674100の画像

楽天

Amazon

ヤフー

幅広い年代で使えるチャイルドシート

新生児~7才頃

510×510~570×590~720mm

シートベルト固定

6.0kg

26kg

エッグショック・サイドプロテクション・インナークッション・3段階リクライニング・エアスルーシート・ヘッドレスト24段階調節・

-

アイテムID:11674097の画像

Amazon

ヤフー

清潔で楽に使える!スリムで軽量

0ヶ月 ~ 48ヶ月

高さ71cm×幅47cm×奥行き65cm

シートベルト固定

3.6kg

18kg

回転式・UVカット・サンシェード・

ポリプロピレン・ポリエステル・ウレタンフォーム・ウレタンフォーム

アイテムID:11674094の画像

楽天

Amazon

ヤフー

リクライニング機能もあるシート

0ヶ月 ~ 48ヶ月

47 × 59.3 ×67cm

シートベルト固定

13.5kg

18kg

回転式・フルリクライニング・

-

アイテムID:11674091の画像

楽天

Amazon

ヤフー

子どもの安全性が高いシート

0ヶ月 ~ 48ヶ月

460×526×675~845mm

ISOFIX

12.8kg

18kg

エッグショック・スリープシェル・イージームーヴレスト・電動式ファン・回転式・エアースルーシステム

-

アイテムID:11674088の画像

楽天

Amazon

ヤフー

クッション性が高い!車両関係なしに取り付け可能

0ヶ月~48ヶ月

44 × 65.1 × 72~77.8cm

ISOFIX・シートベルト固定

14.2kg

18kg

リクライニング調節7段階・回転式・

-

安全性の高いチャイルドシートの人気おすすめランキング5選

身体のサポートと扱いやすさを備えたシート

計量コンパクトで作られているので持ち運びがしやすいです。ヘッドサポートやクッションのおかげで眠った状態でも、しっかりと身体を支えてくれます。シートベルトもしっかりと3点タイプなので、しっかりとホールドしてくれます。

対象年齢 1歳頃~11歳頃 サイズ 43.3 × 36.8 × 22cm
取り付け方法 シートベルト固定 本体重量 5.2kg
適応体重 36kg 機能 ヘッドサポート・エアホール・3Dサポートクッション・手洗い可能
素材 メッシュ素材

口コミを紹介

軽量で通気性が良い

出典:https://www.amazon.co.jp

安全性を重視したチャイルドシート

Amazonのチャイルドシート部門でベストセラーに選ばれた、チャイルドシートです。肩と股を通すベルトになっているので、しっかりとシートに固定する事ができて、安全を確保する事ができます。

対象年齢 1歳~12歳頃 サイズ 45×37×71~81cm
取り付け方法 シートベルト式 本体重量 3.8kg
適応体重 36kg 機能 5段階調節可能・ベルト高さ2段階調整・
素材 メッシュ生地

口コミを紹介

安定しているし、取り付けが簡単で良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

大き目の子どもも嬉しいカップホルダー付き

ダイアルを回すだけでリクライニングに変更可能です。1台で1歳~12歳まで利用可能なのでコスパがいいです。子どもがいたずらをしないように、カップホルダーは収納することができます。使わないときは閉まっておけるので邪魔にならずにすみます。

対象年齢 1~12歳 サイズ 44×44×67-77cm
取り付け方法 シートベルト固定 本体重量 6.5kg
適応体重 36kg 機能 カップホルダー・連動調節・リクライニング
素材 -

口コミを紹介

しっかりしていて長く使えそうです!

出典:https://www.amazon.co.jp

万が一にも備えた衝撃を吸収してくれるシート

3点シートベルトでしっかり固定、万が一の衝撃も吸収してくれる側面衝突吸収装置を装備する等安全面にこだわって作られたシートです。大きめなので快適性も十分にあります。

対象年齢 新生児~12歳 サイズ 45cm × 50cm × 60cm
取り付け方法 ISOFIX・シートベルト固定 本体重量 8.3kg
適応体重 36kg 機能 ヘッドレスト9段階調整可能・ヘッドサポート
素材 -

口コミを紹介

装着しやすく回転式なので子供の顔も正面から見れるのでgood

出典:https://www.amazon.co.jp

義務機関を全てカバー!安全性だけでなくコスパにも優れたシート

この1台でチャイルドシートの義務期間を全てカバーできる、コスパのよいシートです。それでいて3点シートベルトによるホールドがあるので、安全にお子様を守る事ができます。

対象年齢 0歳から7歳 サイズ 不明
取り付け方法 シートベルト固定 本体重量 5.3kg
適応体重 - 機能 ヘッドレスト・Eマーク有・3Dメッシュ
素材 -

口コミを紹介

安全性が高く、長く使えて安い

出典:https://www.amazon.co.jp

安全性の高いチャイルドシートのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 対象年齢 サイズ 取り付け方法 本体重量 適応体重 機能 素材
アイテムID:11674117の画像

楽天

Amazon

ヤフー

義務機関を全てカバー!安全性だけでなくコスパにも優れたシート

0歳から7歳

不明

シートベルト固定

5.3kg

-

ヘッドレスト・Eマーク有・3Dメッシュ

-

アイテムID:11674114の画像

楽天

Amazon

ヤフー

万が一にも備えた衝撃を吸収してくれるシート

新生児~12歳

45cm × 50cm × 60cm

ISOFIX・シートベルト固定

8.3kg

36kg

ヘッドレスト9段階調整可能・ヘッドサポート

-

アイテムID:11674111の画像

楽天

Amazon

ヤフー

大き目の子どもも嬉しいカップホルダー付き

1~12歳

44×44×67-77cm

シートベルト固定

6.5kg

36kg

カップホルダー・連動調節・リクライニング

-

アイテムID:11674108の画像

楽天

Amazon

ヤフー

安全性を重視したチャイルドシート

1歳~12歳頃

45×37×71~81cm

シートベルト式

3.8kg

36kg

5段階調節可能・ベルト高さ2段階調整・

メッシュ生地

アイテムID:11674105の画像

楽天

Amazon

ヤフー

身体のサポートと扱いやすさを備えたシート

1歳頃~11歳頃

43.3 × 36.8 × 22cm

シートベルト固定

5.2kg

36kg

ヘッドサポート・エアホール・3Dサポートクッション・手洗い可能

メッシュ素材

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

\0のつく日キャンペーン開催中!!/ 楽天 「チャイルドシート本体」ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

チャイルドシートはお手入れが必須

チャイルドシートは、目に見えないだけでかなり汚れがあります。赤ちゃんの汗や食べこぼし、飲みこぼしなどさまざまな原因で汚れているのでお手入れは必須です。そこで定期的にお手入れをする事をおすすめします。

 

詳しいお手入れについては下記のサイトが参考になるので、お手入れをする際は参考にしてください。

頻繁に使わないのであればレンタルもある

チャイルドシートは、大きくなるにつれてあまり使わなくなるので、処分してしまったり購入を渋ってしまったりすることがあります。いざ、遠出をする際に高速道路を利用するときいに必要になる場合があります。

 

普段は、あんまり使うことがない場合は、中古やレンタルがおすすめです。レンタルであれば収納の場所なども必要がないのでおすすめです。

助手席のチャイルドシートは危険?

助手席にチャイルドシートを使用している方を結構な確率で目にします。ただ、助手席でのチャイルドシートの使用は危険なこともあります。理由としては、エアーバックが作動するときです。

 

助手席でチャイルドシートを使用中に事故などで、エアーバックが作動したとき、チャイルドシートが押し出され、エアーバックとチャイルドシートに子どもが挟まれる危険があります。大人でも結構な衝撃がかかります。

 

子どもにも同じ衝撃と、チャイルドシートの重量がのしかかると考えると大人でも怪我・命の危機を感じます。できることなら後部座席で使用して、安全運転を心がけることをおすすめします。

まとめ

チャイルドシートの選び方やおすすめランキングを紹介しました。いかがでしたでしょうか。子どもの安全を確実に守る事ができる、チャイルドシートが欲しいという方は、今回の記事を参考にして選んでください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年01月06日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2023年】新生児用チャイルドシートの人気おすすめランキング15選【口コミや回転式もご紹介】

【2023年】新生児用チャイルドシートの人気おすすめランキング15選【口コミや回転式もご紹介】

チャイルドシート
【2023年最新版】自転車用チャイルドシートの人気おすすめランキング10選【前乗せから後ろ乗せまで】

【2023年最新版】自転車用チャイルドシートの人気おすすめランキング10選【前乗せから後ろ乗せまで】

チャイルドシート
回転式チャイルドシートのおすすめ人気ランキング10選【軽自動車向けやISOFIX対応も】

回転式チャイルドシートのおすすめ人気ランキング10選【軽自動車向けやISOFIX対応も】

チャイルドシート
コンパクトなチャイルドシートのおすすめ人気ランキング10選【軽量で持ち運び・取り付け簡単!】

コンパクトなチャイルドシートのおすすめ人気ランキング10選【軽量で持ち運び・取り付け簡単!】

チャイルドシート
リクライニング式チャイルドシートの人気おすすめランキング10選【新生児から1歳頃まで】

リクライニング式チャイルドシートの人気おすすめランキング10選【新生児から1歳頃まで】

チャイルドシート
ベビーシートの人気おすすめランキング15選【Impetusチャイルドシートの口コミも】

ベビーシートの人気おすすめランキング15選【Impetusチャイルドシートの口コミも】

チャイルドシート