フットバスの人気おすすめランキング15選【むくみや疲れに】

記事ID12132のサムネイル画像

自宅で足湯をする際に必要なフットバス。ボウル型やバケツ型、保温やマッサージの機能付きなど多くの種類があるため、どれがベストか悩んでしまいますよね。今回は足湯を楽しむ方のためにフットバスの電源タイプや機能、サイズなどの選び方や使い方、おすすめのフットバスをランキング形式でご紹介します。

フットバスを使えば自宅で足湯気分が楽しめる

立ち仕事や冷え性で足の疲れやむくみに悩んでいませんか?足の疲れを和らげるのにおすすめなのがフットバスです。自宅で簡単に足湯が楽しめてリラックス効果も抜群。しかし、足をフットバスにつけるだけで足の疲れやむくみが和らぐのか気になりますよね。

 

実は足は第二の心臓とも呼ばれている場所。足を温め血流を良くすることは、足だけでなく全身の血行を良くすることにつながります。同時にマッサージなどを行うことで老廃物も流れやすくなりむくみや疲れも取れやすくなります。

 

フットバスには保温機能バブル機能付きなど多くの種類があります。どれが良いのか悩んだ時のために、今回はフットバスの選び方や使い方、おすすめのフットバスをランキング形式で紹介します。ランキングは価格、機能、形状などの観点から作成しています

フットバスの選び方

まずはフットバスの選び方をご紹介します。サイズや形状、必要な機能などのポイントを押さえながら選ぶことが大切です。

電源タイプで選ぶ

フットバスには、ボウルやバケツなどのように電気を使わないタイプと、保温機能などがついた電気タイプがあります。それぞれの違いをチェックしておきましょう。

洗いやすいフットバスが欲しいなら手頃な価格の「ボウル」「バケツ」タイプを

電気を使わないボウルタイプやバケツ上のフットバスは、電源コードを必要としないため、どこでも使えるのが魅力です。軽く持ち運びしやすいものや折りたためるものも多く、その日の気分に合わせて好きな場所で足湯を行えます。

 

電気式に比べると価格が安いのも嬉しいポイント。シンプルな形のフットバスは洗いやすいので手入れが面倒な方にもおすすめです。

「マッサージ機能」や「保温機能」が欲しいなら電気タイプのフットバスを

電気タイプのフットバスの魅力は豊富な機能面にあります。お湯の温度を保ってくれる保温機能や、水を適温まで温めてくれる加温機能マッサージ機能やバブル機能がついている機種もあります。

 

マッサージは、付属のローラーが回転するもの、振動を与えるものや、細かいバブルを吹き出すものなど。機種ごとに異なりますので、購入前に欲しい機能がついているかどうかを確認しておくことが大切です。

 

また、電源コードを使用するものが多いため、どこでフットバスを行うかも考えてから購入すると安心です。

非電気タイプのフットバスは「フタつき」を選ぶと保温性がアップ

保温機能がついていないタイプのフットバスは、フタがついたものや保温性の高い素材でできたフットバスを選ぶとお湯が冷めにくくなります。冬場の使用や長時間使う場合にはフタつきや保温性の高い素材のフットバスを選ぶようにしましょう。

サイズで選ぶ

フットバスにはくるぶしまでの浅型とふくらはぎまでが入る深型があります。また幅の大きさも異なります。自分に合った深さや幅のフットバスを選びましょう。

持ち運びしやすい浅型フットバスは「くるぶし」が浸かるサイズを目安に

使用するお湯が少なくて済む浅型は、くるぶしが浸かるサイズを目安に選びましょう。また、あまり浅いとお湯がこぼれてしまうことがあるので、くるぶし丈のお湯を入れても上部に余裕があるかどうかも確認しておくことが大切です。

より足を温めたいなら「ふくらはぎ」まで入る深型のフットバスが効果的

冷え性の方や足の疲れがたまっている方は、ふくらはぎまでカバーできる深型がおすすめです。浅型よりも温める面積が大きい分、全体をしっかりと温めて足の疲れも軽減してくれますよ。

 

深型は使用するお湯の量が多く、浅型に比べるとお湯を捨てる手間もかかります。またサイズも大きくなりますので、収納場所も考えてから購入すると安心です。

男性や足が大きい人は「足の指」をしっかり広げられるかもチェックして

意外とチェックし忘れるのがフットバスの幅です。一般的なフットバスは女性の足を標準に作られていることが多く、足が大きい方や男性の方が使用すると窮屈な場合があります両足の指を広げても余裕があることを目安にして選んでみてくださいね。

 

一方で、足が小さい方は大きすぎるサイズを選ばないように気を付けましょう。余分なお湯の量が必要になりますし、お湯をこぼすリスクも高まります。自分の足のサイズ合ったフットバスを選ぶ事が大切です。

機能で選ぶ

フットバスには様々な機能が付加されている商品があります。自分が使う際に欲しい機能をチェックしておきましょう。

「むくみ」が気になるなら「マッサージ機能」付きのものも選択肢に

フットバスの底部に突起やローラーがついているものや、足を休めるスペースにマッサージ用のアダプターが付いているものは、足が疲れやすい方におすすめです。

 

電気タイプのフットバスには自動でローラーが回転するものもありますので、足がむくみやすい方や疲れやすい方は選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。中にはプロが使うような本格的なものもありますのでぜひチェックしてみてください。

長時間使用するなら「保温機能」付きのフットバスがおすすめ

ゆったりと足湯を楽しみたいなら、保温機能が付いているフットバスを選びましょう。足湯に適した水温を自動で保ってくれるので、長時間の使用でもお湯を足さずに済みますよ。

 

さらに加温機能もついているものなら、水を入れれば適温まで自動で温度をあげてくれます。お湯をフットバスに入れる手間がかからず便利です。自分好みの温度に設定できるものもありますので、お湯の温度にこだわりたい方は加温機能付きがおすすめです。

血行促進効果を高めたいなら「ジェットバス」「バブル」機能がついたフットバスがおすすめ

振動でマッサージ機能をアップさせるバイブレーション機能や、細かい気泡を発生させるバブル機能なども、あると嬉しい機能です。血行を良くするのはもちろん、角質を柔らかくしてくれるので足のお手入れもしやすくなりますよ。

リラックスタイムに使うなら「アロマオイル」や「入浴剤」が使用可能なものを

リラックスタイムに使うなら、フットバスにアロマオイルや入浴剤を入れるのがおすすめ。ただし、フットバスによってはアロマオイルや入浴剤が使えないものもあります。使用前にはしっかりと確認をしておくことも大切です。

 

アロマオイルは香りだけでなく、その時の体調に合わせてチョイスしてみても。花粉症で鼻が辛い時にはスッとする香りのユーカリやペパーミント、眠れない夜にはラベンダー、集中したい時にはレモンなどの柑橘系などを使ってみてはいかがでしょうか。

 

こちらの記事では、アロマオイルの選び方やおすすめのアロマオイルをランキング形式で紹介しています。アロマオイル選びの際に参考にしてみてください。

お手入れや収納を考えて選ぶ

日常的に使うフットバスは手入れが簡単かどうかも気になりますよね。また、収納場所を考えて選ぶことも大切です。

洗いやすさを重視するなら中が「フラット」なフットバスがおすすめ

洗いやすさで選ぶなら、底面がフラットなものがベストです。ボウルやバケツタイプは比較的洗いやすいものが多いので、洗いやすさを第一に考えるならボウルやバケツのフットバスを選びましょう。乾かしやすく中も拭きやすいので清潔に使えます。

「部品が取り外せる」ものは隅々まで洗いやすく乾かしやすい

フットバスは水を使うため、使用後はしっかり乾かしてカビなどを防ぎたいもの。そのためにも蓋の部分やアタッチメントが取り外せるものがおすすめです。スムーズに隅々まで洗えるので、洗いやすく乾きもスピーディ。次回も気持ち良く使うことができますよ。

楽に後片付けをしたい人は「排水口」があるかもチェックして

フットバスの残り湯を捨てる際に便利な排水口。深型タイプのフットバスはお湯の量も多いため、できれば排水口がついているものを選びましょう。排水口が付いていない場合でも、水を残さず捨てられる形状のものが、お手入れもしやすくおすすめです。

 

電気タイプのフットバスの中には、機械が自動的に排水を行ってくれるものもあります。気になる方は一度確認してみても良いでしょう。

省スペースに収納するなら「折りたたみ」タイプのフットバスが一番

収納ペースが限られている場合には、折りたたみ式のフットバスがおすすめです。折りたたむと厚さが10cm以下になるものが多く、ソファの下や洗面所の隙間などに収納が可能となります。また、持ち手部分がハンギング穴を兼ねているものも多く、吊り下げて収納することも。

 

お風呂場のタオルバーなどにかけて収納することもできます。ただし、吊り下げて収納する場合は耐荷重を確認してかけるようにしましょう。

夜間も使うなら「動作音」にも配慮した静音設計のフットバスを

電気タイプのフットバスは意外と動作音が気になるもの。特にバイブレーション機能やバブル機能を使用した際に音が大きくなる傾向があります。夜間に使用する際は他の家族の迷惑になる可能性がありますし、動作音が気になると自分もリラックスできませんよね。

 

商品の詳細欄に静音設計と記載されているものを選ぶと安心です。また、購入した方の口コミなどを参考にしてみるのも良いでしょう。

ネイルやリフレクソロジーなどの「サロン用」フットバスも参考に

フットネイルのケア前やリフレクソロジー時にフットバスを利用したことがある方もいらっしゃると思います。サロンで使われているフットバスやプロ仕様のものは、保温性が高くこだわりの機能がついているものも多くあります。

 

プロしか買えないわけでなく、Amazonや楽天などでも購入が可能ですので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。自宅で手軽にサロン気分が味わえますよ。

メーカーで選ぶ

フットバスを製造しているメーカーは多くあります。ここでは、高濃度炭酸泉を使用するフジデノロと、スチーム温浴が人気のパナソニックをご紹介します。

何にでも使いたいなら「ニトリ」がおすすめ

ニトリから発売している足湯バケツはお湯を貯めて温まるだけではありません。他にも浸け置き洗いに使ったり、アウトドアや防災用品としても使用できます。また、水切りもラクラクで使用後はたたんでコンパクトに収納できることも魅力です。


他用途に使えるものを探している方におすすめといえます。

少ない水で足湯をするなら「パナソニック」のスチーム温浴もおすすめ

足湯がしたいけれど、たくさんの水やお湯を用意するのが手間だと考える方におすすめなのが、パナソニックのスチーム足湯です。水をスチームに変換し足先からふくらはぎまでをしっかり温めてくれます

 

スチームを発生させるのに必要な水はわずかコップ半分。大量のお湯や水を持ち運びしにくい年配の方にもおすすめです。

高濃度炭酸泉を試してみたいなら介護施設でも使用されている「フジデノロ」をチェック

近年、介護施設や美容施設において炭酸泉足浴を行う場面が増えています。炭酸泉足浴に効果的な形状と使いやすさにこだわったのがフジデノロのフットバスです。少し変わった形ですが、ふくらはぎまでしっかりと浸かる形状にも関わらず湯量が少しで済みます。

 

また、足裏にも十分炭酸が回るように波型になっています。持ち運びもしやすいので、介護に使用したい方や炭酸泉の足湯を試してみたい方はチェックしてみましょう。

バケツタイプフットバスの人気おすすめランキング5選

介護施設や医療機関でも使われているフットバス

少し変わった形状が特徴的なフットバス。介護施設や医療機関、美容施設などでも使われている高濃度炭酸泉用のフットバスです。温浴効果の高いふくらはぎまでをカバーした深型で、お湯を捨てる際に便利な持ち手もついています。

 

自宅でも炭酸泉浴を楽しみたい方や、介護などで持ち運びしやすいフットバスを探している方におすすめです。

サイズ 33×36×29cm タイプ バケツタイプ
折りたたみ 不可 保温機能 なし

手軽に足湯が楽しめるバケツ型

持ち運びしやすく手軽に足湯を楽しみたい方におすすめのフットバスです。シンプルなバケツタイプで気軽に足湯ができるので幅広い方におすすめ。底部には足つぼ用の突起もついているので気持ち良く使用できます。

 

25cmまでの足に対応しているフットバスなので、男性の方や足の大きな方は注意してくださいね。

サイズ 32×37×21cm タイプ バケツタイプ
折りたたみ 不可 保温機能 なし

口コミを紹介

シャワー派ですが、足先をしっかり温めたい時もあり購入。浴槽に浸かる日以外は、毎日使っているほど買って良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

リフレクソロジーサロンオリジナルのフットバス

人気のリフレクソロジーサロンが開発したフットバス。特殊構造の発砲スチロールを使用することで、非電気タイプでありながら保温性も高く温かさが続きます。お湯を冷めにくくする2枚のフタもポイント。650gという軽さなので持ち運びも楽に行えます。

 

ふくらはぎまでゆったりと疲れる深さと、足つぼ用の突起でゆったりとした時間が過ごせそうなフットバスです。

サイズ 35×35×30cm タイプ バケツタイプ
折りたたみ 不可 保温機能 アシスト

口コミを紹介

リフレクソロジーに行ったとき、気に入ったので、やっと見つけれました。思ったより値段はしますが、いまの所は満足です。保温性も、思ってたよりあるので。30分ぐらい使い続けてます。

出典:https://www.amazon.co.jp

バケツとしても使いやすい丸型フットバス

軽量で安定感のあるフットバスです。直径34cmと足が大きな方でもゆったりと使えるサイズ。中底の突起が足裏に適度な刺激を与えてくれますよ。持ち手には滑り止めがついているためお湯を捨てる際も安心です。洗いやすいフットバスを探している方にもおすすめです。

サイズ 22×34cm×30cm タイプ バケツタイプ
折りたたみ 不可 保温機能 なし

口コミを紹介

サロンであまりやすっぽくないものを探していました。実物もやすっぽくなく、満足しています

出典:https://www.amazon.co.jp

フタつきでお湯が冷めずらい

インテリアに馴染みやすいシンプルなデザインのフットバス。フラットな底面はお手入れも簡単で常に清潔に使いたい方におすすめです。取り外し可能なフタつきでお湯を冷めにくくしてくれる効果も。タオルや飲み物を置くのにも便利です。

 

別売りされているブラシ状のフットケアマットと組み合わせれば、おうちエステ気分も味わえます。足湯だけでなく足裏のケアもしたい方は一緒に購入してみてはいかがでしょうか。

サイズ 32×38.5×21cm タイプ バケツタイプ
折りたたみ 不可 保温機能 なし

口コミを紹介

ずっと足湯用のバケツを探していました。とても使いやすく、足を入れるのも余裕です。シンプルであまりくぼみなどが無い物を探していましたが、希望通りの物が見つかって良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

バケツタイプフットバスのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6370166の画像

    リッチェル

  • 2
    アイテムID:6370163の画像

    株式会社ワールドジェイビー

  • 3
    アイテムID:6370160の画像

    クイーンズウェイ

  • 4
    アイテムID:6370157の画像

    株式会社ワールドジェイビー

  • 5
    アイテムID:6370156の画像

    フジデノロ

  • 商品名
  • フットバスバケツ
  • PPフットバス
  • フットバス
  • 足湯専科
  • 高濃度炭酸泉 B-da用フットバス
  • 特徴
  • フタつきでお湯が冷めずらい
  • バケツとしても使いやすい丸型フットバス
  • リフレクソロジーサロンオリジナルのフットバス
  • 手軽に足湯が楽しめるバケツ型
  • 介護施設や医療機関でも使われているフットバス
  • 価格
  • 970円(税込)
  • -
  • 7,480円(税込)
  • 1,222円(税込)
  • -
  • サイズ
  • 32×38.5×21cm
  • 22×34cm×30cm
  • 35×35×30cm
  • 32×37×21cm
  • 33×36×29cm
  • タイプ
  • バケツタイプ
  • バケツタイプ
  • バケツタイプ
  • バケツタイプ
  • バケツタイプ
  • 折りたたみ
  • 不可
  • 不可
  • 不可
  • 不可
  • 不可
  • 保温機能
  • なし
  • なし
  • アシスト
  • なし
  • なし

マッサージ機能付きのフットバスの人気おすすめランキング3選

アタッチメントでポイントケアができる

振動によるマッサージ可能なフットバス。振動のみ、振動+バブル、振動+バブル+ジェット噴流と3種類のモードが選べます。保温機能もついているので、ゆっくりと足湯を楽しめます。

 

また、汚れ取りブラシ、角質取り、マッサージボールの3種類のアタッチメントも付属。アタッチメントは回転と固定の2箇所に取り付けることができますので、お好みのスタイルに合わせて使用してみましょう。

サイズ 37×42×21cm タイプ 電気タイプ
折りたたみ 不可 保温機能 あり

口コミを紹介

寝た切りの家人が週一回ヘルパーさんに足湯して貰い喜んでいます。寒くなれば回数が増えることと思います。購入して良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

バブルと振動マッサージ機能で足の疲れを軽減

ローラーが回転して足裏を優しくマッサージしてくれるフットバスです。ローラーは角質取りやポイントマッサージのアタッチメントにも変更が可能。その日の気分に合わせて使用できます。足を優しく刺激するバブルと振動のマッサージが足の疲れを和らげてくれますよ。

 

排水口もついているので、お湯を捨てやすいことも嬉しいポイント。シンプルな操作スイッチは分かりやすく、年配の方にもおすすめです。

サイズ 34.8×40.9×18.5cm タイプ 電気式
折りたたみ 不可 保温機能 アシスト

口コミを紹介

寝る前の楽しみなりました。おかげで快眠です。欲を言えばもう少し深さがほしかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

足ツボローラーでケアしつつ温まる

シンプルなデザインながらコントロールパネルで温度調節も可能で使いやすさが魅力です。温度は20〜38℃までは3℃刻み、39〜48℃までは1℃刻みで調節可能。また、10分刻みでタイマーをセットできるので、使いすぎを防ぎたい方にもおすすめです。

サイズ 38.6×24.3×45.9cm タイプ 電気式
折りたたみ 不可 保温機能 あり

口コミを紹介

温度設定ができたりバブルが出たりと、機能が充実していて良いと思いました。42℃設定にしたら、足が真っ赤になるほどあたたまり、個人的には40℃でも十分なくらいでした。

出典:https://review.rakuten.co.jp

マッサージ機能付きのフットバスのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6370518の画像

    トリコインダストリーズ

  • 2
    アイテムID:6370174の画像

    アルインコ(Alinco)

  • 3
    アイテムID:6370171の画像

    アルインコ(Alinco)

  • 商品名
  • フットバス ルピエ
  • フットマッサージ フットリラ
  • ALINCO フット・バブ ライト MCR4000
  • 特徴
  • 足ツボローラーでケアしつつ温まる
  • バブルと振動マッサージ機能で足の疲れを軽減
  • アタッチメントでポイントケアができる
  • 価格
  • 8,100円(税込)
  • -
  • -
  • サイズ
  • 38.6×24.3×45.9cm
  • 34.8×40.9×18.5cm
  • 37×42×21cm
  • タイプ
  • 電気式
  • 電気式
  • 電気タイプ
  • 折りたたみ
  • 不可
  • 不可
  • 不可
  • 保温機能
  • あり
  • アシスト
  • あり

保温機能付きフットバスの人気おすすめランキング3選

リモコン付きで使いやすい日本製フットバス

使いやすいリモコン付きのフットバス。温度の調整やマッサージ機能の切り替えが手元で簡単にできます。自動加熱機能付きなのでお湯を沸かす手間もかかりません。折りたたみ可能で折りたたむと厚さは7.8cmに。収納場所があまり取れない方にもおすすめです。

サイズ 40x45x26cm タイプ 電気式
折りたたみ 保温機能 あり

口コミを紹介

温度も下がらないし、バブルもしっかり出て、ベンケイくらいまでお湯が入るので、とても温まります。足湯としてお客様も気に入ってくれてます。

出典:https://www.amazon.co.jp

加温機能付きで自動で適温調整

お湯を沸かす手間がいらない加温機能付きのフットバスです。水を入れて20分で足湯に最適な38度~42度のお湯に。角質を和らげるのにもちょうど良い温度でゆったりと足の疲れを癒してくれます。

 

底部や中央部分には足つぼローラーが付属。心地よい刺激を与えてくれます。バブル機能のオンオフも可能なので、自分の好みに合わせた足湯を楽しめますよ。ピンクとホワイトのキュートなデザインなので女性へのプレゼントにもおすすめです。

サイズ 23×38×45.5.cm タイプ 電気タイプ
折りたたみ 不可 保温機能 あり

口コミを紹介

保温ができて、マッサージもでき大変喜んで貰えました。お値段も手ごろで満足しています。これからの季節重宝しそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

加温&保温機能で適温をキープしてくれるおしゃれフットバス

38℃から43℃まで温度設定が可能なフットバス。押しやすい液晶パネルで温度設定や機能の切り替えも簡単です。細かい振動とバブルに加えて、ローラーや足つぼ用のアタッチメントも付属。着脱可能なのでその日の足の疲れによって使い分けてみましょう。

 

また、中央部分にはお手入れに嬉しい軽石やブラシも。足の疲れを取るだけでなく、足のケアもこれ一台でOKです。

サイズ 37.5×42.5×高さ20cm タイプ 電気タイプ
折りたたみ 不可 保温機能 あり

口コミを紹介

軽くて持ち運びに便利だと思いました。加温があるので、温度も下がらず寒い時期でも体まで温まります。深さが思ったより浅かったので、この軽さで、もう少しだけ深さがあれば最高でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

保温機能付きフットバスのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6370188の画像

    ウィキャン(Wecan)

  • 2
    アイテムID:6370185の画像

    トリコインダストリーズ

  • 3
    アイテムID:6370182の画像

    Wooce

  • 商品名
  • フットバス 楽湯 ~極~
  • フットバス ピエ・ド・スパ
  • フットバス リモコン付き
  • 特徴
  • 加温&保温機能で適温をキープしてくれるおしゃれフットバス
  • 加温機能付きで自動で適温調整
  • リモコン付きで使いやすい日本製フットバス
  • 価格
  • -
  • 6,320円(税込)
  • -
  • サイズ
  • 37.5×42.5×高さ20cm
  • 23×38×45.5.cm
  • 40x45x26cm
  • タイプ
  • 電気タイプ
  • 電気タイプ
  • 電気式
  • 折りたたみ
  • 不可
  • 不可
  • 保温機能
  • あり
  • あり
  • あり

折りたたみ式フットバスの人気おすすめランキング4選

ハンギング穴付きでぶら下げ収納が可能

厚さ7cmに折りたためるコンパクトなフットバス。ハンギング収納にも便利な大き目の持ちで持ち運びがしやすい形状です。マッサージローラーやポイントマッサージのアタッチメント付きで足裏に心地よい刺激を与えてくれます。

サイズ 40 x 50 x 22cm タイプ バケツタイプ
折りたたみ 保温機能 なし

口コミを紹介

折りたたみで収納がコンパクト。父が足が温まらず眠れないと話していたので、アロマオイルをたらしてマッサージをしてました。サイズもゆったりなので マッサージもしやすかったです

出典:https://www.amazon.co.jp

ふちが広くて使いやすい

ふちが広くゆったりと使えるフットバスです。足を洗ってもらう場合にも洗いやすい形状ですので、介護で使用される方にもおすすめ。全体的にサイズが大きいので足が大きい男性の方でもゆったりと使用することができます。

 

折りたたみ時は5.9cmとコンパクトになるので、隙間収納も可能です。

サイズ 46.5×40.5×19.1cm タイプ バケツタイプ
折りたたみ 保温機能 なし

口コミを紹介

脊椎の病気で足が冷えるため風呂場で椅子に座りながら足元にお湯を入れて温めて使っています。大きさも足湯用に作ってあるので無駄がなくしっかりしていて色も形も可愛いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

47℃までの水温調整が可能

35℃から47℃まで水温調整が可能な折りたたみ式フットバスです。リモコン付きで1℃単位で水温を調整できるので、お好みの温度で気持ち良く足湯が楽しめます。足つぼやバブルジェットバス機能も付いているためよりリラックスして過ごせますよ。

 

また、つけ置きバブル洗浄機としての使用も可能。バブルと温水で気になる汚れを落としやすくしてくれます。

サイズ 41×45×25cm タイプ 電気タイプ
折りたたみ 保温機能 あり

口コミを紹介

軽くて丈夫、扱いやすくて便利です。温度も割と早く上がりますし、満足してます。

出典:https://www.amazon.co.jp

使いやすさと機能性を兼ね備えたフットバス

コンパクトに折りたためて持ち運びや収納に便利なフットバス。加温式で水を入れるだけで自動的に足湯に適した水温に調整してくれます。操作が苦手な方でも使いやすいオンオフボタンで付きです。

 

底部の足つぼ用の突起とバブルジェットで足裏を心地良くマッサージ。ネイルサロンや介護でも使われる人気商品です。

サイズ 39x43.5x20.5cm タイプ 電気タイプ
折りたたみ 保温機能 あり

口コミを紹介

介護に使用する為購入。使用しましたが折りたたみが出来るので持ち運びが楽で、お湯から入れて冷めてきたらヒーターをオンにすると直ぐに温まり、便利でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

折りたたみ式フットバスのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6370202の画像

    ヒロコーポレーション(Hiro Corporation)

  • 2
    アイテムID:6370199の画像

    scs

  • 3
    アイテムID:6370196の画像

    クロシオ(Kuroshio)

  • 4
    アイテムID:6370193の画像

    Shinepine

  • 商品名
  • バブルフットバス
  • どこでもフットバスDX
  • ASHI湯
  • 足湯バケツ
  • 特徴
  • 使いやすさと機能性を兼ね備えたフットバス
  • 47℃までの水温調整が可能
  • ふちが広くて使いやすい
  • ハンギング穴付きでぶら下げ収納が可能
  • 価格
  • -
  • -
  • 2,600円(税込)
  • -
  • サイズ
  • 39x43.5x20.5cm
  • 41×45×25cm
  • 46.5×40.5×19.1cm
  • 40 x 50 x 22cm
  • タイプ
  • 電気タイプ
  • 電気タイプ
  • バケツタイプ
  • バケツタイプ
  • 折りたたみ
  • 保温機能
  • あり
  • あり
  • なし
  • なし

自宅で行う正しい足湯のやり方

足湯をリビングなどで行う場合はフットバスの下にバスタオルなどを敷いておきます。また足を拭くタオルや飲み物も用意しておきましょう。保温機能がないフットバスは足し湯用に60℃ほどのお湯を入れたポットなどを用意しておくと、お湯が冷めてきても安心です。

 

フットバスに43℃程度のお湯を入れ、好みでアロマオイルなどを加えます。足し湯をしながら湯温を40℃~42℃にキープし、15分から20分ほど足をつけましょう。時間がある時は20分の足湯のあとに休憩をはさんでもう1度足湯をするのもおすすめです。

 

足がしっかりと温まったら水分をしっかりと拭き取ります。水分が残っていると足が冷えやすくなりますので、指の間などもしっかりと拭き取ってから靴下を履きましょう。また、足が温まっているうちにマッサージやケアをするのもおすすめです。

フットバスの後はネイルサロン気分で足のお手入れをしよう

フットバスで足をしっかり温めたあとは、フットケアの大チャンスです。角質が柔らかくなっているため、角質の除去ケアや爪の甘皮処理に最適。普段は固い爪も水分を含んで柔らかくなっていますので、足の爪の形を整えるのもおすすめですよ。

 

こちらの記事では爪をきれいに整えるのに欠かせない爪やすりを紹介しています。爪やすりの選び方やおすすめの商品をランキング形式で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ネイルサロン気分で、フットケアを楽しんでみましょう!

フットバス・足湯バケツの代用アイデア

フットバスが壊れてしまった場合や届くまで待てない時、何かで代用できないかと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。フットバスや足湯バケツの代用として、バケツやゴミ箱、洗面器、発砲スチロールの箱などが挙げられます。

 

しかし、一時的な使用としては良いのですが、やはり水漏れがしやすいサイズが合わないなどの問題が起こりがちです。リラックスして心地良く足湯をするためにも、やはり専用のフットバスを使用するのがおすすめです。

まとめ

今回は足湯をするのに欠かせないフットバスを紹介してきました。選び方やランキングは参考になりましたか?様々な機能や形状があるフットバス。足の疲れやむくみを和らげ、リラックスタイムを楽しむためにも、ぜひ素敵なフットバスを選んでくださいね!

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年05月29日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【タオルソムリエ厳選】バスタオルの人気おすすめランキング22選【ふわふわ・コスパの良いものなど】

【タオルソムリエ厳選】バスタオルの人気おすすめランキング22選【ふわふわ・コスパの良いものなど】

日用品
【300人に調査】美味しいお菓子の人気おすすめランキング73選もらって嬉しいお菓子や子供が喜ぶお菓子も】

【300人に調査】美味しいお菓子の人気おすすめランキング73選もらって嬉しいお菓子や子供が喜ぶお菓子も】

菓子・スイーツ
【2021年最新版】ダウンベストの人気おすすめランキング15選【メンズ・レディース・人気ブランドも!】

【2021年最新版】ダウンベストの人気おすすめランキング15選【メンズ・レディース・人気ブランドも!】

メンズトップス
マッサージクッションの人気おすすめランキング10選【2021年最新版!腰痛や肩こりにも】

マッサージクッションの人気おすすめランキング10選【2021年最新版!腰痛や肩こりにも】

マッサージ器
【2021年最新版】ボディブラシの人気おすすめランキング30選【馬毛・豚毛・山羊毛】

【2021年最新版】ボディブラシの人気おすすめランキング30選【馬毛・豚毛・山羊毛】

ボディケア用品
ブラシアイロンの人気おすすめランキング20選【ショートやくせ毛・初心者の方にも!】

ブラシアイロンの人気おすすめランキング20選【ショートやくせ毛・初心者の方にも!】

ドライヤー・ヘアアイロン