Bluetoothスピーカーの人気おすすめランキング15選【2020年最新版】

記事ID11672のサムネイル画像

端末と簡単に接続できるBluetoothスピーカーは、手軽に音楽が聴けるのが便利です。おしゃれなものや防水性のあるものがあり、SonyやBOSE、JBLなどからも販売されています。Bluetoothスピーカのおすすめランキングや選び方をまとめました。

ワイヤレスで使えるのが便利なBluetoothスピーカー

Bluetoothスピーカーは、ワイヤレスで接続してスマホやPCなどの音楽を聴くことができます。軽量タイプなら、携帯するのも簡単です。どこでも音楽を聴くことができて、アウトドアなど使用するにも便利ですよね。

 

Bluetoothスピーカーは、あまり音質が良くないイメージがあります。しかし、現在はハイレゾに対応したものなど音質の良いものも増えているんです!Bluetoothスピーカーは、安いものから高級なものまであり、メーカーもSony・BOSE・JBLなど種類が多いです。

 

そこで今回はBluetoothスピーカーの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。ランキングは重量・重量・防水性能の3つのポイントを基準として作成しました。

Bluetoothスピーカーの選び方

Bluetoothスピーカーは音質に関わる要素やどんな機能を持っているかなど、選ぶためのポイントは数多くあります。メーカーなどについてもまとめたので、参考にしてください。

音質で選ぶ

Bluetoothスピーカーの音質に関わる点はかなり多いです。接続に関係するコーデックは音質にも影響してきます。それぞれのポイントをご紹介するので、自分の求めるBluetoothスピーカーを見つける参考にしてください。

低音域にこだわりたいなら「パッシブラジエーター」搭載モデル

小型が多いBluetoothスピーカーは、低音の弱いものが多いです。そのため、音質にこだわるならパッシブラジエーターを搭載したBluetoothスピーカーを選びましょう。パッシブラジエーターは、空気を振動させることで低音域を増強させることができます。

 

Bluetoothスピーカーの音質への影響が大きなユニットで、低音だけでなく高音にも影響します。高音質の音楽を楽しみたいなら、パッシブラジエーターを搭載したものがおすすめです。ただし、メーカーのよって違う名前がついている場合もあるので注意しましょう。

音量と低音の響き方は「アンプ出力(W数)」で判断する

スピーカーの性能に深く関係するアンプ出力は、W数で表されます。W数が大きくなるほど音量が大きくなり、低音が良く響くようになります。1Wだと低音を聴くことはほとんどできません。広い空間で使用するほど、W数の大きなものが必要になります。

 

10畳くらいの部屋でメインのスピーカーとして使うなら、5~15Wくらいのものを選びましょう。広いリビングやライブハウス、屋外で使うなら20W以上のBluetoothスピーカーがおすすめです。

立体感のある音を楽しみたいなら「ステレオ」

スピーカーは、モノラルとステレオの2種類に大きく分けられます。モノラルはスピーカーが1基で、ステレオはスピーカーが2基あるタイプです。2つのスピーカーから音が出るステレオの方が音が立体的で音質も良くなります。

 

また、音割れも起こりにくいです。価格は高くなりますが、音質が良い物が欲しいならステレオのBluetoothスピーカーがおすすめです。2台のモノラルスピーカーを同時にペアリングすることで、ステレオスピーカーとして使用することもできるものもあります。

迫力を重視するなら「スピーカーユニットの数」の多いもの

Bluetoothスピーカーはスピーカーユニットの数が1つのものと、複数あるものがあります。「フルレンジスピーカー」は1つのスピーカーユニットで、全ての音域を扱います。スピーカーユニットが2つ以上ある方が高音質です。

 

高音質なものが欲しいなら、ユニットが低音域の「ウーファー」と高音域の「ツイーター」に分かれた2WAYスピーカーがおすすめです。サイズは大きくなりますが、3つのユニットを搭載した3WAYスピーカーは更に高音質になります。

高音質のものが欲しいなら高音質に対応した「コーデック」のものを

Bluetooth接続する場合、スピーカーと再生機器の両方が同じコーデックに対応していないと接続できません。コーデックは音質にも影響するので、SBC<AAC<apt-X<LDACの順で音質が良くなります。

 

SBCは基本的なコーデックなのでほとんどの製品に対応していますが、音質はよくありません。音質を意識するなら、AAC以上のコーデックに対応したBluetoothスピーカーがおすすめです。

機能で選ぶ

Bluetoothスピーカーは防水性能のあるものやどの方向からでも同じように聴こえる機能を持ったものなどがあります。Bluetoothスピーカーの機能についてまとめました。どんな機能が必要か考えて選びましょう。

どの方向からでも音楽を楽しみたいなら無指向性の「360°タイプ」

一般的にスピーカーは、1つの方向に向かって音を出します。そのため、スピーカーと音を聞く人の位置関係で音が聞こえにくくなることもあります。Bluetoothスピーカーは位置を移動させるのが簡単ですが、自由に置けることがデメリットになることもあります。

 

360°タイプのBluetoothスピーカーなら、どの角度からでも同じように音を聞くことが可能です。音の聞こえ方は、スピーカーとの距離で決まります。どの方向からでも音楽を楽しみたいなら、360°タイプがおすすめです。スピーカーを置く位置が自由になるのもメリットです。

「防水・防塵」性能のあるものは屋外でも使いやすい

屋外に持ち出すことが多いなら、防水性能のあるBluetoothスピーカーを選びましょう。防水仕様になっているものなら、雨が降った場合でも安心です。防水性能はIP68などと表記されたものが多く、右の数字が防塵性能、左の数字が防水性能を表します。

 

細かなホコリが入らないようにするためには、IP5Xの防塵性能を持つものを選びましょう。水に濡れることを考慮するならIPX5以上、水没を考慮するならIPX7以上が目安になります。ただし、あくまで目安なので商品説明でどこまで大丈夫なのか確認しましょう。

屋外で長時間使うなら電源が確保しやすいものや充電しやすいものが便利

Bluetoothスピーカーは、ACアダプターで給電するものやバッテリーを内蔵したものなどがあります。バッテリー内蔵の充電タイプは持ち運びに便利ですが、長時間使用するとバッテリーが切れやすくなります。バッテリーの持続時間や充電しやすさなども考えましょう。

 

USBで充電できるものだと、モバイルバッテリーで充電可能です。シガーソケットに接続できるなら車の電源でもBluetoothスピーカーが使えます。屋外で長時間使うなら、電源が確保しやすいものや充電しやすいものがおすすめです。

「複数台接続機能」があるものは広い場所でも使いやすい

以前は、一度に1台しか接続できなかったBluetoothスピーカーですが、最近は複数台接続機能を搭載したものも増えています。再生した音楽を複数台のスピーカーから同時に流すことが可能です。

 

複数のスピーカを使用することで迫力ある音声が楽しめるだけでなく、広い空間でも充分な音量で再生することができます。スピーカとの位置関係で音が聞こえにくくなるのを防げるのもメリットです。

「ラジオ」が聴けるタイプなら防災用にも便利

Bluetoothスピーカーは、ラジオを聴くことができるタイプも販売されています。電波障害に強いワイドFMにも対応したものも多いので、災害時などにラジオを聴くのに便利です。

 

ただし、USBに接続しないとラジオを使用できないタイプがあるので注意しましょう。接続せずに使える方がラジオを聴くことだけ考えたら利便性が高いです。

首に掛けられる「ネックスピーカー」なら歩きながらでも使いやすい

ネックスピーカー型は、首にかけて使用するタイプのBluetoothスピーカーです。手に持たずに移動することができ、同じ音量で音楽を楽しむことができます。ヘッドホンのように耳は塞がらないので、周囲の音も同時に聴くことが可能です。

 

自宅で使う人が多いですが、防水性能のあるものなら屋外でも安心して使えます。ただし、複数人が使うのには向いていません。

使用場所で選ぶ

Bluetoothスピーカーは、どんな場所で使うのかによっても求められる性能が変わってきます。使用場所ごとに考えるべきポイントをまとめたので、参考にしてください。

リビングなど家の中で使用するなら大きめ「据え置き型」

家の中で使いたい場合は、大きめのサイズの据え置き型がおすすめです。大型で重量がある方が広い音域で、歪みの少ない高音質のサウンドが楽しめます。持ち運びには不便な重さでも据え置き型なら問題ありません。

 

形状は直方体や円筒形の方が音が広がりやすく、発音ユニットを多く搭載できるので立方体などより音質面でおすすめです。ただし、家の中で使う場合でも大きすぎると持ち運びに不便です。移動させることが多いなら、サイズは幅30cm以下で重さ1kg以下に抑えましょう。

「お風呂」で使いたいなら防水性能の高いものを

お風呂でBluetoothスピーカーを使いたいという人も多いです。その場合は、防水性能があるものがおすすめです。水滴がかかる程度なら高い防水性は必要ありませんが、湯船に落とすリスクもあります。

 

水没した場合でも耐えられるIPX7以上の製品を選んでおいた方が安心して使えます。

屋外で使うなら長時間使用できるものや充電しやすいものが便利

Bluetoothスピーカーは、ACアダプターなどで給電するタイプよりバッテリーを内蔵したものが主流です。屋外などで使用する機会が多いなら、長時間バッテリーが持つものを選ぶようにしましょう。

 

モバイルバッテリーが使えるタイプなら、どこでも充電しやすいのでこちらもおすすめです。

「車内」で使うなら設置しやすいもの

車内でBluetoothスピーカーを使用したい人も多いです。車載用として使うなら、ダッシュボードやサンバイザーなどに取り付けるタイプは設置しやすく場所を取りません。ドリンクホルダーに収まる形状のものも使いやすいです。

 

シガーソケットで充電できるタイプなら、充電切れになっても運転中に簡単に充電できます。車内での使いやすさを考えたBluetoothスピーカーも多く販売されています。

インテリアとして使いたいなら「おしゃれ」なものやかわいいものを

Bluetoothスピーカーは、インテリアとしても使えるおしゃれなものも増えています。北欧風のデザインのものもかわいいと人気です。据え置き型として使うことを考えたものは重いものもありますが、持ち運びに便利なものも販売されています。

 

スピーカーとして購入するのですからデザインだけで選ぶのではなく、音質も考えて選ぶようにしましょう。

価格帯で選ぶ

Bluetoothスピーカーは、数千円程度のものから10万円以上するものまであります。価格帯によって音質や機能がかなり変わってきます。価格帯ごとのBluetoothスピーカーの選び方をまとめました。

コスパを考えるなら5000円以下でも購入できる安いもの

Bluetoothスピーカーは、5000円以下で購入できる製品も多数販売されています。価格が安いタイプは機能はシンプルですが、性能の悪くないものも販売されています。音楽の再生やスマホでのハンズフリー通話などがメインならそれなり性能のものが手に入ります。

高音質にこだわるならデザインもおしゃれな「高級Bluetoothスピーカー」

Bluetoothスピーカーは、数万円から10万円以上する高級なものが販売されています。高級なモデルは、ハイレゾ対応のものやより高度な音質に対応するコーデックを採用したものが多いです。

 

かなり凝ったデザインのものや独自の機能を搭載したものも増えています。音質にこだわって高級なBluetoothスピーカーを購入するなら、機能やデザインなども考えて選びましょう。

メーカーで選ぶ

Bluetoothスピーカーは多くのメーカーから販売されており、国内はもちろん海外メーカーのものも多いです。人気の高いメーカーの特徴についてまとめました。

アウトドア向けのものが欲しいなら「ジェイビーエル(JBL)」

JBLは、アメリカの歴史あるオーディオメーカーです。元々は業務用やマニア向けの大型スピーカーを中心に販売していましたが、現在は手軽に買えるモデルも販売しています。販売するスピーカーのバリエーションが豊富で、コスパの良さやデザイン性でも人気があります。

 

Bluetoothスピーカーはバッテリーの使用時間の長いものや防水性能の高いものを販売しており、アウトドアに使いたい人におすすめです。

コンパクトなBluetoothスピーカーが欲しいなら「ソニー(SONY)」

オーディオメーカーと有名なソニーは、ウォークマンを作るなどコンパクトな製品を作る技術に定評があります。「CD」や「ハイレゾ」を生み出したのもソニーで、音質に関する評価も高いです。

 

独自の音声圧縮技術の「LDAC」を活かしたBluetoothスピーカーを販売しています。ハイレゾや高音質のコーデックに対応したものなど種類が多く、コンパクトなBluetoothスピーカーが欲しいにおすすめです。

重低音にこだわるなら「ボーズ(Bose)」

ボーズは、マサチューセッツ工科大学教授のアマー・G・ボーズ博士が設立した音響機器メーカーです。低音を出すスピーカーは大型になりがちですが、ボーズは独自の理論で小型で重低音を出すスピーカーで高い評価を受けています。

 

小型が多いBluetoothスピーカーで、重低音の出るものが欲しい人にはおすすめのメーカーです。Bluetoothスピーカーのバリエーションも多いので、よく比較して自分に合ったものを選びましょう。

おしゃれなデザインのものが欲しいなら「ビーツ(Beats)」

ビーツは、インタースコープ・レコードの会長ジミー・アイアヴィーンとラッパーのドクター・ドレ―が設立したブランドです。ヘッドホンやスピーカーのメーカ―として有名で、デザイン性の高さや良質な重低音で人気があります。

 

ストリートスタイルを意識したおしゃれなデザインのBluetoothスピーカーが欲しいならおすすめです。

クセのないクリアな音質のものが欲しいなら「Yamah(ヤマハ)」

ヤマハは、ピアノの売り上げで世界一を誇る世界最大の総合楽器メーカーです。スピーカーも高級なものから手ごろな価格ものまで販売しており、Bluetoothスピーカーのメーカーとしても人気があります。

 

下の記事は、Bluetoothスピーカーを含むさまざまなスピーカーの選び方やおすすめ商品をご紹介しています。興味のある人は参考にしてください。

車載用のBluetoothスピーカーの人気おすすめランキング3選

3位

JBL

FLIP5 Bluetoothスピーカー

価格:9,873円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドリンクホルダーにぴったり収まる

ペットボトルと同等のサイズで、車のドリンクホルダーに収納できるBluetoothスピーカーです。重さも中身の入ったポットボトルとそれほど変わりません。20Wと高出力のスピーカーでパワフルな低音が楽しめます。

 

水深1mに水没しても30分は耐えられる防水性能があるので、水のあるところでも安心して使えます。車載用だけでなく、持ち運びにも便利なBluetoothスピーカーです。

重量540g電源バッテリー
防水性能IPX7

口コミを紹介

一万円弱でこの音が手に入るなら、買いです。微妙な違いを聴き分けられる耳はあいにく持ち合わせておりませんが、それでも聴いてて十分嬉しくなるような音だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

セイワ(SEIWA)

Bluetoothサウンドセンサースピーカー BT900

価格:6,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シガーソケットで充電可能

カー用品のメーカーの販売するダッシュボードに張り付けられるBluetoothスピーカーです。車載用に便利なサイズでシガーソケットからも充電できます。

 

4Wのスピーカーを2期搭載しているので、車内でパワフルなステレオサウンドが楽しめます。リモコン付きで操作性が高いのも魅力です。

 

重量-電源バッテリー
防水性能-

口コミを紹介

スマホの音楽を車で聴くのに買いました。スマホから直接聴くより遥かにいいです!ハンズフリーで電話するのも快適だし大満足です!

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

サンワダイレクト

Bluetooth 高音質Hi-Fiスピーカー 400-BTCAR003

価格:4,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

車内でハンズフリー通話をするのに便利

ノイズキャンセリング機能とマイク付きで通話に便利なBluetoothスピーカーです。サンバイザーに取り付けて車内で通話することを考えられて作られています。振動を感じると電源がオンになる機能があり、車のエンジンをかけると電源が入ります。

 

3W出力のHi-Fiスピーカー搭載で、車載用として十分なパワーがあります。音楽の再生は最長14時間と長持ちです。モバイルバッテリーやシガーソケットからも充電できます。

重量124g電源バッテリー
防水性能-

口コミを紹介

音はきれいですし、こちらの音声は相手にクリアに伝わるようです。
しかも、小声でも走行中でありながらも聞こえるようで、看板に偽りなしです.

出典:https://www.amazon.co.jp

車載用のBluetoothスピーカーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5658610の画像

    サンワダイレクト

  • 2
    アイテムID:5658606の画像

    セイワ(SEIWA)

  • 3
    アイテムID:5658611の画像

    JBL

  • 商品名
  • Bluetooth 高音質Hi-Fiスピーカー 400-BTCAR003
  • Bluetoothサウンドセンサースピーカー BT900
  • FLIP5 Bluetoothスピーカー
  • 特徴
  • 車内でハンズフリー通話をするのに便利
  • シガーソケットで充電可能
  • ドリンクホルダーにぴったり収まる
  • 価格
  • 4980円(税込)
  • 6600円(税込)
  • 9873円(税込)
  • 重量
  • 124g
  • -
  • 540g
  • 電源
  • バッテリー
  • バッテリー
  • バッテリー
  • 防水性能
  • -
  • -
  • IPX7

おしゃれなBluetoothスピーカーの人気おすすめランキング3選

3位

オーディオ専門店でんき堂スクェア

KATCH キャッチ

価格:49,998円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バッテリーが持続時間が長い北欧製のBluetoothスピーカー

カラフルでスタイリッシュなデザインの北欧製のBluetoothスピーカーです。コンパクトサイズですが、25Wの高出力で音質も優れています。バッテリー持続時間が24時間とかなり長くなっており、持ち運びに便利な革製のキャリー・ストラップ付です。

重量1100g電源バッテリー
防水性能-
2位

LFS

ポータブル Bluetooth スピーカー

価格:2,190円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

視覚的にも楽しめるRGB自動変更LEDライト搭載

色が少しずつ変化するLEDライトがおしゃれなBluetoothスピーカーです。パッシブラジエーター搭載の360度全方位ステレオで、どの方向からでもクリアな音声が楽しめます。

 

コンパクトで軽量なので、持ち運びにも便利です。防水性があるので、お風呂で使うこともできます。

重量268g電源リチウムイオンバッテリー
防水性能IPX5

口コミを紹介

安くて見た目もいいなって思って即購入しました。コンパクト設計なのに音質が本当によく音割れしないのが最高です!今までイヤフォンだったりスピーカーを買っては音割れや音質が気になってましたが、今回初めて大満足の物が買えて嬉しいです!

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ソニー(SONY)

グラスサウンドスピーカー LSPX-S2

価格:40,337円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

照明を思わせるデザインの高音質スピーカー

インテリア照明のようなデザインのBluetoothスピーカーです。使用された有機ガラスはおしゃれなだけでなく、振動ユニットとしての役割を果たしています。高音質コーデックのLDACに対応しており、CD音源や圧縮音源もハイレゾ相当の高音質で聴くことが可能です。

 

Wi-Fiにも接続可能で、音楽ストリーミングサービスも利用できます。インテリアとして楽しめる高音質なBluetoothスピーカーが欲しいにおすすめです。

重量1100g電源バッテリー
防水性能-

口コミを紹介

部屋の中心に置くとどの位置に居てもクリアな音が聞こえてきます、設置するときはなるべく石板など固くて厚みのある物の上にするとよりキレイな音が聞こえると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

おしゃれなBluetoothスピーカーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5658414の画像

    ソニー(SONY)

  • 2
    アイテムID:5658341の画像

    LFS

  • 3
    アイテムID:5658424の画像

    オーディオ専門店でんき堂スクェア

  • 商品名
  • グラスサウンドスピーカー LSPX-S2
  • ポータブル Bluetooth スピーカー
  • KATCH キャッチ
  • 特徴
  • 照明を思わせるデザインの高音質スピーカー
  • 視覚的にも楽しめるRGB自動変更LEDライト搭載
  • バッテリーが持続時間が長い北欧製のBluetoothスピーカー
  • 価格
  • 40337円(税込)
  • 2190円(税込)
  • 49998円(税込)
  • 重量
  • 1100g
  • 268g
  • 1100g
  • 電源
  • バッテリー
  • リチウムイオンバッテリー
  • バッテリー
  • 防水性能
  • -
  • IPX5
  • -

安いBluetoothスピーカーの人気おすすめランキング3選

3位

XLEADER

SoundAngel

価格:1,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プレゼントにも適したおしゃれなBluetoothスピーカー

低価格ですがデザインがおしゃれで、プレゼントにもぴったりのBluetoothスピーカーです。持ち運びに便利なポータブルハードケースも付属します。

 

ノイズキャンセリング機能とマイク付きで、ハンフリー通話にも使いやすいBluetoothスピーカーです。最大15時間再生可能で、長時間音楽が楽しめます。

 

重量-電源バッテリー
防水性能防水ケース付き

口コミを紹介

デザインもフラットなのでシンプルでLEDが
よく映えます♪音質も問題なくとても聞き取りやすく
このお値段だとコスパかなりいいと思います!

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

EWA

EWA A106

価格:1,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

機能を絞り込むことで低価格ながら音質も良い

2000円以下で購入できるBluetoothスピーカーですが、パッシブラジエーター搭載で重低音が楽しめます。徹底的に無駄を省いた作りになっており、ボタンは1つだけというシンプルさです。余分な機能はありませんが、音質に関する評価は高くなっています。

 

卵ほどの大きさしかなく、携帯に便利です。防水性能が高いので、水に濡れても安心して使えます。再生機能のみで持ち運びに便利なBluetoothスピーカーが欲しいなら、非常にコスパの良い商品です。

重量175g電源バッテリー
防水性能IP67

口コミを紹介

Macbook pro Late 2013の内臓スピーカーが壊れたので購入しました。ホンマびっくりするぐらい音良いです。低音は裏がサブウーファー的な感じになってるので良い感じに出てます。近くに置くと振動くるぐらいなので少し離した台に設置してます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Anker

Soundcore mini

価格:2,399円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Bluetooth以外で接続可能

パッシブサブウーファーと5Wのドライバーを搭載しています。手のひらサイズですが、パワフルな重低音が楽しめます。microUSBケーブルを接続する必要がありますが、ラジオを聴くこともできます。

 

BluetoothだけでなくSDカードとAUX端子にも対応しています。SDカードの音声を再生したり、対応機器と有線接続も可能です。

重量215g電源バッテリー
防水性能-

口コミを紹介

サウンドの落とし所のセンスの良さにびっくりしてしまいました。妙にドンシャリすることもなく、とても音楽的な音で鳴ってくれて、聞き疲れることもなく、素直に音楽に入って行くことができます。

出典:https://www.amazon.co.jp

安いBluetoothスピーカーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5658578の画像

    Anker

  • 2
    アイテムID:5658558の画像

    EWA

  • 3
    アイテムID:5658599の画像

    XLEADER

  • 商品名
  • Soundcore mini
  • EWA A106
  • SoundAngel
  • 特徴
  • Bluetooth以外で接続可能
  • 機能を絞り込むことで低価格ながら音質も良い
  • プレゼントにも適したおしゃれなBluetoothスピーカー
  • 価格
  • 2399円(税込)
  • 1999円(税込)
  • 1999円(税込)
  • 重量
  • 215g
  • 175g
  • -
  • 電源
  • バッテリー
  • バッテリー
  • バッテリー
  • 防水性能
  • -
  • IP67
  • 防水ケース付き

SonyのBluetoothスピーカーの人気おすすめランキング3選

3位

ソニー(SONY)

SRS-XB22

価格:14,788円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防錆性能もあるSonyのBluetoothスピーカー

高い防塵防水性能があり、防錆性もあります。お風呂だけでなく、海水浴場でも使用できるBluetoothスピーカーです。「EXTRA BASS」モードは低音を強化するので、より重低音を楽しめます。

 

スマホで操作可能ですが、本体のみでも操作できます。屋外でも安定した音声で楽しめるBluetoothスピーカーが欲しい人におすすめです。

重量540g電源バッテリー
防水性能IP67

口コミを紹介

小さい割に低音がしっかりしていて、価格含め満足しています。また家族みんながお風呂に持ち込んで使っています。浸かって目を閉じながら好きな曲をかけていると、温泉旅行に来た時の様に癒しの効果もあり、これだけでも買ってよかったと思えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ソニー(SONY)

SRS-HG10

価格:21,105円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイレゾ対応でCDや圧縮音源の音質もアップグレード

ハイレゾに対応しています。コーデックはAACとLDACに対応しているので、Bluetooth接続でも高音質のサウンドが楽しめます。ハイレゾに対応するだけでなく、CDや圧縮音源の音声も高音質にアップグレードすることが可能です。

 

Google play music・AWA・Sportifyなどの音楽配信サービスに対応しています。より高音質なサウンドが楽しめるBluetoothスピーカーが欲しい人におすすめです。

重量700g電源バッテリー
防水性能-

口コミを紹介

建物の室内など静かな空間で聞くには信じられないほどクリアなサウンドでびっくり!
低音もよくある不自然なものではなくバランスの良いもので、よくこのサイズでできたなって感じ!

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ソニー(SONY)

SRS-XB10

価格:14,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高音質で携帯にも便利

パッシブラジエーターを搭載しています。モノラルBluetoothスピーカーですが、モノラルとは思えない厚みのあるサウンドが楽しめます。付属ストラップを使用することで、縦にも横にも置くことが可能です。

 

2台を繋げてステレオスピーカーとしても楽しめます。バッテリーの使用時間は最大で16時間です。防水性もあるので、お風呂でも安心して使えます。場所を選ばずに楽しめる高音質のBluetoothスピーカーが欲しい人におすすめです。

重量260g電源バッテリー
防水性能IPX5

口コミを紹介

とにかく音と響きがいいです。もちろん探せばより音質のレベルが高い商品はありますが、防水機能が必要な環境で少し音楽などを楽しみたいといった程度の使用用途であれば、こちらの商品が十分すぎるほどその役割を果たしてくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

SonyのBluetoothスピーカーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5658529の画像

    ソニー(SONY)

  • 2
    アイテムID:5658537の画像

    ソニー(SONY)

  • 3
    アイテムID:5658552の画像

    ソニー(SONY)

  • 商品名
  • SRS-XB10
  • SRS-HG10
  • SRS-XB22
  • 特徴
  • 高音質で携帯にも便利
  • ハイレゾ対応でCDや圧縮音源の音質もアップグレード
  • 防錆性能もあるSonyのBluetoothスピーカー
  • 価格
  • 14000円(税込)
  • 21105円(税込)
  • 14788円(税込)
  • 重量
  • 260g
  • 700g
  • 540g
  • 電源
  • バッテリー
  • バッテリー
  • バッテリー
  • 防水性能
  • IPX5
  • -
  • IP67

BoseのBluetoothスピーカーの人気おすすめランキング3選

3位

BOSE(ボーズ)

SoundWear Companion speaker

価格:29,673円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

快適に使用できて高音質

首にかけて使えるネックスピーカーです。ウェアラブルスピーカーとしての機能性を追求して設計されており、周囲への音漏れを最小限に抑えながら深みのある音声が楽しめます。防水性があるので、汗や水滴にも強いです。

 

バッテリーは最大で12時間使用できます。高音質なネックスピーカーが欲しいにおすすめです。

重量260g電源microUSB/バッテリー
防水性能IPX4

口コミを紹介

仕事中に行くトイレの中やダイニングへの移動時も不自由なく、ほぼ家中を音楽かけっぱなしでおれます。
携帯電話も違和感なく受け取れ話せます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

BOSE(ボーズ)

HOME SPEAKER 500

価格:46,526円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高性能なスマートスピーカー

2つのカスタムドライバーを逆向きに配置したのが特徴的なBluetoothスピーカーです。壁に反射した音を利用することで、より広い空間で音楽が楽しめます。タッチコントロールと音声で操作が可能です。

 

集音性が高く、大音量で再生中でも音声で操作ができます。2kg以上あるので持ち運びには向いていませんが、高性能な据え置き型Bluetoothスピーカーが欲しい人におすすめです。

重量2100g電源ACアダプタ
防水性能-

口コミを紹介

このコンパクトなスピーカーから出る音とは思えないほど低高音ともにクリアです。
リビング中央に設置しているのですが、どこにいても良い音を楽しめます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

BOSE(ボーズ)

SoundLink Revolve Bluetooth speaker

価格:24,731円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

幅広いシーンで使える高性能Bluetoothスピーカー

全方向360°に重厚な音が広がる円筒形のBluetoothスピーカーです。壁際に置くことで反射したサウンドも楽しめます。Bose専用アプリで、2台同時接続やパーティーモードで使用することも可能です。

 

ACアダプターとmicroUSBに対応しており、充電中に使用することもできます。持ち運びにも便利なサイズで防滴性もあるので、据え置き型としても屋外でも使いやすいです。

重量670g電源ACアダプター/microUSB/バッテリー
防水性能IPX4

口コミを紹介

良い意味で「リスニングポイントがない」と言う事のメリットは計り知れません。
バッテリー駆動で置き場所も選ばないので下部にManfrottoミニ三脚を取り付けて無造作に床において使ってます

出典:https://www.amazon.co.jp

BoseのBluetoothスピーカーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5658519の画像

    BOSE(ボーズ)

  • 2
    アイテムID:5658518の画像

    BOSE(ボーズ)

  • 3
    アイテムID:5658520の画像

    BOSE(ボーズ)

  • 商品名
  • SoundLink Revolve Bluetooth speaker
  • HOME SPEAKER 500
  • SoundWear Companion speaker
  • 特徴
  • 幅広いシーンで使える高性能Bluetoothスピーカー
  • 高性能なスマートスピーカー
  • 快適に使用できて高音質
  • 価格
  • 24731円(税込)
  • 46526円(税込)
  • 29673円(税込)
  • 重量
  • 670g
  • 2100g
  • 260g
  • 電源
  • ACアダプター/microUSB/バッテリー
  • ACアダプタ
  • microUSB/バッテリー
  • 防水性能
  • IPX4
  • -
  • IPX4

BluetoothスピーカーとWi-Fiスピーカーの違いとは

ワイヤレスで接続できるスピーカーは、Bluetoothスピーカー以外にWi-Fiスピーカーがあります。Wi-Fiスピーカーは、Wi-Fi環境のない所では接続できません。ただし、通信できるデータ容量が大きいので、Bluetoothスピーカーよりも音質は優れています。

 

Bluetoothスピーカーは、Bluetoothに対応した機器とならどこででも接続できるのがメリットです。音質では劣るBluetoothスピーカーですが、ハイレゾ対応のものなど高音質なものも増えています。Bluetoothスピーカーで、Wi-Fiに接続できるものもあります。

PCのスピーカーとして使う場合は電波干渉に注意

PC周りの配線を少なくしたいときにも、ワイヤレスで接続できるBluetoothスピーカーは便利です。ただし、マウスやキーボードなど他の機器もBluetoothで接続していると電波干渉を起こす場合があります。

 

PCに接続する機器を全てBluetooth接続にするのは、あまりおすすめできません。

「iPhone」用ならAAC、Android用ならAACに対応したものを

iPhoneやAndroidなどのスマホで音楽を聴いたり、ハンズフリー通話をするためにBluetoothスピーカーを使う人もいます。ほとんどのBluetoothスピーカーに対応したコーデックは「SBC」で、iPhoneもAndroidも対応しています。

 

そのため、iPhoneもAndroidもBluetoothスピーカーが使えないとうことはありませんが、SBCは音質が良くありません。iPhone用なら「AAC」、Android用なら「aptX」のコーデックに対応したものを選びましょう。

Bluetoothスピーカーのペアリングについて

Bluetoothスピーカーは、接続機器とペアリングしなければ使えません。以前ペアリングした機器が近くにあると、新しい機器とペアリングできないなどの問題が起きる場合もあります。

 

下のサイトではペアリング手順や注意点などをまとめています。興味のある人は参考にしてください。

まとめ

Bluetoothスピーカーのおすすめランキングや選び方についてまとめました。車の中で使えるものや防水性のものなどがあって、どこでも使えるのが便利です。今回の記事を参考にして魅力的なBluetoothスピーカーを見つけてください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ