【料理家監修】2021年最新!ジューサーの人気おすすめランキング12選と選び方のポイントを紹介!

記事ID11527のサムネイル画像

自宅で簡単にフレッシュジュースやスムージーが作れるジューサー。スロージューサーなら果物や野菜の酵素が含まれるコールドプレスジュースが、高速ジューサーなら短時間でフレッシュジュースが楽しめます。今回は料理家の平尾由希さんにご協力いただき、ジューサーの選び方とおすすめランキングをご紹介します。

ジューサーでおいしい健康習慣をはじめよう!

日常生活やファスティング中の野菜不足に悩んでいませんか?厚生労働省が定める野菜摂取量の目標値は350gであるのに対し、摂取量の平均は288g。目標値を達しているのはどの年代でも30%ほどと言われています。

 

市販の野菜ジュースや近年話題の酵素ドリンクなら、手軽に食物繊維やビタミンといった栄養摂取ができるイメージはありませんか?しかし、これらは加熱処理で一部の栄養素が失われていたり、添加物も気になるところ。では自宅で作る場合、ミキサーとジューサーどちらを使えばよいのでしょうか。

 

そこでこの記事では、料理家の平尾由希さんにご協力いただき、ジューサーとミキサーの違いや選び方、おすすめの商品をご紹介します。お家でジュースやスムージーを作りたいけど購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

フードコーディネーターが教える!ジューサーの選び方

取材協力

専門家プロフィール画像

平尾 由希

料理家・フードコーディネーター

10年間のNHK報道局在職中にさまざまな飲食にまつわる資格を取得。料理専門学校エコールエミーズのプロフェッショナルコースを卒業し、現在は株式会社FOODSNOW代表の料理家・フードコーディーネーターとして活躍中です。

雑誌やウェブなどメディアを通じたレシピ掲載や、企業の料理コンテンツや商品開発にも協力しています。また「食を通じた地域おこし」をテーマに、日本各地の地域食アドバイザーを務めています。

アメーバブログ:https://ameblo.jp/yukihirao/

平尾由希さんの画像

平尾由希さん

「ジュースの質」にこだわるなら、繊維を除いたジュースができる「低温圧搾ジューサー・スロージューサー」がおすすめ。


撹拌するときの熱で栄養素が壊れないようゆっくりと絞るのが特徴で、サラサラの飲みやすいジュースになります。


一方で、ボトルタイプジューサーに比べるとかなり高額な点がネック。2人以上、または朝と持ち歩きで複数回分作るのであればジューサーをおすすめしますが、一人用・朝食替わりの1回分で考えたらボトルタイプで十分だと思います。

POINT②

ジュースを作って飲むまでの「手軽さ」

平尾由希さんの画像

平尾由希さん

毎日使うことを考えたら、小さな部品が多数あるものはお手入れが大変なので、構成する部品がなるべく少ないものを選びましょう。

また一度しまってしまうと、取り出すのが手間で使わなくなってしまうので、組み立てやすく収納スペースをとらないものが理想的です。常置していても嫌じゃないデザインを選ぶのもポイントです。

POINT③

価格をチェック

平尾由希さんの画像

平尾由希さん

スロージューサーなら20,000円程度、ボトルタイプなら3,000円前後が妥当なラインです。

価格が高いスロージューサーは投入口が大きく、野菜カットの手間を省くことができます。一方ミニボトルブレンダーはボトルが細く、大きな果物などは小さく切るなどの下処理が必要になります。

平尾由希さんおすすめ!攪拌機5選

1位

アイリスオーヤマ

ボトルブレンダー

価格: 2,664円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、手軽にジュースを作って持ち歩きたい方にはコレ!

持ち運びにも作り置きにも便利な大小2つの大きさのボトルがついた商品。直接飲めるボトルブレンダーなのでジュースを作って本体から取り外せば、そのままタンブラーとして使用できます。

 

強度・耐久性に優れたカッターなので氷にも対応。フローズンドリンクを手軽に作って持ち運びができちゃいます。部品は食洗機対応なのでお手入れ簡単。滑り止め付きで安全に使用できます。

タイプ ボトルブレンダー 内容量 小:330ml 大:600ml
サイズ 幅12.6×奥行12.6×高さ28.8cm 重量 1.1kg
型番 IBB-600 付属品 ボトル大小、ドリンクキャップ
消費電力 350W 食洗機対応 ○(本体を除く)
回転数 電源コードの長さ 1.0m
平尾由希さんの画像

平尾由希さん

ジュースを手軽に作って飲むことができるのがこちらの商品。繊維も撹拌したスムージータイプのジュースを作り、そのままボトルになるので持ち運ぶことができるコンパクトなボトルブレンダーです。

本体に滑り止めがついていることで安定感があり、使いやすいほか、ボトルの作りも漏れがなく、飲み口が広い分お手入れもしやすいです。 氷にも対応しており、ジュースの滑らかさもピカイチの商品でおすすめです。

2位

Vitantonio

マイボトルブレンダー

価格: 3,886円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、ビタミンカラーがおしゃれなデザインならコレ!

朝から気分が上がりそうな4色展開のビタミンカラーのデザインのこちらは、幅が12cmとコンパクトで一人暮らしのキッチンにおすすめです。

 

ロック付きで40秒後に自動で停止してくれるので、忙しい朝にも材料をセットすればちょっと目を離している間にあっという間にスムージーが作れます。ボトルブレンダーなのでコップに移し替える作業もなく、時短の栄養摂取にぴったりです。

タイプ ボトルブレンダー 内容量 400ml
サイズ 12×12×31cm 重量 約950g
型番 VBL-50 付属品 -
消費電力 - 食洗機対応 -
回転数 23,500回転/分 電源コードの長さ 約1m
平尾由希さんの画像

平尾由希さん

ハンドブレンダーとしても評価しているビタントニオのボトルタイプジューサー。細身のボトルタイプで持ち運びがしやすく、デザインの良さも秀逸。攪拌力に優れ、滑らかなジュースを作ることができます。刃の取り外しができ、お手入れもしやすい商品です。

3位

CB Japan

スムージーミキサー

価格: 3,300円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、一度に1人分以上を作る方にはコレ!

こちらも幅13cmとコンパクトなのに、570mlと大容量なのが特徴です。ボトルブレンダーなのでキャップを変えて持ち歩くもよし、作り置きで飲む分だけコップに注いで残りは冷蔵庫に置いておくのもよしの商品です。

 

軽量で丈夫な素材を使用。オリジナルレシピつきなので、はじめてで何を使ったらいいか分からない方や、いつものレシピがマンネリ化してきたときも安心です。

タイプ ボトルブレンダー 内容量 570ml
サイズ 幅13.2×奥行13.2×高さ39cm 重量 1.08kg
型番 TOM-03 付属品 ポータブルキャップ、オリジナルレシピ
消費電力 250W 食洗機対応 -
回転数 21000回/分 電源コードの長さ 1.25m
平尾由希さんの画像

平尾由希さん

モノトーンデザインがスマートでおしゃれなこちらは、ジュースの滑らかさも文句なし。容量が大きいので、朝の1杯だけでなくたくさん飲みたい方・ご家族の分も作る方にはこちらがおすすめです。ボトルの形状も液だれがなく問題なし!

4位

パナソニック

ビタミンサーバー

価格: 29,000円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、スロージューサーにこだわりたい方にはコレ!

さらさらフィルター・あらごしフィルター・フローズンアタッチメントでこれ1台で3つの食感が楽しめます。ゆっくり丁寧に絞ったあとの搾りかすも、調理すれば無駄なく食物繊維も摂取できます。

 

スロージューサーは用途が限られてしまいがちですが、豊富なアタッチメントでドレッシングやスープなど、料理の幅を広げることができる商品です。

タイプ スロージューサー 内容量 400ml
サイズ 40.6×35.6×20cm 重量 4kg
型番 MJ-L600-H 付属品 あらごしフィルタ、フローズンアタッチメント、レシピブック
消費電力 150W 食洗機対応 -
回転数 45回転/分 電源コードの長さ 1.0m
5位

NOVIS

ビタジューサー

価格: 87,769円(税込)

楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、大容量のスロージューサーが欲しい方にはコレ!

スイス生まれのやや重圧感のあるデザインが特徴的なこちらの商品。4つのアクセサリが栄養豊富なジュースはもちろん、柑橘類専用のシトラスプレスやとろみのあるピューレにまで対応します。

 

重量や大きさもそれなりにあるので、キッチンスペースに余裕のある方やより高性能なジューサーをお探しの方におすすめの商品です。

タイプ マルチジューサー 内容量 -
サイズ 幅22×奥行23×高さ43cm 重量 約6.8kg
型番 65110364 付属品 シトラスプレス
消費電力 150W 食洗機対応
回転数 - 電源コードの長さ 約1.0m
平尾由希さんの画像

平尾由希さん

こちらは大容量のジューサー。本体は大きく高額ですが投入口が広く、家族が多い方やたくさんのジュースを一度に絞りたい人におすすめです。

出しっぱなしでもおしゃれなデザインなのもポイントです。また、残った繊維を見ると、余すところなく果汁を搾り取っていることがわかります。ジュースだけではなく、レモンなどを簡単に絞れるシトラスプレス機能付きです。

平尾由希さんおすすめ攪拌機一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6444798の画像

    アイリスオーヤマ

  • 2
    アイテムID:6444961の画像

    Vitantonio

  • 3
    アイテムID:6444983の画像

    CB Japan

  • 4
    アイテムID:6445020の画像

    パナソニック

  • 5
    アイテムID:6445297の画像

    NOVIS

  • 商品名
  • ボトルブレンダー
  • マイボトルブレンダー
  • スムージーミキサー
  • ビタミンサーバー
  • ビタジューサー
  • 特徴
  • ズバリ、手軽にジュースを作って持ち歩きたい方にはコレ!
  • ズバリ、ビタミンカラーがおしゃれなデザインならコレ!
  • ズバリ、一度に1人分以上を作る方にはコレ!
  • ズバリ、スロージューサーにこだわりたい方にはコレ!
  • ズバリ、大容量のスロージューサーが欲しい方にはコレ!
  • 価格
  • 2664円(税込)
  • 3886円(税込)
  • 3300円(税込)
  • 29000円(税込)
  • 87769円(税込)
  • タイプ
  • ボトルブレンダー
  • ボトルブレンダー
  • ボトルブレンダー
  • スロージューサー
  • マルチジューサー
  • 内容量
  • 小:330ml 大:600ml
  • 400ml
  • 570ml
  • 400ml
  • -
  • サイズ
  • 幅12.6×奥行12.6×高さ28.8cm
  • 12×12×31cm
  • 幅13.2×奥行13.2×高さ39cm
  • 40.6×35.6×20cm
  • 幅22×奥行23×高さ43cm
  • 重量
  • 1.1kg
  • 約950g
  • 1.08kg
  • 4kg
  • 約6.8kg
  • 型番
  • IBB-600
  • VBL-50
  • TOM-03
  • MJ-L600-H
  • 65110364
  • 付属品
  • ボトル大小、ドリンクキャップ
  • -
  • ポータブルキャップ、オリジナルレシピ
  • あらごしフィルタ、フローズンアタッチメント、レシピブック
  • シトラスプレス
  • 消費電力
  • 350W
  • -
  • 250W
  • 150W
  • 150W
  • 食洗機対応
  • ○(本体を除く)
  • -
  • -
  • -
  • 回転数
  • 23,500回転/分
  • 21000回/分
  • 45回転/分
  • -
  • 電源コードの長さ
  • 1.0m
  • 約1m
  • 1.25m
  • 1.0m
  • 約1.0m

ジューサーとミキサーの違いは?

ジューサとミキーサー、どちらもジュースを作るものですが、機械の構造や仕上がりのジュースに違いがあります。まずは、2つはどのように違うのか見ていきましょう。

口当たりのいいジュース作りにピッタリな「ジューサー」

ジュースだけを作るならジューサーがおすすめです。 ジューサー本体の底にすりつぶす部品が付いていて、それが回転することで野菜や果物をすりつぶし繊維質と水分を分離します。水や牛乳などを必要としないので、手軽に作ることができます。

 

繊維が取り除かれているので、サラッとしたフレッシュジュースが楽しめます。 口当たりのいいジュースを飲みたいならジューサーを選びましょう。

スムージーや濃厚ジュース作りにピッタリな「ミキサー」

濃厚なドロッとしたジュースを飲みたいならミキサーがおすすめです。ミキサーの容器の底に刃が付いており、その刃で野菜や果物を砕きながらジュースを作ります。水や牛乳を入れて作るのが特長です。

 

ジュースを作るだけでなく、調理の下ごしらえやソース作りにも活躍してくれます。スムージーや濃厚なジュースを飲みたいならミキサーを選びましょう。下記のサイトでは、ミキサーのおすすめランキングを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

ジューサーの選び方

ジューサーを選ぶときは、種類や対応している食品、手入れのしやすさやサイズなどをポイントに選びましょう。 また、多くのメーカーから販売されていますから、それぞれの特徴もチェックしたいですね。 ここからは、ジューサーの選び方についてご紹介します。

ジューサーの種類で選ぶ

ジューサーは、低速ジューサー、高速ジューサー、手動のハンドジューサーの3種類があります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

酵素たっぷりなコールドプレスジュースが作れる「低速ジューサー」

スロージューサーは、低速圧縮絞り方法でじっくりと食材を搾ってジュースを作るのが特長です。ゆっくり搾ることで音や熱が発生しにくく、摩擦による栄養素・酵素の分解を防ぐことが可能となっています。

 

人気の酵素を摂取できるコールドプレスジュースが作れ、栄養たっぷりで野菜や果物の本来のおいしさが楽しめます。静音性に優れているというメリットもありますが、価格の高さと仕上がりまでの時間にデメリットがあります。

 

水分と繊維質を分けて搾るため、消化吸収の時間を抑えることができ、健康意識の高い人に向いています。また、繊維質だけを取り出し料理に活用するのもおすすめです。

平尾由希さんの画像

平尾由希さん

スロージューサーのメリットとしてはじっくり果汁を抽出するのでのどごしがよく、繊維質の食材も滑らかになるところです。しかし洗いやすさ・組み立てやすさなど、毎日使うことを考えたときに使い勝手がいいとは言えません。

編集部の画像

編集部

最近は、置き換え食としてコールドプレスジュースを飲む方が多いと聞くのですが、実際に有効ですか?

平尾由希さんの画像

平尾由希さん

コールドプレスジュースでビタミンが豊富にとれるのは確かですが、果物を使用すると果糖が含まれるので、糖質制限したい方の置き換え食には向いていません。

偏りのあるダイエット食ではなく、朝から固形物を食べるのが辛い人の置き換え食や、不足分のビタミン補給としては手軽に栄養がとれるのでおすすめです。

冷凍した果物や氷も砕け、早く作れる「高速ジューサー」

高速ジューサーは、刃を高速回転させることで短時間で作れるのが特長です。スロージューサーと比べ価格が安いので、初心者の方にもおすすめ。氷や凍らせた果物なども砕けるので、フローズンなどのデザート系のジュースも作れます。

 

回転する運転音の大きさや、摩擦の熱による栄養素や食材の香りの減少、高速回転により空気に触れやすく酸化が早いといったデメリットもあります。出来上がりに時間をかけず、早くフレッシュジュースが飲みたい方におすすめです。

 

とにかく時短したい・価格を抑えたいといった方におすすめです。

こちらの記事ではおすすめのスロージューサーについて紹介されています。ぜひ参考にしてください。

コードレスで簡単に搾れる「手動ジューサー」

手動ジューサーは、コードレスだからどこでも簡単に食材を搾れるのが特長です。本体の作りもシンプルなので、手入れが簡単です。ハンドルをクルクル回すタイプと、自分の力で搾るタイプがあります。

 

クルクル回すタイプは、搾る強さを調節できるメリットも。手で搾るタイプは多少の力が必要となり、固い野菜などには向かないデメリットもあります。手軽にサッとジュースを楽しみたい方におすすめです。

どの食材に対応しているかで選ぶ

スロージューサーの場合、水分が多く含まれる食材にはスムーズに対応できますが、硬い食材は対応できないこともあります。硬めの食材をジュースにしたいなら、圧搾できるタイプを選びましょう。

 

また、セロリやキャベツなどの繊維の多い野菜、バナナやパイナップルなどの水分が少ない果物は、水分が多いものと一緒に混ぜたり、細かくカットするなどの工夫をするといいですね。

 

ジューサーの種類によっては、骨や筋のある食材、氷や種などの硬い食材、果肉が多すぎる桃やキウイなどに対応していないものもあります。どの野菜や果物などをジュースにしたいかを確認して選ぶようにしましょう。

飲みたい量や設置スペースを確認して本体サイズで選ぶ

飲みたい量や設置するスペースに合わせて、本体のサイズを選びましょう。こちらでは、一人暮らし用と業務用での選び方についてご紹介します。

「一人暮らし」ならコンパクトな小さいサイズを

一人暮らしの方、置く場所がない方は、コンパクトで小さいサイズのジューサーを選びましょう。スリムタイプなら隙間に置けたり、サッと収納できたりします。また、ジュースを作ってそのまま持ち歩きできるジューサーもおすすめです。

大容量を作りたいなら「業務用」のジューサーを

たくさんのジュースを一気に作りたいなら業務用のジューサーがおすすめです。1度に家族分のジュースが作れれば、朝の忙しい時間でも美味しいジュースが楽しめます。本体が大きいので設置場所や収納する場所を検討してから購入するといいですね。

静かさを重視するなら「静音性能」のあるジューサーを

早朝や深夜にも使用するなら静かなジューサーを選びましょう。 スロージューサーや手動のハンドジューサーは静かですが、高速ジューサーは音がうるさく感じることもあります。

 

早朝や深夜は近所迷惑になったり、寝ている赤ちゃんを起こしてしまう原因にもなります。 静音性を重視したタイプも販売されているので、音が気になる方は確認してから購入することをおすすめします。

ジュース以外も作れるか「付属アタッチメント」も確認

付属のアタッチメントがあるジューサーなら、ジュース以外のものが作れます。スロージューサーは、コールドプレスジュースに用途が限られるのが一般的です。しかし、アタッチメント付きタイプを選べば、ドレッシングやスープ、フローズンデザートを作ることができます。

 

生姜や大豆など硬いものが搾れれば用途も広がるでしょう。あらごしやフローズンなどのフィルターがあれば、のどごしの違うジュースも楽しめます。

平尾由希さんの画像

平尾由希さん

シトラススクイーザーつきのものを持っているが、実際に使用はしていません。付属でアタッチメントがついていれば便利ですが、毎日使えるかどうかや洗いやすさ、収納のしやすさで機能を活かせるかも変わってきます。

インテリアにもなるおしゃれな「デザイン」もおすすめ

ジューサーを出したままにするなら、インテリアにもなるおしゃれなデザインがおすすめです。スタイリッシュなタイプ、白や赤のカラーがおしゃれなタイプなど、キッチンに合ったデザインカラーを選びましょう。

お試しや使用頻度が低いなら「コスパ」のいい安いジューサーを

お試しや使用頻度が低いならコスパのいい安いジューサーがおすすめです。長く使わないのに、高級なものを購入して無駄になったらもったいないですよね。まずは、コスパのいい安いジューサーで試してみましょう。

パーツが分解できれば「お手入れ」しやすい

ジューサーは使用後に必ず手入れをしましょう。すぐに洗い流さないと繊維がこびりついてしまい不衛生ですから、長く使用するためにも手入れが簡単なものがおすすめです。

 

簡単にパーツが分解できたり、パーツが少ないタイプなら、丸洗いできて手入れもしやすいです。パーツが食器洗浄機に対応していれば、さらにお手入れも簡単になるでしょう。

おすすめメーカーで選ぶ

ジューサーは多くのメーカーから販売されています。パナソニック、テスコム、ヒューロムなど人気メーカーを簡単にご紹介します。

硬い食材も搾れるジューサーが人気の「パナソニック(Panasonic) 」

硬い食材も搾れるジューサーが人気のパナソニック(Panasonic)タッチメントの付属が充実しているので、豊富なバリエーションが楽しめます。

コスパのいいキッチン用品や生活家電を取り扱う「テスコム(TESCOM)」

コスパのいいキッチンや生活家電を取り扱うテスコム(TESCOM)。スロージューサーと高速ジューサーのどちらも展開しています。コンパクトタイプなので、置く場所や収納にも困らないのも特徴です。

 

フィルターが細かいので繊維を逃すことがなく、家庭でも本格的なジュースを飲むことができます。

スロージューサーの先駆者、韓国メーカーの「ヒューロム(HUROM) 」

スロージューサーの先駆者、韓国メーカーのヒューロム(HUROM)。フィルターに詰まりやすい、バナナやマンゴーなども気軽に搾れるジューサーが人気です。繊維を取り除く機能付きなので、手入れを簡単にしたい方にもおすすめです。

 

簡単に組み立てることができる設計なので、初心者でも手軽にジュースを作ることができます。

幅広い家電製品を取り扱う「アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)」

幅広い家電製品を取り扱うアイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)。気軽に買える安くてコスパのいいジューサーを取り扱っているので、初心者の方や使用頻度の低い場合にもおすすめのメーカーです。

 

刃にスクリューを使用せず、石臼式を採用しているモデルもあり、怪我がしにくいので子供がいる家庭にもおすすめです。丸洗いできるモデルもあるので、楽にお手入れができるのも魅力の1つです。

食材を丸ごと投入できるジューサーが人気の「クビンス(Kuvings)」

食材を丸ごと投入できるジューサーが人気のクビンス(Kuvings)。クビンスは、アメリカやヨーロッパをはじめ世界80ヶ国で商品を展開しています。投入口が広く扱いやすい商品が多いのが特徴です。

 

静音性に優れているので、近所迷惑などで騒音が気になる方や、赤ちゃんをお持ちのご家庭におすすめのメーカーです。

スロージューサーの人気おすすめランキング8選

ズバリ、葉物野菜をメインに使いたい方にはコレ!

従来のジューサーでは葉物野菜は刻んでから入れる必要がありましたが、このジューサーでは葉物野菜を刻むことなくそのまま絞ることができます。投入口が広いので、葉物野菜などの材料を細かく刻む手間が省けることがポイントです。付属アタッチメントを用いることでジュース以外にもスープ・デザート・おかし作りに使えます。

 

カラーはレッド・グリーンの2色から選ぶことができます。幅も12cmとコンパクトで、一人暮らしの方にもおすすめです。

タイプ スロージューサー 内容量 -
サイズ 約12.7×19.5×46cm 重量 4.8kg
型番 EJ-GP1-R 付属品 回転ワイパー、シリコンブラシ、シリコンリング、ストレーナー、スクリュー、スマートキャップなど
消費電力 100 W 食洗機対応 -
回転数 - 電源コードの長さ 約1.4m

ズバリ、食材の硬さに左右されたくないならならコレ!

石臼のように低速で回転させて搾るので栄養が詰まった濃いジュースが作れます。フィルターが3種類付属しているので、フローズンやスムージーも楽しめます。氷を砕きたい方にもピッタリのジューサーです。

 

圧縮回転をするため、従来の低速ジューサーには相性の悪かったニンジンなどの硬い食材にも使うことができます。静音性にも優れており、騒音を気にされる方にもおすすめ。カラーはレッドとグレーの2色から選ぶことができます。

タイプ スロージューサー 内容量 -
サイズ 幅18.5×奥行17.6×高さ43.2cm 重量 4.0Kg
型番 MJ-L600-H 付属品 あらごしフィルター,フローズンアタッチメント,ジュースカップ,絞りかすカップ,ブラシ,レシピブック
消費電力 150W 食洗機対応 -
回転数 - 電源コードの長さ 1.0m
3位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

アイリスオーヤマ スロージューサー

価格: 10,650円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、出し入れしやすい軽量サイズならコレ!

軽量でありながらも滑り止めがついており、安定性に優れたミキサーです。また、ロック機能も付いており安全性にも問題ありません。付属のアタッチメントを付け替えることで、フローズンも楽しめます。

 

さまざまな機能が搭載されているにもかかわらず、リーズナブルな価格で購入することが可能となっています。

タイプ スロージューサー 内容量 -
サイズ 幅約15×奥行約16.5×高さ約44 重量 3.6 Kg
型番 ISJ-56-W 付属品 フィルター(細メッシュ、粗メッシュ)、フローズン用アタッチメント、しぼりかすカップ、ジュースカップ、お手入れブラシ
消費電力 150W 食洗機対応 -
回転数 約32回転 電源コードの長さ 約1.2m
4位

HUROM (ヒューロム)

ヒューロム スロージューサー

価格: 51,502円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、信頼の高いメーカー品を選ぶならコレ!

スロージューサーのパイオニアメーカーとして有名なHUROM (ヒューロム)が開発したジューサー。高額にはなりますが、耐久性には自信がある商品です。組み立て初心者にもやさしい簡単設計。

 

コールドプレスジュース、あらごしジュース、フローズンスイーツが作れるジューサー。1分に45回ほどの低速回転なので、野菜や果物の栄養を逃しません。スリムボディなので、置き場所もスッキリです。使用後も食洗機対応のため片付けが簡単です。

タイプ スロージューサー 内容量 350 ml
サイズ - 重量 8.35 kg
型番 アドバンスド100 付属品 ドラムセット、ジュースカップ、搾りかすカップ、押し棒、掃除ブラシ、取り扱い説明書
消費電力 150W 食洗機対応 -
回転数 43/48 回転 電源コードの長さ 1.0m

ズバリ、下準備の手間をカットしたいなら投入口が大きいコレ!

スロージューサーのデメリットの一つである大きな動作音を克服し、同時に、投入口を大きくすることで時短することに成功した商品。無償修理保証が10年間付いているので、長年愛用することができます。

タイプ スロージューサー 内容量 -
サイズ (幅)229mm ×(奥行)210mm ×(高さ)460mm 重量 6.8kg
型番 EVO-800 付属品 ドラム蓋、ドラム、スマートキャップ、回転ワイパー、ストレーナー、スクリュー、押し込み棒、ジュースカップ、繊維質容器、洗浄用ブラシ、出口洗浄用ブラシ、洗浄用回転ブラシ、レシピブック、取扱説明書
消費電力 240 W 食洗機対応 -
回転数 - 電源コードの長さ -
6位

ラドンナ

Toffy/トフィー ミニスロージューサー

価格: 9,680円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、コスパのいいおしゃれなデザインならコレ!

他社のスロージューサーに比べ、コンパクトサイズでありながらデザイン性が高いことが特徴の商品。インテリアとしても活用することができます。また、低価格であるためコスパも非常に良いです。

 

本体以外は取り外して全て丸洗いができるため、衛生面も安全です。

タイプ スロージューサー 内容量 -
サイズ 9.6 x 12.4 x 36 cm 重量 1.82kg
型番 K-BD4 付属品 ジュースカップ、搾りかすカップ、洗浄用ブラシ、ユーザーズガイド(保証書含む)
消費電力 130W 食洗機対応 -
回転数 約55回/分 電源コードの長さ 約0.9m
7位

CalmDo

CalmDo スロージューサー

価格: 9,000円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、屋外での使用を考えているならコレ!

充電式スロージューサーのため、アウトドア時でも活躍する商品。重量も1kgを切っており非常に軽いのも特徴です。価格も9000円以下でコスパも良いです。しかし、あまり硬い食材や食物繊維などが多い食材には向いていないことに注意が必要です。

タイプ スロージューサー 内容量 -
サイズ 27×9.6×9.6cm 重量 950g
型番 PJ801-JP-01 付属品 取扱書、USB充電ケーブル、巾着袋、クリーニングブラシ
消費電力 25W 食洗機対応 していない
回転数 - 電源コードの長さ -
8位

HUROM (ヒューロム)

ヒューロム スロージューサー

価格: 65,780円(税込)

楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、値打ちのある最新モデルならコレ!

有名なHUROM (ヒューロム)の最新モデルのスロージューサーです。高価格ですが、オートカット機能が搭載されており、より使いやすい商品となっています。また、後片付けもブラシを使わなくてもできるので非常に楽です。

タイプ スロージューサー 内容量 350ml
サイズ 17.6 x 28.6 x 44.5 cm 重量 6.5 Kg
型番 HZ-SBA17 付属品 スクイーザー、乾燥スタンド
消費電力 200W 食洗機対応 -
回転数 約50回転/分 電源コードの長さ 1.4m

スロージューサーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6444674の画像

    シャープ(SHARP)

  • 2
    アイテムID:6444675の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 3
    アイテムID:6444676の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 4
    アイテムID:6444677の画像

    HUROM (ヒューロム)

  • 5
    アイテムID:6444678の画像

    株式会社NUC電子

  • 6
    アイテムID:6444679の画像

    ラドンナ

  • 7
    アイテムID:6444680の画像

    CalmDo

  • 8
    アイテムID:6444681の画像

    HUROM (ヒューロム)

  • 商品名
  • シャープ EJ-GP1-R
  • パナソニック スロージューサー
  • アイリスオーヤマ スロージューサー
  • ヒューロム スロージューサー
  • クビンス スロージューサー
  • Toffy/トフィー ミニスロージューサー
  • CalmDo スロージューサー
  • ヒューロム スロージューサー
  • 特徴
  • ズバリ、葉物野菜をメインに使いたい方にはコレ!
  • ズバリ、食材の硬さに左右されたくないならならコレ!
  • ズバリ、出し入れしやすい軽量サイズならコレ!
  • ズバリ、信頼の高いメーカー品を選ぶならコレ!
  • ズバリ、下準備の手間をカットしたいなら投入口が大きいコレ!
  • ズバリ、コスパのいいおしゃれなデザインならコレ!
  • ズバリ、屋外での使用を考えているならコレ!
  • ズバリ、値打ちのある最新モデルならコレ!
  • 価格
  • -
  • -
  • 10650円(税込)
  • 51502円(税込)
  • -
  • 9680円(税込)
  • 9000円(税込)
  • 65780円(税込)
  • タイプ
  • スロージューサー
  • スロージューサー
  • スロージューサー
  • スロージューサー
  • スロージューサー
  • スロージューサー
  • スロージューサー
  • スロージューサー
  • 内容量
  • -
  • -
  • -
  • 350 ml
  • -
  • -
  • -
  • 350ml
  • サイズ
  • 約12.7×19.5×46cm
  • 幅18.5×奥行17.6×高さ43.2cm
  • 幅約15×奥行約16.5×高さ約44
  • -
  • (幅)229mm ×(奥行)210mm ×(高さ)460mm
  • 9.6 x 12.4 x 36 cm
  • 27×9.6×9.6cm
  • 17.6 x 28.6 x 44.5 cm
  • 重量
  • 4.8kg
  • 4.0Kg
  • 3.6 Kg
  • 8.35 kg
  • 6.8kg
  • 1.82kg
  • 950g
  • 6.5 Kg
  • 型番
  • EJ-GP1-R
  • MJ-L600-H
  • ISJ-56-W
  • アドバンスド100
  • EVO-800
  • K-BD4
  • PJ801-JP-01
  • HZ-SBA17
  • 付属品
  • 回転ワイパー、シリコンブラシ、シリコンリング、ストレーナー、スクリュー、スマートキャップなど
  • あらごしフィルター,フローズンアタッチメント,ジュースカップ,絞りかすカップ,ブラシ,レシピブック
  • フィルター(細メッシュ、粗メッシュ)、フローズン用アタッチメント、しぼりかすカップ、ジュースカップ、お手入れブラシ
  • ドラムセット、ジュースカップ、搾りかすカップ、押し棒、掃除ブラシ、取り扱い説明書
  • ドラム蓋、ドラム、スマートキャップ、回転ワイパー、ストレーナー、スクリュー、押し込み棒、ジュースカップ、繊維質容器、洗浄用ブラシ、出口洗浄用ブラシ、洗浄用回転ブラシ、レシピブック、取扱説明書
  • ジュースカップ、搾りかすカップ、洗浄用ブラシ、ユーザーズガイド(保証書含む)
  • 取扱書、USB充電ケーブル、巾着袋、クリーニングブラシ
  • スクイーザー、乾燥スタンド
  • 消費電力
  • 100 W
  • 150W
  • 150W
  • 150W
  • 240 W
  • 130W
  • 25W
  • 200W
  • 食洗機対応
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • していない
  • -
  • 回転数
  • -
  • -
  • 約32回転
  • 43/48 回転
  • -
  • 約55回/分
  • -
  • 約50回転/分
  • 電源コードの長さ
  • 約1.4m
  • 1.0m
  • 約1.2m
  • 1.0m
  • -
  • 約0.9m
  • -
  • 1.4m

下記のサイトでは、スロージューサーの人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

高速ジューサーの人気おすすめランキング4選

1位

小泉成器

KOIZUMI 高速ジューサー

価格: 4,315円(税込)

楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、衛生的に使いたいなら丸洗いできるコレ!

全てのパーツは分解でき丸洗いできるので、いつでも清潔に保てます。直径6cmもある大きな投入口のおかげで、食材のカットなどの下ごしらえの時間を省くことができます。収納に便利なコンパクトサイズなので、一人暮らしの方にもおすすめです。

タイプ 高速ジューサー 内容量 500ml
サイズ 29cm×17.5cm×24cm 重量 2.1kg
型番 - 付属品 繊維カップ、ジュースカップなど
消費電力 145 W 食洗機対応 -
回転数 12,500回/分 電源コードの長さ 約1.2m

ズバリ、洗い物を減らしたいならコレ!

かす受け・ジュース受け・注ぎ口が一体化した、らくらくボックスが搭載されているので、洗い物の手間を省くことができます。簡単設計なので、初心者にもおすすめです。フィルターがスポンジで丸洗いすることができるので、衛生的です。

 

食材の混入を減らすことができる、パナソニック独自のフルメタルスピンナー搭載。口当たりの良いジュースが作成可能です

タイプ 高速ジューサー 内容量
サイズ 32.2cm×28cmx28 cm 重量 3.9kg
型番 MJ-H200-W 付属品 ジュースカップ,ブラシ
消費電力 170W 食洗機対応 -
回転数 - 電源コードの長さ -
3位

ツインバード

パワフルジューサー

価格: 6,280円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、1度にたくさん作るなら連続使用できるコレ!

高速ジューサーの中では回転数が少なく、少し時間がかかってしまいますが、食材本来の味を残した調理を可能にした商品です。連続で使用することができ、投入口が大きいため下ごしらえの時間を短縮することができます。

 

バランサーを搭載しているので、静音で使用することができます。メッシュフィルターが金属製なので、楽にお手入れしたい方におすすめです。

タイプ 高速ジューサー 内容量 -
サイズ - 重量 -
型番 - 付属品 レシピブック、クリーニングブラシ
消費電力 140W 食洗機対応 -
回転数 約1,450/1,750rpm(50/60Hz) 電源コードの長さ 約1.2m
4位

楽天ビック(ビックカメラ×楽天)

テスコム 高速ジューサー

価格: 3,980円(税込)

楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、コストを抑えてお試しで買ってみるならコレ!

この高速ジューサーの一番の特徴は価格の安さです。はじめてのジューサーにおすすめの商品です。ただ低価格である分、動作音が大きく、後片付けにも手間がかかるという欠点もあります。投入口が大きいので、材料を細かく切る手間を省くことができ、時短することができます。

タイプ 高速ジューサー 内容量 -
サイズ 約285×260×175mm 重量 約1.7kg
型番 TJ112W 付属品 ミニレシピブック
消費電力 約200W 食洗機対応 -
回転数 - 電源コードの長さ 約1.2m

高速ジューサーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6444686の画像

    小泉成器

  • 2
    アイテムID:6444687の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 3
    アイテムID:6444688の画像

    ツインバード

  • 4
    アイテムID:6444689の画像

    楽天ビック(ビックカメラ×楽天)

  • 商品名
  • KOIZUMI 高速ジューサー
  • 高速ジューサー MJ-H200-W
  • パワフルジューサー
  • テスコム 高速ジューサー
  • 特徴
  • ズバリ、衛生的に使いたいなら丸洗いできるコレ!
  • ズバリ、洗い物を減らしたいならコレ!
  • ズバリ、1度にたくさん作るなら連続使用できるコレ!
  • ズバリ、コストを抑えてお試しで買ってみるならコレ!
  • 価格
  • 4315円(税込)
  • -
  • 6280円(税込)
  • 3980円(税込)
  • タイプ
  • 高速ジューサー
  • 高速ジューサー
  • 高速ジューサー
  • 高速ジューサー
  • 内容量
  • 500ml
  • -
  • -
  • サイズ
  • 29cm×17.5cm×24cm
  • 32.2cm×28cmx28 cm
  • -
  • 約285×260×175mm
  • 重量
  • 2.1kg
  • 3.9kg
  • -
  • 約1.7kg
  • 型番
  • -
  • MJ-H200-W
  • -
  • TJ112W
  • 付属品
  • 繊維カップ、ジュースカップなど
  • ジュースカップ,ブラシ
  • レシピブック、クリーニングブラシ
  • ミニレシピブック
  • 消費電力
  • 145 W
  • 170W
  • 140W
  • 約200W
  • 食洗機対応
  • -
  • -
  • -
  • -
  • 回転数
  • 12,500回/分
  • -
  • 約1,450/1,750rpm(50/60Hz)
  • -
  • 電源コードの長さ
  • 約1.2m
  • -
  • 約1.2m
  • 約1.2m

ジューサーの基本的な使い方

ジューサーの使い方はとても簡単です。飲みたいジュースの野菜や果物を準備して水洗いをしておきます。各ジューサーの投入口に合わせて、食材をカットしましょう。皮を剥くか残すかは好みですが、皮と実の間には栄養が多いので残しておいてもいいですね。

 

あとは、スイッチを入れたり、手動で搾るだけです。使用後は必ずお手入れを忘れないようにしましょう。

平尾由希さんの画像

平尾由希さん

グレープフルーツは安価で水分量が多いのでたくさん絞れておすすめ。レシピでも多数掲載されているのでストックしておくと便利です。

下記のサイトでは、ジューサーの使い方を詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

ジューサーで作る野菜ジュースのレシピ

野菜を食べる時間がない方は、ジュースにして手軽に野菜を摂取しましょう。また、野菜が苦手な子供には、ジュースにして料理に使うのもおすすめです。下記のサイトでは、野菜ジュースのレシピを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

平尾由希さんの画像

平尾由希さん

ケールなど繊維質の多い野菜もスロージューサーを使えば、繊維を取り除いて水分だけ抽出するので飲みやすくなります。

お家で手軽にジュースを飲むならボトルブレンダーがおすすめ

平尾由希さんの画像

平尾由希さん

ハンドブレンダーが主流になっている今、ジュース用途に大きなミキサーやジューサーの需要は少なくなっています。ミキサーがハンドブレンダーに代わり、さらに1人用として特化し、そのまま持ち歩きもできる点でボトルブレンダーの需要が高まっています。攪拌する役割こそ一緒ですが、時代背景に合わせて形状が変わり生活に馴染む形になっているんです。

ジューサーで健康ドリンクを作ってみよう!

ジューサーの人気おすすめランキング12選をご紹介しました。攪拌する目的は同じでも、商品によって使える素材や口当たりはさまざま。あなたに合ったものを探して無理な食事制限ではなく、日常のビタミン補給に役立てましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年04月20日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

ブラシアイロンの人気おすすめランキング20選【ショートやくせ毛・初心者の方にも!】

ブラシアイロンの人気おすすめランキング20選【ショートやくせ毛・初心者の方にも!】

ドライヤー・ヘアアイロン
【タオルソムリエ厳選】バスタオルの人気おすすめランキング20選【ふわふわ・コスパの良いタオルなど】

【タオルソムリエ厳選】バスタオルの人気おすすめランキング20選【ふわふわ・コスパの良いタオルなど】

日用品
紅茶の人気おすすめランキング25選【定番から高級ブランドまで!2021年最新版】

紅茶の人気おすすめランキング25選【定番から高級ブランドまで!2021年最新版】

茶葉・インスタントドリンク
【2021年最新版】サイクロン掃除機の人気おすすめランキング20選【強い吸引力】

【2021年最新版】サイクロン掃除機の人気おすすめランキング20選【強い吸引力】

掃除機
【現役家電販売員監修】加湿空気清浄機の人気おすすめランキング20選

【現役家電販売員監修】加湿空気清浄機の人気おすすめランキング20選

空気清浄機
【現役家電販売員監修】洗濯機の人気おすすめランキング16選

【現役家電販売員監修】洗濯機の人気おすすめランキング16選

洗濯機