Wi-Fiルーターの人気おすすめランキング15選【会社や自宅に】

記事ID11501のサムネイル画像

無線でネットを利用するためのWi-Fiルーター。スマホやパソコン、ゲーム機など、さまざな端末をWi-Fiに接続することができます。機能や性能はモデルによって違います。今回はWi-Fiルーターの選び方、繋がらない時の対処法、人気おすすめランキングを紹介します。

Wi-Fiルーターを比較するポイントとは?

Wi-Fiでネットを利用していると、繋がりにくかったり途中で止まったりネットが遅いなど、不満を感じますよね。実は最新のWi-Fiルーターは、従来よりも10倍速い通信速度を実現していたり、特定の機器に狙いを定めて強い電波を送る機能が搭載されているので、快適にネットを楽しめるんです!

 

Wi-Fiルーターの性能と機能はメーカーやモデルによって大きく違ってきます。とはいっても、通信速度、通信規格、周波数帯、機能などで専門的な知識と用語が付きまとい、モデル選びが難しく、どうやって比較すればよいのか分かりませんよね。

 

そこで今回はWi-Fiルーターの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは通信速度・周波数帯・通信規格・機能の4つのポイントを基準として作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

Wi-Fiルーターの選び方

Wi-Fiルーターは選ぶポイントが多く、専門的な用語がたくさん出てくるためモデル選びが難しいです。はじめにWi-Fiルーターの選び方を分かりやすく解説していきます。

通信規格・最大通信速度で選ぶ

Wi-Fiルーターの通信規格は「IEEE802.11〇」というように記載され、IEEE802.の次に11a・11b・11g・11n・11ac・11axなどの英数字が続きます。

携帯ゲーム機・据置ゲーム機で使うなら「11n」

iPhone4s以前の端末、Wii、3DS、PS3、PS4(pro以外)などのゲーム機をWi-Fiルーターと無線接続させる場合は、通信規格11nに対応しているモデルを選びましょう。

 

上記に挙げた端末やゲーム機は、2.4GHzの周波数帯にしか対応していないため、最近主流になっている11ac、最新規格の11axだと接続できないため注意してください。

最新のスマホで快適にネットを楽しむなら「11ac」

最大6.9Gbpsの高速な通信速度を実現している11acは、速いだけではなく、5GHzの周波数帯を利用しているため、電波の干渉を受けにくいという特長があります。

 

最新のスマホのほとんどが11acの規格に対応しているため、接続が切れずにスピーディーにネットを楽しむことができます。11acに対応していれば、11acだけではなく、11a、11b、11n、11gなどの古い通信規格にも対応しているというのもポイントです。

周波数帯で選ぶ

周波数帯は主に2.4GHz、5GHzの2つに大きく分けられますが、それぞれ電波の届き方が違います。2.4GHzは波長が長いため障害物に強く、遠くまで電波が飛ぶという特徴がありますが、電波干渉を受けやすいという弱点があります。

 

5GHzは電子レンジやBluetoothなどの電波干渉を受けにくく、高速かつ安定した通信が可能です。ただし、障害物に弱く、壁がいくつもある込み入った環境だと不利になってしまいます。接続機器の対応する周波数帯にも注目してください。

使う環境に合わせて選ぶ

お住まいやライフスタイルによって、環境は人それぞれ違いますよね。最適なWi-Fiルーターを選ぶための第一歩は、Wi-Fiを使う環境も合わせて選ぶです。

「人数」をチェックして選ぶ

Wi-Fiをどのくらいの人数が使うかによって、選ぶべきモデルが違ってきます。同時に接続する人が増えると、データが送受信されるのが止まったり、通信速度が低下して、動画、音楽、オンラインゲームにラグや遅延が発生してしまいます。

「間取り」をチェックして選ぶ

Wi-Fiルーターの距離が離れるほど、電波が弱くなり通信速度が低下します。また、接続端末とルーターとの間に壁があると電波が届きにくくなります。そのため、お住まいの間取りを考慮してモデルを選ぶことが重要です。

 

Wi-Fiルーターから距離がある部屋から無線接続したいのであれば、障害物に強い2.4GHz帯を利用したり、指向性を変えられる外部アンテナ搭載のモデルを選ぶことをおすすめします。ビームフォーミングやメッシュWi-Fiなどの機能も要チェックすべきです。

家の形状で選ぶ

ここでは、具体的なお住まいの家の形状に合わせた最適なWi-Fiルーターの特徴をまとめました。どのようなモデルを選べばよいのか参考にしてください。

2~3回建ての一戸建て住宅であれば「大型可動式アンテナ搭載モデル」

バッファローの11acWi-Fiルーターなどには大型可動式アンテナが搭載されており、縦方向と横方向に電波を飛ぶ方向を調整できます。アンテナの角度を変えることで、お住まいの環境に合わせて最適化することが可能です。

 

大型可動式アンテナにより、家中のあらゆる場所と環境で安定した高速通信が可能になるので、2~3回建ての広い戸建てにもおすすめします。

ファミリータイプのマンション・アパートであれば「アンテナ3本モデル」

3×3のアンテナ3本以上のモデルであれば、マンションにお住まいのファミリー世帯の人数をカバーできます。アンテナの数は範囲や接続台数のほか、通信速度に直結するので重要なポイントです。

 

ちなみに3×3の意味はストリーム数(電波が通る道)であり、受信ストリーム数×送信ストリーム数で表記されています。

一人暮らしのワンルームであれば「アンテナ2本モデル」

2×2のアンテナ2本以上のモデルは、動画やゲームを楽しむのに最適です。またワンルーム程度の広さのお住まいであれば、全体に電波を行き届かせます。

 

Wi-Fiルーターが3×3のアンテナであっても、端末側が2×2のアンテナだと少ない方に合わせて2×2になります。iPhone6以降をお使いの方は3×3以上のアンテナが良いでしょう。

設置方法で選ぶ

Wi-Fiルーターは横置きや縦置きだけではなく、壁掛けができるモデルもあります。設置したい場所に合わせて適した設置方法を選ぶべきですが、電波環境によっては移動させることも考えられるため、ある程度コンパクトで複数の設置方法に対応したものがおすすめです。

「同時接続数」が多いモデルを選ぶ

同時接続数とはWi-Fiルーターが同時にデータを送受信できる端末の数であり、同時接続数以内の端末を使用する場合は、データの順番待ちが起きません。同時に複数の端末を接続したり、多くの人数が一度にWi-Fiルーターを利用する場合は、同時接続数が多いモデルを選びましょう。

無線セットアップ(自動接続機能)で選ぶ

ほとんどのモデルに、簡単な操作で接続設定ができる無線セットアップ(自動接続機能)が搭載されているので、はじめてWi-Fiルーターを利用する方も安心して導入できます。

バッファローのルーターなら「AOSS」

AOSSはバッファローのWi-Fiルーターに搭載されている自動接続機能です。端末側もAOSSに対応している必要があり、スマホの対応機種はほとんどありません。スマホで自動接続機能を利用したいのであれば、AOSS2対応のWi-Fiルーターを選びましょう。

あらゆるで機器で利用するなら「AOSS2」

AOSS2は、バッファローのAirStationシリーズのWi-Fiルーターに搭載されています。Windows、Mac OS、iPhone、Androidなど、PCからスマホまで幅広い端末で利用できるのがメリットです。スマホを接続するならチェックしてくださいね。

世界で標準的な自動接続機能なら「WPS」

WPSは世界で標準的な自動接続機能であり、一部のAndroidスマホ、Windows7以降のOSなどの端末で利用できますが、iPhoneには対応していません。IODATA(アイ・オー・データ)のWi-Fiルーターに搭載されています。

NECのAtermシリーズなら「らくらく無線スタート」

らくらく無線スタートは、NECのAtermシリーズのWi-Fiルーターに搭載されている自動接続機能です。Android、iPhoneなどのスマートフォンであれば自動でセットアップできますが、PC、ノートPCは専用ソフトをインストールする必要があります。

機能で選ぶ

Wi-Fiルーターにはさまざまな機能が搭載されています。ここでは、特にチェックしておきたい機能をまとめていきます。

電子レンジを使う・集合住宅なら「干渉波自動回避機能」

干渉波自動回避機能は、電波の干渉を避けて安定したデータ通信を行うための機能です。電子レンジ、近所からの電波、Bluetoothなどの電波を感知すると、自動的にチャンネルを切り替えます。快適な通信接続をするなら欲しい機能です。

 

以下の記事では、無線LANルーターの人気おすすめランキングを紹介していますので、興味のある方は、合わせてご覧ください。

ルーターから離れた場所で接続するなら「ビームフォーミング」

ビームフォーミングは、Wi-Fiルーターと接続している機器の位置を検出して、特定の機器に向けて最適な電波を送信する機能です。Wi-Fiルーターから離れた場所でも、安定した高速通信と快適な電波環境を実現してくれます。

 

設定をする必要はありませんが、接続する機器もビームフォーミングに対応していないと使えません。一部のAndroidスマホ、iPhone6以降のモデルなどが対応しています。

会社での使用・複数の端末を接続するなら「MU-MIMO」

MU-MIMOはマルチユーザーMIMOのことで、複数のアンテナを使用して高速通信を行い、1つのWi-Fiルーターで複数の端末と通信する技術です。従来のSU-MIMO(シングルユーザーMIMO)だと、端末が増えると順番待ちが発生して、通信速度が低下してしまいます。

 

以下の記事では、Wi-Fi中継器の人気おすすめランキングを紹介していますので、興味ある方はぜひ合わせてご覧ください。

快適な電波状況を維持したいなら「メッシュWi-Fi」

メッシュWi-Fiは、複数のWi-Fiルーターや専用中継器を設置して、電波を網目状に広げるネットワークのことです。離れた部屋や階数が違う部屋に子機を設置しておけば、家じゅうどこでも常に快適な電波環境でネットを利用できます。

「オンラインゲーム」や「動画」を楽しむなら「高性能CPU」

Wi-FiルーターのCPUの性能が低いと、通信速度が速くて安定していても遅延やラグが発生してしまいます。そのため、オンラインゲームや動画を快適に楽しみたいなら高性能CPUを搭載したモデルがおすすめです。

 

同時に処理できるデータ量が多いクアッドコアデュアルコアのCPUを搭載したWi-Fiルーターをチェックしてみてください。

ゲームを快適に楽しむなら「ポート開放」できるものを

ポート開放は、オンラインゲームなど外部からのアクセスが必要なサービスやソフトを利用するための設定のことであり、正式にはポート転送設定と言います。ポートを解放しておかないと、ゲームができなかったり、通信速度が遅くなったりします。

ドコモのひかりTV・auのSTBを利用するなら「IPv6パススルー」

ドコモのひかりTV、auのSTB(セットアップボックス)などの映像配信サービスを利用する場合は、IPv6パススルーが必要になります。通信事業者やケーブルテレビのサービスを利用する方はIPv6パススルー機能を搭載したWi-Fiルーターを選びましょう。

子供が長時間ネットを使うなら「使用制限機能」付きを

お子さんがネットを利用する場合は使用制限機能が搭載されていると安心・安全です。端末ごとにWi-Fiルーターに繋がる時間帯を設定することができ、子供のネットの使いすぎを防ぐことができます。

 

また、Webフィルタリング機能が利用できれば、有害サイト、危険サイトをブロックして接続できないようにしてくれます。

家族みんなでHDDを使うなら「NAS機能」

NAS機能は、通称ネットワーク対応HDDとも呼ばれており、ネットワーク上で写真、映像、音楽などのあらゆるデータを共有するための機能です。Wi-FiルーターにHDDなどのストレージ機器を接続して利用します。

無料Wi-Fiを利用するなら「VPN」

VPNは、公衆ネットワークでの盗聴や覗き見、改ざん、個人情報の盗み見などのリスクを低減させるための機能です。ノートパソコンやスマホで無料Wi-Fiを利用する際は、VPNを使用して安全にネットを楽しみましょう。ただし、セキュリティが万全になるわけではないので、注意してください。

通信を安定させるなら「バンドステアリング」「オートチャネルセレクト」

バンドステアリングは、5GHz帯と2.4GHz帯の混雑していない周波数帯に自動で切り替える機能で、オートチェネルセレクト機能は、チャネル(周波数の幅)を自動で空いているところに切り替える機能です。

 

どちらも通信を安定させるための機能であり、複数の端末を接続する場合や、電波干渉を受けやすい集合住宅にお住まいの方は、注目すべき機能と言えるでしょう。

快適にインターネットを楽しむなら「IPv6」

IPv6は従来のIPアドレスIPv4に代わる新しいIPアドレスで、最新の方式です。サービス・機器・Wi-Fiルーターの3つが対応していれば、高速通信で快適にインターネットを利用できるようになるので、要チェックです。

セキュリティ規格で選ぶ

Wi-Fiルーターのセキュリティ規格は、安心してネットを利用するための安全機能です。第三者が勝手に利用したり、通信内容が盗聴されたりするのを防いでくれるので、しっかりチェックしておきましょう。

最新規格を使いたいなら「WPA3」

WPA3は、SAEと呼ばれる新たな認証技術で安全性を高めた最新のセキュリティ規格です。セキュリティレベルは高いのですが、最新規格なので機器も最新のものではないと対応できないので気をつけましょう。

解読されにくく様々な危機に使える「WPA2」

WPA2は、WPAの安全性をさらに強化したセキュリティ規格で、AESと併用することで解読されにくい暗号通信が行えます。ただし、2004年に規格策定されてから10年以上経っているため、弱点が見つかっています。

「WPA」「WEP」は弱点が多く解読されやすい

WPAWEPはWi-Fiルーターが普及した初期の頃の暗号化技術なので、対応機種が多く、旧型の端末でも利用できます。ただし、弱点が多く解読されやすいため、最近ではあまり使われていません。

メーカー・シリーズで選ぶ

メーカーやシリーズによって特徴があります。ここでは、Wi-Fiルーターのメーカーと主なシリーズをまとめましたので、モデル選びに迷っている方は参考にしてください。

iOS端末には「バッファロー(BUFFALO)」の「AirStation」

バッファローのAirStationは、アプリ要らずでiOS端末を設定できるAOSS2に対応しているうえに、ピンポイントに最適な電波を届けるビームフォーミング機能を搭載しているため、iPhoneを利用している方におすすめです。

 

尚、ビームフォーミングは高速で快適なWi-Fi接続を楽しむために不可欠な機能と言え、iPhone6以降のiPhoneと、一部のスマートフォンが対応しています。

ラインナップが豊富な「NEC(日本電気)」の「Aterm」

NECが展開しているAtermシリーズは、必要な機能が搭載された使いやすいエントリーモデルから、次世代規格のWi-Fi6に対応し、快適な複数台同時接続を叶えるハイエンドモデルまで、幅広いラインナップが揃っています。

 

人工衛星の技術を用いており、高速化と安定化を実現しているのがメーカーの特徴です。ペアリングコントロールに対応しているのもポイント。

お子さんが使うなら「エレコム(ELECOM)」の「WRC」

エレコムのWRCシリーズには、Wi-Fiを使える時間かスケジュールを設定できるこどもネットタイマー機能が搭載されています。また、スマホやタブレットをウイルスや情報漏洩から守るイカロスモバイルセキュリティを初年度は無料で利用できます。

Androidユーザーなら「IODATA(アイ・オー・データ)」の「WN」

アイ・オー・データのWNシリーズは、Androidスマホをかざすだけで接続設定ができるNFCコネクト、QRコードの読み取りだけで接続設定ができるQRコネクトなどの機能が搭載されているため、初心者やAndroidユーザーの方におすすめします。

リーズナブルな価格の「コスパの高いモデル」を選ぶ

Wi-Fiルーターの価格は2,000~30,000円くらいでピンキリです。ハイスペックで機能がたくさん搭載されているほど価格は高くなりますが、必要十分な機能と性能が備わったモデルは5,000円前後のリーズナブルな価格で購入できます。

 

Wi-Fiの利用環境や用途によって必要となるスペックは違ってきますが、一人暮らしからファミリーまでのお住まいで、一般的な用途であれば手頃な値段で購入できるコスパの高いモデルがおすすめです。

レンタルや持ち運びするなら「モバイルWi-Fiルーター」を選ぶ

au、ドコモ、ソフトバンクの3大キャリア、UQコミュニケーションズなどの通信会社が提供(レンタル)しているモバイルWi-Fiルーターは、コンパクトで携帯性が高く、場所を選ばず室内外でもネットを利用することができます。

 

外出先でオンラインゲームを楽しんだり、ノートパソコンを使ったり、スマートフォンのデータ通信量を節約できるなど、さまざまなメリットがあります。以下の記事では、simフリーモバイルルーターの人気おすすめランキングを紹介していますので、ぜひ合わせてご覧ください。

通信速度にこだわるなら「インターネット回線」を見直そう

どんなに高性能で通信速度が速いWi-Fiルーターを導入しても、契約しているインターネット回線の通信速度が遅かったり、質が悪かったりすると意味がありません。通信速度にこだわるなら、Wi-Fiルーターだけではなく、通信回線を見直してみる必要があります。

マンション向けWi-Fiルーターの人気おすすめランキング3選

3位

Asustek

Wi-Fi 無線ルーター RT-AX92U

価格:28,150円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

あらゆる環境で快適な通信を実現するハイエンドモデル

最新の通信規格Wi-Fi 6(11ax)に対応しているWi-Fiルーターです。トライバンドで3つの周波数帯を同時に利用でき、接続台数が増えても部屋中どこでも快適に通信できます。ビジネスレベルのセキュリティを備えるためテレワークにもおすすめします。

無線規格11ax/ac/n/a/b/g通信速度最大4804Mbps
LANポート数4接続台数72台

口コミを紹介

場所を取らずに設置でき、形状から倒れることがないところが安定しています。
通信速度が飛躍的に向上したという体感はないですが、こちらも安定しています。満足してます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

バッファロー

WiFi 無線LAN ルーター WSR-A2533DHP2-CB

価格:10,893円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マンションでも快適に自動でネットを利用できる機能が盛りだくさん

「バンドステアリングLite」が搭載されており、5GHzと2GHzで電波が強いWi-Fiに自動で切り替えてくれます。「MU-MIMO」に対応しているため、複数の端末を接続しても快適通信で動画やゲームを楽しめます。コンパクトサイズもおすすめするポイントです。

無線規格11ac/n/a/g/b通信速度最大1733Mbps
LANポート数4接続台数18台

口コミを紹介

安定してます、特に今まで使っていた物より速くなったと言う訳ではなかったので、そこは不満でしたが、まぁ十分かな。自宅の何処でも安定してます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

エレコム

Wi-Fiルーター WRC-1167GST2A

価格:4,490円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マンションや一戸建てにすむファミリーにおすすめ

一戸建ては3階までマンションは4LDKまでに対応しているコスパの高いモデルです。 IPv6・11acに対応しているので快適な通信接続を実現しています。ネットの使いすぎを防ぐ「こどもネットタイマー3」を搭載しているのもポイントです。

無線規格11ac/n/a/g/b通信速度最大867Mbps
LANポート数4接続台数16台

口コミを紹介

実際に使用してみて、管理画面もシンプルで使いやすく、
取り外せるカバーにSSID情報が載っているのも実用的で良いと感じました。
今のところ使用感に問題ありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

マンション向けWi-Fiルーターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5646064の画像

    エレコム

  • 2
    アイテムID:5646072の画像

    バッファロー

  • 3
    アイテムID:5646083の画像

    Asustek

  • 商品名
  • Wi-Fiルーター WRC-1167GST2A
  • WiFi 無線LAN ルーター WSR-A2533DHP2-CB
  • Wi-Fi 無線ルーター RT-AX92U
  • 特徴
  • マンションや一戸建てにすむファミリーにおすすめ
  • マンションでも快適に自動でネットを利用できる機能が盛りだくさん
  • あらゆる環境で快適な通信を実現するハイエンドモデル
  • 価格
  • 4490円(税込)
  • 10893円(税込)
  • 28150円(税込)
  • 無線規格
  • 11ac/n/a/g/b
  • 11ac/n/a/g/b
  • 11ax/ac/n/a/b/g
  • 通信速度
  • 最大867Mbps
  • 最大1733Mbps
  • 最大4804Mbps
  • LANポート数
  • 4
  • 4
  • 4
  • 接続台数
  • 16台
  • 18台
  • 72台

以下の記事では、ルーターの人気おすすめランキングを詳しく紹介しています。興味のある方は、ぜひ合わせてご覧ください。

一人暮らし向けWi-Fiルーターの人気おすすめランキング3選

3位

ネットギア

メッシュWiFi無線LANルーター単体(1台) Orbi Micro RBR20

価格:8,164円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一人暮らしでも多くの機器をWi-Fiルーターに接続する方におすすめ

トライバンドで動作し、専用のバックホール通信を使用するため、たくさんの機器を接続しても快適な通信を維持します。1台でも100平方メートルをカバーできますが、メッシュWi-Fiなのでサテライト(子機)があれば、更に広範囲をカバー可能です。

無線規格11ac通信速度-
LANポート数1接続台数-

口コミを紹介

家庭用にミニサイズとの事ですが一般的なルーターのサイズくらいはあると思います。 お洒落でスリムですけどね。 肝心の性能ですけど電波の届く範囲凄く広いですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Linksys(リンクシス)

VELOPメッシュWiFi無線LANルーターデュアルバンドLINKSYS VELOPメッシュWiFi無線LANルーターデュアルバンド 1個パック【国内正規品】

価格:13,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ライフスタイルに柔軟に対応できるWi-Fiルーター

自宅の隅々までWi-Fiを届けられるモデルです。1台で最大140平方メートルをカバーできます。保護者管理機能「ペアレンタルコントロール」を搭載しており、お子さまがインターネットを使う時間やアクセス先への制限が可能です。

無線規格11a/b/g/n/ac通信速度-
LANポート数-接続台数-

口コミを紹介

「設定」はアプリで簡単にできる。性能も良いので、買って良かったと思っている。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

バッファロー

WiFi 無線LAN ルーター WCR-1166DS

価格:2,973円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手のひらサイズのコンパクトモデル。使いやすくておすすめ

手のひらサイズの小ささに確かな性能と必要な機能が備わっている、一人暮らしにおすすめのWi-Fiルーターです。「QRsetup」でQRコードを読み取るだけで簡単に接続設定ができます。通信の安定・高速化を実現する「ビームフォーミング」も搭載。

無線規格11ac/n/a/g/b通信速度最大866Mbps
LANポート数-接続台数6台

口コミを紹介

一人暮らし、1Kの部屋で使用。もともとインターネット使用無料のマンションで有線でPC繋いでましたが、こちらでPCもスマホ(iPhone)も繋げれて速さも満足。

出典:https://www.amazon.co.jp

一人暮らし向けWi-Fiルーターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5646014の画像

    バッファロー

  • 2
    アイテムID:5646034の画像

    Linksys(リンクシス)

  • 3
    アイテムID:5646041の画像

    ネットギア

  • 商品名
  • WiFi 無線LAN ルーター WCR-1166DS
  • VELOPメッシュWiFi無線LANルーターデュアルバンドLINKSYS VELOPメッシュWiFi無線LANルーターデュアルバンド 1個パック【国内正規品】
  • メッシュWiFi無線LANルーター単体(1台) Orbi Micro RBR20
  • 特徴
  • 手のひらサイズのコンパクトモデル。使いやすくておすすめ
  • ライフスタイルに柔軟に対応できるWi-Fiルーター
  • 一人暮らしでも多くの機器をWi-Fiルーターに接続する方におすすめ
  • 価格
  • 2973円(税込)
  • 13400円(税込)
  • 8164円(税込)
  • 無線規格
  • 11ac/n/a/g/b
  • 11a/b/g/n/ac
  • 11ac
  • 通信速度
  • 最大866Mbps
  • -
  • -
  • LANポート数
  • -
  • -
  • 1
  • 接続台数
  • 6台
  • -
  • -

自宅向けWi-Fiルーターの人気おすすめランキング3選

3位

エレコム

WiFi ルーター WRC-1167GHBK-S

価格:3,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

簡単設定で高速通信。自宅用におすすめのWi-Fiルーター

高速通信「11ac」を採用しており、集中的に電波を飛ばす「ビームフォーミング」を搭載しています。簡単設定で高速・安定通信を利用できるため自宅用Wi-Fiルーターとしておすすめです。価格もリーズナブルでお買い得です。

無線規格11ac/n/a/g/b通信速度最大867Mbps
LANポート数4接続台数12台

口コミを紹介

機能は十分な位ですね、価格以上です。設置も簡単で、セットアップも説明書通りにやればオッケーですね。機種交換で手元にあるスマホも、タブレットとして再活用です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

NEC

Aterm WiFiルーター WG2200HP

価格:6,055円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自宅のネット環境を見直したい方におすすめのWi-Fiルーター

無線LANルーターの買い替えをご検討している方、Wi-Fiルーターが調子悪く通信接続が不安定な方におすすめするWi-Fiルーターです。11ac対応、4×4アンテナ、WAN・LANともに最大1000Mbpsなどが特徴です。

無線規格11ac/n/a/g/b通信速度最大1733Mbps
LANポート数4接続台数18台

口コミを紹介

光ネクスト回線に接続なのでブリッジモードで接続しています。2階に本機を設置して1階でPCを利用しても全くストレスフリーです。スマホなど5台接続していますがすべて11ACでの接続で問題なしです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

バッファロー

WiFi 無線LAN ルーター WSR-1166DHPL2

価格:3,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

家族全員が離れたお部屋からでも快適にネットを利用できる

IPv6回線と契約しておりリーズナブルでコスパが高いルーターを探している方におすすめのモデルです。「MU-MIMO」と「ビームフォーミング」を搭載しているので、家族全員が各お部屋でWi-Fiを快適に利用できます。

無線規格11ac/n/a/g/b通信速度最大886Mbps
LANポート数3接続台数12台

口コミを紹介

自宅のFletsをIPv6 IPoEにするために購入しました。 設定はさほど難しいことはなく、PCなどから画面を開いて10分程度で使えました。PPPoEより簡単なくらいです。 接続は安定しており、以前と比較してかなり高速になったので満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

自宅向けWi-Fiルーターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5645983の画像

    バッファロー

  • 2
    アイテムID:5645991の画像

    NEC

  • 3
    アイテムID:5646003の画像

    エレコム

  • 商品名
  • WiFi 無線LAN ルーター WSR-1166DHPL2
  • Aterm WiFiルーター WG2200HP
  • WiFi ルーター WRC-1167GHBK-S
  • 特徴
  • 家族全員が離れたお部屋からでも快適にネットを利用できる
  • 自宅のネット環境を見直したい方におすすめのWi-Fiルーター
  • 簡単設定で高速通信。自宅用におすすめのWi-Fiルーター
  • 価格
  • 3980円(税込)
  • 6055円(税込)
  • 3980円(税込)
  • 無線規格
  • 11ac/n/a/g/b
  • 11ac/n/a/g/b
  • 11ac/n/a/g/b
  • 通信速度
  • 最大886Mbps
  • 最大1733Mbps
  • 最大867Mbps
  • LANポート数
  • 3
  • 4
  • 4
  • 接続台数
  • 12台
  • 18台
  • 12台

以下の記事では、ホームルームの人気おすすめランキングを紹介しています。興味のある方は、ぜひ合わせてチェックしてください。

ゲーム向けWi-Fiルーターの人気おすすめランキング3選

3位

TP-LINK

WiFi 無線LAN ルーター Archer AX11000

価格:45,342円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

圧倒的な処理能力をもち有利になるゲーム機能を搭載したWi-Fiルーター

1.8GHzクアッドコアCPUと3つのコプロセッサーを搭載した、圧倒的な処理能力をもつWi-Fiルーターです。「ゲームアクセラレータ機能」により、ストリームを自動的に認識して最適化するため、少ないラグを実現できます。転送速度は最大10Gbpsです。

無線規格11ax/ac/n/a/b/g通信速度最大4804Mbps
LANポート数8接続台数-

口コミを紹介

今のところ安定動作していて接続が途切れる等はないです。C5400も良かったんですが明らかにスピードが上がってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Asustek

ゲーミングWi-Fi無線ルーターRT-AC86U

価格:25,793円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゲームのためのゲーミングWi-Fiルーター。テレワークにもおすすめ

ゲームの通信優先度を高める「Adaptive QoS」機能、ネットワークゲームのタイムラグを軽減する「WTFast」機能を搭載している「ASUS」のゲーミングWi-Fiルーターです。強固なセキュリティなのでテレワークにもおすすめです。

無線規格11ac/n/a/g/b通信速度最大2167Mbps
LANポート数4接続台数-

口コミを紹介

値段だけ見ると高い物ですが、速度、安定性、電波強度どれも満足いくものでした。 長年付き合って行けそうです\(^^)/

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

TP-LINK

WiFi 無線LAN ルーターArcher AX6000

価格:29,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

圧倒的な接続台数・通信速度・処理能力を備えたモデル。ゲームや動画におすすめ

OFDMAとMU-MIMO技術により4倍高いキャパシティを実現しているWi-Fiルーターです。圧倒的な接続台数なので大家族や大人数でWi-Fiを快適に利用できます。通信速度もハイスピードになっているため、ゲームや動画もサクサクです。

無線規格11ax/ac/n/a/b/g通信速度最大4804Mbps
LANポート数8接続台数-

口コミを紹介

受信が安定して動画もダウンロードも速くストレスを感じさせない。 設定もオタクで無い限り標準的な事は、初心者でも簡単に出来る。 このメーカーの商品は総じて評価が高いと思う。 購入して久々に満足感を得た。

出典:https://www.amazon.co.jp

ゲーム向けWi-Fiルーターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5645956の画像

    TP-LINK

  • 2
    アイテムID:5645968の画像

    Asustek

  • 3
    アイテムID:5645964の画像

    TP-LINK

  • 商品名
  • WiFi 無線LAN ルーターArcher AX6000
  • ゲーミングWi-Fi無線ルーターRT-AC86U
  • WiFi 無線LAN ルーター Archer AX11000
  • 特徴
  • 圧倒的な接続台数・通信速度・処理能力を備えたモデル。ゲームや動画におすすめ
  • ゲームのためのゲーミングWi-Fiルーター。テレワークにもおすすめ
  • 圧倒的な処理能力をもち有利になるゲーム機能を搭載したWi-Fiルーター
  • 価格
  • 29600円(税込)
  • 25793円(税込)
  • 45342円(税込)
  • 無線規格
  • 11ax/ac/n/a/b/g
  • 11ac/n/a/g/b
  • 11ax/ac/n/a/b/g
  • 通信速度
  • 最大4804Mbps
  • 最大2167Mbps
  • 最大4804Mbps
  • LANポート数
  • 8
  • 4
  • 8
  • 接続台数
  • -
  • -
  • -

以下の記事では、ゲーミングルーターの人気おすすめランキングを紹介しています。気になる方は、ぜひ合わせてご覧ください。

コスパの高いWi-Fiルーターの人気おすすめランキング3選

3位

TP-LINK

WiFi 無線LAN ルーター Archer C6

価格:3,920円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ最高のWi-Fiルーター。はじめて導入する方にもおすすめ

全ポートがギガビットに対応、集中的にWi-Fiを飛ばすビームフォーミング、たくさん繋いでも高速なMU-MIMOなど、ハイエンドモデルにも劣らないWi-Fiルーターですが、お手頃な値段で購入できるため、非常にコスパが高くおすすめです。

無線規格11ac/n/a/b/g通信速度最大867Mbps
LANポート数4接続台数30台

口コミを紹介

ブリッジモードで接続していますが、電波強度も十分だし満足しています。初期設定がスマホで簡単に出来るのも今風な感じですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

アイ・オー・データ

WiFi 無線LAN ルーター WN-DX1167R/E

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタンダードかつシンプルで使い勝手の良いWi-Fiルーター

IPv6に対応しているコスパの高いモデルです。アンテナがなくシンプルなデザインなので、どんなお部屋にもマッチします。QRコードでスマホも簡単に接続設定ができるため、初心者の方にもおすすめします。

無線規格11a/b/g/n/ac通信速度最大867Mbps
LANポート数4接続台数16台

口コミを紹介

マンション55平米2LDK一般家庭用に購入しました。全く問題ありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

バッファロー

無線LAN親機 WMR-433W2-BK

価格:1,827円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フリーWi-Fiの中継機におすすめ。とにかく安くてお買い得

とってもリーズナブルなWi-Fiルーターです。スマホやゲーム機、プリンターなどの機器もワンタッチWi-Fi接続できます。超軽量でコンパクトなので持ち運び便利で、ホテルやフリーのWi-Fiの中継機としてもおすすめです。

無線規格11ac/n/a/g/b通信速度最大433Mbps
LANポート数1接続台数-

口コミを紹介

まだ1カ所でしか使っておりませんが、1ヵ月ぐらい使った感想としては全く問題ありません。当たり前ですがモバイルWi-Fiよりもコストパフォーマンスが高く、それでいて安定性も良いです

出典:https://www.amazon.co.jp

コスパの高いWi-Fiルーターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5645898の画像

    バッファロー

  • 2
    アイテムID:5645919の画像

    アイ・オー・データ

  • 3
    アイテムID:5645936の画像

    TP-LINK

  • 商品名
  • 無線LAN親機 WMR-433W2-BK
  • WiFi 無線LAN ルーター WN-DX1167R/E
  • WiFi 無線LAN ルーター Archer C6
  • 特徴
  • フリーWi-Fiの中継機におすすめ。とにかく安くてお買い得
  • スタンダードかつシンプルで使い勝手の良いWi-Fiルーター
  • コスパ最高のWi-Fiルーター。はじめて導入する方にもおすすめ
  • 価格
  • 1827円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 3920円(税込)
  • 無線規格
  • 11ac/n/a/g/b
  • 11a/b/g/n/ac
  • 11ac/n/a/b/g
  • 通信速度
  • 最大433Mbps
  • 最大867Mbps
  • 最大867Mbps
  • LANポート数
  • 1
  • 4
  • 4
  • 接続台数
  • -
  • 16台
  • 30台

Wi-Fiルーターに繋がらない時の対処法

Wi-Fiルーターを導入して多いのが繋がらないというトラブル。最後に繋がらない時の対処法を簡単にご紹介します。

Wi-Fiルーターと端末の「電源」を入れ直す

Wi-Fiルーターか端末のいずれかにトラブルがある場合は、電源を入れ直したり再起動することで、ネットに繋がるようになる可能性があります。多くのモデルには電源ボタンが無いので、コンセントを抜いて30秒~1分ほどおいて、コンセントに入れ直してください。

Wi-Fiルーターの「接続先」を変えてみる

最近のモデルのほとんどが、5GHz・2.4GHzの2つの周波数帯のが用意されています。接続する機器と、利用する部屋によって適している周波数帯が違うため、繋がりにくかったり繋がらない場合は接続先を変えてみるのも、対処法の1つになります。

Wi-Fiルーターの「接続設定」をやり直す

Wi-Fiルーターに繋がらない原因として、初期設定や接続方法が間違っていることが挙げられます。そのため、取扱説明書やメーカーのお問い合わせページを参考にしながら、もう一度接続設定をやり直すことで対処できる場合があります。

 

Wi-Fiルーターに繋がらない原因の1つに寿命が来てしまったことが考えられます。Wi-Fiルーターの寿命の判断方法について知りたい方は、下記のサイトを参考にしてみてください。

まとめ

Wi-Fiルーターは、接続する機器(種類と数)、利用環境(人数と間取り)、用途(ゲームや動画)などに合わせて最適なモデルを選ぶことが大切です。今回の記事を参考にしていただき、快適なネット環境を実現する1台を見つけてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ