下敷きの人気おすすめランキング10選【ボールペンや万年筆も使える】

下敷きは文字を書きやすいようにしてくれる便利なアイテムです。小学生・中学生・高校生のほかに、大人のビジネスシーンでも活躍するアイテムですが、ボールペンや万年筆に合った下敷きの選び方に悩んでいる方も多いですよね。そこで今回は、下敷きの選び方や人気おすすめランキングを紹介します。

・当サービスに掲載された情報は、編集部のリサーチ情報を掲載しております。記載の内容について(タイトル、商品概要、価格、スペック等)不備がある場合がございます。また、画像はイメージであり内容を保証するものではございません。詳細については、各EC/サービスサイトでご確認の上ご購入くださいますようお願い申し上げます。 なお、当ウェブページの情報を利用することによって発生したいかなる障害や損害についても、当社は一切責任を負いかねますので、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。

・商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

文字が書きやすい下敷きは硬筆には必須!

文字を書きやすいようにするために、下敷きは必須のアイテムです。何も敷かないで文字を書くと字体が乱れてしまいます。ノートの裏面に文字が写るのを防ぐためにも、購入を考えている方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、下敷きの種類は豊富なので選び方に悩んでしまいますよね。実は、下敷きはハードタイプ、ソフトタイプで書き心地が全く違います。ボールペンや万年筆でもきれいな文字を書きたい場合は筆圧の固定が必要になり、最適な下敷き選びが大切です。

 

そこで今回は、下敷きの選び方やおすすめ商品ランキングでご紹介します。ランキングは硬さ・素材・用途・サイズを基準に作成しました。小学校や中学校などお子様に購入を検討している方もぜひ参考にしてみてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

1位

クツワ

STAD 下敷 B5サイズ VS010BL

ブルーがかわいい最適サイズの下敷き

ブルーのかわいい下敷きで環境にやさしいPET樹脂を使っています。サイズはB5のためノートの間に挟むと使いやすく、筆跡を残さずに安定した文字を書けるのが魅力です。

 

表面はつるつるしていることからペンの滑りが良いため、力を入れずに文字を書けるのもポイントです。ボールペンよりもシャープペンシルや鉛筆などに向いています。ペン字や習字の硬筆の練習用としても重宝する、スタンダードな下敷きです。

基本情報
硬さ ソフト
素材 プラスチック(再生PET樹脂)
用途 教科書、ノート
サイズ B5

下敷きの選び方

下敷きを選ぶ際には、チェックしておきたいポイントがあります。使用用途に応じて適切な下敷きを選びましょう。

硬さで選ぶ

下敷きには、くにゃっと曲がる「ソフトタイプ」と最も多く流通している「ハードタイプ」の2つの硬さのものがあります。以下で両者の特徴をご紹介します。

筆圧を程よく吸収するなら「ソフトタイプ」がおすすめ

ソフトタイプの下敷きはくにゃっと曲がる柔軟性があるため、筆圧を程よく吸収してくれます。また、ペン先がわずかに沈むため線が掠れにくく、重圧感を感じる線を書けます。冴えた字になる点がメリットとして挙げられます。

 

しかし、その一方でソフト下敷きでは紙の裏に筆跡の凸凹が残りやすいです。素材の弾力性が高まると、手帳のようなページの両面に筆記する用途には適さないためデメリットともいえます。この点を頭に入れた上で、適切な用途で使用するようにしましょう。

まっすぐ書ける下敷きなら「ハードタイプ」がおすすめ

文字をまっすぐ書ける下敷きなら「ハードタイプ」がおすすめです。ハードタイプの下敷きはペン先が沈まず、ペンを滑らせながら文字を書ける点が魅力です。また、紙の裏側に筆跡を残さないため、ノートなどの間に挟むときれいな文字を書けます。

 

しかし、クッション性がないため指先に筆圧がかかり、長時間の使用では疲れを感じやすいです。ハードタイプの場合は、力を入れ方を調整しないとペンが滑り文字が乱れてしまうなどがデメリットとして挙げられます。

素材で選ぶ

下敷きの素材には「レザー」「ビニール」「プラスチック」の3種類があります。素材によって機能性が変わるため、それぞれの違いを見ていきましょう。

大人も使いやすく書きやすい下敷きなら「レザー」がおすすめ

「レザー」は高級感があり、ビジネスシーンにも使いやすいのが特徴です。中にはペンホルダーが付いているものがあり、非常に便利です。レザーはソフトタイプの下敷きよりも沈み込みが少なく、ボールペンなどの筆跡が付きにくい点が魅力といえます。

 

また、レザー素材の下敷きはフォルムを維持できるため、指先に負担をかけずにきれいな文字が書きやすいです。使用するにしたがって革の質感に味が出てくるので、愛着を持って使用できるのもレザーの魅力のひとつといえます。

柔らかい質感の下敷きなら「ビニール」がおすすめ

ビニールの下敷きは安全性が高く価格が安いです。販売されている多くは無地のタイプのもので、柔らかい質感から使いやすいと人気です。基本的にボールペン用のソフト下敷きとして定番化していて、その柔らかさで筆記での疲れを軽減してくれます。

 

ボールペンで文字を書く際には安定感が求められますが、ビニールはその柔らさでうまくアシストしてくれるため非常に便利です。また、A4などサイズが比較的大きいものであっても比較的低価格で手に入れられるのもビニールの下敷きの大きな魅力のひとつです。

ハード下敷きなら定番の「プラスチック」がおすすめ

ハード下敷きが欲しい方は、定番のプラスチック製がいいです。プラスチック製のハードタイプは、水性ボールペンを使用する人にもおすすめです。プラスチック製の下敷きはデスクの上で筆記や速記をするために役立ちます。

 

プラスチックはリサイクルができる点や価格の安さ、環境にやさしくて安全性がある点が魅力です。

サイズで選ぶ

書きたい書類に応じて適している下敷きのサイズは異なります。自分が頻繁に使う用途と照らし合わせて選ぶといいです。

小学校用なら「B5サイズ」がおすすめ

小学校や中学校など、学用品として下敷きを買う場合はB5サイズがおすすめです。たとえば、小学生の場合教科書やノートはランドセルに入れるため、ノートなどのサイズが統一されています。そのため、大きすぎず小さすぎないB5サイズの下敷きを選ぶといいです。

教科書や問題集への書き込みには「A5・A4サイズ」がおすすめ

教科書や問題集に書き込む際にも、下敷きを使いたい場合はA5・A4サイズがおすすめです。A4サイズは教科書や書類に合う大きさなので、使いやすく書き込みやすいです。そのため、問題集を解くときにもきれいにまっすぐな字で書けます。

手帳など小さな冊子には「B6サイズ」がおすすめ

日記帳や小さなメモ帳など小さな冊子に使用したい場合は、B6サイズの下敷きがおすすめです。B6サイズの下敷きなら、一般的な大きさのものより書きやすいので仕事中にも使いやすい魅力があります。手帳の裏面がボコボコして気になる方は、チェックしてみてください。

インクとの相性で選ぶ

下敷きを選ぶ際には、インクとの相性も大切です。ここでは「油性インク」「水性インク」それぞれに合う下敷きについてご紹介します。

ソフトタイプの下敷きには「油性インク」がおすすめ

油性インクはくっきりとした文字を書ける特徴があり、ソフトタイプの下敷きとの相性が抜群です。ソフト下敷きがペン先の沈み込みを少なくしてくれるため、文字のにじみのないきれいな文字を書けます。

 

最近では、油性インクであっても水性インクと同等の滑らかな書き心地を実現しているものが多いです。油性インクは水性と比べると乾きやすく、力を入れなくても重厚感のある文字を書けるためおすすめです。

ハードタイプの下敷きには「水性インク」がおすすめ

水性インクはハードタイプの下敷きとの相性が抜群です。水性インクは書き心地が滑らかですが、その分インクも出やすいです。そのため、ペンの走りをアシストしてくれるハード下敷きが適しているといえます。

 

また、水性インクは紙への浸透度が高く、沈み込みが深いソフトタイプの下敷きだと文字がにじんで太くなってしまいます。線を細く出したい・ボールペン本来の太さ書きたい場合にはハード下敷きがおすすめです。

用途で選ぶ

下敷きを選ぶ際、その用途に応じた適切なものを選ぶのも大切です。自分の用途と照らし合わせてそれぞれの特徴を確認しておきましょう。

暗記用なら「赤・緑」の下敷きがおすすめ

下敷きは、暗記学習用のアイテムとして活用可能なものもあります。たとえば、黄色の蛍光ペンを塗った文字の上に赤い下敷きをあてると文字が黒くなって隠れます。そのため単語を正確に覚えているかどうかなどをチェックときにおすすめです。

 

単語ノートの代わりや、色付きの下敷きを暗記学習用アイテムとして活用している学生は多いです。何かと学習時には文具類などで荷物が多くなりがちなところ、下敷きはそれひとつで2つの用途に対応できるため便利です。

ボールペン用の下敷きなら「書類別」がおすすめ

ボールペン用の下敷きを選ぶ際「しっかりとした文字にしたい→ソフトな下敷き」「速記や筆跡の凸凹を改善したい→ハードな下敷き」が効果的です。ボールペンは主に履歴書や契約書などの書類で使うため、安定した文字を書けるかが重要になります。

 

水性インクのものが多いボールペンは、インクの出が良く滑るため字が乱れやすいです。手に持って書く場合にはソフト下敷き、テーブルに置いて書くときはハード下敷きのように書くシチュエーションに応じて選ぶといいです。

「万年筆」は柔らかい素材がおすすめ

万年筆を使う際に下敷きをしたい場合、柔らかい素材の下敷きがいいです。ハードタイプなどの硬めの下敷きは万年筆のペン先を痛めてしまう場合があります。ペン先によって多少異なりますが、使用している万年筆に合った下敷きがおすすめです。

デザインで選ぶ

下敷きは商品によって、シンプルなものからおしゃれなデザインのものまで販売されています。好みのデザインを選ぶと作業のモチベーションアップにもつながります。

年齢問わず使うなら「無地タイプ」がおすすめ

無地タイプの下敷きは年齢・性別を問わず使用できます。無地なので場所を選ばず、学校からビジネスまで幅広く使えます。デザインにこだわりがない場合は、クリアタイプや色付きタイプの無地を選ぶと長く使用できるのでおすすめです。

中学生や高校生には「勉強に便利なデザイン」がおすすめ

中学生や高校生用の下敷きには、日々の勉強やテスト・受験勉強時にも便利な学習要素が入ったデザインがおすすめです。日本地図や元素記号などがプリントされたデザインを選ぶと、使用するたびに目に入るので覚えやすくなります。

 

ただ、テスト時に持ち込みはできません。そのため、自宅学習用として自分が苦手な分野やしっかりと覚えたい項目の下敷きを選ぶと効率的な学習に繋がります。

気分を上げるなら「かわいいデザイン」がおすすめ

気分が上がる下敷きなら、かわいいデザインや好きなキャラクターのものがおすすめです。自分好みの下敷きを選ぶと仕事や勉強がはかどります。下敷きのデザインは種類豊富なので、自宅用・学校用など分けて使用するのもいいです。

 

また、ポケモンや仮面ライダーなどのかっこいいデザイン、ディズニーやサンリオなどのデザインも多く販売されています。気になる方はぜひチェックしてみてください。

小学生の場合は「安い」下敷きもチェック

小学生用の下敷きは、安い商品もチェックしておくといいです。小学生の場合、下敷きを折ってしまったり端が割れてしまったりなども多々あります。下敷きを購入してもすぐに買い換えないといけないときもあるので、安い下敷きを買うのがおすすめです。

下敷きの人気おすすめランキング10選

10位

共栄プラスチック

ソフト下敷き(事務用) NO.1304

デスクマット代わりになり万年筆にもおすすめ!

指先への負担を最小限に抑えてくれるソフト下敷きです。事務用として重要な書類を記入する際に指先に負担をかけずに見やすい文字を書けます。下敷き表面の質感がマットになっていて、紙がずれにくい特徴もあります。

 

柔らかい材質ながらも、弾力性があるので万年筆で文字を書く際にもおすすめです。グリーン半透明のシンプルなデザインで使うシーンを選びません。

基本情報
硬さ ソフト
素材 プラスチック(オレフィン系樹脂製)
用途 デスクマット、書類・ノート使用全般
サイズ A4

口コミを紹介

デスクマットの代わりにこちらの製品を購入して使用したところ
程よい硬さでボールペンの先が紙にフィットし気持ちよく文字を書く事ができております。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

共栄プラスチック

硬筆用ソフト透明下敷

なめらかなタッチで硬筆書写用に最適なソフト下敷き

なめらかなタッチが特徴の透明下敷きで、指に筆圧による負担をかけません。ソフト下敷きのためしっかりとした文字を書け、油性マジックなどを使う際に下に敷くと効果的です。

 

使いやすいB5サイズで軟質塩化ビニール樹脂を用いており厚さがあるため、安定した書き心地を体感できます。2mmの厚さを持つソフト下敷きは非常に珍しいため、書道の硬筆用としてもおすすめです。

基本情報
硬さ ソフト
素材 ビニール(軟質塩化ビニール樹脂)
用途 硬筆書写、書類・ノート全般
サイズ B5

口コミを紹介

柔らかくとても、書きやすいそうです。書道の先生も最近2ミリの厚さは売ってないので、いいと話していました。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

クラウングループ

下敷 CR-ST53-B

シックでかっこいい黒の下敷き

黒いシンプルなデザインが特徴の下敷きです。B5サイズであり、汚れも目立ちにくいのでノートでの使用に最適です。また、黒の下敷きはお店ではなかなか見れないため、人と被りたくないデザインを求める方にもおすすめできます。

基本情報
硬さ ハード
素材 ビニール(硬質塩化ビニール樹脂製)
用途 書類・ノート全般
サイズ B5

口コミを紹介

すべらず書きやすいこと。かつデザイン性が良い。店頭で学生向けの赤緑等の下敷きを目にしていましたがちょっとと思っていたところ黒のアイテム。思っていた以上に気が引き締まった感じがしでいます。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

共栄プラスチック

単位 早わかり 下じき

書き込み式で小学校の学習にもおすすめ

下敷きに鉛筆で書き込んで消しゴムで消せる新発想の下敷きです。小学校の2年生から6年生までに習う単位を表面に書いているため、空いた時間を使って覚えられます。また、B5サイズのためノートに挟みやすくて便利なのも魅力的です。

 

素材も硬いため割れにくく、安心して使用できます。勉強好きな子供向けの下敷きで、楽しみながら単位を学べます。

基本情報
硬さ ハード
素材 ビニール(硬質塩化ビニール樹脂製)
用途 単位勉強用、ノート・教科書全般
サイズ B5

口コミを紹介

小学二年生からリットルやセンチの単位が出てきますが、これを1枚買っておくと六年生までの単位が載ってるので助かります。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

大創産業

下敷き 日本地図

高校生の自宅学習用にもおすすめ

日本地図が描かれた下敷きです。下敷きの役割を果たしながらも、都道府県と庁の名称の勉強もできます。小学生~高校生の勉強にはもちろん、営業の行き先を調べたり場所を確認したりするときにもおすすめです。

 

やや薄めの下敷きなので、鞄の中でかさばりにくいメリットもあります。

基本情報
硬さ -
素材 ポリプロピレン
用途 ノート・教科書全般・日本地図勉強用
サイズ B5

口コミを紹介

触り心地もいい感じだし、文字きれいに印刷されてるから、満足

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

共栄プラスチック

透明下敷 NO.1377-B

意外に珍しいA4サイズのハード下敷き

A4サイズのブルーの透明下敷きです。通常のノートのサイズよりひと回り大きいですが、ランドセルにも入るため子供の文房具としても人気です。ハード下敷きで文字が書きやすく筆跡の凸凹が発生しないため、ノートの間に挟むと効果的です。

 

また、プラスチック製で硬くて丈夫なため、長く愛用できます。A4サイズの下敷きはお店でも取り扱っているところが少ないため、1個持っておくと便利です。

基本情報
硬さ ハード
素材 プラスチック
用途 書類・ノート・教科書全般
サイズ A4

口コミを紹介

この、大きさの物が文具店で売ってなかったので、助かりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

クツワ

STAD 暗記下敷 B5サイズ VS009G

暗記用にも使えるハード下敷き

蛍光マーカーでラインを引くと暗記用として使える下敷きです。B5サイズのため、オールマイティに使えるので便利です。暗記用として使う場合はゼブラチェックペンを購入し、色が付きやすいノートと組み合わせると有効活用できます。

 

下敷きとして使う時はハードタイプのため、力を入れすぎるとズレやすくなります。しかし、学生やビジネスマンに学習用下敷きとして親しまれている人気の商品です。

基本情報
硬さ ハード
素材 プラスチック(再生PET樹脂)
用途 暗記学習用、書類・ノート全般
サイズ B5

口コミを紹介

韓国語の文章を覚えるのに、役立てたいと思います。勉強が楽しくなります。ありがとうございました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ミドリ

ブラック下敷き 40215006

文字が透けずに書きやすい下敷き

ブラックボードで裏の文字が透けにくく、白のガイドラインがあるため字が書きやすい下敷きです。分割に便利な3本の太線や定規として使えるメモリも付いており、細部までこだわったデザインなのも特徴です。

 

また、黒色のため裏に書いた文字が透けません。均一な文字が書きづらくて悩んでいる方にもおすすめの下敷きです。

基本情報
硬さ -
素材 PVC製
用途 書類・ノート全般
サイズ B5

口コミを紹介

中学生の息子にリビング新聞の記事を見て買いました。ノートがとりやすいと、喜んでいます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

共栄プラスチック

下敷き NO.1204

ボールペンでもまっすぐ書ける!

ペンや鉛筆が吸い付くように馴染み、適度な重みと厚みで安定感があります。字が書きやすい硬筆用のソフトな透明下敷きです。弾力性があるだけでなく丈夫で割れにくく、なめらかなタッチを実現してくれます。

 

硬筆用の下敷きでありながらも、ボールペンで書く際にも文字がまっすぐ書ける魅力があります。

基本情報
硬さ ソフト
素材 プラスチック(PVC製)
用途 塗り絵や絵画、履歴書や契約書、押印など
サイズ A4

口コミを紹介

ペラッペラの1枚の紙にボールペンなどで記入をするときに、ペン先が滑りすぎて字がキレイに書けない!そんな人にオススメしたい商品です。硬すぎず、柔らかすぎず、まさに私が下敷きとして求めていたものでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

クツワ

STAD 下敷 B5サイズ VS010BL

ブルーがかわいい最適サイズの下敷き

ブルーのかわいい下敷きで環境にやさしいPET樹脂を使っています。サイズはB5のためノートの間に挟むと使いやすく、筆跡を残さずに安定した文字を書けるのが魅力です。

 

表面はつるつるしていることからペンの滑りが良いため、力を入れずに文字を書けるのもポイントです。ボールペンよりもシャープペンシルや鉛筆などに向いています。ペン字や習字の硬筆の練習用としても重宝する、スタンダードな下敷きです。

基本情報
硬さ ソフト
素材 プラスチック(再生PET樹脂)
用途 教科書、ノート
サイズ B5

口コミを紹介

小学校2年の息子が下敷きを割ってばかりだったけど、これは大丈夫‼︎
しかも本人は字が書きやすいと。

出典:https://www.amazon.co.jp

下敷きのおすすめ商品比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 硬さ 素材 用途 サイズ
1位 アイテムID:11931548の画像

楽天

Amazon

ヤフー

ブルーがかわいい最適サイズの下敷き

ソフト

プラスチック(再生PET樹脂)

教科書、ノート

B5

2位 アイテムID:11910003の画像

楽天

Amazon

ヤフー

ボールペンでもまっすぐ書ける!

ソフト

プラスチック(PVC製)

塗り絵や絵画、履歴書や契約書、押印など

A4

3位 アイテムID:11910000の画像

楽天

Amazon

ヤフー

文字が透けずに書きやすい下敷き

-

PVC製

書類・ノート全般

B5

4位 アイテムID:11909997の画像

楽天

Amazon

ヤフー

暗記用にも使えるハード下敷き

ハード

プラスチック(再生PET樹脂)

暗記学習用、書類・ノート全般

B5

5位 アイテムID:11909994の画像

楽天

Amazon

ヤフー

意外に珍しいA4サイズのハード下敷き

ハード

プラスチック

書類・ノート・教科書全般

A4

6位 アイテムID:11909991の画像

Amazon

ヤフー

高校生の自宅学習用にもおすすめ

-

ポリプロピレン

ノート・教科書全般・日本地図勉強用

B5

7位 アイテムID:11909988の画像

楽天

Amazon

ヤフー

書き込み式で小学校の学習にもおすすめ

ハード

ビニール(硬質塩化ビニール樹脂製)

単位勉強用、ノート・教科書全般

B5

8位 アイテムID:11909985の画像

楽天

Amazon

ヤフー

シックでかっこいい黒の下敷き

ハード

ビニール(硬質塩化ビニール樹脂製)

書類・ノート全般

B5

9位 アイテムID:11909982の画像

楽天

Amazon

ヤフー

なめらかなタッチで硬筆書写用に最適なソフト下敷き

ソフト

ビニール(軟質塩化ビニール樹脂)

硬筆書写、書類・ノート全般

B5

10位 アイテムID:11909979の画像

楽天

Amazon

ヤフー

デスクマット代わりになり万年筆にもおすすめ!

ソフト

プラスチック(オレフィン系樹脂製)

デスクマット、書類・ノート使用全般

A4

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

以下の記事では、学習机用マットの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

また絵を描く時に便利な画板についてはこちらの記事でご紹介しています。

ペン字練習に下敷きは必須アイテム!

ペン字を練習する際、下敷きがあるかないかで書き心地が全く異なります。ペン字を練習する際ペンにこだわりを持ちがちですが、下敷きもとても大切なアイテムです。一番なじみがあるハードタイプを使用する方も多いですが、ペン字におすすめなのはソフトタイプです。

 

ペンや鉛筆が吸い付くように紙に馴染み無理なく強弱をつけられるほか、書き心地が良く疲れにくいメリットがあります。ただ、柔軟性がある素材なので書いた紙の裏に凸凹がどうしても残ってしまいます。

 

そのため、手帳やノートなど裏面にも文字を書くものの場合にはあまり向いていません。あくまでペン字の練習であればソフトタイプでも揉んだなく使用できます。気になる方はソフトタイプの下敷きをチェックしてみてください。

 

下敷きはダイソーやセリアなどの100均でも取り扱っています。デザインはシンプルなクリアタイプから日本地図などの勉強に便利なデザインなど豊富に取り揃えています。ただ、100均は店舗によって商品にばらつきがあるので確認してみてください。

まとめ

今回は下敷きの人気おすすめランキング10選をご紹介しました。下敷きとしての役割の他学習用アイテムとしても活用できる下敷きは学生だけでなくビジネスマンにもおすすめなアイテムです。自分にぴったりの下敷きを見つけてみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年07月17日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

画板のおすすめ人気ランキング10選【画板とは?折りたたみや肩掛けタイプも】

画板のおすすめ人気ランキング10選【画板とは?折りたたみや肩掛けタイプも】

画材
【2024年最新】万年筆ケースの人気おすすめランキング16選【1本用から10本以上まで】

【2024年最新】万年筆ケースの人気おすすめランキング16選【1本用から10本以上まで】

文房具・文具
多機能ボールペンのおすすめ人気ランキング15選【新商品も紹介】

多機能ボールペンのおすすめ人気ランキング15選【新商品も紹介】

文房具・文具
3色ボールペンのおすすめ人気ランキング20選【学生向け・書きやすいペンも】

3色ボールペンのおすすめ人気ランキング20選【学生向け・書きやすいペンも】

文房具・文具
高級ボールペンの人気おすすめランキング25選【書きやすい・一生使えるものも】

高級ボールペンの人気おすすめランキング25選【書きやすい・一生使えるものも】

文房具・文具
4色ボールペンの人気おすすめランキング11選【安いものやおしゃれなものも】

4色ボールペンの人気おすすめランキング11選【安いものやおしゃれなものも】

文房具・文具

アクセスランキング

ゲルインクボールペンの人気おすすめランキング10選【高校生に!】のサムネイル画像

ゲルインクボールペンの人気おすすめランキング10選【高校生に!】

文房具・文具
【文房具マニア監修】人気ボールペンおすすめランキング20選【書きやすいボールペンを紹介】のサムネイル画像

【文房具マニア監修】人気ボールペンおすすめランキング20選【書きやすいボールペンを紹介】

文房具・文具
封筒のおすすめ人気ランキング15選【100均封筒や角2封筒・洋形長3号も】のサムネイル画像

封筒のおすすめ人気ランキング15選【100均封筒や角2封筒・洋形長3号も】

文房具・文具
【世界一?】書きやすいシャーペンのおすすめ人気ランキング30選【使いやすいものも】のサムネイル画像

【世界一?】書きやすいシャーペンのおすすめ人気ランキング30選【使いやすいものも】

文房具・文具
木軸シャーペンの人気おすすめランキング9選【S20の人気色や安いものも】のサムネイル画像

木軸シャーペンの人気おすすめランキング9選【S20の人気色や安いものも】

文房具・文具
広告掲載について

gooランキングでは、タイアップ広告やバナー広告を出稿いただける広告主様を募集しております。下記までお気軽にご連絡ください。