ブラシアイロンのおすすめ人気ランキング12選【ヒートブラシやロールブラシも】

髪をストレートにする際、初心者でも使いやすいのがブラシアイロンです。ヒートブラシ・ロールブラシ・くせ毛向け・ショートヘア向けなどがあり迷う方も多いです。今回は、ブラシアイロンのおすすめランキングを紹介します。髪が痛まないような使い方についても必見です。

・当サービスに掲載された情報は、編集部のリサーチ情報を掲載しております。記載の内容について(タイトル、商品概要、価格、スペック等)不備がある場合がございます。詳細については、各EC/サービスサイトでご確認の上ご購入くださいますようお願い申し上げます。 なお、当ウェブページの情報を利用することによって発生したいかなる障害や損害についても、当社は一切責任を負いかねますので、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。

・商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

デメリットはある?ブラシアイロン・ヒートブラシは初心者でも扱いやすい

ヘアアイロンはストレートヘアにはなるものの髪を挟んで熱を加えるためダメージが大きく、多少のテクニックが必要なのがデメリットに感じる方も少なくありません。そんなときにおすすめなのがブラシアイロン(アイロンブラシ)やヒートブラシ・ロールブラシです。

 

ブラシアイロンなら髪を挟まずに整えられるので、ヘアアイロンより髪が痛まないように初心者でも簡単に扱えます。しかしサロニアやパナソニックなど人気メーカーが数多く、くせ毛やショートヘア向きなど商品の特徴もそれぞれで選ぶのが難しいですよね。

 

そこで今回はブラシアイロンの選び方や人気おすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングはタイプ・機能性・価格などを基準に作成しました。おすすめの商品をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

ストレートブラシアイロンのおすすめ商品

1位

サロニア

ストレートヒートブラシ スリム SL-012GRS

くせ毛の方にもおすすめのサロニアのくし型ブラシアイロン

サロニア「くし型ブラシアイロン」です。100℃から210℃まで幅広い温度調節ができ、髪への負担が軽減できます。外に広がるブラシ構造で短い髪もしっかりキャッチでき、ショートヘアの方も使いやすいです。

 

また、海外対応モデルなので海外出張や旅行に持っていきたいときにもおすすめします。シンプルで洗練されたデザインもおしゃれです。

基本情報
タイプ ストレート
コード コード式
温度 100℃~210℃
機能 5段階温度調整・オートパワーオフ・Wマイナスイオン・海外対応・360度回転コード

ロールブラシアイロンのおすすめ商品

1位

クレイツ

ロールブラシアイロンII

髪が痛むのを防ぐクレイツイオンセラミック加工採用

パイプ表面に、摩擦によるダメージに配慮したクレイツイオンセラミック加工を採用した、髪が痛まないブラシアイロンです。熱効率も高いので、スタイリング時間を短縮できます。120~200℃まで20℃ごとの5段階の温度調節が可能です。

 

さらに、ブラシには適度な間隔で配置した2種類のナイロンピンを使用し、髪をしっかり捉えながらも髪抜けがいいのでv質感に仕上がります。

基本情報
タイプ ロール
コード コード式
温度 約120℃~200℃(5段階温度調節)
機能 5段階温度調節・フィンガーリム

2way・3wayブラシアイロンのおすすめ商品

1位

パナソニック

コンパクトブラシアイロン EH-HV41-W

パナソニックのブラシとプレートが1つになった2wayタイプ

ブラシアイロンとストレートアイロンが一緒になった、コンパクトな2Wayタイプです。ワンタッチで切り替えられるので、自由に使い分けできます。毛先キャッチクリップが短い髪や毛先もしっかりキャッチできる商品です。

 

アイロンに慣れていない初心者の方にもおすすめです。

基本情報
タイプ 2way
コード コード式
温度 約170℃(100V時)/約180℃(240V時)
機能 海外対応・両用タイプ

ブラシアイロンのメリット

ブラシアイロンは普通のヘアブラシと同じような形状なので、ヘアアイロンに慣れない方でも使いやすいのがメリットです。特にストレートヘアなら特別なテクニック要らずでスタイリングできるので、初心者でも手軽に使えます。

 

またブラシ型のため加熱部分が肌に触れにくく、ヘアアイロンやコテでは火傷が心配な方にもおすすめです。

ブラシアイロンの選び方

ブラシアイロンはさまざまな商品があり、どれを選べばいいのか迷ってしまう方も多いです。ここからは、ブラシアイロンの選び方を紹介するので、参考にしてください。

種類で選ぶ

ブラシアイロンには、ロールブラシタイプやブローブラシタイプなどの種類があります。それぞれの特徴を知り、自分に合う方を選んでみてください。

簡単に巻き髪を作りたいなら「ロールブラシアイロン」がおすすめ

全体にブラシがついているのが、ロールブラシアイロンの特徴です。回しながら使えるので簡単にカールヘアがつくれます。コテ以外で巻き髪を作りたい方はぜひチェックしてみてください。ロールブラシタイプは商品によって太さが異なります。

 

より細かいカールを作りたい場合には、26cmまでの太さがおすすめです。一方、ミディアムヘアやロングヘアの方は、32cm以上のものを選んでください。以下の記事ではヘアアイロンのおすすめ商品を紹介しています。ぜひご覧ください。

くせ毛の方やナチュラルなストレートにしたい方には「ブローアイロンブラシ」がおすすめ

一般的なブラシと同じような形をしているのが、ブローブラシタイプの特徴です。普通のブラシと似た感覚で使用できるため、アイロンブラシに慣れていない方に適しています。また、ナチュラルなストレートヘアを作りたい方にもおすすめです。

 

根元からしっかり髪をとかせばクセを直すのにも役立ちます。くせ毛の方はもちろん、毎日の寝ぐせ直しにもぴったりのタイプです。

ポイント使いには「コーム型(くし型)アイロン」がおすすめ

コーム型(くし型)アイロンは、コーム状になっているプレートで髪を挟んで熱を当てるタイプです。少量の髪をスタイリングするのに向いており、ショートヘアのクセ直しや毛先のカール・前髪のセットなどポイント使いにおすすめします。

ストレート・カールの両方を楽しみたいなら「2wayタイプ」がおすすめ

1つのブラシアイロンでさまざまなヘアスタイルを作りたい方におすすめなのが、2wayタイプのブラシアイロンです。気分やシーンに合わせてストレートヘアとカールヘアを使い分けたい方は、ぜひチェックしてみてください。

さまざまなヘアスタイルを楽しみたい方は「3way タイプ」がおすすめ

3WAYタイプとはストレートヘアアイロン・カールヘアアイロン・ロールブラシアイロンの3通りで使えるブラシアイロンで、いろいろなヘアスタイルを楽しみたい方におすすめです。ストレート・内巻き・外ハネなど1台でさまざまなスタイルを作れます。

サイズ・重さで選ぶ

ブラシアイロンを選ぶ際は本体のサイズや重さなども確認しておいてください。それぞれの特徴を紹介します。

ショートヘアやメンズの方には「コンパクトサイズ」がおすすめ

ブラシアイロンを持ち運びして外出先でも使いたい方や、旅行用・携帯用を探している方にはコンパクトサイズの商品がおすすめです。カバンやバッグに入れていてもかさばらず、邪魔になりません。

 

また、小さい分取り回しがしやすいので髪が短めのメンズやショートへアの方、前髪のセット・毛先の内巻きなどにも適しています。以下の記事ではミニアイロンのおすすめ商品を紹介しているので、ぜひご覧ください。

疲れにくいものなら「軽量タイプ」のヘアアイロンブラシがおすすめ

重さがあるヘアアイロンブラシは使用時に腕に余計な負荷がかかります。疲れにくいものを選びたいなら、負担の少ない軽量タイプのブラシアイロンがおすすめです。重さ500g以下を目安に選ぶと長時間使っていても疲れにくいので、ぜひチェックしてみてください。

ロングなら「大きめブラシ」がおすすめ

ロングヘアの方はヘッドが大きめのブラシアイロンをチェックしましょう。広い範囲を一度にスタイリングできるので扱いやすく、時短でスタリングできます。毛量が多い方も大きめブラシのタイプがおすすめです。

ヘアスタイルに合わせたブラシの「太さ」をチェック

短い髪型を整える際には、細いブラシアイロンが望ましいです。細いブラシの方が短い髪をしっかりと掴み、スタイリングが容易になるためです。

 

逆に、ミディアムからロングヘアの方は、太いブラシアイロンが適しています。太いブラシは一度に多くの髪を整えることができ、効率的に美しいストレートヘアを作り出せます。髪の長さに応じたブラシアイロンを選んでください。

ストレートにしたい方は「ブラシの密度と先端」もチェック

くせ毛の方やしっかりストレートにしたい方はブラシの密度と先端の形状を確認しましょう。密度が高く、ピンが薄い楕円形のものは髪をキャッチしやすく、より真っ直ぐに伸ばしやすいのでおすすめです。

機能性で選ぶ

ブラシアイロンは、商品によってさまざまな機能が搭載されています。自分の求める機能を搭載したものを選んでください。

電源の切り忘れを防止したいなら「自動電源オフ機能」がおすすめ

ブラシアイロンは熱を持つアイテムなので、電源を切り忘れているととても危険です。火傷などの思わぬ事故を防ぐためにも、一定時間を過ぎると自動的に電源を切ってくれる自動電源オフ機能が付いたものを選んでください。また、節電にも役立ってくれます。

髪が痛むのが気になるなら「温度調節機能」がおすすめ

高温で髪をセットすると、どうしても髪に負担がかかってしまい、痛む原因になります。できるだけ髪が痛むのを防ぎたい方は、温度調節機能を搭載したブラシアイロンを選んでください。商品によって最高温度や何段階温度調節ができるのかが異なります。

 

低い温度でも使えるブラシアイロンを選ぶと髪に優しくセットできるので、ぜひチェックしてみてください。

時短を叶えたいなら「急速加熱機能」がおすすめ

なるべく時短でヘアセットをしたい方はには、急速加熱機能のあるブラシアイロンがおすすめです。早いものだと1分かからずに最高温度に達するので、忙しい朝も慌てなくて済みます。短時間でセットできるので髪の負担を軽減したい方もぜひチェックしてみてください。

髪をケアしたいなら「マイナスイオン搭載」がおすすめ

髪へのダメージを軽減したい方におすすめなのが、マイナスイオン機能を搭載したブラシアイロンです。マイナスイオンが静電気の発生を抑え、潤いを与えて柔らかでツヤのある髪に仕上げます。髪が広がりやすい方やまとまりにくい方はぜひ試してみてください。

取り回しのしやすさで選ぶなら「コードレス」がおすすめ

場所を問わずどこでも気軽にブラシアイロンを使いたい方におすすめなのが、コードレスタイプです。充電をしておけばコンセントがない場所でも使用できます。また、コードがないので取り回しがしやすく、ブラシアイロンに慣れていない方にもおすすめです。

持ち運びしやすいのものなら「折りたたみタイプ」がおすすめ

ブラシアイロンを持ち運びしたいけれど、コンパクトタイプだとロングヘアの方はヘアセットに時間がかかってしまうのが難点です。ロングヘアでも扱いやすく、持ち運びに向いたブラシアイロンが欲しい方は、折りたたみタイプをおすすめします。

 

折りたためば通常サイズのブラシアイロンもコンパクトになるので、カバンやバッグの中に入れても場所を取りません。

海外旅行に持って行くなら「海外兼用」がおすすめ

海外にブラシアイロンを持っていきたいと考えている方は、海外兼用と記載がある商品を選んでください。海外と日本では電圧が違う場合が多いため、対応していないものは使用できません。

 

AC100・120VとAC200・240Vの切り替えが可能であれば、海外での使用に対応していますので、ぜひチェックしてみてください。

お得に使用したいなら「コスパの高さ」をチェック

予算をあまりかけたくない、できるだけお得な価格で使用したい方はブラシアイロンのコスパの高さにも注目してみてください。シンプルな機能性で価格を抑えているものが多いので、それほど多機能なものは必要ないと考えている方にもぴったりです。

メーカーで選ぶ

ブラシアイロンは、さまざまなメーカーが発売しています。メーカーごとの特徴に注目して選んでみてください。

豊富なラインナップから選ぶなら「Panasonic(パナソニック)」がおすすめ

日本の大手家電メーカーであるパナソニックのブラシアイロンは、太さの異なるロールブラシタイプや2WAYタイプなどラインナップが豊富です。海外対応のものやコンパクトサイズのものもあり、用途に合わせて選びたい方におすすめします。

高機能ブラシアイロンなら「CREATEs(クレイツ)」がおすすめ

クレイツのブラシアイロンは高機能・高品質なモデルが揃っています。自動電源オフ機能や誤作動防止機能など機能性の高さもポイントです。デザインもおしゃれなので、見た目にこだわりたい方にもおすすめします。

使いやすさで選ぶなら「ヴィエール」がおすすめ

ヴィエールのブラシアイロンは初心者でも使いやすいのが特徴です。発熱している部分が手に当たりづらい設計になっており、熱くなりにくいから火傷の心配がありません。とかすだけて髪がまとまるので、ヘアセットが苦手な方にもおすすめです。

時短できるヒートブラシなら「SALONIA(サロニア)」がおすすめ

サロニアのストレートヒートブラシはすばやく髪をセットしたい方におすすめです。電源を入れてから約30秒で設定温度に到達するので、時短を叶えます。ストレートアイロンのような感覚で、寝ぐせ・広がり・うねりをブラッシングするだけでOKです。

 

以下の記事ではSALONIAアイロンのおすすめ商品を紹介していますので、ぜひご覧ください。

ストレートブラシアイロンの人気おすすめランキング4選

1位

サロニア

ストレートヒートブラシ スリム SL-012GRS

くせ毛の方にもおすすめのサロニアのくし型ブラシアイロン

サロニア「くし型ブラシアイロン」です。100℃から210℃まで幅広い温度調節ができ、髪への負担が軽減できます。外に広がるブラシ構造で短い髪もしっかりキャッチでき、ショートヘアの方も使いやすいです。

 

また、海外対応モデルなので海外出張や旅行に持っていきたいときにもおすすめします。シンプルで洗練されたデザインもおしゃれです。

基本情報
タイプ ストレート
コード コード式
温度 100℃~210℃
機能 5段階温度調整・オートパワーオフ・Wマイナスイオン・海外対応・360度回転コード

口コミを紹介

くせ毛なのでショートにして大丈夫かな?と思っていましたが、これを使って毎朝簡単に手直しできています。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Iletile

Iletile イオンストレートヒートブラシ

時間がないときでも一気にスタイリングできるヒートブラシ

Iletileのイオンストレートヒートブラシです。幅広い髪質に対応した温度設定ができ、超高濃度のマイナスイオンが搭載しているためとかすだけでストレートになります。さらに、ブラシ部分に火傷しにくいシリコン素材を起用・オートオフ機能・360度回転コードなど嬉しい機能も満載です。

基本情報
タイプ ストレート
コード コード式
温度 80~230℃
機能 超高濃度マイナスイオン・シリコン素材・海外対応
3位

Areti アレティ

ストレート ヒートブラシ アイロン i1798

頭皮を傷つけない独自のシリコンピンを採用したアイロンブラシ

独自のシリコンピンで、頭皮に当たっても痛くない商品です。さらに、加熱部分は滑りのいいセラミックコーティングで髪が絡みにくく、スムーズなブラッシングができます。1分で160℃のスピード加熱で時短を叶えたい方にもおすすめです。

基本情報
タイプ ストレート
コード コード式
温度 160℃・200℃
機能 自動電源OFF機能・360℃回転機能・軽量化

口コミを紹介

軽量でとても使いやすく、急速加熱なので、すぐにスタイリングできます。ブラシの毛先も丸く、地肌も痛くないですし、裾も内巻きにセットでき、大満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

パナソニック(Panasonic)

ブラシストレートアイロン イオニティ EH-HS31

忙しい朝でもとかすだけでストレートに!

パナソニックの「EH-HS31」は、均等に熱を分布させるアイロン面と、髪をしっかりキャッチする広いブラシが特徴です。簡単にブラッシングするだけで、自然なストレートヘアに仕上がります。加熱時間は約90秒で約100℃まで素早く温まり、手軽にスタイリングが可能です。

 

忙しい朝や短い時間でのお出かけ、オンラインでの顔合わせにもぴったりです。また、ストレートヘアの初心者や手先が不器用な方、柔らかい仕上がりを好む方にも適しています。

基本情報
タイプ ストレート
コード コード式
温度 約180℃(100V時)/約190℃(240V時)
機能 交互配置構造ブラシ・海外対応

ストレートブラシアイロンのおすすめ商品一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 タイプ コード 温度 機能
アイテムID:15049754の画像

Amazon

楽天

ヤフー

くせ毛の方にもおすすめのサロニアのくし型ブラシアイロン

ストレート

コード式

100℃~210℃

5段階温度調整・オートパワーオフ・Wマイナスイオン・海外対応・360度回転コード

アイテムID:15041907の画像

Amazon

楽天

ヤフー

時間がないときでも一気にスタイリングできるヒートブラシ

ストレート

コード式

80~230℃

超高濃度マイナスイオン・シリコン素材・海外対応

アイテムID:15041884の画像

Amazon

楽天

ヤフー

頭皮を傷つけない独自のシリコンピンを採用したアイロンブラシ

ストレート

コード式

160℃・200℃

自動電源OFF機能・360℃回転機能・軽量化

アイテムID:15043424の画像

Amazon

楽天

ヤフー

忙しい朝でもとかすだけでストレートに!

ストレート

コード式

約180℃(100V時)/約190℃(240V時)

交互配置構造ブラシ・海外対応

ロールブラシアイロンの人気おすすめランキング4選

1位

クレイツ

ロールブラシアイロンII

髪が痛むのを防ぐクレイツイオンセラミック加工採用

パイプ表面に、摩擦によるダメージに配慮したクレイツイオンセラミック加工を採用した、髪が痛まないブラシアイロンです。熱効率も高いので、スタイリング時間を短縮できます。120~200℃まで20℃ごとの5段階の温度調節が可能です。

 

さらに、ブラシには適度な間隔で配置した2種類のナイロンピンを使用し、髪をしっかり捉えながらも髪抜けがいいのでv質感に仕上がります。

基本情報
タイプ ロール
コード コード式
温度 約120℃~200℃(5段階温度調節)
機能 5段階温度調節・フィンガーリム

口コミを紹介

コテより全然使いやすいです。
もっと早く買っておけば良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

クレイツ

ロールブラシ キャッチ&カール RCIR-G26FP

コンパクトに折りたたみできるロールブラシアイロン

ダイヤ型のラバーピンを使用し、落ちやすい髪の毛もしっかりとキャッチしてふんわりとしたカールがスタイリングできるロールブラシアイロンです。50℃・180℃の2段階温度調節ができ髪の状態やヘアスタイルに合わせて使い分けができます。

 

また、コンパクトに折りたためるタイプなので、持ち運ぶ際にも邪魔になりません。携帯用ブラシアイロンを探している方にもおすすめです。

基本情報
タイプ ロール
コード コード式
温度 150℃・180℃
機能 2段階温度調節・折りたたみ式
3位

パナソニック

ブラシカールアイロン EH-HT4A-W

ブラシを使ったようなヘアアイロン

ロールブラシアイロン「EH-HT4A-W」は、手軽に髪型を整えられます。特に、後ろ髪のスタイリングが簡単にできるのが魅力的です。初心者でも使いやすく、ブラシのように髪を整えながらスタイルを作れます。

 

短い髪やレイヤーがかかった髪の毛先も、付属のクリップを使うとしっかりとカールさせられます。クリップを外せば、自然なウェーブも作れるため、多様なヘアアレンジを楽しみたい方におすすめです。

基本情報
タイプ ロール
コード コード式
温度 約180/130℃(2段階)
機能 毛先キャッチクリップ・2段階の温度調節・360 °回転式コード
4位

パナソニック

コンパクトブラシアイロン EH-HT48-W

メンズ・ショートヘアの短い毛でもしっかりクリップ

毛先キャッチクリップが、メンズやショートヘアの短い髪の毛を掴んで、しっかり熱を与えられます。クリップあり・なしでカールの仕上がりを変えられるので、なりたいヘアスタイルに合わせて使い分けてみてください。

 

耐熱ポーチも付属しており、持ち運びやしやすいので外出先や旅行先でも手軽にスタイリングしたい方におすすめです。

基本情報
タイプ ロール
コード コード式
温度 約170 ℃(100 V時)/約180 ℃(240 V時)
機能 海外対応

口コミを紹介

本当に、使いやすい‼️簡単にカワイイが作れます❗️

出典:https://www.amazon.co.jp

ロールブラシアイロンのおすすめ商品一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 タイプ コード 温度 機能
アイテムID:15041904の画像

Amazon

楽天

ヤフー

髪が痛むのを防ぐクレイツイオンセラミック加工採用

ロール

コード式

約120℃~200℃(5段階温度調節)

5段階温度調節・フィンガーリム

アイテムID:15041861の画像

Amazon

楽天

ヤフー

コンパクトに折りたたみできるロールブラシアイロン

ロール

コード式

150℃・180℃

2段階温度調節・折りたたみ式

アイテムID:15043425の画像

Amazon

楽天

ヤフー

ブラシを使ったようなヘアアイロン

ロール

コード式

約180/130℃(2段階)

毛先キャッチクリップ・2段階の温度調節・360 °回転式コード

アイテムID:15041858の画像

Amazon

楽天

ヤフー

メンズ・ショートヘアの短い毛でもしっかりクリップ

ロール

コード式

約170 ℃(100 V時)/約180 ℃(240 V時)

海外対応

2way・3wayブラシアイロンの人気おすすめランキング4選

1位

パナソニック

コンパクトブラシアイロン EH-HV41-W

パナソニックのブラシとプレートが1つになった2wayタイプ

ブラシアイロンとストレートアイロンが一緒になった、コンパクトな2Wayタイプです。ワンタッチで切り替えられるので、自由に使い分けできます。毛先キャッチクリップが短い髪や毛先もしっかりキャッチできる商品です。

 

アイロンに慣れていない初心者の方にもおすすめです。

基本情報
タイプ 2way
コード コード式
温度 約170℃(100V時)/約180℃(240V時)
機能 海外対応・両用タイプ

口コミを紹介

すぐ熱くなるのにやけどしにくい。いい!

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ヤーマン(Ya-man)

ヘアアイロン ヘアボリューマー YJHB2N

コードレスで持ち運びも簡単!

2wayブラシアイロンは、短髪やボブカットのスタイリングに適しています。迅速に温まり、持ち運びが可能なので、どこでも手軽にヘアアレンジが楽しめます。ブラシ機能で軽やかに、クリップ機能でしっかりとしたスタイルを作り出せる優れものです。

 

ストレートからカール、そしてボリュームアップまで、多様なヘアスタイルができるので、忙しい朝でも短時間で理想のヘアスタイルを完成させられます。

基本情報
タイプ 2way
コード コードレス
温度 160℃・210℃
機能 軽量化・自動オフ機能・海外対応
3位

Onedam Salondays

コンパクト・ブラシアイロン CBI-101

3D発熱により美しいスタイリングが可能

プロ用美容家電メーカーによるサロンクオリティのブラシアイロンです。ストレートアイロンとカールアイロンの2WAY仕様なので、ヘアアイロンが苦手な方や忙しい方でも手軽に使えます。

 

さらに、ヒートブラシの先端に防熱チップを装着しているため、熱源に手が直接触れにくい設計になっています。火傷が心配な方にもおすすめです。

基本情報
タイプ 2way
コード コード式
温度 120℃・160℃・200℃
機能 3段温度設定・自動オフ・コンパクト設計

口コミを紹介

使い方も簡単で、癖も直しやすく、とても良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Areti アレティ

All in one 3way アイロン i38

1つで3役こなす3wayアイロン

3wayブラシアイロンは、ストレート・カール・ブラッシングの3つの機能を兼ね備えたヘアアイロンです。高品質なプレートとマイナスイオンで、髪に優しくスタイリングできます。また、どこでも使えるように設計されており、早朝の忙しい時間帯でも迅速に使用できる高出力ヒーターを備えています。

 

最大200℃まで加熱し、15分後には自動で電源が切れる設計です。海外での使用も考慮されており、異なる電圧にも対応しています。

基本情報
タイプ 3way
コード コード式
温度 80℃~200℃(ダイヤル式)
機能 自動オフ機能・360度回転コード・グローバルボルテージ

2way・3wayブラシアイロンのおすすめ商品一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 タイプ コード 温度 機能
アイテムID:15041867の画像

Amazon

楽天

ヤフー

パナソニックのブラシとプレートが1つになった2wayタイプ

2way

コード式

約170℃(100V時)/約180℃(240V時)

海外対応・両用タイプ

アイテムID:15043426の画像

Amazon

楽天

ヤフー

コードレスで持ち運びも簡単!

2way

コードレス

160℃・210℃

軽量化・自動オフ機能・海外対応

アイテムID:15041911の画像

Amazon

楽天

ヤフー

3D発熱により美しいスタイリングが可能

2way

コード式

120℃・160℃・200℃

3段温度設定・自動オフ・コンパクト設計

アイテムID:15043427の画像

Amazon

楽天

ヤフー

1つで3役こなす3wayアイロン

3way

コード式

80℃~200℃(ダイヤル式)

自動オフ機能・360度回転コード・グローバルボルテージ

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

ブラシアイロンの使い方のコツ

使い方のコツは、ブラシアイロンを使う前に髪をゴムやクリップで分けブロッキングしておきます。髪が多い方は細かくブロッキングしておくと、スムーズにセットできるのでおすすめです。ブロッキングした毛束の下段からとかしてください。

 

カールをつくりたいときは、カールアイロン同様に内巻き・外巻き・平巻きなど、なりたいスタイルに合わせて巻いていきます。巻き終わった後は軽くほぐし、仕上げにヘアワックスやヘアオイルをつけてスタイルをキープしてください。

 

以下の記事ではヘアワックス・ヘアオイルのおすすめ商品を紹介していますので、ぜひご覧ください。

髪は痛まない?ブラシアイロンによるダメージを減らす方法

ブラシアイロンは毎日使用すると「髪は痛まないのか?」など髪へのダメージが気になります。ダメージを最小限にするためには、傷みやすい毛先などはなるべく温度設定を低くして使用する・しっかりと髪を乾かしてから使用するなど、使い方に気を付けてください。

 

また、何度も同じところにアイロンを使用しないようにし、短時間でスタイリングするのを心がけてください。ブラシアイロンを使用する前にヘアアイロン用のスタイリング剤をつけておくのもおすすめです。

 

以下の記事ではヘアアイロン用スタイリング剤のおすすめ商品を紹介していますので、ぜひご覧ください。

ブラシアイロンはこまめにお手入れしよう

ブラシアイロンの性能を保つためにも、2週間に1度はお手入れをしてください。また、使用後に髪の毛が絡みついてしまっている場合には、その都度取り除けば綺麗に使い続けられます。以下のサイトでは詳しいお手入れ方法を解説していますので、併せてご覧ください。

ブラシアイロン・ストレートアイロン・コテの違いは?

ブラシアイロンとストレートアイロン・コテのどれを購入するのがいいのか悩んでいる方もいると思います。それぞれの特徴を紹介するので参考にしてみてください。

ヘアアイロン初心者でも使いやすいブラシアイロン

ブラシアイロンはブラッシングとヘアセットが同時に行えるアイテムです。髪の流れを整え、癖のついた髪をある程度ストレートにセットできます。髪をはさむ必要がないので、初心者の方やヘアアイロンの操作が苦手な方でも使いやすいのが魅力です。

くせ毛をまっすぐにセットできるストレートアイロン

ストレートアイロンはプレートで髪を挟んでクセをしっかり伸ばし、きれいなストレートヘアを作り出します。ブラシアイロンよりも髪をまっすぐにできるので、くせ毛の方やしっかりストレートヘアを作りたいにおすすめです。
 
 
以下の記事では、ストレートアイロンのおすすめ商品を紹介していますので、併せてご覧ください。

くっきりとしたカールをつくるコテ(カールアイロン)

しっかりと髪を巻き込んでくっきりとしたカールをつくれるのがコテです。ワンカールやミックス巻き・しっかりウェーブからふんわりカールヘアまでさまざまなカールが楽しめます。バレルの太さもいろいろあるので、なりたいスタイルに合わせて選んでみてください。

 

以下の記事ではカールヘアアイロンのおすすめ商品を紹介しています。併せてご覧ください。

まとめ

ブラシアイロンの選び方のポイントやおすすめ商品を紹介しました。くせ毛の方や初心者が使いやすいものなどいろいろな商品が販売されています。今回の記事を参考に、ぜひ自分に合ったブラシアイロンを選んでみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2024年04月04日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2024年最新版】東芝アイロンの人気おすすめランキング10選【口コミも紹介】

【2024年最新版】東芝アイロンの人気おすすめランキング10選【口コミも紹介】

アイロン
【2024年最新版】アイロンの人気おすすめランキング35選【一人暮らしにコードレスも】

【2024年最新版】アイロンの人気おすすめランキング35選【一人暮らしにコードレスも】

アイロン
100人に調査|ヘアアイロンのおすすめ人気ランキング23選【口コミ・評価も】

100人に調査|ヘアアイロンのおすすめ人気ランキング23選【口コミ・評価も】

ドライヤー・ヘアアイロン
アイロンのりおすすめ人気ランキング15選【浴衣に使える糊付けスプレーも】

アイロンのりおすすめ人気ランキング15選【浴衣に使える糊付けスプレーも】

洗濯用品
【2024年】ハンディースチーマーの人気おすすめランキング15選【アイロンに!口コミも紹介】

【2024年】ハンディースチーマーの人気おすすめランキング15選【アイロンに!口コミも紹介】

アイロン
【2024最新版】手芸用アイロンのおすすめ人気ランキング10選【ミニアイロンやコードレスも!】

【2024最新版】手芸用アイロンのおすすめ人気ランキング10選【ミニアイロンやコードレスも!】

手芸用品・クラフト