みりんの人気おすすめランキング10選【美味しい本みりんから無添加の市販品まで!】

料理にツヤや甘みを出す調味料・みりん。プロが使う美味しい高級なものから、一人暮らしや家庭料理でも使いやすいスーパーで手軽に買えるものなど、さまざまな種類のみりんが販売されています。そこで今回はみりんの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ぜひ参考にしてください。

※法律により20歳未満の酒類の購入や飲酒は禁止されており、酒類の購入には年齢確認が必要です。

Amazon

ブラックフライデー開催中!

\11/26(金) 9:00〜12/2(木) 23:59/

毎日ビッグサプライズセール登場。

自分へのご褒美を。

料理の味わいをランクアップさせる調味料・みりんとは?

みりんは、煮物にツヤや甘みを加える便利な調味料です。今では調味料としての使い道が主流のみりんですが、もともとは甘いお酒として楽しまれる飲み物だったんです。日本では戦国時代から高級酒として飲用されていました。

 

みりんがお酒の代わりになるの?と思いますが、伝統的な本みりんのアルコール度数はなんと14度前後。一般的なワインと同等の度数があるんです。このアルコールが生臭さを抑えたり味を浸透させやすくしたりと、料理にも大活躍します。

 

そこで今回は美味しいみりんの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングは種類・製法・内容量を基準に作成しました。家庭料理や一人暮らしの方にも使いやすい製品も紹介するので、購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

みりんの選び方

みりんはスーパーなどでも気軽に購入できますが、みりんの種類によって特徴が異なります。そこでここでは、みりんの上手な選び方をご紹介しましょう。

種類で選ぶ

みりんには本みりん・みりん風調味料などの種類があります。製法や味・価格に違いがあるので、選ぶ際は参考にしてください。

プロも使う本物の美味しさを味わいたいなら「本みりん」

本みりんは、一般のお酒と同等のアルコール度数(14%前後)あります。原材料にはもち米や米麹、焼酎などが使われることが多く、醸造アルコールを使用している製品には糖類が入っていることもあります。

 

一般的な作り方は蒸したもち米に米麹や焼酎を加え熟成させる方法で、熟成の過程で甘みや特徴的なコク・旨味が出ると言われています。数ヶ月から数年の熟成期間によりブドウ糖が多く残り、本物の味が楽しめる甘みの強い美味しい調味料になります。

 

酒税法上は混合酒に分類されるため、販売の際には酒販免許が必要になります。甘みのある調味料で煮物などに使えばツヤ出しに、また魚の生臭さを抑えたり煮崩れを防ぐ効果がある便利な調味料です。

アルコール度数が低く使い道が多い「みりん風調味料」

みりんに似た味付けの調味料のことを指します。米や米麹は使用しているものの、発酵や熟成は行わず、糖類やグルタミン酸などを添加することでみりんに似た味を出しているのです。糖分が高いため照りをつけたいときには便利です。

 

本みりんに比べると味わいは劣ります。アルコール濃度が1%以下なので煮きりをしなくても使うことができ使い道が多い点、価格が非常にお手頃な点がみりん風調味料のメリットです。以下の記事では、みりん風調味料の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

本みりんより安く市販で手に入りやすい「みりんタイプ調味料・発酵調味料」

みりんタイプ調味料は本みりんと大きな違いはありませんが、塩を加えることで酒類に分類されず酒税がかからないため、本みりんよりも安い価格で購入できるところが大きなメリットです。アルコール分は8%から20%ほどと、商品によって大きな差があります。

 

本みりんとほぼ同じ製法、原材料なので、本みりんと同じような効果を得ることができますが、塩分が含まれているので、調理の際は塩分の調節が必要です。また本みりんに比べるとやや味が劣ることも。

製法で選ぶ

みりんの中でも本みりんは、伝統的製法と工業的製法のものに分けられます。それぞれ原材料や味に違いがあるので選ぶ際は参考にしてください。

糖類なしでも甘い無添加のものがいいなら「伝統的製法」の本みりん

伝統的製法の本みりんはもち米・米麹・焼酎で作られ、そのほかの余計な材料は無添加で、糖類も加えられていません。そのため糖化や熟成に時間がかかり、完成まで2〜3年もかかります。手間暇をかけて丁寧に作られており、その分価格もお高め。

 

しかししっかり熟成することで、複数の糖類、アミノ酸、有機酸などが生まれ、より複雑で深みのある味わいと本物の芳醇な香りを感じられます。また長期保存をしても、風味が落ちにくいところもメリットでしょう。

 

非常においしく、そのまま飲むことができるものもあります。プロの料理人が使用するのもこのタイプです。

手軽に使うならコスパの良い「工業的製法」の本みりん

こちらは原材料に糖類や醸造アルコールなどを加えることで、より効率よく生産することができ、完成までの時間は2〜3ヶ月。大量生産が可能なので、価格も伝統的製法のみりんに比べると安めなのが魅力です。

 

ただ伝統的製法のみりんに比べると、風味や香り・コクは劣ります。また長期熟成していないため、長期の保存には向きません。そこまでこだわりがない、気軽に使いたいという方にはおすすめです。

 

なお工業的製法のみりんも、アルコール分は伝統的製法のみりんと同じく約14%前後。酒販免許を持つ店舗でしか販売できず、スーパーで手に入らないこともあるので注意が必要です。

内容量で選ぶ

みりんは300mlほどのものから業務用の大容量タイプまで様々なものがあります。家族の人数や使う頻度に合わせて最適なものを選ぶことで、よりお得に購入できます。

コスパで選ぶなら大容量の「一升瓶サイズ」

みりんをよりリーズナブルに購入したい方は、大容量のものがおすすめです。特に本みりんはみりん風調味料に比べるとお高めなので、少しでもお得に購入できると嬉しいですよね。とはいえよほどの大家族でなければ、大容量のみりんを使い切るのは難しいです。

 

そう簡単に腐るものではありませんが、封を開けて時間が経つと風味が落ちてしまうこともあります。使用する頻度や量に合わせて選びましょう。

一人暮らしの方にはスーパーでも手に入りやすく使いきれる「コンパクトサイズ」

みりんには賞味期限が設定されており、一般的に開封後1~3か月程度が目安です。腐ることはあまりありませんが、風味が落ちてしまうようです。せっかく高価な本みりんを購入しても上質な風味を保てなければもったいないですよね。

 

普段あまりみりんを使用する機会がない方や一人暮らしの方は、容量の少ないみりんを選ぶことをおすすめします。スーパーで手に入りやすいサイズなのもうれしいポイントです。

使い道によって「甘み」で選べば好みの味付けにできる

みりんは特徴的な優しい甘さが特徴で、砂糖に比べ自然な甘みを料理にプラスすることができます。そのため使い道や好みの味付けに合ったみりんを選ぶのがおすすめです。例えばあっさりと食べたい麺類のつゆなどには、すっきりとした風味のみりんがよく合います。肉料理などこってりと濃い味で食べたい方は甘いみりんを選びましょう。

みりんは飲める!飲むみりんは「熟成年数」もチェック

本みりんはもともと戦国時代に甘いお酒として作られていたものでした。その中でも飲めるみりんは、米麹・もち米・焼酎のみを原材料として長期間糖化熟成させた伝統的製法の本みりんと言われています。

 

伝統製法で作られた本みりんは熟成期間によって味に違いがあります。一般的に長期熟成しているもののほうが焼酎の香りが取れて、コクや旨味が深くなると言われています。飲用で探している方はぜひ熟成期間もチェックしてみてください。

 

美味しい本みりんはアイスクリームにかけたり炭酸で割るのもおすすめです。ただアルコール・糖分も含まれているため、飲み過ぎには注意してください。

健康に良いもので選ぶ

「お料理に使う調味料も体にいいものを選びたい」という方は、健康に配慮したみりんを選ぶのがおすすめです。

「糖類・醸造アルコール不使用」がおすすめ

みりんは焼酎ではなく醸造アルコールで作られている製品もあります。醸造アルコールを使用すると発酵が早いので、短い時間で大量に作る事ができます。しかし甘みが少なくなるというデメリットがあるので、甘みを追加するために糖類が必要です

 

また醸造アルコールを使用すると発酵時間が短くなるため、発酵で得られる栄養素が少なくなるとも言われています。体にいいみりんを選びたい方は、糖類・醸造アルコール不使用のものを選ぶのがおすすめです。

「もち米・米麹・焼酎のみ」で作られた本みりんは品質も高い

健康に配慮したみりんを探している方には原材料がもち米・米麹・焼酎のみの本みりんがおすすめです。伝統的製法でゆっくり醸造させた本みりんは独特のコクや風味を楽しめるだけでなく添加物・甘味料などが入っていないのでさまざまな用途で使用できます。

「糖質」で選ぶなら本みりんがおすすめ

本みりんに含まれる糖質量は大さじ一杯で約8g、みりん風調味料は約10gと言われています。本みりんは他の砂糖やみりん風調味料に比べ糖質が低いものが多いので、糖質が気になるという方は本みりんを選ぶのがおすすめです。

原材料の有機栽培にこだわった「オーガニック」のみりんもある!

健康のために食の安全性にもこだわりたいとう方には、有機栽培された原材料を使用したオーガニックみりんがオススメです。化学肥料や農薬を使用せずに栽培されたもち米や米麹を使用したみりんならより安心して料理に使用することができます。

 

オーガニックみりんは商品ラベルや原材料欄に「オーガニック」「有機」といった記載があるので、選ぶ際はラベルを確認してみてください。

値段で選ぶ

スーパーで売られているみりんにも値段の差がありますよね。価格と製法のバランスで選ぶのもおすすめです。

「価格帯」でみりんの種類が変わることも

スーパーで選ぶ市販品のみりんにはいろいろな価格帯のものがあります。一般的には安いものはみりん風調味料や発酵調味料であることが多く、高いものは本みりんである場合が多いです。製法や熟成期間によってもある程度のばらつきが出るので、購入時には価格とともにチェックしてみてください。

値段は高めでも美味しい「高級品」は贈答用にもおすすめ

高級な本みりんの中には贈答用にぴったりの商品もあります。普段買わない高級品をプレゼントとしていただくのは嬉しいですよね。料理の好きな方に、お取り寄せした美味しい高級みりんをお歳暮として贈ってみるのはいかがでしょうか。

生産地で選ぶ

みりんには有名生産地があります。それぞれのこだわりの伝統製法で作られた深い味わいが魅力です。

キッコーマンのマンジョウ本みりんでおなじみ「千葉県流山市」

千葉県の流山市はみりんの生産地として有名です。流山市は原料であるもち米とうるち米の産地が近くみりんづくりには欠かせない水質資源にも恵まれた土地であり、みりんづくりが栄えたと言われています。

 

市内には有名メーカー「キッコーマン」の工場も。明治時代からみりんの製造を行っており、豊かな香りと甘味が特徴のマンジョウ本みりんは今でも人気の製品です。

三河みりんが有名な「愛知県碧南市」

愛知県碧南市もみりんづくりが伝統産業として栄えている地域です。恵まれた気候風土や水質資源に恵まれた土地で、江戸時代から続くみりんメーカーがあるのも碧南市になります。またみりん業者数全国1位の愛知県三河地方はみりんの本場と言われています。

メーカーやブランド・購入店で選ぶ

本みりんは、いくつか有名なメーカーがあります。「ブランドにこだわって選びたい!」という方のために特に有名な3つのみりんメーカーをご紹介しましょう。

まろやかな甘みが特徴「味の一醸造株式会社」

味の一醸造株式会社は、みりんとお酒のよさを合わせもつ、「味の母」というみりんタイプ調味料を製造する、埼玉県の会社です。味の母はみりんタイプ調味料ですが、瓶タイプは伝統的製法でしっかり熟成して作られているところが魅力。料理初心者でも使いやすいと評判の高いみりんです。

こだわりの三河みりんをつくる「九重味淋」

伝統的製法の本みりんといえば、「三河みりん」を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。料理のプロの間でも、三河みりんはよく使用されています。この三河みりんが世間に広まったきっかけが、九重味淋だといわれています。

 

三河みりんとは、三河地方伝統のみりんの総称です。九重味醂はみりんを専門に作るお店で、なんとその歴史は安永元年から続いています。その歴史を感じさせるような、深い旨味と上品な甘さ、芳醇な香りを感じさせるみりんを作り続けています。

タカラ本みりんでおなじみのメーカー「宝酒造」

「タカラの本みりん」を製造しているのが、宝酒造です。みりんだけではなく、普通のお酒もたくさん製造しています。宝酒造では豊かな自然から生まれた綺麗な水や田畑の穀物、微生物などの力によって、多くの優秀な商品を生み出しています。

 

タカラの本みりんは、工業的製法で作られており、お手頃価格ながら豊かな風味を感じられるのが特徴。多くの方に親しまれているトップブランドです。さらに原材料と醸造にこだわった最高品質本味醂まで幅広いラインナップが魅力です。

みりんの人気おすすめランキング10選

10位

ムソー

味の一 味の母

価格: 422円(税込)

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

みりんタイプながら本格的な味わい

こちらは塩を加えたみりんタイプ調味料ながら、伝統的製法で作られた本格派です。日本酒とみりんの良さを併せ持っているため、これ1つでみりんと日本酒の役割を果たしてくれますよ。

 

しっかり熟成して作られているので、長期保存でも味が劣化しないところも嬉しいポイント。料理初心者でも味がきまりやすいと評判です。

種類 発酵調味料 製法 二段式(製法特許)糖化工程
内容量 300ml アルコール度数 10度
原材料 米・米こうじ・食塩

口コミを紹介

切らさないように隔月で買っています。これを入れると、煮物が本当に美味しいです。欠かせません。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

宝酒造

タカラ本みりん 醇良

価格: 447円(税込)

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ最高!市販で手に入りやすい本みりん

工業的製法の本みりんながら、深い味わいや香りを感じさせます。それは世界から厳選した材料を使って作られているから。また本みりん作りの工程はすべて自社工場で行なっているため、本格的な味わいなのに価格はリーズナブル。市販品として手に入りやすいのも魅力です。

 

本格的な味わいなのに手軽に使えるのは嬉しいですね。1リットルタイプなので、残量を気にせずにたっぷりと使えます。

種類 本みりん 製法 工業的製法
内容量 1000ml アルコール度数 13度
原材料 もち米・米こうじ・醸造アルコール・糖類

口コミを紹介

みりん風調味料とは違い塩も入っていないし、料理にコクと照りを与えてくれて和食の定番です。やはり本みりんが一番です。それもタカラ酒造の本みりんは濃厚で美味しく料理が仕上がります。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

キッコーマン食品

みりん風こってりん

価格: 919円(税込)

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本みりんのような味わい

アルコールが入っており、本みりんと同じような効果を得ることができます。アルコール分が9.5%なので、料理の臭い消しの効果も期待できますね。実際に使用した方からも、「本みりんを使った時と変わらない味わいになる」と評判です。

 

この商品は大容量タイプでよりお得に購入できるので、普段からみりんをよく使う方に特におすすめです。

種類 みりん風調味料 製法
内容量 1800ml アルコール度数
原材料 水飴・米小麦発酵調味液・醸造酢・酸味料

口コミを紹介

この商品、あまり売ってないので探してました、みりんでも、甘めでいいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

九重味淋

九重櫻

価格: 2,648円(税込)

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

みりんの最高峰!

三河みりんの起源といわれる「九重味醂」は、みりんの醸造元として最古ということでも知られています。歴史の重みを感じられる深い味わいは、他のブランドには真似できないでしょう。

 

プロの料理人のなかにも愛用している方が多いそう。料理が好きな方は、ぜひ一度試してみてくださいね。料理の味わいが一層深まりますよ。

種類 本みりん 製法 伝統的製法
内容量 1800ml アルコール度数 13.5度
原材料 もち米・米麹・焼酎

口コミを紹介

愛知県のみりんは極上のものが多くあります。このみりんも極上です。みりんがおいしいと料理も簡単においしくなります

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

日の出

新味料 醇良

価格: 292円(税込)

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

さまざまな使い道に!料理にコクをプラス

みりん風調味料で、アルコールがほとんど含まれていないため、アルコールが苦手な方、お子様のいる家庭でも安心して使用できます。煮切りをする必要がないので、ほうれん草のおひたしなどさまざまな使い道で使用できるのもうれしいポイント。

 

1000mlと大容量なので、コスパが良くたっぷり使えるところも魅力です。原材料は水あめ、米・米こうじの醸造調味料、醸造酢と、余計な保存料などを使用していないところも嬉しいポイントです。

種類 みりん風調味料 製法
内容量 1000ml アルコール度数 1度未満
原材料 水飴・米、米麹醸造調味料・醸造酢・酸味料
5位

ミツカン

ほんてり

価格: 324円(税込)

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

値段も安価でコスパ抜群

スーパーでよく見かけるのがこのミツカンの「ほんてり」ではないでしょうか。有名メーカーならではの安心感がありますね。塩分が含まれていないので、砂糖の代わりとして使用することもできます。

種類 みりん風調味料 製法
内容量 1000ml アルコール度数
原材料 水飴・米、米麹醸造調味料・醸造酢/酸味料

口コミを紹介

我が家は、高齢者がいるので煮物をよく作ります。だから、みりんがいるので助かっています。

出典:https://review.rakuten.co.jp

4位

キッコーマン

米麹こだわり仕込み 本みりん

価格: 285円(税込)

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

容器の形状が使いやすい!一人暮らしの方にもおすすめなコンパクトサイズ

こちらの本みりんは、使いやすいボトルがポイント。分量を調節しやすいので、「うっかり入れすぎた」という失敗を防止できます。一人暮らしにもちょうど良いサイズなので、風味を落とさず使い切ることができそうですね。米麹をたっぷり使用しており、上品な味わいに仕上がっているところも魅力です。

種類 本みりん 製法 工業的製法
内容量 450ml アルコール度数 12.5度
原材料 米・米麹・醸造アルコール

口コミを紹介

ピューっと出るタイプが魅力で購入しました。料理中片手で出せてしまえて、使いたい分だけ押して調整が出来るなんて最高。味もまろやかになりお気に入りの調味料です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

角谷文治郎商店

有機三州味醂 有機本格仕込み

価格: 1,144円(税込)

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

有機素材にこだわった濃厚で甘い本みりん

国産有機原材料にこだわったオーガニック本みりんです。日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会から認定を受けた製品で、お米ならではの甘みとしっかりとしたコクを楽しむ事ができます。

 

100年を超えるみりん専門の蔵元で手間ひまかけた伝統製法で製造しており、濃厚で深いあじわいが特徴。濃厚な本みりんなので使用量を抑えて使っても十分美味しく味わえます。健康と安全にこだわった本格的な本みりんを探している方におすすめです。

種類 本みりん 製法 伝統的製法
内容量 500ml アルコール度数 14度
原材料 有機もち米・有機米麹・有機米焼酎

口コミを紹介

これをちょっと使うだけで味が決まります。コクがあるのに雑味がなく深い味わいに出汁がきまらない時でもこれを使うと助けられます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

白扇酒造

福来純 伝統製法熟成本みりん

価格: 2,750円(税込)

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る
公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

無添加・国産素材にこだわった伝統製法の本みりん

昔ながらの伝統製法でゆっくりと作り上げた本みりんです。国産のもち米・米麹・米焼酎の3つの原料のみで造られた本みりんは、昔から寝酒としても愛飲されていました。

 

料理に使用すれば、照りと旨味が増した味わい深い1品になります。しつこくない上品な甘さがお料理の素材を活かすため、さまざまな料理にぴったり。じっくりと作り上げた無添加の本みりんを探している方におすすめです。

種類 本みりん 製法 伝統的製法
内容量 1800ml アルコール度数 13.5度
原材料 もち米・米麹・米焼酎

口コミを紹介

料理が上手になったと錯覚させられます。煮物に使うとすごくおいしい。もうこれ以外のみりんは購入していません。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

角谷文治郎商店

三州三河みりん 純もち米仕込

価格: 983円(税込)

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

そのまま飲んでも美味しい!まさに本物の本みりん

伝統的なみりんで有名な「三河みりん」のひとつです。原料に使われているもち米は契約農家で特別に作ったものを自家精米したもので、米の旨味を堪能できます。瓶のなかでも熟成されていくので、時間が経つとまた違った味わいを楽しめますよ。

 

そのまま飲んでも美味しいみりんなので、料理に使うと「料理の腕が上がった」と錯覚するほど、料理の味わいが増すそうです。

種類 本みりん 製法 伝統的製法
内容量 700ml アルコール度数 14度
原材料 もち米・米麹・米焼酎

口コミを紹介

こんなに違うのかと知ってびっくりです。みりんを入れても今まで照りがでないと思っていましたが、みりんの質が悪いと照りがでないのですね。見た目も本当にきれいに仕上がります。煮物が大好きになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

みりんのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 種類 製法 内容量 アルコール度数 原材料
1
アイテムID:8245424の画像
三州三河みりん 純もち米仕込 983円

詳細を見る

そのまま飲んでも美味しい!まさに本物の本みりん

本みりん 伝統的製法 700ml 14度 もち米・米麹・米焼酎
2
アイテムID:8245421の画像
福来純 伝統製法熟成本みりん 2,750円

詳細を見る

無添加・国産素材にこだわった伝統製法の本みりん

本みりん 伝統的製法 1800ml 13.5度 もち米・米麹・米焼酎
3
アイテムID:8245418の画像
有機三州味醂 有機本格仕込み 1,144円

詳細を見る

有機素材にこだわった濃厚で甘い本みりん

本みりん 伝統的製法 500ml 14度 有機もち米・有機米麹・有機米焼酎
4
アイテムID:8245415の画像
米麹こだわり仕込み 本みりん 285円

詳細を見る

容器の形状が使いやすい!一人暮らしの方にもおすすめなコンパクトサイズ

本みりん 工業的製法 450ml 12.5度 米・米麹・醸造アルコール
5
アイテムID:8245412の画像
ほんてり 324円

詳細を見る

値段も安価でコスパ抜群

みりん風調味料 1000ml 水飴・米、米麹醸造調味料・醸造酢/酸味料
6
アイテムID:8245411の画像
新味料 醇良 292円

詳細を見る

さまざまな使い道に!料理にコクをプラス

みりん風調味料 1000ml 1度未満 水飴・米、米麹醸造調味料・醸造酢・酸味料
7
アイテムID:8245408の画像
九重櫻 2,648円

詳細を見る

みりんの最高峰!

本みりん 伝統的製法 1800ml 13.5度 もち米・米麹・焼酎
8
アイテムID:8245405の画像
みりん風こってりん 919円

詳細を見る

本みりんのような味わい

みりん風調味料 1800ml 水飴・米小麦発酵調味液・醸造酢・酸味料
9
アイテムID:8245402の画像
タカラ本みりん 醇良 447円

詳細を見る

コスパ最高!市販で手に入りやすい本みりん

本みりん 工業的製法 1000ml 13度 もち米・米こうじ・醸造アルコール・糖類
10
アイテムID:8245399の画像
味の一 味の母 422円

詳細を見る

みりんタイプながら本格的な味わい

発酵調味料 二段式(製法特許)糖化工程 300ml 10度 米・米こうじ・食塩

本みりんにはどんな役割があるの?

本みりんに含まれるアルコールには魚などの臭みを消し、素材の風味を良くするという効果があります。分子の小さいアルコールは味を浸透させやすく、しっかりと味の染み込んだ風味の良い料理に仕上げることが可能です。

 

また糖やアミノ酸により料理に照り・ツヤが出て見た目にも美味しそうになります。まろやかで自然な甘みを出してくれるほか、さらにアミノ酸は旨味成分としても活躍し、風味や味わいに奥深さを出す効果も。

 

甘さなら砂糖でも良さそうですが、砂糖より多くの糖が入っているみりんの方が複雑で奥深い味わいが出ます。みりんには煮崩れを防止・旨味を閉じ込める効果もあるので煮込み料理には特におすすめです。

みりんの保存方法は?

一般的にアルコールが含まれている本みりんは開封後も常温での保存が可能です。冷蔵庫の低温で保存をすると糖分が結晶化してしまうことがあるので、常温の冷暗所で保管しましょう。

 

一方、アルコールの含まれないみりん風調味料は長期保存には不向き。開封後は冷蔵庫で保管して早めに使い切るのがおすすめです。

みりんを使ったおすすめ料理・レシピをご紹介

みりんはその独特の甘み・風味が特徴で、料理に入れると簡単に深みのある味わいを出すことができます。一般的には煮物や照焼など和食に使われることが多いですが、実は洋風・中華・スイーツまでレシピの幅は非常に多いです。

 

さらに肉・魚など素材との相性も抜群で、臭みを軽減したりしっかり味を染み込ませた美味しい料理を作ることができます。以下のサイトには本みりんを使った美味しい料理のレシピがたくさん載っているので、ぜひ御覧ください。

また以下の記事では、みりんとともに日本料理に欠かせない砂糖の人気おすすめランキングをご紹介しています。こちらもぜひご覧ください。

子どもが食べる料理にみりんは使える?

特にアルコールの含まれる本みりんなどは、子どもが食べても大丈夫なのか気になりますよね。使う際の注意点をいくつかまとめてみました。

離乳食にみりんを使っても大丈夫?

みりんは離乳後期の生後9〜11ヶ月頃から使用できる調味料です。離乳食にもアルコール分をしっかり飛ばせば使えるという意見もありますが、アレルギーなどの危険性もあります。離乳食にみりんはできるだけ控えたほうが無難でしょう。

 

どうしても使いたい場合は、アルコールのほとんど入っていないみりん風調味料の方がより安心かもしれませんね。ただしみりん風調味料には色々な添加物が加えられていることがあるので、原材料をしっかり確認してから使うなど注意が必要です。

子どもに使う際は煮切りみりんにしよう!

離乳食が終わっても、アルコールの強い本みりんをそのままお子様に出すのは控えて、どうしても使用したいときには加熱してアルコールを飛ばすようにしましょう。しっかりとアルコールを飛ばすと、魚の臭みなどを軽減するという効果もあります。

 

めんつゆやタレなどに使用する際にも、煮きってアルコールをしっかりと飛ばしてから使用するのがおすすめです。

料理の味をワンランクアップする料理酒もチェック

みりんと料理酒の違いとして、味の違いがあります。みりんが甘みを出す調味料である反面、料理酒は塩分のしょっぱさを感じる調味料です。料理酒にもみりん同様、臭みをとったり素材を柔らかくする効果があると言われています。

 

また料理酒は加熱して蒸発する際に素材の香りを引き立たせるという効果もあり、料理によって使い分けるのがおすすめです。以下の記事では、料理酒の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

まとめ

ここまでみりんのおすすめランキング10選をご紹介しましたがいかがだったでしょうか。みりんを変えれば、いつものお料理がもっと美味しくなるかもしれません。みりんの選び方にも違いがあるので、ぜひお好みのみりんを選んで楽しくお料理を作ってみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年10月01日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

紅茶の人気おすすめランキング25選【美味しい茶葉をご紹介】

紅茶の人気おすすめランキング25選【美味しい茶葉をご紹介】

茶葉・インスタントドリンク
【2021年最新版】黒糖焼酎の人気おすすめランキング15選【甘い・美味しい!飲み方も紹介】

【2021年最新版】黒糖焼酎の人気おすすめランキング15選【甘い・美味しい!飲み方も紹介】

焼酎
【2021年最新版】食パンの人気おすすめランキング21選【市販の美味しい食パンも!】

【2021年最新版】食パンの人気おすすめランキング21選【市販の美味しい食パンも!】

パン・ジャム
【2021年最新版】お取り寄せの缶詰・瓶詰の人気おすすめランキング10選【美味しい高級おつまみも紹介】

【2021年最新版】お取り寄せの缶詰・瓶詰の人気おすすめランキング10選【美味しい高級おつまみも紹介】

レトルト・惣菜
米焼酎の人気おすすめランキング20選【高級プレミア品から安くて美味しいものまで】

米焼酎の人気おすすめランキング20選【高級プレミア品から安くて美味しいものまで】

焼酎
ロジェガレ香水の人気おすすめランキング15選【レディースやユニセックスも】

ロジェガレ香水の人気おすすめランキング15選【レディースやユニセックスも】

香水・フレグランス