ハンドブレンダーの人気おすすめランキング20選【離乳食にも】

記事ID10838のサムネイル画像

食材を混ぜたり刻んだり1台で何役もこなすハンドブレンダー。赤ちゃんの離乳食を作るのにも大活躍です。静音機能や回転速度調節機能、アタッチメントの種類など、使用用途合わせて選ぶのがおすすめ。そんなハンドブレンダーの人気ランキング20選と選び方を紹介します。

離乳食やスムージー作りに便利なハンドブレンダー

材料を「混ぜる」「刻む」「潰す」「泡立てる」のに便利なハンドブレンダー。その名の通り、ボウルや鍋などに直接入れて使えるのが便利です。また、小さな赤ちゃんなどの離乳食を作るのにも最適です。

 

ミキサーやフードプロセッサーのように使用用途がハッキリしている場合は選ぶのも簡単ですが、ハンドブレンダーはいろいろな役割が担えるので、どれを選べばいいかわからないという人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回はハンドブレンダーの機能やお手入れのしやすさ、アタッチメントの種類などの選び方をもとに、おすすめの商品をランキングにしてご紹介します。

ハンドブレンダーの選び方

ハンドブレンダーの選び方をまずはご紹介します。使いやすさのほか、機能性、お手入れ、価格などのポイントがありますので参考にしてください。

撹拌性能で選ぶ

ハンドブレンダーを選ぶのに大事なポイントは仕上がり、つまり「撹拌性能」ですよね。ブレードの回転速度やパワーなどを確認しましょう。

食感を調整したい人は「回転速度調節」があるもの

ハンドブレンダーは回転速度を調節することによって、食材の食感を調整することができます。回転速度が遅いと粗みじんのような食感が残るようにでき、回転速度が速いとスムージーのような滑らかな液状にすることができます。

 

スイッチによって切り替える機種や、ダイヤルによって自由にスピードを調整できるものがあります。離乳食など赤ちゃんの好みによって食感を変えることができれば、食べやすい離乳食ができますよ。

 

また、回転速度が調整できても、毎分の回転数が少ないと仕上がりにムラがでるので、ブレンダーモードで毎分10,000回以上回転するものがおすすめです。

氷を砕きたい人は「ハイパワー」モデル

クラッシュアイス凍ったフルーツなど硬い食材に使う場合は、パワーのあるハンドブレンダーを選ぶのがおすすめです。パワーが弱いと氷などの硬いものを混ぜることができずにブレードが止まってしまいます。

 

パワーの強さは消費電力によって決まります。スペック表などで消費電力の大きい機種パワフルモーターが採用されたハンドブレンダーを選びましょう。おすすめは消費電力が300W以上あるものが良いでしょう。

熱い食材にも使いたいなら「ステンレス」ブレード

ハンドブレンダーはボウルや鍋の材料を直接撹拌できるのが魅力のひとつです。しかし、ブレードがプラスチック製だと、熱い鍋などに入れることができません。熱い材料を混ぜたい場合は、ブレードがステンレス製かどうか確認しましょう。

長時間使う場合は「連続稼働時間」を確認

ハンドブレンダーは混ぜる、刻む、潰すなどいろいろな調理に使用できます。そのためついつい長時間使用することもありますが、長時間使用すると本体が熱くなってしまいます。機種によって1回の連続稼働時間が決められているので、使用頻度が高い人連続稼働時間を確認しましょう。

シンプルか多機能なものを選ぶ

ハンドブレンダーを「混ぜる」のみで使用する人は、余計な機能がないシンプルな機種がおすすめです。主にスムージーやスープなどを手軽に作りたい人は、機能がシンプルなハンドブレンダーを選ぶと良いでしょう。

 

一方、野菜を刻んだり、お肉をミンチにしたり、料理にフル活用したい人は、アタッチメントが豊富な多機能タイプがおすすめです。

料理の幅を広げる「アタッチメント」

ハンドブレンダーはつぶす・まぜる・きざむ・泡立てるのが基本機能です。しかし、アタッチメントを変えることで、「こねる」「おろす」「細切り」「薄切り」など使用用途が幅広くなります。

 

ブレンダーホイッパーなどのアタッチメントを標準装備している機種を選ぶと、1台で何役もこなしてくれます。サラダやハンバーグなど通常のハンドブレンダーではできない料理もできますよ。

 

ブレード以外でもスムージーをそのまま作って飲めるブレンドカップや、食材をおろすことができるチョッパー容器など、ハンドブレンダーの機能を拡張させるアタッチメントもあります。

シンプルで良い人には「低価格」モデル

スープやスムージーなどを手軽に作りたい人にはシンプルで低価格なハンドブレンダーがおすすめです。基本的な「撹拌」のみに絞ったハンドブレンダーは、操作も簡単で価格も抑えられています。

操作性で選ぶ

ハンドブレンダーは機種によって操作の仕方が異なります。ボタンを押すだけのシンプルなものから、ダイヤルでスピードを調整するものまで様々です。使用用途に合わせた使いやすいハンドブレンダーを選びましょう。

子供と料理するなら「チャイルドロック」

ハンドブレンダーは容器がなく、直接ボウルなどに入れて使用するのでブレード(刃)がむき出しになっています。そのため使用時に気を付けないとケガをする恐れもあります。安全に使用したい場合は「チャイルドロック」機能が付いているものを選びましょう。

 

チャイルドロックはロックを外さないとボタン操作ができないようになっていたり、2つのボタンを同時に押さないと作動しないなどの工夫がされています。子供と一緒に料理をする人は特に安全性に配慮したいですよね。

屋外でも使いたいなら「コードレス」

ハンドブレンダーを屋外などで使用する場合は、電源設備が不要のコードレスがおすすめです。わずわらしいコードが無いので、キッチンでもスムーズに使えます。USB接続が可能なハンドブレンダーなら、モバイルバッテリーで充電できますよ。

夜の調理や離乳食には「静音」タイプ

ハンドブレンダーは大きなパワーで材料を撹拌するので、大きな音が発生します。夜などにしか料理ができないという人は、静音設計のあるハンドブレンダーを選ぶのがおすすめです。また、赤ちゃんなどがいる家庭でも静音設計のほうが睡眠を妨げずに料理ができます。

お手入れのしやすさで選ぶ

ハンドブレンダーのような調理家電は使った後のお手入れが簡単なものが良いですよね。パーツを簡単に外せるものを選ぶのがポイントになります。また、最近では食洗器を使用する家庭も増えているので、食洗器を使いたい人は「食洗器対応」か確認しましょう。

収納のしやすさで選ぶ

調理家電はキッチンのどこに収納するか困りますよね。ハンドブレンダーは比較的コンパクトではありますが、アタッチメントが多かったり、パーツが外れなかったりすると収納しにくくなります。パーツが細かく分解できて、容器などを重ねて収納できるような設計になっているものがおすすめです。

回転速度調節できるハンドブレンダーのおすすめ人気ランキング7選

7位

ティファール

ハンドブレンダーベビーマルチ

価格:10,770円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

離乳食に最適なハンドブレンダー

ティファールのハンドブレンダー「ベビーマルチ」は離乳食を作るのにおすすめです。直径が35mmと小さいブレードが付いていて、少量の離乳食でも細かく均一に撹拌できます。また、ママと赤ちゃんのためのハンドブレンダーレシピも付いています。

サイズ70×70×400(mm)重量820g
回転速度調節自由調整可連続稼働時間90秒

口コミ紹介

離乳食初期はそんなに量を食べないので、作り置きもそんなに作らなかったうちの離乳食スタイルにはぴったりでした!結局、1週間で使い切りたい量しか作らなかったためすごく適しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

ウィナーズ株式会社

レコルト ハンディーブレンダースリムプラス recolte Handy Blender Slim Plus [レッド / RHB-1]

価格:6,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

収納しやすい容器付き

おしゃれ家電で有名なレコルトのハンドブレンダーは、ブレンダーのアタッチメントのほか、ハンドブレンダーに合わせた容器も付属しています。スープやスムージ―などが手軽に作れ、容器に本体やアタッチメントも収納できるので、キッチンもスッキリ片付きます。

サイズ5.8×5.8×36.0cm重量 550g
回転速度調節6段階連続稼働時間60秒

口コミ紹介

自宅キッチンのスペースに余裕がない中で、専用ケースが地味に凄く良い仕事をしてくれる。しまいやすくて使いやすい

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

DeLonghi(デロンギ)

マルチクイック7

価格:17,648円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1台7役の多機能ハンドブレンダー

自分の手の間隔で回転速度調節ができるスマートスピード機能を搭載しています。アタッチメントを交換することで、「混ぜる」「つぶす」「刻む」「泡立てる」「スライス」「千切り」「こねる」の幅広い使い方ができます。

サイズ7.0×7.0×40.0㎝重量890g
回転速度調節自由調節可連続稼働時間60秒

口コミ紹介

かぼちゃのポタージュを作りたくて購入しました。10分もかからず、簡単かつあっという間にポタージュができました。急に料理上手になれたような気分になります。他にはキャベツの千切り、人参しりしりなど、普段は面倒で作らない料理に挑戦するようになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

タイガー魔法瓶(TIGER)

スマートブレンダー

価格:11,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

誤作動を防ぐ2段階安全スイッチ採用

混ぜる、つぶす、刻む、泡立てるなど1台5役のハンドブレンダーです。アタッチメントもブレンダー、チョッパーカッター、ホイップブレードのほか、おろしカッターも付属し、硬い野菜もすりおろすことができます。また、誤作動を防止する2段階安全スイッチで、安全に配慮されています。

サイズ6.5×6.3×43.0cm 重量830g
回転速度調節5段階連続稼働時間60秒

口コミ紹介

大根おろしは楽、手でおろすより、出てくる水分が少ないので、ジューシーな仕上がりです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Cuisinart (クイジナート)

スリム&ライト マルチハンドブレンダー

価格:8,532円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量で手に馴染みやすい

従来品よりも約250gも軽量化した女性でも手に持ちやすいハンドブレンダーです。ワンタッチでスイッチをオンできる簡単設計で、回転速度もダイヤルで自由に調整可能です。大容量800mlの専用カップ付きでスムージーや離乳食などにもおすすめです。

サイズ36×5.7×5.7cm重量540g
回転速度調節自由調整可連続稼働時間180秒

口コミ紹介

今までのブレンダーと違って軽い、ミキサーする歯の部分が低いため少量でもかかりやすい、速度調整ができる

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

ハンドブレンダー

価格:3,273円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スピード調整が自由自在

スピード調節レバーでブレードの回転速度を無段階に調整できるハンドブレンダーです。混ぜる、潰す、刻むといった1台3役で、料理の下ごしらえには十分です。また、アタッチメントも豊富で、スタンド収納もできて片付けしやすいのもポイントです。

サイズ約5.9×約5.9×約36.2(cm)重量600g
回転速度調節自由調整可能連続稼働時間60秒

口コミ紹介

チョッパーは、ミキサーと違って、水っぽくならずに野菜を上手に細かく刻めていいです。
ブレンダーも、容器が少し大きめでどうかなと思いましたが、使いやすく、洗うのにも便利でよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ブラウン ハウスホールド(Braun Household)

マルチクイック5

価格:7,642円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パワフルモーターで時短調理

ブラウン独自のパワフルモーターが材料をしっかりと撹拌して、調理時間を短くしてくれます。混ぜる、刻む、潰す、泡立てるの1台4役で、スムージーや離乳食、ハンバーグの下ごしらえに、メレンゲ作りまで多種多様な使い方ができます。

 

また、アタッチメントもワンタッチで交換でき、食器洗い機でも水洗いできます。

サイズ7.0×7.0×38.0(cm)重量810g
回転速度調節2段階連続稼働時間60秒

口コミ紹介

刻みもペーストも簡単に作れます。
85度以上の乾燥機に毎日1時間×3回いれてますが、全然壊れません。

出典:https://www.amazon.co.jp

回転速度調節機能があるハンドブレンダーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5546555の画像

    ブラウン ハウスホールド(Braun Household)

  • 2
    アイテムID:5546519の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 3
    アイテムID:5546503の画像

    Cuisinart (クイジナート)

  • 4
    アイテムID:5546444の画像

    タイガー魔法瓶(TIGER)

  • 5
    アイテムID:5546406の画像

    DeLonghi(デロンギ)

  • 6
    アイテムID:5546365の画像

    ウィナーズ株式会社

  • 7
    アイテムID:5546337の画像

    ティファール

  • 商品名
  • マルチクイック5
  • ハンドブレンダー
  • スリム&ライト マルチハンドブレンダー
  • スマートブレンダー
  • マルチクイック7
  • レコルト ハンディーブレンダースリムプラス recolte Handy Blender Slim Plus [レッド / RHB-1]
  • ハンドブレンダーベビーマルチ
  • 特徴
  • パワフルモーターで時短調理
  • スピード調整が自由自在
  • 軽量で手に馴染みやすい
  • 誤作動を防ぐ2段階安全スイッチ採用
  • 1台7役の多機能ハンドブレンダー
  • 収納しやすい容器付き
  • 離乳食に最適なハンドブレンダー
  • 価格
  • 7642円(税込)
  • 3273円(税込)
  • 8532円(税込)
  • 11500円(税込)
  • 17648円(税込)
  • 6600円(税込)
  • 10770円(税込)
  • サイズ
  • 7.0×7.0×38.0(cm)
  • 約5.9×約5.9×約36.2(cm)
  • 36×5.7×5.7cm
  • 6.5×6.3×43.0cm
  • 7.0×7.0×40.0㎝
  • 5.8×5.8×36.0cm
  • 70×70×400(mm)
  • 重量
  • 810g
  • 600g
  • 540g
  • 830g
  • 890g
  • 550g
  • 820g
  • 回転速度調節
  • 2段階
  • 自由調整可能
  • 自由調整可
  • 5段階
  • 自由調節可
  • 6段階
  • 自由調整可
  • 連続稼働時間
  • 60秒
  • 60秒
  • 180秒
  • 60秒
  • 60秒
  • 60秒
  • 90秒

アタッチメントが豊富なハンドブレンダーのおすすめ人気ランキング6選

6位

貝印(Kai Corporation)

マルチブレンダー

価格:10,190円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

豊富な6種類のアタッチメント

アタッチメントが豊富な貝印のハンドブレンダーです。フレッシュジュースには「ジューサー」、魚や肉のミンチには「ミンサー」、茹でた野菜をつぶすには「マッシャー」のブレードを使います。

 

ふりかけや茶葉などを砕く「グラインダー」、マヨネーズ作りなどで卵と油を混ぜることができる「ウィスク」、メレンゲや生クリームを泡立てる「ビーター」と、ブレードの種類が豊富でどんなお料理にも対応できます。

サイズ6 x 6 x 34 cm重量762 g
回転速度調節2段階連続稼働時間300秒

口コミ紹介

握るところが太くなく、女性でも使いやすい。モーター音も静かでクラッシュアイスもしっかり砕けるパワーもある。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

Vsadey

ハンドブレンダー

価格:4,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2層の刃で効率よく撹拌

基本ブレードが従来から2層タイプにアップデートし、より切削性能が向上しています。また、ブレードを包む回転刃カバーは食材が飛び散りにくい設計になっているので、キッチンを汚さずに使用できます。

 

アタッチメントはビーター、チョッパー、ブレンダーとチョッパー用ボウルにブレンダーカップと豊富に揃っています。離乳食から料理まで幅広く使えます。

サイズ28.49 x 25.69 x 15.49(cm)重量1980g
回転速度調節8段階連続稼働時間-

口コミ紹介

実際に使ったら、力も強くて、回転も調整でき、楽しくジュースを作った。Maxモードの音が少し大きいけど、気にならないレベルです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

OXA

ハンドブレンダー

価格:5,750円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低騒音モーター採用で静か

消費電力を抑えながら、素早く調理できるモーターを採用しており、振動と騒音を抑えてパワフルに撹拌することができます。また、人間工学に基づいたグリップは握りやすく、重量も625gと軽量なので女性でも使いやすくなっています。

 

アタッチメントもブレンダー、チョッパー、泡だて器、計量カップなど豊富で、1台5役と優れもの。アタッチメントの取り外しもワンタッチで、シャフトは食洗器対応なので便利です。

サイズ23.5×13.5×25cm重量625g
回転速度調節6段階連続稼働時間60秒

口コミ紹介

ブレンダーを使ったのは初めてなので、他の機種との比較は出来ませんが、とても役に立つので購入してよかったです。
機械の音もうるさくはなく、混ざっている時の水の音のほうが大きいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

イデアインターナショナル

マルチスティックブレンダー

価格:6,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スリムなのに氷も砕けるパワー

本体が570gと軽量で女性の手にも馴染む本体ながら、氷もしっかりと砕けるハイパワーのハンドブレンダーです。カラーも淡いピンクやグリーンもあり、キッチンをおしゃれに彩りたい人にもおすすめ。

 

アタッチメントはブレンダー、ホイッパーのほか、みじん切りやミンチ肉を作れるチョッパーも付属しています。便利な計量カップとお手入れしやすい専用掃除ブラシも付いていて、使いやすさに配慮されたハンドブレンダーです。

サイズ6.3×37×6.8cm重量570g
回転速度調節-連続稼働時間-

口コミ紹介

凍ったバナナやブルーベリーで6回程スムージーを作りました。作動時間を数十秒ほどで区切りながら使うと問題なく使えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ツヴィリングJ.A.ヘンケルス (Zwilling J.A. Henckels )

スティックブレンダー

価格:9,071円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Zwillingはナイフを中心とした刃物ブランドで、現在は世界でも名をはせるキッチン用品ブランドになっています。ハンドブレンダーは刃物のノウハウをブレードに活かして滑らかな切削機能があります。

 

アタッチメントに専用ワンドが付いていて、つぶす、混ぜる、刻む、泡立てるが効率よくできるようになっています。専用の計量ビーカー付きで離乳食など正確な量を作ることも可能です。

サイズ5.5 ×5.5 × 19.6(cm)重量-
回転速度調節-連続稼働時間60秒
1位

Cuisinart (クイジナート)

クイジナート スマートスティックハンドブレンダー CSB-80JBS

価格:9,801円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1台7役のフードプロセッサー並みの実力

刻む、つぶす、細切り、薄切り、泡立てる、こねる、おろすなど、1台7役もこなすハンドブレンダーです。おろし用のアタッチメントはフードプロセッサーさながらの本格派で、手間と時間がかかる大根おろしなども簡単に作れます。

 

また、誤作動防止の2段階スイッチで安全性にも配慮されています。さらに付属の調理カップに中性洗剤を入れて撹拌するとブレードを簡単に洗浄することができます。

サイズ6.0x6.7x38.8(cm)重量800g
回転速度調節-連続稼働時間30秒

口コミ紹介

ハンドブレンダー、フードプロセッサー、泡立て器デビューの私には優れもの過ぎて言うことなしです。
部品の取り外しが楽で洗いやすい。

出典:https://www.amazon.co.jp

アタッチメントが豊富なハンドブレンダーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5547188の画像

    Cuisinart (クイジナート)

  • 2
    アイテムID:5547109の画像

    ツヴィリングJ.A.ヘンケルス (Zwilling J.A. Henckels )

  • 3
    アイテムID:5547025の画像

    イデアインターナショナル

  • 4
    アイテムID:5546974の画像

    OXA

  • 5
    アイテムID:5546944の画像

    Vsadey

  • 6
    アイテムID:5546848の画像

    貝印(Kai Corporation)

  • 商品名
  • クイジナート スマートスティックハンドブレンダー CSB-80JBS
  • スティックブレンダー
  • マルチスティックブレンダー
  • ハンドブレンダー
  • ハンドブレンダー
  • マルチブレンダー
  • 特徴
  • 1台7役のフードプロセッサー並みの実力
  • スリムなのに氷も砕けるパワー
  • 低騒音モーター採用で静か
  • 2層の刃で効率よく撹拌
  • 豊富な6種類のアタッチメント
  • 価格
  • 9801円(税込)
  • 9071円(税込)
  • 6600円(税込)
  • 5750円(税込)
  • 4999円(税込)
  • 10190円(税込)
  • サイズ
  • 6.0x6.7x38.8(cm)
  • 5.5 ×5.5 × 19.6(cm)
  • 6.3×37×6.8cm
  • 23.5×13.5×25cm
  • 28.49 x 25.69 x 15.49(cm)
  • 6 x 6 x 34 cm
  • 重量
  • 800g
  • -
  • 570g
  • 625g
  • 1980g
  • 762 g
  • 回転速度調節
  • -
  • -
  • -
  • 6段階
  • 8段階
  • 2段階
  • 連続稼働時間
  • 30秒
  • 60秒
  • -
  • 60秒
  • -
  • 300秒

低価格なハンドブレンダーのおすすめ人気ランキング7選

7位

テスコム(TESCOM)

PureNatura スティックブレンダー

価格:3,250円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スイッチオンで素早く簡単

シンプルな電源のオン・オフで動作するハンドブレンダーです。シンプルながらブレードはステンレス製なので、熱い鍋の中でのスープづくりなどにも使えます。チョッパーボトルも付いているのでニンジンや玉ねぎのみじん切りも簡単にできます。

サイズ33.6×5.2×6.0(cm)重量550g
回転速度調節-連続稼働時間-

口コミ紹介

前日におかゆを濾していて疲れてしまったので、ブレンダーを調べて購入しました。
値段も手頃だし、大きさも邪魔にならない程度で良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

SIS

マルチハンドブレンダー

価格:4,961円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デザインが可愛いハンドブレンダー

可愛らしい丸みのあるフォルムと淡いカラーがおしゃれなハンドブレンダーです。低価格ながらチョッパーと泡だて器が付属していて、1台5役と料理に大活躍してくれます。家庭用冷蔵庫で作った氷も楽々クラッシュアイスにできるパワーもあります。

サイズ7.5×7.5×39.5(cm)重量約700g
回転速度調節-連続稼働時間-
5位

リコメン堂インテリア館

HI-ROSE (ハイローズ) ハンドブレンダー HR-HB210 ブレンダー チョッパー 泡だて器 スピード無段階調節機能付き ターボスイッチ付き

価格:3,463円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

無段階スピード調整で便利

低価格ながらブレードの回転スピードを無段階に調整できる機能を備えています。グリップには滑りにくいラバーを採用しており、安全に使用できます。アタッチメントもチョッパーと泡だて器が付属しているので、これ1台で十分に役割を果たしてくれます。

サイズ13.5×13.5×16.5(cm)重量750g
回転速度調節自由調整可能連続稼働時間60秒
4位

dretec(ドリテック)

ハンドブレンダー

価格:3,180円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スムージーに最適なシンプル設計

難しい操作は一切なく、シンプルな操作で簡単に使用できるハンドブレンダー。朝の忙しい時間でもスムージーやスープなど時短調理が可能です。スリムな本体で軽量なので女性でも扱いやすく、収納もしやすい形状です。カラーも4種類と豊富でキッチンをおしゃれに彩ります。

サイズ5.5×5.5×37(cm)重量535g
回転速度調節-連続稼働時間60秒

口コミ紹介

意外と使いやすく簡単にかくはん出来ます飛び散りもありません!

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ブラウン

マルチクイック1

価格:3,680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プラスチック製のブレードで軽い

ワンタッチで使える大きなボタンで簡単操作できるハンドブレンダーです。ブレードがプラスチック製なので軽量で軽く長時間使用しても疲れにくくなっています。プラスチック製のブレードでも85℃の耐熱性能があります。

サイズ7.5×7.5×34.0(cm)重量565g
回転速度調節-連続稼働時間45秒
2位

タマハシ(Tamahashi)

ハンディーブレンダー

価格:3,690円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

少量の離乳食を作るのに最適

コンパクトで少量の離乳食を作るのに便利なハンドブレンダーです。ハンドブレンダーに合わせた500mlのブレンドカップ付きで使いやすい。そのほかスムージーやスープ、フルーツジュースなどもブレンドカップにそのまま作って飲めるので手間いらずです。

サイズ6.5×6.5×36(cm)重量-
回転速度調節-連続稼働時間60秒
1位

シロカ

ハンドブレンダー

価格:1,680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一人暮らしにピッタリのハンドブレンダー

スイッチを押すだけというシンプルでスリムなハンドブレンダーです。価格も安く軽量で収納場所も取らないので、キッチンのスペースが狭い一人暮らしにもおすすめです。普段は料理をしなくても、健康のために野菜ジュースやスムージーを作るのも良いですよ。

サイズ6.3×6.3×35.1cm重量500g
回転速度調節-連続稼働時間-

口コミ紹介

離乳食の準備用に購入しました。
なんでもささっとペーストになるので便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

低価格のハンドブレンダーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5547453の画像

    シロカ

  • 2
    アイテムID:5547424の画像

    タマハシ(Tamahashi)

  • 3
    アイテムID:5547376の画像

    ブラウン

  • 4
    アイテムID:5547332の画像

    dretec(ドリテック)

  • 5
    アイテムID:5547291の画像

    リコメン堂インテリア館

  • 6
    アイテムID:5547256の画像

    SIS

  • 7
    アイテムID:5547227の画像

    テスコム(TESCOM)

  • 商品名
  • ハンドブレンダー
  • ハンディーブレンダー
  • マルチクイック1
  • ハンドブレンダー
  • HI-ROSE (ハイローズ) ハンドブレンダー HR-HB210 ブレンダー チョッパー 泡だて器 スピード無段階調節機能付き ターボスイッチ付き
  • マルチハンドブレンダー
  • PureNatura スティックブレンダー
  • 特徴
  • 一人暮らしにピッタリのハンドブレンダー
  • 少量の離乳食を作るのに最適
  • プラスチック製のブレードで軽い
  • スムージーに最適なシンプル設計
  • 無段階スピード調整で便利
  • デザインが可愛いハンドブレンダー
  • スイッチオンで素早く簡単
  • 価格
  • 1680円(税込)
  • 3690円(税込)
  • 3680円(税込)
  • 3180円(税込)
  • 3463円(税込)
  • 4961円(税込)
  • 3250円(税込)
  • サイズ
  • 6.3×6.3×35.1cm
  • 6.5×6.5×36(cm)
  • 7.5×7.5×34.0(cm)
  • 5.5×5.5×37(cm)
  • 13.5×13.5×16.5(cm)
  • 7.5×7.5×39.5(cm)
  • 33.6×5.2×6.0(cm)
  • 重量
  • 500g
  • -
  • 565g
  • 535g
  • 750g
  • 約700g
  • 550g
  • 回転速度調節
  • -
  • -
  • -
  • -
  • 自由調整可能
  • -
  • -
  • 連続稼働時間
  • -
  • 60秒
  • 45秒
  • 60秒
  • 60秒
  • -
  • -

ミキサー、フードプロセッサー、ジューサーとの違い

フードプロセッサーは、食材を細かく刻むのに適しています。野菜サラダを作ったり、ナッツなどを細かく砕いたりできます。しかし、ハンドブレンダーほど滑らかにすることはできません。「切る」のが得意な調理家電です。

ミキサーは、フルーツや野菜を液体状にすることに適しています。ハンドブレンダーとの違いは、容器に入る食材しか撹拌できないので汎用性に欠けます。一度に大量の食材を撹拌したいときにはミキサーが役に立ちます。

ジューサーは水分を多く含むフルーツや野菜を絞りながらジュースを作るキッチン家電です。食物繊維と液体を分離させることもできるので、滑らかなジュースを作ることができます。

まとめ

ハンドブレンダーの選び方について紹介してきました。機能やアタッチメントの種類によって、特徴があるのがわかりますよね。自分のライフスタイルにあったハンドブレンダーを見つけて、楽しく健康に料理ができるといいですね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ