【2024年版】中華スマホのおすすめ人気ランキング10選【安全性や危険性は?】

中華スマホは、OPPO・umidigi・oukitelなどから1万円以下も扱うコスパ最強のアイテムです。ミドルレンジや5G・防水・おサイフケータイなどのハイエンドモデルもあります。そこで、今回は中華スマホの選び方とおすすめの商品ランキングをご紹介します。安全性や危険性などについても必見です。

商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

格安でコスパの高い中華スマホを選ぼう

楽天モバイルなど日本のスマホ市場でも、OPPOやBlackview・Oukitel・umidigiなどの中華スマホをよく見かけるようになりました。1万円以下で買えるコスパ最強のスマホも多く揃っており、人気を集めています。でも中華スマホと聞くと、危険性や安全性が気になりますよね。

 

中華スマホには高い機能性とおしゃれなデザイン性を備えた機種が増えているのです。日本の技適マークの付いた商品なら安心して使用できます。世界シェアの高いメーカーやハイエンドモデルから、コスパの高いミドルレンジなどの中華スマホを選びたいですね。

 

そこで今回は、中華スマホの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは、スペックや機能性、人気メーカーなどを基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

ハイエンド中華スマホのおすすめ

1位

Xiaomi

Xiaomi Redmi Note 10 Pro

4.0

1億800万画素4眼カメラ搭載のハイエンドモデル!

世界初の1億800万画素ペンタプリズム式カメラを搭載したスマホです。写真やビデオの愛好家の方から注目されています。高画質の4眼カメラを搭載しているので、超高解像度の瞬間を撮影したい方におすすめです。

 

6.67インチの3D曲面有機ELディスプレイを採用しています。応答性に優れた画面内指紋センサー搭載なので、セキュリティ面でも安心です。5020mAhの大容量バッテリーは、外出先で使うことが多い方にもおすすめできます。

画面サイズ 6.67インチ メモリ容量 6GB+128GB(LPDDR4X RAM + UFS 2.2 フラッシュストレージ)
バッテリー容量 5260mAh 機能性 1億800万画素超高解像度カメラ

ミドルレンジ中華スマホのおすすめ

1位

OPPO

OPPO A73

4.0

1600万画素の4眼アウトカメラ搭載

1600万画素の4眼アウトカメラを搭載しています。リーズナブルな価格でもカメラ性能にこだわりたい方におすすめです。パノラマ写真などプロのカメラマンのようなポートレート写真も撮影できます。

 

1600万画素のAIビューティー機能付きインカメラを搭載しています。被写体に合った自然な雰囲気で綺麗なセルフィを撮りたい方におすすめです。デュアルSIM仕様を採用しているので、複数のSIMカードを使い分けることができます。

画面サイズ 6.44インチ メモリ容量 4GB RAM/64GB ROM
バッテリー容量 4000mAh 機能性 有機EL ディスプレイ

中華スマホとは?メリットとデメリット

中華スマホとは、中国に拠点を置いている企業が開発したスマホの総称です。中華スマホには、HuaweiXiaoMiZTELenovoなどの中国企業のメーカーがあります。中華スマホの最大のメリットは、高機能な製品を安価で手に入れられることです。

 

最近の中華スマホは、性能やデザインがますます進化し、コスパの高い製品が増えています。ハイエンド機には、iPhoneよりも先を行く機能が搭載されているスマホもあります。搭載のOSはほとんどがAndroidですが、カメラなどの機能性が優れています。

 

国内で正規販売されている機種は大丈夫ですが、非正規商品は日本独自の機能を使えないことがある点がデメリットです。おサイフ機能やワンセグ機能・ハイレゾ・ワイヤレス充電など、日本独自の機能が備わっているか確認しましょう。

中華スマホの選び方

中華スマホには、スペックや機能性・メーカーの異なる機種が数多く販売されています。機能性やコスパの高い、中華スマホの選び方をご紹介したいと思います。

 

【目次】

安全性・安心感で選ぶ

中華スマホには、技研マークやアフターサービスのついたグローバルモデルがあります。安心して使いたい方は、中華スマホの安全性で選ぶようにしましょう。

 

【目次】

日本国内で使いたい方には「技適あり」がおすすめ

技適マークは、総務省によって定められた技術基準適合証明と技術基準適合認定を得ているマークです。技適マークが付いていない製品を使用すると、電波法違反になることがあります。国内正規販売品の中華スマホには、技適マークが付いています。

 

技適マークを取得している場合、本体の背面や端末情報などで確認できます。スマホの設定画面から確認できますが、購入する前に確認するようにしましょう。海外店舗や海外通販で中華スマホを購入するときも要確認です。

便利に使いたい方には「グローバルモデル」がおすすめ

中華スマホには中国本土で使える国内モデルと、日本を含む海外で使用できるグローバルモデルがあります。中国国内モデルは中国語と英語表記が多く、Googleストアが使えないなどの制限があります。グローバル版の記載があるスマホを選ぶようにしましょう。

安心して使いたい方には「アフターサービス付き」がおすすめ

保証期間やコールセンターなどのアフターサービスが充実したメーカーがあります。日本国内に販売拠点があれば、故障したときでもスムーズにメンテナンスができます。日本語で対応してもらえるメーカーを選ぶことで、トラブルの状況も相談しやすくなります。

データ容量で選ぶ

中華スマホには、ROMとRAMのデータ容量が異なる機種があります。中華スマホのデータ容量が気になる方は、ROMとRAMで選ぶようにしましょう。

データを沢山保存する方には容量が多い「ROM」がおすすめ

ROMはスマホに保存できるデータ容量で、内部ストレージとも呼ばれます。ROMの数値が低い機種は、データを保存するとスマホの動きが鈍くなります。写真や動画などデータを沢山保存したい方には、ROMの数値が高いスマホがおすすめです。

 

ROMの数値が低い中華スマホでも、microSDカードを使って保存容量を拡張できます。microSDカード対応の機種かどうか確認して選びましょう。以下の記事では、microSDカードの人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

通信速度の速さを求める方には数値が高い「RAM」がおすすめ

RAMとはデータの処理領域を表しています。RAMの数値が大きいほど、データの処理速度や通信速度が速くなります。複数のアプリを同時使用したい方や複数のデータをダウンロードしたい方には、RAMの数値が高いスマホがおすすめです。

2.1GHzや800MHz対応の「周波数帯」を確認

スマホには対応周波数があり、日本国内で使える周波数に対応している必要があります。2.1GHz帯(バンド1)の周波数対応のスマホは、日本全国に基地局があり速度が速いのが特徴です。800MHz(バンド19)は、地方在住でも電波が届きやすい周波数帯です。

 

2.1GHz帯(バンド1)は、ドコモ・au・ソフトバンクなどの各通信会社に割り当てられた周波数帯です。800MHz(バンド19)はプラチナバンドと呼ばれ、速度は遅めですが地方でも問題なく繋がります。住んでいる地域に合わせて周波数帯を選ぶのがおすすめです。

機能性で選ぶ

写真や動画を撮りたい方には「最新のカメラ機能」がおすすめ

中華スマホに限らずスマホを購入する際に、最新のカメラ機能が充実しているかで選ぶ方は少なくありません。中華スマホを選ぶ際にも、十分な画素数があるかどうかを確認しましょう。超広角レンズや光学ズーム・手ブレ補正などの機能も比較するのがおすすめです。

超高速・大容量を求める方には「5G」がおすすめ

今話題の5Gとは、超高速・大容量・低遅延・多数同時接続が魅力の第5世代移動通信システムです。4Gが高速道路を走る車なら、5Gは多くの人を高速で運べる飛行機です。中華スマホには、低価格で5Gを搭載したモデルが多く販売されています。

スマホで決済したい方は「おサイフケータイ」がおすすめ

中華スマホでもAndroid用のおサイフケータイを使えるモデルが多く販売されています。FeliCaを使うサービスを利用できる機種を選ぶことで、毎日の支払いや決済が楽になります。JR東日本のモバイルSuicaやパスモのモバイルPASMOなどに対応しています。

水周りや屋外で使う方には「防水・防塵機能」がおすすめ

お風呂や流し台など水周りで使うことが多い方には、防水機能が搭載されたスマホがおすすめです。アウトドアシーンや工事現場・災害地など、埃や衝撃が多い場所では防塵機能も役立ちます。中華タフネススマホは、水・埃・衝撃に強い頑丈なスマホです。

 

以下の記事では防水スマホの人気おすすめランキングを紹介しています。併せてご覧ください。

楽天モバイルなど通信会社を使い分ける方には「2つのSIMスロット」がおすすめ

楽天モバイルなど2つの通信会社を切り替えて使いたい方には、SIMスロット(デュアルSIM端末)が2つある中華スマホがおすすめです。相手に合わせて通信会社を使い分けることができます。SIMスロットが1つだけの機種もあるので、事前に確認しておきましょう。

 

以下の記事ではデュアルシムスマホの人気おすすめランキングを紹介しています。併せてご覧ください。

実用的なセキュリティ対策には「生体認証」がおすすめ

セキュリティ対策として、生体認証でロックを解除できるスマホが増えています。生体認証には指紋認証や顔認証があり、人によって好みは分かれます。手袋やマスクの着用も考えて、指紋認証と顔認証でどちらが便利か実用的な生体認証を選ぶようにしましょう。

ゲーム好きなら「高性能CPU搭載・有機EL搭載」がおすすめ

スマホでゲームを楽しみたいなら、高性能CPUや有機ELディスプレイを搭載した製品を選びましょう。高性能CPUがあれば、容量が重いゲームでもスムーズに処理できるため、快適にゲームをプレイできます。

 

一方の有機ELディスプレイは、自然な色合いで映像を表示でき、高画質でゲームを楽しめます。高性能CPUや有機ELディスプレイを搭載したスマホは効果ですが、その分機能性に優れているため、普段使いやビジネスにも最適です。

人気メーカーで選ぶ

高性能なカメラにこだわる方には「OPPO(オッポ)」がおすすめ

OPPO(オッポ)は、高性能なカメラが人気の中国広東省で設立されたメーカーです。カメラの画素数が高く、手ブレ補正機能が搭載されています。最新のカメラ技術で、綺麗に写真や動画を撮影したい方におすすめです。

 

以下の記事では、OPPOスマホの人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

ゲーミングスマホが欲しい方はコスパ最強な「ASUS(エイスース)」がおすすめ

ASUSは、マザーボードやパソコンが有名な台湾のメーカーです。ゲーミング分野で人気が高いメーカーなので、コスパ最強なゲーミングスマホが欲しい方におすすめします。バッテリーが優れたZenFone Maxや自撮りに特化したZenFone Selfieなどが人気です。

スマート家電を利用する方には「Xiaomi(シャオミ)」がおすすめ

Xiaomi(シャオミ)は、スマート家電対応で、デザイン性が高いメーカーです。中国のスマホ出荷台数で、ランキングトップを獲得した実績があります。ハイスペックモデルながら、リーズナブルな価格とスタイリッシュなデザインを実現しています。

豊富な種類から選びたい方には「Huawei(ファーウェイ)」がおすすめ

Huawei(ファーウェイ)は、ローエンドからハイエンドまで揃った通信機器メーカーです。日本国内でも大手キャリアから販売されて、世界的に幅広く認知されています。種類が豊富なので、一通りの機種をチェックして好みのモデルを選ぶのがおすすめです。

生体認証を使いたい方には「Blackview(ブラックビュー)」がおすすめ

Blackview(ブラックビュー)は、設計から製造までを厳格に審査する信頼性の高いメーカーです。低価格でも顔認識や指紋認証など、生体認証を搭載した機種を展開しています。開発されたスマホは、日本を含め世界中で販売されています。

価格やコスパで選ぶ

中華スマホには、ハイエンドやミドルエンドなど、幅広い価格帯の機種が展開されています。予算を決めて選びたい方は、価格やコスパを比較して選ぶようにしましょう。

 

【目次】

機能性にこだわる方には「ハイエンドモデル」がおすすめ

リーズナブルな価格設定が人気の中華スマホですが、ハイエンドモデルの機種も販売されています。高機能なハイスペックモデルになると、5万円〜10万円ほどの価格設定です。iPhoneを超えるような機能性を求める方には、ハイエンドモデルがおすすめできます。

豊富な種類から選びたい方には「ミドルレンジ」がおすすめ

2万円~3万円前後で購入できるミドルレンジモデルやエントリーモデルが最も多く販売されています。機能性とコスパの高さを求める方には、ミドルレベルがおすすめです。種類が豊富なので、好きなデザインや機能性のスマホを選びやすいのがメリットになります。

通販で格安スマホを買いたい方には「1万円以下」がおすすめ

とにかく安い価格で購入したい場合は、1万円以下で探してみることができます。決して多くありませんが、旧モデルや中古品の中には1万円以下のスマホも見つかります。値段の安さだけでなく、使いやすさを比較してコスパの高い機種を選ぶのがポイントです。

ハイエンド中華スマホの人気おすすめランキング3選

1位

Xiaomi

Xiaomi Redmi Note 10 Pro

4.0

1億800万画素4眼カメラ搭載のハイエンドモデル!

世界初の1億800万画素ペンタプリズム式カメラを搭載したスマホです。写真やビデオの愛好家の方から注目されています。高画質の4眼カメラを搭載しているので、超高解像度の瞬間を撮影したい方におすすめです。

 

6.67インチの3D曲面有機ELディスプレイを採用しています。応答性に優れた画面内指紋センサー搭載なので、セキュリティ面でも安心です。5020mAhの大容量バッテリーは、外出先で使うことが多い方にもおすすめできます。

画面サイズ 6.67インチ メモリ容量 6GB+128GB(LPDDR4X RAM + UFS 2.2 フラッシュストレージ)
バッテリー容量 5260mAh 機能性 1億800万画素超高解像度カメラ

口コミを紹介

エッジデザインのガラス曲面がきれいです。嫌う人もいますが持ちやすく横幅も押さえられて強度も出て言うことなしです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Xiaomi

SIMフリースマートフォン 12T Pro 8GB+128GB

4.5

スピード充電・2億画素カメラなどリーズナブルなのに機能満載

リーズナブルな価格ながらも、さまざまな機能を搭載したSIMフリーのスマホです。120W Xiaomiハイパーチャージを搭載しており、わずか19分でバッテリーを100%まで充電できます。

 

カメラも高性能であり、2億画素を誇る超高解度カメラを使用できます。そのため、高画質で写真や動画の撮影が可能です。さらにAIカメラを内蔵しているため、理想的な構図を自動で設定できます。

画面サイズ 6.7インチ メモリ容量 8GB+128GB
バッテリー容量 5000mAh 機能性 2億画素超高解像度カメラ・AIカメラ・スピード充電

口コミを紹介

一世代型落ちのモデルですが、サクサク動いてくれます
これから大切に使わせていただきたいとおもいます

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

HUAWEI

HUAWEI P40 Pro

4.0

指紋認証機能でロック解除をサポート

AI技術で写真撮影後の修正や加工をしたい方におすすめの中華スマホです。約5000万画素のウルトラビジョンアッドカメラや約1200万画素の望遠カメラを搭載しています。約6.58インチのディスプレイで見やすい画面が魅力です。

 

指紋認証機能付きのセキュリティの高さで、ロック解除をサポートしてくれます。IPX6・IPX8レベルの耐水・防塵性能で、水周りや屋外での使用に適しています。アウトドアの環境でもオシャレに持ち歩きたい方におすすめです。

画面サイズ 約6.58インチ メモリ容量 8GB RAM/256GB ROM
バッテリー容量 約4200mAh 機能性 ワイヤレス充電対応

口コミを紹介

GMSが使えない以外はほぼ満点だと思います。カメラもいいし、充電も早いです!

出典:https://www.amazon.co.jp

ハイエンド中華スマホのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 画面サイズ メモリ容量 バッテリー容量 機能性
アイテムID:14674801の画像

Amazon

楽天

ヤフー

1億800万画素4眼カメラ搭載のハイエンドモデル!

6.67インチ

6GB+128GB(LPDDR4X RAM + UFS 2.2 フラッシュストレージ)

5260mAh

1億800万画素超高解像度カメラ

アイテムID:14812201の画像

Amazon

楽天

ヤフー

スピード充電・2億画素カメラなどリーズナブルなのに機能満載

6.7インチ

8GB+128GB

5000mAh

2億画素超高解像度カメラ・AIカメラ・スピード充電

アイテムID:14674795の画像

Amazon

ヤフー

指紋認証機能でロック解除をサポート

約6.58インチ

8GB RAM/256GB ROM

約4200mAh

ワイヤレス充電対応

以下の記事では、ハイエンドモデルの人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

ミドルレンジ中華スマホの人気おすすめランキング7選

1位

OPPO

OPPO A73

4.0

1600万画素の4眼アウトカメラ搭載

1600万画素の4眼アウトカメラを搭載しています。リーズナブルな価格でもカメラ性能にこだわりたい方におすすめです。パノラマ写真などプロのカメラマンのようなポートレート写真も撮影できます。

 

1600万画素のAIビューティー機能付きインカメラを搭載しています。被写体に合った自然な雰囲気で綺麗なセルフィを撮りたい方におすすめです。デュアルSIM仕様を採用しているので、複数のSIMカードを使い分けることができます。

画面サイズ 6.44インチ メモリ容量 4GB RAM/64GB ROM
バッテリー容量 4000mAh 機能性 有機EL ディスプレイ

口コミを紹介

薄くて軽くてデザインも画面も綺麗。言うことないです

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

OPPO

Reno5 A シルバーブラック

4.3

5Gにも対応した使い勝手が抜群な中華スマホ

5Gに対応しており、動画視聴やゲームを快適に楽しめる中華スマホです。おサイフケータイや防水・防塵機能・大容量バッテリーも搭載しているなど、普段使いしやすい仕様を採用しています。

 

高性能カメラを搭載している点も魅力であり、最大6400万画素の4眼カメラで、あらゆるシーンを高画質で撮影可能です。さらに、昼・夜両方でも最適な明るさで対象物を捉えられるAIも内蔵しています。

画面サイズ 約6.5インチ メモリ容量 6GB RAM + 128GB ROM
バッテリー容量 4000mAh 機能性 おサイフケータイ・防水防塵機能・AIカメラ

口コミを紹介

すごく使いやすくて、カメラも満足です。
背面の指紋認証が、ホント便利です。
UQのシムで問題なく使えました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

OPPO

Reno7A ドリームブルー

4.3

快適な操作感が長く続くからコスパが抜群

ソフトウェアにシステム劣化防止機能を搭載しており、サクサク動かせる快適な操作感が36ヶ月以上も続きます。リーズナブルなのに長く使えるため、コストパフォーマンスが高いです。

 

写真の加工機能に優れており、AIポートを搭載しています。これは別の写真の色合いを合成し、理想的に演出する機能です。さらにネオンポートレート機能で、幻想的な写真を撮影できます。

画面サイズ 約6.4インチ メモリ容量 6GB RAM + 128GB ROM
バッテリー容量 4500mAh 機能性 AIパレット・ネオンポートレート・おサイフケータイ

口コミを紹介

同社機種変です。
データ移行もアプリから簡単に出来ました。以前のものより軽くて薄くてサクサク出来て使い勝手は良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Asus

ZenFone Max Pro M2

4.0

指紋認証・顔認証センサー搭載

スマホ本体の背面に、指紋認証センサーを搭載した中華スマホです。片手でも簡単にロックを解除できるので、操作性に優れています。顔認証よりも指紋認証の方が好きという方におすすめです。

 

デュアルSIM対応モデルなので、格安のSIMを組み合わせてお得に通話できます。メモリ容量は4GB、内蔵ストレージは64GBなので、気軽に普段使いしたい方におすすめです。価格がリーズナブルなので、サブ機としての使い方もできます。

画面サイズ 6.3インチ メモリ容量 4GB(内蔵64GB)
バッテリー容量 5000mAh 機能性 1,200万画素カメラ内蔵

口コミを紹介

バッテリの持ちもいいし動作も今のところ軽くカメラも良くなりました。cpuはこの価格帯でqualcomの660ですからコストパフォーマンスは最高です。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

Asus

Zenfone Live L1

3.5

最大2TBのmicroSDカードに対応

5.5インチのワイドスクリーンを搭載したコンパクトなモデルになります。コンパクトで軽量なボディなので、カバンやポケットに入れて持ち運びたい方におすすめです。リーズナブルでありながら顔認証システムを採用しています。

 

最大2TBのmicroSDカードに対応したスロットです。本体のROM容量は少なめですが、microSDカードで容量を拡張することができます。使い方に合わせて容量を選びたい方におすすめです。

画面サイズ 5.5インチ メモリ容量 2GB(内蔵32GB)
バッテリー容量 3000mAh 機能性 トリプルスロット搭載
6位

Blackview

Blackview A85

3.9

おサイフケータイのように使えるNFC対応のスマホ

最新システムAndroid 12を搭載したモデルで、ダークテーマやスワイプジェスチャーを体験できます。4480mAhバッテリーを採用した超薄型ボディスマホなので、スタイリッシュに持ち歩きたい方におすすめです。

 

高感度イメージセンサー搭載していて、多機能電話に4台の別々のカメラを合わせます。3つのサブレンズで補助されたカメラは、鮮明な写真を撮りたい方におすすめです。最先端の写真技術を駆使して、シャープな芸術写真を撮影できます。

画面サイズ 6.5インチ メモリ容量 8GB RAM/128GB ROM
バッテリー容量 4480mAh 機能性 顔認証 指紋認証
7位

Xiaomi

Xiaomi Redmi 9T

4.0

コスパ最強のミドルレンジスマホ!サイドマウント指紋センサー搭載

6.53インチのDotDisplayを搭載したミドルレンジスマホになります。ディスプレイの対ボディ比が約91%と広く、高い没入感を得たい方におすすめです。映画や動画を視聴する機会の多い方に人気の高いモデルで、楽天モバイルでも使えます。

 

サイドマウント指紋センサー搭載なので、自然な動作で画面のロック解除ができます。背面に3D曲面ガラスを使っていて、操作しやすいのもメリットです。4800万画素の4眼カメラ搭載で、カメラ機能にこだわりたい方におすすめできます。

画面サイズ 6.53インチ メモリ容量 4GB+64GB
バッテリー容量 6000mAh 機能性 4800万画素 AI 4眼カメラ

口コミを紹介

カラーはカーボングレーを購入しましたが、特別カーボン感はしないかな?というような印象です。落ち着きのあるデザインで良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

ミドルレンジ中華スマホのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 画面サイズ メモリ容量 バッテリー容量 機能性
アイテムID:14674831の画像

Amazon

楽天

ヤフー

1600万画素の4眼アウトカメラ搭載

6.44インチ

4GB RAM/64GB ROM

4000mAh

有機EL ディスプレイ

アイテムID:14812204の画像

Amazon

楽天

ヤフー

5Gにも対応した使い勝手が抜群な中華スマホ

約6.5インチ

6GB RAM + 128GB ROM

4000mAh

おサイフケータイ・防水防塵機能・AIカメラ

アイテムID:14812207の画像

Amazon

楽天

ヤフー

快適な操作感が長く続くからコスパが抜群

約6.4インチ

6GB RAM + 128GB ROM

4500mAh

AIパレット・ネオンポートレート・おサイフケータイ

アイテムID:14674827の画像

Amazon

指紋認証・顔認証センサー搭載

6.3インチ

4GB(内蔵64GB)

5000mAh

1,200万画素カメラ内蔵

アイテムID:14674824の画像

Amazon

ヤフー

最大2TBのmicroSDカードに対応

5.5インチ

2GB(内蔵32GB)

3000mAh

トリプルスロット搭載

アイテムID:14674817の画像

楽天

ヤフー

おサイフケータイのように使えるNFC対応のスマホ

6.5インチ

8GB RAM/128GB ROM

4480mAh

顔認証 指紋認証

アイテムID:14674811の画像

Amazon

楽天

ヤフー

コスパ最強のミドルレンジスマホ!サイドマウント指紋センサー搭載

6.53インチ

4GB+64GB

6000mAh

4800万画素 AI 4眼カメラ

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

以下の記事では、ミドルレンジスマホの人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

Blackview・Oukitel・umidigiなどの中華スマホはなぜ安い?

Blackview・Oukitel・umidigiなどの中華スマホは国内で製造しているスマホより格段に安いのが特徴です。しかし、なぜ安いのか気になる方もいます。中華スマホの安さの理由は、人件費の安い新興国でスマホ部品の製造や輸送コストを抑えているからです。

 

そのため、安いから怪しい・危険ではないため、安心して中華スマホを利用できます。

中華スマホの安全性やワイヤレスアップデートの危険性は?

中華スマホは安いですが、安全性や危険性が気になる方も少なくありません。中国Shanghai Adups Technologyのファームウェアは、アドレス帳や個体識別情報などの個人情報を中国のサーバーに無断送信する危険性があります。

 

そのため、技適マークの付いた日本で正規販売されている中華スマホがおすすめです。総務省の無線機器の基準をクリアしていて、安心して使用できます。海外から個人輸入している中華スマホは、基準をクリアしていない可能性があるので、気をつけましょう。

 

また、ワイヤレスアップデートが定期的に行われますが、システムの不具合修正や機能向上のために行われるので危険性はありません。情報漏洩やウイルスが心配な方は、セキュリティ対策ソフトの導入を検討しましょう。

中華スマホの寿命はどのくらい?

中華スマホの寿命はメーカーや機種によって違いますが、不具合や欠陥がなければ約2年ほどです。口コミの悪い格安モデルだと、購入してすぐにマイクが壊れていて使えない・Wi-Fiが高頻度で切れる・タッチしても一部が反応しないなどがあります。

 

格安の中華スマホを購入する際は、口コミをよく確認してから購入しましょう。

コスパの高いSIMフリースマホもおすすめ

品質やコスパの高い中華スマホをご紹介しましたが、他メーカーのSIMフリースマホもおすすめです。SIMフリースマホは、ライフスタイルに合ったキャリアとプランを選んで使えるのが魅力です。SIMフリースマホを選ぶことで、端末や通信代の節約ができます。

 

SIMフリースマホにも、高性能なカメラを搭載した機種が増えてきました。高画素数の複数カメラや便利な機能が付いたモデルが人気を集めています。SIMフリースマホの最新機種も比較して、自分にぴったり合った機種を選びましょう。

 

以下の記事では、SIMフリースマホの人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

まとめ

ここまで中華スマホの選び方やおすすめの製品をご紹介しました。中華スマホには、ミドルレンジやハイモデル・安全性・メーカーなどの選び方があります。楽天モバイルなどでも使えるものも含め、格安で機能性の高い中華スマホを見つけてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2024年01月30日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2023年最新版】コスパが高い中華タブレットの人気おすすめランキング11選

【2023年最新版】コスパが高い中華タブレットの人気おすすめランキング11選

タブレットPC
【2023年最新版】中華と合う!白酒のの人気おすすめランキング13選

【2023年最新版】中華と合う!白酒のの人気おすすめランキング13選

お酒
50人に調査|中華鍋・北京鍋のおすすめ人気ランキング22選

50人に調査|中華鍋・北京鍋のおすすめ人気ランキング22選

せいろのおすすめ人気ランキング14選【国産や中華せいろも!】

せいろのおすすめ人気ランキング14選【国産や中華せいろも!】

調理器具
中華だしの人気おすすめランキング10選【中華スープの素で食卓を彩る】

中華だしの人気おすすめランキング10選【中華スープの素で食卓を彩る】

調味料
中華イヤホンのおすすめ人気ランキング11選【名機・コスパ最強・KZ製も】

中華イヤホンのおすすめ人気ランキング11選【名機・コスパ最強・KZ製も】

イヤホン・ヘッドホン

アクセスランキング

【2024年版】中華スマホのおすすめ人気ランキング10選【安全性や危険性は?】のサムネイル画像

【2024年版】中華スマホのおすすめ人気ランキング10選【安全性や危険性は?】

スマートフォン
【2024年版】Androidスマホの人気おすすめランキング9選【デザイン重視の方にも】のサムネイル画像

【2024年版】Androidスマホの人気おすすめランキング9選【デザイン重視の方にも】

スマートフォン
安いスマホのおすすめ人気ランキング14選【格安スマホやコスパ抜群のスマホも】のサムネイル画像

安いスマホのおすすめ人気ランキング14選【格安スマホやコスパ抜群のスマホも】

スマートフォン
有機ELディスプレイ搭載スマホの人気おすすめランキング15選【4Kやエッジディスプレイも】のサムネイル画像

有機ELディスプレイ搭載スマホの人気おすすめランキング15選【4Kやエッジディスプレイも】

スマートフォン
【2023最強】ゲーミングスマホの人気おすすめランキング15選【ゲームがサクサク動く!】のサムネイル画像

【2023最強】ゲーミングスマホの人気おすすめランキング15選【ゲームがサクサク動く!】

スマートフォン
広告掲載について

gooランキングでは、タイアップ広告やバナー広告を出稿いただける広告主様を募集しております。下記までお気軽にご連絡ください。