血圧測定可能なスマートウォッチ人気おすすめランキング11選【仕組みも解説】

記事ID13065のサムネイル画像

スマートウォッチはさまざまなブランドのものがあり、日本製のものも販売されています。心拍や体温が測れるだけでなく、血圧計として使えるものもあります。デザインもおしゃれでビジネスに使えるものも増えました。電子マネーに対応したものなら支払いもできます。血圧測定可能なスマートウォッチの選び方やおすすめランキングをまとめました。

この記事では血圧を測定できるスマートウォッチに絞って紹介しますが、スマートウォッチは様々な機能を持ったものなどが、多くのメーカーから販売されています。こちらの記事ではそういった種類も含め、幅広くスマートウォッチを紹介しているのでぜひご覧ください。

血圧計として使えるスマートウォッチは高血圧の方にも便利

スマートウォッチは健康に使うのに便利なウエアラブルデバイスです。歩数や消費カロリー、心拍数などを気軽に測ることができ、血圧を測定できるものもあります。医療機器のような精度はありませんが、簡単に血圧が測定できると便利ですよね。

 

血圧測定はキチン測った方が正確に測定できます。しかし、普通に生活しながら、24時間の血圧を記録できるスマートウォッチも販売されているんです。スマートウォッチは機種ごとに様々な機能があり、多数のメーカーが販売しています。

 

今回は、現役家電量販店店員のたろっささん監修のもと、血圧測定可能なスマートウォッチの選び方やおすすめ商品のランキングを紹介します!

現役家電販売員が教える血圧測定スマートウォッチの選び方

取材協力

専門家プロフィール画像

たろっさ

現役家電販売員

家電量販店、家電情報ブログ「家電損をしない買い方をプロの販売員が教えます」を運営するプロの現役家電販売員。学生時代から家電に対する並々ならぬ興味を持ち、アルバイトを経てそのまま家電量販店の道へと進んで15年弱。個人で年間2億円を売り上げ、数々の法人内コンテスト等で表彰された経験も。

家電アドバイザーの資格を有し、家電と名の付く物全てに精通。家電で分からないことはなく、現在は家電ライターの業務を通して「すべての人が平等に良い家電に巡り会える機会の提供」に尽力。

ブログURL:https://taromomo.com/

たろっささんの画像

たろっささん

非常に商品数が多い血圧測定可能なスマートウォッチですが、以下の3つの観点で選べばまず間違いないです!

  • 1.スマートウォッチの血圧はあくまでも目安

 

  • 2.対応しているOSの確認を

 

  • 3.バッテリー方式も確認しよう

1. スマートウォッチの血圧はあくまでも目安

たろっささんの画像

たろっささん

スマートウォッチで血圧を測るというのはどこのメーカーも試行錯誤をしながらさまざまな製品が開発されてはいるものの、医療行為として認可されているものではないため、その正確性はどこまでいっても疑問視される場合がほとんどです。


あくまでも目安の一つでしか無いため、これ単体で日々の血圧測定に使用するのは非常に難しいです。しかしながら、一つの指針として使用できる程度のものではありますので、高血圧などが心配な方は日々測定をして異常値が出たら実際の血圧計で測定を行うようにすれば良いでしょう。

2.対応しているOSの確認を

たろっささんの画像

たろっささん

血圧測定はスマートウォッチの数ある機能のうちの一つです。スマートウォッチはほとんどがスマホと連携して使用をするということが大前提。自身が持つスマホに対応しているかどうかを確認するようにしましょう。


代表的なものがAndroidとiOSですが、多くのものは2つともに対応できるものの、中にはAndroid専用のものもあるので、注意が必要です。

3.バッテリー方式も確認しよう

たろっささんの画像

たろっささん

スマートウォッチの電源方式は主にバッテリーか電池のどちらかになります。バッテリーの場合は専用のスタンドやケーブルで給電を行う方式で、長くても2日程度のものがほとんどではあるものの電池交換の手間がありません。充電のし忘れには注意するようにしましょう。


一方で電池駆動のものは普通の腕時計のように扱うことができますが、電池が切れてしまうと専用の工具などが必要になる場合がほとんどで、時計屋さんに持ち込みをしないといけないのがネックです。

今家電量販店で一番売れている血圧測定スマートウォッチを紹介!

たろっささんの画像

たろっささん

家電量販店で実際に今一番売れている血圧測定スマートウォッチを紹介します!

Fitbit

Fitbit Inspire2 フィットネストラッカー

価格: 19,518円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

体調管理・ストレスの解消に!Fitbitの最新モデル

国内のスマートウォッチブームの火付け役となったFitbitの最新モデルです。おしゃれなブレスレット形状になっているため、プライベートだけでなくビジネスでも使用しやすいフォルムが特徴。

 

駆動もバッテリーの中では群を抜いて長い約10日を謳っており、充電の回数を少なく出来るのも評価ポイントです。

対応可能OS iOS 12.2以上 / Android OS 7.0以降 搭載OS -
タイプ リストバンド型 防水性能 50m
バッテリー持続時間 最大10日間

スマートウォッチで血圧を測るには

スマートウォッチは血圧測定ができるモデルがありますが、注意点もあります。血圧を測る仕組みや血圧測定の精度を高めるための注意点をまとめました。

「血圧を測る仕組み」を説明します

血圧を測るには、腕にカフと呼ばれる帯を巻いて測る方法が一般的です。しかし、スマートウォッチの場合は、搭載されている光学センサーと電気信号を組み合わせることによって血圧を測定する方法が取り入れられていることが大半です。

 

光学センサーにはLEDなどが使用されていて、血管にその光を当ててその反射によってそのときの血液の量を測定しています。ただし、この方法は、正式に医療として認められているわけではありませんので、測定結果については、目安程度にとどめておくとよいでしょう。

「血圧測定」の精度を高めるには

スマートウォッチで血圧を測る方法については、医療行為として認められたものではありません。また、一般的に使われている測定機器と比較してもどうしても誤差が出てしまうことがあります。そのため、正確に血圧を測定したい場合にはあまり向いていません。

 

スマートウォッチで血圧が測れること自体は便利な機能ですが、使用する場合は健康状態などを把握するための補助機能程度に考えておくとよいでしょう。スマートウォッチで血圧を測る際は、一般的な血圧測定機器と同じように測定しましょう。

 

例えば、・落ち着いて静かな場所で測る、・測定する手首と心臓は同じ高さで測る、・座った状態で測るなどの点に注意することで精度を高めることにつながりますので覚えておくと良いでしょう。

ソニーなど有名なブランドのスマートウォッチでは血圧は測れない

スマートウォッチはガーミンやFibitなど有名なブランドが多数あります。ただ、残念ながら有名なブランドのスマートウォッチは、血圧が測定できるものはほとんどありません。ただ、サムスンは韓国限定で、血圧を測る機能を発表する予定です。

 

アップルは血圧測定に関する特許を取得しており、将来的にアップルウォッチに血圧測定機能が搭載されるといわれています。今後、血圧測定機能を搭載した有名なブランドのスマートウォッチが増えるかもしれません。

オムロンからはスマートウォッチ型の血圧計も発売

血圧計を販売する日本のメーカーオムロンからは、スマートウォッチのような形をした血圧計も販売されています。腕に装着して血圧測定ができますが、スマートウォッチと違うのはカフを巻いて測定する点です。

 

医療機器として認可されており、精度はかなり正確といわれています。スマートウォッチのように着信の通知を確認できる機能もあります。ただし、スマートウォッチではなく血圧計なので、通知機能は最低限のものなっています。

より拘りたい方に!編集部がおすすめするその他の選び方

たくさん発売されているスマートウォッチの中から選ぶのは難しいですよね。ここでは、血圧を測ることができる健康管理に適したスマートウォッチの選び方のポイントを解説していきますので選び方の参考にしてください。

OSの種類を確認する

スマートウォッチもスマホと同様にOSが存在しているのをご存じでしょうか?iPhoneであれば「Watch OS」、それ以外のスマホは「Android」などが多く使われていますので、選ぶ際にチェックしておきたいポイントです。

Androidをお使いなら「wear OS by Google」がおすすめ

このOSは、Googleが開発しただけあり、GoogleマップやGoogle翻訳など役立つ機能も多く備えています。またiphoneユーザーで「wear OS by Google」搭載のスマートウォッチを使いたい方は専用アプリをインストールすることで使用が可能となります。ただし、機能に制限がかかる場合があるので注意が必要です。

 

様々なメーカーでこのOSに対応したスマートウォッチを発売しています。デザインや機能もそれぞれのスマートウォッチで個性が異なるので、よく吟味してから選びたいというAndoroidユーザーの方におすすめです。

Galaxyなら「Tizen」がおすすめ

スマホのGalaxyで知られているサムスンが開発中のOSです。Gearというスマートウォッチに搭載されていて、管理を簡単にできます。Gear以外で使う場合には、TIZEN STOREを通して専用のアプリをインストールすることで機能を追加できる点もポイントです。

 

また、カレンダー、アラーム、天気予報など便利な機能も揃っているので、Galaxy関連のスマホをお使いに方におすすめの選び方です。

iPhone専用「Watch OS」は血圧が測れない

Watch OSは、iPhoneで有名はApple社がiPhoneと連携するために作ったOSです。スマートウォッチからメッセージや電話の着信なども確認することができ、様々なアプリとの連携もスムーズに行うことができます。

 

iPhoneをお使いであれば、「Warch OS」を使いたいところですが、現時点で血圧を測る機能は備わっていないので注意してください。ただ、iPhoneをお使いの方でも発売されているスマートウォッチの多くはiosに対応していることがほとんどですので、購入の際は対応可能なiodのバージョンを確認しておきましょう。

デザインで選ぶ

スマートウォッチのデザインは大きく分けると、「時計型」と「リストバンド型」そして「クリップ型」の3種類に分けることができます。種類によって装着感や操作感が変わってくるので、どんな目的で使うのかどんなシーンに合わせて使うのかで選ぶことが重要なポイントになってきます。

ビジネス(仕事)にも使うならアナログ表示もできる「時計型」がおすすめ

ハイブリッド型とも呼ばれるデータの連動もできる腕時計型スマートウォッチです。仕事とプライベートでも使う場面を選ばない万能タイプともいえます。文字盤なども通常の腕時計と変わりない見た目となっています。

 

またリストバンド型と比較するとバッテリー消費が少ないモデルも多数登場しているので必要以上の充電を抑えることができることもポイントです。スーツなどにも合うのでビジネスシーンでも日常生活の一部としても不自由なく利用したい方におすすめの選び方です。

スポーツなどにも使いたい方は「リストバンド型」もおすすめ

シンプルな表示の「リストバンド型」スマートウォッチ。表示は必要な情報に絞っているので使いやすく、スポーツをしている間もズレが少なく邪魔にならず、24時間付けていても違和感を感じにくいコンパクトな設計も魅力の一つです。普段からスポーツをする方やこれから健康管理をしたいという方におすすめの選び方です。

消費カロリーなどを把握したいなら「クリップ型」もおすすめ

洋服やポケット部分などに付けて使用するタイプがクリップ型です。目立たず装着することができるので周囲の目を気にすることもありません。消費カロリーなどの自分の活動量を知るための機能が備わっているので、活動量を把握したい方におすすめの選び方です。

「おしゃれ」な物が欲しいならバンドが交換できるものがおすすめ

スマートウォッチはバンドが交換できるものもあります。おしゃれな方には、交換用のバンドの種類が豊富なものがおすすめです。交換用のバンドはモデルによっても異なりますが、高級感のある金属製のものやカラフルな樹脂製のものなどがあります。

 

その日のコーディネートに合わせて、バンドを選ぶことができます。

自分の好みに合った「充電方法」のものを選ぶ

スマートウォッチの充電方法には、バッテリータイプなら「USBタイプ」や「ワイヤレスタイプ」、「マグネットタイプ」、「クリップタイプ」などがあり、1~2日程度で充電が必要となってきます。一方で電池で充電するタイプでは、何度も充電する必要が無くなります。使いやすさを重視するなら、直接充電できる「USBタイプ」がおすすめです。

 

もし、電池が無くなった場合は時計屋さんなどで交換するやり方が一般的です。また、毎回充電するのは面倒だという方向けに太陽光で充電するタイプのスマートウォッチもあるので、特に外で運動する方はこのタイプで充電できるスマートウォッチがおすすめでしょう。

 

ただし、「クリップタイプ」で充電する場合は、接触などの関係で上手く充電できなくなることもありますので、このタイプを選ぶ場合は注意してください。

機能から選ぶ

スマートウォッチには運動中の心拍数を計測できたり、消費カロリーを表示したりと便利な機能が多くあります。その中でも日常生活に役立つ、あったら嬉しい機能の選び方を紹介していきますので選び方の参考にしてみてください。

「通知」を確認したい方はSNSなどに対応したものがおすすめ

スマートウォッチは基本的にスマホに届く通知を確認できる機能がついています。ただしスマートウォッチで確認できる通知の種類は、モデルによって異なるので注意しましょう。 電話やメールの通知を見られるのは基本ですが、各種SNSの通知を確認できるものもあります。

 

スマホの通知をスマートウォッチで確認したいのなら、自分が使っているサービスの通知が見られるスマートウォッチを選びましょう

「健康管理・ダイエット」目的なら心拍や体温、消費カロリーが測定できるもの

スマートウォッチはヘルスケア機能は搭載されているものがほとんどです。歩数や心拍数を計測できるものが多いですが、体温や消費カロリーを計算できるものもあります。

 

ダイエットに利用したい場合は、消費カロリーが計算できると便利です。睡眠中の状況をモニタリングできるものもあります。

「キャッシュレス」で支払う方は電子マネー(電子決済)・Suicaに対応したものがおすすめ

コンビニエンスストアなどの買い物で役立つ電子マネー決済。様々な場所で導入が進んでいますが、スマホだけでなくスマートウォッチでも決済が可能になっています。注意する点は、機種によって決済方法等が異なることです。

 

例えば、Google Payは現在日本では対応していません。通勤や通学でSuicaを使う人ならSuicaに対応している機種を選ぶなど、どの決済方法なら対応できるのか自分に合った方法を購入前にチェックしておくと選ぶ際に迷うことも少なるのでおすすめです。

時計の表示などを変えたいなら画面を「カスタマイズ」できるものがおすすめ

スマートウォッチには、時計の文字盤やディスプレイの表示などをカスタマイズができるものがあります。時計の表示をアナログとデジタルから選べたり、ヘルスケア機能やスケジュールなどを一目で見られるようにできるモデルもあります。

 

自分の使いやすいように画面などを変更したいなら、カスタマイズできるものがおすすめです。

「歩数・移動距離」が分かればスポーツにもおすすめ

スポーツ用にスマートウォッチを購入するなら、軽い素材で移動距離などがわかるものが便利です。軽量のスマートウォッチは、スポーツ中に身につけていても負担になりません。

 

歩数や移動距離が分かるとランニングなどの成果が見えるので、モチベーションアップにつながります。スポーツの種類ごとに成果が計測できるものもあります。水泳をする場合は、防水性能があると便利です。

水中や濡れた場所で使いたいなら「防塵・防水」に対応したものがおすすめ

外で運動する方なら欲しい機能の一つが防塵・防水機能でしょう。スマートウォッチのモデルによって対応できるレベルが異なっているので、購入前に一度はチェックしておきたいポイントです。まず防塵性能は、「IP0X」から「IP6X」まで7段階の等級があり、砂やホコリなどの小さな異物が中に入ることを防いでくれます。

 

防水の性能を示す等級であるIPXは、0から8まで9段階があります。スマートウォッチの場合は、防塵なら5以上、防水なら6以上ものであれば、外でも十分に使用できるので、防塵・防水機能ありのスマートウォッチを選ぶ際はこの数値を目安にすると良いでしょう。

位置情報が分かるものが欲しいなら「GPS」内蔵モデル

スマートウォッチにはGPSが搭載されたものもあります。位置情報が分かるので、スマートウォッチをカーナビのように使うことが可能です。

 

道に迷った場合などに便利ですし、ランニングなどで通った道を記録することもできます。行動記録を取りたい場合やルートを把握する場合などに便利です。

直感的に扱いたいなら「タッチパネル」に対応したものがおすすめ

スマートウォッチを直感的に操作したいなら、タッチパネルに対応したものを選びましょう。タッチパネルに対応したスマートウォッチなら、画面に触って操作できます。直感的に操作できるので簡単に扱えます。

ライフログを取るなら「バッテリー」の持ち時間が長いものがおすすめ

スマートウォッチは、基本的にバッテリーで動くので持ち時間を確認して選びましょう。使用時間が短いものでも、10時間以上使えます。普段使いには十分ですが、ライフログを取る場合やキャンプなどに行く場合にはもっと持ちが良くないと不便です。

 

継続的に血圧を測ることができるモデルの場合は、24時間以上使用できる方が血圧の変化を把握することができます。省エネモードがついたものは、電力消費を抑えることでバッテリーを長持ちさせられます。

Bluetooth接続の「バージョン」を確認してから選ぶ

Bluetoothとは、スマートウォッチやスマホなどの、デバイス間のデータ通信をワイヤレスで行うための機能です。Bluetoothにはバージョンがあるのですが、互換性があるため、Bluetooth 4.0以降のバージョンなら問題なく使用できます

 

ただし、お使いのスマホが古いモデルだった場合、Bluetoothの性能を最大限発揮できないこともあるので、購入前にバージョンを確認しておくことをおすすめします。またバージョンによって独自の機能を有しています。

女性には「レディース」向けのおしゃれなもの

スマートウォッチはメンズ向けのイメージがありますが、レディース向けのものも増えています。レディース向けのものはサイズが男性向けよりも小さいですが、カラフルでオシャレなデザインのものが多いです。

 

生理を記録できるものなど、女性向けのヘルスケア機能を搭載したものもあります。

「安い」価格のものが欲しいなら必要な機能やサポートをチェック

現在までに多くの種類が発売されているスマートウォッチですが、その価格は高いもので5,6万円するものから数千円で買えるものまで幅が広いものとなっています。また低価格でも機能や性能が良くなってきているので、以前よりも購入しやすい市場となっています。

 

ただし、価格だけを見て購入すると欲しかった機能がない、サポートがなかったなど買った後に気が付くと取返しの付かないこともありますので価格とのバランスを見て注意して選ぶようにしましょう。

ヘルスケア機能が多彩な安いスマートウォッチなら「itDEAL」

「itDEAL」は、楽天の腕時計ジャンルで何度も1位を獲得するスマートウォッチを販売している人気のブランドです。4000円以下で購入できる低価格帯のスマートウォッチを販売していますが、睡眠計、血圧計、心拍数計などヘルスケア機能は充実しています。

 

価格の安いスマートウォッチで、ヘルスケア機能が充実しているものが欲しいならおすすめです。

5000円以下の血圧測定スマートウォッチの人気おすすめランキング7選

プレゼントにも最適なフルタッチスクリーンを備えた一台

1.3インチのフルハイビジョン画面を備えたデザイン性抜群のモデルです。bluethooth機能もあるので使い勝手の良さもポイント。お洒落でデザイン性の高いスマートウォッチを探していたという方におすすめの機種になっています。

対応可能OS ios8.2以上&android4.4以上 搭載OS Wear OS by Google
タイプ 腕時計型 防水性能 IP67
バッテリー持続時間 5~7日

各種SNSの通知機能を搭載した普段使いにピッタリのモデル

簡単な操作と美しさを兼ね備えたインターフェースで使いやすく、防水機能も付いているので何度も取り外す必要もなく使用していくことが可能なファッション性にあふれたモデルです。

対応可能OS ios8.0以上&android4.4以上 搭載OS Wear OS by Google
タイプ リストバンド型 防水性能 ip68
バッテリー持続時間 約7~10日
4位

女性にも使いやすい健康管理に優れた一台

自由に選べる6種類の文字盤と6段階のディスプレイの明るさなど好きにカスタマイズすることができます。また10種類以上の機能を備えた多機能でファッショナブルなスマートウォッチといえます。

対応可能OS ios8.0以上&android4.0以上 搭載OS 独自OS
タイプ リストバンド型 防水性能 ip67
バッテリー持続時間 約5~7日間
3位

これからの人生を健康にしたいならこのモデル

アプリとの連携で24時間自動的に心拍数や血圧をワンボタンで測定して管理することができます。毎日の自分の健康状況を把握して充実した生活を送るために便利で、健康な毎日を送りたい方におすすめのスマートウォッチです。

対応可能OS ios8.0以上&android4.4以上 搭載OS 独自OS
タイプ リストバンド型 防水性能 ip68
バッテリー持続時間 5~7時間
2位

朝廷屋

itDEAL スマートウォッチ

価格: 3,380円(税込)

楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多機能で長時間使用可能

防水性能が優秀で血圧測定、心拍計、睡眠モニター、生理管理など多彩な機能が搭載されたスマートウォッチです。アプリで、運動も健康もまとめて管理できます。初心者にも使いやすくコスパの高いスマートウォッチです。

対応可能OS Android4.4/iOS 8.0以上 搭載OS -
タイプ リストバンド型 防水性能 IP67
バッテリー持続時間 約5~7日間

サポート機能が多様な斬新デザインの省エネなスマートウォッチ

高性能モーションセンサーでリアルタイムに血圧を測定でき、自分の睡眠状態を把握することもできます。11種類の言語にも対応しており、専用アプリでUIの調整ができる使う人を選ばないモデルです。

対応可能OS ios8.0以上&android4.4以上 搭載OS 独自OS
タイプ 腕時計型 防水性能 ip67
バッテリー持続時間 5~7日間

スポーツ向き血圧測定スマートウォッチの人気おすすめランキング6選

2.5D曲面カラースクリーン採用の多機能スポーツウォッチ

スポーツにも健康管理にも最適なスマートウォッチです。高精細なカラー表示や大画面設計なので、見やすさと使いやすさを兼ね備えたおすすめのスマートウォッチです。

対応可能OS ios8.2以上&android4.4以上 搭載OS 独自OS
タイプ 腕時計型 防水性能 ip68
バッテリー持続時間 約8~12日間

スマートウォッチ+イヤホンの1台2役の類を見ない一台

スポーツにも日常生活にも役立つ機能が満載。トレーニング効果を最大にして、健康管理をサポートしてくれます。また、本体部分を取り出すだけでハンズフリーで通話が可能になるイヤホンにもなる画期的なスマートウォッチです。

対応可能OS ios9.0以上&android4.4以上 搭載OS 独自OS
タイプ リストバンド型 防水性能 ip67
バッテリー持続時間 5~7日間

シンプルでかわいい女性にもおすすめの最新モデル

大きい文字盤や清潔感もあり女性にも使いやすい機能性も十分備わった一台です。腕時計ととしても使えますのでプレゼントにも最適なスマートウォッチです。

対応可能OS ios9.0以上/android4.4以上 搭載OS 独自OS
タイプ 腕時計型 防水性能 ip67
バッテリー持続時間 約5~7日間

高級感+スライド設計の多機能スマートウォッチ

睡眠と運動の両方をリアルタイムで記録してくれるため、日々の状態をより詳しく知ることができます。スライド設計によってより直感的で感覚的な操作感を得ることができ、自分だけの心地良さを体験できることも魅力のスマートウォッチになっています。

対応可能OS ios8.0以上&android4.4以上 搭載OS 独自OS
タイプ リストバンド型 防水性能 ip67
バッテリー持続時間 約5~7日間

大容量バッテリー搭載の高解像度スマートウォッチ

スマートウォッチ側面にはワイヤレスイヤホンが配置されていて、別でイヤホンを持ち運ぶ必要もなく、専門的三調整もされているため電話にも音楽にも最適な一台といえます。また、マルチ運動モードを活用すればしっかりと目標に向けて励むサポートをしてくれます。

対応可能OS ios&android 搭載OS 独自OS
タイプ 腕時計型 防水性能 ip67
バッテリー持続時間 約7~9日間

スマートウォッチを使うときのよくある疑問

スマートウォッチを初めて購入するときは、どのように使ったらいいか迷うこともあるでしょう。今回はそんな疑問をいくつかの例を挙げて紹介していますので、参考にしてみてください。

スマートウォッチだけで使うことはできるのか

使うこと自体はできるのですが、時計やタイマーなどスマホとの通信を使わない機能に限られます。ただ、Wi-fiなどの通信機能を使えば、スマホと離れていても使うことができます。また音楽を再生する機能が備わっているモデルであればストリーミング再生で楽しむことが可能です。

接続方法はどんなものか

基本的にスマホとの接続方法は、Bluethooth機能を使用して行います。注意する点としては機種によって違いますが、スマホとスマートウォッチとずっと接続したままだと充電の減りが早くなることもあるので、バッテリーの管理に気を付けておくと良いでしょう。

スマートウォッチが注目されている理由

別にスマートウォッチを買わなくても、スマホがあれば十分だと思っている人もいるのではないでしょうか。また普通の時計を持っているからという人もいるかもしれません。しかし、スマートウォッチには時計などにはない機能が備わっています。

 

電話やメッセージの通知もスマホを手に持たなくてもスマートウォッチを見るだけで確認できてしまいます。もちろんそれだけではなく、健康ブームに押され、GPSや運動に特化したモードも搭載されているので、その需要が高まりつつあります。まだ購入していない人はこれを機会にお気に入りの一台を見つけてみるのもいいかもしれません。

必ず技適マークのついたスマートウォッチを使おう

スマートウォッチは海外のものが多いので、技適マークがついていないものを購入しないように注意しましょう。技適マークは日本の電波法に合格していることを示すものです。技適マークがついていないスマートウォッチを使用すると、違法になる可能性が高いです。

 

必ず技適マークがついたスマートウォッチを購入しましょう。スマートウォッチは海外製が多いので注意が必要です。下記のサイトでは技適マークについて解説しています。是非ご覧ください。

まとめ

いかがだったでしょうか。ここまで血圧を測定できるスマートウォッチの選び方やおすすめの商品をランキング形式で紹介してきました。ぜひ今回の記事を参考にして自分にあったスマートウォッチを選べたら幸いです。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年05月23日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

アンドロイド対応スマートウォッチの人気おすすめランキング10選【LINEも使える】

アンドロイド対応スマートウォッチの人気おすすめランキング10選【LINEも使える】

ウェアラブル端末・スマートウォッチ
【2021年最新版】メンズスマートウォッチの人気おすすめランキング15選【ビジネスをおしゃれに】

【2021年最新版】メンズスマートウォッチの人気おすすめランキング15選【ビジネスをおしゃれに】

ウェアラブル端末・スマートウォッチ
iPhone対応スマートウォッチの人気おすすめランキング10選【LINEやSuicaも】

iPhone対応スマートウォッチの人気おすすめランキング10選【LINEやSuicaも】

ウェアラブル端末・スマートウォッチ
完全ワイヤレスイヤホン人気おすすめランキング23選【おしゃれで高音質】

完全ワイヤレスイヤホン人気おすすめランキング23選【おしゃれで高音質】

イヤホン・ヘッドホン
ビジネス腕時計の人気おすすめランキング28選【メンズもレディースも】

ビジネス腕時計の人気おすすめランキング28選【メンズもレディースも】

腕時計
腕時計の人気おすすめランキング35選【メンズもレディースも】

腕時計の人気おすすめランキング35選【メンズもレディースも】

腕時計