安いスマホ・格安スマホ機種のおすすめ人気ランキング9選【写真がきれいな端末も】

格安スマホには、使いやすく写真がきれいな端末が多くあります。画質のいいスマホ・値段の安いスマホ・コスパ最強な激安スマホ・ゲームがさくさく動くスマホなど本体の種類はさまざまです。そこで今回は格安スマホの選び方やおすすめの機種を、人気ランキング形式でご紹介します。

・当サービスに掲載された情報は、編集部のリサーチ情報を掲載しております。記載の内容について(タイトル、商品概要、価格、スペック等)不備がある場合がございます。また、画像はイメージであり内容を保証するものではございません。詳細については、各EC/サービスサイトでご確認の上ご購入くださいますようお願い申し上げます。 なお、当ウェブページの情報を利用することによって発生したいかなる障害や損害についても、当社は一切責任を負いかねますので、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。

・商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

コスパ最強の本当に使える格安スマホはどこがいい?

最近は安いスマホの機種が数多く販売されています。スマホは毎日の生活に欠かせないものだからこそ、少しでもお得に利用したいものです。しかし、格安スマホは、どこがいいかわかりにくく、機能性を妥協しないといけないイメージがあります。

 

実は、格安スマホの中でも画質がいいスマホやコスパ最強の激安スマホなど本体の種類も豊富にラインナップされています。端末もさまざまなメーカーから販売されており、ハイエンドモデルやエントリーモデルなど性能もさまざまです。

 

そこで今回は、本当に使える格安スマホ機種の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは、コスパ最強のもの・写真のきれいさ・機能性などを基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

写真がきれいな格安スマホのおすすめ

1位

シャオミ(Xiaomi)

Redmi Note 11

コスパ最強!5000万画素の中華スマホ

5000万画素でクアッドカメラのカメラ性能が高い中華スマホです。800万画素超広角カメラも搭載しているため広い視野の写真を撮影でき、屋外での撮影を楽しみたい方にもおすすめします。

 

また、バッテリーについては5000mAhで大容量。さらに33W急速充電対応しており、約1時間で100%まで充電可能です。CPUは「Snapdragon680」を搭載で、高いパフォーマンスを発揮できます。

基本情報
画面サイズ 6.43インチ
カメラ画素数 5000万画素
バッテリー 5000mAh
RAM/ROM 4GB/64GB(最大512GBまで拡張可能)
防水 -
おサイフケータイ -
もっと見る

格安スマホのおすすめ

1位

OPPO

OPPO Reno7A

大画面の有機ELディスプレイで動画を存分に楽しめる

大画面約6.4インチの有機ELディスプレイを搭載したモデルです。高精細のディスプレイでYou TubeやNetflixなどの動画を臨場感たっぷりに視聴できます。また、4500mAhの大容量バッテリーながら、薄さ7.6mm/重さ175gで薄くて軽く、ポケットや小さなカバンに入れてもかさばりません。

 

防水IPX8のため、水気のあるキッチンでレシピを確認する際も安心。さらに、最大4800万画素の高画質カメラを採用しており、写真撮影に満足したい方にもおすすめします。

基本情報
画面サイズ 約6.4インチ
カメラ画素数 約4800万画素
バッテリー 4500mAh
RAM/ROM 6GB/128GB
防水 IPX8
おサイフケータイ
もっと見る

格安スマホ・SIMフリー端末とは?

「そもそも格安スマホとSIMフリー端末って何?」と疑問に思う方も多いはずです。ここでは、簡単に格安スマホとSIMフリー端末の違いについて紹介します。

 

【格安スマホとは】

  • 本体の値段が4万円ほどの安いスマホのこと
  • 別の格安スマホ会社に乗り換える場合は、SIMロック解除が必要で時間がかかる

 

【SIMフリー端末とは】

  • 大手キャリア3社と契約したときにかけられる「SIMロック」がかかっていないスマホのこと ※解除済みもSIMフリー端末と呼ぶ
  • 格安スマホと違い、格安スマホ会社に乗り換えるときにSIMロック解除の手間を省ける
  • SIMロックがかかっていないため、どの格安スマホ会社でもすぐに新規契約ができる
  • 大手キャリアが取り扱っていない機種の端末も選べる

格安スマホのスペック・性能はどのくらい?

スマホを安い値段で購入できるのは嬉しいですが、実際にスペックや性能はどうなのか気になるはずです。特に格安スマホは使い勝手が悪く、すぐに壊れそうなイメージがあります。そのため、つい大手キャリアが取り扱っているハイエンドスマホを購入しがちです。

 

実際に格安スマホが安いのは、搭載されている機能を限定しているからです。ハイエンドスマホはカメラの性能が良かったり、CPUやGPUが高性能だったりと正直、LINEや通話だけを使用する方であれば不要なものが多くあります。

 

格安スマホは、その人にとって重要ではない機能を削ることにより、安い値段で提供しています。ハイエンドスマホと比べるとカメラの性能や動作性は多少劣ってしまいますが使い勝手は、あまり変わりません。

格安スマホ機種の選び方

格安スマホ機種には、価格・カメラ性能・機能性が異なるさまざまな製品が販売されています。そこで、料金・機能性などから格安スマホ機種の選び方を見ていきましょう。

サブ機としてスマホ本体のみ購入なら「CPU性能」をチェック

CPUとはスマホにおける、頭脳に当たる部分を指します。つまり高いCPU性能の場合には処理速度が速く、スマホをスムーズに動かすのが可能です。ブランド内で表されている数値が高いほど、高い性能のCPUを搭載しています。

写真がきれいなスマホなら「高解像度のカメラ性能」をチェック

格安スマホはカメラ性能を重視しましょう。高画素数のカメラ・超広角・望遠カメラが搭載されているスマホもあります。今までスマホでは撮影できなかった天体の写真がきれいなスマホも発売されました。

 

一眼レフのようなポートレート写真がきれいな機種も多く出ています。カメラの性能を確かめる際は、画角・F値・ポートレートなどの撮影モードの充実度をチェックしましょう。高解像度ズームがあれば、アップしても粗さが少ない綺麗な写真が撮影可能です。

 

人物や食べ物を印象的に撮影したい方は、ポートレートモードの撮影モードを選べます。以下では高性能カメラ搭載SIMフリースマホの人気おすすめランキングをご紹介しました。ぜひ参考にしてください。

バッテリー容量は「3000mAh以上」をチェック

長時間使うためにはバッテリー容量もチェックしてください。バッテリー容量が3000mAh以下のスマホは、コンパクトなものが多いです。長く使える機種が欲しい方は、3000mAh〜4000mAhのバッテリー容量がおすすめです。

 

スマホをよく使うヘビーユーザーの方は、大容量のバッテリーや急速充電機能が付いた機種を選びましょう。最低でも3000mAh以上あると、屋外でも一日中使えます。

機能性で選ぶ

格安スマホは機種によって搭載されている機能が違います。防水機能付きのものやおサイフケータイ機能が付いているものもあるので、必要な機能がついている機種を選びましょう。

雨の日にも使う方に「防水機能付き」がおすすめ

アウトドア・お風呂・キッチンで良く使う方は、防水機能付きの機種がおすすめです。防水機能が付いていれば雨の日でも気軽に使えます。アウトドアで使う方は耐久性・防塵機能が付いている機種を選ぶのもいいです。

キャッシュレス決済を使う方に「おサイフケータイ付き」がおすすめ

キャッシュレス決済を使いたい方は、おサイフケータイ機能が付いた機種がおすすめです。Suicaを入れられるので、電車にもスマホだけで乗れます。今後もキャッシュレス決済が増えるのを考えて、おサイフケータイ機能が付いている機種を選びましょう。

AndroidやiPhoneなど「機種のシリーズ」や2024年発売をチェック

スマホは大まかにAndroidシリーズとAppleiPhoneシリーズに分けられます。Androidにはメーカーやスペックによって3万円以下で購入できる安い機種があるため、予算を抑えたい方におすすめです。

 

一方、iPhoneの場合、安い機種でも5万円以上します。ただ、キャリアのキャンペーンを活用したり、中古から選んだりすることで安い価格で手に入れることも可能です。

 

2024年発売モデルは新機種のため、どうしても価格が上がりがちですが、OPPOのように手頃な価格を販売するメーカーの機種であれば4万円以下の格安で購入できます。新機種の発売情報については、各メーカーの公式サイトでご確認ください。

価格やコスパで選ぶ

スマホにはさまざまな価格帯の機種があります。記事内では4万円以下の機種を紹介しますが、ここでは4万円以上のミドルレンジ・ハイエンドについても取り上げます。

本体価格が4万円以下の激安スマホなら「エントリーモデル」がおすすめ

4万円以下で購入できる激安スマホは、エントリーモデルと呼ばれます。エントリーモデルなら安い価格で本体を購入でき、毎月のコストも抑えられます。初めてスマホを使う方、少しでもスマホ費用を抑えたい方におすすめです。

SNS・アプリの利用ならコスパがいい機種の「ミドルレンジモデル」がおすすめ

4万円から8万円の機種はミドルレンジモデルと呼ばれます。手が届きやすい価格で、カメラ性能が高いモデルや操作性がいい機種を購入できます。ハイエンドモデル並みのスペックを持った機種もあり、ネットやアプリをよく使う方におすすめの価格帯です。

画像にこだわるなら安い「ハイエンドモデル」で画質のいいスマホがおすすめ

8万円以上のハイエンドモデルは画素数が高いカメラで写真がきれいに撮れます。高画質で写真と望遠や超広角写真が撮影できる安い価格で画質のいいスマホもあります。

 

また、高性能なCPUが搭載されており処理速度が速いので、スマホゲームが好きな方、性能がいいスマホを求める方にはハイエンドモデルがおすすめです。

 

以下ではハイエンドスマホの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひ参考にしてください。

よりお得に購入するなら「購入場所」をチェック

格安スマホは、取り扱っている会社によって値段が異なります。ここでは、格安スマホが購入できる場所を紹介するので、参考にしてください。

 

  • 家電量販店:実際に手にとって確かめられるため、オンラインでの購入が不安な方におすすめ
  • AmazonなどのECサイト:セール時期を狙えば、より安く格安スマホを購入できるのでおすすめ
  • 格安スマホ会社:端末とSIMをセット契約でき、安いプランなども選択可能ため、初心者におすすめ
  • 中古ショップ:格安スマホをより安く購入できるが長く使える保証がないため、その場しのぎで使いたい方におすすめ

見やすさなら「大画面」をチェック

格安スマホを選ぶ際は、画面の大きさや画面占有率も重視するのが必要です。6インチを超える大画面の本体は人気があります。手の小さい方、女性が片手で持てるサイズでも、画面占有率が90%以上だと大きな画面で使うのが可能です。

メモリとストレージ容量で選ぶ

格安スマホ機種を選ぶ際には、メモリ(RAM)とストレージ容量(ROMがポイントです。ネットや動画保存をスムーズに楽しめます。

ゲームがさくさく動くスマホなら「6GB以上」がおすすめ

メモリ(RAM)とは、作業領域・作業スペースを表す数値です。RAMが大きいほど、マルチタスクな作業を同時かつスムーズに処理ができます。十分な量の作業領域があれば、リアルタイムにデータを処理でき、動画の動きがスムーズです。

 

格安でゲームがさくさく動くスマホがいいなら、RAMは6GB~12GBをおすすめします。RAMの容量は最低でも3GBは必要で、6GB以上あると高画質ゲームでもスムーズにプレイ可能ですが、RAMの容量の大きいほど価格も高くなるためバランスが必要です。

写真・データ・アプリの保存で使う方に「128GB〜256GB」がおすすめ

ストレージ容量(ROM)は、データを保存できる記録容量です。容量が大きいほど、より多くの写真・動画・アプリのデータの保存ができます。大容量ストレージ(ROM)を求める方には、128GB~256GBがおすすめです。

荷物を持つ方は「軽い」を確認

仕事で重たい荷物を持つといった方は、軽いタイプの格安スマホがおすすめです。コンパクトなサイズのものは、片手での操作がしやすかったり、持ち運びが楽だったりします。家事など買い物で荷物を持つ方も軽い格安スマホをチェックしてみましょう。

好みの「デザイン」をチェック

格安スマホはさまざまなメーカーから販売されているため、デザイン性がたくさんあります。カラーのバリエーションも豊富です。好みのカラー・サイズがある方は、お気に入りのデザインを見つけましょう。

携帯会社の格安プランをチェック

格安スマホの購入で迷ったときは、その後の料金プランも考慮して、携帯会社から絞っていくのもおすすめです。近年では大手キャリアでも複数の格安プランが用意されています。

低容量プランをお探しの方は「docomo(ドコモ)」がおすすめ

ドコモではeximo(エクシモ)・irumo(イルモ)・ahamo(アハモ)の3つのプランを用意しています。データ容量の上限がなく、利用料に応じて3段階に月額料金が変わるeximo に対し、irumoの低容量プランは、0.5GBなら月550円から使用できます。また、プラス月330円でドコモのメールアドレスをそのままお使いいただけます。

 

一方、申し込み〜契約後サポートまでオンライン完結のahamoは、月100GBで税込4,950円などネット利用の多い方向けのプランも充実しています。

効率よくデータを使いたいなら「Ymobile(ワイモバイル)」がおすすめ

ワイモバイルの3GBシンプル2Sプランなら、翌月から月額980円(税抜)※で使用できます。翌月に使わなかったデータ容量を繰り越すことができ、また月+550円で6GBまで増やせるデータ増量オプションもあるので、データを無駄なく使いたい方におすすめです。

 

※PayPayカードでのお支払い+SoftBank Airに加入でおうち割 光セット(A)適用時

※通話料(30秒あたり22円)や端末代は別途かかります

端末価格が激安と評判の「中華メーカーのスマホ」もチェック

中華スマホは中国がメーカーの商品で、人気のiPhoneより激安の価格が評判です。その価格は17,000円~27,000円ほどで購入ができます。デザイン・カラーなどバリエーションが豊富ですので、好きな端末を探してみましょう。

中華スマホは安いだけで性能が低いイメージがありますが、実際は機能性にすぐれたモデルが豊富です。しかし中華スマホの中には、国内使用ができない商品があります。理由としては、国内で使うための技適認証を得ていない可能性があるからです。

 

なお、罰則を受けるケースはあまり見当たりませんが、違法性を問われる可能性があるため技適認証の「技適マーク」がある中華スマホを選びましょう。以下では中華スマホの人気おすすめランキングをご紹介しています。こちらもぜひ参考にしてください。

写真がきれいな格安スマホの人気おすすめランキング3選

1位

シャオミ(Xiaomi)

Redmi Note 11

コスパ最強!5000万画素の中華スマホ

5000万画素でクアッドカメラのカメラ性能が高い中華スマホです。800万画素超広角カメラも搭載しているため広い視野の写真を撮影でき、屋外での撮影を楽しみたい方にもおすすめします。

 

また、バッテリーについては5000mAhで大容量。さらに33W急速充電対応しており、約1時間で100%まで充電可能です。CPUは「Snapdragon680」を搭載で、高いパフォーマンスを発揮できます。

基本情報
画面サイズ 6.43インチ
カメラ画素数 5000万画素
バッテリー 5000mAh
RAM/ROM 4GB/64GB(最大512GBまで拡張可能)
防水 -
おサイフケータイ -
もっと見る

口コミを紹介

多分1日10時間以上は携帯触りますが自分の使用するレベルなら何の不都合もなく快適に使用出来ています。多分次の携帯もxiaomi購入すると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Xiaomi

Redmi 9T

ライトユーザーにおすすめのコスパ最強な激安スマホ

4800万画素のAI 4眼カメラを搭載したスマホです。プロ級の撮影が可能なため、美しい風景の撮影やポートレート撮影も思いのままに行えます。

 

また、バッテリーは6000mAhと大容量で、屋外での写真・動画撮影も電池切れの心配がありません。ハイレゾにも対応しており、音楽を楽しみたい方にもおすすめの機種です。

基本情報
画面サイズ 6.53インチ
カメラ画素数 4800万画素
バッテリー 6000mAh
RAM/ROM 4GB/64GB
防水 -
おサイフケータイ -
もっと見る

口コミを紹介

10年ぶりにスマホ買いましたが、これじゃ日本メーカー勝てないわ!指紋センサーの精度、液晶の高精度、反応速度いずれも凄い。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

OPPO

OPPO Reno9 A

アウト・イン同時動画撮影も可能な高コスパモデル

4800万画素の広角カメラと800万画素の超広角カメラを搭載したスマホです。繊細で美しい風景からドラマチックなシーンまで多彩に写真撮影を楽しめます。また、アウト・イン同時に動画を撮影できるため、例えば、子供さんやペットの表情と撮影者の表情を同時に撮影することも可能です。

 

IPX8・IP6Xの防水・防塵性能を備えており、水回りや外出先でも安心して使いたい方にもおすすめ。おサイフケータイにも対応し、普段使いにもぴったりな1台です。

基本情報
画面サイズ 約6.4インチ
カメラ画素数 約4800万画素
バッテリー 4500mAh
RAM/ROM 8GB/128GB
防水 IPX8
おサイフケータイ
もっと見る

写真がきれいな格安スマホおすすめ商品比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 画面サイズ カメラ画素数 バッテリー RAM/ROM 防水 おサイフケータイ
1位 アイテムID:14197809の画像

Amazon

楽天

ヤフー

コスパ最強!5000万画素の中華スマホ

6.43インチ

5000万画素

5000mAh

4GB/64GB(最大512GBまで拡張可能)

-

-

2位 アイテムID:14128328の画像

Amazon

楽天

ヤフー

ライトユーザーにおすすめのコスパ最強な激安スマホ

6.53インチ

4800万画素

6000mAh

4GB/64GB

-

-

3位 アイテムID:15017164の画像

Amazon

ヤフー

アウト・イン同時動画撮影も可能な高コスパモデル

約6.4インチ

約4800万画素

4500mAh

8GB/128GB

IPX8

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

以下ではミドルレンジスマホの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひ参考にしてください。

格安スマホの人気おすすめランキング6選

1位

OPPO

OPPO Reno7A

大画面の有機ELディスプレイで動画を存分に楽しめる

大画面約6.4インチの有機ELディスプレイを搭載したモデルです。高精細のディスプレイでYou TubeやNetflixなどの動画を臨場感たっぷりに視聴できます。また、4500mAhの大容量バッテリーながら、薄さ7.6mm/重さ175gで薄くて軽く、ポケットや小さなカバンに入れてもかさばりません。

 

防水IPX8のため、水気のあるキッチンでレシピを確認する際も安心。さらに、最大4800万画素の高画質カメラを採用しており、写真撮影に満足したい方にもおすすめします。

基本情報
画面サイズ 約6.4インチ
カメラ画素数 約4800万画素
バッテリー 4500mAh
RAM/ROM 6GB/128GB
防水 IPX8
おサイフケータイ
もっと見る
2位

Xiaomi

Redmi Note 10 JE XIG02

おサイフケータイ対応でキャッシュレス決済できる

外出先でスマートに決済できるおサイフケータイに対応したスマホです。バッテリーは大容量4800mAhで、長時間の動画視聴やゲームプレイも電池切れを気にすることなく楽しめます。

 

カメラの画素数は4800万画素で計3つのカメラを搭載。また、ディスプレイのモード切り替えが可能で、読書モードでは文字を読みやすい明るさに自動で調節してくれます。

基本情報
画面サイズ 約6.5インチ
カメラ画素数 約4800万画素
バッテリー 4800mAh
RAM/ROM 4GB/64GB
防水 IPX8
おサイフケータイ
もっと見る
3位

Galaxy

Galaxy A23 5G SCG18

スマホ初心者におすすめなシンプルモデル

スマホ初心者におすすめの機能が備わったシンプルなモデルです。大きい文字やアイコンなど見やすいホーム画面に切り替えられる、かんたんモードを搭載しています。また、通話自動録音もあるため、通話内容をあとから聞き返すことが可能です。

 

初心者向けながらも5000万画素でカメラ性能は十分。面倒なデータ移行もアプリ「Smart Switch」で簡単に行えます。

基本情報
画面サイズ 約5.8インチ
カメラ画素数 約5000万画素
バッテリー 4000mAh
RAM/ROM 4GB/64GB
防水 IPX5/IPX8
おサイフケータイ
もっと見る
4位

SHARP(シャープ)

AQUOS sense5G

レスポンスが快適なSIMフリーモデル

シャープのSIMフリースマホです。高性能のCPUを搭載で処理能力が高く、快適なレスポンスを実現しています。カメラには手ブレ補正&AIオート機能があり、思いのままに美しい写真を撮影可能です。

 

また、ディスプレイはアルコール除菌シートに対応しているため、清潔にスマホを使用したい方におすすめ。スマホ初心者でも使いやすいように「かんたんモード」も備えています。

基本情報
画面サイズ 約5.8インチ
カメラ画素数 約1200万画素
バッテリー 4570mAh
RAM/ROM 4GB/64GB
防水 IPX5/IPX8
おサイフケータイ
もっと見る
5位

SHARP(シャープ)

AQUOS sense6

IGZO OLEDを採用で高画質

IGZO OLEDを採用したSIMフリースマホです。ディスプレイは10億色の色表現に対応しており、映画やドラマをこれまで以上に美しい映像で楽しめます。カメラは広角から望遠まで対応し、そのままの美しさを写真に収められるため、写真撮影を楽しみたい方にぴったりです。

 

本体は薄さと軽さを兼ね備えたスタイリッシュなデザインで、2021年度GOOD DESIGN AWARDを受賞しています。高性能で洗練された格安スマホを探している方にもおすすめします。

基本情報
画面サイズ 約6.1インチ
カメラ画素数 約4800万画素
バッテリー 4570mAh
RAM/ROM 4GB/64GB
防水 IPX5/IPX8
おサイフケータイ
もっと見る
6位

SHARP(シャープ)

AQUOS wish

\プライムデー先行セール開催中!!/ Amazonで詳細を見る

シンプルですっきりとしたデザインのSIMフリースマホ

すっきりとしたデザインが魅力のSIMフリースマホです。側面のデザインは指がかりがよく、スマホを握りやすくなっています。また、再生プラスチック材を35%使用することで環境に配慮した設計です。

 

カメラには起動が早いアプリ「Camera Go」を採用し、簡単な操作で大事なシャッターチャンスを写真に収められます。機能を絞ったシンプルなスマホを探している方におすすめのモデルです。

基本情報
画面サイズ 約5.7インチ
カメラ画素数 約1300万画素
バッテリー 3730mAh
RAM/ROM 4GB/64GB
防水 IPX5/IPX7
おサイフケータイ
もっと見る

格安スマホおすすめ商品比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 画面サイズ カメラ画素数 バッテリー RAM/ROM 防水 おサイフケータイ
1位 アイテムID:15017173の画像

Amazon

楽天

ヤフー

大画面の有機ELディスプレイで動画を存分に楽しめる

約6.4インチ

約4800万画素

4500mAh

6GB/128GB

IPX8

2位 アイテムID:15017177の画像

Amazon

楽天

ヤフー

おサイフケータイ対応でキャッシュレス決済できる

約6.5インチ

約4800万画素

4800mAh

4GB/64GB

IPX8

3位 アイテムID:15017190の画像

Amazon

楽天

ヤフー

スマホ初心者におすすめなシンプルモデル

約5.8インチ

約5000万画素

4000mAh

4GB/64GB

IPX5/IPX8

4位 アイテムID:15017202の画像

Amazon

ヤフー

レスポンスが快適なSIMフリーモデル

約5.8インチ

約1200万画素

4570mAh

4GB/64GB

IPX5/IPX8

5位 アイテムID:15017348の画像

Amazon

楽天

ヤフー

IGZO OLEDを採用で高画質

約6.1インチ

約4800万画素

4570mAh

4GB/64GB

IPX5/IPX8

6位 アイテムID:15017359の画像

Amazon

シンプルですっきりとしたデザインのSIMフリースマホ

約5.7インチ

約1300万画素

3730mAh

4GB/64GB

IPX5/IPX7

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

\プライムデー先行セール開催中!!/ Amazon 「スマートフォン本体」 の 売れ筋ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

端末のみSIMフリースマホのメリット

格安スマホ機種は、本体と利用料金を安く抑えられるのがメリットです。SIMフリーなので、大手携帯電話会社より、月額料金を安く抑えられます。必要なデータ容量のみ支払うプランなら、余分な費用を払わずに利用でき、2台目のスマホとしておすすめです。

 

データSIMを使用すれば、電話番号を持たずにインターネットが使えます。通話とデータ通信の両方を使える音声通話SIMもあるので、自分のスタイルに合わせて料金プランを設定可能です。

買ってはいけないデメリットだらけなスマホの特徴は?

コスパ最強といっても、買ってはいけないデメリットだらけなスマホもあります。画面のサイズが大きい格安スマホは、見やすい反面で、重たく手に負担が掛かるはずです。その逆にミニサイズのものも充電のし過ぎでバッテリーが劣化します。

 

コスパ最強の格安スマホは、性能が不足していたり、広角レンズが付いていなかったりもするのが特徴です。折りたたみ式のものも耐久性がなかったり、動作が重たいスマホもバッテリーの寿命が短くなります。

田舎暮らしでも大丈夫!SIMフリーカードを上手に活用しよう

格安スマホを使えるようにするためには、本体とSIMカードが必要になります。SIMカードにはnanoSIMmicroSIM・標準SIMと3つのサイズがあり、選ぶ機種によって対応している大きさもさまざまです。

 

通話ができる音声通話SIMとデータ通信のみ2種類です。データSIMでも無料通話はできますが、電波の問題や緊急電話に対応していません。以下の記事では、田舎でも使えるプリペイドSIMの人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

まとめ

ここまで格安スマホの選び方や、おすすめランキングをご紹介しました。毎日使うものだからこそ自分の使い方にあった機種を選びましょう。この記事を参考にしてぜひ自分に合った格安スマホを見つけてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2024年04月10日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

安いスマホのおすすめ人気ランキング12選【格安スマホやコスパ抜群のスマホも】

安いスマホのおすすめ人気ランキング12選【格安スマホやコスパ抜群のスマホも】

スマートフォン
【2023年最新版】写真集のおすすめ人気ランキング23選【女性ソロや女優・芸能人も】

【2023年最新版】写真集のおすすめ人気ランキング23選【女性ソロや女優・芸能人も】

本・雑誌
【2024年最新版】乃木坂46の写真集おすすめ人気ランキング17選【売上も紹介】

【2024年最新版】乃木坂46の写真集おすすめ人気ランキング17選【売上も紹介】

本・雑誌
絶景写真集の人気おすすめランキング11選【日本・世界の絶景】

絶景写真集の人気おすすめランキング11選【日本・世界の絶景】

本・雑誌
【コスパ最強】安いワイヤレスイヤホンのおすすめ19選|1万円以下・格安完全ワイヤレスも

【コスパ最強】安いワイヤレスイヤホンのおすすめ19選|1万円以下・格安完全ワイヤレスも

イヤホン・ヘッドホン
SIMフリースマホの人気おすすめランキング10選【スナップドラゴン800番台も】

SIMフリースマホの人気おすすめランキング10選【スナップドラゴン800番台も】

スマートフォン