サービス一覧
閉じる

【最強】おすすめクレジットカード人気ランキング24選

クレジットカード500種類の中からおすすめの人気クレジットカードを紹介します。年会費、還元率、マイル、ゴールドカードや学生カードなど選び方・比較ポイントは様々です。この記事では本当におすすめできるクレジットカードを人気ランキング形式で詳しく説明します。クレカ初心者の方も是非ご確認ください。

岩田昭男さん

クレジットカード専門家。消費生活ジャーナリスト。早稲田大学第一文学部卒業。
『最強クレジットカードガイド』(角川SSCムック)など、クレカ専門誌の執筆・監修を担当。

皆さんはクレジットカードを使っているでしょうか?キャッシュレスが進む現代でも、まだ現金派という人もいらっしゃるでしょう。実際に、クレジットカードを持つと必要以上に使い過ぎてしまうという意見もあります。しかし、正しく使えば現金よりもお得になるのがクレジットカードです。

 

多くのクレジットカードには、利用額に応じてポイント還元があります。現金にはこのような還元はありません。さらに、カードを持っているだけで旅行保険がついていたり、特定のお店で割引が受けれたりなどの特典もついています。

 

また、カードだと使い過ぎてしまうと考えている方もいますが、今ではほとんどのクレジットカードがスマホアプリで利用状況を簡単に確認できます。そのため、家計簿をつける必要がなく、現金よりも支出管理が楽なんです。

 

このようにクレジットカードにはメリットがたくさんあるので、ぜひカードを発行して使ってみましょう。この記事では、目的別におすすめのクレジットカードを紹介しますよ。

選び方①年会費で選ぶ

クレジットカードを選ぶときに大事なのが年会費です。年会費は安いに越したことはないですが、特典が大きいカードなら年会費を払う価値はあるので、自分自身がどんなカードを求めているかを考えましょう。

カードの種類 年会費
一般カード 無料〜小
ゴールドカード
プラチナカード

*一部例外もあります

節約家は年会費無料の「一般カード」

節約目的でクレジットカードを持ちたい人は、年会費無料のカードを選びましょう。無料でポイント還元率の高いカードを選べば、お得にポイントを貯められますよ!カードを選ぶときは、年会費が無条件で無料のものや、条件付きで無料になるものがあるので注意しましょう。

年会費無料カードのおすすめランキングはこちら!

↓年会費無料のクレカに興味ある方はこの記事もチェック!

サービス充実の「ゴールドカード」

旅行保険などのサービスが充実しているクレジットカードを希望するなら、アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カードを選びましょう。ゴールドカードだと年会費はかかりますが、国内、海外とも旅行保険がついているものが多いです。また、国内主要空港のラウンジを無料で使える優待があるものが多いですよ。カード入会後3カ月以内のカード利用で、アメリカン・エキスプレスのポイント・プログラム”メンバーシップ・リワード”のポイント合計3,000ポイントも獲得できます。

ゴールドカードのおすすめランキングはこちら!

↓ゴールドカードに興味のある方はこちらもチェック!

高ステータスの「プラチナカード」

ステータス性を求めるならプラチナカード一択です!年会費こそ高いですが、誰もが持てるものではないので、持ってるだけで社会的信用度が高まります。特典も豪華でコンシェルジュサービスを利用できるものがほとんどです。

プラチナカードのおすすめランキングはこちら!

↓プラチナカードに興味ある方はこちらもチェック!

選び方②利用目的で選ぶ

年会費以外に重要なポイントがクレジットカードの利用目的です。よく利用するお店やサービスで優遇されるカードを選べば、ポイント還元も受けやすくなりますよ。一方、年会費は無料であっても、あまり利用しない店で優遇される場合は意味がありません。

学生なら「学生カード」

学生の場合は作れるカードが限られていて、ステータス性の高いカードを作ることは困難です。一方で、学生専用のカードで特典を多くつけているカードもあります。学生のうちは学生専用のカードを作ると、一般カードよりもお得に使えることが多いですよ。

学生カードのおすすめランキングはこちら!

飛行機に乗るなら「高マイル還元率」カード

飛行機に乗る機会が多い方は、マイルが貯まるカードが圧倒的にお得です!カードの通常利用で貯めることもできて、フライトでボーナスマイルが貯まるカードもありますよ。マイルを貯めて特典航空券として使いましょう。

マイラー向けカードのおすすめランキングはこちら!

↓マイラー初心者はこの記事もチェック!

女性には女性特典の多いカード

クレジットカードの中には、女性向けの特典として女性特有の疾病に対する保険がついていたり、カードデザインがオシャレだったりなどのサービスがついているカードがあります。女性の方は、このような女性向けのカードを選べば使える特典が多いですよ。

女性向けカードの人気おすすめランキングはこちら!

イチオシの年会費無料カードは、VISA LINE Payクレジットカードです!年に1回使えば年会費無料になり、2021年4月末までは還元率が驚異の3%です!

Visa LINE Payクレジットカード

常時3%還元の最強還元率カード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Visa LINE Payクレジットカードは、LINE Payで還元が受けられる唯一のカードです。年会費は年1回以上の利用で無料となるため実質無料であり、2021年4月末までは還元率が破格の3.0%と非常にお得です。

 

LINE Payに紐付けし、LINE Payのチャージ&ペイを利用すれば、2021年5月以降も最大3.0%の還元を受けれます。また、LINE Payで使えるクーポンも配布されるなどLINE Payユーザーにはメリットが大きいです。

 

貯めたLINEポイントは、LINE Payでのショッピングの支払いに使える他、LINEスタンプ購入などLINEに関するサービスに使用できる実用性の高いポイントです。また、ポイントの有効期限は最後のポイント獲得日から6ヶ月のため、このカードを利用していれば実質無期限となります。

年会費 1,375円(初年度年会費無料、条件クリアで翌年度無料) 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 3.00% 付帯保険 ショッピング
ポイント LINEポイント 電子マネー Visaタッチ決済
マイル - スマホ決済 Apple Pay、Google Pay

チャージ&ペイでも常時3%!

カード利用による還元率3.0%は2021年4月末までですが、LINE Payのチャージ&ペイなら、2021年5月以降も期限なしで還元率3.0%を維持できます。ただし、LINE POINT CLUBでプラチナランクになることが3.0%還元の条件です。

 

LINE Pay チャージ&ペイ利用時の還元率
ランク 還元率 ランク条件
レギュラー 1.0% なし
シルバー 1.5% 過去6ヶ月間で100ポイント以上獲得
ゴールド 2.0% 過去6ヶ月間で500ポイント以上獲得
プラチナ 3.0% 過去6ヶ月間で5,000ポイント以上獲得&Visa LINE Payクレジットカード保有

 

プラチナランクになるには、6ヶ月間で5,000ポイント以上獲得が必要です。この獲得ポイントはカード利用だけに限らないので、LINE POINT CLUB内の広告閲覧などで貯めたポイントも対象になりますよ。

LINEポイントのおすすめの使い方!

貯めたLINEポイントは、LINEスタンプ購入やLINEモバイルの代金支払いなどLINEの各種サービスに利用できます。LINE Payの支払いにも使えるので、街の買い物でもポイント消費が可能です。ただし、LINE Payでポイント消費する場合は、還元対象外なので注意しましょう。

 

おすすめはLINE証券で使うことです。「1ポイント=1円」でLINE証券口座に入金できるので、実質資金なしで株取引を行えます。株に興味はあるけど中々始められない方などは、気軽に始められるのが嬉しいですね。

毎月の特典クーポンが激アツ!!

毎月、LINE Payで使える特典クーポンが配布されます。LINE POINT CLUBのランクによりクーポン枚数が異なりますが、最高のプラチナランクでは10枚のクーポンを利用できます。主なクーポンは以下の通りです。

 

主なLINE Pay特典クーポン
コンビニでの買い物10%OFF(ファミリーマート、ローソン、ミニストップなど、割引上限500円)
ドラッグストアでの買い物10%OFF(マツモトキヨシ、ココカラファインなど、割引上限2,000円)
家電量販店での買い物5%OFF(ヤマダ電機、ビックカメラ、ケーズデンキなど、割引上限なし)
牛丼チェーンでの利用8%OFF(吉野家、松屋、すき家 割引上限500円)

※クーポン内容は毎月変更されます。

 

家電量販店のクーポンは割引上限がないので、テレビやパソコンなど高額の買い物に使えば、かなりお得です!なお、このクーポンはLINE Pay利用時に使えるので、クーポンだけ提示して他の決済で支払うことはできません。

お申し込みはこちら

↓LINE PAYクレカの詳細はこちら

その他のおすすめ年会費無料カードはこちら

イチオシのゴールドカードはdカードGOLDです!ドコモの料金が10%ポイント還元されるので、ドコモユーザーならこのカード一択と言っても良いでしょう!

dカードGOLD

ドコモユーザーなら必携のカード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

dカードGOLDは、ドコモユーザーへのメリットが大きいゴールドカードです。最大の利点はドコモの利用料金1,000円(税抜)につき10%がdポイントにて還元されることです。11,000円(税込)の年会費がかかりますが、ドコモのヘビーユーザーなら年会費分以上のポイント還元を受けることもできるでしょう。

 

さらにドコモのケータイが事故により紛失、盗難、全損となった場合に、新端末の購入代金を一定額保証してくれる「dカード携帯補償」もついており、一般のゴールドカードと比べても携帯電話関連のサービスに力を入れている印象です

 

携帯電話関連のサービス以外にも、一般のゴールドカード特典として付帯する旅行保険や空港ラウンジ無料利用などの特典も付いています。また、通常のポイント還元率は1.0%ですが、dカード特約店での買い物では還元率がアップします。

年会費 11,000円 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 1.00%~4.00% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイント dポイント 電子マネー iD
マイル 交換できるマイル スマホ決済 Apple Pay

ドコモの通信料金が割引

ドコモの通信料金をdカードで払うと「dカードお支払い割」という割引が受けれます。対象は、「ドコモのギガプラン」「ケータイプラン」に定期契約なしで契約している方で、1ヶ月の割引額は187円(税込)です。対象者であれば、支払い方法をdカード払いにするだけで完了し、別途申し込みは不要です。

 

dカードお支払い割
対象プラン ドコモの「5Gギガホ」「5Gギガライト」「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」
割引適用方法 dカードまたはdカードGOLDで支払い
割引額 月額187円(税込)
注意点 定期契約ありの方は対象外

 

dカードお支払い割を使うことで、2年定期契約ありの料金と同料金になりお得です。定期契約なしは解約手数料が発生しないので、解約や乗り換えがしやすいというメリットがあります。

ドコモユーザーなら実質年会費無料?!

dカードゴールド限定の特典として、ドコモの利用金額の10%がポイント還元されるドコモユーザーには非常に嬉しい特典です。対象はドコモのケータイもしくはドコモ光回線の契約者であり、利用金額1,000円(税抜)につき10%をdポイントで還元してくれます。

 

仮に、毎月の利用料金が1万円(税抜)だった場合、10%の1,000ポイントが1ヶ月ごとに貯まります。年間で12,000ポイントとなるため、11,000円(税込)の年会費を超えるポイント還元を受けれますよ。この特典は家族カードでも受けれる特典なので、家族でドコモユーザーの場合はよりポイントを貯めやすいです。

 

ドコモの利用料金10%ポイント還元 利用例
家族のドコモ利用人数 1人平均の月額料金(税抜) 年間で還元されるポイント
1人 10,000円 12,000ポイント
2人 5,000円 12,000ポイント
2人で使えばよりお得!

 

1人だとケータイ料金が1万円を越えなくても、家族で合算したら1万円を超えるご家庭も多いのではないでしょうか?家族カードは1枚まで無料発行できるので、家族2人分のドコモの利用料金が月額1万円(税抜)を超えているなら、dカードゴールドで支払えば年会費以上のポイントをゲットできます!

最強の10万円ケータイ補償

ドコモユーザーの方は「dカードケータイ補償」サービスがついています。これは、利用中の携帯電話が、偶然の事故により紛失・盗難または修理不能となった場合に購入費用の一部を補償してくれる特典です。補償金額は最大10万円までなので高額機種でも安心ですよ。

 

dカードケータイ補償
補償条件 購入から3年以内
新端末は同一機種・同一カラー
ドコモショップまたはドコモ指定の販売店でdカードを利用して新端末購入
補償金額 新端末の購入金額または頭金および事務手数料のうち、最大10万円

 

注意点としては、全損で修理不能となった場合に適応されることです。つまり、液晶画面のひび割れなどは対象外です。また、同一機種、同一カラーがない場合はドコモ指定の機種となるので、希望機種と異なる場合もあります。

100万円利用で実質2%の超還元!

年間利用額に応じて、豪華な特典が用意されています。年間100万円以上200万円未満の利用で11,000円相当、200万円以上利用で22,000円相当の特典をもらえます。もらえる特典は以下の通りです。

 

dカードGOLD 年間利用額の特典
100万円以上200万円未満 200万円以上
ケータイ購入割引クーポン 11,000円相当 ケータイ購入割引クーポン 22,000円相当
d fashionクーポン 11,000円相当 d fashionクーポン 22,000円相当
dトラベルクーポン 11,000円相当 dトラベルクーポン 22,000円相当
dショッピングクーポン 11,000円相当 dショッピングクーポン 22,000円相当
dデリバリークーポン 11,000円相当 dデリバリークーポン 22,000円相当
dミールキットクーポン 11,000円相当 dミールキットクーポン 22,000円相当
メルカリクーポン 11,000円相当 メルカリクーポン 22,000円相当

 

還元率で考えると約1.0%分の特典のため、通常還元率1.0%と合わせると実質2.0%の還元率になりますよ。このカードを使うときは年間100万円以上を利用して、この利用額特典を受け取りましょう!

お申し込みはこちら

↓dカード ゴールドの詳細はこちら

その他のおすすめゴールドカードはこちら

イチオシのプラチナカードはエポスプラチナカードです!条件付きですが、年会費2万円でプラチナカードのサービスがついてくるのは、コスパが良いです。

エポスプラチナカード

超高還元率プラチナカード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エポスプラチナカードは、コスパに優れたプラチナカードです。年会費は3万円ですが、年間100万以上の利用で、次年度年会費が2万円となる特典があります。また、エポスカードから招待された場合も、次年度の年会費は2万円となります。

 

100万円以上利用すると、利用額に応じてボーナスポイントが付与され、最大10万ポイントがもらえるなど、カード支払いをメインにしている人にとって非常にお得な特典が多いのが特徴です。

 

プラチナカードとしてのサービスも豊富で、プライオリティ・パス無料や高級レストランでのコース料理1名分無料、コンシェルジュデスクなどの特典を利用可能です。また、旅行保険も国内、海外ともに最高補償額1億円と手厚いです。

 

マルイが発行しているカードなので、マルイでは還元率が常に2倍になり、年4回のマルイのセールでは10%OFFで買い物ができます。貯めたポイントも有効期限がないので、失効を気にすることなく使えるのも魅力的です。

年会費 30,000円 追加カード ETCカード
ポイント還元率 0.50%~2.50% 付帯保険 海外旅行、国内旅行
ポイント エポスポイント 電子マネー -
マイル ANAマイル、JALマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay

毎年の利用金額に応じて最大10万ポイント!

エポスプラチナでは、毎年の利用金額に応じてボーナスポイントが付与されます。年間100万円以上の利用からボーナスポイントが発生し、最大では年間1,500万円以上利用したときに10万ポイントがもらえます。

 

エポスプラチナ ボーナスポイント推移
年間利用額 付与されるボーナス ボーナスポイント還元率
100万円〜200万円未満 2万ポイント 1.0〜2.0%
200万円〜300万円未満 3万ポイント 1.0〜1.5%
300万円〜500万円未満 4万ポイント 0.8〜1.33%
500万円〜700万円未満 5万ポイント 0.71〜1.0%
700万円〜900万円未満 6万ポイント 0.67〜0.85%
900万円〜1,100万円未満 7万ポイント 0.63〜0.78%
1,100万円〜1,300万円未満 8万ポイント 0.62〜0.73%
1,300万円〜1,500万円未満 9万ポイント 0.6〜0.69%
1,500万円以上 10万ポイント 〜0.67%

 

ボーナスポイントの還元率が最も高くなるのは、100万円利用時で2.0%です。通常還元率と合わせれば2.5%の高還元ですよ。また、100万円以上利用すれば、年会費の優遇も受けれるので、年間利用額は100万円を目安に考えましょう。

誕生月はポイントが常時2倍

誕生月はポイントが2倍になり、200円につき2ポイント貯まります!マルイ系列なら、200円で4ポイント貯まるので、還元率は2.0%です。もし、年4回あるマルイのセール「マルコとマルオの7日間」と誕生月が重なれば、「10%の割引+2%の還元」なので超お得ですね!

 

エポスプラチナ 通常時と誕生月の還元率の違い
  VISA加盟店で利用 マルイ、モディで利用
通常時 200円ごとに1ポイント
(0.5%)
200円ごとに2ポイント
(1.0%)
誕生月
(ポイント2倍)
200円ごとに2ポイント
(1.0%)
200円ごとに4ポイント
(2.0%)
マルコとマルオの7日間 -  10%OFF

 

誕生月にたくさん利用すれば、ポイントも貯まる上に先述したボーナスポイントが発生する年間100万円にも近づきますよ!

プラチナとしての旅行サービスも充実

エポスプラチナは旅行でのサービスも充実していて、以下のような特典を受けることができます。

 

・プライオリティ・パス無料登録
・海外旅行保険自動付帯(最高補償額1億円)
・国内旅行保険利用付帯(最高補償額1億円)
・海外サポートデスク(現地デスクが日本語で案内)
・Visaプラチナトラベル(国内、海外を5〜10%割引の優待価格で利用可能)
・Visaプラチナ空港宅配(自宅〜空港間の荷物配送が優待価格で利用可能)

 

この中でも、プライオリティ・パスは利用回数無制限のプレステージ会員が無料になるので魅力的です。通常、プライオリティ・パスのプレステージ会員は年会費が429米ドルかかるので、この特典だけで年会費以上の価値があることがわかりますね。

お申し込みはこちら
その他のおすすめプラチナカードはこちら

学生にイチオシのカードはJALカードnaviです!旅行好きならこのカードを選んでおけば間違いないでしょう!とにかくお得に飛行機に乗れちゃいますよ。

JALカード navi(学生専用)

旅行する学生のための最強カード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

JALカードnaviは学生限定のクレジットカードで、JALマイルを非常に効率良く貯められる年会費無料のカードです。マイル還元率は一般のJALカードの2倍の1.0%で、貯めたマイルの有効期限はありません。

 

また、入会特典で2,000マイル、毎年の初回搭乗で1,000マイルがプレゼントされるなどボーナスマイルが多数ありマイルを貯めやすいです。また、国内と海外の旅行保険も自動で付帯されるので旅行好きの学生にピッタリのカードです。

 

2021年3月末までは、国内線が3,000マイルから特典航空券に交換できるキャンペーンを開催中なので、貯めたマイルをとてもお得に使えます。

年会費 無料 追加カード ETCカード
ポイント還元率 1.00%〜2.00% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイント JALマイル 電子マネー -
マイル JALマイル スマホ決済 -

日本全国3000マイルから飛行機に乗れる!

JALカードnavi会員限定で減額マイルキャンペーンが開催中であり、1区間(片道)3,000マイルで国内線に搭乗できます!往復でも6,000マイルで搭乗できて非常にお得です。羽田〜那覇間で通常の特典航空券とのマイル差を比較しました。

 

羽田〜那覇間 通常の特典航空券とキャンペーン特典航空券の比較
  普通席 クラスJ
通常マイル 7,500マイル 9,000マイル
減額マイルキャンペーン 3,000マイル 5,000マイル

 

このキャンペーンの注意点は下記の通りです。

 

・利用は会員本人のみ

・JALのPCサイトの予約のみ

・予約のキャンセル待ちは不可

・対象搭乗期間は2022年3月31日

 

これらの注意点さえ気を付ければ、3,000マイルで搭乗できるのは破格ですね!キャンペーン終了前にぜひ利用したい特典です。

マイルを無期限で貯められる学生特権!

通常、JALマイルの有効期限は36ヶ月ですが、在学期間中はマイルの有効期限がありません。そのため、マイルを貯めるだけ貯めて卒業旅行で一気にマイルを消費するということもできちゃいますよ。

 

また、マイル還元率は100円で1マイルを貯められるので1.0%です。マイル還元率1.0%はかなりの高還元なので、通常の買い物で利用していけばどんどんマイルが貯まっていきますね。

 

JALカードとJALカードnaviの違い
カード名 年会費 マイル有効期限 通常マイル還元率
JALカード 2,200円 36ヶ月 0.5%
JALカードnavi 無料 なし 1.0%

入会特典だけで2000マイルもらえる!

カード入会特典として、2,000マイルがプレゼントされます。さらに、入会後にJALグループ便に搭乗すれば、入会搭乗ボーナス1,000マイルも付与されるので、合計3,000マイルをゲットできます。3,000マイルあれば、国内線の片道航空券に交換できるので超お得ですね!

 

JALカードnavi入会特典
入会ボーナス 2,000マイル
入会搭乗ボーナス 1,000マイル
合計 3,000マイル

ボーナスマイルが超豊富!

通常還元率が1.0%と高いのは紹介した通りですが、それ以外にも様々なボーナスマイルがプレゼントされ、非常にマイルを貯めやすくなっています。主なボーナスマイルはこちらです。

 

JALカードnavi ボーナスマイル
毎年初回搭乗ボーナス 1,000マイル
フライトボーナス フライトマイル10%加算
語学検定ボーナス 500マイル
20万円(税込)以上利用 500マイル
60万円(税込)以上利用 2,000マイル

 

また、学校卒業後に一般のJALカードへ切り替えた場合は、継続ボーナスとして2,000マイルがプレゼントされますよ。

お申し込みはこちら

↓JALカード naviの詳細はこちら

その他のおすすめ学生向けカードはこちら

マイルを貯めるならSPGアメックスが最強です!ポイント有効期限なしでいろいろなマイルへ移行できますよ!マイル以外の特典も豪華で有名です。

スターウッド プリファード ゲスト®アメリカン・エキスプレス®・カード(SPGアメックス)

マイル還元率が40社以上で1%の怪物カード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SPGアメックスは、ポイントを多くの航空会社のマイルへ移行できる魅力的なクレジットカードです。ポイントの有効期限は実質無期限で、マイル還元率は1%(60,000ポイントまとめて以降でボーナスマイルがついて1.25%)と高いため、マイルを貯めたい方には非常におすすめできるカードです。

 

マイルへの交換だけでなく、豪華な特典がついてくることでも知られています。マリオットボンヴォイのゴールドエリート会員資格や年1回の高級ホテル無料宿泊優待などは、税込34,100円の年会費を払う価値が十分にあるでしょう。

 

もちろん旅行保険の自動付帯や空港ラウンジ無料利用もあり、旅行の時には大活躍のカードです。また、2021年2月末現在では、入会後3ヶ月以内に10万円以上のカード利用で3万ポイントをもらえるお得な特典もあります。

年会費 34,100円(税込) 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 3.00% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイント Marriott Bonvoyポイント 電子マネー -
マイル ANAマイル、JALマイル、スカイマイル、マイレージプラスなど スマホ決済 Apple Pay

年会費実質無料になるホテルステイ!

毎年カードを継続する度に、世界各地のマリオットボンヴォイ参加ホテル1泊分(2名まで)の無料宿泊特典がプレゼントされます。スタンダードルームに空室さえあれば、祝日や大規模イベント開催期間中でも利用できます。

 

対象ホテルも高級ホテルばっかりで、日本国内だと以下のような高級ホテルに宿泊可能です!

 

・ウェスティンホテル東京
・ザ・リッツ・カールトン大阪
・シェラトン沖縄サンマリーナリゾート
・ウェスティンルスツリゾート
・ザ・リッツ・カールトン日光

 

その他にも多数の有名ホテルが対象になっていて、これらの高級ホテル1泊で年会費の元が取れちゃいます!このカードを持ったら、ぜひとも利用したい特典ですね。

マリオットボンヴォイの上級会員資格で優雅に

マリオットボンヴォイの上級会員であるゴールドエリート会員資格が、このSPGアメックスを持っているだけで付与されます!このゴールドエリート会員は、本来ならマリオットボンヴォイ参加ホテルで年間25泊以上が必要な限られた人だけの特典です。

 

マリオットボンヴォイ会員ランクと条件
会員ランク 条件
リワード(一般会員) 0〜9泊
シルバーエリート 10泊以上
ゴールドエリート 25泊以上
プラチナエリート 50泊以上
チタンエリート 75泊以上
アンバサダーエリート 100泊以上、2万米ドル以上利用

 

カードを保有するだけで豪華特典を受けられるのですからお得すぎます!主なゴールドエリート会員特典はこちらです。

 

・お部屋のアップグレード(空室状況による) ・宿泊による獲得ポイントが25%アップ ・レイトチェックアウト(14時まで滞在可能) ・プレミアムWi-Fi(より高速なインターネット) ・ウェルカムギフトポイント(250〜500ポイント)

 

お部屋のアップグレードやレイトチェックアウトは、ホテルでの滞在をより楽しめる嬉しいサービスですね。また、宿泊でポイントが25%追加付与されるので、よりポイントが貯まりますよ。

新規入会で1万マイルゲット!

入会特典として、3ヶ月以内に10万円以上利用すると、3万ポイントをプレゼントされます。ポイントをマイルに交換する場合、「3ポイント=1マイル」のレートで交換できるので、マイル換算すると1万マイルをゲットできますよ!

 

1万マイルあれば、ANA、JALともに国内線の片道航空券に交換できるのでお得ですね。また、6万ポイントを一度にマイルへ変えると、5,000マイルのボーナスが加算されるので、変える場合は6万ポイントごとに行うとお得になります!

 

SPGアメックス マイル還元率
交換ポイント数 交換レート ボーナス マイル還元率
6万ポイント未満 3ポイント=1マイル なし 1.0%
6万ポイント 3ポイント=1マイル 5,000マイル 1.25%
お申し込みはこちら

↓SPGカード の詳細はこちら

その他のおすすめマイラー向けカードはこちら

女性にイチオシのカードはJCBカードW plus Lです!女性用保険をはじめ、女性向け特典が豊富ですよ!お得なキャンペーンも多数開催していますよ。

JCB CARD W plus L

JCB最強の高還元カードに女性特典をプラス!

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

JCB CARD W plus Lは、JCB CARD Wの基本的な特典に、女性向け特典を付け加えたクレジットカードです。JCB CARD Wと同じく発行は39歳までで、JCB一般カードと比較すると年会費が無料・ポイント還元が2倍というメリットがあります。

 

JCB CARD W plus Lだけの女性向け特典は、お手ごろな掛金で任意付帯できる女性向け保険と、キレイに関するお得情報やサービスを受け取れる「LINDA」の2つです。ポイント還元はOki Dokiポイントでの還元となり、貯まったポイントは各種ポイントや航空会社のマイルなどに交換できます。

 

Amazonとセブンイレブンの利用でポイントが3倍、スターバックスの利用でポイント10倍となっており、これらのお店をよく利用する方であれば非常にポイントが貯まりやすくなっています。女性向けの医療保険が充実していますので、保険に未加入の人などは検討してもいいでしょう。

年会費 無料 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 1.00% 付帯保険 海外旅行、ショッピング
ポイント Oki Dokiポイント 電子マネー -
マイル ANAマイル、JALマイル、スカイマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay

入会3ヶ月間はポイント還元率が常時2%!

入会後3ヶ月間はJCB一般カードの4倍のポイント還元を受けれます。JCB一般カードの通常還元率が0.5%なので、入会後3ヶ月間は4倍の2.0%です。上限額もないので、大きな買い物は入会3ヶ月以内にすれば、ポイントもお得に貯まりますよ!

 

JCBカードW plus L 通常時と入会後3ヶ月間の還元率の比較
  特典 付与ポイント 還元率
通常時ポイント還元 JCB一般カードの2倍 1,000円利用で2ポイント 1.0%
入会後3ヶ月のポイント還元 JCB一般カードの4倍  1,000円利用で4ポイント 2.0%

※JCB一般カードは1,000円利用で1ポイント(還元率0.5%)

 

このポイント4倍は、2020年12月31日までに入会した方向けのキャンペーンですが、同様のキャンペーンを何度も実施しているので、キャンペーン終了後も同じキャンペーンが再度開催されることが予想できます。

アマゾンでの利用では最大3.0%の超還元

Amazonは、JCBオリジナルシリーズパートナーと呼ばれるポイント優待店です。そのため、先述の入会後3ヶ月間のポイント4倍期間であれば、還元率は驚異の3.0%となりますよ!還元率3.0%となる内訳は以下の表をチェックしてください。

 

Amazon利用で3.0%還元の内訳
JCBカード通常還元率 0.5%
JCBカードW特典 +0.5%
JCBカードW新規入会特典(ポイント4倍) +1.0%
JCBオリジナルシリーズパートナー +0.5%
Oki Dokiランド経由 +0.5%
合計還元率 3.0%

 

ちなみに、2020年10月末までは、新規入会者限定でAmazon利用時のポイントが5倍となるキャンペーンを開催していました。その時の還元率は5.5%と超お得でした。再度、そのようなキャンペーンが実施されることに期待しましょう。

女性ならではの保険が充実

女性向けのカードとして、女性用の保険が取り揃えられており任意で加入できます。大きく分けると「女性疾病保険」と選べる保険「お守リンダ」の2つがあります。それぞれの詳細は以下の表をご確認ください。

 

女性疾病保険
特長 乳がんや子宮がん、子宮筋腫、妊娠の合併症など、女性特有の病気で入院した場合、通常の倍額の入院保険金が支払われる。手術保険金も上乗せされる。
ほぼすべての病気による入院を、日帰り入院から最長180日の入院まで、通算1,000日まで補償(海外での入院も可)。
入院でも外来でも、手術は公的医療保険の対象となる約1,000種類を補償。
補償内容 疾病入院保険金/日額 3,000円
女性特定疾病入院保険金/日額 3,000円
疾病手術保険金 30,000円(外来の場合は半額)
女性特定疾病手術保険金 30,000円(外来の場合は半額)
月額保険料 18〜24歳 290円
25〜29歳 540円
30〜34歳 670円
35〜39歳 710円
40〜44歳 740円
45〜49歳 890円
50〜54歳 1,040円
55〜59歳 1,430円
60〜64歳 1,860円
65〜69歳 2,780円

 

お守リンダ
プランA 女性特定がん 特長 乳がん・子宮がん・卵巣がんといった女性特有のがんと向きあうためのプラン。
補償内容 女性特定がん限定手術保険金 50万円
月額保険料 30〜420円(年齢により異なる)
プランB 天災限定傷害 特長 天災によるケガが原因で入院や手術を受けた場合に保険金が支払われる。
補償内容 入院保険金(日額) 5,000円
手術保険金 5〜20万円
月額保険料 60円
プランC 盗難被害補償 特長 盗難被害に対する保険。
補償内容 ひったくり損害保険金 50万円
鍵取替え費用保険金 3万円
ストーカー行為等対策費用保険金 50万円
  月額保険料 100円
プランD 傷害入院補償 特長 急激かつ偶然な外来の事故によるケガが原因で入院した場合に保険金が支払われる。
補償内容 入院保険金(日額) 5,000円
月額保険料 390円

新規入会で5000円分のキャッシュバック!

2020年9月1日〜12月31日に新規入会した方は、Apple Pay、Google Payでの利用額の20%を最大5,000円までキャッシュバックされます。20%還元は破格の還元率なので、このキャンペーンの開催中に入会すると非常にお得です。

 

キャンペーンの詳細は下記の表をご覧ください。

 

Apple pay、Google payの利用で20%還元キャンペーン
キャンペーン対象条件 JCB CARD W新規入会者で「My JCB」アプリにログイン
入会期間 2020年9月1日〜12月31日
利用期限 2021年2月15日
特典内容 Apple pay、Google pay利用額の20%をキャッシュバック(上限5,000円)
キャッシュバック時期 2021年4月12日の支払い時

 

キャンペーン利用期限までは、なるべくApple payもしくはGoogle payで支払いましょう。なお、キャッシュバック前に退会した場合は対象外となりますので注意してください。

お申し込みはこちら

↓JCBカード Wの詳細はこちら

その他のおすすめ女性向けカードはこちら

1位のVISA LINE ペイクレカが圧倒的ですが、他にも優秀な年会費無料カードはたくさんあります。それぞれ紹介していますのでぜひチェックしてください!

年会費無料クレジットカードの還元率比較

年会費無料の人気クレジットカードの還元率を比較してみました。年会費無料カードで悩んでいる方は参考にしてください。

 

年会費無料カード比較
カード名 入会後3ヶ月の還元率 通常還元率
Visa LINE Pay      3.0% ※1 1.0%
楽天カード 1.0% 1.0%
リクルートカード 1.2% 1.2%
オリコカード 2.0% 1.0%

※カード名は略称 ※ポイント優待店での還元率アップは含めない ※1 2020年4月までに入会した場合。入会特典での還元率アップはない。

 

2020年4月まではVisa LINE Payクレジットカードがやはりお得ですね。しかし、通常還元率で考えれば、リクルートカードが1.2%で最も高還元です。

年会費無料クレジットカードの人気おすすめランキング

楽天カード

楽天ユーザーには必須の1枚

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

楽天カードは、楽天ポイントがザクザク貯まる年会費永年無料カードです。基本還元率は1.0%で、楽天市場ならいつでも3.0%の高還元です。また、楽天ペイに楽天カードを紐づけると楽天ペイ分の0.5%と楽天カードの1%で、合計の還元率は1.5%になるのでお得に使えます。楽天系のサービスを利用するなら、持っておいて損はないカードと言えるでしょう。

 

貯めた楽天ポイントは、楽天モバイルや楽天トラベル、楽天証券など様々な楽天系サービスで1ポイント=1円相当で利用できます。街の買い物にも利用でき、マクドナルドなど多くの店でポイント消費が可能です。

 

楽天系サービスと組み合わせて利用することで、ポイント還元がどんどん増えていき、楽天市場の買い物で最大44%還元を受けれます。ポイント以外にも海外旅行保険が付帯するなど多くの特典がついています。

年会費 無料 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 1.00%~3.00% 付帯保険 海外旅行
ポイント 楽天ポイント 電子マネー 楽天Edy
マイル ANAマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay
お申し込みはこちら

↓ 楽天カードの詳細はこちら

リクルートカード

年会費無料の高還元カード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リクルートカードは還元率が1.2%の年会費永年無料カードです。貯まったポイントはPontaポイントに等価交換できるので、Ponta提携店舗で利用できます。また、年会費無料カードにも関わらず、付帯保険が充実しているのも特徴です。

 

ネットショッピングの際は、ポンパレモールを経由すると還元率が4.2%に上がり、旅行の際は、じゃらんnetを経由すると還元率が3.2%に上がるので、ポイントを非常に貯めやすいです。

 

さらに新規入会特典として、最大6,000円分がポイント還元されるなど無料カードとは思えないほどメリットがたくさんあります。年会費無料でクレジットカードを発行したい方にはおすすめのカードです。

年会費 無料 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 1.20%〜3.20% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイント リクルートポイント 電子マネー -
マイル - スマホ決済 Apple Pay、Google Pay
お申し込みはこちら

↓リクルートカードの詳細はこちら

Orico Card THE POINT

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Orico Card THE POINTは年会費永年無料の高還元カードです。通常還元率は1.0%であり、入会後6ヶ月間はキャンペーンで還元率が2.0%です。また、ネットショッピングはオリコモール経由で特別加算ポイントがつくので、入会後6ヶ月間のAmazonでの還元率は3.0%になります。

 

貯めたオリコポイントは、他社ポイントやマイル、オンラインギフト券へと交換できます。交換レートも「1ポイント=1円」換算の交換先が多く、交換時にポイントが無駄にならないので便利です。

 

また、電子マネーのiDとQUICPayを両方とも搭載している珍しいカードです。現在では多くのお店で利用できる電子マネーのため、どこでもスピーディーかつ安全に決済できます。

年会費 無料 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 1.00%〜2.00% 付帯保険 -
ポイント オリコポイント 電子マネー iD、QUICPay
マイル ANAマイル、JALマイル スマホ決済 Apple Pay
お申し込みはこちら

↓オリコカード THE POINTの詳細はこちら

年会費無料クレジットカードのイチオシはこちら

dカードGOLD以外にも、おすすめのゴールドカードは多数あります!年会費の安いカードや高ステータスのカードを紹介していますので、チェックしましょう!

ゴールドカードの年会費と還元率の比較

人気のゴールドカードの年会費と還元率を比較してみました。ゴールドカードで悩んでいる方は参考にしてください。

 

ゴールドカード比較
カード名 年会費(税込) 通常還元率 特約店還元率
dカードゴールド 11,000円 1.0%  10.0%
楽天ゴールド 2,200円 1.0% 5.0%
エポスゴールド      5,000円 ※1 0.5% 1.5%
アメックスゴールド 31,900円 1.0% 3.0%

※カード名は略称
※1 インビテーションで発行、または年間利用額50万円以上で無料

 

ドコモ利用料金の10%還元があるdカードゴールドは、ドコモユーザーからしたら超お得ですね。楽天ゴールドは年会費が安い割に楽天市場で5.0%還元がある優れものです。

ゴールドカードの人気おすすめランキング

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

価格:31,900円 (税込)

ゴールドカード随一の高ステータス

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、高ステータスで有名なアメックスのプロパーゴールドカードです。年会費は31,900円(税込)とゴールドカードにしては高めですが、ついてくる特典はゴールドカードの中では群を抜いています。

 

付帯保険の充実や専用のコールデスクはもちろんのこと、プライオリティパスが年2回まで無料、高級レストランでのコース料理が1人分無料、ホテルでのアップグレードなど豪華特典ばかりです。

 

さらにポイント還元では、通常100円につき1ポイントのところ、ボーナスポイントプログラムへ参加すると、対象加盟店での利用が100円につき3ポイント貯まります。貯めたポイントは、ANAマイルへ交換すると1ポイント=1マイル換算の高還元です。

 

アメックスゴールドで実績を積めば、アメックスプラチナのインビテーションが届く可能性もあり、ステータスを求める方にはイチオシのゴールドカードです。

年会費 31,900円(税込) 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 1.00% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイント メンバーシップ・リワード 電子マネー -
マイル ANAマイル、スカイマイル スマホ決済 Apple Pay
お申し込みはこちら

↓アメックス・ゴールドの詳細はこちら

楽天ゴールドカード

楽天ポイントを貯めるならこのカード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

楽天ゴールドカードは、楽天市場での還元率が5.0%の楽天ユーザーには超お得のゴールドカードです。このカードと楽天の様々なサービスを組み合わせれば、楽天市場での買い物が最大44%還元です。

 

年会費は2,200円(税込)とリーズナブルでありながら、ゴールドカード特典として、空港ラウンジの無料利用がついています。また一般の楽天カードでは有料となるETCカードの年会費も無料になります。

 

貯めた楽天ポイントは、「1ポイント=1円」で様々な楽天系サービスで利用できるので非常にお得です。楽天のサービスを日頃から使っている人には特におすすめできるカードです。

年会費 2,200円 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 1.00%〜5.00% 付帯保険 海外旅行
ポイント 楽天ポイント 電子マネー 楽天Edy
マイル ANAマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay
お申し込みはこちら

エポスゴールドカード

条件次第では年会費が無料に

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エポスゴールドカードはコスパが抜群のゴールドカードです。通常還元率は0.5%ですが、登録した特定のショップでは1.5%の還元率となり、年間50万円以上の利用があるとボーナスポイントも支給されます。付与されるエポスポイントは有効期限がないのも特徴です。

 

ポイント還元以外では、海外旅行保険が最大1,000万円の補償で自動付帯されます。また、国内、海外の計21箇所の空港ラウンジを無料利用できるので、海外旅行のお供として強力なカードです。

 

また、「インビテーションが届く」もしくは「年間50万円以上利用する」と年会費が永年無料になります。ゴールドカードを無料で保有したい方にはもちろんのこと、審査がそこまで厳しくないので20代の方にもおすすめのゴールドカードです。

年会費 5,000円 ※ 追加カード ETCカード
ポイント還元率 0.50%〜1.25% 付帯保険 海外旅行
ポイント エポスポイント 電子マネー -
マイル ANAマイル、JALマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay
お申し込みはこちら

↓エポスゴールドカード の詳細はこちら

ゴールドカードのイチオシはこちら

エポスプラチナはバランスが取れている良いカードですが、他にもハイスペックのプラチナカードが存在します!有名なプラチナカードを紹介していますので、チェックしましょう!

プラチナカードの還元率やステータス性の比較

おすすめプラチナカードの年会費や還元率、ステータス性を比較してみました。プラチナカードで悩んでいる方は参考にしてください。

 

プラチナカード比較
カード名 年会費(税込) 通常還元率 ステータス性
エポスプラチナ 30,000円 0.5%  ★★★
アメックスプラチナ 143,000円 1.0% ★★★★★
プラチナプリファード  33,000円  1.0% ★★★
JCBプラチナ 27,500円 0.5% ★★★★

※カード名は略称

 

年会費が断トツのアメックスプラチナがステータス性も抜群に高いです。

プラチナカードの人気おすすめランキング

アメリカン・エキスプレス

プラチナ・カード

憧れの高ステータスカード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アメックスプラチナカードは年会費143,000円(税込)ですが、その年会費以上の特典がついている高ステータスカードです。審査基準も厳しく誰もが持てるカードではないので、持っているだけで社会的な信用度が高くなります。

 

具体的な特典は、コンシェルジュサービス、フリーステイギフトなど高級ホテルでの優待、7つの空港ラウンジプログラムの利用、高級レストランでのコース料理の1名無料、最高補償額1億円の旅行保険など、まさに豪華そのものです。

 

家族カードは4枚まで無料発行でき、本会員とほぼ同様の特典を受けれます。家族で持てば実質的に年会費を抑えることができるのでお得です。ゴールドカードよりさらに上のサービスを受けたい方にはおすすめのカードです。

年会費 143,000円(税込) 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 1.00% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイント メンバーシップ・リワード 電子マネー -
マイル ANAマイル、スカイマイル スマホ決済 Apple Pay
お申し込みはこちら

↓アメックス プラチナの詳細はこちら

三井住友カード プラチナプリファード

登場したばかりのポイント特化型プラチナカード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

三井住友カード プラチナプリファードは2020年9月に新登場したプラチナカードです。従来のプラチナカードよりもポイント還元に特化しているのが特徴です。通常還元率は1.0%ですが、特約店利用で最大10%のポイント還元を受けれます。

 

また、海外利用では3.0%還元となり、旅行保険も最大5,000万円の補償と手厚いので、特に海外で活躍するカードです。プラチナカードではありますが、コンシェルジュサービスなどはなく、特典をポイント還元に振り切っているのがわかります。

 

入会後3ヶ月間で40万円以上を利用すれば、4万ポイントがプレゼントされるため、年会費以上のポイントを得ることができます。また、毎年の利用額100万円ごとに、1万ポイントがプレゼントされる(最大4万ポイント)などボーナスポイントも充実しています。

年会費 33,000円 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 1.00%~10.00% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイント Vポイント 電子マネー -
マイル ANAマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay
お申し込みはこちら

JCBプラチナ

JCBプロパーのプラチナカード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

JCBプラチナは、JCBプロパーの高ステータスカードです。利用して実績を積めば、JCB最高峰のカードJCBザ・クラスのインビテーションが届く可能性があります。JCBザ・クラスを目指す人には必携のカードです。

 

プラチナカードですので、豪華特典が多数ついています。コンシェルジュサービスやプライオリティ・パス、最高補償額1億円の旅行保険などゴールドカードよりワンランク上のサービスを利用できます。

 

通常のポイント還元率は0.5%とJCB一般カードと同じです。ただし、JCBスターメンバーズやポイント優待店を利用して効率良くポイントを貯めることができますよ。

年会費 27,500円 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 0.50%〜1.50% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイント Oki Dokiポイント 電子マネー -
マイル ANAマイル、JALマイル、スカイマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay
お申し込みはこちら

↓JCB プラチナカードの詳細はこちら

プラチナカードのイチオシはこちら

JALカードnavi以外にも学生専用のカードがいっぱいありますよ。ここでは、還元率や特典がお得な3つのカードを紹介します!

学生向けカードの年会費と還元率の比較

学生向けカードの年会費と還元率を比較してみました。学生向けカードで悩んでいる方は参考にしてください。

 

学生向けカード比較
カード名 年会費(税込) 通常還元率 特約店還元率
JALカードnavi 無料 1.0%  2.0%
JCBカードW 無料 1.0% 5.5%
三井住友デビュープラス 条件付き無料 0.5% 3.0%
楽天カードアカデミー 無料 1.0% 5.0%

※カード名は略称

 

還元率で考えれば、JCBカードWや楽天カードアカデミーがお得です。ただ、旅行によく行く場合であれば、ポイント還元率以外の特典が充実しているJALカードnaviがおすすめです。

学生向けクレジットカードの人気おすすめランキング

JCB CARD W

39歳以下におすすめの年会費無料の高還元カード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

JCB CARD Wは39歳以下が発行可能な若い方向けのクレジットカードです。JCBは日本国内での需要が高いので、国内のカード利用で困ることは少ないでしょう。JCB一般カードと比較すると年会費が永年無料・ポイント還元が2倍というメリットがあります。

 

Oki Dokiポイントでの還元となり、貯まったポイントは各種ポイントや航空会社のマイルへの交換の他、キャッシュバックとして毎月のご利用金額からマイナスすることも可能です。

 

さらにAmazonとセブンイレブンの利用でポイントが3倍、スターバックスの利用でポイント10倍となっており、これらのお店をよく利用する方であれば非常にポイントが貯まりやすくなっています。

 

新規入会者向けにお得なキャンペーンを多数展開しており、2020年11月現在では還元率20%のキャンペーンも開催中です。

年会費 無料 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 1.00% 付帯保険 海外旅行、ショッピング
ポイント Oki Dokiポイント 電子マネー -
マイル ANAマイル、JALマイル、スカイマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay
お申し込みはこちら

↓JCBカード Wの詳細はこちら

三井住友カード デビュープラス(学生)

25歳までの若者向けカード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

三井住友カード デビュープラス(学生)は18歳〜25歳の学生限定のクレジットカードです。書いてある通り、三井住友カードデビュープラスの学生バージョンです。学生限定のため、審査基準は甘く発行しやすいです。

 

年会費は初年度が無条件で無料、次年度以降は年1回の利用で無料となるため実質年会費無料のクレジットカードといえるでしょう。ポイント還元率は三井住友カードと比べると2倍の1.0%であり、入会後3ヶ月は還元率が5倍の2.5%となるため、入会直後は破格の還元率です。

 

追加カードとしてETCカードと家族カードを発行可能です。また、最大補償額100万円のショッピング保険が付帯するため高額の買い物にも安心です。26歳以降のカード更新時に三井住友カードプライムゴールドへ切り替わるため、将来ゴールドカードを持ちたい方にとってはメリットの大きいカードです。

年会費 1,375円(初年度無料) ※ 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 1.00%〜3.00% 付帯保険 ショッピング
ポイント Vポイント 電子マネー iD(携帯型)
マイル ANAマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay
お申し込みはこちら

楽天カード アカデミー

学生限定の楽天カード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

楽天カードアカデミーは、18歳以上28歳以下の学生限定の楽天カードです。通常の楽天カードとの大きな違いはカードブランドと利用限度額です。カードブランドは、VISAかJCBを選択でき、MastercardやAMEXは選べません。利用限度額は学生ということもあり、最大30万円となっています。

 

また、楽天アカデミー独自の優待があり、楽天ブックスでポイント5倍や楽天トラベルでポイント3倍など、学生向けのサービスで還元率がアップします。利用限度額やカードブランドに不満がなければ、通常の楽天カードよりもこちらのカードの方が特典がついている分お得です。

 

また、学生専用カードなので家族カードは発行不可で、キャッシング枠もありません。学校を卒業したら、自動的に通常の楽天カードへと切り替わります。

年会費 無料 追加カード ETCカード
ポイント還元率 1.00%〜3.00% 付帯保険 海外旅行
ポイント 楽天ポイント 電子マネー 楽天Edy
マイル ANAマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay
お申し込みはこちら
学生カードのイチオシはこちら

SPGアメックスは、いろいろなマイルを貯めるのに便利ですが、貯めるマイルが決まっているなら、航空会社と提携しているカードの方がお得にマイルが貯まります!

マイラー向けカードの年会費とマイル還元率の比較

マイルが貯まるカードの年会費やマイル還元率を比較してみました。マイルを貯めるのはどのカードが良いか悩んでいる方は参考にしてください。

 

マイルが貯まるカード比較
カード名 年会費(税込) 貯まるマイル マイル還元率
SPGアメックス 34,100円 40社以上 1.25%
ANA ワイドゴールド 15,400円 ANAマイル      1.3% ※1
セゾンプラチナ・アメックス 22,000円  JALマイル 1.375%
JALカードクラブAゴールド 17,600円 JALマイル 1.0%

※カード名は略称 ※1 リボ払い設定時

 

純粋なマイル還元率だけで比べれば、セゾンプラチナ・アメックスが一番良いです。ただし、様々なマイルに交換できる柔軟性を考えたら、SPGアメックスが圧倒的に優れています。マイル交換以外の特典が豪華なのも魅力的ですね。

マイラー向けクレジットカードの人気おすすめランキング

ANA ワイドゴールドカード

ANAマイルが貯まるゴールドカード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ANA  ワイドゴールドカードはANAマイルが貯まりやすいゴールドカードです。通常のマイル還元率は1.0%ですが、リボ払いの設定をすることで還元率1.3%まで上昇します。また、ANA便の搭乗でマイルが貯まるだけでなく、入会&継続で2000ボーナスマイルがもらえるのも魅力です。

 

ゴールドカードなので、空港ラウンジの無料利用や専用のコールデスクといった特典がついています。また、旅行保険は国内、海外ともに最高補償額5,000万円と手厚いです。

 

年会費15,400円(税込)分の特典は十分ついており、ANAマイルを貯めつつ、ゴールドカードが欲しい方にはバランスの取れた良いカードです。

年会費 15,400円 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 1.00%〜2.00% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイント Vポイント 電子マネー iD、楽天Edy
マイル ANAマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay
お申し込みはこちら

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

JALマイルを貯めやすいプラチナカード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、JALマイルがお得に貯まるプラチナカードです。通常還元率は0.75%ですが、セゾンマイルクラブに登録すると1,000円につき10マイルが貯まる上、マイルとは別にセゾン永久不滅ポイントも2,000円で1ポイント貯まります。

 

また、ランク別に特典が付与されるセゾンクラッセで最高の星6ランクをキープすると、永久不滅ポイントが+2倍になります。もらう永久不滅ポイントを全てJALマイルに交換したとき、マイル還元率は1.375%の高還元です。

 

マイル以外でもプラチナカード特典が豊富で、プライオリティ・パスへの無料登録やコンシェルジュサービスなど魅力的な特典が充実しています。JALマイルを貯めつつ、プラチナカードの特典を受けたい方におすすめのカードです。

年会費 22,000円(税込) 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 0.75%〜1.00% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイント セゾン永久不滅ポイント 電子マネー iD・QUICPay
マイル ANAマイル、JALマイル スマホ決済 Apple Pay
お申し込みはこちら

↓セゾンプラチナ カードの詳細はこちら

JALカード CLUB-Aゴールドカード

ボーナスマイルが豊富のゴールドカード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

JALカード CLUB-AゴールドカードはJALマイルがお得に貯まるゴールドカードです。年会費は17,600円(税込、VISAもしくはMastercard選択時)と安くはありませんが、上手に使えば、効率よくマイルを貯められます。

 

特典としては、ショッピング利用時の還元率が2倍になるショッピングマイル・プレミアムに自動入会できるので、還元率は100円=1マイルの1.0%です。また、ゴールドカードなので、空港ラウンジの無料利用や手厚い旅行保険がついています。

 

このカードの最大のメリットは、JAL便の搭乗でボーナスマイルが付与されることでしょう。毎年初回の搭乗では2,000マイルがプレゼントされ、1回の搭乗ごとにフライトマイルが25%多く付与されます。乗れば乗るだけ効率良くマイルが貯まるので、JAL便に乗る機会が多い方におすすめです。

年会費 17,600円 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 1.00%〜2.00% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイント JALマイル 電子マネー -
マイル JALマイル スマホ決済
お申し込みはこちら

↓JALカード CLUB-Aの詳細はこちら

マイルが貯まるカードのイチオシはこちら

女性向け特典が充実しているカードはJCBカードW plus Lだけではありません!女性向け特典が手厚いカードを3つ紹介しますのでチェックしてみましょう!

女性向けカードの年会費と還元率の比較

女性向けカードの年会費と還元率を比較してみました。女性向けカードで悩んでいる方は参考にしてください。

 

女性向けカード比較
カード名 年会費(税込) 通常還元率 優待店還元率
JCBカードWプラスL 無料 1.0%  5.5%
三井住友アミティエ 1,375円 0.5% 2.5%
ライフカードステラ 1,375円 0.5% 3.0%
セゾンゴールド・アメックス 11,000円 0.75% 5.25%

※カード名は略称

 

通常還元率が1.0%と高く年会費無料のJCBカードplus Lが圧倒的にお得ですね。期間限定で20%還元キャンペーンも開催されていますよ。

女性向けクレジットカードの人気おすすめランキング

三井住友カード アミティエ

女性向けの三井住友カード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

三井住友カード アミティエは、年会費初年度無料のクレジットカードです。元々は女性専用カードだったため、女性向けの特典が充実しているのが特徴です。国内、海外とも旅行保険が付帯し、最高補償額は2,500万円と無料カードの中ではトップクラスを誇ります。

 

また、このカード独自の特典として、ケータイ料金の支払いはポイントが2倍になります。また、三井住友カードの特約店であるマクドナルドやローソンなどではポイントが5倍です。基本還元率は0.5%と高くないですが、これらの特典を使うことで効率的にポイントを貯めれます。

 

貯めたポイントは、利用代金へのキャッシュバックや他社ポイントへの交換、マイルへの交換など幅広い使い道があるので、ポイント消費にも困りません。

年会費 1,375円(初年度無料) ※ 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 0.50%〜2.50% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイント Vポイント 電子マネー iD
マイル ANAマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay
お申し込みはこちら

↓三井住友カード アミティエの詳細はこちら

ライフカード Stella

女性のためのライフカード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ライフカード Stellaは女性向け特典に優れたクレジットカードです。年会費は初年度が無料で次年度以降は1,375円(税込)の年会費が発生します。通常還元率は0.5%で、貯めたポイントの有効期限は5年間と長いです。

 

女性向け特典としては、乳がんなどの女性特有がんの検診クーポンがもらえ、女性の健康促進を応援しています。また、カードデザインも淡い紫色に花柄という女性を意識したデザインになっています。

 

誕生月にはポイントが3倍、海外利用分は3.0%キャッシュバック、国内と海外の旅行保険が付帯されるなどの特典も魅力的です。また、JCBの旅行優待もつくので、旅行好きの女性におすすめできるカードです。

年会費 1,375円(初年度無料) ※ 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 0.50%〜1.00% 付帯保険 海外旅行、国内旅行
ポイント LIFEサンクスポイント 電子マネー -
マイル ANAマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay
お申し込みはこちら

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

初年度年会費無料のゴールドカード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

セゾンゴールド・アメックスカードは、初年度年会費無料のカードです。ゴールドカードなので、空港ラウンジの無料利用や充実した旅行保険が付帯しています。また、年会費に11,000円を追加すれば、プライオリティ・パスのプレステージ会員資格が付帯します。

 

貯まるポイントはセゾン永久不滅ポイントで、有効期限が無期限なのが特徴です。貯めたポイントは、各種商品や他社ポイント、ギフト券へと交換ができるので使い道にも困りません。

 

女性に嬉しい特典もあり、エステサロン「エルセーヌ」や、ヨガスタジオ「スタジオ・ヨギー」で優待価格でサービスを受けれます。また、セゾンカード特典の西友やリヴィンでの5%OFF優待もついています。

年会費 11,000円(税込)(初年度無料) 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 0.75%〜1.00% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイント セゾン永久不滅ポイント 電子マネー -
マイル ANAマイル、JALマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay
お申し込みはこちら

↓セゾンゴールドカードの詳細はこちら

女性にイチオシのカードはこちら

初めて発行する時のおすすめクレジットカードはありますか?

初めてクレジットカードを発行する場合、「年会費無料」や「ポイント還元率の高い」カードを選ぶのがおすすめです。クレジットカードには、ゴールドカードのような年会費のかかってしまうカードもあります。

 

一般的に初めてクレジットカードを持つ場合、維持費のかからないカードかつ、ポイント還元率の高いカードを選ぶのがおすすめです。初めてのクレジットカードの場合、特典でお得に利用できるカードを選びましょう。

↓年会費無料のおすすめカード詳細はこちら↓

クレジットカードを持つメリットは?

現金決済中心の人に、クレジットカードをおすすめする理由は大きく3つあります。

 

①ポイント還元でお得に買物ができる

②現金を持ち歩く手間が減り、ATM手数料がかからない

③収支管理が簡単にできる

 

クレジットカードを利用することの主なメリットは、「ポイント還元を受けられること」です。クレジットカードを利用することで自動的に貯まる「ポイント」は、1ポイント=1円や、1ポイント=3〜5円など、各カード会社が定める還元率で現金やマイル交換、商品券のように利用することができます。

 

また、スマートフォンと連携(Apple Pay、Google Payなど)したり、QRコード決済サービス(PayPay、LINE Payなど)と紐付けられるようになったため、財布を持ち歩く必要がなくなりました。

 

クレジットカードを利用することで、すぐに利用明細がアプリなどから確認できるため、収支管理が簡素化されるのも便利な点です。

クレジットカードの作り方は?

クレジットカードを利用するまでには、以下のような流れになります。

 

①希望のカード会社の申込書に記入し、提出する
②申込書をもとにカード会社が審査を行う
③審査が通ると、クレジットカードが発行され、郵送される
④発行されたカードの受け取り、利用する

 

一般的に、インターネットからクレジットカードを申し込んでから一週間ほどで、上記の手順が終了し、利用できるようになります。また、カードによっては即日発行されるものもあるので、利用したいタイミングに合わせてカード選びをすることをおすすめします。

↓即日発行可能なクレジットカード詳細はこちら↓

クレジットカードが使える場所は?

クレジットカードが利用できるかどうかは、持っている国際ブランドカードの加盟店に当たるかにより決まります。「VISA」「JCB」「MasterCard」「アメリカン・エキスプレス」「ダイナース」は5大国際ブランドと言われています。

 

国際ブランドとは、クレジットカードの決済機能を提供している会社のことであり、世界中のお店=加盟店としてクレジットカードを使えるようにしています。そのため、日本で発行したクレジットカードであっても、世界中のお店で利用する事が可能なのです。

 

「VISA」や「Master」は加盟店が世界中にあり、使える機会が多いため便利です。日本国内やアジア圏、ハワイなどの観光地ではJCBも使えるお店やサービスが充実しています。

プロパーカードと提携カードとは?

国際ブランド各社が自ら発行するカードは「プロパーカード」と呼ばれています。プロパーカードは審査基準が少し高いことから、ステータス性で好まれることもあります。

 

JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナーズはそのようなプロパーカードを発行しており、特にアメリカン・エキスプレスの発行するプロパーカードは世界的に「ハイステータス」なクレジットカードとされています。

 

また、国際ブランド以外が各カード会社に決済機能を提供し、発行するカードは「提携カード」と呼ばれています。楽天が発行する「楽天カード」など、提携先会社の特典によりポイント還元の高いカードが多いことが特徴です。

↓国際ブランド別のカード一覧はこちら↓

クレジットカードの「利用限度額」は?

発行されたクレジットカードはそれぞれ、「このカードはいくらまで利用可能ですよ」という「利用限度額」が存在します。利用限度額はカード会社から一人ひとり設定されます。

 

限度額の設定はクレジットカード申込時の「審査」の過程で決定され、利用者やカードの種類によって異なります。年収やステータスが高い人の利用限度額は高く設定されますし、反対に学生や主婦など個人の収入が低い場合は10万円程度に留まることもあります。

 

ステータスの高いゴールドカードなどは、通常のカードよりも限度額が高く設定されることが多く、長期に渡って利用を行うことで自動的に限度額が増枠されることもあります。

クレジットカードは誰でも発行が可能?

クレジットカードは、誰でも発行できるわけではありません。クレジットカードは信用取引のため、申込み者に「返済能力があるか」を発行会社が見極めるため、「審査」の過程があります。

 

それでも、過度に心配する必要はありません。多くの人がクレジットカードを所有しているように、実際には安定収入(パートやアルバイトでもOK)があり、過去に携帯電話料金等の度重なる延滞、自己破綻といった「金融事故」がなければ一般的なカードは十分に発行が可能です。

 

一部、ゴールドカードやステータスカードのようなハイステータスのものなど、年収や勤続年収などの審査の基準が厳しく、ハードルの高いものも存在します。

↓審査の甘いクレジットカード一覧はこちら↓

クレジットカードの「ポイント」ってなに?

クレジットカードを利用する時のメリットの一つに、「ポイント」の存在があります。

クレジットカードは一般的に、そのカードの利用ごとに0.5%〜1%程度のポイントがもらえます。また、付与されるポイントはカードの種類によって異なります。

 

クレジットカード会社は、加盟店(私たちがクレジットカードを利用する店舗)から手数料をもらって利益を上げています。そのため、より多くクレジットカードを利用してもらえるように、発行会社によっては高ポイントの還元を提供しているクレジットカードもあります。

クレジットカードの使い方は?

クレジットカードが届いたら、「裏面に署名」することでカードを使えるようになります。

 

実店舗で利用する際には、決済の時にレジでカードをスワイプする」「ICチップ付きならリーダーに差し込む」「タッチする(Visaタッチなど)」ことで使用することができます。その場合、「サイン」または、「4桁の暗証番号の入力」を求められることが多いです。

ネットショップでは、クレジットカード番号とセキュリティコードを入力することで決済が可能です。

 

また、Apple Payやプリペイドカードに「チャージ」して使う方法もあります。この場合、チャージするアプリやスマホにクレジットカードを登録(紐付け)ることで使用が可能です。

クレジットカードとデビットカードの違いは?

クレジットカードとデビットカードは、一般的に「発行元」「支払いのタイミング」が異なります。

 

デビットカードは、三菱UFJ銀行、三井住友銀行などの金融機関が発行元になっています。

また、デビットカードでは登録されている銀行口座に入っている金額分までしか利用することができず、利用都度の即時出金となります。

 

一方、クレジットカードは後払い方式となり、限度額に応じて利用した金額分をまとめて決済されます。

基本的に月一回、登録銀行口座から利用金額分が自動的に引き落とされます。

クレジットカードには保険が付きますか?

クレジットカードにも、旅行傷害保険が付帯されていることがあります。

 

旅行や出張等で海外に行く際に、保険会社の旅行傷害保険に加入する方も多いと思いますが、クレジットカードにも同様の保険が適用される事が多く、万が一の場合にも安心です。

中でも「自動付帯」と呼ばれる「持っているだけで旅行傷害保険が適用される」というクレジットカードであれば、新たに保険に加入する必要なく、一定水準以上の補償を受けられます。

 

他にも「ショッピング保険」(クレジットカードで買った商品の事故破損を補償)「スマホ保険」(スマートフォンの故障を補償)など保険が付帯されているクレジットカードもあります。一般的には「ゴールドカード」以上のステータスが高いクレジットカードは付帯保険が充実していますが、中には年会費無料クレジットカードでも保険が付与されているものもあります。

 

万が一の場合にも、安心して利用できるクレジットカードを選んで利用しましょう。

海外旅行におすすめのクレジットカードはありますか?

海外旅行に行く際は、「旅行保険が充実している」「空港ラウンジが無料で使える」クレジットカードを持っていると非常に便利です。

 

旅行保険が自動付帯なら万が一のけがや病気も安心ですし、空港ラウンジが使えれば出国前の時間を有意義に使えます。海外旅行によく行くという方は、ぜひ上記内容の充実を軸に、クレジットカードを選んでみて下さい。

↓マイルが貯まる海外旅行にオススメのクレジットカード詳細はこちら↓

今回は、目的別におすすめのクレジットカードを紹介しました。紹介したクレジットカードはどれも魅力がありますが、選ぶ上で大事なことはクレジットカードに何を求めるかを決めておくことです。ポイントが多く欲しいのか、豪華な特典が欲しいのかなど、目的は人それぞれですので、自分自身がクレジットカードを持つ目的を考えて、自分に合った1枚をラビましょう。

TOPへ