サービス一覧
閉じる

【2021年度最新】VISAクレジットカードの人気おすすめランキング10選

クレジットカードには複数の国際ブランドがあります。この記事では中でも世界で広く使われているVISAについて紹介しています。こちらのランキングには、年会費無料や高還元率のもの、学生や女性におすすめなものまで様々あるので是非チェックしてください。

皆さんが持っているクレジットカードの国際ブランドは、何にしていますか?意識していなくても、財布の中にVISAブランドのカードが1枚は入っているのではないでしょうか。

 

VISAといえば、クレジットカードブランドの代表的存在。世界でも圧倒的なシェア率を誇ります。私たちにとってとても身近なVISAですが、具体的な特徴やメリットを知っている方は少ないのではないでしょうか。

 

本記事では、VISAの特徴やおすすめのVISAカードを解説しています。これから新しいクレジットカードを作る方は、ぜひ一度目を通してみてください。

国際ブランドの中でも非常に人気の高いVISAですが、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか。まずは、VISAのメリットを知っておきましょう。

世界シェアトップで広く使える

クレジットカードの国際ブランドはいくつもありますが、その中でもVISAのシェア率は56%。他のブランドを圧倒するトップシェアを誇っています。加盟店は、世界で5,000万店以上。会員数は20億人を超えるほど。誰もが1枚は持っておくべき国際ブランドです。

VISAタッチでかんたん決済

VISAタッチ決済はご存知でしょうか?VISAタッチ対応加盟店では、端末機械にVISAカードをタッチするだけで決済ができますサインや暗証番号は不要。スーパーやコンビニ、レストランなどで幅広く利用できます。今後はさらに加盟店が増えていくでしょう。

 

VISAタッチ加盟店を一部紹介します。

・イオン

・イトーヨーカドー

・セブンイレブン

・LAWSON

・餃子の王将

・マクドナルド

VISAブランドのクレジットカードは、数え切れないほど種類が多いです。そこで、VISAカードを選ぶときのポイントをお伝えします。自分の使い方に合ったカードを選びましょう。

 

ちなみに、visaはアメックスやjcbと異なり、プロパーカード(国際ブランド自身が発行しているカードのこと)を発行していません。全て提携カード(国際ブランドがカード発行会社と提携しているカードのこと)ですので、覚えておきましょう。

年会費無料で高還元率のカードを選ぶ

VISAブランドのカードには、年会費無料のものも多数あります。最近では、年会費無料でも還元率の高いカードが出てきており、非常に人気が高いです。コストがかからずお得にポイントが貯まるので、ぜひそのようなカードを選んでおきましょう。

年会費無料の高還元カードはこちら

よく行く店舗でお得なカードを選ぶ

VISAカードには、店舗での割引特典や加算ポイントを獲得できるものがあります。自分がよく利用する店舗で特典を受けられるカードを選ぶのがおすすめです。

トラベルサービスの充実さで選ぶ

旅行や出張の機会が多い方には、トラベルサービスが充実しているカードがおすすめです。旅行保険や空港ラウンジ、海外サポートなど、カードによって様々な機能が付帯しています。

サービスが充実!高ステータスなカードはこちら

Visa LINE Payクレジットカード

今だけ常時3%還元の最強還元カード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Visa LINE Payクレジットカード(通称LINEクレカ)は、還元率3%の超高還元カード。現在キャンペーンを実施しており、2021年4月30日までは還元率が常に3倍。キャンペーン終了後も、還元率1%と高還元です。

 

カードを利用して貯まったポイントは、豊富なLINEサービスで利用可能。コンビニやスーパー、公共料金の支払いなどにも便利な「LINE Pay」でも1ポイント1円として活用できます。

 

年会費は初年度無料。2年目以降は年会費1,375円ですが、年1回だけでも利用すると無料です。現在、LINEクレカへの新規入会・利用で1,000ポイントがもらえます。非常にお得なこの機会に、ぜひ申し込んでおきましょう。

年会費 1,375円(初年度無料) 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 3.00% 付帯保険 ショッピング
ポイント LINEポイント 電子マネー -
マイル - スマホ決済 Apple Pay、Google Pay

チャージ&ペイでも常時3%還元!

LINEクレカは、2021年4月30日まで還元率常時3%で利用できます。元々の還元率も1%と高還元ですが、期間中は3倍になるのでぜひ利用したいところ。場所を問わず還元率3%というのは、クレジットカード最高クラスの高還元です。

 

また、LINEクレカをLINE Payに登録することで、チャージの必要なくLINE Payを利用できる「チャージ&ペイ」という機能があります。チャージ&ペイも還元率3%の対象。スマホ決済でも、同じようにポイントが貯まるのは嬉しい特典です。

LINEポイントはLINEのサービスで使える

カードを利用して貯まったLINEポイントは、様々なLINEサービスに利用することができます。LINEは日常で便利なサービスがたくさんあり、使い道には困らないでしょう。ポイントを利用できる主なサービスは、以下の通りです。

 

・LINE Payでの支払い

・LINEスタンプの購入

・LINE STOREでの購入

・LINEモバイルの支払いに充当

・LINE MUSICで利用

・LINE証券で株や投資信託を購入

お申し込みはこちら

↓Visa LINE Payクレジットカードの詳細はこちら↓

楽天カード

楽天市場利用者は必携!

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

年会費無料のカードの中で断トツの人気を誇るのが、楽天カード。人気の秘訣は、常に還元率1%以上という高還元さにあります。また、常にお得な新規入会キャンペーンを開催しており、入会するだけで5,000〜10,000ポイントをもらえます。デメリットが非常に少ないクレジットカードと言えるでしょう。

 

楽天グループのサービスを利用している方は、楽天カードを持っておくべきです。楽天のサービスを利用すればするほど、還元率がアップするため。キャンペーンと組み合わせることで、還元率は最大44倍にもなります。

 

貯まった楽天ポイントの使い道も便利です。楽天サービスで利用できるのはもちろん、楽天カードの支払いに充てることも可能です。ポイントは、最後に獲得した時点から有効期限が1年間延びるため、実質無期限と言えます。

年会費 無料 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 1.00%〜3.00% 付帯保険 海外旅行
ポイント 楽天ポイント 電子マネー 楽天Edy
マイル ANAマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay

年会費無料で高還元

楽天カードは、年会費無料で高還元なクレジットカードの代名詞的存在。維持コストがかからないにもかかわらず、ポイント還元率は常に1%以上あります。頻繁にお得な新規入会キャンペーンもやっているため、入会するだけでもメリットのあるカードです。

お申し込みはこちら

↓楽天カードの詳細はこちら↓

リクルートカード

常時1.2%!トップクラスの高還元

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リクルートカードは、常にポイント還元率1.2%の高還元カード。クレジットカード界最高クラスの還元率を誇ります。しかも年会費は無料なので、誰でも手軽に発行しやすいカードと言えます。

 

基本還元率が高いリクルートカードですが、提携サービスと組み合わせることで、もっとお得になります。ホットペッパーやじゃらんなど、日常シーンで利用しやすいサービスが揃っていますので、非常に利便性が高いです。

 

カードを利用して貯まったポイントは、Pontaポイントに交換することも可能。Pontaポイントは多数の提携先があるため、利用可能な店舗が多いことが特徴です。コンビニやスーパー、レストランなど、普段よく使うお店で利用することができますよ。

年会費 無料 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 1.20%〜3.20% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイント リクルートポイント 電子マネー -
マイル - スマホ決済 Apple Pay、Google Pay
お申し込みはこちら

↓リクルートカードの詳細はこちら↓

dカード

ドコモユーザー必携のカード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

dカードは、ドコモが発行しているクレジットカードです。ドコモユーザーがお得になる特典がたくさん付帯していることが特徴。ドコモの通信料金が一部割引料金で利用できたり、ドコモで購入した携帯電話の補償がついたりと、ドコモユーザー必携の1枚です。

 

もちろん、ドコモユーザー以外の方にもメリットが多数あります。dカードを利用して貯まるポイントは、dポイント。非常に使い勝手が良く、様々な店舗で利用可能なポイントです。また、携帯料金の支払いに使うこともできます。

 

dカードのポイント還元率は1%。高還元なので、メインカードにもぴったり。さらに、dポイント特約店では、追加でポイントが貯まります。特約店には、レストランやガソリンスタンド、ネットショップなどが含まれており、様々なシーンでお得になります。

年会費 無料 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 1.00%〜4.50% 付帯保険 ショッピング
ポイント dポイント 電子マネー iD
マイル JALマイル スマホ決済 Apple Pay
お申し込みはこちら

↓dカードの詳細はこちら↓

エポスカード

無料でゴールドカード獲得できるVISAカード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エポスカードは、マルイでお得になるクレジットカード。年会費は無料。年4回あるマルイでのショッピング優待期間では、カード利用でショッピング代金が10%割引になります。マルイを利用する方は、持っておいて損はないでしょう。

 

即日発行にも対応しており、カードが発行されるとマルイで使える2,000円分のクーポン券がもらえます。すぐにカードを使いたい方にとっても便利です。

 

エポスカードを発行したら、目指したいのはゴールドカードへのアップグレード。通常は年会費5,000円のエポスゴールドカードですが、インビテーションを受けることで年会費は無料。年会費無料でゴールドカードを手に入れるチャンスです。

年会費 無料 追加カード ETCカード
ポイント還元率 0.50%〜1.25% 付帯保険 海外旅行
ポイント エポスポイント 電子マネー -
マイル ANAマイル、JALマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay
お申し込みはこちら

エポスゴールドカード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

通常のエポスカードに加え、さらなる特典が付帯したエポスゴールドカード。年会費は通常5,000円。しかし、エポスカードで利用実績を作り、インビテーションを受けると、年会費永年無料で利用できます

 

ポイントの有効期限は無期限。対象ショップの中から好きなショップを登録すると、カード利用時のポイントが最大3倍になります。また、年間の利用状況に応じて、最大10,000ポイントのボーナスポイントが付与されます。

 

旅行に便利なサービスも豊富。最高1,000万円の海外旅行保険が付帯しています。さらに、国内の主要空港やハワイ、韓国にある空港ラウンジを無料で利用可能。海外では、観光に役立つ情報や緊急時対応などを日本語でアドバイスしてもらえる「海外サポートデスク」も利用できます。

年会費 5,000円 追加カード ETCカード
ポイント還元率 0.50%〜1.25% 付帯保険 海外旅行
ポイント エポスポイント 電子マネー -
マイル ANAマイル、JALマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay
お申し込みはこちら

イオンカードセレクト

三位一体のクレジットカード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イオンカードセレクトは、イオン銀行と一体型になったイオンカード。カード入会と同時に、普通預金金利が高く、ATM手数料が無料のイオン銀行も利用できるようになります。イオンユーザー必携の1枚。

 

イオンカード従来の特典も付帯。毎月20日・30日のお客様感謝デーには、買い物が5%割引になります。その他、イオングループの利用で常にポイント2倍イオンシネマの映画料金が300円割引など、メリットの多いカードです。

 

利用状況次第では、無料でゴールドカードにアップグレードも可能。年会費無料でさらに充実したサービスを受けることができます。

年会費 無料 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 0.50%〜1.33% 付帯保険 ショッピング
ポイント ときめきポイント 電子マネー WAON
マイル JALマイル スマホ決済 Apple Pay
お申し込みはこちら

イオンカードゴールド

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イオンゴールドカードは、インビテーションが届いたら発行することができる上位版カード。イオンカードで年間100万円以上の利用実績が必要です。年会費は無料。従来のイオンカードよりも手厚い特典が付帯しています。

 

イオンゴールドカードの保有者は、国内主要空港のラウンジや、イオンラウンジを利用することができます。ラウンジでは座り心地の良い椅子でくつろいだり、無料Wi-Fiを使ったり、ドリンクサービスを受けたりすることが可能です。

 

さらに、最高5,000万円の海外旅行保険や、最高3,000万円の国内旅行保険が付帯。年会費無料のカードにもかかわらず、有料カード並みの高い補償額を誇っています。

年会費 無料 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 0.50%〜1.33% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイント ときめきポイント 電子マネー WAON
マイル JALマイル スマホ決済 Apple Pay
お申し込みはこちら

↓イオンカードセレクトの詳細はこちら↓

Yahoo! JAPANカード

ペイペイでの利用でもポイントが貯まる!

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Yahoo!ショッピングで利用すると、常に還元率3%のYahoo! JAPANカード(通称ヤフーカード)。Yahoo!ショッピングユーザー必携の1枚です。

 

ヤフーカードは、Tポイント加盟店で利用するとポイントを二重取りできます。カード決済で1%、カードの掲示で1%が貯まるため、他のクレジットカードより確実にお得になるでしょう。

 

ヤフーカードとPayPayを組み合わせると、もっとお得になります。PayPayにヤフーカードを登録して決済すると、還元率は0.5%〜1.5%。PayPayを利用している方は、ぜひ設定しておきましょう。

年会費 無料 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 1.00%〜3.00% 付帯保険 ショッピング
ポイント Tポイント 電子マネー -
マイル ANAマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay
お申し込みはこちら

↓ヤフーカードの詳細はこちら↓

楽天プレミアムカード

1万円で世界中のラウンジが使い放題

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

楽天プレミアムカードは、楽天カードの上位版カード。年会費11,000円と少し高額に感じますが、それだけの利用価値があるカードです。楽天市場でのポイント倍率は、常に5倍。誕生月には、6倍のポイント倍率になります。

 

楽天プレミアムカード最大のメリットは、世界各地にある1,300ヶ所以上の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」が付帯していること。しかも利用回数に制限なく、無料で何回でも利用可能。他のクレジットカードと比較しても、かなり安い年会費でプライオリティ・パスを手に入れることができます。

 

さらに、保険も充実しています。最高5,000万円の海外・国内旅行保険が付帯。また、最高300万円のショッピング保険も付帯しています。年会費と比較しても補償が充実しており、コスパの良いカードと言えるでしょう。

年会費 11,000円 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 1.00%〜5.00% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイント 楽天ポイント 電子マネー 楽天Edy
マイル ANAマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay

プライオリティ・パスを最安値でゲットできる

楽天プレミアムカード最大のメリットは、世界各地1,300ヶ所以上の空港ラウンジを無料で利用できる「プライオリティ・パス」が付帯していること。プライオリティ・パスのグレードは最上級。無制限で利用することができます

 

他にもプライオリティ・パスを使えるクレジットカードはありますが、一番年会費の安いカードが楽天プレミアムカードです。コスパ良く空港ラウンジを利用したい方にとっては、必携の1枚と言えます。

 

同じグレードのプライオリティ・パスを発行できるクレジットカードの比較は、こちらです。他のカードに比べて、圧倒的に年会費が安いことがわかります。

カード名 年会費
楽天プレミアムカード 11,000円
セゾンプラチナアメックス  22,000円
エポスプラチナカード 30,000円
ダイナースクラブ プレミアムカード 143,000円

楽天市場の利用でポイントがたくさん貯まる

楽天プレミアムカードは、通常の楽天カードよりもポイントが貯まりやすいです。頻繁に楽天市場を利用する方は、年会費以上に元を取れる場合も。以下の表では、通常の楽天カードとのポイント倍率を比較しています。

 

【楽天市場利用時のポイント倍率】

  楽天プレミアムカード 楽天カード
基本ポイント倍率 ポイント5倍 ポイント3倍
誕生月のポイント倍率 ポイント6倍 ポイント3倍

 

お申し込みはこちら

三井住友カード プラチナプリファード

プラチナステータスの高還元カード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

三井住友カード プラチナプリファード(通称プラチナプリファード)は、ポイントの還元に特化したプラチナカード2020年9月1日に誕生しました。無駄なサービスは省き、高い還元率を実現させています。

 

プラチナプリファードの基本還元率は1%です。特約店でカード決済をすると、基本還元率に1〜9%ポイントが加算。さらに、毎年の利用状況に応じて最大40,000ポイントのボーナスが付与されます。

 

プラチナプリファードは、驚異的にお得な入会特典を用意しています。新規入会後、40万円以上をカード決済すると、40,000ポイントが付与されます。これだけでも年会費を上回る還元です。

年会費 33,000円 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 1.00%~10.00% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイント Vポイント 電子マネー -
マイル ANAマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay
お申し込みはこちら

↓三井住友カードプラチナプリファードの詳細はこちら↓

dカード GOLD

ドコモ利用者なら年会費実質無料!

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

dカードGOLDは、ドコモが発行するdカードの上位版。dカードよりも付帯サービスが豊富で、より安心できるカードです。現在、カードの新規入会・利用で最大13,000ポイントがもらえるキャンペーンを実施中。年会費以上のポイントがもらえるお得な機会です。

 

dカードGOLDは、ドコモ料金の支払いに対して10%の還元があります。毎月のドコモ利用料金が10,000円以上の方は、年会費以上のポイントを獲得可能。ドコモユーザーは、実質年会費無料になると言っても過言ではありません。

 

「ケータイ補償」が充実しているのも嬉しい特典です。携帯端末を購入してから3年間、最大10万円までを補償。携帯電話を紛失したり、全損したりしてしまった場合、新しい端末料金をキャッシュバックしてもらえます。

年会費 11,000円 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 1.00%〜10.00% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイント dポイント 電子マネー iD
マイル JALマイル スマホ決済 Apple Pay
お申し込みはこちら

↓dカードGOLDの詳細はこちら↓

ここではVISAのクレジットカードに関するQ&Aを紹介いたします。

学生におすすめなVISAのクレカは?

VISAブランドのクレジットカードには学生でも発行できるカードがたくさんあります。学生の場合、年収があまり高くなかったり、職歴がほとんどない方が多いと思います。そのため、年会費の負担がなく審査も簡単なVISAカードを選ぶのがおすすめです。

 

更に、ポイントを効率よく貯めるためには還元率の高さも重要です。以上の点を踏まえると、VISA LINE Payクレジットカードが特におすすめです。基本還元率は1%と高いうえ、2021年4月30日まではなんと還元率が3%にアップします。

 

一度でも利用すれば年会費は無料になるので、負担はほとんどありません。これから初めてVISAのクレカを作る学生の方にとっては、なるべく早めに持っておきたいカードといえるでしょう。

女性におすすめなVISAのクレカは?

VISAのクレカは旅行やショッピングなど幅広い場面で利用できるので、女性にも非常に人気があり、女性向けのサービスを提供しているクレカもたくさんあります。

 

その中でも特におすすめなのは、エポスカードと楽天カードです。エポスカードと楽天カードは優待サービスが非常に充実しており、自分に合ったサービスを見つけやすいです。どちらも年会費無料なので持っておいても損はありません。

 

また、楽天カードの発行を考えている方は楽天PINKカードもおすすめです。楽天カードと同様のサービスが受けられるだけでなく、女性専用保険に加入できたりと、さらに便利なサービスが付帯しています。

 

楽天PINKカードの詳細はこちら↓

VISAとJCB・Mastercardとの違いは?

JCBとMastercardもVISAと同様に人気がありますが、その中でもVISAの魅力は加盟店の多さにあります。VISAのシェア率は56%と、他のブランドよりも圧倒的に高いシェアを誇ります。そのため、国内外問わず様々な場所やサービスで利用できるのがVISAの最大の特徴です。

 

もちろんJCBやMastercardならではの魅力もあります。JCBは日本のブランドということもあり日本人向けのサポート体制やサービスが充実しており、MastercardはApple Payで唯一利用できるといった特徴があります。

 

どのブランドにも良さがあるので、それぞれのメリットを確認したうえで自分に合ったブランドを選ぶようにしましょう。また、クレカは何枚でも持つことができるので、ブランドごとにカードを持っておくのもおすすめです。

世界トップシェアの国際ブランド「VISA」の特徴と、おすすめのVISAカードを紹介しました。VISAは世界中で利用できる便利な国際ブランドで、カードによって様々な特典が付帯しています。ぜひこの機会にVISAカードを作ってみてはいかがでしょうか。

TOPへ