360度カメラの人気おすすめランキング15選【使い方や仕組みも紹介】

記事ID9076のサムネイル画像

あらゆる方向を撮影できる360度カメラ。映える面白い画像や動画を撮影でき、全方位を監視するドラレコ、バイクのツーリング撮影にも最適。リコーやGoProなどから発売されています。今回は話題の360度カメラの人気おすすめランキング15選と選び方をご紹介します。

360度カメラで全方位撮影を楽しもう!

VRと共に話題に挙がる360度カメラ。実際にどんなシーンで撮影すれば良いのか分からないですよね。旅行やイベントでの思い出、スポーツでの動き、バイクのツーリング動画、ドラレコなど、様々なシーンと用途で360度カメラは活躍します。

 

超広角レンズや複数台のレンズの仕組みによって、360度カメラでは全方位を撮影することができ、パノラマ写真やVR動画など、臨場感あふれる多彩な映像を作れます。使い方も簡単でレンタルもあるので、意外と気軽に試すことが可能なんですよ。

 

リコーのTHETA(シータ)やGoProなどが有名ですが、他にもどんな製品があるのか比較したいですよね。そこで今回は、360度カメラの人気おすすめランキング15選をご紹介していきます。ランキングは、操作性・機能性・画質などを基準にして選びました。

360度カメラの人気おすすめランキング15選

15位

LG

360度カメラ LG-R105 International Version

価格:10,235円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブルな価格が魅力の360度カメラ

LGの「360度カメラ LG-R105 International Version」は、リーズナブルな価格で購入することができる360度カメラで、綺麗なVR映像や360度の映像を撮影できます。

 

ワンクリックするだけで、360度または180度の画像や動画を撮影可能。また、専用アプリで撮影した画像を簡単にシェア・加工編集することができ、おすすめ!

重量記載なし内蔵メモリ0GB
タイプ全天球機能デュアルワイドアングル、2Kビデオサポート

口コミを紹介

手軽に360度記録できます。価格の割には良いと思います。二個の撮像素子とレンズで天球写真を撮るのですからこんなもんでしょう。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

Shenzhen Wave

360度全天球カメラ

価格:10,299円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

type-C対応スマホに挿すだけでOKの360度カメラ

スマホに挿すだけで簡単に撮影することができるのが、Shenzhen Waveが販売している「360度全天球カメラ」という製品です。

 

動画は1080p/30fps・720p/60fps、写真は3040×1520の解像度で撮影できます。高品質の超広角・魚眼レンズを2つ搭載されている、おすすめの360度カメラです。

重量記載なし内蔵メモリ0GB
タイプ全天球機能VRビューアー、F2.4のレンズ搭載

口コミを紹介

本体自体は問題なく使えます。また、360度の写真を撮って、画面は綺麗です。特に、軽くて、旅行用最高です。
これからも大切に使います。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

Insta360

ONE X 360度カメラ

価格:52,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

美しい画質でブレない映像を撮影できる360度カメラ

Insta360が販売している「ONE X 360度カメラ」は、 手ブレ補正機能「FlowState」搭載が搭載されているので、どんなシーンでもブレずに滑らかな動画を撮影できます。

 

 5.7K動画と1800万画素数写真を撮影することができ、どちらも圧巻されるほど美しい画質を誇っていますよ。高画質かつ高品質なモデルを選びたい方におすすめ!

重量90.9g内蔵メモリmicroSDXCが必要
タイプ記載なし機能手ブレ補正、ドリフトショット

口コミを紹介

タイムシフトによって、より動画がクリエイティブになります。すごく楽しいです。ただ観光地で撮りながら歩くだけでもいい動画が撮れます。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

GoPro

FUSION CHDHZ-103-FW

価格:29,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安定化機能と5.2K画質

最高に滑らかな安定化機能と5.2K画質を備えている、GoProの「FUSION CHDHZ-103-FW」も、おすすめの360度カメラです。

 

360度のカメラやビデオを撮影できるのはもちろん、全ての周囲の景色を撮影して、後からベストショットのみを選ぶこともでき、とってもおすすめです。

重量939g内蔵メモリ記載なし
タイプ半球機能手振れ補正、VR映像で再生

口コミを紹介

360度で撮影して、ステッチング(前後の動画の張り合わせ)時にスタビライザーをオンして編集しますと、強力な手振れ補正が効きます。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

カーメイト(CARMATE)

ドライブレコーダー 360度カメラ DC5000

価格:53,964円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

駐車監視機能・デュアルレック機能が搭載されたドライブレコーダー

カーメイトが販売している「ドライブレコーダー 360度カメラ DC5000」は、前方だけではなく、側方や後方、運転手の状況なども記録しておきたいドライバーにおすすめ。

 

カメラ本体に無線LANが搭載されており、撮影した映像をスマホで確認することができます。駐車監視機能付きなので、衝撃を感知したら自動で前後を録画してくれますよ!

重量記載なし内蔵メモリSDカードが必要
タイプ全天周機能裏面照射型CMOSセンサー、デュアルレック機能

口コミを紹介

きれいに360映るし、前面の画像もいい、安心感も増大。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

KRAVAS

360°VIEW 360度カメラレンズ

価格:4,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

価格も見た目もコンパクトな360度カメラレンズ

iPhoneにのせて被せるだけで簡単に装着ができる、KRAVASが販売している「360°VIEW 360度カメラレンズ」なら、ワンショットで全方位360度が撮影可能。

 

電池要らずで、69gの軽量かつコンパクトなので、イベントや旅行先でも付属されているポーチに入れて持ち運びできますよ!お値段もとっても安くておすすめです。

重量69g内蔵メモリ記載なし
タイプ半球タイプ機能ワンタップ360度撮影

口コミを紹介

娘の修学旅行で大活躍した‼️
写真もしっかり360度。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

カーメイト(CARMATE)

ドライブレコーダー DC3000

価格:33,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

煽り運転や幅寄せなどをしっかり記録する!

カーメイトの「ドライブレコーダー DC3000」は、360度全方位監視できるドラレコであり、超広角のSONY製センサーを搭載して、4K相当の画質で記録できるのが特徴です。

 

360度の魚眼レンズで車外も車内もしっかり綺麗に撮影してくれますよ!2017年の「GOOD DESIGN AWARD」にも選ばれている人気商品で、おすすめです。

重量記載なし内蔵メモリ記載なし
タイプ全天周機能3軸Gセンサー内蔵、WDR機能搭載

口コミを紹介

取り付けも簡単で、取り外し可能なので、持ち出して気軽に360度撮影が可能なので良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

Richgv

360°全方位パノラマカメラ

価格:2,178円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

iPhoneで不思議な360度全方位の映像が撮れる!

臨場感あふれる360度撮影やパノラマ撮影がiPhoneで実現させてくれるのが、Richgvが販売している「360°全方位パノラマカメラ」という製品です。

 

安い価格で購入できる魅力的なおすすめのアイテムであり、360度画像を1周りして、周囲の世界が1枚に引き込まれるような不思議でユニークな写真や動画を撮影できますよ!

重量記載なし内蔵メモリiPhone
タイプ全方位機能アプリ連携機能

口コミを紹介

調べてみて高さに断念していた所こちらを見つけ、値段も安いので失敗してもいいか!と軽い気持ちで購入したのですが、届いて使ってみると大満足!!

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

DIGI+

360°全天球カメラ DGP-OCM01

価格:14,056円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小型・軽量ボディの全天球360度カメラ

DIGI+が販売している「360°全天球カメラ DGP-OCM01」は、前後に搭載された視野角210°広角レンズで、360度のパノラマの動画や写真を撮影することができます。

 

小型・軽量ボディなので、長時間カメラを持っていても疲れにくいのも特徴。撮影中に重さを感じさせずに、快適に360度パノラマ撮影を楽しむことができ、おすすめです。

重量83g内蔵メモリmicroSDが必要
タイプ全天球機能パノラマ表示モード5種類に切り替え可能

口コミを紹介

初めて360度全天球カメラを購入致しました。
スマホとの連携もスムーズで、欲しかった機能をリーズナブルな価格で購入でき、大変満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

Insta360

GO 360度カメラ

価格:23,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ジンバルが不要になるほど手振れ補正機能が優秀!

ジンバル要らずで、驚くほど滑らかな360度映像を撮影できるのが、Insta360が販売している「GO 360度カメラ」です。

 

たった20グラムボディでブレない瞬間を記録できるので、おすすめです。ハローキティとコラボした限定モデルも販売されているので、気になる方はチェックしてみてください。

重量約20g内蔵メモリ記載なし
タイプ記載なし機能FlowState手ブレ補正、ハイパーラプス

口コミを紹介

今までは全部携帯で撮影していたが、
もうこれが楽しくてどんどん撮っちゃう!

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

RICOH

RICOH THETA SC2 10801

価格:33,120円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

いつでもどこでも360度の世界を楽しむ!

リコーが販売している「RICOH THETA SC2 10801」は、Bluetoothにも対応しているので、Wi-Fi接続しなくてもスマホで撮影操作をすることができる、おすすめのモデル。

 

活用シーンは幅広く、いつでもどこでも360度の撮影を楽しめるので、手放せなくなるはずです。カラーも5種類用意されており、好きな色から選ぶことができますよ!

重量約104g内蔵メモリ14GB
タイプ全天球機能Bluetooth機能、Wi-Fi機能

口コミを紹介

軽いし、扱いは簡単なので、誰でもすぐに使えると思います

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

エレコム

360度カメラ OCAM-VRW01BK

価格:18,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4つの撮影モードと4つのビューモードが楽しめる!

4つの撮影モードと4つのビューモードが楽しめる、エレコムが販売している「360度カメラ OCAM-VRW01BK」も、おすすめの360度カメラです。

 

2000万画素COMSセンサー2基を搭載し、美しい360度画像を撮影・記録できるだけでなく、生活防水にも対応しているのが特徴。

重量約76g内蔵メモリmicroSDHC(最大32GB)
タイプ半球タイプ機能生活防水性能(IPX4)

口コミを紹介

以前から360度カメラが欲しくて9000円以下だったので購入。この値段でこの画像が撮れれば満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

リコー

RICOH THETA S 910720

価格:25,569円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイスペックな「RICOH THETA」

リコーが販売している「RICOH THETA S 910720」は、ベストセラーの360度カメラ「THETA」シリーズのハイスペックモデル

 

静止画で約1400万画素に相当する高画質な全天球撮影を実現しており、大容量データの高速転送を可能にしていますよ!スマホアプリでライブビュー撮影・リモート撮影も可能。

重量121g内蔵メモリ19GB
タイプ全天球機能水中ハウジング対応、リモート再生

口コミを紹介

日頃からカメラは持ち歩いて、行った所、こどもの様子など写真を撮るようにしています。
このカメラを手に入れてからは、コンデジ+THETA Vと2台持ちです

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

GoPro

GoPro MAX

価格:59,363円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3つのカメラのが1つになった360度アクションカメラ「GoPro MAX」

3つのカメラが1つになっているGoProの「GoPro MAX」なら、定番のHEROシリーズと同等の撮影も、魔法のような360度の撮影も楽しむことができます。

 

強固な安定化機能と、革新的な水平維持機構により、映画のように滑らかで繊細な映像を残すことができますよ。2019年10月に発売された最新モデルであり、とってもおすすめ!

重量154g内蔵メモリmicroSDカードが必要
タイプ全天球機能安定化機能、水平維持機構

口コミを紹介

スマホとの有線接続はできませんが、無線での編集、保存はそれなりに高速です(ios版)。オーバーキャプチャー編集も容易に作成できます。写真、動画ともに発色良くメリハリのある絵が撮れ、満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

リコー

360度カメラ RICOH THETA 910740

価格:20,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

360度カメラのパイオニア「RICOH THETA」

今回の360度カメラの人気おすすめランキング15選で、見事1位に輝いたのは、リコーが販売している「360度カメラ RICOH THETA 910740」です。

 

360度の全天球イメージを撮影できる「THETA (シータ)」シリーズのスタンダードモデルであり、高画質かつ高精度の繋ぎ処理で、自然で綺麗な360度の静止画と動画を撮影することができますよ。

 

iOSやAndroidに対応しているので、ほとんどのスマホでアプリを使って連携して、SNSにシェアしたり撮影した映像を取り込んだりできます。ぜひ皆さんも、リコーのシータで360度の想像以上に楽しい撮影を楽しみましょう!

重量102g内蔵メモリ8GB
タイプ全天球機能クイックレスポンス、iOS、Androidに対応

口コミを紹介

全方向をワンショットで記録でき、後からその場の色々な方向を眺め回すことができます。その場の雰囲気を丸ごと記録すると言えば良いでしょうか。

出典:https://www.amazon.co.jp

360度カメラの選び方

360度カメラの人気おすすめランキングはいかがだったでしょうか。ここからは、360度カメラを選ぶうえでのポイントをいくつか解説していきます。ぜひ参考にしていただき、用途や目的に最適な製品を選んでくださいね。

タイプで選ぶ

360度カメラを購入する上で、まず初めに選ばなくてはならないのが、全天球タイプと半球タイプの2種類、どちらにするかということです。それぞれの特徴を理解して、最適なカメラを選んでくださいね。

全方位を撮影できる「全天球タイプ」

全天球タイプの360度カメラでは、超広角のレンズを2基搭載して、1台のレンズが反面をカバーして、2台のレンズが撮影した映像を合成する」ことで、360度(天から地まで)を撮影できる仕組みになっています。

 

全方向をカバーして写真や動画を撮影するため、撮影者や三脚といったモノも被写体」として写りこんでしまいます。また、2つの映像を縫い合わせる加工を自動で行った場合、不自然になりやすく動画のクオリティが落ちてしまうというデメリットもあります。

レンズ1基のみの「半球タイプ」

半球タイプは、「レンズが1基のみの360度カメラ」です。1基のみなので、360度(全方位)の動画や写真を1度に撮影することができず、カメラおよびレンズを2基使用して撮影した2つの映像を、後からパソコンなどで繋ぎ合わせる加工が必要になります。

 

必ずしも2台用意しなくてはいけないというわけではなく、繋ぎ目を合成加工することなく、自然な静止画や動画を楽しむ」ことができます。また、下方向は撮影されないため、撮影者の足や三脚が写りこむことはありません。

性能を比較して選ぶ

360度カメラを選ぶときは、デジタルカメラとしての性能を比較して選びましょう。特に、画質に影響する「画素数」と撮影時間や撮影容量に関わる「ストレージ」は要チェック。

「画素数をチェック」して選ぼう

画素数が高いほど鮮明で綺麗な画像・動画として撮影することができ、フルHDでも十分な画質ですが、より美しい画質を求めるのであれば「4K撮影に対応している360度カメラ」がおすすめ。

 

4K映像になると「画素数は3840×2160」で、約800万画素になり、静止画としても十分なスペックと言えるでしょう。

 

ただし高画質・高解像度・高画素の360度カメラになると、処理が重くなったり、熱暴走を越してしまったりする場合もあり、長時間の撮影にはあまり向いていません。

「ストレージをチェック」して選ぼう

360度カメラには、取り外し不可の内蔵ストレージのモデル」と、「別売りのSDカードを挿入するモデル」があります。

 

内蔵ストレージタイプは、購入して(届いて)すぐに撮影して使用したいという方におすすめ。ただし、容量がいっぱいになったら、PCなどにデータを移行して”空き”を作らないと撮影できなくなります。

 

SDカードを使用するタイプは、長い動画を撮影するとき、大量の写真を撮影したい場合におすすめ。どんなSDカードでもOKというわけではなく、360度カメラのモデルに、ファイル容量やスピードクラスが対応していなくはなりません。

「耐久性・防塵防水性能」をチェックして選ぶ

アウトドアシーンで、スポーツやアクティビティを360度カメラで撮影したいのであれば、「耐久性や防塵防水性能に優れたモデル」を選びましょう。

 

粉塵や砂が舞っているような野外や現場では防塵性能、海やプールといった水しぶきが舞うロケーションでは防水性能が必要になってきます。

 

カメラ本体には耐久性や耐環境性能が備わっていなくても、「オプションやアクセサリーを装着」することで、過酷な環境でも適応できるようになる場合もあります。

車に取り付ける「360度ドライブレコーダー」もおすすめ!

事故や万が一の時のために設置するドラレコの中にも360度撮影できる製品もあり、360度全方位を監視してくれるので、確実に証拠を残すことができます。

 

360度のドラレコを選ぶなら、取り付けがしやすいものや、駐車しているときも撮影してくれる駐車監視機能付きの製品がおすすめ。

 

従来のドラレコは前方のみでしたが、これからは全方位を監視・撮影できる「360度のドラレコを車に取り付けて」、万が一の事故やトラブルに備えましょう!

「バイクやツーリングに最適な360度カメラ」を選ぶ

360度カメラをバイクに取り付けて、全ての景色から見るツーリングの様子を撮影できるのも、360度カメラが話題を呼んでいる理由の1つ。

 

ツーリング動画やバイクに取り付けるのに、最適な360度カメラの特徴は、「操作が簡単で遠隔操作が可能なもの、防塵防水性能を備えたもの、手ブレ補正機能に優れたもの」などです。

 

バイクに360度カメラを取り付けるなら、別途「マウント」も必要になってきます。また、バイクの装着場所はハンドルやタンクがおすすめですので、参考にしてみてください。

「スマホ(アプリ)との連携機能」をチェックして選ぶ

360度カメラの中には、スマホの専用アプリが利用できる製品」もあります。専用アプリをダウンロードしてあげれば、撮影したパノラマ画像やVR動画をスマホの画面で確認することができますし、スマホでの撮影操作ができたりします。

 

また、専用アプリの多くは、撮影した画像や動画を簡易的に編集・加工することができます。TwitterやInstagramといったSNSへの投稿機能が使えるなら、すぐに旅行先やイベントで撮影した”映える”写真や動画をシェアできますよ!

 

スマホの専用アプリと連携できる360度カメラを購入しようと思っているなら、お使いのスマホが対応機種かどうかチェック」しておきましょう!

おすすめメーカーから選ぶ

360度カメラを購入するのであれば、どのメーカーから選べばよいのか分かりませんよね。ここでは、360度カメラを取り合う、リコー(RICHO)とGoPrp(ゴープロ)の2社をご紹介していきます。

「リコー(RICHO)のシータ(THETA)」は定番の商品!

360度カメラと言えば、リコー(RICHO)のシータ(THETA)と言うくらい、「360度カメラブームの火付け役やパイオニア」として知られています。

 

リコーの「シータ(THETA)」は2013年から発売され、新旧含めると充実したラインナップが揃っています。動画だけではなく静止画も”強い”のが特徴。

 

また、リコーでは、20000円前後で購入できる初心者や一般人向けのモデルから、プロやクリエイター向けの大型センサー搭載の高画質モデルまでを販売しています。

圧倒的にブレないアクションカメラ「GoPro(ゴープロ)」

アクションカメラで有名なGoPro(ゴープロ)は、アメリカのカルフォルニアで設立したブランドであり、小型軽量・防塵防水が特徴で、「アウトドアシーンでのアクティビティ撮影に最適」なモデルを取り扱っています。

 

GoPro(ゴープロ)の360度カメラは、通常のアクションカメラと同様に、優れた耐久性と動画撮影に特化した機能性を備えています。専用のアクセサリーも豊富」なので、多彩なジャンル、様々なシーンで活躍してくれるはず。

360度カメラの仕組みと使い方

全方位撮影を実現してくれる、360度カメラ、VRカメラ、全方位カメラの仕組みや使い方が気になる方のために、ここからは、360度カメラの仕組みと使い方を、簡単に解説していきます!

仕組み

360度カメラの仕組みはモデルによって変わってきますが、一般的には前後に搭載された「2つの超広角レンズによって撮影された、2つの画像や動画を繋ぎ合わせる」ことによって、360度全方位の映像が完成します。

 

2つの超広角の画像を繋ぎ合わせる作業を「ステッチング」と呼びますが、最近では自動で演算処理してくれるモデルが主流になっているので、パソコン要らずで簡単に美しい全方位映像を撮影できますよ。

使い方

360度カメラの使い方は、モデルによって異なりますが、基本的にはほとんど変わらず簡単なものが多いです。専用アプリがあれば、撮影操作やデータの転送、SNSのシェアまでをスマホで完結することができますよ。

 

スマホとの接続にはWi-Fiを利用するモデルが多いですが、一部のモデルではBluetoothで接続することもできます。

 

良い360度の映像を撮るコツとしては、カメラを垂直に構える・空間の中央で撮影・被写体との距離感を調整などが挙げられます。準備、撮影、編集、シェアなど、360度の使い方をぜひマスターしてくださいね。

360度カメラのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5409167の画像

    リコー

  • 2
    アイテムID:5409292の画像

    GoPro

  • 3
    アイテムID:5409324の画像

    リコー

  • 4
    アイテムID:5409391の画像

    エレコム

  • 5
    アイテムID:5409554の画像

    RICOH

  • 6
    アイテムID:5409570の画像

    Insta360

  • 7
    アイテムID:5409592の画像

    DIGI+

  • 8
    アイテムID:5409614の画像

    Richgv

  • 9
    アイテムID:5411483の画像

    カーメイト(CARMATE)

  • 10
    アイテムID:5411497の画像

    KRAVAS

  • 11
    アイテムID:5411507の画像

    カーメイト(CARMATE)

  • 12
    アイテムID:5411520の画像

    GoPro

  • 13
    アイテムID:5411525の画像

    Insta360

  • 14
    アイテムID:5411531の画像

    Shenzhen Wave

  • 15
    アイテムID:5411536の画像

    LG

  • 商品名
  • 360度カメラ RICOH THETA 910740
  • GoPro MAX
  • RICOH THETA S 910720
  • 360度カメラ OCAM-VRW01BK
  • RICOH THETA SC2 10801
  • GO 360度カメラ
  • 360°全天球カメラ DGP-OCM01
  • 360°全方位パノラマカメラ
  • ドライブレコーダー DC3000
  • 360°VIEW 360度カメラレンズ
  • ドライブレコーダー 360度カメラ DC5000
  • FUSION CHDHZ-103-FW
  • ONE X 360度カメラ
  • 360度全天球カメラ
  • 360度カメラ LG-R105 International Version
  • 特徴
  • 360度カメラのパイオニア「RICOH THETA」
  • 3つのカメラのが1つになった360度アクションカメラ「GoPro MAX」
  • ハイスペックな「RICOH THETA」
  • 4つの撮影モードと4つのビューモードが楽しめる!
  • いつでもどこでも360度の世界を楽しむ!
  • ジンバルが不要になるほど手振れ補正機能が優秀!
  • 小型・軽量ボディの全天球360度カメラ
  • iPhoneで不思議な360度全方位の映像が撮れる!
  • 煽り運転や幅寄せなどをしっかり記録する!
  • 価格も見た目もコンパクトな360度カメラレンズ
  • 駐車監視機能・デュアルレック機能が搭載されたドライブレコーダー
  • 安定化機能と5.2K画質
  • 美しい画質でブレない映像を撮影できる360度カメラ
  • type-C対応スマホに挿すだけでOKの360度カメラ
  • リーズナブルな価格が魅力の360度カメラ
  • 価格
  • 20700円(税込)
  • 59363円(税込)
  • 25569円(税込)
  • 18200円(税込)
  • 33120円(税込)
  • 23800円(税込)
  • 14056円(税込)
  • 2178円(税込)
  • 33400円(税込)
  • 4300円(税込)
  • 53964円(税込)
  • 29800円(税込)
  • 52300円(税込)
  • 10299円(税込)
  • 10235円(税込)
  • 重量
  • 102g
  • 154g
  • 121g
  • 約76g
  • 約104g
  • 約20g
  • 83g
  • 記載なし
  • 記載なし
  • 69g
  • 記載なし
  • 939g
  • 90.9g
  • 記載なし
  • 記載なし
  • 内蔵メモリ
  • 8GB
  • microSDカードが必要
  • 19GB
  • microSDHC(最大32GB)
  • 14GB
  • 記載なし
  • microSDが必要
  • iPhone
  • 記載なし
  • 記載なし
  • SDカードが必要
  • 記載なし
  • microSDXCが必要
  • 0GB
  • 0GB
  • タイプ
  • 全天球
  • 全天球
  • 全天球
  • 半球タイプ
  • 全天球
  • 記載なし
  • 全天球
  • 全方位
  • 全天周
  • 半球タイプ
  • 全天周
  • 半球
  • 記載なし
  • 全天球
  • 全天球
  • 機能
  • クイックレスポンス、iOS、Androidに対応
  • 安定化機能、水平維持機構
  • 水中ハウジング対応、リモート再生
  • 生活防水性能(IPX4)
  • Bluetooth機能、Wi-Fi機能
  • FlowState手ブレ補正、ハイパーラプス
  • パノラマ表示モード5種類に切り替え可能
  • アプリ連携機能
  • 3軸Gセンサー内蔵、WDR機能搭載
  • ワンタップ360度撮影
  • 裏面照射型CMOSセンサー、デュアルレック機能
  • 手振れ補正、VR映像で再生
  • 手ブレ補正、ドリフトショット
  • VRビューアー、F2.4のレンズ搭載
  • デュアルワイドアングル、2Kビデオサポート

まとめ

今回は360度カメラのおすすめランキングと選び方をご紹介していきました。魅力や仕組みについても理解していただけたはずです。ぜひ皆さんも、臨場感とユーモア溢れるのパノラマ写真やVR動画を360度カメラで撮影してみて下さいね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ