ポータブルDVDプレイヤーの人気おすすめランキング10選【安い・フルセグも!】

記事ID3385のサムネイル画像

好きな時に好きな場所でDVDが見られるポータブルDVDプレーヤー。最近では低価格な商品も出てきたいるため誰もが入手しやすくなりました。そこで今回は、おすすめするポータブルDVDプレーヤーをランキング形式に10選ご紹介していきます。

ポータブルDVDプレーヤーの魅力

家ではもちろん外出先でも持ち運ぶ事ができ、手軽にDVDが見られるポータブルDVDプレーヤー。しかし現在はスマホやタブレットなどでも映画を見ることができてしまい、以前よりは存在感も薄れてしまいました。とは言え、まだまだポータブルDVDプレーヤーを必要としている方も多くいます。

 

発売当初は価格も高く、欲しくてもなかなか手が出なかった方も多いのではないでしょうか。しかし最近では1万円を切る商品も多く出回り、入手のハードルもグッと下がってきたので「とりあえず1台持っておこうか」と気軽に購入もできてしまいます。

 

そこで今回はそんなポータブルDVDプレイヤーを現役家電量販店店員のたろっささん監修のもと、ポータブルDVDプレイヤーの選び方やおすすめ商品のランキングを紹介します!

取材協力

専門家プロフィール画像

たろっさ

現役家電販売員

家電量販店、家電情報ブログ「家電損をしない買い方をプロの販売員が教えます」を運営するプロの現役家電販売員。学生時代から家電に対する並々ならぬ興味を持ち、アルバイトを経てそのまま家電量販店の道へと進んで15年弱。個人で年間2億円を売り上げ、数々の法人内コンテスト等で表彰された経験も。

家電アドバイザーの資格を有し、家電と名の付く物全てに精通。家電で分からないことはなく、現在は家電ライターの業務を通して「すべての人が平等に良い家電に巡り会える機会の提供」に尽力。

ブログURL:https://taromomo.com/

たろっささんの画像

たろっささん

非常に商品数が多いポータブルDVDプレイヤーですが以下の3つの観点で選べばまず間違いないです!

  • 1. テレビ機能が必要かどうか
  • 2. バッテリー?電池?それぞれのメリット
  • 3. 他にも確認したいポイント

1. テレビ機能が必要かどうか

たろっささんの画像

たろっささん

ポータブルDVDプレイヤーはそれだけでも非常に便利ですが、テレビのチューナーが入っているかどうかというのも注目すべきポイントです。もちろん車内でもあると便利ですが、室内で就寝前にベッドに持ってきて視聴したりなどにも使えるので利便性が広がります。


また、別途アンテナケーブルをつないで地デジ画質で視聴できるものを選ぶと室内で使う時の画質が向上するので見やすくなります。BS/CSがついているものはありませんのでそちらはご注意ください。

2. バッテリー?電池?それぞれのメリット

たろっささんの画像

たろっささん

ポータブルのDVDプレイヤーは持ち運んで使用するという方が多いかと思いますが、その時に確認したいのがバッテリー対応か、それとも電池対応かというところです。バッテリーの場合は充電をしておかないといけないものの、ランニングコストなどを気にする必要もなく使えます。


電池式は充電の手間が無い+どこでも電源を確保できますが、電池を入れ替える必要が出てくるのと電池を調達する必要があります。自分にとってどちらが適しているかということを考えると良いでしょう。


また、どちらであってもどの程度の使用時間があるのかというところは確認するようにしましょう。スクリーン リーダーのサポートが有効になっています。

3. 他にも確認したいポイント

たろっささんの画像

たろっささん

ポータブルDVDとは言っていますが、ブルーレイ対応かどうかというところを確認するようにしましょう。最近のレンタルショップなどではブルーレイのみで視聴できる作品も増えてきているため、自分の見たかったものが見られないということを防げます。


また、ブルーレイのほうが画質もきれいなため、長時間見ていて疲れづらいのもメリット。他にも防水であればアウトドアなどでも活用できるため、そちらも確認すると良いでしょう。

より拘りたい方に!編集部がおすすめするその他の選び方

ポータブルDVDプレーヤーの魅力について記載しましたが、実際に自分に合ったポータブルDVDプレイヤーが良いかの選び方について解説していきます。

機能で選ぶ

ポータブルDVDプレーヤーにはさまざまな機能があります。しかし特定の機能がついていない事でDVDが再生できないといった事態にもなりかねません。機能を十分に理解し商品を選びましょう。

海外のソフトには「リージョンフリー」のものを

ポータブルDVDプレーヤーの中で注意したい機能の1つに、リージョンフリーの有無があります。DVDにはリージョンコードというものがあり、世界6つの地域でこのコードが設定されています。DVDのコードとプレーヤーのコードが一致すればDVDを再生することができるのですが、どちらかが違えば再生が不可能となります。

 

簡単に説明すると、リージョンフリー機能がついていなければ海外のDVDが再生できない(一部は再生可能)という事です。もし海外のDVDを再生する予定があるのでしたら、リージョンフリー機能の付いているポータブルDVDプレーヤーを購入するといいでしょう。

デジタル放送の録画を見るには「CPRM対応」のものを

リージョンフリーと同時に記載されている事も多いですが、CPRM対応かどうかもポータブルDVDプレーヤー選びのポイントとして見ておくといいでしょう。CPRMが対応していないプレーヤーでは、著作権保護のため地デジを録画したDVDを再生することができません。

 

もし地デジ録画したDVDをポータブルDVDプレーヤーで見たいのであれば、CPRM対応の商品を選びましょう。

子供たちも楽しめる「ゲーム機能」の有無もチェック!

記事番号:22689/アイテムID:6628407の画像

ポータブルDVDプレーヤーの中には、ゲーム機能が付いている商品もあります。本体に内蔵されているタイプやゲームCDを読み込むタイプ、インターネットからUSBなどにダウンロードしてから使用するタイプなど様々です。とは言え本格的なゲームではなく、暇つぶし程度と考えていた方がいいでしょう。

 

DVDしか視聴する予定がない方には不要な機能ですが、お子様の暇つぶしをさせたいのであれば、意外とゲーム機能も侮れません。この機能の有無もポータブルDVDプレーヤー選びのポイントとして考えてもいいでしょう。

車で見るなら「車載対応」のものを

車載アダブターが付属でついているDVDプレイヤーもあります、助手席や運転手席の椅子の後ろにくっつけることができるので子どもなどが手持ちぶさたになる心配もなく、また落としたり食べ物をこぼしたりする心配もありません。

 

また車のシガーソケットに繋ぐことで充電するタイプが多いので、充電残量を気にする必要がありません。

その他の付属品対応機能もチェック!

DVDプレイヤーには他にもSDカード対応やUSBメモリ対応のものもあります、SDカードやUSBメモリに観たい動画などをいれておくだけでDVDなどがかさばって煩わしいといったことから解放されます。

 

外やお風呂で鑑賞したい場合には便利な機能ですのでおすすめです。

「タッチパネル式」なら直感的に操作できる

DVDプレイヤーというと何かとボタンが多く初めて扱うと何が何やら分からないといったことが起きがちですよね。最近ではスマートフォンが普及して、ボタン操作よりタッチパネルの方がやりやすい方も大多数を占めると思います。

 

ボタン操作が煩わしい、DVDプレイヤーの操作がわかりづらい、という方には直感的に操作しやすく扱いやすいタッチパネル式のDVDプレイヤーをおすすめします。

テレビに写すなら「AV出力端子」があるものを

ポータブルDVDプレーヤーで再生中の映像をテレビ画面に写す場合はAV出力端子が必要です。HDMI搭載の場合は高画質に出力できます。2画面で見たい場合もサブプレーヤーとして活躍するのでおすすめです。なお、使用する場合は端子の形状がテレビ・PCに合うか確認しましょう。

バッテリー容量(再生可能時間)選ぶ

ポータブルDVDプレーヤーの魅力の一つといえばバッテリーのみでDVDが再生できる事が挙げられます。商品により、2時間~5時間と幅が広いので、選ぶ時の基準としておきましょう。

映画1本見るなら連続再生可能時間「2時間~3時間」で十分

使用環境にもよりますが、ポータブルDVDプレーヤーのバッテリー容量(再生可能時間)が2時間~3時間の商品があります。一見少ないようにも思えますが、映画1本くらいなら十分バッテリーも持つでしょう。とは言え、何本も映画が見られるわけではないのでバッテリーの充電切れには注意が必要です。

 

長時間視聴したいのであれば、ACアダプターや車であればシガー電源アダプターを常備しておく必要があるでしょう。常に電源を確保できる場所を確認しておくことが大切です。しかしバッテリー容量の少ないポータブルDVDプレーヤーは、比較的安価な商品が多いため、電源を確保しながらの視聴がメインの方であれば、こちらの方がおすすめです。

映画を続けて見るなら連続再生可能時間「4時間~5時間以上」を選ぼう

次にバッテリー容量(再生可能時間)が4時間~5時間以上のポータブルDVDプレーヤーの解説をしていきます。4~5時間以上もバッテリーが持つという事は、映画であれば2本以上は見ることが可能です。キャンプなどで電源が確保できない状況の場合は大変便利といえるでしょう。

 

外出時にプレーヤーを持ち運ぶことが多い方や、ACアダプターなどが荷物になって邪魔と思われる方にも長時間再生可能なポータブルDVDプレーヤーはおすすめです。

画面サイズで選ぶ

ポータブルDVDプレイヤーには7インチほどの小型サイズから15インチほどの大型サイズまであります。視聴環境や視聴内容によってサイズを選びましょう。

自宅で見るなら10インチ以上の「大画面」で迫力を

ポータブルDVDプレーヤーを選ぶ際の基準に、画面サイズも大きなウェイトを占めています。基本的に画面サイズが大きければ、その分映画などを視聴した際の迫力も増しますが、逆に本体のサイズも大きくなってしまい、本体重量も重くなってしまう傾向にあります。

 

ポータブルDVDプレーヤーであっても、とにかく迫力を重視したい方は14インチや15インチなど画面の大きい商品おすすめします。自宅やオフィスで使用し持ち出すことのない場合は10インチ以上で選びましょう。画面サイズが小さいと字幕を読み取ることができなくなってしまうので洋画を中心に見る方にも大きめがおすすめです。

 

持ち運ぶなら「7〜9インチ」のコンパクトサイズがおすすめ

持ち運びして外出先で利用する方には、7~9インチのコンパクトサイズがおすすめです。画面サイズが大きくなるほどサイズも大きくなり重さも増えるため持ち運びが大変になります。

 

持ち運び重視で映像は見られればいいという方は、7.5インチ程度の小型な商品がおすすめです。どちらもバランスが取れた商品がいいのであれば、10インチ程度がおすすめです。

画質で選ぶ

ポータブルDVDプレイヤーは小さいし画質が悪い・・・というイメージがありませんか?せっかく映画を見るなら高画質のものを選びたいです。特に字幕付きで洋画を見る方は高画質のプレイヤーをおすすめします。

再生メディアで選ぶ

市販のDVDソフトは問題ありませんが、もし他機器で焼いたディスクを再生する場合はDVD-R以外のフォーマット形式にも対応している必要があります。

 

主なフォーマット形式は、一回書き込みのDVDの場合「DVD-R」「DVD+R」「DVD-R DL」「DVD+R DL」、繰り返し書き込みのDVDの場合「DVD-RW」「DVD+RW」「DVD-RAM」、一回書き込みのCDの場合「CD-R」、繰り返し書き込みのCDの場合「CD-RW」となります。

 

USBメモリやSDカードも先述したように対応機種を選びますのでご注意ください。

とにかく値段重視の方は「安い」ものを選ぶ

一度試してみたい、ただ映像を見られればOK!という方は価格が安いものもおすすめです。型番が古いものや画質が落ちることにはなってしまいますが、5000円以内で購入できるものも多数あります。高いものは10万円近くしますから、ちょっとした家出の気分転換にはぴったりです。

人気メーカーの特徴をチェック

国産家電メーカーポータブルDVDプレイヤー液晶パネルやスピーカーなどにしっかりとしたクオリティとブランド力がありますので、検討する際にメーカーのチェックもしておくと安心です。

画質と音質にこだわるなら「ソニー」製がおすすめ

画質や音質にこだわりたい方には、国産のソニー製ポータブルDVDプレーヤーもおすすめです。映画鑑賞に適したハイスペックなラインナップも展開されていますので、少し高くなるかもしれませんが、よりハイクオリティな鑑賞環境を求める方は検討するのも良いでしょう。

REGZAの液晶パネルで鮮明映像が見られる「東芝」製がおすすめ

東芝の人気液晶テレビのREGZAのパネルを搭載したポータブルDVDプレーヤーは美麗な高画質で小さな画面だからこそ、その高い技術を感じられます。機能性もレジューム機能で使いやすく操作しやすくおすすめです。

今家電量販店で一番売れてるポータブルDVDプレイヤーを紹介!

 

アグレクション

superbe SU-10FPB

価格: 13,980円(税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ最強!ブルーレイプレイヤーとしても使える

コスパ重視で選ぶ方に特におすすめなのがこちらの製品です。この価格帯でブルーレイ、地デジに対応しているというのが最大のメリット。SDカードやUSBメモリも使えるため、多彩なメディアで使用できるのも嬉しいポイントです。

 

HDMIでの出力もできるため、テレビのブルーレイプレイヤーとしても使用できます。

画面サイズ 10.1インチ 再生可能時間 3時間
デジタルチューナー あり(フルセグ・地デジテレビ) 本体サイズ 幅265.0 mm×高さ43.0 mm×奥行205.0 mm
重量 1.100g リージョンフリー ×
CPRM対応

口コミ紹介

ポータブルBlu-rayプレーヤーが2万円以内で買えてラッキーでした。
映像もきれいだし、それほど重くもないし、ポータブルとしてちょうどいいサイズ。

出典:https://www.amazon.co.jp

ネット環境にも対応したタブレットタイプコンパクトDVDプレイヤー

家電量販店で10.1インチでネット環境での使用も快適に使えYOUTUBEなら8時間再生可能。車で使用するにも困らないシガーソケット、USB電源、リチウムイオン内臓バッテリーの3電源で場所を選ばないで使用できる優れもの。

画面サイズ 10.1インチ 再生可能時間 4時間
デジタルチューナー なし 本体サイズ 幅260mm×高さ210mm×奥行39.4mm
重量 1.200g リージョンフリー ×
CPRM対応 ×

口コミ紹介

価格が安い。スポーツをDVDとUチューブの両方を利用してコロナでなまった体を活性化。今の時期には重宝な器械です

出典:https://www.amazon.co.jp

ポータブルDVDプレーヤー人気おすすめランキング10選

14.1インチで迫力の映像が楽しめる

画面サイズが14.1インチと迫力の映像が楽しめます。長時間の視聴を目的とするのであれば、ACアダプターなどでつなげながら視聴することをおすすめします。地上デジタルも対応しており電波強度が強ければテレビも見ることができます。

画面サイズ 14.1インチ 再生可能時間 約2時間
デジタルチューナー あり(地デジ) 本体サイズ 幅260mm×高さ187mm×奥行40mm
重量 950g リージョンフリー
CPRM対応

口コミを紹介

早速使いましたがDVDは難なく簡単に再生することができました。作動中の音も多少はしますが、全然気にならない程度です。画像はもちろん、音質までいいのにはびっくりしました!

出典:https://www.amazon.co.jp

9位
 

持ち運びに便利な小型ポータブルDVDプレーヤー

DBPOWERの「ポータブルDVDプレーヤー 7.5型 」。ここまでのランキングで一番画面サイズの小さい7.5インチのポータブルDVDプレーヤーです。頻繁に持ち運ぶ予定がある方には、おすすめのポータブルDVDプレーヤーと言えるでしょう。

画面サイズ 7.5インチ 再生可能時間 約4時間
デジタルチューナー なし 本体サイズ 幅332mm×高さ204mm×奥行78mm
重量 1150g リージョンフリー
CPRM対応

口コミを紹介

7.5インチと言うとてもお手ごろなサイズでとても軽く携帯に適しているDVDプレーヤーですね。ベーシックなDVDプレーヤーとしては超お買い得でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

画面サイズが9インチでもコスパの高いポータブルDVDプレーヤー

QKKの「ポータブルDVDプレーヤー 9インチ」。画面サイズが9インチと決して大きくはありませんが、それでもポータブルDVDプレーヤーとしては十分なサイズといえます。カタログ値ですが再生可能時間が約5時間なので、外出先でDVDを視聴する方にはおすすめです。

画面サイズ 9インチ 再生可能時間 約5時間
デジタルチューナー なし 本体サイズ 幅344mm×高さ234mm×奥行89mm
重量 1470g リージョンフリー
CPRM対応

口コミを紹介

DVDプレイヤーとしては普通に使えます。最近の高画質TVに目が慣れてしまうと画質が気になりますが、値段相応の画質でもあり、国内の有名家電メーカーのプレイヤーに比べコスパは十分良い商品だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位
 

touzhen

耐震デバイス搭載11.6インチヘッドレストモニタースロットイン式 dvdプレーヤー

価格: 13,850円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゲームディスク同梱で車内で子供を飽きさせない

touzhenの「ポータブルDVDプレーヤー 11.6インチ」。スロットインタイプでコンパクトなポータブルDVDプレーヤーです。画面サイズは11.6インチなので本体は見やすくゲームディスクも同梱しているため、DVD以外の暇つぶしとしても最適です。

 

ゲーム好きなお子様が居られるご家庭にはおすすめのポータブルDVDプレーヤーと言えるでしょう。

画面サイズ 7.5インチ 再生可能時間 約4時間
デジタルチューナー なし 本体サイズ 幅290mm×高さ185mm×奥行45mm
重量 1600g リージョンフリー
CPRM対応

口コミを紹介

付属のDVDにゲームが1000近く入って子どもは楽しんでいる。電源はシガーソケットからも取れるが、ヒューズボックスから直接取りたかったため、付属の赤線(プラス)をヒューズに繋げました。

出典:https://www.amazon.co.jp

安心の日本メーカー「東芝」のポータブルDVDプレーヤー

東芝の「10.1V型ポータブルDVDプレーヤー SD-P1010S」。日本ではおなじみのメーカー「東芝」のポータブルDVDプレーヤーです。最近のポータブルDVDプレーヤーは価格の低さから海外製の商品が人気ですが「やっぱり日本メーカーの商品がいい」という方にはおすすめです。

 

価格は少し高めですが、全体的にバランスが取れた見た目と機能。そして何より「東芝のブランド」がうれしいですね。

画面サイズ 10.1インチ 再生可能時間 約5時間
デジタルチューナー なし 本体サイズ 幅265mm×高さ49mm×奥行196mm
重量 1200g リージョンフリー ×
CPRM対応

口コミを紹介

購入してから問題なく使えています!子供たちが落としてしまったりと多々ありますが耐久性もあると思います。もしも壊れてしまってもまた再購入したいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3色のカラーが選べるポータブルDVDプレーヤー

WONNIEの「ポータブルDVDプレーヤー 10.5型 」。商品画像のカラーは黒ですが、このほかにも青と赤もあるので、好きなカラーを選びたい方にはうれしいポータブルDVDプレーヤーですね。

 

画面サイズが10.1インチと、普通に視聴する分には十分な大きさですが、持ち運ぶ際に荷物になりにくいといった「丁度よいサイズ感」のポータブルDVDプレーヤーと言えるでしょう。

画面サイズ 10.5インチ 再生可能時間 約3時間
デジタルチューナー なし 本体サイズ 幅260mm×高さ190mm×奥行45mm
重量 1730g リージョンフリー
CPRM対応

口コミを紹介

子供の教材DVDと車の運転中でおとなしくしてほしく購入。購入の決め手は価格とレビューの多さと充電式でありUSB供給であること。画像は綺麗で概ね満足です。レビュー書いたら車載用ホルダーもらえるので楽しみです。

出典:https://www.amazon.co.jp

個性のあるカラーリングが好きな方にはおすすめ

COOAUの「ポータブル DVDプレーヤー 10.5インチ 」。見た目のカラー紫色をしていますがこれ以外にも赤があり、紫と赤の2色から選べるポータブルDVDプレーヤーです。しかし紫色をしたポータブルDVDプレーヤーは中々ないので、他とは違うカラーリングを楽しみたい方にはおすすめの商品です。

画面サイズ 10.5インチ 再生可能時間 約5時間
デジタルチューナー なし 本体サイズ 幅260mm×高さ180mm×奥行30mm
重量 942g リージョンフリー
CPRM対応

口コミを紹介

270度回転、シガーソケット充電、色、価格、液晶の大きさなどを総合してこちらを購入しました。手軽に使えて良さそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

コンパクトで持ち運びに便利

WONNIEの「ポータブルDVDプレーヤー 9.5インチ」バランスの取れたサイズ感、約700gと軽量なので持ち運びには最適と言えるでしょう。さらにモバイルバッテリーからでも充電できるので、再生可能時間を大幅に上げることが可能となっています。

画面サイズ 9.5インチ 再生可能時間 3時間
デジタルチューナー なし 本体サイズ 幅225mm×高さ175mm×奥行43mm
重量 1440g リージョンフリー
CPRM対応

口コミを紹介

操作面がシンプルで使いやすいです。機械操作が苦手で面倒くさがりですが私でも簡単に使えました。

出典:https://www.amazon.co.jp

万が一故障しても1年の安心保障

APEMANの「ポータブルDVDプレイヤー 10.5インチ」。再生可能時間が約5時間なので、映画2本くらいであれば十分バッテリーは持つでしょう。シンプルな操作性で子供からお年寄りまで問題なく扱え、保証も万全なので安心です。

画面サイズ 10.5インチ 再生可能時間 約5時間
デジタルチューナー なし 本体サイズ 幅260mm×高さ187mm×奥行40mm
重量 950g リージョンフリー
CPRM対応

口コミを紹介

車の長距離の移動の際、甥っ子が退屈しないようDVDを見せるために購入しました。画質・音質ともにかなり良い製品だと思います。 

出典:https://www.amazon.co.jp

圧倒的なレビュー件数で話題のポータブルDVDプレーヤー

DBPOWERの「ポータブルDVDプレーヤー 12.5インチ」。話題のポータブルDVDプレーヤーです。リージョンフリー、CPRM対応なので、ほぼどんなDVDでも再生が可能。レビューでも車載ホルダーも付属して使いやすいと好評です。

画面サイズ 10.5インチ 再生可能時間 約4時間
デジタルチューナー なし 本体サイズ 幅372mm×高さ226mm×奥行72mm
重量 895g リージョンフリー
CPRM対応

口コミを紹介

ボリューム、停止、消音等直ぐに使いたい操作は一目で分かるボタンがあるので、それを押すだけ。電源オフにして4時間弱位で満充電されますので、次からはコンセントなしでコードレスで4時間位は観れます!

出典:https://www.amazon.co.jp

ポータブルDVDプレイヤーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6628393の画像

    DBPOWER

  • 2
    アイテムID:6628390の画像

    APEMAN

  • 3
    アイテムID:6628387の画像

    WONNIE

  • 4
    アイテムID:6628384の画像

    COOAU

  • 5
    アイテムID:6628381の画像

    WONNIE

  • 6
    アイテムID:6628378の画像

    東芝

  • 7
    アイテムID:6628375の画像

    touzhen

  • 8
    アイテムID:6628372の画像

    QKK

  • 9
    アイテムID:6628369の画像

    DBPOWER

  • 10
    アイテムID:6628362の画像

    APEMAN

  • 商品名
  • DBPOWER ポータブルDVDプレーヤー 12.5型
  • ポータブルDVDプレーヤー 10.5インチ
  • ポータブルDVDプレーヤー 9.5インチ液晶画面
  • ポータブルDVDプレーヤー 10.5インチ
  • ポータブルdvdプレーヤー 10.5型
  • SD-P1010S REGZA レグザポータブルプレーヤー
  • 耐震デバイス搭載11.6インチヘッドレストモニタースロットイン式 dvdプレーヤー
  • ポータブルDVDプレーヤー 9インチ
  • ポータブルDVDプレーヤー 7.5インチ
  • ポータブルDVDプレーヤー 10.5インチ
  • 特徴
  • 圧倒的なレビュー件数で話題のポータブルDVDプレーヤー
  • 万が一故障しても1年の安心保障
  • コンパクトで持ち運びに便利
  • 個性のあるカラーリングが好きな方にはおすすめ
  • 3色のカラーが選べるポータブルDVDプレーヤー
  • 安心の日本メーカー「東芝」のポータブルDVDプレーヤー
  • ゲームディスク同梱で車内で子供を飽きさせない
  • 画面サイズが9インチでもコスパの高いポータブルDVDプレーヤー
  • 持ち運びに便利な小型ポータブルDVDプレーヤー
  • 14.1インチで迫力の映像が楽しめる
  • 価格
  • 12424円(税込)
  • 10370円(税込)
  • 10147円(税込)
  • 9740円(税込)
  • 18570円(税込)
  • 17526円(税込)
  • 13850円(税込)
  • 9000円(税込)
  • 5199円(税込)
  • 11480円(税込)
  • 画面サイズ
  • 10.5インチ
  • 10.5インチ
  • 9.5インチ
  • 10.5インチ
  • 10.5インチ
  • 10.1インチ
  • 7.5インチ
  • 9インチ
  • 7.5インチ
  • 14.1インチ
  • 再生可能時間
  • 約4時間
  • 約5時間
  • 3時間
  • 約5時間
  • 約3時間
  • 約5時間
  • 約4時間
  • 約5時間
  • 約4時間
  • 約2時間
  • デジタルチューナー
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • あり(地デジ)
  • 本体サイズ
  • 幅372mm×高さ226mm×奥行72mm
  • 幅260mm×高さ187mm×奥行40mm
  • 幅225mm×高さ175mm×奥行43mm
  • 幅260mm×高さ180mm×奥行30mm
  • 幅260mm×高さ190mm×奥行45mm
  • 幅265mm×高さ49mm×奥行196mm
  • 幅290mm×高さ185mm×奥行45mm
  • 幅344mm×高さ234mm×奥行89mm
  • 幅332mm×高さ204mm×奥行78mm
  • 幅260mm×高さ187mm×奥行40mm
  • 重量
  • 895g
  • 950g
  • 1440g
  • 942g
  • 1730g
  • 1200g
  • 1600g
  • 1470g
  • 1150g
  • 950g
  • リージョンフリー
  • ×
  • CPRM対応

DVDプレイヤーを長く愛用するには

気に入ったDVDプレイヤー、古くなればなるほど愛着は増しますよね。できれば長く使用したいと思うのではないでしょうか。長く使用するためには色々方法がありますのでご紹介します。

DVDプレイヤーの近くでしてはいけないこと

DVDプレイヤーは丈夫そうな見た目をしていますが精密機器ですので落としたりすると故障の原因になります。また防水対応のしていないものを水没させてしまったりすると壊れるのはもちろん、防水対応しているからと言って無闇矢鱈に水につけていいわけではないので注意して下さい。

 

直射日光や高温多湿な場所は避け、ホコリの吸い込みやすい場所を避けることにより長持ちします。タバコなどのヤニでDVDプレイヤーが故障する場合もあるらしいのでそう言った面も注意して下さい。DVDプレイヤーの近くでタバコは吸わないなど、できる対策は取って下さい。

DVDプレイヤーの寿命

DVDプレイヤーの寿命はだいたい5年程と言われています、使用環境や色々な要因で寿命は異なりますが、DVDを読み込まない、読み込んでも途切れ途切れ、本体が熱い、異音がする、と言った場合は故障している可能性が高いです。

 

もし内部をクリーニングしても改善されない場合は買い換えることも視野にいれてください。

DVDの保存方法

DVDプレイヤーも大切ですが一番大切なのはDVDです、DVDの適切な保存方法をご紹介します。

経年劣化

最近のDVDなどは光ディスクと呼ばれるものが主流になってきています、DVDに直接針を当てて再生するのではなく光を当てて再生するのでDVD自体が磨耗してすり切って読み込まれなくなるなんてことはありません。ですが物質は経年劣化してしまいます。

 

DVDプレイヤーと同じように高温多湿を避け直射日光に晒さない、ケースに入れてしっかり保護する、急激な気温の変化に晒さない、といった注意点が必要です。また指紋や汚れなどが読み込み面に付着した場合CDクリーナーや柔らかい布で拭き取ってください。

 

また一部のCDやDVDには表面(光が反射しない側)のラベルの裏に記録層を蒸着しているものもある為、記録用に文字を書く場合は先の柔らかいマッキーなどで記入してください。

DVDの寿命

適切な環境で保存した場合、DVDは100年程持つと言われています。ですが一般的なご家庭で保存環境はなかなか難しいので、だいたいは10年から30年程です。経年劣化は防げませんので10年程したら書き換えることをおすすめします。

ポータブルDVDプレイヤーでテレビを見るには

「デジタルチューナーの有無で選ぶ」でご紹介した通り、ポータブルDVDプレーヤーには、テレビを見られるデジタルチューナー内蔵の商品もあります。内蔵している場合、テレビを見ることができます。

「mini B-CASカード」を確認する

付属のデジタルチューナーは、通常の地上デジタル放送の「フルセグ」か「ワンセグ」放送対応であるか確認しましょう。デジタル放送受信に必要な「mini B-CASカード」が付属しているならフルセグ、付属していないならワンセグとなります。

ワンセグの場合

ワンセグはフルセグよりも画質が落ちますが、ノイズ耐性が高くバッテリーを長く持たせる、スマホやカーナビなどの移動体端末向けの電波です。車載向けプレーヤーとして利用したい方には、ワンセグ対応モデルをおすすめします。

フルセグの場合

フルセグは12のセグメントを使用しているので、ワンセグよりも画質がよくフルハイビジョンにも対応しています。ただしバッテリーの消費スピードが早く、移動通信には向いていません。

 

しかし最近では、地上デジタル放送とワンセグ放送両対応しているモデルも多く出てきました。両方を併せ持つこれらの端末は、電波状況に合わせてワンセグ、フルセグを自動で切り替えることが可能です。

 

ワンセグとフルセグの違いについてさらに詳しくご覧になりたい方は、下の記事も合わせてご覧ください。

ポータブルDVDプレイヤーのケース

お気に入りのポータブルDVDプレイヤーを買ったら、次はケースを探したくなりますよね。ここではポータブルDVDプレイヤーが入るケースをいくつかご紹介します。

車載用ケース

車に取り付ける際の車載用ケース。目線を下げることなく映像を見ていられるので車酔いの心配もありません。最近ではポータブルDVDプレイヤー購入時に付属品として付いていることも多いようです。別で購入する際はサイズの間違いに気をつけましょう。

PCケース

小さめのPC用ケースは、ポータブルDVDプレイヤーを入れるのにぴったり。PC用で頑丈に作られているため、ケースに入れておくだけで破損のリスクがグッと下がります。取っ手がついていると持ち運びも便利ですね。

専用ケース

数は少ないですが、ポータブルDVDプレイヤー専用のケースもあります。こちらのAPEMANポータブルDVDプレイヤー専用キャリングケース耐衝撃、防塵、防水設計で内側は柔らかい材料でできています。調整可能なショルダーストラップつき。

 

持ち運ぶ際に嬉しいのは、CDポケットと収納空間があることです。お気に入りのDVDをプレイヤーと一緒に持ち運ぶことができます。

まとめ

今回はおすすめする人気のポータブルDVDプレーヤーと、選び方などをご紹介していきました。ポータブルDVDプレーヤーがあればどこでも気軽にDVDが見られるので、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか。今回の記事がポータブルDVDプレーヤー選びの参考となれば幸いです。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年04月20日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

DVDプレイヤーのおすすめ人気ランキング20選!選び方も紹介

DVDプレイヤーのおすすめ人気ランキング20選!選び方も紹介

ポータブルブルーレイ・DVDプレーヤー
CDプレイヤーの人気おすすめランキング15選【高性能なモデル多数】

CDプレイヤーの人気おすすめランキング15選【高性能なモデル多数】

CDプレーヤー
サビ取りの人気おすすめランキング10選【自転車やシンクに!】

サビ取りの人気おすすめランキング10選【自転車やシンクに!】

DIY・工具・住まい
小型カメラの人気おすすめランキング20選【防犯対策や証拠撮影に】

小型カメラの人気おすすめランキング20選【防犯対策や証拠撮影に】

デジタルカメラ
【2021年最新版】動画やセーブデータの保存ができるPS4用HDD17選

【2021年最新版】動画やセーブデータの保存ができるPS4用HDD17選

外付けハードディスク
キャリーワゴンの人気おすすめランキング15選【おすすめ商品徹底比較】

キャリーワゴンの人気おすすめランキング15選【おすすめ商品徹底比較】

アウトドアグッズ
TOPへ