大容量モバイルバッテリーの人気おすすめランキング15選【2020年最新版】

記事ID8505のサムネイル画像

外出先での急なバッテリー不足の味方モバイルバッテリー。様々なメーカーからたくさんの商品が発売されていて、専門用語も多くどれにしたら良いか迷いますよね。今回は2020年最新版の大容量モバイルバッテリーおすすめランキングを紹介します。

自分に合った大容量モバイルバッテリーと出かけよう

肌身離さず持ち歩いているiPhoneやスマートフォンですが、外出先でバッテリーが切れてしまいそうになると、モバイルSuicaや連絡が取れなくなりとても心配になりますよね。

 

今回はかなり多くの商品の中からコスパや対応ポート数などから2020年最新版のおすすめ商品を紹介します。

モバイルバッテリーのおすすめランキング15選

15位

Philips(フィリップス)

DLP6727N 20000mAh 【PSE認証済】

価格:3,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

信頼のPhilips製バッテリー

大手電化製品ブランドであるPhilips社から発売されたモバイルバッテリーDLP6727Nは、20000mAhという大容量バッテリーを搭載し、急速充電にも対応しています。出張やバッテリー容量の大きいiPadなどを充電したい方にはおすすめです。

PSE認証有り容量20000mAh
出力5V/2.1A出力ポート数2
重量356g

口コミを紹介

到着してしばらく使用してみました。
充電のスピードもそれなりに早いかなと思いました。
本体の重さも思っていたより重すぎなく普段は鞄に入れておくつもりです。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

エレコム

ホワイトフェイス しろちゃん EC-M03WF

価格:1,979円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

しろちゃんデザインのモバイルバッテリー

しろちゃんがデザインされたモバイルバッテリーです。かわいいだけでなく、5000mAhとスマートフォンを約1.6回充電できるほどの容量で、高性能ICが接続機器を自動で見分けて最適な出力で最速に充電できる“おまかせ充電”に対応しています。

PSE認証有り容量5000mAh
出力5V/2.1A出力ポート数1
重量145g

口コミを紹介

小さめのモバイルバッテリーを探していて購入しました。
5000mAhでこの値段はコスパ良さげですし、
早速ライブ会場に持ち込むのに使い、無事活躍してくれました。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

エレコム

おまかせ充電対応 ホワイトフェイス DE-M04L-3200WF

価格:1,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量省スペースなモバイルバッテリー

エレコムのモバイルバッテリーDE-M04L-3200WFは、重量が72gでスティック型であることからポーチやポケットにしまっておけるほど持ち出しに長けています。容量は3200mAhと決して多くはありませんが、つねにカバンに入れておきたい方にはおすすめです。

PSE認証有り容量3200mAh
出力5V/2.1A出力ポート数1
重量72g

口コミを紹介

このモバイルバッテリーは2A以上の電流供給ができる中ではサイズ的にもコンパクトで形状も服ポケットや、カバン、バイクのハンドル等色々なところに取り付けやすく、また軽量で良いかと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

Joyhouse JP

【2019最新版&LEDライト付き】24000mAh モバイルバッテリー

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防災用、アウトドアに最適なモバイルバッテリー

JoyhouseJPのモバイルバッテリーは、ソーラー充電・IPX6防水・懐中電灯・SOS機能などを備えつつ24000mAhと大容量のバッテリーで、防災用・アウトドア時に大活躍するモバイルバッテリーです。持ち歩くというよりは緊急時の災害対策・車載用としておすすめです。

PSE認証有り容量24000mAh
出力5V/2.1A出力ポート数2
重量320g

口コミを紹介

届いたモバイルバッテリーを手に取って見て、カタログで見た迷彩色的なデザインではなく、滑り止めの為?細線状の凹凸柄デザイン柄による光の反射で迷彩色柄に見えた為で実物は、黒一色のの物でとても気に入りました。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

Patoma

10000mAh 3ケーブル内蔵モバイルバッテリー

価格:2,380円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3ケーブル内臓の万能モバイルバッテリー

Patomaのモバイルバッテリーは、Type-C・Lightning・microUSBケーブルが本体に取り付けられており、別途ケーブルを持ち歩く必要がなく荷物が減らせます。またUSBポートもあり最大4端末同時充電可能であり、周りの人と共有して使用することもできます。

PSE認証有り容量10000mAh
出力5V/2.0A出力ポート数4
重量210g

口コミを紹介

これまで、バッグに手を入れ、複数のケーブルの中から目当てのケーブルを探し当てる作業に強いストレスを感じてきました。
しかし本品は3種類のケーブルが見事に一体化されており、外出中の充電をとてもシンプルにしてくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

Trswyop

モバイルバッテリー 26800mah

価格:2,499円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ抜群26800mAhの大容量モバイルバッテリー

Trswyopのモバイルバッテリーは26800mAhと大容量バッテリーを搭載し、出力ポートも2口とメイン端末とサブ端末を充電しても余裕で乗り切れるでしょう。ただし、2ポート中1ポートは5V/1Aと急速充電には対応していないので、注意が必要です。

PSE認証有り容量26800mAh
出力5V/2.1A、5V/1A出力ポート数2
重量300g

口コミを紹介

とりあえず開封して手に取り驚いたのは、想像よりも重たくないということです。
今までの容量の小さいものに比べると多少ガッチリしているなというレベルで、持ち運びに支障をきたすことはなさそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

cheero

Bloom 10000mAh

価格:1,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大人気メーカーCheeroのBloom

モバイルバッテリーの有名メーカーであるcheeroのBloomは10000mAhを備えつつ、最大5V/2.4Aの急速充電に対応し、出力ポートは3つありUSBType-Cポートも備えています。

USBType-C搭載機器を充電したいユーザーにはおすすめです。

PSE認証有り容量10000mAh
出力5V/2.4A出力ポート数3
重量245g

口コミを紹介

最近、連続してcheero のPD対応バッテリーを入手し、次々と知り合いに譲ってきましたが、もっともシンプルなこのモデルは割り切ればその中でも最高かも…

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

Anker

PowerCore 26800

価格:5,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Ankerの大容量モデル

Anker Powercore 26800はその名の通り26800mAhもの大容量バッテリーを搭載し、iPhone 11 Proを約6回充電できるパワーを誇ります。Anker独自のHighVoltage充電に加え、入力ポートが2つ有り倍速でバッテリーを充電することも可能です。

PSE認証有り容量26800mAh
出力5V/3A出力ポート数3
重量495g

口コミを紹介

容量が容量ですので、常時持ち歩きには不便ですが車載や非常時の備えであれば何も文句はありません。
とても便利なアイテムです。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

AUKEY

Powerbank PB-XN10

価格:2,680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AUKEYの大容量バッテリー

AUKEYはモバイルバッテリーをはじめガジェット系周辺機器の人気メーカーです。Powerbank PB-XN10は10000mAhの大容量で、Type-C端子の入出力に対応しており、バッテリー本体の充電ケーブルも増えないという点がメリットです。

PSE認証有り容量10000mAh
出力5V/2.4A出力ポート数2
重量195g

口コミを紹介

薄さを追求すれば他社製品に薄さを謳った物もありますが、PSE未認証であったり得体の知れないメーカーでしたのでこちらを選択。iPhoneXSMax、IQOS 3と併用しています。付属のポーチが今迄のどの製品に付属していたものより質感が良く地味に気に入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

HYPOWER

25000mAh 大容量 モバイルバッテリー【PSE認証済】

価格:2,899円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高級感ある見た目でビジネスに最適

HYPOWERのモバイルバッテリーは25000mAhの大容量バッテリーを搭載し、なんといっても面特殊加工仕様により高級感のあるデザインで、ビジネスマンや周りと差を付けたい方にはぴったりのモバイルバッテリーです。

PSE認証有り容量25000mAh
出力5V/2.1A出力ポート数2
重量150g

口コミを紹介

大容量であり、残量が何%という形で表示がありわかりやすいと思い選びましたが、やはり残量が分かるのは充電のタイミングが分かるので助かります。充電スピードも早いと感じました。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

RAVPOWER

モバイルバッテリー搭載プラグ RP-PB125

価格:2,399円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンセントプラグ兼用モバイルバッテリー

RAVPOWERはモバイルバッテリーや充電アダプターで人気を博しているメーカーです。6700mAhの容量とコンセントプラグ搭載型なので、自宅では充電アダプターとして、外出先ではモバイルバッテリーとして使え、本体の充電はコンセントに刺すだけと、大変使い勝手の良い商品です。

PSE認証有り容量6700mAh
出力5V/2.4A出力ポート数2
重量195g

口コミを紹介

タブレット用の12W対応充電アダプターを探していたら良い物が見つかりました。
充電アダプターとモバイルバッテリー一台二役の急速充電対応ですごく役に立ちます。
アダプターだけで良かったのですが、さほど価格差も無くバッテリーも内蔵したこの機種に決めました。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Anker

PowerCore Fusion 5000

価格:2,899円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Ankerのコンセントプラグ搭載モデル

PowerCore Fusion 5000はコンセントプラグを搭載したモバイルバッテリーで、自宅では充電プラグとして、外出先ではモバイルバッテリーとして機能します。コンセントに指して使用する場合は2.1Aのパワーですが、モバイル使用で3Aもの急速充電を実現しています。

PSE認証有り容量5000mAh
出力5V/2.1A、3A出力ポート数2
重量189g

口コミを紹介

旅行などはこれ一つあれば困ることはあまりありません。
半年以上使っていますが、バッテリーのパワーも落ちている感覚はないです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Anker

PowerCore Essential 20000

価格:3,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

重量級ハイパワーモバイルバッテリー

PowerCore Fusion 5000は重量が340gとやや重いですが、20000mAhものバッテリーを搭載し、USB-CとMicro USB入力ポートを搭載し、バリエーションに富んだ本体充電が可能です。低電流モードを搭載し、適切な電力で充電することが可能です。

PSE認証有り容量20000mAh
出力5V/2.4A出力ポート数2
重量343g

口コミを紹介

PowerCore Essential 20000 PDのようにフルスピード充電にはできなくても、20000mAhの超大容量がこのサイズ・この価格で手に入るなんてコスパ良すぎです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Anker

PowerCore Slim 10000 PD

価格:3,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

PD搭載で最強のモバイルバッテリー

PowerCore Slim 10000 PDの特徴はPD(パワーデリバリー)出力に対応し、従来のモバイルバッテリーでは出力不足で充電できなかったMacbookをはじめとするType-C端末に充電することが可能です。PD対応かつ薄型軽量でノマドワーカーにぴったりなモバイルバッテリーです。

PSE認証有り容量10000mAh
出力5V/2.4A、15V/1.2A出力ポート数2
重量212g

口コミを紹介

surface go ,iphoneに充電できる
PD、IQ対応のを探してました。
これで可能です。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Anker

Anker PowerCore 10000

価格:2,799円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4期連続ベストセラー1位の大人気商品

Anker PowerCore 10000はシリーズ世界最小最軽量クラスかつ10000mAhものバッテリーを備え、Amazonで4期にわたりベストセラー1位の座を守り続けた大人気商品です。コスパも抜群で、モバイルバッテリー選びに迷ったならこちらがおすすめです。

PSE認証有り容量10000mAh
出力5V/2.4A出力ポート数1
重量180g

口コミを紹介

おそらく定格どおりの10000mAhの容量では無いとは思いますが、今までの RAVPower では満充電できていませんでしたので、本商品の重量と充電の速度には驚きの性能でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

モバイルバッテリーの選び方

家電量販店などに行くと、豊富な種類のモバイルバッテリーが販売されていてどれを買えば良いのか迷うことでしょう。価格もバラバラで専門用語も多く、なかなか決めかねてしまいがちですが抑えておくべきポイントを解説していきます。

PSE認証済みを選ぶ

日本で販売されるモバイルバッテリーには「PSEマーク」と呼ばれる電気用品安全法の基準を満たした電化製品についています。

 

モバイルバッテリーの発火事故などが問題となり、2018年2月から電気用品安全法の規制対象になりました。そのため、PSEマークが付いていないモバイルバッテリーの製造・輸入・販売は現在禁止されました。

 

海外から輸入された旧型の商品などはPSE認証されていない商品もありますので、安いからと言ってすぐに手を出そうとせず、必ずPSE認証を確認しましょう。

容量で選ぶ

モバイルバッテリーの商品説明には必ず「mAh」と記載された値があります。こちらはモバイルバッテリーのバッテリー容量を表しており、数字が大きいほど大容量のバッテリーになります。

 

では数字が大きい物の方が良いのでは?と思いがちですが、バッテリー容量が大きくなればなるほど、本体重量やサイズの増幅、機能縮小などのデメリットもあります。

 

目安として、iPhoneの場合本体バッテリーは2000-3000mAhほどですので、一回フル充電できるくらいで良いと考える場合は3000mAh以上を目安に選ぶと良いでしょう。

 

複数の端末や連日外出する予定がある場合は余裕を持った容量のバッテリーを選ぶことで安心して使用することができるのでおすすめです。

ポートで選ぶ

モバイルバッテリーには繋ぐ端子がたくさんあって難しそう…と思われる方も多いでしょう。ここではモバイルバッテリーのポートについて解説します。

出力ポート

モバイルバッテリーを購入する上で重要な要素である出力ポートですが、出力ポートとはモバイルバッテリーから電気を送って充電するポート(出口)のことです。

 

つまり出力ポートが2つあれば同時に2つの端末に充電することが可能になります。逆に出力ポートが1つの場合は、同時充電は不可能となります。外出先でよくあるケースとしては、スマホを充電しながらイヤホンやiQOSなどの端末にも充電したい。といった場面に1ポートでは同時充電ができません。

 

上記のことから複数端末を充電する機会があるなら、2ポート以上のモデルを選ぶことをおすすめします。

入力ポート

次に入力ポートとはモバイルバッテリー本体に給電をするポート(入り口)のことです。入力ポートは一見全て同じに見えますが、実は重要な要素です。

 

モバイルバッテリーを外に持ち出して帰ってきて、本体バッテリーに給電をする際に入力ポートが2つあるモデルや急速に本体充電が可能なモデルを選ぶことで、本体バッテリーを早く充電することが可能になります。

 

よくあるケースとして、モバイルバッテリーを持ち出す際にフル充電されておらず、外出先で思ったように充電できなかったというケースがあります。このようなトラブルを防ぐためにも入力ポートの性能についてもチェックすることをおすすめします。

充電スピードの速さ・出力で選ぶ

モバイルバッテリーを選ぶ上で見落としがちな要素である充電スピード。価格や本体バッテリー容量だけで選び充電スピードが遅いバッテリーだと、本末転倒となってしまいかねません。

PD対応機種

モバイルバッテリーを選ぶ上で、MacbookやSurfaceProなどPD対応のモバイルPCやiPadProなどのタブレット端末、NintendoSwitchなどのゲーム機を充電したい場合には、PD対応と記載されたものを選びましょう。

 

PDとはパワーデリバリーの略で、従来の規格よりもハイパワーに充電することが可能になっている規格です。バッテリー側と充電する端末がお互いにPD対応していれば急速に充電できます。

 

ただし、MacbookProなどの大きな電力が必要となる機器の場合は、最大電力(W)の数値を見て選ぶことが必要です。PD規格で充電したい端末の対応Wより下回っている場合は、電力不足となり充分に充電することができないため注意が必要です。

ケーブル搭載型を選ぶ

モバイルバッテリーを使って端末を充電する際には、必ず端末にあった規格のケーブルが必要です。そこでケーブルが本体に取り付けられているモバイルバッテリーを選ぶことで、ケーブルを持ち運ぶ必要がなくなり、よりコンパクトに持ち運ぶことが可能です。

コンセント一体型を選ぶ

近年ではAnker Fusionシリーズのようなコンセントプラグ一体型のモバイルバッテリーも販売されています。

 

コンセントプラグ一体型のメリットとしては、自宅ではコンセントに指して充電プラグとして、外出先ではモバイルバッテリーとして使用できるためこれ一台あれば自宅も出先も対応できてしまうのです。

 

またコンセントにモバイルバッテリーを直接刺すことができ、そのまま本体に充電することも可能です。

持ち運びのしやすさで選ぶ

モバイルバッテリーを選ぶ上で、外せない要素として持ち運びのしやすさがあります。

充電が切れそうなときにモバイルバッテリーがあれば重宝しますが、持ち運びしにくい機種では困りますよね。

本体重量

モバイルバッテリーを選ぶ上で、重量は重要な要素になります。大容量バッテリーになればなるほど、本体重量が増す傾向にあり、いくら大容量でも重ければ持ち出すのを躊躇ってしまいがちです。

 

本体重量の目安としては、100g台の商品を選ぶことでカバンに常備しておいてもさほど重さは感じなく、移動中にポケットにスマホとつなげて入れておいてもさほど重さは感じないためおすすめです。

本体サイズ

モバイルバッテリーを選ぶ際に見落としがちな要素である本体サイズです。こちらはパッと見どれも同じようなサイズ感であり、サイズを見落として購入してしまうと嵩張ってしまい、持ち運びしづらいといったケースもあります。

 

こちらも本体重量と同様に、多機能・大容量バッテリーになるほど本体サイズは大きくなる傾向にあるため注意しましょう。

 

とにかく持ち運びがしやすい小さいモバイルバッテリーを探す際には、カード型やスティック型のモバイルバッテリーなどがおすすめです。

防災・災害対策機能で選ぶ

近年では災害の影響で長期間停電になった地域もあり、災害対策としてモバイルバッテリーを備えておく需要が増えています。

ソーラー充電対応

停電時の備えとしてモバイルバッテリーを選ぶなら、ソーラー充電対応モデルを選ぶことをおすすめします。

 

モバイルバッテリーにソーラーパネルを搭載し、太陽光でバッテリー本体を充電することができ、長期間停電になった場合でもライフラインである携帯電話・スマホを充電することができます。

 

ソーラー充電対応モデルを選ぶ際には、充電までにかかる時間などをチェックすると良いでしょう。

ライト・ランタン機能

夜間停電時には、照明が使用することができず生活に支障をきたし、不意の事故も起きかねません。

 

アウトドア向きに開発されたモバイルバッテリーには、本体からライトを灯すことができる機能があり、緊急時の照明としても使用することができます。モバイルバッテリーにこのような機能が備わっていることで、緊急時でも即座に対応することができ、まさに一石二鳥の家電と言えるでしょう。

SOS発信機能

ライト機能が搭載されているアウトドア向きのモデルには、SOS発信機能がついているモバイルバッテリーもあります。

 

災害時の緊急用として、救助を待つ際にもSOS発信をすることで見つけてもらいやすくなります。災害用としてモバイルバッテリーを選ぶ際には、SOS発信機能付きのモデルを選ぶと安心です。

大容量バッテリー

災害時の備えとしてモバイルバッテリーを選ぶ際には、大容量バッテリーの製品を選ぶことが重要です。20000mAh~30000mAhを超える超大容量のモバイルバッテリーも販売されており、目安として35000mAhでiPhone11を8回フル充電できるほどの容量を誇ります。

 

このような超大容量バッテリーモデルでは急速充電に対応していないモデルもありますが、長期停電となった場合でも、多くの端末を充電することができるためなるべく容量の多い製品を選びましょう。

 

またUSB Type-C、microUSB、Lightningの3種類のケーブルを用意しておくことで、ほぼ全てのモバイル端末への充電が可能となりますので、備えておくと便利です。

大容量モバイルバッテリーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5358900の画像

    Anker

  • 2
    アイテムID:5358877の画像

    Anker

  • 3
    アイテムID:5358853の画像

    Anker

  • 4
    アイテムID:5358821の画像

    Anker

  • 5
    アイテムID:5358773の画像

    RAVPOWER

  • 6
    アイテムID:5358740の画像

    HYPOWER

  • 7
    アイテムID:5358725の画像

    AUKEY

  • 8
    アイテムID:5358604の画像

    Anker

  • 9
    アイテムID:5358578の画像

    cheero

  • 10
    アイテムID:5358555の画像

    Trswyop

  • 11
    アイテムID:5358451の画像

    Patoma

  • 12
    アイテムID:5358431の画像

    Joyhouse JP

  • 13
    アイテムID:5358335の画像

    エレコム

  • 14
    アイテムID:5358322の画像

    エレコム

  • 15
    アイテムID:5358311の画像

    Philips(フィリップス)

  • 商品名
  • Anker PowerCore 10000
  • PowerCore Slim 10000 PD
  • PowerCore Essential 20000
  • PowerCore Fusion 5000
  • モバイルバッテリー搭載プラグ RP-PB125
  • 25000mAh 大容量 モバイルバッテリー【PSE認証済】
  • Powerbank PB-XN10
  • PowerCore 26800
  • Bloom 10000mAh
  • モバイルバッテリー 26800mah
  • 10000mAh 3ケーブル内蔵モバイルバッテリー
  • 【2019最新版&LEDライト付き】24000mAh モバイルバッテリー
  • おまかせ充電対応 ホワイトフェイス DE-M04L-3200WF
  • ホワイトフェイス しろちゃん EC-M03WF
  • DLP6727N 20000mAh 【PSE認証済】
  • 特徴
  • 4期連続ベストセラー1位の大人気商品
  • PD搭載で最強のモバイルバッテリー
  • 重量級ハイパワーモバイルバッテリー
  • Ankerのコンセントプラグ搭載モデル
  • コンセントプラグ兼用モバイルバッテリー
  • 高級感ある見た目でビジネスに最適
  • AUKEYの大容量バッテリー
  • Ankerの大容量モデル
  • 大人気メーカーCheeroのBloom
  • コスパ抜群26800mAhの大容量モバイルバッテリー
  • 3ケーブル内臓の万能モバイルバッテリー
  • 防災用、アウトドアに最適なモバイルバッテリー
  • 軽量省スペースなモバイルバッテリー
  • しろちゃんデザインのモバイルバッテリー
  • 信頼のPhilips製バッテリー
  • 価格
  • 2799円(税込)
  • 3999円(税込)
  • 3999円(税込)
  • 2899円(税込)
  • 2399円(税込)
  • 2899円(税込)
  • 2680円(税込)
  • 5999円(税込)
  • 1980円(税込)
  • 2499円(税込)
  • 2380円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 1480円(税込)
  • 1979円(税込)
  • 3580円(税込)
  • PSE認証
  • 有り
  • 有り
  • 有り
  • 有り
  • 有り
  • 有り
  • 有り
  • 有り
  • 有り
  • 有り
  • 有り
  • 有り
  • 有り
  • 有り
  • 有り
  • 容量
  • 10000mAh
  • 10000mAh
  • 20000mAh
  • 5000mAh
  • 6700mAh
  • 25000mAh
  • 10000mAh
  • 26800mAh
  • 10000mAh
  • 26800mAh
  • 10000mAh
  • 24000mAh
  • 3200mAh
  • 5000mAh
  • 20000mAh
  • 出力
  • 5V/2.4A
  • 5V/2.4A、15V/1.2A
  • 5V/2.4A
  • 5V/2.1A、3A
  • 5V/2.4A
  • 5V/2.1A
  • 5V/2.4A
  • 5V/3A
  • 5V/2.4A
  • 5V/2.1A、5V/1A
  • 5V/2.0A
  • 5V/2.1A
  • 5V/2.1A
  • 5V/2.1A
  • 5V/2.1A
  • 出力ポート数
  • 1
  • 2
  • 2
  • 2
  • 2
  • 2
  • 2
  • 3
  • 3
  • 2
  • 4
  • 2
  • 1
  • 1
  • 2
  • 重量
  • 180g
  • 212g
  • 343g
  • 189g
  • 195g
  • 150g
  • 195g
  • 495g
  • 245g
  • 300g
  • 210g
  • 320g
  • 72g
  • 145g
  • 356g

まとめ

今回はモバイルバッテリー人気ランキング15選と選び方を紹介しました。たくさんの製品がでており、専門用語も多いバッテリーですが、ポイントを捉えてしまえば自分にあったモバイルバッテリーを見つけられるでしょう。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ