大容量ポータブル電源の人気おすすめランキング15選【2020年最新版】

記事ID8504のサムネイル画像

アウトドアや車中泊、野外ライブから災害時まで外で電源が必要になった際に大活躍する大容量ポータブル電源ですが、高価な商品も多く、専門用語も多くどれを選べば良いか迷いますよね。今回は大容量ポータブル電源の人気おすすめランキングと選び方について解説していきます。

大容量ポータブル電源で生活の幅が広がる

今までは野外で使用する電源はガソリンを入れて発電するバッテリーが主流で、高価かつサイズ・重量共にかなり大きく、個人にはなかなか手が出しづらい商品でした。

 

近年では製品が進化しており、家庭用コンセントから充電でき気軽に持ち運びできる大容量のポータブル電源が人気となっています。たくさんの商品の中からおすすめランキングを紹介します。

 

今回はバッテリー容量・重量・充電方法などを元にランキングを作成しましたのでぜひ参考にしてみてください!

大容量ポータブル電源の人気おすすめランキング15選

15位

Smart Tap

PowerArQ mini

価格:32,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトな大容量ポータブル電源

Smart TapのPowerArQ miniは過電圧保護、セル劣化保護、過電流保護、定電圧保護、短絡保護、温度管理、先進のバッテリーマネジメントシステムなどを備えており、別売のソーラーパネルでソーラー充電も可能です。

バッテリー容量86400mAh充電方法コンセント、ソーラー(別売)
出力周波数60hzポートAC:一口 DC/シガー: 一口 USB:2口 LEDライト:1W
重量3.5kg出力波形正弦波

口コミを紹介

電源のないイベントでプリンターを使うために購入しました。いざ使うときになかなか電源が入らず?と思いましたが、問題なく使うことができました。3時間くらいプリンターを何度も使いましたが問題ありませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

seneo

ポータブル電源 S262 60000mAh

価格:18,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

急速USBポート搭載で大容量

seneoのS262ポータブル電源は、4つのUSBポートが搭載され、急速充電にも対応しているためスマホなどの充電に最適です。また冷却ファンを内蔵し、安全性の向上・電池の寿命の延長が期待でき、末長く使えそうなポータブル電源です。

バッテリー容量60000mAh充電方法コンセント、シガーソケット、ソーラー(別売)
出力周波数60HzポートACコンセント、USB出力ポート(4口)、DCポート(4口):
重量2.2kg出力波形正弦波

口コミを紹介

家庭用のACコンセントが2口あって、常設でも使い勝手が良いです。テレビにつないでいますが、映りが良くなり全く問題なく見れています。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

milcea

ポータブル電源 S300

価格:28,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

PD充電に対応した大容量ポータブル電源

milceaのS300は80000mAhの大容量バッテリーで、Type-C PD充電に対応しており、Macbookをはじめとするラップトップ、iPadProなどを急速に充電することが可能です。充電用のケーブルは3芯タイプなので、2芯に変換するプラグを別途用意しましょう。

バッテリー容量80000mAh充電方法コンセント、シガーソケット、ソーラー(別売)
出力周波数50Hz/60HzポートタイプC-PD出力、シガーライターソケット、DC×2、USB出力(2口)、AC コンセント (2口)
重量3.47kg出力波形純正弦波

口コミを紹介

主人に頼まれてタイムセールで購入しました。災害に備えて購入を検討していました。今回ラッキーなことにタイムセールでお安く買えたので嬉しいです。使い方も簡単で、自然放電も少ないので、キャンプや、万が一の停電などでも活用できると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

FLOUREON

ポータブル電源 純正弦波 220WH/60000mah

価格:16,080円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大容量コスパ抜群のバッテリー

FLOUREONのポータブル電源は7WAYの出力に対応し、様々な機器に電気を送ることができます。また各ポートはキャップが取り付けられ使用しない時でもホコリなどの侵入を防ぐことができ、細かい場所まで手が届く大容量ポータブル電源です。

バッテリー容量60000mAh充電方法コンセント、シガーソケット、ソーラー
出力周波数50Hz~60Hzポート2AC出力、4USBポート出力、1DC出力
重量2.3kg出力波形純正弦波

口コミを紹介

他社製品の同程度のものと比較してAC出力が300Wまであるため、熱源を伴うAC電源製品の使える用途が広がって便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

suaoki

ポータブル電源 S601

価格:19,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトで持ち運びに便利なポータブル電源

suaokiのポータブル電源S601は60000mAhの大容量バッテリーを搭載しつつ、軽量コンパクトな商品です。持ち出しの機会が多く他の荷物がかさばりがちな、ストリートミュージシャンの野外ライブやキャンプにおすすめの商品です。

バッテリー容量60000mAh/20000mAh充電方法コンセント、シガーソケット、ソーラー(別売)
出力周波数60HzポートACコンセント:AC100V/60Hz x 2、DC×2、USB×2
重量2.52kg出力波形正弦波

口コミを紹介

ストリートにて演奏の時、今までは発電機を使用していましたが、重くて管理が大変、うるさい、火気厳禁の場所では使用できないので、今回このポータブル電源を使ってみました。
結論から言うと、全く問題なく使用できました。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

Jackery

ポータブル電源 700

価格:79,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バッテリー容量194400mAhのモンスター電源

Jackeryの700はバッテリー容量194400mAhのモンスター級の超大容量ポータブル電源です。一般的な2000mAhのスマホなら約100回近くも充電できてしまうほどの容量を誇ります。可搬性よりもとにかく大容量!という方はこちらがおすすめです。

バッテリー容量194400mAh充電方法コンセント、シガーソケット、ソーラー
出力周波数60HzポートUSB×3、シガーソケット、AC×2
重量6.3kg出力波形純正弦波

口コミを紹介

キャンプ用に購入!一晩中充電していても1%も減らない驚異の耐久力で感動しました。車中泊やキャンプで普通に炊飯器が使えることになります。一日中使用しても十分余裕で使用できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

suaoki

ポータブル電源 S270

価格:13,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

持ち運びに最適なコンパクトポータブル電源

suaokiのS270は40700mAhのバッテリー容量を備えつつ、コンパクトサイズかつ1.3kgと軽量の持ち運びに最適なポータブル電源です。災害時の備えとはいえ、大きすぎる電源はイヤ。大きすぎると使わなくなりそうと心配している方はこちらがおすすめです。

バッテリー容量40540mAh充電方法コンセント、シガーソケット、ソーラー
出力周波数 60HzポートAC×2、DC×4、USB×3
重量1.3kg出力波形修正弦波

口コミを紹介

製品は驚くほど小さくて軽くて、ノートPCのバッテリのバックアップとして重宝しています。
家電にもデジタル製品にも使えますよ。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

Jackery

ポータブル電源 240

価格:25,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Jackeryの240シリーズ

Jackeryの240シリーズは66000mAhの容量を搭載したエントリーモデルです。JackeryはAppleの元バッテリエンジニアが設立し、2015年にリチウムポータブル電源を開発した先駆者です。海外でも有名なメーカーですので、こちらのエントリーモデルがおすすめです。

バッテリー容量66000mAh充電方法コンセント、シガーソケット、ソーラー
出力周波数60HzポートAC×1、USB×2、シガーソケット×1
重量3.2kg出力波形純正弦波

口コミを紹介

息子と釣りに行く際によく車中泊するのですが、200W上限のこのポータブル電源なら80Wの電気毛布が使えるので実際使ってみたところ一晩余裕で持ちました。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

FlashFish

FlashFish ポータブル電源

価格:16,107円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小型軽量ながらUSB急速充電可能

FlashFishのポータブル電源は、60000mAhの大容量バッテリーでありながら2.6kgの重量でUSBの急速充電ポートを備えた商品です。持ち運びしやすいためUSB対応機器を充電する機会が多い方にはおすすめできる商品です。

バッテリー容量60000mAh充電方法コンセント、シガーソケット、ソーラー
出力周波数60HzポートAC×2、DC×2、USB×3
重量2.6kg出力波形純正弦波

口コミを紹介

昨日届いてすぐにスマホの充電、USBを試しました。 充電されて納品してくれてたのでとても助かりました~
結果、安くて、軽くて、コンパクト、使いやすいシンプルさに大満足

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

Jackery

ポータブル電源 400

価格:44,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Jackeryの400シリーズ

Jackeryの400シリーズはシリーズの中間に当たるモデルです。110000mAhと超大容量のバッテリーを搭載し、価格も45000円程度とコストパフォーマンスも抜群です。下位モデルよりもバッテリーも大きくなっているため、10万mAh程度のバッテリーならこちらがおすすめです。

バッテリー容量110000mAh充電方法コンセント、シガーソケット、ソーラー
出力周波数60HzポートAC×1、USB×2、シガーソケット×1
重量3.6kg出力波形純正弦波

口コミを紹介

車中泊用に購入しましたが、期待以上の満足感があります。車中泊だけでなく、日常生活では、スマホの充電はもちろんのこと、ノートPC、テレビ、ビデオ、扇風機と、夜間に自室で使用する電化製品の多くの電力を賄えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

iMuto

M10

価格:18,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

DC、USBのみの使用ならコスパ最強

iMutoのM10は約2万円という低価格で、100500mAhもの大容量バッテリー、2.5kgで小型と、コスパ可搬性共に優れている商品です。ただし、AC出力は別売のコンバータが必要のため、DC、USBのみに使用する方にはコスパ最強と言えるでしょう。

バッテリー容量100500mAh充電方法コンセント、シガーソケット、ソーラー
出力周波数60HzポートDC×1、USB×5
重量2.5kg出力波形-

口コミを紹介

コンパクトで持ち運びに便利です。パワーもあり最高です。予定より早めに届いたので迅速な対応ありがとうございます。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

suaoki

ポータブル電源 G500

価格:59,880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

suaokiの最上位モデル

suaokiのG500はシリーズ最上位モデルです。137700mAhもの超大容量バッテリーを搭載したモンスターバッテリーで、USBは急速充電に対応しています。6.8kgと重量は重めですが、災害時用などの備えとしてポータブル電源をお探しならおすすめです。

バッテリー容量137700mAh充電方法コンセント、シガーソケット、ソーラー
出力周波数60HZポートAC×2、DC×2、シガーソケット×1、USB×3
重量6.8kg出力波形純正弦波

口コミを紹介

9月6日未明に北海道に起こった震災による停電で、非常用電源として活躍しました。我が家の停電は2日以上続きましたが、家族4人のスマホの充電と部屋の照明、情報収集のための液晶TV視聴などに使用しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

suaoki

ポータブル電源 大容量120000mAh

価格:41,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ジャンプスターター搭載で車載に最適モデル

suaoki ポータブル電源 大容量120000mAhは珍しい、ジャンプスターター機能を搭載しており、ドライブ中に車のバッテリーが上がってしまった際にも車を始動させることができ、車中泊やキャンプに最適なポータブル電源です。

バッテリー容量120000mAh充電方法コンセント、シガーソケット、ソーラー
出力周波数60HzポートAC×2、DC×2、シガーソケット×1、USB×3、ジャンプスタート×1
重量5.6kg出力波形純正弦波

口コミを紹介

同様量を車のバッテリーに求めたならとんでもない重さになるので大変ありがたい商品です。使用状況が数字で確認できるので空になるまでの目安を立てやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Anker

PowerHouse 200

価格:29,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

PD対応で可搬性抜群のPowerHouse

モバイルバッテリーで大人気のAnkerが発売するPowerHouse200は57600mAhの大容量バッテリーを搭載し、USB Type-C PD出力に対応し、MacbookなどのPD対応端末への急速充電が可能です。デザイン性にも優れ、使用しないときでもおしゃれな一台です。

バッテリー容量57600mAh充電方法コンセント
出力周波数60HzポートAC×1、USB×2、PD×1、シガーソケット×1
重量3.4kg出力波形正弦波

口コミを紹介

輪番停電など一時的な停電用に購入しました。全体的にはとても満足です。
15WのDC扇風機を最大風量で約12時間動作させることが出来ました。
AC電源を使用して約5時間で0%~99%まで充電出来ます

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Anker

PowerHouse

価格:49,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Anker最強のポータブル電源

120600mAhの超大容量バッテリーを誇るPowerHouseは、外装がアルミ仕上げで高級感が漂うモデルです。国内の各自治体の緊急時電源としても使用されています。120600mAh搭載で4.2kgと比較的軽量で最強のポータブル電源と言えるでしょう。

バッテリー容量120600mAH充電方法コンセント
出力周波数60HZポートAC×1、USB×4、シガーソケット×1
重量4.2kg出力波形正弦波

口コミを紹介

この前の台風20号の時、停電になり、暑い、暗いで大変でした。半年前に使って充電しておいてたのを思い出し引っ張りだして見てみるとまだ90%残ってたので、早速、扇風機と一緒に買っていたLED電球を使い助かりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

大容量ポータブル電源の選び方

災害時の備えや、アウトドアように1台もっておきたい大容量ポータブル電源ですが、たくさんの製品と専門用語が多く購入に迷いますよね。ここからは容量・周波数・波形などポータブル電源の選び方を解説します。

容量で選ぶ

ポータブル電源の容量は、mAhとWhの2種類の記載があることが大半です。mAhはスマホなどの端末充電では想像しやすいですが、AC出力などではわかりづらいです。AC出力での比較はWhをチェックするようにしましょう。

〜200Wh

スマホの充電がメインであったり、小型サーキュレーターなどさほど電力を要さない機器を充電する程度であれば〜200Whあれば対応可能です。200Whとはいえ、小型の電子機器のバッテリーを充電する程度であれば充分です。

350Wh〜

キャンプや車中泊など電気ケトルや小型冷蔵庫、電気毛布を使用する予定がある場合には350Wh〜のポータブル電源を選びましょう。バッテリーに関しては大は小を兼ねるので、容量が大きいものを選んでおくと後々役に立つでしょう。

予算で選ぶ

ポータブル電源は様々な価格帯で販売されており、安価な物から10万円を超える商品まであります。しかし、価格帯によって機能制限などがあるのも事実です。予算ごとの違いを紹介します。

10,000〜20,000円

予算1万円から2万円程度の予算であれば、AC出力の波形が疑似正弦波形のものがほとんどです。稼働しない家電もありますが、USB端子などスマホ充電など比較的ライトな用途ならば良いでしょう。

20,000〜30,000円

予算が2万円から3万円ほどあれば、AC出力の波形が正弦波の商品が購入できます。しかしかながら2〜3万円程度のラインナップ帯は出力電圧が低い物が多く、電子レンジやドライヤーは使用できない物が多いです。

30,000〜50,000円

予算が3万円から5万円であれば、各メーカーのフラッグシップモデルを購入できますので、緊急時の備えなど様々な家電に対応した商品が欲しいならば、予算が3万円から5万円程度あると安心です。

100,000円〜

予算が10万円以上ある場合は、業務用に匹敵するほどの大容量ハイパワー電源を購入することができます。またソーラーパネルを購入することができる予算ですので、非常用の備えとして購入したいなら10万円あれば安心です

充電方法で選ぶ

ポータブル電源を選ぶ上で大事な要素の一つである、充電方法については必ずチェックしましょう。主に家庭用コンセント・車用シガーソケット・ソーラーパネルからの充電の3種類です。

 

車用シガーソケット充電が可能な場合は車中泊やキャンプに持ち出す際に、車で充電可能なので、重宝することでしょう。

 

災害対策用にポータブル電源を検討している場合には、ソーラーパネルからの給電ができるものを選んでおくと、長期停電となった場合でも充電することができ安心してしようできるためお勧めです。

ポートで選ぶ

ポータブル電源を選ぶ上で、どの出力ポートがあるのか確認することが重要です。主にAC・DC・USB・シガーソケットの4種類です。

 

ACは一般的なコンセントの家電を使用する際に必要です。DCは小型家電に多い端子で、小型扇風機などに使われています。USB端子はスマホの充電などで必要で急速充電に対応しているものを選ぶと早く充電することが可能になるためお勧めです。

 

シガーソケットは車中泊をする際にあると便利なので、車中泊やキャンプをされる方はこちらがあるものを選ぶと良いでしょう。

重量で選ぶ

ポータブル電源を選ぶ上で外せない要素である重量ですが、軽いことによるメリットは、キャンプなど外で使用する際に持ち運びが楽で気軽に使うことができる点が大きいのではないでしょうか。

 

バッテリー容量が大きくなるほど、本体サイズ・重量共に大きくなるため、災害対策用として常備するものは重くても良いかと思いがちですが、重量が軽い製品の場合緊急時に階段の上り下りや他の部屋に移動させることが大変になる場合があります。

 

バッテリー容量と重量を天秤にかけ、自分の用途にあった商品を選びましょう。

出力波形で選ぶ

ポータブル電源のACポートには出力波長というものがあり、これには正弦波形疑似正弦波形の2種類があります。

 

出力波長とは字の通り、電力には波のような流れがあり、疑似正弦波形のACポートでは駆動しない家電もあります。

 

出力波長という項目があれば、「正弦波形」と記載があるものを選ぶことをおすすめします。

出力周波数で選ぶ

ポータブル電源のAC出力には出力周波数が記載されています。出力周波数とは50Hzと60Hzがあり、日本国内で大まかに西日本が50Hz、東日本が60Hzと供給されている電気の周波数に違いがあります。

 

家電によってはHzが合わないと正常に使用することができません。しかし、今ではほとんどの家電がヘルツフリーとなっておりHzを気にせずに使用できます。例外として、エアコンや冷蔵庫、電子レンジなどはHzの指定がされているものが多いです。

 

冷蔵庫や電子レンジなどを駆動させる予定がある場合は、お住まいの地域にあったHz、もしくは50Hz/60Hz両対応のモデルを選ぶと良いでしょう。

PSE検査合格品で選ぶ

モバイルバッテリーと同様、ポータブル電源もリチウムイオンバッテリーを内蔵しており、不慮の事故を防ぐためにも電気用品安全法に基づく技術基準に沿った「PSE検査」に合格している商品を選ぶ必要があります。

 

しかし現在ではPSE検査に合格していないと国内で販売することができないという規制ができたため大手通販サイトで購入すれば問題はありません。

 

しかしPSE認証されていても安価すぎるモデルは避け、できるだけ有名なメーカーの商品を選ぶことでより安心して使用することができるでしょう。

 

海外メーカーであっても保証期間が長かったり、アフターサポートが充実しているメーカーもありますので、販売ページで確認しておきましょう。

メーカーで選ぶ

ポータブル電源を選ぶ上で、リチウム電池を使用した商品だけあり、なるべく有名で安心できるメーカーの商品を購入したいですよね。ここからは有名で評判の良いメーカーを3つ紹介します。

Anker

Ankerは2011年にGoogle出身の数名の若者たちによって設立され、モバイルバッテリーや急速充電器などの製品が世界各国のユーザーから支持を集めています。Amazonでは4期連続でモバイルバッテリー販売数ナンバーワンを独占するほど人気のメーカーです。

 

Ankerのポータブル電源は、デザインや安全性に配慮しているのが特徴で、モバイルバッテリーで培った技術を用い、信頼性も高く人気を博しています。

Jackery

Jackery Incは2012年にAppleの元バッテリエンジニアにより米国シリコンバレーで設立されたメーカーです。最先端の研究開発および製造の専門知識を積み重ね、2015年に世界初のリチウムポータブル電源を開発したポータブル電源の先駆者です。

 

世界初のリチウムポータブル電源を開発したメーカーだけあって、安全性や機能にこだわって設計されていますので、安心して購入することができますよね。

suaoki

ポータブル電源を中心にソーラーチャージャーやジャンプスターター、レーザー距離計などの製品を扱うメーカーです。日本のほか、アメリカ、ドイツなど、6大陸35カ国以上の国で製品を展開するなど全世界で支持されているメーカーです。

 

suaokiは数多くのポータブル電源がラインナップされているのが特徴で、100Whレベルの小容量モデルから500Whの大容量モデルまで、自分の使用用途・予算に合わせて最適なモデルを選ぶことができます。

HITACHI

HITACHIは日本の大手家電メーカーですが、ポータブル電源も発売しています。日本製の大容量バッテリーをお求めならば、HITACHI製品をおすすめします。

大容量ポータブル電源のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5361810の画像

    Anker

  • 2
    アイテムID:5361806の画像

    Anker

  • 3
    アイテムID:5361802の画像

    suaoki

  • 4
    アイテムID:5361799の画像

    suaoki

  • 5
    アイテムID:5361796の画像

    iMuto

  • 6
    アイテムID:5361793の画像

    Jackery

  • 7
    アイテムID:5361789の画像

    FlashFish

  • 8
    アイテムID:5361786の画像

    Jackery

  • 9
    アイテムID:5361782の画像

    suaoki

  • 10
    アイテムID:5361776の画像

    Jackery

  • 11
    アイテムID:5361772の画像

    suaoki

  • 12
    アイテムID:5361769の画像

    FLOUREON

  • 13
    アイテムID:5361764の画像

    milcea

  • 14
    アイテムID:5361761の画像

    seneo

  • 15
    アイテムID:5361757の画像

    Smart Tap

  • 商品名
  • PowerHouse
  • PowerHouse 200
  • ポータブル電源 大容量120000mAh
  • ポータブル電源 G500
  • M10
  • ポータブル電源 400
  • FlashFish ポータブル電源
  • ポータブル電源 240
  • ポータブル電源 S270
  • ポータブル電源 700
  • ポータブル電源 S601
  • ポータブル電源 純正弦波 220WH/60000mah
  • ポータブル電源 S300
  • ポータブル電源 S262 60000mAh
  • PowerArQ mini
  • 特徴
  • Anker最強のポータブル電源
  • PD対応で可搬性抜群のPowerHouse
  • ジャンプスターター搭載で車載に最適モデル
  • suaokiの最上位モデル
  • DC、USBのみの使用ならコスパ最強
  • Jackeryの400シリーズ
  • 小型軽量ながらUSB急速充電可能
  • Jackeryの240シリーズ
  • 持ち運びに最適なコンパクトポータブル電源
  • バッテリー容量194400mAhのモンスター電源
  • コンパクトで持ち運びに便利なポータブル電源
  • 大容量コスパ抜群のバッテリー
  • PD充電に対応した大容量ポータブル電源
  • 急速USBポート搭載で大容量
  • コンパクトな大容量ポータブル電源
  • 価格
  • 49800円(税込)
  • 29800円(税込)
  • 41980円(税込)
  • 59880円(税込)
  • 18990円(税込)
  • 44800円(税込)
  • 16107円(税込)
  • 25800円(税込)
  • 13280円(税込)
  • 79700円(税込)
  • 19800円(税込)
  • 16080円(税込)
  • 28999円(税込)
  • 18999円(税込)
  • 32400円(税込)
  • バッテリー容量
  • 120600mAH
  • 57600mAh
  • 120000mAh
  • 137700mAh
  • 100500mAh
  • 110000mAh
  • 60000mAh
  • 66000mAh
  • 40540mAh
  • 194400mAh
  • 60000mAh/20000mAh
  • 60000mAh
  • 80000mAh
  • 60000mAh
  • 86400mAh
  • 充電方法
  • コンセント
  • コンセント
  • コンセント、シガーソケット、ソーラー
  • コンセント、シガーソケット、ソーラー
  • コンセント、シガーソケット、ソーラー
  • コンセント、シガーソケット、ソーラー
  • コンセント、シガーソケット、ソーラー
  • コンセント、シガーソケット、ソーラー
  • コンセント、シガーソケット、ソーラー
  • コンセント、シガーソケット、ソーラー
  • コンセント、シガーソケット、ソーラー(別売)
  • コンセント、シガーソケット、ソーラー
  • コンセント、シガーソケット、ソーラー(別売)
  • コンセント、シガーソケット、ソーラー(別売)
  • コンセント、ソーラー(別売)
  • 出力周波数
  • 60HZ
  • 60Hz
  • 60Hz
  • 60HZ
  • 60Hz
  • 60Hz
  • 60Hz
  • 60Hz
  • 60Hz
  • 60Hz
  • 60Hz
  • 50Hz~60Hz
  • 50Hz/60Hz
  • 60Hz
  • 60hz
  • ポート
  • AC×1、USB×4、シガーソケット×1
  • AC×1、USB×2、PD×1、シガーソケット×1
  • AC×2、DC×2、シガーソケット×1、USB×3、ジャンプスタート×1
  • AC×2、DC×2、シガーソケット×1、USB×3
  • DC×1、USB×5
  • AC×1、USB×2、シガーソケット×1
  • AC×2、DC×2、USB×3
  • AC×1、USB×2、シガーソケット×1
  • AC×2、DC×4、USB×3
  • USB×3、シガーソケット、AC×2
  • ACコンセント:AC100V/60Hz x 2、DC×2、USB×2
  • 2AC出力、4USBポート出力、1DC出力
  • タイプC-PD出力、シガーライターソケット、DC×2、USB出力(2口)、AC コンセント (2口)
  • ACコンセント、USB出力ポート(4口)、DCポート(4口):
  • AC:一口 DC/シガー: 一口 USB:2口 LEDライト:1W
  • 重量
  • 4.2kg
  • 3.4kg
  • 5.6kg
  • 6.8kg
  • 2.5kg
  • 3.6kg
  • 2.6kg
  • 3.2kg
  • 1.3kg
  • 6.3kg
  • 2.52kg
  • 2.3kg
  • 3.47kg
  • 2.2kg
  • 3.5kg
  • 出力波形
  • 正弦波
  • 正弦波
  • 純正弦波
  • 純正弦波
  • -
  • 純正弦波
  • 純正弦波
  • 純正弦波
  • 修正弦波
  • 純正弦波
  • 正弦波
  • 純正弦波
  • 純正弦波
  • 正弦波
  • 正弦波

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は大容量ポータブル電源の人気ランキング15選と選び方について解説しました。たくさんの製品がありますが、ポイントを押さえてお気に入りのポータブル電源を1台備えておきましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ