マーケティング本の人気おすすめランキング15選【2020年最新版】

記事ID8054のサムネイル画像

ビジネスがなかなかうまくいかないのは商品やサービスが悪いのでしょうか。もしかしたら売り方を間違えているのかもしれません。マーケティング本を読んで売り方を見直してみてはいかがでしょうか。ここでは人気のマーケティング本15冊を紹介しています。

マーケティング本を読んでマーケティング思考を身につけましょう

ビジネスはいい商品やサービスを提供しているからといって人気になるわけではありません。人気になるためにはマーケティングを行い、効率よくそれらを消費者に提供できるようにする必要があります。

 

ここではそんなビジネスに欠かせないマーケティングを学べる、人気のマーケティング本15冊をランキング形式で紹介したいと思います。紹介する本は実用性、読みやすさ、読者の評価を基準に選びました。

マーケティング本の人気おすすめランキング15選

15位

エムディエヌコーポレーション

沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲−

価格:2,376円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ストーリー仕立てになっていて初心者でもすらすら読める

マーケティングに関してあまり知らない初心者の方には、スムーズに読み進められる本がいいのではないかと思います。この沈黙のWebマーケティングはストーリー形式になっている文章を読み進めるだけでマーケティングを学べる初心者に優しい内容になっています。

 

元になっているのはWebに掲載されていた人気コンテンツで、それに新たなストーリーを追加し書籍化しました。最後まで気軽に読めてしまいますが学べる内容は本格的。まずはマーケティングがどのようなものかをざっくりと理解するためにこちらの本を読んでみるのをおすすめします。

発売日2015/1/30ページ数496ページ
著者松尾 茂起タイプ単行本

口コミを紹介

会話形式のストーリーは、まるで自分が体験しているかのように読めるので、
どんな時にどんな方法で、用途で、というのが体感しやすくて良かった。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

インプレス

いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本 人気講師が教える宣伝せずに売れる仕組み作り

価格:1,958円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人気シリーズのコンテンツマーケティング版

特定のジャンルを初心者にもわかりやすく、絶対に挫折しないよう教えてくれるインプレスの「いちばんやさしい教本」シリーズ。そのシリーズでコンテンツマーケティングを扱っているのが、このいちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本です。

 

コンテンツマーケティングとは一体なんなのかといった疑問もこの本を読めばすぐに理解することが出来ますし、実際にどのように活用されているのかも知ることが出来ます。

 

著者はイノーバというマーケティングサービス会社のCEOでもある宗像淳氏。コンテンツマーケティングを扱うプロが書いている本なので、身近なビジネスにも生かすことが出来る知識や考え方を知ることが出来ますよ。

発売日2015/10/23ページ数200ページ
著者宗像 淳タイプ単行本(ソフトカバー)

口コミを紹介

オンラインを使用し、どう商品を販売していくのか?
その道の進み方の一つの考えとしてコンテンツマーケティングがあります。
文字通り優しい内容なので初心者からでもOKです。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

東洋経済新報社

P&Gウェイ: 世界最大の消費財メーカーP&Gのブランディングの軌跡

価格:3,850円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

P&Gが世界一の企業になるまでに何をしたのか

誰しも一度はP&Gという企業名を聞いたことがあると思います。世界一の一般消費財メーカーで、日本でも同社の商品を見つけることが出来るほどの企業です。そのP&Gが世界一の企業になるまでにどのようなことを行ってきたのか、それを知ることが出来るのがこの本です。

 

当たり前のことですが、何も考えずに商品を売っているだけでは世界一の企業になることはできません。どういった経営やマーケティングを行うと世界一になることが出来るのか、この本ではその秘密が書かれています。

発売日2013/6/28ページ数380ページ
著者デーヴィス ダイアー、ロウェナ オレガリオなどタイプ単行本

口コミを紹介

創業から現在に至るまでの P&Gの歴史、ブランド、マーケティング流儀の確立や日本市場での教訓、世界への進出、中国への進出…これは歴史そのものです。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

ダイヤモンド社

データ・ドリブン・マーケティング

価格:3,080円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

データを生かすために知っておきたい指標を紹介

マーケティングは様々なデータを活用して、それをビジネスに繋げていきます。しかし数多くのデータを集めておきながら、実際にビジネスで生かすことが出来ずデータを腐らせてしまっていることも少なくありません。

 

そういったことがないようにするため、データを生かすために使える15の指標をこの本では紹介しています。

 

著者のマーク・ジェフリー氏はマイクロソフトやインテルでもコンサルティングをするほどの人物で、そういった世界トップ企業でも使われることのある様々なデータ活用術をこの本で学んでみてはいかがでしょうか。

発売日2017/4/20ページ数380ページ
著者マーク・ジェフリータイプ単行本

口コミを紹介

デジタルマーケティングのケースが具体的に記載されており、学びある内容が多い。これからのマーケターにとって必携書。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

KADOKAWA

新訳 ハイパワー・マーケティング

価格:2,310円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

具体例が豊富でビジネスに生かしやすい

様々な理論が書かれている本はマーケティングを学ぶ際には非常にためになりますが、実際のビジネスにどう生かすかを書かれている本のほうが嬉しいと感じる方も少なくないと思います。

 

KADOKAWAが出版している新訳ハイパワー・マーケティングはそんな方にぴったりの、豊富な具体例が書かれているマーケティング本になります。

 

同書がアメリカで出版されたのは2005年でかなり古い本にはなりますが、今でも十分に生かせる内容が書かれているため、マーケティングを学ぶ方は必ずと言っていいほど一度はチェックする書籍です。

発売日2017/10/27ページ数312ページ
著者ジェイ・エイブラハムタイプ単行本

口コミを紹介

題名に偽り無し。
まさしくハイパワーなマーケティングの書。
これさえ読み込めば、売り上げなんて簡単に上がります。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

翔泳社

THE MODEL

価格:1,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

新しい時代にあった営業活動を詳しく紹介

インターネットが登場し、だれもがスマートフォンを使う時代になって営業の形は大きく変わりつつあります。今の新しい時代にあった営業活動とはどういったものなのか、それを紹介しているのがTHE MODELです。

 

著者の福田康隆氏はこの本で「マーケティング、インサイドセールス、営業、カスタマーサクセス」というプロセスがあると紹介しています。それ以外にも経営する側の視点や人材に関してまで幅広い内容について述べています。

発売日2019/1/30ページ数328ページ
著者福田 康隆タイプ単行本(ソフトカバー)

口コミを紹介

マーケティング、インサイドセールス、営業、カスタマーサクセスという一連の部門で何をするべきかが纏まって書いてあり、お互いの部門が本来は何を期待しているのか何を提供するべきなのかを端的に書いてありとても参考になります。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

日経BP

世界最先端のマーケティング 顧客とつながる企業のチャネルシフト戦略

価格:1,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マーケティングの新しい形とは

Web通販サービス最大手のAmazonがなぜリアル店舗を展開するのか疑問に思った方は多いのではないかと思います。しかしそこには最先端のマーケティング戦略が隠されていると著者は考察しています。

 

この世界最先端のマーケティングという本の中では、ネットとリアルが融合した世界で活用されている新たなマーケティングについて紹介されています。

 

ネットとリアルを別物として考えるのではなく、つながっているものとして考える「チャネルシフト」という新しい考え方は一読の価値ありです。

発売日2018/2/22ページ数256ページ
著者奥谷 孝司、岩井 琢磨 タイプ単行本

口コミを紹介

オンラインとオフラインの融合は非常に興味深い発想です。非常に読みやすく、理解しやすい本です。これからのデジタルマーケティングや流通チャネルについて勉強したい方々に強くお勧めします。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

ハーパーコリンズ・ ジャパン

ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム

価格:2,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

どうして人はモノを買うのか

私たちは日ごろ様々なモノを購入していますが、モノを購入するのには理由があります。この本で書かれているジョブ理論というのは、購入者はモノを利用してやり遂げたいジョブがあるはずであり、それを達成するために私たちはモノを雇用しているという考え方です。

 

そういった考え方を用いながら人はどうしてモノを買うのかといったことを考察していきます。著者は多くのビジネス書ベストセラーを書いてきたクレイトン・M・クリステンセン。本書も世界中で注目を集め、日本でも話題となった一冊です。

発売日2017/8/1ページ数392ページ
著者クレイトン M クリステンセン、タディ ホールなどタイプ単行本

口コミを紹介

新しい視点の当て方を学んだ。
クリステンセン氏の経営理論は、どれも面白い。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

東洋経済新報社

the four GAFA 四騎士が創り変えた世界

価格:1,285円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

GAFAがどのように世界を支配した方法とは

世界を変えたと言われる4つの企業GAFAをご存じでしょうか。GAFAはGoogle、Apple、Facebook、Amazonの頭文字をとったもので、現在のわたしたちの生活はこれらの企業抜きには考えられません。

 

GAFAはどのようにしてこれほどの企業になったのか、GAFAに並ぶ企業は生まれてくるのかといったことがこの本では書かれています。

 

著者はニューヨーク大学でブランド戦略やデジタルマーケティングを教えるスコット・ギャロウェイ教授。マーケティングという目線で見ても興味深い本になっていますよ。

発売日2018/7/27ページ数480ページ
著者スコット・ギャロウェイタイプ単行本

口コミを紹介

GAFAはこれから数年~数10年の世界経済を左右しそうです。社会人なら読んでおくべきかと。
それぞれの企業の、スタイルというか色を、わかりやすく解説してあります。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

宣伝会議

なぜ「戦略」で差がつくのか。―戦略思考でマーケティングは強くなる―

価格:1,960円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

戦略が正しく理解できていないと感じる方に

頭では戦略が大切だということは分かっているけれど、どのようなことなのかいまいち分かっていないという方もいると思います。そんな方に紹介したいのが音部大輔氏が書いたなぜ「戦略」で差がつくのか。という本です。

 

この本では戦略とは何か、戦略があるとどういった点で有利になるのかなどから始まり、実際に戦略を組み立てるにはどうしたらいいのかといった考え方まで紹介されています。

発売日2017/3/10ページ数320ページ
著者音部 大輔タイプ単行本

口コミを紹介

マーケティングの本ではあるが、戦略の考え方をどうやって効果に結びつけるかが書いてある。効果とは、今晩の美味しい食事だったり、魅力的な家の購入だったり、戦争の勝利だったりする。通底する考えをマーケティングを通して見ることができる。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

KADOKAWA/角川書店

確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力

価格:3,520円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ビジネスの勝率を上げるために出来ることとは

著者の森岡毅氏は日本のトップマーケターと評されるほどの人物で、経営が行き詰まっていたUSBを復活させた人物として有名です。その森岡氏が語るUSJを復活させた数学マーケティングの手法がこの本では書かれています。

 

森岡氏はビジネス戦略の成否は確率で決まっていると考え、どうすればその勝率を上げられるのかを数学マーケティングで導き出すことができると言います。

 

マーケティングに数学を用いているので内容が難しそうと感じられるかもしれませんが、難しい内容でもしっかりと理解できるよう細かな説明も書かれているので、あまり数学が得意ではない方でも読み進めることができますよ。

発売日2016/6/2ページ数311ページ
著者森岡 毅、今西 聖貴タイプ単行本

口コミを紹介

「とりあえず、マーケティングに関わる人は全員読むべきかと。」とAmazonレビューにあるが、そのとおりだと思う。手元に置いて何度も読み返す類の実用書。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

青春出版社

ドリルを売るには穴を売れ

価格:1,572円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マーケティングの基礎から知りたい方に

これからマーケティングについて学ぼうと考えている方に紹介したいのが佐藤義典の書いたドリルを売るには穴を売れという本です。基本的な理論を中心に書かれている本で、それを初心者でもわかりやすく理解できるように書かれています

 

各章にはイタリアンレストランをマーケティングを使って再生していく小説も書かれているので、実際にどのような形でマーケティングを生かすことが出来るのかも知ることが出来ます。

 

この本を読むと、これまで気づくことのできなかったビジネスで本当に大切な部分を知ることが出来るはずですよ。

発売日2006/12/23ページ数256ページ
著者佐藤 義典タイプ単行本(ソフトカバー)

口コミを紹介

マーケティングの基礎や本質を書いてくれているだけでなく、
実際にその基本をどのように役立てるのか(本書の中ではレストラン)も、
分かるようになっていて、非常にわかりやすく読みやすい本だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

KADOKAWA/角川書店

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

価格:1,512円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

赤字体質だったUSJを変えた方法

話題性はあったものの、なかなか経営がうまくいっていなかったUSJ。そこで起用されたのがこの本の著者である森岡毅氏でした。森岡氏はマーケティングの手法を用いて赤字だったUSJを復活させ、集客数日本一にすることに成功しました。

 

赤字だったUSJがどのようにして復活したのか、どうしてそこまで成功させることができたのか、この本ではその復活の要因であるマーケティングの重要性が細かく説明されています。

 

ランキングの5位で紹介している同氏の確率志向の戦略論とあわせて読んでみるのをおすすめします。

発売日2016/4/23ページ数261ページ
著者森岡 毅タイプ単行本

口コミを紹介

マーケティングの基本が戦略・戦術といった軍事用語を用いてわかりやすく説明されていて(マーケティング自体がアメリカで発達したため、当然なのですが)、門外漢でも楽しめました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

海と月社

ポジショニング戦略

価格:1,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マーケティング界に新しい風を吹き込んだ良書

マーケティングにはポジショニング理論という考え方があります。消費者に自社の商品はほかの商品とは違うというイメージを植え付けると、有利にビジネスを進めることが出来るという考え方です。

 

このポジショニング戦略という本は世界で初めてポジショニング理論を提唱した書籍ということで注目を浴び、現在でもマーケティングを学ぶのにうってつけな良書として読まれ続けています。

 

具体例の数も多く、どのような場面で生かすことができる考え方なのかもすぐに理解できるのもうれしい点です。

発売日2008/4/14ページ数272ページ
著者アル・ライズ、ジャック・トラウトなどタイプ単行本(ソフトカバー)

口コミを紹介

有名なマーケティングの教科書のようで、多くの方から勧められたので、間違いないです。
なるほど、というような中身の詰まった内容です。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

東洋経済新報社

コトラーのマーケティング・コンセプト

価格:2,420円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マーケティングの第一人者がビジネスマン向けに書いた一冊

マーケティングを学んでいると必ずフィリップ・コトラーという名前を耳にすることになると思います。現代マーケティングの第一人者と言われる人物で、彼が書いた本はマーケティングを学ぶ上で欠かせない本ばかりです。

 

ですが彼の本はページ数も多く、研究者以外の方にはなかなか読まれませんでした。そこで一般の方でも読みやすいように書かれたのが、このコトラーのマーケティング・コンセプトという本です。

 

マーケティングで重要ないくつかのコンセプトを中心に書かれていて、ビジネスにすぐに生かせる内容にまとめられています。具体例も豊富なので、身近なビジネスと比較しながら読んでみてはいかがでしょうか。

発売日2003/5/2ページ数208ページ
著者フィリップ・コトラータイプ単行本

口コミを紹介

本書はマーケティングで理解しておくべき80の重要なコンセプトが学べる本だ。各コンセプトがエッセンス主体でまとめられていて、まるで辞書のように拾い読みできる点が良い。

出典:https://www.amazon.co.jp

マーケティング本の選び方

マーケティングの本は数多くありますが、どれが自分に合っているのかが分からず悩んでしまうこともあると思います。そこでここからはそんな方のために、マーケティング本の選び方も紹介してみようと思います。

マーケティング理解度で選ぶ

マーケティングのことをどの程度知っているのかをまず確認しておきましょう。0から学ぼうと考えているのか、それともある程度マーケティングの知識があるのか。自分のレベルに合わせた書籍選びをしてみましょう。

気軽に基礎を学びたいならマンガ本

今回のランキングではほとんど紹介していませんが、気軽にマーケティングを学んでみようと思う方にはマンガ形式になっているものや小説形式になっているものをおすすめします。

 

日頃から本を読んでいない方だと、活字を読み続けるのはなかなかの負担になってしまいます。マンガ形式なら文字を読みつつ絵でも状況を理解できるので、スムーズにマーケティングのことについて知ることが出来ますよ。

 

マンガ形式の本で学ぶことに抵抗がある方もいるかもしれませんが、最近のものは専門家がしっかりと監修しているので、最低限の知識を身に着けるには十分な内容になっています。

本格的に学び始めたい人向けの入門本

これからマーケティングを学び始める方は、最初から難易度の高い本を読もうとせず、マーケティングがどのようなものなのかを知れる入門用の本を選んでみてください。ある程度どのようなものかを知った後に難易度の高い本を読んだほうが、本の理解度が高まります。

 

今回のランキングでは14位の「いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本」、4位の「ドリルを売るには穴を売れ」などがこれに当てはまります。

 

 

マーケティングの基礎を理解している人向けの本

マーケティングがどのようなものかをある程度理解できている方は、実例が書かれているものや、理論を紹介している本を選んでみてはいかがでしょうか。

 

実例や具体例が書かれているものは実際のビジネスにも生かしやすいですし、理論を学ぶことによって新しいマーケティング手法を思いつくということもあります。学ぶだけでなく、実際にどのような手法を使おうかと考えながら本選びをするといいでしょう。

内容で選ぶ

どういった内容を知りたいのかによって選ぶこともできます。マーケティングの考え方をしりたいのか、それとも自分のビジネスでその手法を使いたいのか。どちらの知識が欲しいのかを意識して選んでみてください。

理論

知識としてマーケティングを知りたい、マーケティングとはどういった考え方の結果行き着くものなのかなど、マーケティングそのものに興味がある方は理論を中心に書かれている本を選んでみるといいでしょう

 

そのままでは自分たちのビジネスや生活などに生かすことが出来ないこともありますが、新しい考え方をひらめくきっかけになることもありますよ。

具体例

自分のビジネスでもマーケティングを用いてみたいという方は、具体例が多い本を選ぶのがおすすめです。なぜかというと、マーケティングの手法を知っていても使い方が分からなければ意味がないからです。

 

こういった場合はこの手法が、このような時にはこういったことを試してみたほうがいい、といったように具体的な例が挙げられているもののほうが、簡単に自分のビジネスに生かすことが出来ますよ。

発売日で選ぶ

マーケティングはどんどん新しい手法が生まれてきます。過去に名著と言われていた本でも、現在では用いられなくなった手法ばかりを紹介している、なんてこともあります。

 

もちろん長い間読まれ続けている本もありますが、書かれている内容が古くなっていないかどうかを確認してから購入することをおすすめします。

著者で選ぶ

著者も購入前にチェックしておいてもらいたいポイントのひとつです。マーケティングといってもコンテンツマーケティングやWebマーケティングなど様々なものがあるため、著者によって得意分野も違います

 

どんなマーケティングについて知りたいのか、著者の得意分野は何なのかをしっかりとチェックしておくと、知りたい分野の知識を手に入れることができますよ。

ジャンルで選ぶ

マーケティングと言っても様々な種類があります。どういったビジネスでマーケティングを活用したいのかによって選ぶマーケティングの本は変わってきます。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、Web上のコンテンツで潜在的な消費者を呼び込み、コンテンツのファンになってもらった方に商品を購入してもらおうとする手法のことを言います。10年ほど前から注目を集めるようになった手法で、現在では多くの企業がこの手法を用いています。

 

 

Webマーケティング

WebマーケティングとはWeb上に広告を出したりWebサイトを検索エンジンに引っ掛かりやすくすることによって、多くの人に商品やサービスなどを認識してもらったり販売したりする行為全般を指します。Webマーケティングという言葉が表す範囲は非常に幅広く、その手法も豊富です。

マーケティング本のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5327917の画像

    東洋経済新報社

  • 2
    アイテムID:5327916の画像

    海と月社

  • 3
    アイテムID:5327915の画像

    KADOKAWA/角川書店

  • 4
    アイテムID:5327914の画像

    青春出版社

  • 5
    アイテムID:5327912の画像

    KADOKAWA/角川書店

  • 6
    アイテムID:5327911の画像

    宣伝会議

  • 7
    アイテムID:5327909の画像

    東洋経済新報社

  • 8
    アイテムID:5327908の画像

    ハーパーコリンズ・ ジャパン

  • 9
    アイテムID:5327907の画像

    日経BP

  • 10
    アイテムID:5327906の画像

    翔泳社

  • 11
    アイテムID:5327905の画像

    KADOKAWA

  • 12
    アイテムID:5327903の画像

    ダイヤモンド社

  • 13
    アイテムID:5327901の画像

    東洋経済新報社

  • 14
    アイテムID:5327900の画像

    インプレス

  • 15
    アイテムID:5327897の画像

    エムディエヌコーポレーション

  • 商品名
  • コトラーのマーケティング・コンセプト
  • ポジショニング戦略
  • USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門
  • ドリルを売るには穴を売れ
  • 確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力
  • なぜ「戦略」で差がつくのか。―戦略思考でマーケティングは強くなる―
  • the four GAFA 四騎士が創り変えた世界
  • ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム
  • 世界最先端のマーケティング 顧客とつながる企業のチャネルシフト戦略
  • THE MODEL
  • 新訳 ハイパワー・マーケティング
  • データ・ドリブン・マーケティング
  • P&Gウェイ: 世界最大の消費財メーカーP&Gのブランディングの軌跡
  • いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本 人気講師が教える宣伝せずに売れる仕組み作り
  • 沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲−
  • 特徴
  • マーケティングの第一人者がビジネスマン向けに書いた一冊
  • マーケティング界に新しい風を吹き込んだ良書
  • 赤字体質だったUSJを変えた方法
  • マーケティングの基礎から知りたい方に
  • ビジネスの勝率を上げるために出来ることとは
  • 戦略が正しく理解できていないと感じる方に
  • GAFAがどのように世界を支配した方法とは
  • どうして人はモノを買うのか
  • マーケティングの新しい形とは
  • 新しい時代にあった営業活動を詳しく紹介
  • 具体例が豊富でビジネスに生かしやすい
  • データを生かすために知っておきたい指標を紹介
  • P&Gが世界一の企業になるまでに何をしたのか
  • 人気シリーズのコンテンツマーケティング版
  • ストーリー仕立てになっていて初心者でもすらすら読める
  • 価格
  • 2420円(税込)
  • 1980円(税込)
  • 1512円(税込)
  • 1572円(税込)
  • 3520円(税込)
  • 1960円(税込)
  • 1285円(税込)
  • 2200円(税込)
  • 1980円(税込)
  • 1980円(税込)
  • 2310円(税込)
  • 3080円(税込)
  • 3850円(税込)
  • 1958円(税込)
  • 2376円(税込)
  • 発売日
  • 2003/5/2
  • 2008/4/14
  • 2016/4/23
  • 2006/12/23
  • 2016/6/2
  • 2017/3/10
  • 2018/7/27
  • 2017/8/1
  • 2018/2/22
  • 2019/1/30
  • 2017/10/27
  • 2017/4/20
  • 2013/6/28
  • 2015/10/23
  • 2015/1/30
  • ページ数
  • 208ページ
  • 272ページ
  • 261ページ
  • 256ページ
  • 311ページ
  • 320ページ
  • 480ページ
  • 392ページ
  • 256ページ
  • 328ページ
  • 312ページ
  • 380ページ
  • 380ページ
  • 200ページ
  • 496ページ
  • 著者
  • フィリップ・コトラー
  • アル・ライズ、ジャック・トラウトなど
  • 森岡 毅
  • 佐藤 義典
  • 森岡 毅、今西 聖貴
  • 音部 大輔
  • スコット・ギャロウェイ
  • クレイトン M クリステンセン、タディ ホールなど
  • 奥谷 孝司、岩井 琢磨
  • 福田 康隆
  • ジェイ・エイブラハム
  • マーク・ジェフリー
  • デーヴィス ダイアー、ロウェナ オレガリオなど
  • 宗像 淳
  • 松尾 茂起
  • タイプ
  • 単行本
  • 単行本(ソフトカバー)
  • 単行本
  • 単行本(ソフトカバー)
  • 単行本
  • 単行本
  • 単行本
  • 単行本
  • 単行本
  • 単行本(ソフトカバー)
  • 単行本
  • 単行本
  • 単行本
  • 単行本(ソフトカバー)
  • 単行本

まとめ

マーケティング本の人気おすすめランキング15選と選び方を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。ここで紹介した内容を参考にして自分にあった本を見つけてみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ