【2021年最新版】ギャフの人気おすすめランキング15選【イカや青物にも】

記事ID7894のサムネイル画像

エギングをする際に便利なギャフ。ギャフは青物より主にイカに用います。ギャフにはさまざまな種類があるため、どれを選べばいいかわからないですよね。そこで今回はギャフの選び方と、シャフトの長さや重さなどを基準にギャフのおすすめランキングをご紹介します。ギャフで快適なショアジギングを楽しみましょう。

エギングの際に便利なギャフ

ギャフはエギングの際に重宝するランディングアイテムです。先端が5、6本の針状になっており、多くの場合はイカに用いられます。大物の青物には針が1本のかぎ針タイプが用いられることが多いです。

 

イカにしろ青物にしろ、タモでいいのではないかと思っている方もいるでしょう。特にイカギャフはイカにしか使えないため、不必要と思われていることも。しかしエギングにギャフを使うと、便利なメリットがたくさんあるんです。

 

そこで今回は、ギャフの選び方とおすすめ商品をランキング形式でまとめました。ランキングはギャフの長さ・重さ・価格・使いやすさなどを基準にしています。ギャフの使い方やメリットやデメリットも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ギャフの選び方

ギャフにはさまざまな種類があります。価格や釣りに行く場所の形状などによって、自分に合ったギャフを選ばなければなりません。ギャフの選び方をご紹介していきましょう。

タイプで選ぶ

ギャフにはギャフ単体で使用するタイプと、ギャフとタモをつけ替えられるタイプがあります。それぞれにメリットのある2つのタイプをご紹介します。

「持ち運びやすさ」を重視する人にはランディングシャフトに取りつけるタイプがおすすめ

持ち運びに便利なギャフがいい方には「タモ用ランディングシャフトに取りつけるタイプ」がおすすめです。先端部と柄の部分がバラバラになっており、釣り場でつけ替えて使用します。このタイプはとてもコンパクトなので収納スペースに困りません。

 

このタイプはエギング上級者に向いているタイプともいわれています。購入の際は店頭などで手に取り、よく確認してみましょう。

「安全面や使いやすさ」を重視する人にはランディングシャフト一体型タイプがおすすめ

ギャフとランディングシャフトが一体型になったタイプは「安全面に優れている」ことが多いです。ギャフを初めて使う方には一体型タイプがおすすめです。またこのタイプは「使いやすさ」にも優れていることが多いです。

 

シャフトを伸ばすとギャフがカバーから出ることになるため、使用時の利便性や「移動時の安全性が高い」特徴があります。またタモとギャフを2つ持ち運ぶのが面倒な方にも一体型のギャフがおすすめです。

シャフトの長さで選ぶ

ギャフのシャフトの長さもさまざまです。ここでは、どのような場面でどのくらいの長さが適切かを解説します。

足場が高くないなら「3m~4m」がおすすめ

シャフトの標準的な長さは3m程度です。足場が高くない場所へ釣りに行く場合のシャフトの長さは「3から4m」程度がおすすめです。シャフトが短くなればその分軽くて持ち運びもしやすくなるメリットがあります。

足場が高いなら「4m以上」がおすすめ

足場が高い場所へ釣りに行く場合のシャフトの長さは「4m以上」がおすすめです。ギャフが水面まで届くことが大切です。長いものは6から7mにもなり、シャフトが長い方が汎用性が高くなります。しかしその分持ち運びもしにくくなるため注意しましょう。

持ち運びに便利な「軽い」ギャフがおすすめ

ギャフの「重さ」も重要なポイントです。できるだけ「軽い」ものを選ぶことをおすすめします。一般にギャフはタモよりも軽いですが、長時間の釣りにも耐えられる「重さ」のギャフを選びましょう。

 

ギャフが長くなればその分「重量」も増すため、持ち運ぶ際も使用時も使いにくく感じることも。メーカーによっても「重さ」が変わるため、メーカーの特徴などもチェックしておくことをおすすめします。

エギングをする人には「先端の形状」が複数のギャフがおすすめ

ギャフの「先端の形状」はメーカーや釣る対象によって異なります。イカギャフの場合は「先端」が5、6本の針になっています。商品の情報に青物に向いているかイカに特化しているかなどの表記があるため、よく確認して使いやすい形状を選ぶことをおすすめします。

使う対象で選ぶ

ギャフを使う対象は主にイカですが、青物に用いる場合もあります。どんな対象に使いたいかでギャフの種類を選びましょう。

エギングでイカに使いたい人には「イカギャフ」がおすすめ

エギングをしてイカにギャフを使いたい方には「イカギャフ」がおすすめです。「イカギャフ」は先端が5本から6本ほどの鋭い針になっており、ぬめりのあるイカを引っかけやすくなっています。

青物に使いたい人には「フィッシュギャフ」がおすすめ

大型の青物にもギャフを使いたいことがあるでしょう。青物などの大物にギャフを使いたい方には「フィッシュギャフ」がおすすめです。先端がカギ針のような形になっており、ロッドを折ることなく魚をランディングすることができます。

移動時や使用時に「使いやすい」ギャフがおすすめ

ギャフの「使いやすさ」もギャフを選ぶ際のポイントです。移動時や使用時の「利便性」をチェックしましょう。振り出すだけで安全カバーから自動でギャフが飛び出すタイプなどもあります。

 

肩にかけられるものやカラナビがついているタイプもありますが、あとから自分でカスタマイズすることもできます。無理に最初から付属品があるものを選ばない選択肢もあります。

移動時や使用時の「安全性」に優れたギャフがおすすめ

ギャフは先端が針のように鋭いため、思わぬケガをしないように「安全性」をチェックすることも大切です。特に初めてギャフを使う方は「安全性」に優れたギャフがおすすめです。

 

先端を保護するカバーがついたものや、使用時に自動で先端が飛び出るタイプなどがおすすめです。

初心者には価格の「安い」ギャフがおすすめ

ギャフの相場は「1000から15000円」程度です。エギング初心者は「1000円」程度のギャフから使用することをおすすめします。上級者なら「5000から10000円」ほどのギャフを選んでもいいかもしれません。

 

しかし価格が安いからといって機能性に優れていないわけではありません。店頭などで実際に重さや長さ、使いやすさなどをチェックしてみましょう。

コスパを確認したい人は「口コミやレビュー」をチェックするのがおすすめ

Amazonや楽天市場などの口コミやレビュー」を参考にするのもおすすめです。ギャフは実際に使ってみないとわからない部分が多いため、実際に使用した方の意見をチェックしてみましょう。実際のコストパフォーマンスをチェックすることもできます。

メーカーで選ぶ

ギャフはメーカーによって特徴があります。価格や使いやすさに違いがあるため、自分に合ったメーカーで選ぶのもいいでしょう。

品質が高く価格も高めな「Daiwa(ダイワ)」

「Daiwa(ダイワ)」はグローブライド株式会社の釣り具ブランド名です。大手として有名ですが、価格が高めです。質のいいメーカーとして人気がありますが、初心者向けではないといえるでしょう。

ミニなど携帯しやすいタイプもある「大阪漁具株式会社(OGK)」

「大阪漁具株式会社(OGK)」は釣り具やスポーツ用品メーカーです。「OGK」はミニサイズのギャフを販売しており、携帯しやすいタイプとしておすすめです。このタイプにはカラビナもついていて使い勝手のいいギャフです。

ギャフの人気おすすめランキング15選

コンパクトでさまざまな用途に

さまざまな魚に対応したコンパクトなギャフが欲しいと考えている方におすすめです。サビに強いステンレス鋼を用いています。魚を運んだりハリを外すなどの用途もさまざまです。色の選択はできない仕様になっています。

 

「青物でもイカでもかけられた」「いろいろと引っかけられて便利」と口コミでも評判です。万能なフィッシュギャフとして重宝されています。

サイズ 重量 82g
ネイビー・イエロー

口コミを紹介

実際に6キロオーバーのマダイをクーラーに入れたときは、全く手を汚さずに済み、こんなに便利なら早く買っておけばよかったと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

シンプルなギャフ

さまざまな魚に対応したシンプルなギャフが欲しいと考えている方おすすめです。初心者にもおすすめです。手になじむデザインで持ちやすいのもポイントです。安価ながらにしっかりとした作りのため、コストパフォーマンスもいい商品です。

サイズ 42cm 重量 120g
ブラウン

口コミを紹介

かなり大きなものをひっかけても大丈夫でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

特許のギャフ

落とし込みダブルギャフは、特許をとった技術で高場から1人で下にいる魚にギャフをかけることを実現しました。5mを超える高場から10kg級の青物であっても1人で取り込めると、メーカーが自信をもって宣伝している商品です。

 

1人で大きな青物を釣り上げたい方におすすめです。

サイズ 17cm 重量 590g
シルバー

口コミを紹介

早速、岸壁でのシーバス釣りで使用しました。YouTubeで使い方を予習していったので、簡単に一人で取り込みが出来て本当に買ってよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

シンプルで使いやすい

シンプルなギャフを購入したいと考えている方におすすめです。シーバスなどのランディングに。硬質ステンレス使用しており、とても錆びにくく丈夫です。長く愛用できるようなギャフを探している方におすすめです。

サイズ 重量 55g
ゴールド

口コミを紹介

足場の高い場所での青物狙いに購入。軸径は5mm、軽いチカラでサクサク刺さります。コンパクトで持ち運びしやすいです。見た目は華奢ですが、8㎏クラスまでの魚を20本ほど取り込みましたが問題ありませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

女性にも扱いやすい大物向けのギャフ

魚に対応したギャフがほしい方におすすめです。大物を引っかけたり魚をしめたりするのに最適です。高品質アルミ素材を採用しており、とても軽くて丈夫。女性にもお勧めです。先端には保護ゴムがついているため、安全性にも配慮しています。

サイズ 200mm 重量 420g
ブルー

口コミを紹介

コンパクトな寸法で持ち運びは良さそうです。
80センチまでのシーバスなら問題ないかと。5キロ超えるとキツイかもしれません。

出典:https://www.amazon.co.jp

使いやすいと話題

手持ちの玉の柄に取りつけるとイカギャフとして使えるようになります。玉の柄を持っているなら、とても安価で便利な商品です。コストパフォーマンスのいいギャフを探している方におすすめです。シンプルで使いやすいため初心者にもおすすめです。

サイズ 98mm 重量 90g
シルバー

口コミを紹介

タモの柄を変えることで状況に合わせた使用ができる点が便利です。3ヶ月ほど使用、短期間なので参考になるかは分かりませんが劣化なしです。

出典:https://www.amazon.co.jp

コンパクトで初心者にもおすすめ

コンパクトなギャフがほしい初心者におすすめのギャフです。カラビナつきで持ち運びにも便利です。先端部が白色になっており、ランディングの際に狙いをさだめやすい工夫がされています。

サイズ 350cm 重量 355g
グリーン

コスパはいいと思います。先端が白くて見やすいので夕方の見にくい時も、掛け損じることも少ないと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

比較的安いため初心者にもおすすめ

比較的安価な商品が多いメーカーなので、初心者にもおすすめです。ショートという名前ながら390cmまで伸びるため、使い勝手も悪くありません。多少足場が高くても活躍してくれます。

サイズ 約390cm 重量 396g
イエロー

口コミを紹介

この長さで、この値段、実用性、おススメです。アオリイカ1kgあげるのにも数度ミスするぐらいで、取り逃がしたことありません。伸びも良く、下に向けるとスムーズに伸びます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ギャフやタモを取りつけて使う

ギャフやタモを取りつけて使うランディングポールです。ギャフとタモは別売りなので別に購入する必要があります。イカだけでなくさまざまな釣りの場面で活躍します。ショルダーベルトつきで持ち運びやすいタイプです。

 

4m、5m、6mの展開があり、用途に合わせて選ぶことができます。

サイズ 500cm 重量 587g
ブラック

口コミを紹介

お値段と長さと丈夫さを考えるとコレになりますよね。色々探して使って思ったことが丈夫さ!コレなら安心!取り込みも不安無し!

出典:https://www.amazon.co.jp

コンパクトで持ち運びに便利

コンパクトなサイズのイカ専用ギャフを求める方におすすめです。カラビナ付属で持ち運びに便利な小さめのサイズながら、耐久性も高いタイプです。先端は6本の針になっています。素材はグラス繊維が用いられています。

 

鮮やかな赤と黒のカラーリングも魅力のひとつです。

サイズ 約300cm 重量 263g
レッド

口コミを紹介

実物を触ってみると想像以上に軽くてコンパクト。このサイズ感なら全長3Mでも納得です。

出典:https://www.amazon.co.jp

ステンレス製の針で耐久性抜群

ステンレス製の針を使用したイカギャフです。サビにくく耐久性が高い特徴があります。3m、5m、6mのサイズ展開があり、用途に合わせて選ぶことができます。大物のイカでも安心して使うことができます。

 

さらにコストパフォーマンスにも優れています。カラビナやショルダーベルトなどはついていないので、持ち運びの面ではほかのものより劣ってしまいます。

サイズ 300cm 重量 369g
イエロー

手持ちの玉の柄に装着して使う

先端部だけの商品です。手持ちの玉の柄に装着して使いましょう。振り出すだけで安全カバーからギャフが飛び出し自動で開いてくれます。3kg級のイカでもランディングできると宣伝されています。大物を釣りたいときにおすすめです。

 

色やサイズの展開も豊富なため、好みや用途に合わせて選ぶことができます。玉の柄を持っている方は、こちらの購入を検討してみてもいいでしょう。

サイズ 63cm 重量 約200g
ブラック

口コミを紹介

ダイワのランディングポールⅡ500に取り付けて使用しています。問題なくランディングポールの中に収納できます。使用時はランディングポールの5mに本体が60cmほど飛び出しますので、5.6mほどのギャフになります。

出典:https://www.amazon.co.jp

カラー展開が多くコンパクトなギャフ

コンパクトに収納できるギャフです。かわいい色もそろっているため、女性にもおすすめです。6本の針で大きなイカにも対応できる強度が魅力。収納時に針が露出してしまうため、持ち運びの際には注意が必要です。

サイズ 400cm 重量 290g
水玉ピンク

口コミを紹介

コンパクトで使いやすいです。エギングが更に楽しくなりました。ありがとうございました。

出典:https://www.amazon.co.jp

カバーつきで安心

オートキングギャフ 500は安全に自動でギャフを取り出すことができます。ワンプッシュセーフティーカバーがギャフの不意の飛び出しを防いでくれます。アオリイカ専用モデルなので、アオリイカを釣りたい方におすすめです。

 

ショルダーストラップつきで携帯にも便利なタイプです。5mのタイプなので、さまざまな場面で役に立ってくれます。

サイズ 500cm 重量 500g
ブラック

口コミを紹介

春には大活躍を期待しています。先端部の収納性と500という長さが魅力です。

出典:https://www.amazon.co.jp

片手で操作可能

オートキングギャフCS300はコンパクトなギャフなので、持ち運びにも便利です。カラビナがついているのでベルト部分などに装着することもできます。マグネット式のため取り出しも簡単に行うことができます。片手で操作できるところもポイントです。

 

定番デザインのコンパクトなギャフがほしい方におすすめです。価格の面では少々高めなため、安価なギャフがほしい方にはおすすめできません。

サイズ 300cm 重量 410g
ガンメタ

口コミを紹介

ワンタッチでキャップを開けられるし強力磁石で簡単に着脱出来るので使いやすいです。低い釣り場にはオススメです

出典:https://www.amazon.co.jp

ギャフのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7020065の画像

    第一精工

  • 2
    アイテムID:6983273の画像

    第一精工

  • 3
    アイテムID:7020083の画像

    カンジインターナショナル

  • 4
    アイテムID:6983257の画像

    第一精工

  • 5
    アイテムID:7020115の画像

    SANLIKE FISHING TACKLE CORPORATION

  • 6
    アイテムID:6983266の画像

    遠里釣具

  • 7
    アイテムID:7020385の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 8
    アイテムID:7020387の画像

    タカ産業

  • 9
    アイテムID:7027675の画像

    OGK(オージーケー)

  • 10
    アイテムID:6983291の画像

    タカミヤ(TAKAMIYA)

  • 11
    アイテムID:6983288の画像

    SANLIKE FISHING TACKLE CORPORATION

  • 12
    アイテムID:6983285の画像

    ベルモント(Belmont)

  • 13
    アイテムID:6983279の画像

    服部商会

  • 14
    アイテムID:6983270の画像

    ナカジマ

  • 15
    アイテムID:6983260の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 商品名
  • オートキングギャフCS300
  • オートキングギャフ 500
  • ショートギャフIII 400
  • オートキングギャフXS 32061
  • Windstorm Gaff
  • 超小継 フライデー イカギャフ 300
  • ランディングポール2 500
  • Short Gaff CN-100 390
  • スキッドギャフミニ SQGM35 350
  • H.B concept イカギャフ2 5本針
  • フィッシュギャフ
  • ゴールドギャフ MS058
  • 落し込みダブルギャフ
  • 手かぎっ子 No.1418 25cm
  • フィッシュギャフ85
  • 特徴
  • 片手で操作可能
  • カバーつきで安心
  • カラー展開が多くコンパクトなギャフ
  • 手持ちの玉の柄に装着して使う
  • ステンレス製の針で耐久性抜群
  • コンパクトで持ち運びに便利
  • ギャフやタモを取りつけて使う
  • 比較的安いため初心者にもおすすめ
  • コンパクトで初心者にもおすすめ
  • 使いやすいと話題
  • 女性にも扱いやすい大物向けのギャフ
  • シンプルで使いやすい
  • 特許のギャフ
  • シンプルなギャフ
  • コンパクトでさまざまな用途に
  • 価格
  • 11,662円(税込)
  • 12,400円(税込)
  • 10,490円(税込)
  • 3,307円(税込)
  • 6,549円(税込)
  • 3,750円(税込)
  • 9,586円(税込)
  • 5,820円(税込)
  • 4,254円(税込)
  • 1,281円(税込)
  • 3,680円(税込)
  • 1,198円(税込)
  • 10,500円(税込)
  • 1,849円(税込)
  • 1,727円(税込)
  • サイズ
  • 300cm
  • 500cm
  • 400cm
  • 63cm
  • 300cm
  • 約300cm
  • 500cm
  • 約390cm
  • 350cm
  • 98mm
  • 200mm
  • 17cm
  • 42cm
  • 重量
  • 410g
  • 500g
  • 290g
  • 約200g
  • 369g
  • 263g
  • 587g
  • 396g
  • 355g
  • 90g
  • 420g
  • 55g
  • 590g
  • 120g
  • 82g
  • ガンメタ
  • ブラック
  • 水玉ピンク
  • ブラック
  • イエロー
  • レッド
  • ブラック
  • イエロー
  • グリーン
  • シルバー
  • ブルー
  • ゴールド
  • シルバー
  • ブラウン
  • ネイビー・イエロー

ギャフの使い方と解説

ギャフの選び方とランキングのあとは、ギャフの使い方を解説しましょう。加えてギャフの種類についてもご紹介しています。

ギャフの使い方とコツを確認しよう

ギャフの使い方を解説しましょう。まずはイカを岸の付近まで引き寄せます。次にギャフを伸ばしイカの頭をめがけて先端の針を打ちます。最後にギャフをしまいながらイカをまっすぐに引き上げたら完了です。

 

コツは引き上げるときにギャフが海面と直角になるように真上に持ち上げること、イカの後ろから近づくこと、イカの近くに投入すること、ラインのテンションを緩めないことなどがあげられます。

オートキングギャフは玉の柄に取りつけて使う

オートキングギャフは第一精工株式会社が販売しているシリーズです。手持ちの玉の柄に装着して使うタイプです。振り出すだけで安全カバーから自動でギャフが飛び出します。バラしにくく安全カバーがあるため安全性も高い装着タイプのギャフです。

 

サイズも選べるため、アオリイカなどの大きいイカにも対応しています。安全で便利なギャフを探している方におすすめです。

ギャフのメリットとデメリットをご紹介

便利なギャフですが、メリットもあればデメリットもあります。ここではその両方をご紹介します。ギャフの一長一短を知っておきましょう。

イカギャフのメリットは持ち運びが便利でイカに警戒されにくいこと

ギャフはタモと比較してコンパクトであるため、持ち運びに便利なメリットがあります。ギャフはイカにしっかりと針をかけることができるため、バラシにくいこともメリットとしてあげられます。

 

イカをバラシてしまうのはランディングのときが多いとされています。タモと比べて先がコンパクトなギャフは、イカに警戒されにくいためバラシを少なくすることができます。またタモのように墨で汚されることもありません。

イカギャフのデメリットはイカを傷つけたりイカにしか使えないこと

ギャフはイカの体に穴を開けることになるため、釣ったイカをリリースする釣りにはおすすめできません。イカを持ち帰ることが前提になります。また使いこなすまで慣れが必要な点にも注意が必要です。

 

さらにイカギャフは基本的にイカにしか使えない点がデメリットです。タモの場合は魚全般に使えることに比べて、極めて限定的な用途しかありません。魚も釣る予定がある場合はタモやフィッシュギャフを用意する必要があります。

 

そしてタモと違って先端が鋭く危険なため、扱いには注意をはらわねばなりません。先端が保護されているタイプを選ぶなど、思わぬケガをしないよう注意しましょう。

アオリイカ専用モデルという商品がある

ギャフにはアオリイカ専用モデルがあります。第一精工株式会社が多くの商品を展開しており、アオリイカを釣るのに特化したモデルになっています。アオリイカは大きいものでは同の長さが50cm以上、重さが6kg以上にもなります。

 

大型のアオリイカがかかった際にバラさずにランディングするために、アオリイカ専用モデルを選んでみてはいかがでしょうか。

ショアジギングやロックショアの場面でイカ釣りをするならギャフをお供に!

岸や磯で釣りを楽しむなら、イカのランディングに便利なギャフをお供にしましょう。汎用性の高いアイテムも魅力的ですが、エギングに特化したギャフも便利で魅力にあふれていますよね。イカにも青物にも便利なギャフを手に入れて、楽しい時間をすごしましょう。

 

以下の記事では、エギングアイテムの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

まとめ

ギャフの選び方とおすすめランキングをご紹介しましたがいかがでしょうか。ギャフがあればイカをバラすことなく捕まえることとができます。この記事を参考にぜひ自分に合ったギャフを見つけてエギングを楽しんでみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年05月31日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【カレー研究家監修】レトルトカレーの人気おすすめランキング80選【2021年最新版】

【カレー研究家監修】レトルトカレーの人気おすすめランキング80選【2021年最新版】

レトルト・惣菜
【2021年最新版】万能エギの人気おすすめランキング15選【絶対に釣れるのはどれ】

【2021年最新版】万能エギの人気おすすめランキング15選【絶対に釣れるのはどれ】

釣具
2021年最新版】投げ竿の人気おすすめランキング20選【ダイワ・シマノも紹介!】

2021年最新版】投げ竿の人気おすすめランキング20選【ダイワ・シマノも紹介!】

釣具
【2021年最新版】エギングリールの人気おすすめランキング10選【安いものも!】

【2021年最新版】エギングリールの人気おすすめランキング10選【安いものも!】

釣具
大根おろし器の人気おすすめランキング16選【アメトーークで紹介された商品も!】

大根おろし器の人気おすすめランキング16選【アメトーークで紹介された商品も!】

調理器具
【2021年最新版】フラフープの人気おすすめランキング15選

【2021年最新版】フラフープの人気おすすめランキング15選

おもちゃ