東京都内で債務整理の相談におすすめの弁護士・法律事務所ランキング16選!各事務所の口コミも紹介

東京都内で債務整理の相談におすすめの弁護士・法律事務所ランキング16選!各事務所の口コミも紹介

債務整理をすると、クレジットカードの発行やローンの利用、消費者金融の借入れなどができなくなる代わりに、利息のカットや返済期間の延長などにより月々の返済額を減らすことができます。


債務整理の手続きは、債権者との交渉や裁判所への提出資料の作成など非常に負担が大きい作業なので、弁護士や司法書士が在籍する法律事務所に依頼することをおすすめします。この記事では、借金問題を抱えている方に向けて、東京都内で債務整理に強いおすすめの弁護士事務所・司法書士事務所16選をランキング形式で紹介しています。

・当サービスに掲載された情報は、編集部のリサーチ情報を掲載しております。記載の内容について(タイトル、商品概要、価格、スペック等)不備がある場合がございます。また、画像はイメージであり内容を保証するものではございません。詳細については、各EC/サービスサイトでご確認の上ご購入くださいますようお願い申し上げます。 なお、当ウェブページの情報を利用することによって発生したいかなる障害や損害についても、当社は一切責任を負いかねますので、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。

・商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3種類がある

債務整理とは、債務者の経済生活を立て直していくことを目的に、借金の減額や免除・支払い猶予をもたせる法的手続きのことです。債務整理の対象となる借金は、消費者金融からの借り入れやクレジットカードの支払い滞納額、住宅や車のローンなどが対象となります。

 

▼債務整理の種類

手続き名 特徴
任意整理

大幅な減額は見込めないが、他手続きと比べ簡易な手続きなため周りにバレにくい。他手続きよりもブラックリストに登録される期間が短い。

個人再生

自己破産よりも審査にやや通りやすく、借金総額が5,000万円を超えない場合のみ選択可能利用可能。(住宅ローンを除く)

自己破産

借金を完全に帳消しにできるが、返済能力がないと判断された場合のみ選択可能。ギャンブルなど借金の使途によっては選択不可。

※ クリックすると、各手続きの仕組みやかかる費用、依頼後の流れの解説へ飛びます。

 

債務整理には、「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3種類があり、それぞれのケースによって、減額される借金の額や手続き完了までにかかる期間の長さ、かかる費用が異なります。

債務整理でどれくらい借金が減るのか

ここでは、債務整理の中でも最も手続きの難易度が低い「任意整理」を例に、債務整理をするとどれくらい借金が減るのか紹介します。

 

▼借金総額100万円の場合

  任意整理しない場合 任意整理をした場合
金利 18% 0%
返済期間 3年 5年

総返済額

130万1468円 100万円

月々の返済額

3万6152円 1万6667円

 

上記は、東京に拠点があるベリーベスト法律事務所の債務整理 弁護士コラムにて紹介されている、消費者金融2社から50万円ずつ年利18%で借入をしているケースです。任意整理をすることで以降の金利がカットされたことで総返済額が30万円近く減り、くわえて返済期間も2年延長され毎月の返済額が約2万円減っていることがわかります。

 

▼借金総額300万円の場合

  任意整理しない場合 任意整理をした場合
金利 18% 0%
返済期間 5年 5年

総返済額

457万0775円 300万円

月々の返済額

7万6180円 5万円

 

こちらも、同コラムにて紹介されている事例で、消費者金融6社から50万円ずつ年利18%で借入をしているケースです。このケースでは、任意整理により総返済額が150万円以上減っていることがわかります。

 

同コラムでは、「借金総額が大きければ大きいほど、任意整理によって減額できる金額の幅も大きくなる傾向にある」と解説しています。

 

出典:ベリーベスト法律事務所

債務整理にかかる費用

ここでは債務整理手続きの中で最も費用が安い手続きとされている任意整理を例に、債務整理にかかる費用について解説します。

 

債務整理の種類 かかる費用の相場
任意整理

債権者1社につき3万〜5万程度+減額報酬10〜20%程度

個人再生

債権者1社につき50万〜60万円程度

自己破産

債権者1社につき40万〜50万円程度

※ 債務整理にかかる費用は借入状況によって異なります

債務整理の費用を左右するのは着手金

任意整理にかかる費用の内訳は、主に以下の6つに分けられます。中でも事務所によって大きく左右されるのが、着手金です。一方、解決報酬金や減額報酬は事務所によって大きな違いはなく、どの事務所に依頼してもあまり金額差は出ません。

 

後ほど詳しく解説しますが、債務整理の報酬は業界ルールとして上限が定められている関係上、大きく金額差が出ることはないです。しかし、着手金についての上限は定められていないため、積極的に着手金を設定している事務所もあります。

 

費用を少しでも安く抑えたいと思っている方は、着手金を取らない東京都内の事務所を選ぶと良いでしょう。

 

費用の内訳 費用の相場
相談料

多くの事務所が無料。

着手金

2万〜5万円/1社。着手金を取らない事務所も複数あり。

解決報酬金(※1)

1万〜5万円/1社。減額報酬との合計が報酬金額となる。

減額報酬

減額できた金額の10%。(※2)

手数料

数千〜1万円程度/1社。

実費

弁護士が裁判所に出廷する場合の交通費や宿泊費など

※ 債務整理にかかる費用は借入状況によって異なります

※1 基本報酬・定額報酬とも呼ばれる

※2 完済後の場合過払い金額の20%(裁判ありの場合は25%) 消費税は含まれず。

業界ルールを守っている事務所を選ぼう

任意整理の報酬額には上限額が決められています。

 

日本弁護士連合会が決定した「債務整理事件処理の規律を定める規程」(および日本司法書士連合会による「債務整理事件における報酬に関する指針」)によると、弁護士・司法書士が任意整理を受任した場合、依頼者へ請求できる定額報酬、は「債権者一人当たり5万円以下」、減額報酬は「減額された金額の11%以下」、過払金返還報酬の上限は、訴訟なしの場合20%、訴訟ありの場合25%以下と示されています。

 

※ 金額は税込

 

この指針ができた背景として、2010年6月に利息制限法が改正されて以降、過払金請求を行う人が急増したことにより、一部の事務所が法外な報酬金額を請求したり、不適切な事件処理を行った事案が見られたことが挙げられます。このとき、債務整理の本来の目的である債務者の生活再建の支援が達成させるように作られたのがこの指針です。

 

しかし、この報酬額の上限規制はあくまで業界内の指針であり、法的効力を持つものではないため、定められた上限額を超えた料金設定を組んでいる事務所も存在しています。

 

そのため、債務整理を弁護士や司法書士に依頼する際は、必ずこの指針で示されている上限額に則った報酬額になっているかを確認することをおすすめします。

東京都内で債務整理の相談におすすめの弁護士・司法書士事務所ランキング16選

ここでは、債務整理が得意なおすすめ弁護士事務所・司法書士事務所16選を各事務所の口コミと一緒にランキング形式で紹介します。

 

債務整理の手続きは、債権者との交渉や裁判所へ提出する資料の準備など非常に負担が大きい作業なので、個人で行うのではなく弁護士事務所や司法書士事務所に手続きの代行を依頼するのが一般的です。

 

また、債務整理の依頼を弁護士事務所や司法書士事務所に依頼すると、事務所はすぐに債権者へ受任通知を送付してくれます。この通知が債権者に届いた以降は事務所が連絡窓口として対応するため、取り立てが一時的にストップします。それによって、度重なる返済の催促により債務者が感じていた心理的負担の軽減にもつながります。

 

また、ほとんどの債権者にとって債務整理とは応じたくないものですが、債権者が応じられる条件の把握や提示などを含め、債務整理の交渉を得意とする事務所に依頼することで交渉がまとまりやすくなるなどのメリットもあります。

編集部の画像

編集部

債務整理の手続きを代行できるのは弁護士または司法書士の資格保持者です。

しかし、司法書士は個々の債権額が140万円を超える民事事件の相談・和解・代理を行えない(司法書士法3条)ため、1社あたりの債権額が140万円を超えている場合、弁護士に依頼する必要があります。

そのため、債務整理の依頼をする際は自身の借金額を確認したうえで司法書士事務所か弁護士事務所のどちらに相談するべきか決めましょう。もし、自身の借金額を把握していない場合は、弁護士事務所に依頼することをおすすめします。

1位

司法書士事務所

はたの法務事務所 東京本店

口コミNO.1!安く早くならこの事務所!

着手金無料と良心的な料金設定

相談料、着手金無料、分割払いOK!着手金で1万円を支払うのが正直キツい。そんな方でも頼みやすい事務所です。

 

相談件数20万件以上の実績

「はたの法務事務所」は債務整理や過払い請求の相談実績20万件以上、うち95.2%が満足という実績を持っています。最大手の事務所の一つではずれが少ないと言えるでしょう。

 

全国対応OK!まずは無料相談

全国無料で出張相談を受付ているので、東京・大阪以外にお住まいの方も依頼可能です。問い合わせフォームなら24時間、フリーダイヤルなら平日8:30~21:30、土日祝日8:30~21:00に相談OK。今すぐ無料相談がしたい方におすすめです。

基本情報
任意整理にかかる費用 【解決報酬金】22,000円~+減額できた債務額の11%【手数料】ー
個人再生にかかる費用 【解決報酬金】385,000円~(※1)
自己破産にかかる費用 【解決報酬金】330,000円~(※2)
住所 東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階(受付)・6階

※ 価格はすべて税込

※公式サイトに記載がない場合は「ー」と記載

※1 別途、再生委員に支払う費用として220,000円~が必要

※2 少額管財事件の場、合別途220,000円~が必要

はたの法務事務所で債務整理を依頼した人の口コミ

しっかり比較してから相談するべきです!
30代
女性
別の事務所に相談しても、しきりに自己破産を勧められとても困惑していました。

返済していく意向は強かったので、他の事務所にも相談してみようと思い、はたのさんに相談しました。

任意整理で解決していくお金の捻出は困難と判断され
個人再生という方法を提案して下さり、私の意向も取り組んだ形で解決して下さいました。

現在も認可された再生計画に従いしっかり返済を継続しています。

出典:https://hikari-hatano.com

不動産を母のために残すことができました
40代
女性
多重債務をしていました。相談時、亡父より相続した不動産があり高齢の母がそこで暮らしておりました。

片田舎で不動産の価値(時価)は大したものではありませんでしたが、自己破産の手続きの原則では管財人より売却されるところでした。

高齢の母の生活の本拠が奪われることだけは避けたかったので、自己の相続持分相当額を管財人へ組み入れることで不動産を母のために残すことができ、無事に免責許可決定を得ることができました。

出典:https://hikari-hatano.com

長年生活費による借金で苦しんでました
50代
女性
母子家庭のため生活費や子供の教育費のために借金を繰り返していました。

朝から晩までパートで働いていましたがいっぱいいっぱいの状態でした。

どうにかこの状態から脱出できないかと思い相談したところ、全社過払いになっていることが判明し過払い金返還請求を行いました。

相談を躊躇しておりましたが、もっと早めに相談しておけばよかったです。

出典:https://hikari-hatano.com

2位

司法書士事務所・行政書士事務所

グリーン司法書士法人・行政書士事務所 東京事務所

3つの0円で費用の負担が少ない

着手金・減額報酬・相談金が無料

グリーン司法書士法人・行政書士事務所は借金に強く、手を出しやすい価格設定で親身に向き合ってくれます。減額シュミレーションの費用もかからず、家族にバレることなく手続きを済ませられるおすすめの事務所です。

基本情報
任意整理にかかる費用 【着手金】無料
【解決報酬金】21,780円〜+取り返した金額の22%(※1)
【手数料】ー
個人再生にかかる費用 【着手金】ー
【解決報酬金】330,000円~(※2)
【手数料】ー
自己破産にかかる費用 【着手金】ー
【解決報酬金】同時廃止:264,000円~ 管財事件:429,000円〜(※3)
【手数料】ー
住所 東京都新宿区西新宿1丁目26番2号 新宿野村ビル12階

※ 価格はすべて税込

※公式サイトに記載がない場合は「ー」と記載

※1 裁判ありの場合は27.5%

※2 2社以降1社毎に+22,000円。住宅ローン特例計画案付だとさらに+55,000円

※3 2社以降1社毎に+20,900円

※4 その他、札幌・名古屋・岡山・松山・高知・熊本に拠点あり

グリーン司法書士法人・行政書士事務所で債務整理を依頼した人の口コミ

教育ローンなどの借金を任意整理し、過払い金で400万円を取り戻したAさんの体験談
年齢非公開
性別非公開
【グリーン司法書士法人の対応】
当初、Aさんは自己破産をご希望でした。しかし、違法な金利が課されているようでしたので、正常な金利で再計算したところ、1社あたり50万円、合計400万円程度の過払い金が発生していることが判明しました。そこで任意整理での対応に切り替えました。

当事務所が債権者に対して交渉を行い、結果、借金額が0になったことに加え、総額400万円を取り戻すことができました。

また、任意整理での対応でしたので、住宅や資産を失うことなく、解決することができました。

借金額が大きいからと言って、自己破産がベストな方法とは限りません。Aさんのように、任意整理によって過払い金が返ってくることもあります。

出典:https://green-osaka.com

クレジットカードを180万円滞納したBさん。50万円の一括請求を月々2万7,000円まで減額した体験談
年齢非公開
性別非公開
【グリーン司法書士法人の対応】
ご相談時に、明細などの資料を持参してくださったので、詳細な減額予想や、完済までの計画を立てることができました。

司法書士への依頼費用についても説明したところ、カットできる利息のほうが大きいので、ご了承いただけました。また、受任後、すぐに債権者に受任通知を送付したため、取り立てもストップしました。

交渉の結果、将来の利息をすべてカットに成功し、期間も5年に延長することができました。

結果、一括で月50万円の返済の請求を分割で月2万7,000円に減額することができました。

なお、依頼費用については2分割で支払っていただきました。

出典:https://green-osaka.com

FX取引で100万円の借金をした専業主婦のCさん。家族にバレずに完済した体験談
年齢非公開
性別非公開
【グリーン司法書士法人の対応】
Cさんのご相談を受任後、すぐに受任通知を送付し、取引履歴を取り寄せました。

取引履歴を確認すると、違法な金利での貸付があったので、正常な金利で計算し直したところ、100万円の借金を50万円まで圧縮。

50万円の借金を1.4万円の36回払いで返済する和解契約を結び、家族にバレることなく完済することができました。

出典:https://green-osaka.com

3位

弁護士事務所

ライズ綜合法律事務所 東京本店事務所

【弁護士在籍の法律事務所】借金減額シミュレーターでいますぐ減額診断!

相談は何度でも無料

メールでも相談を受け付けています。契約前の相談は何度でも無料なのでまずはご気軽に相談してみるのがおすすめです。

 

匿名で使える減額シミュレーター

無料減額診断ツールは匿名(苗字だけでOK)で利用できます。借金がいくら減るのか、毎月の支払い金額がどれくらい減るのかなどが無料でチェックできるので、誰にもバレずに借金問題を解決したい方や、過払い金の有無が気になる方は要チェックです。

 

着手金は相場より高め

正直着手金は高めです。事前のシミュレーションや無料相談で借金がどれくらい減るか、担当者が信用できそうかを見極めてから契約するのがおすすめです。

基本情報
任意整理にかかる費用 【着手金】55,000円〜
【解決報酬金】22,000円〜(1社)+過払い金額の11%
【手数料】送金管理費:1,000円(1社)/回 通信費:2,200円(1社)
個人再生にかかる費用 【着手金】418,000円(※1)
【解決報酬金】返還額の22%(※2)
【手数料】再生委員費用:150,000円~ 申立費用等実費:50,000円(※3)
自己破産にかかる費用 【着手金】363,000円(※4)
【解決報酬金】返還額の22%(※2)
【手数料】通信費及び申立諸費用:30,000円(※3)
住所 東京都中央区日本橋3-9-1日本橋三丁目スクエア12階

※ 価格はすべて税込

※1 住宅ローン条項なしの場合。(ありの場合は、528,000円)

※2 訴訟の場合、27.5%

※3 別途、弁護士の出張費・交通費

※4 10社まで、かつ借入総額500万円未満の場合(11社以上、または借入総額500万円以上の場合は、418,000円。少額管財手続きの場合は473,000円)

4位

弁護士事務所

ベリーベスト法律事務所 東京オフィス

日本全国73拠点に加え海外にも2拠点を持つ拠点数No.1の法律事務所

豊富な実績と相談しやすい環境が強み

ベリーベスト法律事務所は「お客様の最高のパートナーでありたい」を掲げ、全ての債務整理(任意整理、過払い金返還請求、個人再生、自己破産)の相談件数の累計36万8091件(※1)、過払い金請求回収実績1067億円以上(※2)の人気の法律事務所です。債務整理に関するご相談は、何度でも無料で、手数料も0円~となります。実際にご契約いただく前に費用の見積もりがあり、その内訳を弁護士から丁寧に説明がある点も安心できるポイントと言えます。弁護士は、約350名(※3)在籍していて、北海道から沖縄まで国内73拠点(※4)あるためお近くの事務所でご相談できるのも魅力的です。

※1 集計期間:2011年2月~2022年12月末まで

※2 集計期間:2011年2月~2022年12月末まで

※3 2023年8月現在

※4 2023年11月現在

 

ベリーベスト法律事務所が選ばれる理由

ベリーベスト法律事務所では、24時間365日全国どこからでも借金問題のお問い合わせ受付をしています。(※営業時間外は事務局が対応し、相談予約のみとなる場合があります。)各分野に、経験豊富な担当弁護士を中心に構成された専門チームが存在し、債務整理も同様で専門チームでの対応となります。蓄積されたノウハウを生かし、お客さまのご状況に合わせた借金問題の解決方法をご提案してくれます。もちろん、借金問題をご家族や同僚に秘密にしたいなどのご要望に合わせて秘密厳守で相談ができます。

基本情報
任意整理にかかる費用 【着手金】無料
【解決報酬金】22,000円(1社)+減額できた債務額の11%(返済後の場合過払い金額の22%)※1
【手数料】事務手数料:44,000円(※2)+手数料:負債額に応じて変わる(10万円未満の場合は0円)
個人再生にかかる費用 【着手金】ー
【解決報酬金】495,000円(※3)
【手数料】44,000円
自己破産にかかる費用 【着手金】ー
【解決報酬金】同時廃止:385,000円 管財事件:495,000円(※4) 法人破産:110万円〜
住所 東京オフィス:東京都港区六本木一丁目8番7号 MFPR六本木麻布台ビル11階
銀座オフィス:東京都中央区銀座8-14-14 銀座昭和通りビル4階
新宿オフィス:東京都新宿区西新宿6-6-3 新宿国際ビルディング新館8階
錦糸町オフィス:東京都江東区亀戸一丁目5番7号 錦糸町プライムタワー16階
池袋オフィス:東京都豊島区東池袋1-33-8 NBF池袋タワー3階
練馬オフィス:東京都練馬区練馬1-1-12 宮広ビル3階
北千住オフィス:東京都足立区千住1丁目11番2号 北千住Vビルディング4階
八王子オフィス:東京都八王子市東町9番8号 八王子東町センタービル5階
立川オフィス:東京都立川市曙町2-37-7 コアシティ立川11階
町田オフィス:東京都町田市森野1-13-14 日本生命町田ビル5階

※ 価格はすべて税込

※公式サイトに記載がない場合は「ー」と記載 

※1 裁判ありの場合は27.5% 

※2 1案件(金額は状況によって異なる)

※3 住宅ローン条項なしの場合。(ありの場合は、605,000円)

※4 個人事業主の場合は、495,000円〜715,000円

ベリーベスト法律事務所で債務整理を依頼した人の口コミ

借金が総額220万円減
40代
女性
そもそも「任意整理」なんて言葉聞いたこともなかったのに、借金の利息をゼロにしてもらえたんです。それに元金も360万円から140万円まで減らしてもらえました。借金が総額220万円減りました。

それに返済期間を36回払いにしていただけたので、1回あたりの返済は4万円弱。
借金の危機感で奮起してくれた夫と夫婦ふたりで仕事をすれば、子どもと3人暮らしていくのに何も不満はありません。

返済を続けて夫名義の借金はいつの間にかゼロになっていましたし、ベリーベストさんには本当に感謝してもしきれません。借金に苦しんだ月日も私たち親子の再出発のチャンスになりました。

その後、残念ながら夫とは離婚しましたが、子どもには習い事をさせてあげられたりと、今は幸せな日々を過ごしています。再出発ができました。

出典:https://saimu.vbest.jp

再出発ができました
40代
男性
すぐに依頼を決めたのですが、一番ビックリしたのは、督促がすぐに止まったことです。弁護士に依頼をすると督促ができなくなるというのは、本当だったんですね。

その後は大幅に元本を減らしてくれて、利息も無くなりました。 10年以上悩んでいた借金の悩みが、わずか数ヶ月で解消されたんです。

今では全部の返済が終了し、長年の夢だったBARを開きました。 小さいお店ですが、収支は良く、大変充実した毎日を送っています。

担当してくださった先生、それからベリーベストさんには、本当に感謝しています。
有り難うございました。

出典:https://saimu.vbest.jp

ずっと悩まされていた借金から解放されました
30代
男性
まず消費者金融からの督促が止まりました。これは本当に安心しました。その後、手続きは全て弁護士の先生がやってくれました。

支払い回数は大幅に減り、元金も減り、利息は全部カットされました。このおかげで、月々の返済額が大幅に減り、本当に本当に助かりました。

そこから1年半くらいで全ての借金を返済することができ、今では借金とは無縁の生活をしています。

成人してからというもの、ずっと借金苦に悩まされていたので、今が本当に幸せです。
仕事も順調ですし、子どももできました。
ベリーベストさんには感謝してもしきれません。

出典:https://saimu.vbest.jp

5位

司法書士事務所

司法書士法人みどり法務事務所 東京事務所

過払い請求に強い!高い交渉力が魅力

過払い請求の実績豊富

みどり法務事務所は、過払い金の累計返金額が約155億円を超える豊富な実績を持っています。リンクからは、匿名での減額診断ができます!過払い金の調査料や相談は無料なので、ぜひ気軽に利用してみましょう。

基本情報
任意整理にかかる費用 【着手金】ー
【解決報酬金】11,000円~
【手数料】11,000円~
個人再生にかかる費用 【着手金】220,000円
【解決報酬金】ー
【手数料】ー
自己破産にかかる費用 【着手金】220,000円
【解決報酬金】ー
【手数料】ー
住所 東京都千代田区九段南2-2-3九段プラザビル8F(※1)

※ 価格はすべて税込

※公式サイトに記載がない場合は「ー」と記載 

※1 その他、札幌・名古屋・岡山・松山・高知・熊本に拠点あり

司法書士法人みどり法務事務所で債務整理をした人の口コミ

面倒ごとは全部任せて、大金が返金された
50代
男性
【結果】
ニコスカードを発行する「三菱UFJニコス」の過払い金請求を行い、訴訟まで行ったところ、発生していた過払い金満額と利息を合わせて130万円が返金された。

【利用者の口コミ】
この度はお世話になりましてありがとうございます。

テレビ CMでは度々ながれていた過払い金。
もしかしてと半信半疑でしたが、面倒な事は全部お任せしたままで、大金が返金されるようになって
驚きと感謝でいっぱいです。

本当にありがとうございました。

出典:https://www.o-shihoushoshi.com

完済後、軽い気持ちで過払い金請求したら……
60代
男性
【結果】
長年カードローンを利用していた「プロミス」とニコスカードを発行する「三菱UFJニコス」に過払い金請求したところ、2社合わせて31万2000円の過払い金を取り戻せた。

【利用者の口コミ】
自分の都合で簡単にカードローンを利用し、借入金額の多さに。このままではいけないと思い完済し、二度と利用しないと考えていました。

最近の報道(TV、新聞等々)で、過払い金返還出来る事が知る所となり、完済していたので、迷っていたが、チラシを見て少しぐらいは戻るのかなという軽い気持ちで相談した所、私自身が思っていた金額の多さにビックリという感じでした。

相談して、ほんとうに良かったと思っています。ありがとうございました。

出典:https://www.o-shihoushoshi.com

書類やカードがなくても、過払い金を取り戻せた
30代
女性
【結果】
セゾンカードを発行する「クレディセゾン」に過払い金請求したところ、15万円を取り戻せた。

【利用者の口コミ】
TVCMや折込チラシで拝見していましたが、まさか自分は無理だろうと思っていました。すでに完済していて、手元にカードも明細書もなにもなく、絶対無理だろうけど少しでも戻ってきたらラッキーくらいの気持ちで相談してみました。

事務所へも最初の1回行って手続きしただけで、後はすべてお任せでした。結果、思いもよらない金額が返金されたのでとても満足しています。

もうちょっと手続きがおそかったら、期限切れで返還請求できなかったので本当によかったです。ありがとうございました。

出典:https://www.o-shihoushoshi.com

6位

弁護士事務所

弁護士法人ひばり法律事務所 東京事務所

女性専用の無料相談窓口!

パートやアルバイトでも相談可能

一定の収入があれば、非正規雇用者でも任意整理の手続きができます。また、お仕事や育児に忙しい方でも電話やメールで相談できる気軽さが嬉しいポイントです。

 

女性弁護士が対応「女性専用窓口」がある

ひばり法律事務所の大きな特徴が、女性専用の無料相談窓口を設けていることです。女性弁護士と相談員が対応し、女性が安心して相談できる環境作りに努めています。

基本情報
任意整理にかかる費用 【着手金】22,000円(1社)
【解決報酬金】22,000円(1社)+過払い金額の11%
【手数料】5,500円(1社)
個人再生にかかる費用 【着手金】330,000円〜
【解決報酬金】220,000円〜
【手数料】5,500円(1社)※1
自己破産にかかる費用 【着手金】220,000円〜
【解決報酬金】220,000円〜
【手数料】5,500円(1社)※1
住所 東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階

※ 価格はすべて税込

※1 若干の諸経費あり

7位

弁護士法人 イージス法律事務所

専属の担当者による親密なサポートあり

様々な案件を取り扱っており、年間1,500件以上の解決実績があります。豊富な実績があるので、ノウハウも持っており、債務整理をスムーズに進めてくれます。特殊なケースの債務整理でも対応可能です。

 

イージス法律事務所の最大の魅力は、依頼者一人一人に専属の担当者が付いてくれるところです。案件を担当する専属の弁護士の他に、専属の事務担当者もつきます。専属の担当者がつくことにより、スムーズなサポートを可能にしています。

 

公式サイトでは匿名・完全無料で減額診断が可能で、家族や会社にバレることはありません。たった4つの質問に答えるだけで、借金がいくら減るのか、過払金がいくら戻ってくるのかなどを診断してくれます。診断結果から、現在の借金について法律の専門家が具体的な解決方法を聞くこともできるので、まずは無料で減額診断をしてみてはいかがでしょうか?

 

 

【任意整理の費用】

相談料

初回無料

(2回目以降30分5,500円)

着手金(1社あたり) 44,000円〜
減額報酬 11%
過払金成功報酬

22%

(訴訟の場合27.5%)

その他 報酬金11,000円〜
分割払い 可能(要相談)

※表示価格は税込です

8位

ウィズユー司法書士事務所

闇金対応に豊富な実績を持つ司法書士

ウィズユー司法書士事務所は、債務整理の中でもとくに闇金対応で豊富な実績を誇ります。給与ファクタリングや後払いツケ払い現金化といった新手の闇金にも対応24時間365日対応窓口や「闇金レスキュー」という女性用窓口が用意されており、相談しやすい環境が整っています。

 

ウィズユー司法書士事務所は、後払いや分割払いに対応しています。債務者の多くは手元に十分な現金がないことが多いです。しかし、資金が0円でも無料で相談に乗ってくれるので、お金に困っている状況でも債務整理を進めることができます。

 

▼自己破産の料金

相談料 何度でも無料

費用

47.3万円(税込)~

※管財事件の場合:別途55,000円(税込)~

9位

弁護士事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所 東京事務所

弁護士事務所だけど良心的な価格設定

良心的な価格が人気の弁護士事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所の特徴は、弁護士事務所の業界においてトップクラスの安さにあります。報酬金は1件1.1万円~(税込)で設定しており、減額報酬として減額分の22%がプラスされます。

 

債務整理実績1万5000件以上

債務整理の経験も豊富なサンク総合法律事務所は、1万5000件以上もの債務整理実績を持ち、月間600件以上の相談実績を誇ります。無料相談はメールにて24時間受付中です。

基本情報
任意整理にかかる費用 【着手金】55,000円~(1社)
【解決報酬金】解決報酬金:11,000円~(1社)+減額できた債務額の11%(※1)
【手数料】ー
個人再生にかかる費用 【着手金】440,000~(1社)
【解決報酬金】解決報酬金:110,000~(1社)※2
【手数料】ー
自己破産にかかる費用 【着手金】同時廃止:330,000円〜 少額管財:110,000円〜
【解決報酬金】同時廃止:110,000円〜 少額管財:110,000〜
【手数料】ー
住所 東京都中央区八丁堀4-2-2UUR京橋イーストビル2階

※ 価格はすべて税込

※ 公式サイトに記載がない場合は「ー」と記載 

※1 過払い金報酬の場合、過払い金回収額の22%(訴訟による場合は27.5%)

※2 住宅ありの場合は着手金:¥550,000(税込)~、解決報酬金:¥110,000(税込)~

弁護士法人サンク総合法律事務所で債務整理を依頼した人の口コミ

1,000万円以上あった借金が自己破産で支払い義務免除に
30代
男性
きっかけは浪費(買い物)とギャンブル(ネット競馬)で、そこから負債が膨らみ、家賃の未納分、幼稚園にかかるお金、洋服、生活費の工面のために返済するのに借りて返して繰り返してやり繰りしたおりました。

しかしそれも限界でもう限度額いっぱいでどこも貸してくれなく返せなかってしまいました。何か方法はないか検索していたときに弁護士事務所の広告をみて相談無料と書いてあったので問い合わせてみました。

正直自己破産は考えてなかったのですが、自分の状況を細かく聞いてくれ、一番あった方法が自己破産というとこになり、納得のうえお願いしました。

途方に暮れていたのでやり直せるきっかけになりました

出典:https://thank-law.jp

借金700万円以上、少額管財手続きで返済から解放
40代
女性
子供が奨学金の返済を滞納しており、子供に苦労をかけたという思いもあり肩代わり。

その他パチンコや日々の生活費で何かと出費がかさみ一時しのぎで借りていったことが膨らみ、気づけば700万以上の借金になってしまった。

返済の目処が立たなくなってしまったので、相談させて頂きました。

出典:https://thank-law.jp

900万円以上あった借金が自己破産で支払い義務免除に
30代
女性
クレジットカードのリボ払い地獄に陥りました。元金が減らず、毎月リボの手数料や利息だけ払っている状況の生活をかれこれ15年近く続けており総額いくらの借金があるかもわからないほどでした。

毎月の支払いに追われ毎日なんのために仕事をしてるかわからなくなり、生きてる希望も見えなく、精神的にも限界でした。ただ、家族には迷惑かけたくなく、何か方法はないかと思い、ダメ元で弁護士さんに相談させて頂きました。

家族にも相談できなかったのですが、話すことで冷静に見る目直すことができ、調べたところ総額900万円近くになっていたこともあり、自己破産という選択肢を選びました。

相談するうちに家族にも打ち明けてやりなおそうという気持ちにもなれ、前向きに進められるようになったので本当に良かったです。ありがとうございました。

出典:https://thank-law.jp

10位

アヴァンス法務事務所

女性スタッフ対応の女性用窓口があるのがポイント

アヴァンス法務事務所の相談実績は10年で23万件以上です。全国無料ダイヤルや女性用ダイヤルがあり相談のしやすさも魅力です。任意整理後の返済までバックアップしてくれるなどサポート重視の人におすすめです。

 

フリーダイヤルで平日21時、土日祝日19時まで営業しています。契約まで何度でも相談は無料で「自分に最適な事務所を見つけたい」人も事前にしっかり検討できます。Web進捗確認システム「アヴァンス・ネクスト」を独自に開発しました。

 

スマホで24時間いつでも確認できます。また、減額報酬0円の料金設定をしていて、必要以上の報酬は発生しない仕組みになっています。手続き方針を変更しない限り追加費用は発生しません。

 

【任意整理の費用】

相談料 無料
着手金(1社あたり) 11,000円〜
解決報奨金(1社あたり) 11,000円〜
減額報酬 11%
過払金成功報酬 22%
その他 訴訟の場合、別途追加費用22,000円
分割払い 可能

※表示価格は税込です

「アヴァンス法務事務所」で任意整理をした人の口コミ

年齢非公開
性別非公開
何をどうしていいかわからないまま相談をしてしまいましたが、ひとつひとつ丁寧に説明をしていただき、また、私の話も親身になって聞いてくださいました。生活再建の方法があると分かって、まずは一安心しました。
任意整理の提案をして頂き、お願いすることにしました。手続き後は毎月の返済額を減らしてもらえたことできちんと返済していけるようになりました。

毎日ひとりで思い悩んでいましたが、思い切ってご相談してよかったです。借金の不安から解放され、完済まで頑張っていけそうです。

出典:https://avance-jud.jp

年齢非公開
性別非公開
任意整理の手続き後、月々の返済額が半分になりました。これで返済日の度に頭を悩ませる必要が無くなり、ほっとしました。これで返済を続けていけそうです。

また、7社の返済管理を自分でやっていく自信がなかったので、アヴァンスさんにまとめて管理をしてもらうことにしました。月に一度、まとめてアヴァンスさんに振り込めば、各社に振り分けて振り込んでもらえるので管理が楽になりました。これで気持ちを切り替えて前向きに再スタートができそうです。

今思えば、もっと早くアヴァンスさんに相談すれば良かったと思います。借金の金額がもっと少ない段階で相談していれば妻に内緒のまま解決できた可能性もあったそうです。これに懲りて無謀な借金はもうしません!

出典:https://avance-jud.jp

11位

弁護士事務所

アース法律事務所 東京事務所

元裁判官在籍!債務整理に強い弁護士事務所

元裁判官が在籍する法律事務所

元裁判官の弁護士が借金問題を解決してくれるアース法律事務所。前東京地方裁判所や東京簡易裁判所で実際に業務を行っていた弁護士が借金問題に一緒に向き合ってくれます。

 

受任件数3500件超えの実績

受任件数3500件超えの実績を持つアース法律事務所では、「秘密厳守」を徹底しており、面談は個室で、書類のやり取りも細心の注意を払って扱います。

基本情報
任意整理にかかる費用 【着手金】22,000円(1社)
【解決報酬金】22,000円(1社)+減額できた債務額の11%【手数料】-
個人再生にかかる費用 【着手金】330,000円〜(※1)
【解決報酬金】ー【手数料】ー
自己破産にかかる費用 【着手金】330,000円〜
【解決報酬金】ー
【手数料】ー
住所 東京都港区新橋2-12-5 池伝ビル5階

※ 価格はすべて税込

※公式サイトに記載がない場合は「ー」と記載 

※1 住宅ローン条項なしの場合。(ありの場合は440,000円〜)

12位

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所

相談は何度でも無料で初期費用も0円

東京ロータス法律事務所は自己破産などの債務整理の身近な窓口として認知度の高い法律事務所です。全国対応としているので自宅近くに事務所がない人におすすめです。過去10年で3万件以上の解決実績があり信頼性も高いです。

 

着手金と報酬金はともに22,000円(税込)で分割払いも可能です。また、債権者との間に弁護士が入る代行弁済も実施していて返済は全て弁護士が対応してくれるため不安を抱えずに済みます。休日も相談可能です。

 

▼自己破産の料金

着手金 220,000円(税込)~
相談料 何度でも無料
報酬

220,000円(税込)~

13位

司法書士事務所

司法書士法人杉山事務所 東京事務所

岡山・札幌・広島と全国に対応!

週刊ダイヤモンド誌に「消費者金融が恐れる司法書士日本一」と取り上げられたことのある「司法書士法人 杉山事務所」。相談実績は月3000件で豊富な経験を持つ事務所です。遠方の方には出張相談も無料対応しています。

基本情報
任意整理にかかる費用 【報酬金】11,000円〜
個人再生にかかる費用 【報酬金】440,000円(※1)【事務手数料】35,000円(※2)
自己破産にかかる費用 【報酬金】440,000円(※3)
住所 【東京事務所】東京都新宿区新宿2-13-12住友不動産新宿御苑ビル8F

※ 価格はすべて税込

※1 住宅ローン特例ありの場合、550,000円

※2 別途、保管金・印紙代あり

※3 別途、保管金・印紙代・破産管財人費用あり

14位

弁護士事務所

アディーレ法律相談事務所 東京池袋本店

テレビCMで話題の法律事務所

国内の法律事務所では最多となる60拠点以上を構えるアディーレ法律事務所。2022年2月時点で弁護士190名以上、相談実績は70万人を突破(※1)。成果を得られなかった場合、利用者の経済的利益を超える費用は請求はありません

基本情報
任意整理にかかる費用 【報酬金】44,000円【解決報酬】22,000円【減額報酬】減額分の11%
個人再生にかかる費用 【報酬金】462,000円〜(※2)【事務手数料】55,000円
自己破産にかかる費用 【報酬金】同時廃止:363,000円〜、管財事件:437,800円〜
住所 東京都豊島区東池3-1-1サンシャイン60(※2)

※ 価格はすべて税込

※1 2021年10月時点(開設当時からの相談者数の累計)

※2 住宅ローン特例ありの場合、550,000円〜

※3 その他、立川支店、北千住支店、町田支店、新宿支店あり

15位

司法書士事務所

司法書士法人ライタス綜合事務所

メール・LINE・電話で24時間365日相談OK

借金問題や闇金対応など日常で起こるトラブルの解決を得意としている法律事務所です。メールやLINEで無料相談できるほか、電話での問い合わせも24時間365日受け付けています。最短当日対応・解決を心がけておりスピード感を持った対応をしてもらえるのも魅力です。

基本情報
任意整理にかかる費用 【着手金】1社44,000円(※1)
個人再生にかかる費用
自己破産にかかる費用 【着手金】275,000円~330,000円
住所 神奈川県横浜市神奈川区台町11-30 台ビル12

※ 価格はすべて税込

※ 公式サイトに記載がない場合は「ー」と記載

※1 別途、事務手数料(20,000~50,000円)あり

※別途、実費(交通費、切手代、印紙代など)あり

16位

司法書士事務所

司法書士法人 杉山事務所

岡山・札幌・広島と全国に対応!

週刊ダイヤモンド誌に「消費者金融が恐れる司法書士日本一」と取り上げられたことのある「司法書士法人 杉山事務所」。相談実績は月3000件で豊富な経験を持つ事務所です。遠方の方には出張相談も無料対応しています。

基本情報
任意整理にかかる費用 【報酬金】11,000円〜
個人再生にかかる費用 【報酬金】440,000円(※1)
【事務手数料】35,000円(※2)
自己破産にかかる費用 【報酬金】440,000円(※3)
住所 東京都新宿区新宿2-13-12住友不動産新宿御苑ビル8F

※ 価格はすべて税込

※1 住宅ローン特例ありの場合、550,000円

※2 別途、保管金・印紙代あり

※3 別途、保管金・印紙代・破産管財人費用あり

※4 その他、福岡・広島・岡山・仙台・札幌に拠点あり

実際の解決事例を紹介(はたの法務事務所)

はたの法務事務所の評判を裏付ける実際の解決事例を、3つご紹介します。それぞれ立場や職業の違う方の事例となっているので、ぜひ参考にしてください。過払い金請求や債務整理をすることでどのように生活がかわるのかという点に注目してもらうとわかりやすいです。

事例①完済後の過払い請求で払いすぎた利息が返ってきた!

無職Kさん(68才)の場合
5
60代
男性
無職
Kさんは現在、年金で生活をなさっています。会社を60才で退職されたときに、ローンは全て支払い済みでした。

今はお子様達と生活してらっしゃいますが、最近、「過払い」という言葉を耳にして、とりあえず相談してみようかとお子様のすすめもあり、ご相談されることにしました。一つ問題なのは、「どの会社と取引をしていたか」が全く不明なことです。

当時の請求書などは全部捨ててしまったものですから、専門家に頼むときも、「大丈夫かな?」との不安はお持ちでした。

面談で、「看板の色は?」「どんなブランドだったか?」「会社名は変わっているか?」といったことを、記憶を頼りに答えた結果、専門家は、「おそらくA社とC社かと思われますが、念のため大手業者に債権調査をしてみましょう」とアドバイスを受け、依頼することになさいました。

結果、下のように消費者金融及び信販系各社が過払いだったことが判明しました。

【手続き後のKさんの負債額】
消費者金融A社 取り戻した過払い金80万円
消費者金融C社 取り戻した過払い金120万円
消費者金融R社 取り戻した過払い金100万円
信販系E社 取り戻した過払い金90万円
信販系O社 取り戻した過払い金110万円
念のために債権調査を行った結果、5社が該当ありということで、過払い金の取り戻しに成功しました。

Kさんは正直、記憶になかったので結果を聞いて驚きました。

後になって、そういえばと思い出した業者もありましたが、これだけの過払い金が戻ってくるとは、全く想像していませんでした。

専門家にお礼を言ったときに、「Kさんがきちんと毎月のお支払いをなさっていたからこういった結果が出せたのですよ。ただ、後2年たっていたら、全部時効になってしまうところでしたよ」と言われ、取引業者が不明だったけれども、相談をしておいてよかったと感想を抱かれたようです。

「業者が分からないからとお手続きを断念しそうになる方がおられますが、そういった時は、まず調べてみるという方法がよいでしょうね。迷っている間に取り戻しができなくなってしまっては、もったいないことですからね。」

確かにそうだなとKさんも同じご意見でした。

出典:https://hikari-hatano.com

事例②8年前に自己破産!過払い金の時効前に相談できてよかった

会社員Jさん(43才)の場合
5
40代
男性
会社員
Jさんは、事務仕事をなさっています。

今回、ご相談に来られたのは、8年前に自己破産なさったとき、消費者金融からも借り入れがあったため、もしかしたら過払い金が発生しているかも知れないということと、同級生で同じく自己破産なさった方が過払い金を取り戻されたとの話を聞いて、専門家に実際のところを調べてもらうことにしました。

自己破産申し立て時のJさんの負債額
A社 150万円(消費者金融・取引期間10年前後)
P社 98万円(消費者金融・取引期間不明)
M社 1800万円(住宅ローン・返済年数15年弱)
住宅ローンの支払いに限界を感じて、自己破産なさったのですが、他の消費者金融会社にも同じ位の期間お支払いをなされていたそうです。

「M社は住宅ローンなので過払い金が発生している可能性は低いですが、他社も含めて調査してみましょう」

Jさんはとりあえず依頼をして、結果を待つことにしました。

結果は下のような状態でした。

【手続き後のJさんの負債額】
A社 取り戻した過払い金130万円(裁判の上での和解)
P社 取り戻した過払い金80万円(裁判の上で、判決に基づく過払い金)
M社 過払い金の発生なし
この当時、既に200万円近い過払い金が発生していたのなら自己破産などせずに済んだのですが、引き直し計算を裁判所が要求するようになったのは、Jさんが自己破産の申し立てをなさってから数年後だったとのことです。

専門家が言うには、支払い義務は免除されても、過払い請求の権利は10年以内なら時効にならないとのことでした。

ただし、最近は、破産申し立て後の過払い返還請求を否定する判決もあり、裁判にしないと話が進まなくなってきているとのことでした。

「Jさんはまだ良かったですが、今後請求されようとなさっている方にとっては、裁判外での解決は難しくなるかもしれません」専門家はそう語りました。

「過払いの状況は日々厳しくなっています。今日取り戻せたお金が明日になったら取り戻せなくなっている可能性も否定できないのです」

そう言われ、Jさんはとりあえずの相談が間に合ってよかったと、感想をおっしゃいました。

出典:https://hikari-hatano.com

事例③生活費や教育費のための借金から脱却できた!

パートW・Aさん(50代)の場合
5
50代
女性
パート
母子家庭のため生活費や子供の教育費のために借金を繰り返していました。朝から晩までパートで働い
ていましたがいっぱいいっぱいの状態でした。

どうにかこの状態から脱出できないかと思い相談したところ、全社過払いになっていることが判明し過払い金返還請求を行いました。相談を躊躇しておりましたが、もっと早めに相談しておけばよかったです。

出典:https://hikari-hatano.com

債務整理をすることによるデメリット

債務者が任意整理・個人再生・自己破産のいずれかの債務整理手続きを行うと、以下の3つの信用情報機関に事故情報が登録されます。事故情報とは、一定期間返済が滞ったり、債務整理を行なった人物についての情報を指します。

 

▼債務整理を行うと事故情報が登録される信用情報機関

JICC(日本信用情報機構)

CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)

KSC(全国銀行個人信用情報センター)

 

信用情報機関に事故情報が登録された状態は、「ブラックリストに載る」とも言われ、この状態になるとクレジットカードの発行や各種ローンの利用、消費者金融の借り入れなどが制限されます。

 

一方、事故情報はインターネットなどで誰でも無料で自由に閲覧できる情報ではないため、ブラックリストに載ることが周りに知られる可能性はほとんどありません(※)また、事故情報の登録は永久的なものではなく、一定の条件を満たすことで削除されます。

 

※ 債務整理のうち「個人再生」と「自己破産」の内容は、官報(国の決定事項や各省庁の人事異動、官庁報告などが掲載される広報誌)の裁判所公告に掲載されますが、官報への掲載は個人情報を広める目的ではないため、個人名などが広まることは基本的にありません。

任意整理とは?

任意整理とは、借金を完済することを目的に、債務者と債権者間で「今後の利息のカット」や「長期的な分割払い」について交渉をする債務整理の方法の1種です。任意整理・個人再生・自己破産の3種の中では、最も難易度が低く、ブラックリストに乗る期間も短い手続きです。

 

また、これまでの取引を調査し違法な金利で利息を支払っていた場合、利息制限法に基づく上限金利年15%〜20%で再計算し借金の減額を狙うことも可能です。

任意整理のメリット

任意整理のメリットは、これから支払う利息のカットをしたり分割払いの回数を増やすことで、月々の返済額を確実に減らすことができる点です。

 

任意整理により債権者と返済計画について合意を取った後は、原則3年〜5年で借金の元本のみを返済していくことになります。

 

また、2010年6月に改正された利息制限法に基づき借金の過払いを調査することで、借金が減額されたり、過払分が返還される可能性もあります。

 

クレジットカードや住宅などのローンは法的に定められた金利の範囲内のため減額は見込めませんが、利息制限法の改正前に消費者金融などで借金をしている場合、過払いが発生している可能性があります

任意整理のデメリット

原則として、任意整理を選択できる人は「安定した収入がある」ことが条件です。なぜなら、任意整理は自己破産などと違い「借金が減額されれば完済できる人」のために用意された手続きのためです。

 

また、任意整理をすると3年から5年、信用情報機関に事故情報が登録され、その間クレジットカードの発行や各種ローンの利用、分割払いができなくなります

 

さらに、任意整理をした後にもかかわらず返済を滞納(2ヶ月分)してしまうと、和解の効力を失い、場合によっては一括請求を求められます。2ヶ月分以内の滞納なら問題ありませんが、万が一、任意整理後に2ヶ月分の対応をしてしまった場合は、再和解や追加介入(複数の債権者がいる場合に他の債権者に対して任意整理を行うこと)、自己破産・個人再生を検討することになります。

任意整理の費用は一般的に20,000円〜100,000円+減額報酬といわれています。かなり金額に幅があるように思いますが、依頼人が必要とするサポートの多さによるものです。以下に弁護士事務所と司法書士事務所、それぞれの費用内訳い一例を表にまとめました。

任意整理にかかる費用

任意整理の費用は一般的に20,000円〜100,000円+減額報酬といわれています。かなり金額に幅があるように思いますが、依頼人が必要とするサポートの多さによるものです。以下に弁護士事務所と司法書士事務所、それぞれの費用内訳い一例を表にまとめました。

 

マイホームをお持ちの方で、家を失わずに個人再生をしたい方には「住宅ローン特例」が適応(※)となり、その場合の弁護士費用は、上記の費用に約10万円ほどプラスになることが多いです。

※ 本人が所有しており、本人が居住している住宅に限ります

 

1社につき140万円までの借金であれば、弁護士事務所ではなく司法書士事務所に依頼した方が安い場合もあります。ただし、司法書士ができる業務は資料作成のみです。なるべく安く抑えたい、代理人としてのサポートは必要ないと考える方は司法書士事務所に依頼するのもいいでしょう。

▼各事務所ごとの任意整理にかかる費用

はたの法務事務所
着手金 報酬金 手数料
無料 解決報酬金:22,000円~+減額できた債務額の11%
グリーン司法書士法人・行政書士法人
着手金 報酬金 手数料
無料 解決報酬金:21,780円〜+取り返した金額の22%(※1)
ライズ綜合法律事務所
着手金 報酬金 手数料
55,000円~ 解決報酬金22,000円(1社)+過払い金額の11% 送金管理費:1,000円(1社)/回 通信費:2,200円(1社)
ベリーベスト法律事務所
着手金 報酬金 手数料
無料 解決報酬金:22,000円(1社)+減額できた債務額の11%(返済後の場合過払い金額の22%)※1 事務手数料:44,000円(※2)+手数料:負債額に応じて変わる(10万円未満の場合は0円)
司法書士法人みどり法務事務所
着手金 報酬金 手数料
解決報酬金:11,000円~ 11,000円~
弁護士法人ひばり法律事務所
着手金 報酬金 手数料
22,000円(1社) 解決報酬金:22,000円(1社)+過払い金額の11% 5,500円(1社)
弁護士法人サンク総合法律事務所
着手金 報酬金 手数料
55,000円~(1社) 解決報酬金:11,000円~(1社)+減額できた債務額の11%(返済後の場合過払い金額の22%)※1
アース法律事務所
着手金 報酬金 手数料
22,000円(1社) 解決報酬金:22,000円(1社)+減額できた債務額の11%

※1 裁判ありの場合は27.5%

※2 1案件(金額は状況によって異なる)

※ 金額はすべて税込

※公式サイトに記載がない場合は「ー」と記載 

※ クリックすると記事内の各事務所紹介へ飛びます

個人再生とは?

個人再生とは、裁判所を通して借金を大幅に減額する債務整理の手続きの1種です。任意整理と違い、裁判所に再生計画について認可を受ける必要があるため、手続きの難易度が高いですが、借金を80%程度減額することが可能です。(減額できる借金は借り入れや資産の状況によって変わります)

 

また、一定の条件を満たすことで、住宅や車(※)を維持した状態で手続きを受けることができます

 

※ 車はローンを完済している場合

個人再生のメリット

個人再生のメリットは、住宅資金特別条項の条件を満たすことでマイホームを処分せずに借金を大幅に減額できる点です。また、ローンが完済していれば車も手元に残せます。

 

そのため、個人再生は「任意整理では支払えない額の借金を抱えてる」かつ「財産を差し押さえられたくない」方に向いている債務整理の手続きです。

 

また、資格制限により自己破産できない職業(※)に就いている場合にも個人再生が向いています

 

※ 生命保険募集員、警備員、弁護士、建築設備資格者、不動産鑑定業者、旅行業者、質屋、補償コンサルタント、公正取引委員会の委員長および委員、中小企業診断士、税理士、国家公安委員会委員、風俗営業およびその管理者、公認会計士など

個人再生のデメリット

個人再生の手続きをするには、「安定した収入の見込みがある」「住宅ローンを除いたの債務総額が5,000万円以下」「債権者の過半数の同意がある」など複数の条件を満たしている必要があります。

 

そのため、任意整理や自己破産と比べると難易度の高い手続きになります。また、再生計画案の作成・提出や口座の取引履歴・給与明細・家計簿の提出が必要であり、すべての手続きが完了するまでに半年から1年以上かかる場合もあります

 

また、個人再生をすると5年から10年の間、信用情報機関に事故情報が登録されます。この期間はクレジットカードの発行や各種ローンの利用ができません。

個人再生にかかる費用

個人再生の場合、弁護または司法書士への支払い+裁判所への支払いを合わせた費用となり、総額は一般的に50万円〜60万円といわれています。

 

内訳のほとんどは弁護士または司法書士に支払う報酬であり、裁判所に支払う費用は収入印紙代・官報掲載費、郵便切手代が25,000円程度と再生委員会への報酬が15〜25万円ほどになります。以下に弁護士事務所と司法書士事務所の費用一例を挙げます。

 

マイホームをお持ちの方で、家を失わずに個人再生をしたい方には「住宅ローン特例」が適応*となり、その場合の弁護士費用は、上記の費用に約10万円ほどプラスになることが多いです。

 

司法書士事務所はやはり裁判所以外の専門家費用の面で、弁護士事務所よりも費用が安い傾向にあります。より専門的な知識や、裁判所への同行をのぞむ場合は弁護士事務所を選ぶべきですが、費用をなるべく抑えたい場合は、個人再生に詳しい司法書士に依頼するのもおすすめです。

▼各事務所ごとの個人再生にかかる費用

はたの法務事務所
着手金 報酬金 手数料
385,000円~(※1)    
グリーン司法書士法人・行政書士法人
着手金 報酬金 手数料
330,000円~(※2)
ライズ綜合法律事務所
着手金 報酬金 手数料
418,000円(※3) 返還額の22%(※4)

再生委員費用:150,000円~

申立費用等実費:50,000円

別途、弁護士の出張費・交通費

ベリーベスト法律事務所
着手金 報酬金 手数料
495,000円(※5) 44,000円
司法書士法人みどり法務事務所
着手金 報酬金 手数料
220,000円
弁護士法人ひばり法律事務所
着手金 報酬金 手数料
330,000円〜 220,000円〜 5,500円(1社)※6
弁護士法人サンク総合法律事務所
着手金 報酬金 手数料
アース法律事務所
着手金 報酬金 手数料
330,000円〜(※7)

※1 再生委員に支払う費用として別途220,000円~

※2 住宅ローン特例計画案付だとさらに+55,000円

※3 住宅ローン条項なしの場合。(ありの場合は、528,000円)

※4 訴訟の場合、27.5%

※5  住宅ローン条項なしの場合。(ありの場合は、605,000円)

※6 若干の諸経費あり

※7 住宅ローン条項なしの場合。(ありの場合は、440,000円〜)

※ 別途予納金・郵券・交通費・再生委員費用あり

※ 金額はすべて税込

※公式サイトに記載がない場合は「ー」と記載 

※ クリックすると記事内の各事務所紹介へ飛びます

自己破産とは?

自己破産とは、裁判所に破産手続きをすることですべての借金の免責の申し立てをする手続きのことです。

 

生活を一から立て直す上で最も有利な債務整理ではありますが、持ち家や車などの財産をすべて手放す必要があるなどデメリットも多いため、任意整理や個人再生で借金の減額ができたとしても返済が困難な場合に選択される最終手段と言えます。

 

自己破産の対象となるのは、裁判官が債務者の負債額や所有している資産の状況、収入などを総合的に考慮し、「借金を完済することは不可能」と判断された人のみです。

自己破産のメリット

自己破産をすると、すべての借金の支払い義務がなくなり、いわば「すべての借金が帳消し」となります

 

また、自己破産の手続きをし裁判所が申し立てを受け付けたタイミングで、債権者は債務者に対して強制執行(財産を強制的に差し押さえること)ができなくなります。これにより、強制執行を受けることで今以上に生活が困窮する心配がなくなるという大きなメリットがあります。

 

さらに、自己破産と聞くと「すべての財産が差し押さえらえる」と思っている方も多いですが、自己破産後も生活に支障をきたすことがないよう、時価20万円以下の家具や家電製品のほか裁判所に認められた財産は引き続き保有することが許されるため、これらも自己破産をするメリットと言えるでしょう。

自己破産のデメリット

自己破産をする最大のデメリットは、自己情報が信用機関に登録されることで、長期間(5年〜10年)クレジットカードの発行やローンを組むことができなくなる点です。

 

また、自己破産をすると、99万円を超える現金や時価20万円以上の資産(自動車や自宅、土地など)は原則処分・現金化され、債権者への配当に当てられるため、家具・家電製品・衣料・事業に必要なものを除くほとんどの所有資産を失います。

 

くわえて、自己破産の手続き中は以下の職業に就けなくなります

 

・生命保険募集員

・警備員

・弁護士

・建築設備資格者

・不動産鑑定業者

・旅行業者

・質屋

・補償コンサルタント

・公正取引委員会の委員長および委員

・中小企業診断士

・税理士

・国家公安委員会委員

・風俗営業およびその管理者

・公認会計士など

 

さらに、債務者が自己破産をしても保証人(連帯保証人)の支払い義務は残るため、債権者から保証人へ一括で請求がいくことになるため、自己破産手続きの前に必ず確認する必要があります。

自己破産にかかる費用

自己破産には大きく分けて2つのパターンに分かれます。一つは債務者に現金化できるほどの財産がない場合の「同時廃止事件」、二つ目は債務者に一定の財産がある、またはギャンブルなど浪費が理由の借金の場合の「管財事件」です。

 

それにより金額も約30〜80万円と幅広く、場合によってはそれ以上の費用がかかります。自己破産のパターンによりどれだけの差があるのか、以下で費用一例を挙げます。

 

「管財事件」の費用が高くなる大きな要因は、管財人費用によるものです。「同時廃止事件」では不要な財産の現金化などをの業務が増えるため、費用も時間もかさみます。

 

また管財事件と振り分けられる主な基準は「20万円以上の財産を保有しているか否か」です。ここで言う財産とは主に、現金・住宅・車・保険などを指します。

 

やはり弁護士事務所に支払う金額より、司法書士事務所へ依頼した方が少し安い傾向にあります。ですが、他の債務整理と同様に裁判所への同行や代理人を請け負うことはできないので、裁判所とのやりとりが多い自己破産の場合は弁護士に依頼することが多いようです。

▼各事務所ごとの自己破産にかかる費用

はたの法務事務所
着手金 報酬金 手数料
330,000円~(※1)    
グリーン司法書士法人・行政書士法人
着手金 報酬金 手数料
同時廃止:264,000円~(※2)

管財事件:42万9,000円〜(※2)

ライズ綜合法律事務所
着手金 報酬金 手数料
363,000円(※3) 返還額の22%(※4)

通信費及び申立諸費用:30,000円

別途、弁護士の出張費・交通費

ベリーベスト法律事務所
着手金 報酬金 手数料
同時廃止:385,000円

管財事件:495,000円(※5)

法人破産:110万円〜

44,000円
司法書士法人みどり法務事務所
着手金 報酬金 手数料
220,000円
弁護士法人ひばり法律事務所
着手金 報酬金 手数料
220,000円〜 220,000円〜 5,500円(1社)※6
弁護士法人サンク総合法律事務所
着手金 報酬金 手数料
アース法律事務所
着手金 報酬金 手数料
330,000円〜

※1 少額管財事件は別途220,000円~

※2 2社以降1社毎に+20,900円

※3 10社まで、かつ借入総額500万円未満の場合(11社以上、または借入総額500万円以上の場合は、418,000円。少額管財手続きの場合は473,000円)

※4 訴訟の場合、27.5%

※5 個人事業主の場合は、495,000円〜715,000円

※6 若干の諸経費あり

※ 別途予納金・郵券・交通費・再生委員費用あり

※ 金額はすべて税込

※公式サイトに記載がない場合は「ー」と記載 

※ クリックすると記事内の各事務所紹介へ飛びます

債務整理の依頼料は法テラスで立て替え申請も可能

依頼料を支払うことができない方は法テラスで費用を立て替えてもらうこともできます。しかし、立て替えには審査や手続きなどがあり、立て替えた費用は返す必要があります。可能であれば事務所の分割払いを活用して支払う方が簡単です。詳しい条件は費用の立て替え条件で確認してみてください。

債務整理に関するよくある質問

債務整理をする人ってどんな人?

※画像は破産事件及び個人再生事件記録調査を参照し作成

 

負債額は個人再生を行った人の方が多く、自己破産を行った人の負債額は100万~400万円、個人再生を行った人の負債額は1000万円~3000万円に集中していました。また、負債理由としては生活苦がもっとも多く見られました。

債務整理は家族にバレる?

基本的に家族にバレることはありません

 

正確には民事再生・自己破産すると官報に登録されるため、調べようと思えば調べられます。

 

しかし、一般的に官報を確認する人はほぼいないこと、個人名で検索してもヒットしないことを考えると、家族や会社にバレるリスクはほとんどないと言ってよいでしょう。

2回目の債務整理はできる?

2回目の債務整理は可能ではありますが、1回目と比べると条件が厳しくなってしまう傾向にあります。

 

借金の減額が認められる条件が厳しかったり、借金の減額幅が少なくなってしまうことが多いです。

借金はどれくらい減る?

〇過払い金請求

例1)M.Sさん 32歳男性

借金額:200万円

依頼時の借金の状況:完済済み

手元に戻ってきた過払い金:210万円

 

例2)A.Wさん 36歳女性

借金額:300万円

依頼時の借金の状況:完済済み

手元に戻ってきた過払い金:100万円以上

 

 

 

〇任意整理

例1)Iさん 30代女性

相談時の借金額:436万円

減額された借金額:200万円

 

例2)Sさん 30代男性

相談時の借金額:450万円

減額された借金額:190万円

 

 

 

〇個人再生

借金が5分の1〜10分の1に減額されます。

詳しく説明すると、下記の中で最も高い金額の借金がのこり、それを超える額の返済義務は免除されます。

①負債額が100万円未満の場合、負債額全額

②負債額が100万円以上500万円未満の場合、100万円

③負債額が500万円以上1500万円未満の場合、負債額の5分の1

④負債額が1500万円以上3000万円未満の場合、300万円

⑤負債額が3000万円以上5000万円未満の場合、負債額の10分の1

⑥住宅や車などの財産の価値の総額

⑦収入から税金と法令で定められた生活費を差し引いた金額の2年分

 
 
 

〇自己破産

借金の全額がなくなります。

弁護士と司法書士との違いは?

債務額が140万円を超える場合、司法書士では対応できず、弁護士のみが対応できる点が違いです。

 

 

債務額が140万円を超えない場合は弁護士・司法書士どちらでも大きな違いはない。債務額が140万円を超える場合は弁護士でしか対応できないと覚えておきましょう。

債務整理はどれくらいの期間がかかる?

相談から手続きが完了するまでの期間の目安は以下です。

 

任意整理:3ヶ月程度

個人再生:5〜6ヶ月程度

自己破産:半年〜1年

どれくらいの間ブラックリストに載ってしまう?

ブラックリストに載ってしまう期間は以下を目安にしましょう。

 

任意整理:5年間

個人再生:5~10年間

自己破産:5~10年間

法テラスでも債務整理はできる?

法テラスとは国が設立した「法的トラブルを解決するための総合案内所」のことです。正式名称を日本司法支援センターと言います。法テラスでも債務整理はできますが、収入や資産に条件がある、手続きに時間がかかるなど不便な点も多くあります。

 

特に、金融機関からすでに催促が来ている場合は、法テラスよりも民間の法律事務所を利用するほうがおすすめです。依頼が成立すれば即日~2日以内に催促をストップすることができます。

東京・大阪・福岡など都市圏の法律事務所に依頼した方がいい?

全国対応している都市部の事務所に依頼することは大きなメリットがあります。都市部に事務所を置いている事務所は、経験を積んだ優秀な弁護士・司法書士が集まりやすいため、満足のいく結果を得られやすいのが特徴です。

 

債務整理の場合、「依頼人との連絡」「貸金業者との交渉」「裁判所への申し立て」など、電話・メール・郵便で完結できる案件がほとんどです。地方からでも安心して依頼できますよ。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2024年06月14日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

債務整理のおすすめ記事

債務整理の相談におすすめの弁護士・法律事務所ランキング19選!各事務所の口コミも紹介のサムネイル画像

債務整理の相談におすすめの弁護士・法律事務所ランキング19選!各事務所の口コミも紹介

債務整理
【2024年最新】はたの法務事務所を利用したリアルな口コミ・評判を徹底調査!最悪って本当?のサムネイル画像

【2024年最新】はたの法務事務所を利用したリアルな口コミ・評判を徹底調査!最悪って本当?

債務整理
自己破産に強いおすすめ弁護士事務所ランキング18選!各事務所の口コミも紹介のサムネイル画像

自己破産に強いおすすめ弁護士事務所ランキング18選!各事務所の口コミも紹介

債務整理
任意整理の相談におすすめの弁護士・法律事務所ランキング18選!各事務所の口コミも紹介のサムネイル画像

任意整理の相談におすすめの弁護士・法律事務所ランキング18選!各事務所の口コミも紹介

債務整理

地域毎で選ぶおすすめ事務所

梅田で鼻整形ができる人気おすすめクリニック8院【切らない手術は?】のサムネイル画像

梅田で鼻整形ができる人気おすすめクリニック8院【切らない手術は?】

美容整形
大阪で債務整理の相談におすすめの弁護士・法律事務所ランキング10選!各事務所の口コミも紹介のサムネイル画像

大阪で債務整理の相談におすすめの弁護士・法律事務所ランキング10選!各事務所の口コミも紹介

債務整理
名古屋で債務整理の相談におすすめの弁護士・法律事務所ランキング5選!各事務所の口コミも紹介のサムネイル画像

名古屋で債務整理の相談におすすめの弁護士・法律事務所ランキング5選!各事務所の口コミも紹介

債務整理
札幌で債務整理の相談におすすめの弁護士・法律事務所ランキング5選!各事務所の口コミも紹介のサムネイル画像

札幌で債務整理の相談におすすめの弁護士・法律事務所ランキング5選!各事務所の口コミも紹介

債務整理
仙台で債務整理の相談におすすめの弁護士・法律事務所ランキング8選!各事務所の口コミも紹介のサムネイル画像

仙台で債務整理の相談におすすめの弁護士・法律事務所ランキング8選!各事務所の口コミも紹介

債務整理
福岡で債務整理の相談におすすめの弁護士・法律事務所ランキング4選!各事務所の口コミも紹介のサムネイル画像

福岡で債務整理の相談におすすめの弁護士・法律事務所ランキング4選!各事務所の口コミも紹介

債務整理
広告掲載について

gooランキングでは、タイアップ広告やバナー広告を出稿いただける広告主様を募集しております。下記までお気軽にご連絡ください。