安いけど美味い日本酒の人気おすすめランキング15選【コスパ最強】

記事ID6385のサムネイル画像

メイドインジャパンで味わいや香りだけではなく、文化や種類も楽しめる日本酒。そんな魅力的な日本酒をなるだけ安い価格で、コスパ良く楽しみたいですよね。そこで今回は安い日本酒の人気おすすめランキングをまとめました。選び方も解説しているので是非参考にしてください。

※法律により20歳未満の酒類の購入や飲酒は禁止されており、酒類の購入には年齢確認が必要です。

価格にこだわらない色々な日本酒のランキングを見たい方はこちらをどうぞ。

安い日本酒の魅力

世界で最も製造が難しいと言われている日本酒は、それだけ味わいや香りも奥深く美味しいです。料理との相性も良く、日本酒はもちろんですがフランス料理や中華など、今や世界の料理のお供として注目されています。

 

日本酒とひと口にいっても、果物のように華やかな香りが高く、爽やかでフルーティな香味のするものや、新鮮で清涼感ある香りを持ち、端麗辛口の味わいをもちもんなど、銘柄によってそれそれの味わい香りで、豊富なラインナップが存在します。香味だけではなく、舌触りや産地など銘柄独特の良さがあります。

 

魅力がたっぷりの日本酒を最大限美味しくいただくには、その銘柄の良さを理解しないといけません。ですがやはり安い価格で毎日適度な量を飲みたいですよね。そこで今回は安いお酒の人気おすすめランキングをご紹介します。ランキングの基準は、香味・価格・種類の3つになります。

安い日本酒の人気おすすめランキング15選

15位

菊正宗酒造

純米樽酒

価格:938円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一度口にしたら忘れらない香味

生もと造りで醸した辛口の純米酒を吉野杉の酒樽に貯蔵し、一番香りの良い飲み頃を取り出し、瓶詰した本格樽酒です。純米酒らしい余韻のある旨味に、爽やかな香りをまとった芳醇な味わいとキリッとしたのど越しが特長です。

 

日本酒の辛口とはいっても、色々ありますが、この銘柄は口に含むとすぐに舌にピリッときます。味は非常にさっぱりしているので、どなたでも比較的飲みやすいのではないでしょうか。辛口で和の香りが好きな人におすすめの安い日本酒です。

内容量720ml種類純米酒
アルコール度数15度産地兵庫県

口コミを紹介

香味はブランドイメージに反しない『淡麗辛口』その物で、極めて品の良いキレが酒の肴を際立たせる。それでも、米の甘みが根底にあり、低めの温度ならそれを堪能する事も可能。
一方で、アルコール刺激は抑えてあり、日常食卓にも置き易く、毎日贅沢感が味わえる一杯。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

福徳長

甲斐の酒

価格:990円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自然豊かな地で産まれた破格に安い日本酒

キレがよく冴えわたり、すいすい飲めてしまう辛口の日本酒です。2リットルの1小瓶サイズで1000円以下と、とにかく破格のお値段なので、安さを重視するならおすすめです。

 

南アルプスや八ヶ岳、富士山といった自然豊かな地で生まれているので、水が清冽な気がして美味しいです。どんどん飲めてしまいますが、飽きない味わいなので定番酒にしてみてはいかがでしょうか。

内容量2000ml種類清酒
アルコール度数13度産地山梨県

口コミを紹介

お供え用に家族に頼まれて購入しました。お供えの後に料理に使いました。コクが出るので料理が美味しくなりました。お酒が飲めない体質なので直接の味は全く味見できないのでかぞくのかんそうですが、辛口ですが口当たりは良くお酒のつまみのお刺身にとても合うとの事です。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

黒龍

黒龍

価格:2,900円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

香りと味の2つのハーモニーが醸し出す旨味

13位の日本酒は「黒龍」です。酒造好適米酒の五百万石を高精白し旨みが感じられて、のど越し豊かに楽しめます。黒龍を定番酒としている人や、好きな人にプレゼントすると喜ばれる、今上天皇も好きで嗜んでいる人気銘柄です。香りと味の二つのハーモニーが醸し出す、深い旨さを一度味わってみてください!

内容量1800ml種類純米吟醸酒
アルコール度数16度産地福井県

口コミを紹介

友人に、進物として贈ったが、
喜んでくれた。今上天皇の好きな
日本酒だそうだ。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

清洲桜醸造

清洲桜醸造 清洲城信長鬼ころし

価格:927円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

とにかく安いリーズナブルな日本酒

コンビニやスーパーでも販売されている、リーズナブルな紙パックの日本酒として定番の銘柄「鬼ころし」です。味わいとしてはやや辛口で飲み飽きせず、まろやかでコクがあります。

 

大容量の2リットルが入って、900円くらいで購入できるので、コスパ最強の安い日本酒です。おすすめの飲み方は上燗や熱燗ですが、もちろん冷やでも美味しいです。(2016年全国燗酒コンテスト熱燗部門で金賞)

内容量2000ml種類-
アルコール度数15度産地愛知県

口コミを紹介

もちろん飲みますが、料理の時も使います。まぁお安いしとても重宝しています

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

遠藤酒造場

彗 シャア

価格:2,017円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

まるで白ワインのようなフルーティーな日本酒

杜氏の高野氏が1タンクのみ、チャレンジで仕込んだ数量限定の日本酒が、リーズナブルな価格でお買い求めできます。ラベルデザインも日本酒には稀な上品さが感じられますが、味わいもまるで白ワインの様にフルーティーな純米吟醸酒です!

 

フレッシュな吟醸香と、甘酸っぱくフルーティーな旨味は、ほとんど白ワインでぐいぐい飲めますが、日本酒の深みも感じられる味わいです。銘柄の名からお気づきの方もいるでしょうが、ガンダム好き、ガンダム世代の人にプレゼントすれば喜ばれること間違いありません。

内容量720ml種類純米吟醸原酒
アルコール度数13度産地長野県

口コミを紹介

白ワインみたい。
酸味がグッと来てまるーくなって消えていきます。水のようにくどくなくグイグイ飲んでしまうような味ですが、ちゃんと深みもあります。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

諸橋酒造株式会社

越乃景虎

価格:2,200円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ほんのり甘い超辛口な日本酒

この日本酒の仕込み水には、辛口酒には最適な超軟水が使用されており、実際口にするとほんのり甘さも感じられるような、心地よい辛さが広がります。スッキリとした味わいで、深酒しても翌日に残らないお酒と評判です。辛口の日本酒が好きな人におすすめなので、ぜひ一度味わってみて下さい!

内容量1800ml種類本醸造酒
アルコール度数15度~16度産地甲信越地方

口コミを紹介

辛口好きの主人はこのお酒が大好きです。15年前くらいから飲んでいます。私の田舎のお酒という事もあり、好んで飲んでいます。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

酔鯨酒造

酔鯨

価格:2,000円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お料理のお供に最適な特別純米酒

料理と一緒に美味しい日本酒も楽しみたい、そんなシーンにピッタリの日本酒がこの「酔鯨」です。ふくらみのある旨みとキレの良い後味は、お料理のお供に最適です!精米歩合が55%の純米酒なのに、とても安い価格でお買い求めできます。

 

麹造りは力強い麹を目指して造り込み、熊本酵母、鏡川の源流水とともに低温でじっくりと醸しているようです。おすすめの飲み方は冷やなので、参考にしてみてください。

内容量1800ml種類特別純米酒
アルコール度数15度産地高知県

口コミを紹介

高知県は酒所ですし、このくじらのラベルが特に気にいってます!
もちろん味、香りともに日本酒好きにはうけると思います!

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

八海山

清酒 八海山

価格:2,000円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バランスのとれた飲み飽きしない日本酒

8位に選んだ「清酒 八海山」は、「いい酒をより多くの人に」を形にした、八海醸造の真髄の日本酒です。普通酒でありながら、原料米を60%まで磨いて、低温発酵でゆっくりと丁寧に造られています。

 

淡麗なすっきりとした飲み口なので、料理をしっかり味わうことができます。食中酒としてバランスの取れた飲み飽きしない日本酒なので、ぜひ美味しい食卓のお供にしてみてください。「酔い心地も断然良い」と評判です。

内容量1800ml種類普通酒
アルコール度数15度産地新潟県

口コミを紹介

淡泊で、素直な喉ごし。
飲むほどに、爽やか度が増し、心が解き放たれる。
体も伸びやかに。こんな酔いは、未だなかった。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

白瀧酒造

上善如水

価格:2,310円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

特別な日でも普段の日でも飲みたい贅沢な味わい

安い日本酒もよいですが、ちょっと奮発して贅沢な味わいを楽しみたいなら、この上善如水を選んでみてはどうでしょうか。酒造好適米を45%に磨きこんで、蔵人が手塩にかけて醸した純米大吟醸酒です。

 

上善如水の名を冠するお酒として、全てにおいて洗練を極めているといっても過言ではないでしょう。華やかさを奥に秘めた気品ある香り、深い味わいを楽しんでください。

内容量720ml種類純米大吟醸
アルコール度数15度産地新潟

口コミを紹介

口にスッーっと優しく入って香りと味が口中に広がります。
さわやかな吟醸香と上品な米の甘さを堪能できます。
喉を通る時も優しく自然な感じでスッキリしてます。
余韻はあっさりしていて長くないのでガンガン飲めちゃいます。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

大七酒造

大七 純米生もと

価格:2,413円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

熱燗でじっくり飲みたい日本酒

日経新聞の土曜版NIKKEIプラス1『何でもランキング』において、「おせち料理によく合ってお燗にすると美味しい日本酒」の第一位に選ばれたのが、この「純米生もと」です。

 

審査員からは「しっかりとしたコク」「油ののった食べ物と合う」と評されています。癖がなくあっさりしており熱燗にピッタリですが、お冷やにしても美味しいです。

 

ぜひ皆さんもおせちには、この日本酒を熱燗でじっくり飲んでください。非常に安いので普段飲む食中酒にしてもおすすめです!

内容量1800ml種類純米酒
アルコール度数15度産地福島県

口コミを紹介

寒い時期に、熱燗が飲みたくて購入しました。癖が無く、飲みやすいです。冷でも熱燗にしてもどちらも美味しく飲めました。購入して良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

月桂冠

月桂冠 山田錦純米パック

価格:1,392円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブルに楽しめる実は美味しいパック酒

酒造好適米の王様「山田錦」を使用したパックの日本酒です。もちろんリーズナブルな価格で楽しめますが、しっかり日本酒として嗜める銘柄です。

 

山田錦特有のふくらみのある味わい、すっきりしたあと味は美味しく飲み飽きしません。冷酒から燗酒まで幅広い温度帯でおいしく、食べ物との相性も抜群でおすすめです。

内容量1800ml種類山田錦純米酒
アルコール度数15度産地京都府

口コミを紹介

いつも普段の晩酌用にスーパーで買っています。辛口が好きなので色々探しましたが、箱の酒の中てはとても優秀だとおもいます。特にぬる燗で飲むのが美味しい!うちの常用酒です。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

白瀧酒造

上善如水

価格:1,180円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

どんな料理にも合わせられる日本酒

7位でご紹介した上善如水よりも、半分くらいの値段になっているお安い銘柄です。こちらも純米吟醸酒で品質は劣らず、軽快な味、フレッシュな果実のような華やかな香りで虜になってしまいます。純米のまろやかな余韻に浸れることでしょう。どんな料理にも合わせられるので、食中酒として大変おすすめです!

内容量720ml種類純米吟醸酒
アルコール度数14度産地新潟県

口コミを紹介

最近、何十年かぶりに飲んでみた。
さすがに昔、味わった鮮烈さはなかった(たぶん記憶が美化されている)が、十分に旨い。
アルコールぽくなくて、とても飲みやすい。
難点は飲みやすすぎて、すぐ飲んでしまうこと。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

朝日酒造(清)新潟

久保田 千寿

価格:2,670円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

飲み口の良いスッキリとした辛口

久保田は吟醸規格の本醸造酒です。飲み口の良いスッキリとした辛口で、安らぎを誘うような優しい香りの美味しい日本酒です。ぬる燗でいただけば、酒質まろやかになるのでおすすめです。お正月には久保田の日本酒で一杯、という方は少なくないでしょう。

内容量1800ml種類吟醸酒
アルコール度数15度~16度産地新潟県

口コミを紹介

美味しいととても喜ばれました。
私も日本酒は飲めないのですが 口当たりがよく 美味しいと思いました☆

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

月桂冠

月桂冠 定番酒つきパック

価格:2,198円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

食中酒にも料理酒にもおすすめな安い日本酒

2位は晩酌酒・料理酒としても愛され続ける「定番酒つき」のお買い得2リットルパックです。お値段は2198円になっていますが、2本セットになった商品なので、実質1本(2リットル)あたり1000円くらいでお買い求めできます。安い日本酒の大本命なのではないでしょうか。

 

まろやかな口当たりと四段仕込みならではの、やさしく奥深いまろやか甘みが特徴で、もう一杯飲みたくなってしまう様なすっきりとした味もあります。

 

飲み飽きないシンプルな味わいなので、刺身やおでん、鍋などあっさり料理から、焼き肉や揚げ物など、こってりとした料理まで、いろいろな料理と合います。毎晩の食中酒としても、料理酒としてもおすすめですよ。

内容量2000ml種類普通酒(原酒)
アルコール度数20度産地京都府

口コミを紹介

よくある糖類、酸味料の添加を行わず、この価格で、この実力は、さすがと言わざるを得ない。いわゆる、地酒の純米酒や本醸造を、多く飲んできたが、この「月」のレベルに達成していない酒にも、残念ながら遭遇してきた。純米吟醸クラスでも、期待外れはあった。そう考えると、「月」は晩酌酒として、候補に入れたい酒である。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

旭酒造

獺祭(だっさい)

価格:3,240円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

上質な香味のする大人気の日本酒

見事1位に輝いたのは、最高の酒米といわれる山田錦を45%まで磨いて醸した純米大吟醸酒の獺祭(だっさい)です。多くの人から高い評価を得て人気を得ているベストセラー銘柄です。日本酒として最高品質なのは間違いないですが、比較的安い価格でリーズナブルに購入できるのも人気のポイントでしょう。

 

味は新鮮な中辛で、滑らかで繊細な香りと絶妙なバランスを保っております。もっと言えば口当たりはフレッシュで、香りは果物のようにフルーティです。またお米の旨味もあるので非常に飲みごたえある日本酒です。

 

コクや深みがちゃんとある日本酒ですが、フルーティだったりフレッシュなので、日本酒が苦手な人や、これから日本酒を飲む人にもおすすめできます。ぜひ一度、最高の純米大吟醸酒を味わってみてください。

内容量1800ml種類純米大吟醸
アルコール度数16度産地山口県

口コミを紹介

とても甘露な味わいで、喉にやんわりと微量な熱をもたらしながら清らかに流れ、抜けていく感覚が自分は好きです。
とても心地の良いひと時を過ごすことができ、感謝しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

安い日本酒の選び方

安い日本酒の中でも、よりおいしいものを選びたいですよね。また、どこの土地で作られたのか、どのようにして製造されたか、など文化や歴史なども触れながら楽しみたいものです。

 

ですが日本酒には専門用語や難しい言葉がつきまとい、入門者の方からすればよく理解できない、なんてことも少なくないのではないでしょうか。そこでここからは、なるべく分かり易く日本酒の選び方について解説していきます。

日本酒の分類(精米歩合)で選ぶ

精米をした後に残った白米の割合のことを精米歩合と言います。玄米だと100%になり、30%磨く(削る)と精米歩合は70%になります。精米歩合とアルコール添加の有無などで、日本酒のなかでもいくつかに分類されます。

 

こちらでは日本酒の種類(精米歩合)の特長についてまとめていきます。精米歩合が低ければ低いほど、それだけ多くのお米が必要になるので、より高価になります。精米歩合が高い種類を選べば、安い価格で日本酒を楽しむことができるのでおすすめです。

普通酒(規定なし)

精米歩合が規定なしの日本酒は普通酒に分類されます。規定なしとはいっても、一般的に精米歩合が73~75程度と言われているので覚えておきましょう。酵造アルコールや糖類を添加させて、淡い味に作ったものです。

 

爽快な味わいと香りで、飲みやすいという特徴があります。スーパーやコンビニなどで見かける、紙パックに入っている日本酒がこれにあたります。最も安価ですが、あえて精米歩合を80%程度とした低精白酒も登場しました。

本醸造酒(70%以下)

精米歩合が70%以下でアルコール添加がある日本酒が分類されるのが、本醸造酒という種類です。スタンダードな日本酒で、キリッとした辛口が特徴で、ご飯と一緒に飲まれる機会が多いです。普通酒同様に比較的安いです。

純米酒(70%以下)

精米歩合が70%以下で、純米酒という文字通り、お米と米麹(麹菌を繁殖させた米)だけを原料としています。リーズナブルな価格でお米の旨味を楽しむことができるので、コスパ良い日本酒と言えるのではないでしょうか。

特別本醸造酒(60%以下)

精米歩合が60%であり、なおかつ特別な方法で製造された日本酒が特別本醸造酒になります。製造法はラベルに記載されています。こだわりの製法で作られているので、その香味に注目したいですね。

特別純米酒(60%以下)

特別本醸造酒と同じで、精米歩合は60%以下、特別な方法で製造された日本酒ですが、アルコール添加はありません。

吟醸酒(60%以下)

精米歩合が60%以下で、前述した純米酒のように吟味して製造された日本酒です。アルコール添加がありで、華やかな香りが特徴です。

大吟醸酒(50%以下)

日本酒の最高峰とよばれる大吟醸酒は、精米歩合が50%以下であり、米1つ1つをよく吟味して製造しています。アルコール添加はありで、日本酒の中で最も高価な種類になります。

味わいと香りから選ぶ

日本酒は香りと味わいの要素から選定できる、4タイプの種類があるようです。好みや料理にわせた香味を選ぶことで、よりおいしく楽しめるのではないでしょうか。

薫酒

香りが高くて味が淡いのが薫酒タイプです。主に吟醸酒や大吟醸酒が含まれます。果物や花といった甘い香りが高く、爽快でさわやかな味わいです。

熟酒

香りが高くて味も濃いのが熟酒タイプです。主に長期熟成酒や古酒などが含まれます。とろりとした甘味や深い酸味、ボリューム感のある旨味が合わさった力強い味わいが特徴です。

爽酒

香りが低く味も淡い、警戒で滑らかな爽酒タイプです。普通酒や生酒系、本酵造酒などが含まれます。滑らかでみずみずしい味わいが特徴です。

酵酒

香りが低く味が濃い、コクのある酵酒です。主に純米酒が含まれます。原料である米の香味を想わせるような香りと、コクのある味わいが特徴です。

アルコール度数で選ぶ

日本酒のアルコール度数はだいたい15度前後なので、普段度数の低いお酒やカクテルを飲んでいる人からすれば、少しキツく感じてしまうかもしれません。最近ではアルコール度数が10度近くまで抑えられた銘柄もあります。

 

飲み口がすっきりしていて、アルコールの独特の香味が控えめなので、日本酒入門者やお酒をあまり飲まない人におすすめです。

料理との相性で選ぶ

日本酒に合う料理といえば、和食や刺身というイメージが強いかと思いますが、実は、フランスの超一流レストランのワインリストに銘柄が載っていたり、フランス料理ともよく合います。他にも中華料理やイタリア料理など、国境を超えて様々な郷土料理と一緒に食事を楽しむことができます。

 

日本酒も料理もよりおいしく味わうためには、料理との相性を考えなくてはなりません。甘口味の料理であれば、同じように甘めの日本酒が、辛口だったり塩気のある料理であれば、同じく辛口の日本酒がベストマッチと言われています。脂っこい料理であれば、淡麗タイプや熟成タイプがおすすめです。

ラベルを見て選ぶ

日本酒といえば、ラベルに大きく記されたインパクトのあるフォントの商品名が印象的ですが、ラベルには日本酒を選ぶうえで重要なポイントが多く明記されています。

 

たとえば、アルコール分や原材料名、原料枚の品種、精米歩合などは義務付けられているので、確実に表記されており、他にも特別な製法や作り方が載っていたりします。

 

他にもラベルの裏には、具体的な味の説明や、美味しい飲み方などが掛かれている場合もあるので、裏もしっかり目を通してみてください。ラベルを見て選定するというのも1つの手段です。

日本酒と焼酎の違いとは?

日本を代表するお酒といえば日本酒と焼酎ですよね。その二つの違いとはどのようなものなのでしょうか。

 

日本酒と焼酎の大きな違いはその造り方にあります。日本酒は醸造酒、焼酎は蒸留酒というカテゴリーに分類されます。

 

醸造酒とは、穀物や果物などを酵母の力によってアルコール発酵させたお酒のことを言います。原料から糖分を取り出しアルコール発酵させることで製造されています。日本酒には原料である米に糖分が含まれていないため、デンプンを糖化させてからアルコール発酵を行います。

 

一方蒸留酒とは、醸造酒を蒸留させて作るお酒です。液体を蒸発させてできた気体を冷やし、再び液体に戻す作業のことを蒸留といいますが、蒸発する温度の違いを利用すると純度の高い液体を取り出すことができます。

 

醸造酒には水とアルコールが混ざっているため、蒸発する温度の低いアルコールが先に蒸発します。そのため、アルコール純度が高いお酒が残るのです。

 

そういった理由で、日本酒のアルコール度数は15~16度であるのに対し、焼酎のアルコール度数は25度程度です。

 

また、日本酒と焼酎の違いは原料にもあります。日本酒の原料はであるのに対し、焼酎は芋類や穀物類が原料です。原料が米である日本酒を蒸留すると米焼酎になるというわけです。

 

 

日本酒の人気おすすめランキングをもっと見る

下記の記事では安い日本酒だけではなく高級な日本酒や、甘口辛口などの多様な日本酒を紹介しています。是非合わせてチェックしてみてください!

まとめ

今回は安い日本酒の人気おすすめランキングと選び方をまとめていきました。米を丁寧に磨いてひと手間加えてできる日本酒には、様々な種類があり、土地や気分に合わせて楽しく味わうことができます。ぜひ、そんな日本酒をぜひお安い価格で楽しんでくださいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年02月29日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ