お手入れ簡単加湿器の人気おすすめランキング10選【2019年最新版】

記事ID6290のサムネイル画像

加湿器を選ぶとき、お手入れ簡単かどうか確認していますか?加湿器を不衛生な状態で使用した場合「加湿器病」になってしまう恐れがあるので、お手入れは必須です。今回はお手入れ簡単な加湿器のランキング10選や、選び方についてご紹介します。

加湿器はお手入れ簡単か要確認!

加湿器は風邪やインフルエンザの予防、肌の乾燥を防ぐなどの効果をもっているので、特に冬場は欠かせないアイテムと言えます。そんな加湿器はアロマ対応やスマホと連動するものなど、魅力的な機能をもった商品も多くありますが、忘れてはいけないのがお手入れのしやすさです。

 

加湿器のお手入れがおろそかだと、内部に発生した雑菌やカビと共に放出された蒸気を吸い込んでしまい、「加湿器病」になってしまう恐れがあります。そういったことを防ぐためには加湿器を常に清潔にしておくべきですが、お手入れに手間がかかる加湿器だとそれも難しいですよね。だからこそ加湿器は、お手入れ簡単なことを重視して選ぶべきなのです。

 

今回はお手入れの簡単さ使いやすさ機能の3つの観点から、お手入れ簡単な加湿器のランキングを作成しました。お手入れが簡単なことを重視して加湿器を選びたい方や、今使っている加湿器のお手入れに手間がかかって困っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

加湿器のお手入れ簡単ランキング10選

10位

アイリスオーヤマ

加熱式加湿器 ホワイト 2019年モデル

価格:2,080円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルなつくりでお手入れしやすい!

こちらはスチーム式の加湿器です。加熱した水を蒸発させて湯気を発生させ加湿する仕組みなので、雑菌が繁殖しにくく衛生的に使えるというメリットがあります。加湿器は雑菌の繁殖が気になるという方におすすめです。

 

気になるお手入れに関しては、簡単という口コミが多数。加湿器自体がシンプルなつくりなので、お手入れがしやすいようです。また付着したカルキを落とすためにクエン酸を使用するお手入れ方法が勧められていますが、これも口コミでとても簡単と言われています。手軽にお手入れできて、雑菌が繁殖しにくい加湿器をお探しの方におすすめです

タイプスチーム式サイズ11.8×21.5×22.8cm

口コミを紹介

加湿器の構造が非常にシンプルなのでお手入れが簡単です。一般的な加湿器はお手入れが面倒で、結果汚れが溜まってしまい毎年買い換えていたのですが、こちらは長く使えそうです。かなりズボラな私でも掃除が簡単に行える点が本当に良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

Ergo life

上から給水 ハイブリット式加湿器

価格:4,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

上から給水できて、お手入れのときはタンクが外せる

こちらはフタを外して上から水を注ぐだけで給水できる、便利な加湿器です。超音波式とスチーム式を合わせたハイブリット式。アロマ対応で、精油を直接タンクに垂らすことができるため手軽にアロマを楽しめます。

 

気になるお手入れは、タンクが取り外せるので簡単です。普段は上から給水して、お手入れするときだけタンクを外すようにすれば手間がかかりません。上から給水できるタイプで、お手入れするときはタンクが外せる加湿器をお探しの方におすすめします。

タイプハイブリット式サイズ22×22×35cm

口コミを紹介

アロマオイルをいただいたので、使えるものにしようと思いこちらを購入。
早速リビングで使っています。なかなかオシャレでうちの壁は白なので馴染んでいい感じです。ほんのりローズの香りが癒されます。説明に音のことは書いていなかったので心配でしたが、気になるような音はしません。今晩からは寝室で使おうと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

aujen

6L加湿器 ブラック

価格:3,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タンクに直接手を入れて掃除ができる!

こちらは6Lもの水を入れることができる、大容量タイプの加湿器です。しかも水は上から給水できるので、とても便利。気になるお手入れに関しても、簡単お手入れしやすいという口コミが多数あります。

 

理由はタンクの注水口が広いこと。直接タンクに手を入れてお手入れができるので、自分の目で汚れを確認しながら掃除ができます。だからタンクの隅に残りがちな汚れも逃さず、手軽にキレイな状態を保つことができるんです。しょっちゅう給水するのは面倒、タンクは直接手を入れて掃除がしたいという方におすすめの加湿器です。

タイプ超音波式サイズ25×21×30cm

口コミを紹介

暖房はエアコンの為、室内が乾燥するので加湿器を探していました。
こまめに給水するのは面倒なので大容量のものにしました。
蓋も簡単に外れ、お手入れをしやすいのでズボラな人にオススメです!

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

モダンデコ

SUNRIZE ハイブリッド加湿器

価格:12,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多機能なうえタンクが外せてお手入れしやすい!

こちらは超音波式とスチーム式を組み合わせた、ハイブリット式加湿器です。5.5Lの大容量タイプなので、就寝時も安心。しかも上から給水できるので、重いタンクを運ぶ手間がかかりません。さらに自動湿度調整機能搭載。アロマ対応、デジタルパネルなど、機能性は抜群。

 

気になるお手入れに関しては、タンクを取り外せるので簡単です。普段は上から給水して、お手入れするときだけタンクを外して洗面所などで洗えばOK。多機能でお手入れが簡単な加湿器をお探しの方におすすめします。

タイプハイブリッド式サイズ25.9×20.5×32cm

口コミを紹介

水補充の仕方としては蓋を開けてそのまま補充してもいいし、容器だけ持ち上げて手洗い場まで持って行って補充してもいい。
その辺は便利でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

ENERG

ENERG e's Cube 超音波式加湿器

価格:4,398円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タンクに手を入れて隅まで掃除できる!

こちらはシンプルなつくりでお手入れがしやすい、超音波式加湿器です。フタを開けて上から水を入れるタイプで、給水口が広いという特徴があります。タンクの中に手を入れて掃除ができるので、汚れがたまりやすい隅の方までしっかりお手入れすることができます。

 

口コミでもお手入れが楽清潔に保ちやすいなど、お手入れのしやすさが高評価。他にも稼働音が35dB以下、オフにもできる7色ライト、アロマ対応など嬉しい機能も多数。給水もお手入れも簡単で、音が静かな加湿器をお探しの方におすすめします。

タイプ超音波式サイズ14.5×14.5×24.15cm

口コミを紹介

コンパクトなデザインとシンプルな作りがとてもいいです。
超音波式の欠点であるお手入れが簡単にできるのでとても気に入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

Pureplove

7色LEDライト加湿器

価格:7,360円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タンクとベースが完全分離で便利!

こちらはタンクとベースが完全に分離している、超音波式加湿器です。一般的な加湿器はタンクの下のベース部分にも水が溜まるため、そこが汚れたり、雑菌が繁殖するなどのデメリットがありますが、こちらの商品はベース部分に水が溜まることはありません。

 

しかも完全に分離できるタンクは、上から直接手を入れて掃除ができます。長方形でまるで水槽のようなシンプルなつくりなので、隅に残りやすい汚れも逃さずキレイにできるでしょう。実際口コミでもお手入れが簡単、タンクがただの四角で角が丸く洗うのが非常に簡単、などお手入れのしやすさが高評価。

 

これまでベースに水が溜まることが気になっていた方や、タンクに手を入れて隅まで掃除したいという方におすすめの加湿器です。

タイプ超音波式サイズ32.9×22.4×21.6cm

口コミを紹介

これまで購入してきた加湿器は掃除がしにくく、水を入れるタンク内を隅から隅までゴシゴシしっかり洗えるものを見たことがありませんでした。
これはカビが発生する可能性のある部分はどこもかしこも洗えます。
しっかりお掃除できるとあって来年の冬も安心して使用できそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

象印マホービン

スチーム式加湿器

価格:12,211円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ポットのようなつくりでお手入れ簡単!

こちらはとてもシンプルなつくりの、スチーム式加湿器です。フタをあけるともうそこに水を入れるだけという、見た目も中身もポットのようなつくりになっています。給水口が広く底を目で見ながら直接手を入れて掃除ができる、フッ素加工で汚れもつきにくい、という特徴があります。

 

口コミでもお手入れが簡単、フタを開けて拭くだけ、月に1度程度クエン酸を入れてボタンひとつで洗浄するだけ、などお手入れのしやすさが高評価。さらにタンクの水を加熱するスチーム式なので、雑菌が繁殖しにくいというメリットもあります。

 

複雑なつくりでお手入れしにくい加湿器や、フィルターなどお手入れする必要がある部分が多い加湿器にうんざりしているという方におすすめします。

タイプスチーム式サイズ24×26×31.5cm

口コミを紹介

みんな口コミしているように、一番の魅力はメンテナンス。1~2ヶ月のポット洗浄でOK。クエン酸も1回分付いてきた。本体裏に手入れの方法が記載されているのも親切。全体的に買って良かったと家族でとても気に入っている。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ヴィックス

スチーム式加湿器 V750

価格:5,821円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルだから操作もお手入れも簡単!

こちらはブルーのタンクが目に鮮やかな、スチーム式加湿器です。見た目も中身もシンプルなつくりで、だからこそ手軽にお手入れができます。実際口コミではお手入れが簡単、簡単に分解して洗える、80を過ぎた義父でも1人で手入れできていた、などお手入れのしやすさがわかる声が多数あります。

 

またタンクの水を加熱するスチーム式なので、雑菌が繁殖しにくく衛生的に使えるというメリットもあります。構造が複雑でお手入れ方法も難解な加湿器に困っていた方や、操作もお手入れもとにかく簡単なものがいいという方におすすめしたい加湿器です。

タイプスチーム式サイズ27×16.5×32.5cm

口コミを紹介

見た目もシンプルで良く、作りもシンプルで、分解して簡単に洗えました。
加湿器ってなんか安いものは衛生面が不安で、一年で使い捨てのつもりで買いましたが、
これは手入れも簡単でグツグツ沸騰するタイプなので安心して2年目も使っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Sakugi

卓上加湿器

価格:3,910円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトで長時間稼働、お手入れも簡単!

こちらは3.5Lの水が入り、連続で約15時間以上稼働できる超音波式加湿器です。シンプルな見た目で場所を選ばず使えますし、オン・オフはスイッチを回すだけで操作が簡単なので誰でも使いやすいというメリットがあります。

 

気になるお手入れも簡単お手入れしやすいなどの口コミが多数。タンクの中に直接手を入れることはできませんが、汚れが気になるときはタンクは中性洗剤で、ベースはお酢を入れて2~5分浸すと説明書に書いてあるとのこと。日々のお手入れに関しては、基本的に毎日水を入れ替えていれば問題なさそうです。

 

コンパクトで長時間稼働できて、簡単にお手入れできる加湿器をお探しの方におすすめします。

タイプ超音波式サイズ26.6×17.3×18.7cm

口コミを紹介

水タンクは持ち上げやすく、注水だけではなく
手入れも非常に簡単です。
もちろん、空焚き防止機能付きで
タンク中の水がなくなると自動に停止します。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

シャープ

プラズマクラスター 7000 スタンダード

価格:8,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多機能なのにお手入れ回数が少なく簡単!

こちらはAmazonの加湿器部門でベストセラー1位を獲得した、気化式加湿器です。加湿器としての機能だけでなく、空気清浄機としての機能ももっているので、空気中のホコリやイヤなニオイが気になるという方におすすめです。明かりを消すと自動で静音運転に切り替わる、乾燥を感知すると静かに加湿して快適な状態を保つなど、便利な機能も多数搭載されています。

 

気になるお手入れに関しては、広口で奥まで手が入るタンク、パネルを外さずに掃除機でホコリを吸い取れるフィルター、さらにタンクのキャップに装着して水中の菌を抑制する「Ag+イオンカートリッジ」、10年交換不要の「抗菌・防カビ加湿フィルター」などキレイに使える工夫がいっぱい。

 

口コミではお手入れが楽簡単という声が多数。お手入れ回数が多かったり、お手入れ方法が複雑なのは困るという方におすすめしたい加湿器です。

タイプ気化式サイズ39.9×23×61.5cm

口コミを紹介

背面フィルターの掃除もものすごく簡単。
部屋の掃除のついでに掃除機で吸い取るだけ。お手入れの時間は2秒くらい。
やれ、フィルターを外して、洗って陰干しなど、面倒な作業が不要。

出典:https://www.amazon.co.jp

お手入れ簡単な加湿器の選び方

お手入れが簡単なことを重視して加湿器を選びたいと思っても、実際選ぶとなるとどの加湿器にすればいいのかわからない、という方は多いはず。こちらではお手入れ簡単な加湿器をお探しの方のために、その選び方をご紹介します。

加湿器のタイプで選ぶ

加湿器には主に4つのタイプがあります。このタイプはお手入れのしやすさに関係するので、選ぶときに必ず確認しましょう。

スチーム式

スチーム式は、タンクの水を加熱して発生した水蒸気で加湿します。加湿のスピードが速く加湿量も多いため、乾燥は絶対に避けたいという方におすすめです。また水を加熱するため、雑菌が繁殖しにくく衛生的に使えるというメリットもあります。そのため日々のお手入れで雑菌対策をするのは面倒、という方にも向いていると言えるでしょう。

 

ただ基本的に吹き出し口から出てくる水蒸気は熱を持っているので、そこに触れてしまうと火傷する恐れがあります。特に小さなお子さんやペットがいるご家庭は、そのあたりに注意が必要です。

気化式

気化式は、水分を含んだフィルターにファンで発生させた風をあてて加湿します。消費電力が低いため、電気代が抑えられるというメリットがあります。ただスチーム式のように水を加熱しないため雑菌が繁殖しやすく、さらにフィルターは濡れた状態のままだとカビが生えやすいというデメリットがあります。

 

そのため基本的にこまめなお手入れが必要となりますが、最近では加湿しないときはフィルターに送風することでカビの発生を抑えるなど、衛生的に使える工夫がされている商品もあります。

超音波式

超音波式は、タンクの水に細かい振動を与え霧状にして空気中に放出することで加湿します。比較的音が静か消費電力も低く、さらにデザイン性やコスパが良い商品が多いというメリットがあります。ただスチーム式のように水を加熱する訳ではないので、雑菌が繁殖しやすいというデメリットがあります。

 

そのため基本的にこまめなお手入れが必要ですが、給水口が広くタンクに直接手を入れて掃除ができる商品もあるので、こういったタイプを選べば清潔に保つこともそう難しくはないでしょう。

ハイブリット式

ハイブリット式は2つの加湿方式を組み合わせそれぞれの良いところを取り入れたものです。このハイブリット式は「加熱気化式」と、「加熱超音波式」の2つに分けられます。「加熱気化式」はスチーム式と気化式を組み合わせたもの、「加熱超音波式」はスチーム式と超音波式を組み合わせたものです。

 

どちらも基本的にこまめなお手入れが必要ですが、お手入れ方法は商品によって異なるので説明書をよく確認しましょう。なおハイブリット式は商品によって違いがあるものの、多機能で複雑な構造をしたものも少なくありません。

 

そういったものはお手入れ方法が難しい場合もあるので、機能だけでなくタンクなどお手入れが必要な部分がシンプルで掃除しやすいものを選ぶようにしましょう。

タンクの構造で選ぶ

タンクは水を入れる部分なので、基本的に毎日のお手入れが必要です。そのためタンクの構造は、お手入れのしやすさに大きく関わってきます。こちらではお手入れしやすいタンクの構造について、ご紹介します。

シンプルな構造

お手入れ重視で加湿器を選ぶなら、タンクの構造はシンプルなものが1番です。複雑な構造だと、たとえばまっすぐな柄のついたスポンジなどはお手入れしたい部分に届きません。汚れのたまりやすい隅もなかなか掃除ができず、清潔に保つのは難しいと言えるでしょう。

 

もちろんクエン酸などを使ったお手入れ方法もあるので、複雑な構造だからといって全くお手入れができない訳ではありませんが、特に自分の目で汚れを見て手を使って直接掃除をしたいという方は、円形や長方形など出っ張りが少ないシンプルな構造のタンクを使った加湿器を選ぶようにしましょう。

 

たとえば第4位のスチーム式加湿器は、見た目も中身もポットのようなシンプル構造なので、手間のかかるお手入れはやりたくないという方におすすめです。

タンクが本体から外せるタイプ

加湿器にはタンクが外せるものと、外せないものがあります。お手入れ重視で加湿器を選ぶなら、基本的にタンクが外せるものをおすすめします。理由はタンクが外せるものなら、洗面所などに運んで丸洗いできるからです。

 

本体とタンクが一体になっている場合、電気が通る部分を濡らしたくないと思ってしまいますよね。さらに手が届かない部分も多い傾向があるので、そういったところに汚れがたまってしまい、雑菌が繁殖するなどの恐れがあります。できるだけ簡単に清潔な状態を保ちたいなら、加湿器はタンクが外せるものを選びましょう。

タンクに手を入れて洗えるタイプ

タンクは直接手を入れて洗うことができる商品もあります。たとえばランキング第8位や、第6位、第5位、第4位、第1位でご紹介した加湿器がそうです。加湿器のお手入れはクエン酸などを使った方法もありますが、直接自分の手を入れてスポンジなどで洗ったり、布巾などで水分を拭き取りたいという方も多いはず。そういった自分の手を入れて直接掃除がしたいという方は、タンクに手を入れて洗うことができる加湿器をおすすめします。

タンクとベースが分離しているタイプ

加湿器にはランキング第5位でご紹介した商品のように、タンクとベースが完全に分離するものもあります。一般的な加湿器はたとえタンクが取り外しできても、ベースに水が溜まってしまうものが多いため、その部分に水垢がたまったり、雑菌が繁殖したりしてしまいます。

 

そのためタンクだけでなくベースのお手入れも欠かせませんが、タンクとベースが完全に分離するタイプならベースに水がたまることはないので、お手入れの手間が違います。これまで使ってきた加湿器でベースに水がたまることが気になっていた方は、タンクとベースが完全に分離する加湿器をおすすめします。

お手入れが必要な部分で選ぶ

お手入れのしやすさを重視するなら、お手入れが必要な部分がどれだけあるかで選ぶのもおすすめです。少しでもお手入れの手間を省きたいなら、お手入れが必要な部分が少ない加湿器を選ぶといいでしょう。

タンク

タンクは水を入れる部分です。加湿器は毎日水を入れ替えるのが基本ですから、そのときにタンクを軽く水ですすげば、日々のお手入れとしては十分でしょう。もちろんずっとそれだけだと水垢など汚れがたまりますし、雑菌の繁殖も心配なので定期的なお手入れは必要です。

 

ただ基本的にこのタンクの部分のみのお手入れで済む加湿器は、1番お手入れが楽と言えるでしょう。ランキングでご紹介した加湿器では、第5位第4位があてはまるので、できるだけお手入れに手間をかけたくないという方は、こういったタンクの部分のみのお手入れで済む加湿器がおすすめです。

ベース

ベースは本体、基本的にタンクの下の部分のことです。タンクをひっくり返してフタを開け、水を入れてフタを閉めて、またひっくり返して本体に戻すタイプの加湿器は、ベースの部分にも水が溜まります。

 

この水をそのままにしておくと水垢などの汚れがたまったり、雑菌が繁殖したりするので、定期的なお手入れは欠かせません。もしこのベースに水が溜まることを避けたい場合は、ランキング第5位でご紹介した加湿器のような、本体とタンクが完全に分離するタイプの商品がおすすめです。

フィルター

フィルターは基本的に、気化式ハイブリット式の加湿器についています。このフィルターは濡れたまま放置するとカビが生えることがあるので、こまめなお手入れが必要です。最近は加湿していないときフィルターに送風するなど、衛生的に使えるように工夫された商品もありますが、カビが気になる方フィルターのこまめなお手入れが難しいと思う方は、フィルターがついていない加湿器をおすすめします。

トレイ

トレイは商品によって違いますが、フィルターなどが入っていて引き出すことができる部分のことです。このトレイにも水がたまることが多く、お手入れがおろそかだと水垢がたまったり、雑菌が繁殖したりするので、定期的なお手入れが必要です。ただこのトレイはどの加湿器にもついている訳ではありません。そのためトレイの定期的なお手入れが面倒だと思う方は、トレイがついていない加湿器を選ぶといいでしょう。

アロマ対応

加湿器はアロマ対応のものもあります。好きな香りを楽しめる、気持ちを穏やかにすることができる、などメリットは多いですが、そのぶんお手入れが必要な部分が増えることには注意が必要です。アロマ対応でもお手入れに手間をかけたくない方は、タンクの水に直接アロマオイルを垂らすタイプの加湿器なら、お手入れも楽に済むでしょう。

清潔に保つ機能で選ぶ

加湿器には、商品自体が清潔な状態を保つために働くものもあります。特に雑菌やカビが気になる方は、こういった工夫がされた加湿器を選ぶのもおすすめです。

Ag+イオンカートリッジ

「Ag+イオンカートリッジ」には、タンクの水の中に雑菌が繁殖したり、トレイに水垢がたまってイヤな臭いを発することなどを防ぐ効果があります。もちろんこの「Ag+イオンカートリッジ」があってもお手入れは必要ですが、特に雑菌や臭いなどが気になる方はこの機能がついた加湿器を選ぶと安心感が違うかと思います。

抗菌・防カビ加湿フィルター

「抗菌・防カビ加湿フィルター」は、その名の通り雑菌の繁殖やカビの発生などを防ぐ効果をもっています。商品によっては、数年間フィルターの交換やお手入れが不要というものもあるので、雑菌やカビが気になる方、お手入れに手間をかけたくない方は、こういった機能がついた加湿器を選ぶといいでしょう。

お手入れ簡単加湿器のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5183210の画像

    シャープ

  • 2
    アイテムID:5183225の画像

    Sakugi

  • 3
    アイテムID:5183253の画像

    ヴィックス

  • 4
    アイテムID:5183834の画像

    象印マホービン

  • 5
    アイテムID:5183845の画像

    Pureplove

  • 6
    アイテムID:5183860の画像

    ENERG

  • 7
    アイテムID:5183869の画像

    モダンデコ

  • 8
    アイテムID:5183881の画像

    aujen

  • 9
    アイテムID:5183923の画像

    Ergo life

  • 10
    アイテムID:5183930の画像

    アイリスオーヤマ

  • 商品名
  • プラズマクラスター 7000 スタンダード
  • 卓上加湿器
  • スチーム式加湿器 V750
  • スチーム式加湿器
  • 7色LEDライト加湿器
  • ENERG e's Cube 超音波式加湿器
  • SUNRIZE ハイブリッド加湿器
  • 6L加湿器 ブラック
  • 上から給水 ハイブリット式加湿器
  • 加熱式加湿器 ホワイト 2019年モデル
  • 特徴
  • 多機能なのにお手入れ回数が少なく簡単!
  • コンパクトで長時間稼働、お手入れも簡単!
  • シンプルだから操作もお手入れも簡単!
  • ポットのようなつくりでお手入れ簡単!
  • タンクとベースが完全分離で便利!
  • タンクに手を入れて隅まで掃除できる!
  • 多機能なうえタンクが外せてお手入れしやすい!
  • タンクに直接手を入れて掃除ができる!
  • 上から給水できて、お手入れのときはタンクが外せる
  • シンプルなつくりでお手入れしやすい!
  • 価格
  • 8400円(税込)
  • 3910円(税込)
  • 5821円(税込)
  • 12211円(税込)
  • 7360円(税込)
  • 4398円(税込)
  • 12990円(税込)
  • 3980円(税込)
  • 4999円(税込)
  • 2080円(税込)
  • タイプ
  • 気化式
  • 超音波式
  • スチーム式
  • スチーム式
  • 超音波式
  • 超音波式
  • ハイブリッド式
  • 超音波式
  • ハイブリット式
  • スチーム式
  • サイズ
  • 39.9×23×61.5cm
  • 26.6×17.3×18.7cm
  • 27×16.5×32.5cm
  • 24×26×31.5cm
  • 32.9×22.4×21.6cm
  • 14.5×14.5×24.15cm
  • 25.9×20.5×32cm
  • 25×21×30cm
  • 22×22×35cm
  • 11.8×21.5×22.8cm

加湿器の人気おすすめランキングをもっと見る

下記の記事では今回ご紹介できなかった美容に効果のある加湿器や、見た目がかわいい加湿器、ペットボトルに装着して使える加湿器など、様々な種類の加湿器をご紹介しています。ぜひ合わせて読んでみてください。

まとめ

今回は加湿器のお手入れ簡単ランキング10選をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?風邪やインフルエンザの予防、さらにカサカサお肌や静電気なども防いでくれる加湿器は、特に冬場は必ず利用したいものです。ただそんな便利な加湿器もお手入れが不十分だと「加湿器病」を招いてしまうことがあるので、加湿器はいつも清潔な状態を保っておくことが大切です。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ