赤ちゃんにも大切な家庭加湿器の人気おすすめランキング10選

記事ID6286のサムネイル画像

赤ちゃんがいる家庭では、必需品である加湿器。ここでは、秋や冬などの乾燥が厳しい季節に大活躍する加湿器をランキング形式で10位から1位までをご紹介します。また、選び方や使う上での注意ポイントについてもまとめてみました。ぜひご覧ください。

赤ちゃんのいる家庭なら加湿器は必需品!

秋冬シーズンの赤ちゃんにとって、乾燥は大敵です。乾燥は、肌トラブルだけでなく風邪やウイルスが蔓延するきっかけにも繋がります。そんな、秋冬シーズンの乾いた時期におすすめなのが、加湿器です。

 

加湿器があれば、簡単手軽に室内を最適な湿度に保つことができるので、とてもおすすめです。最近は、お手入れがしやすい加湿器や、清潔に保ちながら使える加湿器までバラエティ豊かです。そこで今回は、乾燥の季節の必需品である加湿器をご紹介します。

 

おすすめな加湿器をランキング形式でご紹介するほか、選び方や使う上での注意点をまとめてみました。ぜひ参考にしてみて下さい。

赤ちゃんのいる家庭におすすめな加湿器ランキング10選!

10位

積水樹脂

気化式加湿器

価格:1,222円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

電気不要でどこでも置ける

手軽に狭い範囲を加湿させたいのであれば、紙フィルターによるこちらの加湿器がおすすめです。電気を不要としているため、部屋のどこにでも配置することができます。しかも、見た目もとてもおしゃれなので、インテリアとしてもおすすめです。

 

さらにこちらの加湿器は、使い方もとても簡単です。ボトルに水を入れてセットするだけでOKです。そのため、赤ちゃんのいる部屋はもちろん、子供部屋やリビングなどにも手軽に使用することができます。

 

電気式の加湿器に比べれば加湿のパワーは劣りますが、自由に使用できるメリットが魅力です。

タイプ自然気化タイプ容量コップ10杯分
サイズ150×55×170mm連続使用時間
空焚き防止機能対応畳数記載なし

口コミを紹介

加湿器は、お手入れが大変やし電気使うから置き場にも困ってたので、良かったです。もう少し大きなやつと思っていたのですが、これはこれでいいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

EIVOTOR

加湿器

価格:999円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

赤ちゃん向きデザイン

赤ちゃんの部屋にも使えるデザインなら、こちらの加湿器がおすすめです。可愛いデザインはもちろんのこと、機能性にも優れている加湿器です。夜中の赤ちゃんが安心して眠れるよう、優しいLEDによる光が出るほか、リモコンタイプで遠隔操作が可能です。

 

しかも、LEDライトは3段階調整が可能で夜中の授乳の際には、ライトとしても活用できます。USBタイプなので、コンセントがない場所でも携帯用充電器と併用して使用が可能です。ちなみに、こちらはタンク部分が洗いやすいのがメリットです。

 

超音波タイプは雑菌の放出が心配ですが、タンク部分が洗いやすいことで清潔な状態で加湿器を使い続けることができます。

タイプ超音波タイプ容量420ml
サイズ130×80×110mm連続使用時間約8時間
空焚き防止機能対応畳数記載なし

口コミを紹介

サイズ感が非常にコンパクトでデザインがカラフルですごく可愛いのでインテリアとしても活用できます。小さいながらも容量は420mlもあるので長時間使用できるところが実用性も兼ね備わっていていいなと感じました。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

Pureplove

卓上加湿器

価格:7,360円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お手入れがしやすくて便利

お手入れをもっと簡単にしたい人には、こちらの加湿器がおすすめです。タンク部分が大きくシンプルな構造になっているため、手が届きやすいのが特徴です。しかも、2.5Lと容量も大きいため、長時間使用する際もこまめな給水がいらずとても便利です。

 

スチームタイプに比べパワフルさは劣りますが、電気代が安く、とても経済的です。ちなみに、こちらの加湿器には夜中の授乳時にも便利なLEDライト機能をはじめ、水が無くなったら自動的に止まる停止機能も搭載されています。赤ちゃんのいる部屋にもおすすめです。

 

超音波タイプのいいところが詰め込まれた加湿器です。

タイプ超音波タイプ容量2.5L
サイズ329×224×216mm​連続使用時間約12時間
空焚き防止機能対応畳数和室16畳、洋室約25~35m²

口コミを紹介

これまで購入してきた加湿器は掃除がしにくく、水を入れるタンク内を隅から隅までゴシゴシしっかり洗えるものを見たことがありませんでした。これはカビが発生する可能性のある部分はどこもかしこも洗えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

PAIPU

小型加湿器

価格:2,099円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

車内の乾燥を防ぐ

どこでも自由に持ち運んで使いたい人には、こちらの加湿器がおすすめです。コンパクトなボトルタイプの加湿器で、車内ならボトルホルダーにも収まります。秋冬のシーズンは、車内も乾燥しやすいため、ちょっとしたお出かけ時にも重宝する加湿器です。

 

加湿器には2つの加湿モードが搭載されいます。また、使う場所によって連続的に加湿するか、断続的に加湿するかを選べます。車内でも嬉しい水漏れ防止機能付きで、転倒しても水がこぼれづらくなっています。

 

ちなみに、赤ちゃん睡眠時にも使えるよう、騒音をなるべく抑えた設計になっているのもおすすめなポイントです。さらに、優しい光が点灯するため、睡眠を妨げない点にも注目です。

タイプ超音波タイプ容量200ml
サイズ133×72mm連続使用時間持続噴霧モードで約10時間
空焚き防止機能対応畳数記載なし

口コミを紹介

こんな小さな加湿器があるなんてびっくりです。超音波で水を細かくして、加湿をするので本体があまり熱くならず、子供部屋で重宝しています。ライトが、色が変わるのが面白いようで、いろんな色をたのしんでます。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

山善(YAMAZEN)

スチーム式加湿器

価格:4,054円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルな使いやすさ

簡単な操作を求める方におすすめなのが、こちらの加湿器です。給水タンクに水を入れてセットし、運転ボタンを入れるだけで、すぐに使い始めることが可能です。難しい設定等がないため、誰でも簡単に使うことが可能です。

 

スチーム式の加湿器で、秋冬の乾燥が厳しい時期にもパワフルな加湿をしてくれます。また、2.5Lもの大容量の給水タンクが付属しているため睡眠時でも水切れの心配がありません。ちなみに、万が一水切れによって給水ランプが点灯機能もあります。

 

さらに、水切れ時は同時に運転もストップする空焚き防止機能付きなので火事の心配がありません。

タイプスチームタイプ容量2.5L
サイズ275×210×270mm連続使用時間7時間
空焚き防止機能対応畳数木造約6畳、プレハブ洋室約9畳

口コミを紹介

使用し始めて数週間が経ちました。ほぼ毎日終日使っていますが故障も無く動作しています。木造8畳での使用ですがエアコンとの併用で結露は窓を湿らす程度に抑えられており、窓枠の下がぐっしょりと言ったことは無くちょうど良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

パナソニック

加湿機 気化式

価格:15,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

嬉しい省エネタイプ

省エネを意識している方におすすめです。エコな気化タイプで、月々の電気代も安く収まるのが嬉しいポイントです。気化タイプの加湿器は、どうしてもモーター音が気になるのがデメリットですが、こちらはモーター音をなるべく抑えた設計になっています。

 

そのため、赤ちゃんの睡眠を妨げづらい加湿器となっています。ちなみに、こちらの加湿器はタイマー機能や、3段階の加湿モードなどの優れた機能も備わっています。しかも、お手入れもしやすい構造で、清潔に使い続けることもできる優秀な加湿器です。

タイプ気化タイプ容量約2.1L
サイズ295×305×190mm連続使用時間約7時間
空焚き防止機能対応畳数8畳

口コミを紹介

稼働してる時の音が静か!動いているかわからない位で湯気も出ないけどしっかり湿度計による湿度は保っている

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

象印

加湿器

価格:11,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パワフルな加湿力

加湿量を高めたい方におすすめな加湿器です。電気ポットの象印の加湿器らしく、見た目も電気ポットに近いです。上から水を入れる仕組みなので、給水タンクやフィルター、水受け部分がありません。そのため、お手入れもしやすく清潔に保つことができます。

 

こちらの加湿器は、運転モードが選べるほか、便利なタイマーモードも備わっています。万が一転倒しても、水がこぼれないよう設計されているため、赤ちゃんやお子さんのいる部屋でも安心して使えることができます。

タイプスチームタイプ容量2.2L
サイズ240×260×275mm連続使用時間強連続で6時間
空焚き防止機能対応畳数木造6畳、洋室10畳

口コミを紹介

手入れがとにかく楽、清潔、加湿する力がダントツ。うちの冬の乾燥にはこれくらいのパワーが必要。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

アイリスオーヤマ

ハイブリッド式加湿器

価格:6,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

見やすいデジタル加湿器

細かな設定をしたい人には、こちらの加湿器がおすすめです。デジタル表記で、機能を細かく設定できます。とくに、部屋の湿度によって加湿量を調整できる機能はとても便利です。こちらはおやすみモード搭載で光による赤ちゃんの眠りを妨げません

 

さらにこちらは、スチームタイプと超音波タイプのハイブリットとなるため、電気代が安く、噴出されるミストが柔らかいのが特徴です。

タイプハイブリットタイプ容量4.5L
サイズ230×165×312mm連続使用時間約12時間
空焚き防止機能記載なし対応畳数和室6畳、プレハブ洋室10畳

口コミを紹介

リビングで使用しています。コストパフォーマンスがいいです。デジタル表示があって中々の高級感もあります。
使わない期間の処置も簡単です。お買い得な製品だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

シャープ

プラズマクラスター加湿機

価格:28,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

赤ちゃんにも優しい清潔仕様

清潔に使いたい方におすすめな加湿器です。プラズマクラスターを搭載しているため、空気を綺麗な状態にし、消臭にも効果が期待できます。しかもこちらの加湿器は、エアフィルターや加湿フィルターにも工夫が施されています。

 

抗菌や防カビ、ウイルスの抑制にも最適です。また、別売品のAg+イオンカートリッジを使えば水をきれいな状態に保つことも可能です。タンクや水受け部分は非常に洗いやすい構造になっているうえ、最後は本体内部をタオルで乾拭きすることもできます

 

赤ちゃんのいる部屋でも、清潔な状態で使用することができる便利な加湿器です。

 

 

タイプハイブリットタイプ容量4L
サイズ385×170×372mm連続使用時間強モードで約6時間
空焚き防止機能対応畳数木造和室11畳、プレハブ洋室18畳

口コミを紹介

我が家にネコ二匹いますが、外出から帰ってくるとニオイが気になってましたが、これを使いだしてからかなり軽減しました。常時稼働しっぱなしで一年以上ですが、故障もなく動いてます。あとはもう少し静かだったらいいなと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

BALMUDA

Rain Standardモデル

価格:44,298円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

空気を除菌する

風邪やウイルスの蔓延を抑えたい方におすすめな加湿器です。特徴は、空気を除菌してくれる点です。空気清浄機と同様の酵素フィルターを使うことで、風邪やウイルスの繁殖にも効果的です。

 

さらに、こちらの加湿器はウイルスとカビの両方が活性化しづらい50%の湿度に自動で保つようになっています。そのため、赤ちゃんのいる家庭や健康に過ごしたい方にもおすすめです。本体部分も清潔に保てるよう、タンクレス構造を採用しています。

 

さらに、お手入れでは、給水ボウルを洗うだけなので非常に簡単に済みます。消費電力量も少ないので省エネにもなる、便利な加湿器です。

タイプ気化タイプ容量約4.2L
サイズ350×350×374mm連続使用時間記載なし
空焚き防止機能対応畳数約17畳

口コミを紹介

覚えたら非常に簡単です。上部の加湿表示が数字で確認できるのは、非常にわかりやすく、安心感があります。また水を入れる方法がとても簡単で、かつ、球体の上を滴っていく水になんとなく癒されます。

出典:https://www.amazon.co.jp

加湿器の選び方

加湿器を選ぶ際のポイントまとめてみました。加湿器の種類、加湿器の容量、対応畳数、お手入れのしやすさに着目し、あなたにぴったりな加湿器の選び方を見つけていきましょう。

加湿器のタイプをチェックする

加湿器には、色々な種類が存在します。これは、加湿のための蒸気の発生方法によって分けられています。それぞれどんな特徴があるのか見ていきましょう。

スチームタイプ

スチームタイプは、沸かしたお湯からでる蒸気を利用した方法の加湿器の種類です。やかんで火を起こした時に白い蒸気が立ち上ります。それを応用したのがスチームタイプの加湿器なのです。

 

スチームタイプは、加湿量が多いためパワフルな加湿ができます。また、加熱されるため雑菌が蒸気とともに室内に放出されません。しかし、その一方で電力量が大きくなるのがデメリットです。

 

また、加湿器が熱くなることもあるので、赤ちゃんの部屋で使う際は注意が必要です。

気化タイプ

気化タイプの加湿器は、その名の通り水を気化させる原理を利用して水蒸気を発生させます。具体的には、水に風を当てることで、水分を蒸発させます。そのため、粒子の細かい水蒸気が発生できます。

 

気化タイプの水蒸気は、加熱をしないためスチームタイプと比べてみても電気代が安いのがメリットです。また、熱を使わないので本体に触れてもやけどの心配がありません。しかし、その一方でモーター音が気になりやすいといったデメリットがあります。

ハイブリットタイプ

ハイブリットタイプは、スチームタイプと気化タイプの両方の性質を併せ持つ加湿器のことです。具体的には、水に温めた風を当てることで、水蒸気を発生させます。そのため、ハイブリットタイプは、両方のメリットをうまく融合させているのが特徴です。

 

スチームタイプのメリットであるパワーと、気化タイプのメリットである細かい粒子の放出に長けています。しかしその一方で、ハイブリットタイプの加湿器は、やや価格が高くなりがちです。また、メリット同様にデメリットもバランスよく存在します

超音波タイプ

超音波タイプの加湿器は、超音波による振動を利用して加湿させます。水を霧の状態に変化させることで、室内に潤いを与えます。超音波タイプの加湿器は、ヒーターを搭載していないため電気代が安めです。

 

さらに、熱を使わないためやけどの心配もありません。ただし、超音波タイプの加湿器では水中の雑菌をそのまま放出してしまう危険性があるため、こまめな水の取り換えや本体の念入りなお手入れが必要となります。

容量で選ぶ

加湿器における容量とは、タンクの水量のことを言います。タンクにどれくらい水が入るかによって、加湿できる時間や加湿量も異なってきます。大容量タンクは、加湿時間が長いほか、給水を頻繁に行わなくても良いため便利です。

 

しかし、その一方で大容量タンクの加湿器には重さがあります。また、タンクが大きいので水洗いが大変になるほか、持ち運びもやや不便です。そのため、大きければ大きいほど良いというわけではないのです。

 

容量は、あくまでも使用範囲に応じたものを選ぶのがおすすめです。加湿器を使いたい赤ちゃんがいる部屋のサイズや、使用時間などを考えて選びましょう。

対応畳数で選ぶ

加湿器にも、エアコンやヒーターのように対応畳数というものが存在します。対応畳数では、部屋が木造和室なのか、プレハブ洋室なのかによって異なります。そのため、自分の部屋のタイプを把握しておきましょう。

 

ちなみに、対応畳数を設けていない加湿器もたくさんあります。例えば、卓上タイプや紙フィルターによる気化タイプの加湿器などの多くがそれに該当します。そういったコンパクトな種類の加湿器は、自分の手の及ぶ狭い範囲のみの加湿を目的としているためです。

 

加湿器を選ぶ際は、どの範囲までに対応させたいのかを明確にしてから選びましょう。

お手入れのしやすさで選ぶ

加湿器は、水を入れて使うものなのでお手入れが頻繁に必要な家電となります。多くの加湿器は、水洗いやフィルター交換によってお手入れを行います。そのため、水洗いがしやすいものや、フィルターが交換しやすいものを選ぶ必要があります

 

例えば、タンクは取り外して丸洗いが可能かどうかや、水受け部分はどのようにお手入れすればよいのか、さらにフィルターは手に入れやすいかどうかなども考慮するのがおすすめです。

加湿器を使う際の注意点

赤ちゃんのいる家庭では、加湿器を使う際の注意するポイントが多くなります。特に考慮したいポイントをご紹介していきます。

赤ちゃんの手の届かないところに置く

赤ちゃんがいる家庭では、加湿器の置き方を工夫しなければなりません。とくに、加熱によるスチームタイプの加湿器は熱を赤ちゃんが触れるとやけどの恐れもあります。また、水をこぼしたり加湿器を転倒させてしまう可能性もあります。

 

加湿器を置く場合は、高い場所に置くか、手の届かない場所を選んで設置するのがおすすめです。ちなみに、加湿器の蒸気の当たり方についても一工夫が必要です。とくに気を付けるべき場所は、カーテンなどの布の付近です。

 

蒸気が当たることで水濡れが起こるケースもあるため、なるべく手の届かないような周辺に物がない場所に設置するのがおすすめです。

 

清潔に保つ

加湿器は、水を使って稼働させる家電です。そのため、内部にカビや菌が繁殖しやすくなります。しかし、いくらきれいにタンクや水受けを掃除していたとしても、人間の手が届かない場所は存在します。

 

そんな時は、定期的に専用の除菌剤を使用するのがおすすめです。専用の除菌剤があれば、加湿器を安全にきれいにできます。ちなみに、赤ちゃんがいる家庭の加湿器に使う場合は、なるべく化学薬品が配合されていない除菌剤を選ぶのがよいでしょう。

 

赤ちゃんへの影響が気になる方は、クエン酸などの人体に無害なものを使って掃除をするのもおすすめです。赤ちゃんの体は私たちとは違ってそれほど強くないので、しっかりとこのようなことも気にかけてあげることが大切です。

加湿器のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5182881の画像

    BALMUDA

  • 2
    アイテムID:5182864の画像

    シャープ

  • 3
    アイテムID:5182811の画像

    アイリスオーヤマ

  • 4
    アイテムID:5182778の画像

    象印

  • 5
    アイテムID:5182757の画像

    パナソニック

  • 6
    アイテムID:5182729の画像

    山善(YAMAZEN)

  • 7
    アイテムID:5182699の画像

    PAIPU

  • 8
    アイテムID:5182641の画像

    Pureplove

  • 9
    アイテムID:5182629の画像

    EIVOTOR

  • 10
    アイテムID:5182621の画像

    積水樹脂

  • 商品名
  • Rain Standardモデル
  • プラズマクラスター加湿機
  • ハイブリッド式加湿器
  • 加湿器
  • 加湿機 気化式
  • スチーム式加湿器
  • 小型加湿器
  • 卓上加湿器
  • 加湿器
  • 気化式加湿器
  • 特徴
  • 空気を除菌する
  • 赤ちゃんにも優しい清潔仕様
  • 見やすいデジタル加湿器
  • パワフルな加湿力
  • 嬉しい省エネタイプ
  • シンプルな使いやすさ
  • 車内の乾燥を防ぐ
  • お手入れがしやすくて便利
  • 赤ちゃん向きデザイン
  • 電気不要でどこでも置ける
  • 価格
  • 44298円(税込)
  • 28000円(税込)
  • 6480円(税込)
  • 11900円(税込)
  • 15900円(税込)
  • 4054円(税込)
  • 2099円(税込)
  • 7360円(税込)
  • 999円(税込)
  • 1222円(税込)
  • タイプ
  • 気化タイプ
  • ハイブリットタイプ
  • ハイブリットタイプ
  • スチームタイプ
  • 気化タイプ
  • スチームタイプ
  • 超音波タイプ
  • 超音波タイプ
  • 超音波タイプ
  • 自然気化タイプ
  • 容量
  • 約4.2L
  • 4L
  • 4.5L
  • 2.2L
  • 約2.1L
  • 2.5L
  • 200ml
  • 2.5L
  • 420ml
  • コップ10杯分
  • サイズ
  • 350×350×374mm
  • 385×170×372mm
  • 230×165×312mm
  • 240×260×275mm
  • 295×305×190mm
  • 275×210×270mm
  • 133×72mm
  • 329×224×216mm​
  • 130×80×110mm
  • 150×55×170mm
  • 連続使用時間
  • 記載なし
  • 強モードで約6時間
  • 約12時間
  • 強連続で6時間
  • 約7時間
  • 7時間
  • 持続噴霧モードで約10時間
  • 約12時間
  • 約8時間
  • 空焚き防止機能
  • 記載なし
  • 対応畳数
  • 約17畳
  • 木造和室11畳、プレハブ洋室18畳
  • 和室6畳、プレハブ洋室10畳
  • 木造6畳、洋室10畳
  • 8畳
  • 木造約6畳、プレハブ洋室約9畳
  • 記載なし
  • 和室16畳、洋室約25~35m²
  • 記載なし
  • 記載なし

加湿器の人気おすすめランキングをもっと見る

ちなみに、加湿器は美容にも最適なアイテムであることをご存知ですか?次の記事では、美容にも効果を発揮するおすすめな加湿器をご紹介しています。ぜひ、そちらも併せて参考にしてみて下さい。

まとめ

 

加湿器は、機能性はもちろんの事、衛生面でもこだわりを持って選ばなければなりません。今回紹介した加湿器は、どれも赤ちゃんのいる家庭で使える便利な加湿器ばかりです。赤ちゃんも大切にして、家族全員も大切にしましょう。これからの乾燥が厳しい時期にも大活躍してくれることでしょう。

 

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ