ニキビケアクレンジングの人気おすすめランキング10選【2020最新版】

記事ID6273のサムネイル画像

ニキビができているけれど、毎日のメイクをしないわけにもいきません。一日の終わりには、メイクと毛穴の汚れをしっかり除去してくれる、ニキビ用クレンジングは必需品です。炎症の起こっているニキビ肌をケアし、優しく洗い上げるクレンジングをランキングでご紹介します。

▼この記事を作成したライター

専門家プロフィール画像

取材協力

高畑もなみ

日本化粧品検定1級

美容ライターとして活動

大学生2年生で日本化粧品検定1級を取得し、現在は美容ライターとして活動中。

正しい知識で美容を楽しんで欲しいとのもと、日々執筆をしております。

ニキビクレンジングで健康な肌へ

ニキビのあるときはなるべく刺激をさけ、余分な皮脂やメイク汚れをきちんと落としなら優しくクレンジングすることが大切です。また、現在ニキビがない人も、毛穴詰まりや古い角質、余分な皮脂はニキビにつながりかねないので、正しいクレンジングをすることが大切です。

 

ここでは、ニキビクレンジングの成分や肌状態、使いやすさに着目して、人気の品をランキングでご紹介しています。ニキビでお悩みの人は、毎日の丁寧なクレンジングで余分な皮脂や汚れをしっかり落としましょう。

クレンジングはニキビケアに良いの?デメリットもある?

クレンジングをしていてついついニキビを触ってしまったり、メイクがニキビを刺激してしまったりしているような気がしつつも、メイクをしないわけにはいかない、ということ、ありますよね。クレンジングはニキビケアに必要なのでしょうか?

そもそもニキビの原因は?

ニキビの原因は、基本的には余分な皮脂や古い角質が毛穴に詰まり、それがアクネ菌によって炎症を起こすことです。

 

 

原因

大人ニキビ

ストレスや生活習慣の乱れ、女性の場合は生理周期によるホルモンバランスの乱れによる肌のターンオーバの不調

男性のニキビ

 

女性に比べて皮脂が約2倍であること、ほおから顎にかけてのUゾーンはシェービングによって敏感になっていること

思春期ニキビ

男女ともに男性ホルモンの増加による皮脂分泌の急増

クレンジングはニキビケアに必要?

メイクの洗い残しや余分な皮脂毛穴詰まりの原因や、アクネ菌の増加の原因になってしまいます。そのため、ニキビケアにクレンジングは有効です。

クレンジングの方法を間違えると逆効果に

洗浄力が強すぎるクレンジング剤を使ったり、強く肌をこすりながらクレンジングしたりすることは肌の油分の落としすぎや肌の刺激につながるので逆効果になってしまいます。また、皮脂や毛穴汚れをしっかり落とそうと長時間クレンジング剤を肌に乗せたり、クレンジング剤でマッサージしたりすることも逆効果になってしまうので注意しましょう。

ニキビ肌のスキンケアの基本は

ニキビ肌のスキンケアには以下の3点がポイントになります。クレンジングを選ぶ際にも参考にしてみてください。

 

 

ポイント

成分、アイテム

アクネ菌対策

サリチル酸など

皮脂対策

ビタミンB2、ビタミンB6など

毛穴詰まり対策

ピーリングアイテムなど

 

アクネ菌対策

ニキビは毛穴に詰まった皮脂や角質がアクネ菌によって炎症を起こすことで発症します。そのため、アクネ菌の餌となる油分が含まれていないものアクネ菌が増えにくい弱酸性のもの、そして、殺菌作用があるものがおすすめです。

皮脂対策

皮脂は毛穴詰まりやアクネ菌増加の原因になるので、クレンジングや洗顔でしっかり余分な分は落とすことが大切です。しかし一方で、皮脂は肌を保護する保湿成分にもなるので、クレンジングを長時間したり、洗顔を1日に何度もすることで除去し過ぎてしまうのも肌の乾燥やバリア機能の低下を招くので危険です。

毛穴詰まり対策

毛穴詰まりはニキビへの第一歩です。クレンジングの場合は特に、毛穴詰まりに注目したアイテムもあるのでおすすめです。

ニキビ肌向けクレンジングの選び方

ニキビがある肌は敏感になっているので、特に自分の肌の状態に合わせてクレンジングを選ぶのがおすすめです。また、皮脂汚れや毛穴汚れにアプローチできるものや低刺激のものなで、ニキビ肌におすすめのタイプのクレンジングもあるので、ぜひ選ぶ際の参考にしてみてください。

ニキビ肌の方がチェックすべきワードは

ニキビ肌の方がクレンジングを選ぶ時にぜひチェックしていただきたいワードをご紹介します。

 

 

「ノンコメドジェニック」 

「オイルフリー」

「アルコールフリー」

「オーガニック」

「無添加」

ノンコメドジェニックテスト済み

コメドとは、毛穴に皮脂や角質が詰まって白く見える状態のことで、ニキビになる1歩手前またはニキビのごく初期の段階と言われています。

 

ノンコメドジェニックとは、コメドができにくい、すなわちニキビができにくいという意味です。一般的な化粧品の油分の中にはアクネ菌の餌になる成分が入っているものがあると言われています。それに対してノンコメドジェニック化粧品は、第三者機関でニキビができにくいかどうかをチェックされた商品(※)のことを指します。

 

※ただし、全ての方にニキビができないというわけではありません。

オイルフリー

油分はニキビの原因であるアクネ菌の餌となることがあります。また、思春期ニキビの場合は皮脂の過剰分泌が原因なので、スキンケアにおいて油分は避けることがおすすめです。洗浄力が気になる場合は、ポイントメイクアップリムーバーを使って濃いメイクを落としてからクレンジングしましょう。

アルコールフリー

アルコールは毛穴を引き締めたり清涼感を与えたりするために使用されています。少量であれば敏感肌やニキビ肌でも刺激になることはないと考えられていますが、極度の敏感肌の方やニキビが酷い方には刺激になることがあるので、注意しましょう。

オーガニック/ 無添加

「オーガニック」や「無添加」と書いてあるものは肌に優しそうなイメージがありますが、イメージに左右されずに自分にあったものを選ぶことが大切です。オーガニック化粧品は有機栽培で育てられた植物から抽出された成分が配合されているものです。科学的に合成された成分より低刺激である可能性はありますが、植物性の成分がが肌に合わない可能性などもあり、一概に低刺激とは言い切れません

 

また、無添加とは香料や着色料のうち、何が無添加なのか確認しましょう

クレンジングタイプごとのメリットやデメリット、特徴は?

クレンジングは以下のような種類があります。それぞれ、油分の種類や配合割合が異なります。油分はニキビの原因となるアクネ菌が増える原因になるため、基本的にはニキビ肌の方には油分の配合が少ないものタイプのものがおすすめです。

 

クレンジングタイプ

油分

特徴

オイルクレンジング

油分が主成分のクレンジングです。

バームクレンジング

固形の油性成分が多く配合されています。油分が多いため、ニキビ肌にはあまりおすすめできません。

ミルク、クリームクレンジング

保湿力もあるクレンジングなので、敏感肌の方にもおすすめです。

ジェルクレンジング(※)

毛穴ケアに特化したクレンジングが多いタイプのクレンジング剤です。

ウォータークレンジング

拭き取るタイプが多いです。油分は少ないですが、界面活性剤が刺激になる方には注意が必要です。

※ジェルクレンジングには油性と水性があります。油性のものはミルクやクリームクレンジングより油性成分の配合度が高いものもあります。

オイルクレンジング

洗浄力が高いクレンジングです。メイクの洗い残しはニキビの原因になるので、毎日しっかりメイクをする方にはおすすめです。ただし、アクネ菌の餌になる油分が主成分なので、ノンコメドジェニックのものを選んだり、しっかりすすぐことを意識したり、注意が必要です。

バームクレンジング

近年人気が出てきていろいろな種類が出てきているクレンジングです。洗浄力は高めのものが多いですが、バームの種類によって、さっぱりした洗い上がりのものからしっとりとした洗い上がりものまであります。ニキビ肌の方は肌に油分が残らないよう、さっぱりとした洗い上がりのものがおすすめです。

ミルク・クリームクレンジング

ミルク・クリームタイプは肌に優しい処方のものが多いことが特徴です。滑らかなミルクやクリームは肌との摩擦も軽減できます。ただし、洗浄力が弱めのものも多いので、しっかりメイクする方は洗い残しに注意が必要です。また、油性成分も多く配合されていてしっとりとした洗い上がりなので、思春期ニキビの方や脂性肌でニキビに困っている方にはあまりおすすめできません

ジェルクレンジング

温感ジェルのタイプなど、毛穴ケアに特化したものもあるので、毛穴詰まりが気になるニキビ肌の方におすすめです。また、適度にうるおいを残してくれるものも多いです。メイクに馴染ませるまでに時間がかかるものがありますが、肌の負担にならないよう、しっかり馴染ませたから優しくクレンジングするようにしましょう

ウォータークレンジング 

拭き取るタイプのものもあり、手軽にクレンジングすることができます。ただし、洗い残しや肌とコットンとの摩擦に注意が必要です。

保湿成分も大切、肌質にあったクレンジングを選ぶ

クレンジングでは肌の保湿作用がある皮脂を洗い流してしまいます。そのため、必要なうるおいを肌に残してくれるものがおすすめです。また、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が配合されているものもおすすめです。

 

肌の状態によってもどれくらい洗浄力が強いものが合うのか、変わってくれるので、自分の肌の状態を見極めながら選びましょう。

敏感肌

敏感肌の方はクレンジング方法を間違えると赤みやヒリつきが出てしまうことがあります。そのため、なるべく刺激を避け、肌を清潔にしつつもうるおいをある程度保ってくれるクレンジングがおすすめです。タイプ別でいうと、クリームやジェルクレンジングがおすすめです。

 

適量を使ってメイクに馴染ませ、できるだけ肌を直接擦らないようにしながら洗いましょう。

乾燥肌

乾燥肌の方も敏感肌と同じように肌のバリア機能が低下していたり、赤みやヒリつきが出たりすることがあります。そのため、適度にうるおいを残してくれるものがおすすめです。クリームやジェルクレンジングがおすすめですが、ジェルクレンジングは特に油性のものがおすすめです。

 

ジェルクレンジングには水性と油性のものがありますが、油性のものは油分が多く、しっとりとした洗い上がりです。

脂性肌

脂性肌の方はある程度洗浄力のあるオイルタイプがおすすめですが、ニキビへの刺激が気になる場合はオイルフリーのジェルクレンジングなどを選びましょう。ミルクタイプやクリームタイプのクレンジングは油分が多いので避けましょう。

 

脂性肌の方は、肌内部の水分が不足していることが多いので、洗顔後はしっかり補水効果のあるスキンケアを心がけてください。

編集部おすすめのPR商品

PR

資生堂ジャパン (SHISEIDO JAPAN)

dプログラム エッセンスイン クレンジングフォーム

価格:550円(税込)

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

洗顔後の敏感肌ケアに!

dプログラム エッセンスイン クレンジングフォームはクッション泡で肌をケアすることのできる薬用クレンジングフォームです。クッション泡で汚れを落としつつ、しっとりしたなめらか肌を保ちます。40代、50代の肌ケアにおすすめです!

 

クレンジングフォームの他にも、クレンジングオイルやクレンジングウォーターも充実しており、お肌のタイプに合わせてお選びいただけます。詳細については公式サイトのリンクからご確認ください。

 

 

>>>公式サイトで詳細を見る

ニキビ肌向けクレンジング人気おすすめランキング10選

10位

ロート製薬

アクネス 薬用メイクも落とせる 洗顔

価格:445円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メイクも落とせるニキビケア洗顔料

W洗顔不要で、メイク落しと洗顔が一度にできる便利なクレンジングです。忙しいときも、しっかりメイク汚れを除去して、ニキビ予防もできるお手軽でリーズナブルなクリームタイプのニキビケア洗顔料。これ1本で手早く素肌になれるため、時短で洗顔したい人にはおすすめです。

 

殺菌成分・サリチル酸を配合。毛穴の奥のアクネ菌を除去し、ニキビの元を根絶します。古い角質を落としやすくし毛穴詰まりを防ぐ、フルーツ酸(AHA)が配合。さらに、潤い成分のビタミンC誘導体と抗酸化作用のあるビタミンEで、肌の清潔だけではなく、美肌へと導く成分もプラスされています。

 

肌の弱い人にも優しい低刺激性で、さわやかなシトラスの香り。ニキビに困っている人におすすめで、医薬部外品をリーズナブルに使いたい人に良いでしょう。持ち運びにも便利なサイズで、スポーツ後などの洗顔にも重宝します。

内容量130g成分サリチル酸
タイプクリーム

口コミを紹介

メイクは落ちないかな…⁇でも、ニキビは出にくくなります。つっぱり感も無く、洗い心地は良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

石澤研究所

アクネバリア 薬用プロテクトメイククリアN

価格:1,650円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低刺激なのにニキビを抑えるティーツリーの働きに注目

柔らかいジェルが優しくメイクを落としてくれます。低刺激なのにきちんと肌荒れを抑えてくれるティーツリーの効果が期待できます。ティーツリーの清涼感のあるハーブの香りもポイントです。

内容量100g成分ティーツリー
タイプジェル

口コミを紹介

あまり肌のケアに気を使っていなかったのですが、最近気になりだして購入しました。
こういった製品はあまり使った経験がなかったので本当に効くのかと思っていましたが、とてもさっぱりとしました!肌も使用する前に比べて綺麗になった気がします!

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

アクネスラボ

薬用 クレンジング ジェル

価格:1,147円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イライラ性敏感肌を解消

ストレス要因からくるイライラ性敏感肌を優しくケアするクレンジングジェルです。20代になると、イライラすることで女性ホルモンが乱れ、ニキビや肌荒れなどのトラブルが起こることも。そんなターンオーバーの乱れたときにも、肌に負担をかけることなく、優しくメイクを洗い落とします。

 

厳選された和漢植物性由来成分配合で、硬くなった肌を柔らかくし、肌が自ら潤う力を作り出します。皮膚専門家との共同開発で、4万人の肌の悩みと向き合い、大人ニキビも思春期ニキビも根本からケアします。合成香料・着色料・シリコーン無添加で、肌の弱い人や赤ちゃんでも使用できる低刺激にこだわった品です。

 

ニキビケアはしっかりしたいけれど、肌が弱くて刺激のあるクレンジングを使えない人におすすめです。特に、仕事のストレスが肌に影響しやすい人に最適で、きちんとスキンケアしているのに肌の調子が悪いときなどに試してみると良いでしょう。

内容量100g成分和漢植物性由来成分
タイプフォーム

口コミを紹介

敏感肌、乾燥肌で合わないものを使うとすぐ肌荒れしてしまいますがこれは大丈夫でした。
普段しっかりメイクをしていますが落ちもすごくよかったです。
今までオイルクレンジングを使っていましたがこちらを使うようになってから肌が綺麗になりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

花王

ジェルメイク落とし

価格:715円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

乾燥性敏感肌用のクレンジング

弱酸性、無香料、無着色で敏感肌の人におすすめのクレンジングジェルです。肌荒れや乾燥で悩んでいる人は、できるだけ刺激のない成分のクレンジングで優しくメイクを落としましょう。

 

肌の必須成分セラミドを守り、補いながら優しい洗浄成分でファンデーションを肌に残すことなく、しっかり洗い上げます。肌なじみがよいジェルで落ちにくい口紅もしっかりオフ。潤いを残しながらニキビの元となるメイク汚れを除去するため、乾燥を防ぎます。

 

乾燥肌の原因のひとつに、美肌成分のセラミド不足があると言われています。キュレルはこのセラミドに着目して、肌のバリア機能を強化し肌荒れを防ぐ作用のあるクレンジングを提供しています。

内容量130g成分グリチルリチン酸ジカリウム
タイプジェル
6位

ファンケル(FANCL)

新マイルドクレンジング オイル

価格:1,518円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スルスル落ちて肌の負担を軽減するクレンジングオイル

スルスルとメイクを落とすクレンジングオイルなので、クレンジング時の肌の負担を軽減します。合成色素や香料、石油系界面活性剤が配合されていないので、敏感肌の方にもおすすめです。オイルタイプのクレンジングなので角栓悩みにも効果が期待できます。

内容量120ml成分-
タイプオイル
5位

スタイリングライフ

クレンジングリサーチ ウォッシュクレンジング

価格:785円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AHA配合で定期的な肌のメンテナンスを

AHA(フルーツ酸)配合で、古い角質を除去し、がんこな毛穴づまりもさっぱり洗い落としてくれるため、ニキビにお悩みの人にはおすすめのクレンジング。また、パパイン酵素、キウイエキス、スクラブなどの角質ケア成分が、毛穴の奥の老廃物を根こそぎ取り除き、血行を促進させる効果も。

 

ニキビの原因は、ホルモンや生活習慣の問題もあるといわれていますが、まず肌を清潔に保つのが基本です。週に一度、たまった角質をAHAでしっかりオフ。定期的な毛穴クレンジングで、にきびのない滑らかな肌が作られます。

 

出荷累計2000万個の大ヒット商品の魅力は、充実した商品内容とリーズナブルな価格。爽やかなアップルの香りで、幅広い年齢から支持を得ています。

内容量120g成分パパイン酵素
タイプフォーム
4位

薬用 ニキビケア

薬用 ニキビケア クレンジング

価格:2,016円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

男女兼用でスキンケア効果も

男女兼用で大人ニキビを防いでくれる洗顔ジェルです。大人ニキビはしみの原因にもなるため、定期的な洗顔で肌の清潔を保ちましょう。男女を問わずニキビや吹き出物、いちご鼻、毛穴汚れを予防します。

 

また、ヒアルロン酸だけでなく、レモンエキスやオウバクエキスなどの植物エキスで、保湿と肌荒れを防ぎ、引き締まったハリのある肌へと導きます。

 

ニキビケアだけでなく、スキンケアもしてくれるのにリーズナブルな価格が魅力。口コミで広がる人気商品で、満足度の高さもうかがえます。

内容量100g成分ヒアルロン酸、植物エキス
タイプジェル

口コミを紹介

季節の変わり目、大人ニキビのようなものができ購入させていただきました。顔にのせて少しなじませるだけでメイクがつるりと落ちます。初めて使ったときびっくりしました。毎日使うものなので使いやすさはとても大事ですが、こちらはとても使いやすいですよ。
毛穴スッキリ、さっぱりします。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

小林製薬

オードムーゲ メイク落とし ジェル

価格:1,150円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

肌荒れやニキビ対策の王道ラインのクレンジングジェル

繰り返す肌荒れやニキビにアプローチする代表的ライン「オードムーゲ」シリーズのクレンジングジェルです。パラベンフリー、オイルフリー 、アレルギーテスト済み※なので敏感肌の方にもおすすめです。優しいジェルの洗い心地で肌への負担を抑え、保湿成分を配合することで洗い上がりのしっとり感もかなえてくれます。

 

※全ての方にアレルギーが起きないというわけではありません。

内容量130g成分-
タイプジェル
2位

ノブACクレンジングジェル

価格:2,200円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大人ニキビに悩んでいる方におすすめ

体調やストレスによってできるニキビ、乾燥肌や敏感肌が気になる大人の方におすすめのオイルフリー のクレンジングジェルです。乾燥や肌荒れによる肌のバリア機能の低下を抑えながら肌のうるおいバランスを整えてくれます。

内容量110g成分グリチルリチン酸2K(肌荒れ成分)、感光素201号(抗菌成分)
タイプジェル
1位

資生堂ジャパン (SHISEIDO JAPAN)

dプログラム エッセンスイン クレンジングフォーム

価格:550円(税込)

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

洗顔後の敏感肌ケアに!

dプログラム エッセンスイン クレンジングフォームはクッション泡で肌をケアすることのできる薬用クレンジングフォームです。クッション泡で汚れを落としつつ、しっとりしたなめらか肌を保ちます。40代、50代の肌ケアにおすすめです!

 

クレンジングフォームの他にも、クレンジングオイルやクレンジングウォーターも充実しており、お肌のタイプに合わせてお選びいただけます。詳細については公式サイトのリンクからご確認ください。

 

>>>公式サイトで詳細を見る

ニキビ肌向けクレンジングの人気おすすめ商品一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6003900の画像

    資生堂ジャパン (SHISEIDO JAPAN)

  • 2
    アイテムID:6016397の画像

  • 3
    アイテムID:6016385の画像

    小林製薬

  • 4
    アイテムID:5182653の画像

    薬用 ニキビケア

  • 5
    アイテムID:5182178の画像

    スタイリングライフ

  • 6
    アイテムID:6016366の画像

    ファンケル(FANCL)

  • 7
    アイテムID:5182183の画像

    花王

  • 8
    アイテムID:5182189の画像

    アクネスラボ

  • 9
    アイテムID:6016326の画像

    石澤研究所

  • 10
    アイテムID:5182195の画像

    ロート製薬

  • 商品名
  • dプログラム エッセンスイン クレンジングフォーム
  • ノブACクレンジングジェル
  • オードムーゲ メイク落とし ジェル
  • 薬用 ニキビケア クレンジング
  • クレンジングリサーチ ウォッシュクレンジング
  • 新マイルドクレンジング オイル
  • ジェルメイク落とし
  • 薬用 クレンジング ジェル
  • アクネバリア 薬用プロテクトメイククリアN
  • アクネス 薬用メイクも落とせる 洗顔
  • 特徴
  • 洗顔後の敏感肌ケアに!
  • 大人ニキビに悩んでいる方におすすめ
  • 肌荒れやニキビ対策の王道ラインのクレンジングジェル
  • 男女兼用でスキンケア効果も
  • AHA配合で定期的な肌のメンテナンスを
  • スルスル落ちて肌の負担を軽減するクレンジングオイル
  • 乾燥性敏感肌用のクレンジング
  • イライラ性敏感肌を解消
  • 低刺激なのにニキビを抑えるティーツリーの働きに注目
  • メイクも落とせるニキビケア洗顔料
  • 価格
  • 550円(税込)
  • 2200円(税込)
  • 1150円(税込)
  • 2016円(税込)
  • 785円(税込)
  • 1518円(税込)
  • 715円(税込)
  • 1147円(税込)
  • 1650円(税込)
  • 445円(税込)

ニキビ肌の正しいクレンジング方法

メイクを落としてくれるクレンジングですが、刺激はニキビにとって大敵です。間違ったクレンジングの方法では、もしかしたらニキビを悪化させてしまっているかも。そこで、正しいクレンジングの方法を知り、肌への刺激を少なくしましょう。

 

アイメイクなどの落ちにくいものは、ポイントリムーバーを使いましょう。クレンジングで擦ると、肌への負担が強くなってしまいます。クレンジングは刺激を少なくするためにあまりこすらず優しく時間をかけずに終わらせるようにしましょう。

 

メイクを落とすときは、ぬるま湯を使うようにしましょう。お湯では油分を落としすぎてしまいますが、水では落としたい油分が落としきれません。バームタイプを使っている場合は、洗い流す前に「乳化」させるとしっかりメイクを落とすことができます。乳化とは、メイクと馴染ませた後に少量の水をクレンジング剤が乳白色になるまで馴染ませることです。

 

クレンジングが終わったら洗顔をしましょう。クレンジングが肌に残ることで刺激になってしまうことがあります。洗顔の際もしっかり泡立て、肌を直接擦らないようにするのが大切です。W洗顔不要

 

洗い終わった後もタオルでゴシゴシとこすらずふわふわのタオルで水滴を抑えてあげましょう。洗顔後には化粧水や乳液でしっかり保湿しましょう。

ニキビが潰れてしまったら?

スキンケア中にうっかりニキビに触ってしまいニキビを潰してしまった経験がある方もいるのではないでしょうか。ニキビが潰れてしまった時は、血や膿を拭き取って清潔な状態にした後、ニキビ治療薬を塗って医療用テープで保護するのがおすすめです。

ニキビを悪化させずにカバーするメイク方法は?

ニキビを自然にカバーするには、厚塗りし過ぎないことが大切です。よれにくいコンシーラーを綿棒でとり、ニキビより少し広い範囲におくように塗ります。次に小指を使ってニキビに触れないように、ニキビの周りの部分をぼかしていきます。ただし、ニキビは基本的には刺激を避けてケアすることが大切なので、無理にカバーしようとせずできるだけニキビ部分はメイクを避けることがおすすめです。

 

ニキビをケアしながらカバーしたい方は、目立たないニキビパッチを使うのもおすすめです。

男性のニキビにクレンジングは有効なの?

男性でも日焼け止めを塗ったり、メンズファーデンションを塗っている時はきちんとクレンジングすることが必要です。男性は皮脂の分泌が女性に比べて多いので、肌を清潔に保つためにも重要です。しかし男性の場合、皮脂のベタつきが気になっている方でも、肌の内側は感想しているインナードライの方も多いので、保湿にも注意する必要があります。クレンジングのしすぎは肌の乾燥を招き、余計に皮脂が分泌される原因にもなります。

その他の関連記事はこちらから

この他にも関連記事がございますので、そちらも合わせてご覧ください。

まとめ

毎日のメイクオフに欠かせない、ニキビ用クレンジングをご紹介しました。赤く炎症を起こしているニキビは、できるだけ優しい洗浄成分で刺激を与えないよう洗うことがポイントです。皮膚のバリア機能を残しながら、不要な汚れを除去する品が支持されています。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ