【2021年最新版】衣類乾燥機の人気おすすめランキング第15選

衣類乾燥機は洗濯物を乾かす時間が短縮されるので大変便利ですよね。衣類乾燥機は年々進化しており形も機能も様々なものがあります。こちらでは人気でおすすめの衣類乾燥機をランキングで紹介しています。どのような物があるのか、また選び方も紹介しています。

Amazon

ブラックフライデー開催中!

\11/26(金) 9:00〜12/2(木) 23:59/

毎日ビッグサプライズセール登場。

自分へのご褒美を。

今回の記事では衣類乾燥機の人気おすすめランキングを紹介していますが、下記の記事では洗濯機について紹介しています。ぜひ参考にしてください。

洗濯物干しの手助け

梅雨や花粉が飛ぶ時季、冬の寒い時など衣類が乾きにくいという経験は誰でもしたことあると思います。近くにコインランドリーがあれば、洗濯物が乾きにくい時でも関係なく、乾燥ができますが、ない場合は家干しという方が多くなっていると思います。

 

そんな時に衣類乾燥機があることで、花粉や排気ガスから守ってくれることはもちろん、部屋干しのスペースが確保できなくても床置きができたりと小スペースでも関係なく使えます。天気が悪い日でも洗濯をして乾かすことができるため、洗濯物を溜め込みたくない主婦には助かる家電の一つとも言えます。

 

そんな人気のある衣類乾燥機は、販売されているメーカーによって容量や機能などに大きな違いを持っているものもあります。そこで衣類乾燥機の容量サイズ重量を基準に15選のランキング形式で紹介したいと思います。

衣類乾燥機の選び方

衣類乾燥機もいろんな種類がありましたが、どこにポイントを置くかで選び方が変わってくるので、紹介したいと思います。

乾燥方式で選ぶ

衣類乾燥機にはそれぞれ乾燥方式があって、内容も異なるので、紹介したいと思います。

早く乾かしたい方には「ガス式」がおすすめ

ガス式の衣類乾燥機は乾燥のスピードが速いのが魅力です。電気式と比べるとおよそ3倍のスピードで衣類を乾かすことができるので業務用としてもよく使用されています。また乾燥スピードが速い分、光熱費を抑えることができます。

 

電気式衣類乾燥機に比べると本体の価格が高く設置する時にガス栓の増設や温風を外に排出するためのパイプ工事が必要なため初期費用が高くつくデメリットがあります。そしてガス栓が増設できて温風を外に排出しやすい場所も必要になるので注意が必要です。

手軽に設置したい方には「電気式」がおすすめ

電気式は比較的低価格で購入できます。ガス式に比べ、工事不要で場所を選ばないので、簡単に設置できるのが特徴です。ですが、ガス式の衣類乾燥機に比べると乾燥スピードが遅いので、大人数ではなく、一人暮らしや少人数の世帯で使うのに向いたタイプです。

 

初期費用もそこまでかからないと考えると、頻繁に使はないのであれば、お手軽ということになりますが、多く使うと考えると高くつく場合もあります。

種類で選ぶ

衣類乾燥機には大きくわけてドラム型乾燥機と除湿器型の2つの種類があります。ここではこの2つの種類を紹介していきます。

乾燥に特化した「ドラム型乾燥機」

1つ目はドラム型乾燥機です。乾燥機は衣類の乾燥に特化しておりドラムの中で回転している衣類に風を送って乾燥させます。正面に扉がついているので洗濯物の出し入れが簡単に行えます。

 

設置には乾燥機専用のスペースが必要になるので、事前にゆとりのある設置場所を確保する必要があります。

部屋干し派の方には「除湿器型」がおすすめ

大きく分けて2つ目が除湿器型です。除湿器型とは室内干しした洗濯物の近くに設置して乾燥した風を送風し洗濯物が乾かせます。湿気の多い梅雨時にもおすすめです。

 

またドラム型乾燥機より場所を取らずに設置できるのであまり場所をとれない方や、部屋干ししたときに衣類に臭いがつかないので部屋干し派の方におすすめです。以下の記事もぜひ参考にしてください。

容量で選ぶ

衣類乾燥機を設置する場所、使用するにあたり容量と大きさは大切なことです。ここでは各家庭に合った容量の選び方を紹介していきます。

「一人暮らし」の方には小型タイプがおすすめ

一人暮らしの方や、一回の洗濯物の量がそれほど多くない方には2kg~5kg未満の小型タイプの衣類乾燥機がおすすめです。

 

また衣類乾燥機の種類には大きく分けて「ドラム型」と「除湿器型」の2つがあります。ドラム式は設置する際広いスペースの確保が必要なためあまりスペースが取れないという方には除湿器型がおすすめです。

 

以下の記事では、一人暮らし用除湿器の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

「4人世帯」の方には6㎏以上がおすすめ

4人世帯以上の方には1人あたりの洗濯物の量のおよその目安は1日1.5kgとされているので6kg以上の衣類乾燥機がおすすめです。

 

またまとめ洗いや大物洗いをする方にも6kg以上の容量がおすすめですが設置する際は広いスペースの確保が必要になりますので注意が必要です。

設置方法で選ぶ

衣類乾燥機の設置場所に悩んでいる方も多いのではないでしょうか?衣類乾燥機を設置するには一般的に専用スタンドを使用します。ここでは専用スタンドの種類を紹介していきます。

自由な調整がしたい方には「直付け方式」がおすすめ

直付け方式は、他の衣類乾燥スタンドに比べて簡単な構造なので値段が数千円程度とと安価なものが多いのが魅力です。また自由に高さ調節も可能でどんな洗濯機にも対応できるのもメリットです。

 

直付け方式は設置する時に壁に穴を開ける必要があるので壁に傷をつけたくない方には注意が必要です。

耐久性を求める方には「スタンド方式」がおすすめ

スタンド方式は骨組みがしっかりしているので他の種類の衣類乾燥スタンドに比べて丈夫で壊れにくいのが魅力です。また壁に穴を開ける必要がないため壁に傷をつけずに設置が可能で、下に洗濯機を置くことも可能なのでスペースが狭い方にもおすすめです

 

他の種類のに比べると値段が高くなりますが丈夫なものを求めている方やあまりスペースがとれない方におすすめです。

賃貸の方におすすめな「床置き方式」

床置き方式はほかの種類より高さが低いので洗濯機の上にスペースがなくても設置が可能です。スタンド方式と同様に壁に穴を開けずに設置が可能で予算はスタンド方式より安いのが特徴です。

 

しかし床置き方式は設置サイズの制約が大きく対応している機種が少ないことや下に洗濯機を置くことができないのでスペースの狭い場所では使いにくいといったデメリットがあります。

稼働音の大きさで選ぶ

夜に衣類乾燥機を使う方やマンションなどで衣類乾燥機の稼働音が気になる方も多いのではないでしょうか?稼働音の大きさは製品によっても大きく異なります。

 

一般的に60dBを超えると「うるさい」と感じる人も増えてきます。稼働音が気になる方は60dB以下の衣類乾燥機や静音設計の衣類乾燥機がおすすめです。

時間で選ぶ

商品によって、乾燥が完了するまでにかかる時間が違います。ガス式、電気式でも変わりますし、容量によっても違います。乾燥時のパワーを上げて乾燥できる機種もあり、時間を短縮できるものもあるので、少しでも早く衣類を乾かしたいと思う方は、乾燥時間を事前に確認しておいた方が良いです。

その他機能で選ぶ

衣類乾燥機にはそれぞれオプションのような機能が付いているものもあります。便利だなと思える機能があるかもしれませんので、チェックしてみてください。

シワ取り

衣類乾燥機には、衣類を乾燥させる以外にしわ取り機能を搭載しているものがあります。送風することで衣類のしわが伸び、仕上がりをきれいにしてくれる機能です。また人間のボディの形をした乾燥機もあり、そちらに着せて、風を送ることでしわが伸びるものもあります。

 

しわ取り機能があれば、アイロンをかける手間が省けるので、日々の家事の手間が省けます。毎日Yシャツを着たり、ワンピースなどを着る時にしわを目立たせたくないという方におすすめの機能です。

「除菌・脱臭」で選ぶ

梅雨の時期や洗濯物が乾きにくい時に、気になるのが除菌力や脱臭力だと思います。部屋干しのイヤな臭い、生乾きの臭いがついたまま服を着るのは気持ちよくないですよね。商品によって、脱臭機能や花粉を除去する機能除菌する機能などがついていることもあります。

 

ナノイーなどよく聞くものは、衣類乾燥機についていることがあるので、他にも除菌や脱臭の機能がついているかどうか確認しながら検討するのも視野に入れておいた方がいいです。

毛布乾燥で選ぶ

冬場に欠かせない毛布の洗濯をするときにも乾燥機を使えると便利です。秋や冬は洗濯物が乾きにくいので、毛布にも対応した衣類乾燥機があると便利です。

 

ふっくら乾かせる機能が付いているものもありますが、脱水後すぐに衣類乾燥機にかけると毛布が縮む恐れもあるので、少し干してから衣類乾燥機にかけた方が、縮み防止に繋がります。

人気メーカーで選ぶ

衣類乾燥機は大手メーカーから豊富な種類が販売されています。メーカーごとに衣類乾燥機の特徴も異なるのでここからは大手メーカーごとの特徴を紹介していきます。

静音性と便利機能なら「パナソニック」がおすすめ

夜遅くに衣類乾燥機を使用するということなどで衣類乾燥機の使用音が気になる方も多いのではないでしょうか?パナソニックの衣類乾燥機は静音設計なので安心です。

 

また品揃えも豊富で衣類除菌機能付きや扉を左右どちらからでも開けられる扉を採用しているものなど使いやすさや便利性があるのも特徴です。

簡単なボタン操作なら「日立」がおすすめ

衣類乾燥機の操作に自信がない方には日立がおすすめです。日立の衣類乾燥機はボタンを押すだけで仕上がりまで完成してくれるこれっきりボタンが特徴です。

 

また機能面の特徴の1つ「ふんわりガード」は乾燥終了後取り出すまで約5分ごとに送風運転を行いおよそ2時間の間シワを防いで衣類のふんわり感を保ってくれます。

花粉症に悩んでいる方には「東芝」がおすすめ

花粉症に悩んでいる方には東芝の衣類乾燥機がおすすめです。東芝の衣類乾燥機は新・花粉フィルター搭載で衣類をすっきりさわやかにしてくれる特徴があります。

 

また「からみまセンサー」で衣類のからみをほぐしてムラなく乾燥してくれるのも嬉しいポイントです。

ガス式で選ぶなら「リンナイ」がおすすめ

ガス式で選びたいという方にはリンナイがおすすめです。リンナイでは種類豊富なガス式の衣類乾燥機があります。

 

ガス式の衣類乾燥機のメリットは電気式と比べると熱量が高く早く洗濯物が乾きます。またガス式は多くのコインランドリーでも使用されておりコインランドリーのようなふわふわな仕上がりになるのも特徴です。

 

設置する際ガス栓の増設などの工事が必要になる場合があるので選ぶ際は確認が必要です。

コスパで選ぶなら「アイリスオーヤマ」がおすすめ

アイリスオーヤマの衣類乾燥機はリーズナブルな価格で性能が良いと評判なのでコスパで選びたいという方におすすめです。

 

またアイリスオーヤマの衣類乾燥機は豊富なラインナップがあります。サーキュレーターを搭載しているものもあり、除湿機能と風によるWパワーで洗濯物を部屋干ししたときに気になる嫌な臭いを防止して早く乾燥させることも特徴です。

衣類乾燥機の人気ランキング15選

15位

シャープ(SHARP)

プラズマクラスター 12L

機能充実

CMでお馴染みのプラズマクラスターの衣類乾燥機です。風が広がり部屋も衣類も爽やか除湿と乾燥、気になる部屋干しの臭いを抑制「Wニオイ対策」。他に部屋干し衣類の「生乾き臭をスポット消臭」衣類に付いた「汗臭をスポット消臭」など多くの機能が充実しています。

 

また広角自動スイングルーパーで2段干しで丈の長い衣類でも乾かすことができます。これにより広い部屋でもカビを未然に防ぐ「カビバリア運転」ができます。パワフルな風量と除湿、プラズマクラスターイオンの効果を組み合わせ付着カビ菌の増殖を抑制してくれます。

容量 - サイズ(縦×横×奥行き) 35.9×24.8×66.5cm
重量 15.5kg 乾燥方式 電気式
その他機能 湿度センサー

口コミを紹介

共働きで夜に洗濯し、部屋に干すのが定番化していた我が家の救世主です。
結露にも悩まされず、快適な部屋干しライフを送っています。
また、気密性の高いマンションで、ベッドルームの除湿にも大活躍!

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

カラリエ ブルー

部屋干しの半分の時間で乾燥

2種類のファンで、衣類乾燥に理想的な独自の「スパイラルドライ気流」を発生させて、乾燥させます。乾燥ヒーターを搭載した中央部分から「乾燥風」を生みだし、外側のワイドファンが作り出して、乾燥風を遠くまで送ることができます。

 

こうして温かい空気を直接、洗濯物に当てることで短時間で乾かすことができます。また嫌な生乾きの臭いも、早く乾燥させることで回避できます。広い範囲で乾かすことができるワイド乾燥も搭載しています。

容量 - サイズ(縦×横×奥行き) 45.1×20.4×20.4cm
重量 2.5kg 乾燥方式 電気式
その他機能

口コミを紹介

雪国なので、冬期に、洗濯物を乾燥させるために、使っています。暖房代がやすくなるので、助かります。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

パナソニック

衣類乾燥機 NH-D503-W

本格乾燥

ヒーターと吹き出し口をそれぞれ2カ所あり、大風量の温風を衣類全体に当てることで、スピーディに乾燥させられます。乾燥機なので早朝や夜中の音が気になると思いますが、運転音が気になりにくい「2層ステンレスドラム」を採用しています。

 

それから高い除菌効果で清潔な仕上がりにできる「約75℃除菌」コースがあります。これは乾燥の最終工程でドラム内の温度を75℃まで高めることで除菌効果を向上させています。菌を除菌できるので、生乾きの衣類も除菌できます。

容量 5kg サイズ(縦×横×奥行き) 68×63.4×49.9cm
重量 24kg 乾燥方式 電気式
その他機能 ツイン2温風

口コミを紹介

さすがに運転騒音も低く乾きも早いようです。衣類乾燥機は洗濯機よりも使用頻度が低く長寿命ですので、一体型の種類と色を増やしてほしいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

パナソニック(Panasonic)

衣類乾燥除湿機 デシカント方式

花粉も除去

デシカント方式で、吸収した水分をヒーターで除湿するので、1年中しっかり空気の乾燥をさせます。これにより、クローゼットに入れている衣類も乾燥させられます。また「エコナビ」が温度と湿度を検知し、その変化から乾き具合を把握し、乾燥させます。

 

それから「カラッとキープモード」は衣類乾燥が終わったら、自動でお部屋を除湿します。衣類への湿気戻りを防ぐことができます。また部屋干し臭は、「ナノイー」が出るので、気になる部屋干し臭をパワフルに抑制してくれます。

容量 - サイズ(縦×横×奥行き) 45.9×17.8×35.7cm
重量 6kg 乾燥方式 電気式
その他機能 タイマー付き

口コミを紹介

衣類乾燥モードを使うとそこそこ気になる音量で、室温もあがってしまいますが、思っていた以上に水がたまりカラッとするのが実感できました。
室内干しと浴室の乾燥で活躍してくれています。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

日立

衣類乾燥機 これっきりボタン

簡単操作

ヒーターと風乾燥で2種類の乾燥方法がありあます。熱に強いものはヒーターを使用し、熱に弱いデリケートなものはヒーターを使わない「風乾燥」ができます。また仕上げコースは生乾きや湿っぽい衣類を仕上げ乾燥するときに使用します。

 

また開ける時に便利なエアハッチで、楽にドアの開閉ができます。シワを防いで衣類をふんわり乾燥させることができます。ボタンもシンプルで少ないので、操作しやすくなっています。

容量 6kg サイズ(縦×横×奥行き) 67×63×51.6cm
重量 26kg 乾燥方式 電気式
その他機能 湿度センサー

口コミを紹介

雨天、特に梅雨にこそ本領を発揮し大活躍する一品です!
若干うるさいですが、これくらいは許容範囲です。
これまで乾燥だけコインランドリーにもっていっていましたが、これを設置してからは洗濯物をもっていくこともなくなりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

Sun Ruck

小型衣類乾燥機

置き場所に困らない

2.5kgでコンパクトなので、置き場所に困りません。乾燥機というと洗濯機の所に題を置いて、上に乾燥機を置きますが、これはコンパクトなので、直置きすることができます。部屋に置いても場所を取らないので、1人暮らしの方でも使うことができます。

 

操作もボタンがシンプルなので簡単に使うことができます。熱風乾燥と風乾燥の2種類ができます。風乾燥は冷気と風乾燥ができ、デリケートな衣類の感想におすすめです。また熱風乾燥は一般的に使用される機能です。

容量 2.5kg サイズ(縦×横×奥行き) 60.5×49.5×41cm
重量 17kg 乾燥方式 電気式
その他機能 温風乾燥&風乾燥の2way

口コミを紹介

思っていた以上にしっかりとタオルの乾燥ができてふんわりしているので部屋干しの生渇き臭や手触りの不満が全て解消されました。
早く乾かしたいときや雨の日の洗濯物もこれさえあれば短時間で十分乾かすことができて満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

LG

styler ブラック S3BF

スリムな乾燥機

縦型のスリムな乾燥機になります。この形なので、日常的に着るスーツや制服、コートなども、自宅で簡単にケアすることができます。乾燥モードは衣類の乾燥に加え、室内の除湿もすることができます

 

そして乾燥機の仕組みですが、タンク内の水を加熱して、スチームを生み出します。そして独自の技術により、独特の気流となって庫内を循環し、振動するハンガーラックで衣類についたシワをリセットしてくれます。さらにズボンの折り目も保ってくれます

容量 5.2kg サイズ(縦×横×奥行き) 185×44.5x58.5 cm
重量 83kg 乾燥方式 電気式
その他機能 wifi機能搭載

口コミを紹介

出張で行った東京のホテルに設置してあり、当日着てたシャツを試しにやってみたらその名の通りにリフレッシュになり感激で購入、お気に入りのシャツとかデニムをあまり洗濯でダメージを受けたくなかったので購入しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

日立(HITACHI)

衣類乾燥機 あとは着るだけ

パワフル乾燥

ワイシャツを22枚枚分を一度に乾燥できるぐらいのパワフルな乾燥機になります。通常のヒーター乾燥と、ヒーターレスの「風乾燥(消臭)」を使い分ける「2way乾燥方式」が使用できます。

 

また衣類についた気になるにおいを取り除くことができる「ナノチタン消臭フィルター」を採用しています。また外気取り入れ口「エアハッチ」を搭載することにより、生乾きの衣類を仕上げ乾燥する時、空気を入れ換えながら、効率よく短時間で乾燥することができます。

容量 4.5kg サイズ(縦×横×奥行き) 67×63×44.6cm
重量 26kg 乾燥方式 電気式
その他機能 湿度センサー

口コミを紹介

冬場は洗濯物が乾かなく部屋干しも苦痛だった私。そんな時に知人から教えてもらい購入しましたが最高です!

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

DINFO

衣類乾燥機 ハンガー乾燥機

靴も乾燥させられる

ハンガーの形ですが、ハンガーの役割がそのままに、乾燥機の役割を加えたものになります。それから靴用エアダクトが付いていて、衣類乾燥と靴乾燥の両用ができます。ハンガーにかけながら裏側から熱風が出て、洗濯した服を急速乾燥できるハンガー型乾燥機です。

 

静音設計なので、40dB以下の動作音がとても静かです。そして本体が約300gですが、5kgまでの重さまで耐えることができます。

容量 - サイズ(縦×横×奥行き) 18×45cm
重量 320g 乾燥方式 電気式
その他機能 タイミング機能

口コミを紹介

出張先で靴も服も乾かしたいので購入しました。
靴乾燥機よりも小さくて静かで、分解できるのでコンパクトで良いです。足汗が多いので、合皮の靴の中を乾燥させるのに使っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

リンナイ

ガス衣類乾燥機

ふわふわ仕上げ

乾太くんでお馴染みのリンナイ製の衣類乾燥機です。使い勝手の良い5kgタイプでガス式ならではの強い温風をたっぷり送り込みながら乾燥させるので衣類をふんわり乾かしてくれます。

 

また80度以上の温風で乾燥するので外干しや日光消毒でも取り除けない臭いを取り除き生乾きの心配もありません。

容量 5kg サイズ(縦×横×奥行) 68.4×65×54.5
重量 31kg 乾燥方式 ガス式
その他機能

口コミを紹介

前回も同じメーカーの乾燥機を購入し、とても良かったので今回も同じメーカーにしました。8年以上たちますが、ほとんど変わっていません。使い勝手も良く満足しています。毎日フル回転しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

日立(HITACHI)

ふとん乾燥機 衣類・靴乾燥対応

3種類の活用方法

布団を乾燥さえる乾燥機ですが、衣類や靴にも対応しているものになります。乾燥に使うアタッチメントは、V字型アタッチメントでクワガタの鋏のようになっているので、敷ふとんをはさむようにセットすると、敷ふとんの裏側まで温風を届けます。

 

こちらはホースで繋がっていて、収納できるようになっているので、アタッチメントだけを本体から出して、上に向けることで、衣類乾燥にも使えます。靴を乾かす時も専用のアタッチメントが付いているので、そちらをセットすれば、使うことができます。

容量 - サイズ(縦×横×奥行き) 33.8×28.3×21.7cm
重量 4.3kg 乾燥方式 電気式
その他機能

口コミを紹介

毎日本当にお布団がいい匂いです。ベッドの高さが高めなので、どうかなと悩みましたが、買って満足してます。乾燥機をわざわざ何か台の上に置くのは面倒なので、床に置いて、ホースを伸ばして使っていますが、全体に暖かさが広がってくれます!

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

サンコー

シワを伸ばす乾燥機 アイロンいら~ず

クリーニングに出したような仕上がり

少し変わった乾燥機になります。これ1台でアイロンがけしなくてもシワが残らず乾くシャツ乾燥機になります。シャツの形状にあった乾燥バッグに温風を送りパンパンに膨らませることで、乾燥とシワ伸ばしができます。

 

専用の乾燥バッグは大、小2種類あります。連続動作と180分までのタイマー機能もあるので、通常洗濯のシャツを約30分で乾かすことができます。そして短時間で高温乾燥するので、部屋干しのニオイの原因である雑菌の繁殖を抑えて嫌なニオイを抑制します。

容量 - サイズ(縦×横×奥行き) 32×22×14cm
重量 1.4kg 乾燥方式 電気式
その他機能 タイマー機能

口コミを紹介

こんなに便利なもの、発明してくれてありがとう、です。セーターも短時間で、ふっくら仕上がります。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

株式会社ケーズウェーブ

小型衣類乾燥機 マイウェーブ ウォームドライヤー3.0

コンパクトで多様な使い方

コンパクトながらも3kgの乾燥をすることができる容量になっています。また湿度センサーで自動モードがあります。 内部に湿度センサーを搭載していて、洗濯物の湿度の度合いによって温度を上げて行く機能です。衣類が乾くと自動で終了し、ふっくらと仕上がります。

 

もちろん時間設定、温度設定もできます。タッチパネルで操作します。パネルはシンプルで見やすいカラー電光パネルを採用し、表示が大きくタッチ操作で使いやすくなっています。そして錆や細菌に強いステンレスドラムで作られています。

容量 3kg サイズ(縦×横×奥行き) 58.5×49×40cm
重量 17kg 乾燥方式 電気式
その他機能 湿度センサー

口コミを紹介

設置サイズも小さく、水道を必要としないのでどこにでも置けます。
乾燥機能については詰め込みすぎても自動モードでちゃんと乾きますので性能はいいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

パナソニック(Panasonic)

衣類乾燥除湿機 ハイブリッド方式 F-YHMX120-N

1年中活躍

コンプレッサー方式とデシカント方式を合わせたハイブリット方式の乾燥除湿器になります。ですので、洗濯物が乾きにくい梅雨時や寒さと雪が続く冬場も、すばやく乾かすことができます。夏も冬も季節に関係なく1年中乾燥させることができます

 

そしてナノイー単独運転で、衣類乾燥時に気になる部屋干し臭を抑制してくれます。さらに洗いにくいスーツや制服などの衣服にしみついた気になるにおいもすっきり、脱臭、除菌してくれます。

 

容量 - サイズ(縦×横×奥行き) 58×37×22.5cm
重量 13.9kg 乾燥方式 電気式
その他機能

口コミを紹介

室内干し用に購入。
条件にもよると思いますが非常によく乾きます。
すっかり生活の一部でもう手放せません。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

衣類乾燥除湿機 デシカント式 IJD-I50

パワフル除湿

除湿機と乾燥風がでるキュレーターが合体した機能とデザインになっています。これはサーキュレーターと除湿機のWパワーでスピード乾燥が実現されています。大風量サーキュレーターで衣類をより早く乾かします。

 

乾燥風を直接当てて、スピード乾燥します。 さらに、風の向きや角度をコントロールできるので、 衣類の量に合わせて効率よく乾かせます。サーキュレーターの乾燥風で狙ったところをピンポイントで除湿できます。 また静音なので夜間の部屋干しも安心です。 

容量 - サイズ(縦×横×奥行き) 64×28.7×23.4cm
重量 7.8kg 乾燥方式 電気式
その他機能 サーキュレーター機能

口コミを紹介

こちらの品物は乾きが早い気がします
締め切った部屋に洗濯物約6人分を乾燥させてます
他にサーキュレーターも使用して、4時間で乾きました

出典:https://www.amazon.co.jp

衣類乾燥機のおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 容量 サイズ(縦×横×奥行き) 重量 乾燥方式 その他機能 サイズ(縦×横×奥行)
1
アイテムID:6657209の画像
衣類乾燥除湿機 デシカント式 IJD-I50 16,210円

詳細を見る

パワフル除湿

- 64×28.7×23.4cm 7.8kg 電気式 サーキュレーター機能
2
アイテムID:6657206の画像
衣類乾燥除湿機 ハイブリッド方式 F-YHMX120-N 48,250円

詳細を見る

1年中活躍

- 58×37×22.5cm 13.9kg 電気式
3
アイテムID:6657203の画像
小型衣類乾燥機 マイウェーブ ウォームドライヤー3.0 23,222円

詳細を見る

コンパクトで多様な使い方

3kg 58.5×49×40cm 17kg 電気式 湿度センサー
4
アイテムID:6657200の画像
シワを伸ばす乾燥機 アイロンいら~ず 7,470円

詳細を見る

クリーニングに出したような仕上がり

- 32×22×14cm 1.4kg 電気式 タイマー機能
5
アイテムID:6657197の画像
ふとん乾燥機 衣類・靴乾燥対応 10,373円

詳細を見る

3種類の活用方法

- 33.8×28.3×21.7cm 4.3kg 電気式
6
アイテムID:6703068の画像
ガス衣類乾燥機 84,600円

詳細を見る

ふわふわ仕上げ

5kg 31kg ガス式 68.4×65×54.5
7
アイテムID:6657191の画像
衣類乾燥機 ハンガー乾燥機 2,300円

詳細を見る

靴も乾燥させられる

- 18×45cm 320g 電気式 タイミング機能
8
アイテムID:6657188の画像
衣類乾燥機 あとは着るだけ 31,800円

詳細を見る

パワフル乾燥

4.5kg 67×63×44.6cm 26kg 電気式 湿度センサー
9
アイテムID:6657185の画像
styler ブラック S3BF 147,000円

詳細を見る

スリムな乾燥機

5.2kg 185×44.5x58.5 cm 83kg 電気式 wifi機能搭載
10
アイテムID:6657182の画像
小型衣類乾燥機 22,480円

詳細を見る

置き場所に困らない

2.5kg 60.5×49.5×41cm 17kg 電気式 温風乾燥&風乾燥の2way
11
アイテムID:6657179の画像
衣類乾燥機 これっきりボタン 44,800円

詳細を見る

簡単操作

6kg 67×63×51.6cm 26kg 電気式 湿度センサー
12
アイテムID:6657176の画像
衣類乾燥除湿機 デシカント方式 20,000円

詳細を見る

花粉も除去

- 45.9×17.8×35.7cm 6kg 電気式 タイマー付き
13
アイテムID:6657173の画像
衣類乾燥機 NH-D503-W 58,583円

詳細を見る

本格乾燥

5kg 68×63.4×49.9cm 24kg 電気式 ツイン2温風
14
アイテムID:6657170の画像
カラリエ ブルー 6,580円

詳細を見る

部屋干しの半分の時間で乾燥

- 45.1×20.4×20.4cm 2.5kg 電気式
15
アイテムID:6657167の画像
プラズマクラスター 12L 26,800円

詳細を見る

機能充実

- 35.9×24.8×66.5cm 15.5kg 電気式 湿度センサー

衣類乾燥機のメリット

衣類乾燥機を使用するメリットを考えた時まず思い浮かぶのが干す・取り込むといった作業時間の短縮です。

 

また外で干すと花粉などのアレルギーの原因になる微粒物質が衣類に付着するという心配があります。衣類乾燥機は家の中で洗濯物が乾かせるのでそういった心配事が減るのもメリットです。

衣類乾燥機の気になる電気代は?

衣類乾燥機を使用する上で電気代も気になりますよね。電気代は消費電力によって変わります。電気代の計算は「消費電力÷1000×使用時間×1kwhあたりの電気代」で計算することができます。

 

また消費電力は製品ごとに変わりますので製品のカタログなどをチェックして計算してみて下さいね。

まとめ

衣類乾燥機について紹介してきましたが、いかがでしょうか。部屋を除湿しながら乾燥できるものや除菌しながら乾燥できるものなど様々ありました。家庭によっては節約しながら使いたいという方もいると思います。使い方を工夫すれば、普段の洗濯の強い味方になるので、ぜひこの記事を参考に各個人であった衣類乾燥機が見つかれば幸いです。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年07月02日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

靴消臭グッズの人気おすすめランキング20選【スプレーから粉タイプまで】

靴消臭グッズの人気おすすめランキング20選【スプレーから粉タイプまで】

靴用品
【カレー研究家監修】美味しいレトルトカレーの人気おすすめランキング80選【2021年最新版】

【カレー研究家監修】美味しいレトルトカレーの人気おすすめランキング80選【2021年最新版】

レトルト・惣菜
【2021年最新版】コンプレッサー式除湿機の人気おすすめランキング24選【暑くならない!】

【2021年最新版】コンプレッサー式除湿機の人気おすすめランキング24選【暑くならない!】

除湿機
家庭用金庫のおすすめ人気ランキング18選【どこで買う?も解決】

家庭用金庫のおすすめ人気ランキング18選【どこで買う?も解決】

防犯グッズ
デシカント式除湿機の人気おすすめランキング15選【衣類乾燥にも!】

デシカント式除湿機の人気おすすめランキング15選【衣類乾燥にも!】

除湿機
【現役家電販売員監修】コンパクト除湿機の人気おすすめランキング21選【人気メーカーの除湿機も】

【現役家電販売員監修】コンパクト除湿機の人気おすすめランキング21選【人気メーカーの除湿機も】

除湿機