電動キックボードのおすすめ人気ランキング14選【速度20km以下や日本製も】

海外から人気が広まった電動キックボードは、公道可能なものや外国製や速度が20km以下の安全性の高いものなどあります。今回は人気の電動キックボードのおすすめ商品をランキング形式でご紹介。法律で決められている公道走行の条件や選び方についてもご案内していますので、参考にしてみてください。

坂道も楽ちん!電動キックボードは次世代の乗り物

欧米では次世代の乗り物として人気を得ているのが電動キックボードです。日本でもさまざまな電動キックボードが発売されています。メーカーによって、スピードが速いタイプや安全性を高めたタイプなど多種多様です。

 

しかしながら日本の公道では、一定の条件を満たさないと電動キックボードで公道を走れません。知らないで公道を走ると思わぬトラブルに遭う可能性がありますので、用途に応じてしっかり確認しておきたいですよね。

 

今回の記事ではそんな電動キックボードの選び方とおすすめ商品ランキングを紹介します。ランキングは性能やコスパ、口コミ評価などを基準にしました。レンタル料金や電車の持ち込みについても紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

電動キックボードの選び方

高額な電動キックボードは購入後に後悔しないよう、慎重に選びたいところです。購入時に押さえほしい選び方のポイントをご紹介します。

安全性で選ぶ

選ぶ際に重要なのは安全性です。初心者の方は特に安全性重視で選ぶようにしてください。

初心者には「ハンドルブレーキ」が装備されているものがおすすめ

電動キックボードには、自転車と同じハンドブレーキのものと、足で踏むフットブレーキのものがあります。初心者の方にはハンドブレーキの方が使いやすく、事故も防ぎやすいのでおすすめです。

 

ハンドブレーキ搭載商品には、後輪のカバーを足で踏んで止めるフットブレーキが搭載されている製品もあります。経験を積んで乗りこなせるようになったら、フットブレーキを試してみましょう

夜に使う方には「ライト」が装備されているものがおすすめ

電動キックボードは歩行よりも速度が速いので、事故を避けるためにライト装備のものを選びましょう。進行方向を照らして見やすくする以外にも対向者に自分のことを知らせられます。また中には後輪にも点滅ライトがついた商品もるのでチェックしてみてください。

 

気に入った商品にライトが付いていない場合には、自転車用のライトを購入して取り付けましょう。下記の記事では、後付けできるロードバイク・クロスバイク用ライトについて詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

荷物を載せて運ぶなら「耐荷重が大きいもの」がおすすめ

電動キックボードの耐荷重も忘れずに確認しましょう。自分の体重だけではなく荷物を持って乗ることを想定し、余裕を持った耐荷重のものを選んでください。

 

成人男性の場合はトータル重量が100kgを超えるケースが多いので、耐荷重100kg以上のものがおすすめです。

速度・バッテリー残量を確認したいなら「液晶ディスプレイ」がおすすめ

電動キックボードでの走行は、速度を把握しスピードを調整しなくてはいけません。またバッテリー切れを起こさないように、バッテリー残量を常に確認する必要があります。そのため、液晶ディスプレイで速度やバッテリー残量を確認できものを選んでみてください。

持ち運びやすさで選ぶ

電動キックボードをレジャーで使うなら、公園やキャンプ場まで車などで持ち運ぶ方も多くなります。持ち運びに適しているかも選ぶポイントのひとつです。

車やバイクで持ち運ぶなら「折りたたみ式」がおすすめ

電動キックボードは走行禁止の場所では持ち運ぶ必要があります。持ちやすいように折りたためるものを選びましょう。折りたためば片手でも持てるようになり、階段の昇り降りなども楽に行えるうえ、収納する際にも場所を取りません。

 

レジャーやキャンプなどで持ち運ぶ場合も、折りたたみ式なら荷台を占領しないのでおすすめです。

力の弱い方や女性には重さが負担にならない「軽量」タイプがおすすめ

近年の電動キックボードは、カーボンなど軽い素材で本体を製造するなど軽量化が進んできました。最も軽量級だと2.5kg程度の商品もあります。3kg前後までの重さを目安として選んでみてください。

機能で選ぶ

電動キックボードは速度が速いので走行中は安定感が大切です。ハンドルやタイヤなど、走りやすさにこだわって選びましょう。

操作性を大事にするなら「ハンドルの高さ調整機能」がおすすめ

運転時の快適さのために、ハンドルの高さを自分の体の大きさに合わせられるものをえらびましょう。また路面の状況によってハンドルの高さを上下に変えると走りやすさが変わります。ハンドルの高さが調整できるものを選ぶのがおすすめです。

走りの安定を求めるなら「大きいタイヤ」のものがおすすめ

タイヤが大きいと走行が安定し、同時に走りやすさも高まります。電動キックボードの主流は5インチ~6インチです。しかし最近では8インチの大きいサイズのタイヤも出てきました。

 

大きいタイヤは泥や砂利など細かい障害物がある道でも走りやすく、路面がでこぼこでも快適に走れます。また、疲れにくいので長距離の走行に使用する方はタイヤの太さもチェックしておきましょう。

スピードにこだわるなら「硬いタイヤ」がおすすめ

硬いタイヤはひと蹴りで大きく進み、楽に走れます。抵抗を受けにくいので、スピードの維持時間も内外です。しかし地面がデコボコしている場合、影響を直接受けてしまいやすくなるので気をつけて走行しなくてはいけません。

 

段差や衝撃には弱く、舗装されていない所を走ると振動は本体にダイレクトに伝わり、ガタついてしまいます。タイヤが硬い電動キックボードに乗るなら、アスファルトなど舗装された場所を走りましょう。

快適な走行を重視するなら「エアタイヤ」がおすすめ

自転車と同じエアタイヤは路面の衝撃を吸収するのに優れているので、とても快適で静かな乗り心地です。オフロードで乗る場合や振動や音をおさえたい場合は、エアタイヤをチェックしてみましょう。

 

力が吸収される分、硬いタイヤと比べるとひと蹴りで進む幅は小さくなり、地面をキックする回数は増加します。また、自転車と同じ様にパンクの可能性もあるので、舗装された道路を走りましょう。

キャンプやアウトドアで遊ぶなら「サスペンション付き」がおすすめ

サスペンションタイヤは前輪の上にバネがついており衝撃や振動を吸収してくれるタイヤです。振動や音をおさえてくれるので、安定した走行ができます。普段乗りにも、キャンプやアウトドアで遊ぶ場合にもおすすめです。

 

街や舗装された道路で乗るのであれば、ひと蹴りで長い距離を進むポリウレタンなどの硬いタイヤにサスペンション機能を搭載したものをチェックしてみてください。

スピード感重視なら「最速モデル」がおすすめ

公道で走る電動キックボードは、日本だと免許区分が原付と同じです。法定速度30kmを超えたスピードを出せません。公道で走る場合は注意しましょう。

 

公園などで遊びで使う際に快適な走行を目指すなら、最高時速を確認して購入してください。中には時速30km以上も出る最速モデルの電動キックボードもあるので、爽快感を味わえます。

より安全に走行したいなら「時速20km以下」がおすすめ

ついついスピードを出してしまいがちで、気づかないうちに速度が上がっている場合が多いので、最高速度が心配な方は時速20km以下のモデルを選びましょう。時速20kmなら自転車と同程度のスピードが出るので、疾走感もしっかり味わえます。

立ち姿勢が疲れそうなら「椅子付き」もおすすめ

電動キックボードの中には椅子付きのタイプもあります。座ってでも立ってでも使用できるので「ずっと立ったままは疲れそうだな」と思う方にはおすすめです。ただし椅子付きタイプは比較的高価になります。

充電時間とフル充電での「走行距離」をチェック

電動キックボードに乗るには充電が必要です。特に公道用で通勤などでよく乗る方や、長距離を乗る方はバッテリー切れは困ります。電動キックボードを購入する際は、フル充電でどれくらいの距離を走れるのかを確認しましょう。

メーカーで選ぶ

機能や公道走行の有無などの条件に合わせて、まずはメーカーを絞るのもおすすめです。種類が多くて悩む方も、メーカーを絞ると選ぶやすくなります。

日本製にこだわるなら日本メーカー「Kintone」がおすすめ

国産メーカーとして人気の電動キックボード「Kintone」もおすすめです。日本のメーカーが作っているので、外国産の電動キックボードに安全面や耐久性で不安を持つ方はチェックしてみてください。

最高時速60kmの最強モデルなら「ZERO10X」がおすすめ

刺激を求める方には、「ZERO10X」もおすすめで、最高時速がなんと65km/hの電動キックボードです。こちらもAmazonや楽天ではほとんど販売されていないので、公式サイトを検索してみてください。

公道走行するなら「eks2・e-kon・bunny・ドンキモデル」がおすすめ

日本製の電動キックボードのほとんどは公道を走れる仕様ではありません。中にはバックミラー・テールランプ・前方ライト・方向指示器・ナンバープレートの装備をすれば公道でも走れるようになるものもありますが、さらに費用がかかります。

 

初めから公道仕様車として作られている電動キックボードには、eks2・e-kon・bunny・ドンキモデルなどがあります。Amazonや楽天ではほとんど販売されていないので、公道仕様車をお求めなら公式サイトを検索してみてください。

人気のセグウェイで選ぶなら「公道可能のモデル」がおすすめ

電動モビリティが人気のSegway-Ninebot(セグウェイ・ナインボット)は、株式会社オオトモと開発した公道走行可能モデル「JーMAX」を発表しました。収納にも便利な折りたたみモデルで、最高時速25kmのパワーがあります。

 

スタイリッシュで都会的なデザインも魅力的です。公道OKなタイプを探している方は、公式サイトを覗いてみてください。

電動キックボードの人気おすすめランキング14選

日本製のキックボードならKINTONE

こちらの電動キックボードは最高速度時速25kmで、爽快感を味わえる商品です。従来モデルよりもタイヤサイズが大きめの設計で、より安定感のある乗り心地を実現しました。またモード変更し、最高速度をコントロールできます。

最大速度 時速25km 重量 12.5kg
耐荷重 ~ サイズ 横幅x長さx高さ 430×1080×1140mm
ハンドブレーキ ライト

口コミを紹介

13位

Megamotion

JOYOR H1

最強のエンジンで速い走りを実現

スマートフォンと連携して時速や残りバッテリーを表示できる高性能電動キックボードです。ブレーキには電子ブレーキを採用で安全性もアップしています。高性能モーター搭載で最高時速は30kmでます。

最大速度 30Km/h 重量 7.5kg
耐荷重 100kg サイズ 横幅x長さx高さ 15x86x87cm
ハンドブレーキ ライト

口コミを紹介

とてもよかったです。ありがとうございました。

出典:https://shopping.yahoo.co.jp

スピード重視におすすめの最高速度40km

最大時速40kmの高性能エンジンを搭載しています。タイヤはホイール幅を広くしているので安定性が高く横揺れしにくいです。高性能エンジンで坂道でもすいすい上るうえ、7インチの幅広デッキで疲れにくい設計になっています。

最大速度 40km/h 重量 17.5kg
耐荷重 120kg サイズ 横幅x長さx高さ 116 x 63 x 22 cm
ハンドブレーキ ライト

フル充電で最大45kmまで走行できる高性能電動キックボード

安定性に優れている10インチの3段変速ギア機能を搭載しています。高品質で省エネ仕様の大容量バッテリーを搭載しているので、1回フル充電して35~45kmまで使用可能です。最大30km/hのスピードを出せるので、走ることの爽快感を味わえます。

 


耐荷重は150kgなので、重い荷物を持っていても利用可能です。強力な350W前輪モーターは耐震性と衝撃吸収性にも優れておりガタガタの道や凸凹道などもスムーズに進めるうえ、急な坂も上れます。防水効果もありどのシーンでも利用可能です。

最大速度 30km/h 重量 10.5kg
耐荷重 150kg サイズ 横幅x長さx高さ 108.3cm×42cm×118.6cm
ハンドブレーキ リアブレーキ ライト
10位

SUNPIE-JP

電動キックボード キックスクーター

安いのに高機能な折りたたみ電動キックボード

高性能サスペンションが付いた乗り心地の良いSUNPIE-JPの電動キックボードです。シンプルな白と黒の2種類があります。8kgと軽量なので持ち運びにも便利です。

 

バッテリー残量・スピード・走行距離が一目で確認できる液晶ディスプレイ搭載しています。フロントライトも明るいので夜でも安心です。リーズナブルなので、価格を抑えたい方におすすめします。

最大速度 24km/h 重量 8kg
耐荷重 120kg サイズ 横幅x長さx高さ 92×44×103cm
ハンドブレーキ ライト

口コミを紹介

バッテリ-やサスペンションについては、非常に満足しています。
折り畳みも非常に簡単にできます。さすがに、体重90Kgオ-バ-だと、最高速度が20Km/hほどしか出ません。

出典:https://shopping.yahoo.co.jp

高性能で軽量のスクーター

フレーム部分には頑丈なアルミ合金が使用されています。十分な耐久性を持ち合わせていながら、重さは14.4kgと女性でも持ち歩ける驚きの軽さです。また、700Wのモーターで坂道も突破できます。

 

ほかにも、高輝度のライトが搭載されていたり、スマートフォンに専用のアプリでバッテリーや走行した場所・距離を確認できたりと、多機能です。トリプルブレーキシステムで直感的な停止にも対応しています。

最大速度 25km 重量 14.4kg
耐荷重 25〜100kg サイズ 横幅x長さx高さ 1160x420x1170mm
ハンドブレーキ - ライト

口コミを紹介

デザイン、性能、とても良いと思います スマホとの連携も出来るし、乗ってみると、かなり早いですね ただ、盗難防止装置とか、付いていればもっと良かったと思いますが、満足してます

出典:https://shopping.yahoo.co.jp

アクセルもブレーキも手元で操作できるモデル

250Wのモーターと大きなタイヤで安定した走りを実感できます。数秒で簡単に折りたためるので持ち運びも便利です。LG製リチウムバッテリー搭載なので、一度のフル充電で十分な距離を走れます。

最大速度 25km/h 重量 12.5kg
耐荷重 120kg サイズ 横幅x長さx高さ 108×43×44~115cm
ハンドブレーキ ライト

口コミを紹介

家から1〜2kmあるショッピングモールに行くのにとても重宝しています。30分くらい乗ってもバッテリーは1メモリ減るぐらいで安心して乗れます。持ち運びに関しては、男性なら全く問題ありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

軽量なのに頑丈な車体+折り畳み式で電車に持ち込みも!

10000kmの走行保証で耐久性の高い電動キックボードです。コンパクトで頑丈なアルミ合金ボディが特徴のセグウェイE22になります。シンプルなディスプレイは「バッテリー表示」「スピード表示」「両方表示」とモード切替可能です。

 

航空機でも使われるアルミ合金を使用しているので、軽快さと耐久性を持ち合わせています。折り畳み式なので持ち運びにも便利です。

最大速度 20km/h 重量 13.2kg
耐荷重 100kg サイズ 横幅x長さx高さ 109x42x112 cm
ハンドブレーキ ライト

乗り心地とパワーが魅力!

連続走行65kmを実現する高性能バッテリーを搭載したセグウェイの最高機種「MAX」です。さまざまな地形に対応するチューブレスタイヤを採用しています。パンクにも強いのが嬉しいポイントです。

 

3つの走行モード「エコ・スタンダード・スポーツ」を切り替えてスピードをコントロールできます。斜面20度の坂道も登れるモーター付きです。ステム部分は簡単に折りたためるので、電車への持ち込みもできます。

最大速度 25Km/h 重量 24kg
耐荷重 100kg サイズ 横幅x長さx高さ 116x47x120cm
ハンドブレーキ ライト

時速15㎞以下にも調整できる!安全性が高い電動キックボード

前輪の磁気ブレーキと後輪の物理ブレーキを組み合わせたより安全なブレーキシステムを搭載した商品です。速度も15km/h、25km/h、30km/hの3段階モードがあり走行環境に合わせて速度調整ができます。

 

ディスプレイ画面も液晶画面で速度・走行距離・バッテリー残量・電圧・電力などを確認しやすい商品です。タイヤも8インチなので小さな障害物や泥の中などの環境でも安定した運転ができます。公道では使用できないので注意してください。

最大速度 30km/h 重量 11kg
耐荷重 120kg サイズ 横幅x長さx高さ 45cmx105cmx93cm~116cm
ハンドブレーキ ライト
4位

Segway-Ninebot

電動 キックスクーター ES2

軽くてスマートに使える人気メーカー「セグウェイ」のES2

セグウェイの人気商品です。シンプルなデザインで、3つのLEDライト搭載とLEDディスプレイ搭載で、薄暗いところでも走行距離やスピード、バッテリー残量を一目で確認できます。折り畳み式なので持ち運びも便利です。

最大速度 25km/h 重量 12.5Kg
耐荷重 100kg サイズ 横幅x長さx高さ 113 x 43 x 40 cm
ハンドブレーキ ライト

口コミを紹介

そこそこ荒れた道も走りましたが、後輪にもサスペンションがついているのでスムーズに走れます。満充電で説明の走行可能距離とほぼ同じ距離が走れました。重量はそこそこあるので持ち運びは疲れます。

出典:https://shopping.yahoo.co.jp

3位

耐荷重150㎏の頑丈電動キックボード

凸凹道でも走りやすい10インチタイヤを搭載したtwinbastoの電動キックボードです。タイヤには高級材質PVCを採用し、とげを踏んでもパンクしにくくなっています。液晶モニターとモードボタン搭載で操作もしやすいです。

最大速度 30km/h 重量
耐荷重 150kg サイズ 横幅x長さx高さ 108×42×118 cm
ハンドブレーキ ライト

口コミを紹介

ちょっとした砂利道も走行可能です。

出典:https://www.amazon.co.jp

公道可能!公道でも安心して利用できる機能のそろったスクーター

原付自転車と同じように公道を走行可能なEVスクーターです。保安部品であるウィンカー・ミラー・ブレーキ灯を備え、原付としての条件を満たしているため安心して乗れます。家庭用コンセントからの充電が可能で低コストで使用可能です。

 

立ち乗りも可能で、ほかのスクーターとは一味違った走行が楽しめます。3ステップで簡単に折りたためコンパクトになるので、アウトドアの際に車に積み込むのはもちろん、使わない際の保管にも非常に便利です。

最大速度 30km/h 重量 24.8kg
耐荷重 120kg サイズ 横幅x長さx高さ 100×58×117cm。
ハンドブレーキ ライト

口コミを紹介

業務にも遊びにも使えとても楽チンです。自転車乗れる方なら問題なく乗れると思います。最初からHighモードで乗れました。

出典:https://review.rakuten.co.jp

1位

MEGAMOTION

FUNDOT 電動キックボード

公園などでの使用に最適なコスパのいい電動キックボード

FUNDOTはコンパクトで軽量な仕様の電動キックボードです。最大時速は25km/hで疾走感を楽しめます。アクセルハンドルにより、速度調整も可能なのでコントロールしやすいのが特徴です。

 

折りたたむ可能でどこでも気軽に持ち出せます。耐荷重は100kgなので、大半の方が使用可能です。また、大容量バッテリーも搭載しているので、長時間の使用もできます。

最大速度 25km/h 重量 12.5kg
耐荷重 100kg サイズ 横幅x長さx高さ 10.5X42X10.8 cm
ハンドブレーキ ライト

口コミを紹介

スピードはやくて持ち運びも便利です。折りたたみやすいです。これは最高!

出典:https://www.amazon.co.jp

電動キックボードのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 最大速度 重量 耐荷重 サイズ 横幅x長さx高さ ハンドブレーキ ライト
1
アイテムID:10992529の画像
FUNDOT 電動キックボード

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

公園などでの使用に最適なコスパのいい電動キックボード

25km/h 12.5kg 100kg 10.5X42X10.8 cm
2
アイテムID:10992526の画像
BLAZE EV SCOOTER

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

公道可能!公道でも安心して利用できる機能のそろったスクーター

30km/h 24.8kg 120kg 100×58×117cm。
3
アイテムID:10992523の画像
MOTOSTAR 電動キックボード

Amazon

詳細を見る

耐荷重150㎏の頑丈電動キックボード

30km/h 150kg 108×42×118 cm
4
アイテムID:10992520の画像
電動 キックスクーター ES2

楽天

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

軽くてスマートに使える人気メーカー「セグウェイ」のES2

25km/h 12.5Kg 100kg 113 x 43 x 40 cm
5
アイテムID:10992517の画像
電動キックボード

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

時速15㎞以下にも調整できる!安全性が高い電動キックボード

30km/h 11kg 120kg 45cmx105cmx93cm~116cm
6
アイテムID:10992516の画像
Kickscooter MAX

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

乗り心地とパワーが魅力!

25Km/h 24kg 100kg 116x47x120cm
7
アイテムID:10992515の画像
Kickscooter E22

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

軽量なのに頑丈な車体+折り畳み式で電車に持ち込みも!

20km/h 13.2kg 100kg 109x42x112 cm
8
アイテムID:10992512の画像
MEGAWHEELS 電動キックボード

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

アクセルもブレーキも手元で操作できるモデル

25km/h 12.5kg 120kg 108×43×44~115cm
9
アイテムID:10992509の画像
Kickscooter E25

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

高性能で軽量のスクーター

25km 14.4kg 25〜100kg 1160x420x1170mm -
10
アイテムID:10992506の画像
電動キックボード キックスクーター

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

安いのに高機能な折りたたみ電動キックボード

24km/h 8kg 120kg 92×44×103cm
11
アイテムID:10992505の画像
電動キックボード

Amazon

詳細を見る

フル充電で最大45kmまで走行できる高性能電動キックボード

30km/h 10.5kg 150kg 108.3cm×42cm×118.6cm リアブレーキ
12
アイテムID:10992504の画像
Kickscooter G30L

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

スピード重視におすすめの最高速度40km

40km/h 17.5kg 120kg 116 x 63 x 22 cm
13
アイテムID:10992501の画像
JOYOR H1

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

最強のエンジンで速い走りを実現

30Km/h 7.5kg 100kg 15x86x87cm
14
アイテムID:10992499の画像
Model One

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

日本製のキックボードならKINTONE

時速25km 12.5kg ~ 430×1080×1140mm

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

電動キックボードの販売店はどこにあるのか

手軽に購入するのであれば、楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピングなどのインターネットサイトをチェックしてみてください。インターネット環境があればどこにいても購入でき、自宅まで届けてくれおすすめです。

 

また、身近で購入しやすい販売店としては、ヨドバシカメラやヤマダ電機などの大手電化製品販売店があります。これらの店舗はネット販売だけでなく実店舗があるため、実際に現物を見てから購入したい方にはおすすめです。

 

そのほかにもメーカー直営店や専門店でも購入できます。現物を見て比べる必要があるかどうかや自宅の近くに店舗があるか、欲しい種類が販売されているかによってお好みの方法で購入しましょう。

価格を抑えたいなら安い中古品もおすすめ

電動キックボードをとにかく安く手に入れたい方は、ネットオークションなどの中古品もおすすめします。新品より安い価格で購入できるので、お試しで買ってみたい方にもおすすめの購入方法です。中にはほぼ新品状態で出品されている場合もあります。

 

購入する際はキズや走行距離、保証書の有無などを確認するのはもちろん、安全な取引を心がけましょう。下記の記事では、キックボードについて詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

子供には通常のキックボードを

キックボードを使って子供と公園で遊びたいと思っても電動のキックボードは時速20km近くのスピードが出るので、子供に乗せるには心配です。それなら子供には通常のキックボードを買ってあげて一緒に楽しんでみてください。

 

以下の記事では、子供用キックボードの人気おすすめランキングをご紹介しています。また遊べる電動の運動器具がお好きならバランススクーターもおすすめです。バランススクーターの人気おすすめランキングも併せてご紹介しますのでぜひご覧ください。

公道可能でも注意が必要

電動キックボードで公道可能でも決められた条件があります。どのような条件があるのかを知り、ルールを守って乗りましょう。

公道で使用する条件は法律で決まっている

日本の道路交通法では電動キックボードの扱いは原付と同じです。よって、電動キックボードで公道を走行するときは法律で決められた条件に従いましょう。条件を満たさないで公道で走行すると罰金が課せられます。

 

  • ヘルメット・ナンバープレート・前照灯、方向指示器など保安基準に適合する構造や装置を備えること
  • 定格出力600W以下であること
  • 自賠責保険への加入
  • 軽自動車税を納めていること
  • 原付免許を携帯すること

 

公道走行を検討されている方は、ルールを徹底し交通安全を遵守しないといけないことを覚えておきましょう。下記の記事では、キックボードにも使用できるマウンテンバイク用ヘルメットについて詳しくご紹介していますので参考にしてください。

交通違反によって捕まった場合はどうなるのか

電動キックボードは遊具としても使用できますが、公道では車両の扱いです。そのため、無免許やナンバープレートなどの装備不備などによって、交通違反として警察に捕まってしまう場合があります。

 

捕まった場合、基本的には罰金が課せられる場合が多いです。しかし、事故を起こすなどの状況によっては懲役刑を受ける場合もあります。さらに、購入者への説明不足が原因とみなされると販売店も責任を問われる場合があるので必ずルールを守りましょう。

 

このような事態にならないようにするためにも、装備を確認して安全には注意しましょう。また、スピードが出るため事故に気を付けましょう

レンタル料金の相場は?

電動キックバードのレンタル料金の相場は、10分100円~150円ほどです。また、1分当たり15~20円ほどになります。料金自体は、レンタルサイクルとだいたい同じ値段でレンタルでき、お手軽です。

電動キックボードは電車に持ち込める?ルールは?

電動キックボードを電車にも込めますが、決まりがあります。以下でそのルールをご紹介しますので、参考にしてみてください。電動キックバードに対しての決まりは明記されていませんでしたが、自転車と同じ扱いとしてのルールを紹介します。

 

  • 3辺の合計長さが250cm以内かつ、重量30㎏以内
  • 解体または折りたたみ専用ケースに入れたもの

 

電動キックバードに対しての決まりはできていませんが、マナーが悪い方が多くなってしまうと厳しいルールが設けられる場合もあります。しっかりルールを守って利用しましょう。

公道不可の電動キックボードが使用可能な場所はどこ?

公道不可のキックボードを使用できるエリアは、走行が許可されている公園や私有地に限られます。ただし公園だから大丈夫だろうと走行すると、実は禁止されており注意を受ける場合もありますので、許可の有無は必ず確認しましょう。

 

現在日本製の電動キックボードは、ナンバープレートをつけるスペースがなかったり、方向指示器がなかったりする公道走行不可のモデルが多いです。公道目的の方は、公道不可モデルを購入しないように気をつけてください。

時速15㎞以下のモデルはナンバーや免許不要?歩道走行は?

警察庁の有識者委員会は小型次世代モビリティーに関して規制緩和を盛り込んだ中間報告をまとめました。規制緩和の法改正が実現すれば、15㎞/h以下に制限された電動キックボードであればナンバーや運転免許不要で歩道を走行できる可能性があります。

 

ただし、ヘルメットは今までどおり、着用が推奨される予定なので、安全ためにも着用しましょう。海外では普及が進んでいる電動キックボードですが、法改正により日本国内でも普及が進みそうです。

電動キックボードの規制緩和はいつから?

最高速度が20km以下など一定の基準に該当する電動キックボードは、特定小型原動機付き自転車と新区分の車両になります。2022年4月20日に改正案が可決されましたがすぐに適用されるわけではありません。本格的な規制緩和には1年~2年かかるとされています。

まとめ

今回は電動キックボードの選び方をご紹介しましたが、いかがでしたか。電動キックボード楽しく安全に移動でき環境にも優しいのでとてもおすすめです。電動キックボードを購入して快適な移動時間を過ごしましょう。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年10月28日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

子供用キックボードのおすすめ人気ランキング11選【小学生用や三輪のものも!】

子供用キックボードのおすすめ人気ランキング11選【小学生用や三輪のものも!】

ストリートスポーツ用品
キックボードのおすすめ人気ランキング16選【メーカーやブランドもご紹介!】

キックボードのおすすめ人気ランキング16選【メーカーやブランドもご紹介!】

ストリートスポーツ用品
大人用キックボードのおすすめ人気ランキング10選【おしゃれなキックスケーターも】

大人用キックボードのおすすめ人気ランキング10選【おしゃれなキックスケーターも】

ホビー
電動バランススクーターのおすすめ人気ランキング10選【ドンキホーテにある?子供にも!】

電動バランススクーターのおすすめ人気ランキング10選【ドンキホーテにある?子供にも!】

おもちゃ
電動スケボーのおすすめ人気ランキング5選【寿命や使い方も】

電動スケボーのおすすめ人気ランキング5選【寿命や使い方も】

ストリートスポーツ用品
ブレーキパッドおすすめ人気ランキング15選【人気メーカーもご紹介】

ブレーキパッドおすすめ人気ランキング15選【人気メーカーもご紹介】

カー用品