【使いやすい!】定規のおすすめ人気ランキング15選【便利で大人可愛い定規も!】

定規は小学生・中学生・高校生はもちろん大人の方もよく使うアイテムですが、製図用・透明タイプ・ステンレス製・カッター機能付き・おしゃれでかわいいものなど種類はさまざま。無印良品などブランドも多くて迷いますよね。そこで今回は定規の選び方や人気おすすめランキングをご紹介します。

定規は学校・オフィス・家庭の必須アイテム!

線を引くときや製図をするときなどに便利な定規。学生の方はもちろん、社会人になっても使う機会が意外と多いですよね。なかには「定規は線さえ引ければ問題ない」という方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、定規とひとくちにいっても各メーカーから数多くの商品が出ており、新しい発見があることも。おなじみの直定規だけでなく、雲形定規三角定規・専門的な分野で使われる三角スケールなど種類もさまざま。最近ではカッター専用の定規なども登場しています。

 

そこで今回は、定規の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは使いやすさ・種類・機能などを基準に作成しました。購入を迷われている方は是非参考にしてみてください。あなたにぴったりの定規を選べば、作業効率もグンとアップするはず!

ものさしと何が違うの?

「定規」と「ものさし」は同じものと思っている方も多いかもしれません。しかし、実は明確な違いがあります。定規は線を引くための道具で、目盛りがついていないタイプも定規といいます。形状も三角定規や円定規などいろいろな種類があります。

 

一方、ものさしは長さを測るための道具。そのため必ず端から端まで目盛りがついており、直線状・板状のものが主流で、種類もそこまで多くありません。ものさしなら直線定規の代わりとして使うこともできます。

定規の選び方

定規は多種多様な商品が販売されており、いざ選ぶとなると迷ってしまいますよね。こちらではそんな定規選びにお悩みの方のために、選び方のポイントをご紹介します。

用途で選ぶ

あなたが欲しい定規はいったいどんなタイプのものでしょうか。まずは使いみちからあなたにぴったりの定規を探していきましょう。

「長さを測る」定規をお探しの方には目盛りが見やすいものがおすすめ

定規の最も基本的な使用方法「長さを測る」場合は、目盛りの幅や読みやすさ(文字の大きさ)などがポイント。定規の種類によっては端から目盛りが始まる「ゼロスタート」タイプや、0.5mmほど空白があり、その後から「0」と始まるタイプなどがあります。

 

単純にものの長さを測るだけならどちらでも良いですが、使用方法によっては後者は使いづらいことも。また、定規は一般的な1mm単位のもののほか、専門分野で使用する0.5mm単位の商品もあります。あなたが使うシーンをイメージしてぴったりのものを選んでくださいね。

「ラインを引く」定規をお探しの方はすべらないものがおすすめ

「ラインを引く」ための定規としての必須条件はすべらないことです。ラインを引くたびに定規がずれるとストレスに感じますよね。ノートや参考書が汚れてしまう原因にもなります。

 

しかし、デザイン等の作業で使用する場合は、逆にすべりやすい定規が重宝することも。用途によって定規に求められる要素が変わってくるので、目的を明確にしてから最適な定規を選ぶことが大切ですね。

「カッティング」作業用定規をお探しの方にはカッターの刃で削れないものがおすすめ

定規の用途には「カッティング」もあります。カッターを当ててまっすぐカッティング作業するときの補助にする定規は、カッターの刃で削れないことが重要です。ステンレスやアルミなど金属系素材の商品などカッティング作業専用の定規がおすすめです。

 

また、カッターを使わずに定規そのものでペーパーナイフ代わりとしてカッティング作業を行いたい方もいらっしゃいますよね。そんなときは薄い金属製の定規か端が斜めにカットされた定規が使いやすいです。

「洋裁」用をお探しの方には専用のものを選ぶことが大切

洋裁用の定規をお探しの方は、やはり専用のものを選ぶことをおすすめします。特徴としては上下に目盛りが付いているタイプです。両側どちらでも測ることができるので、生地の採寸がしやすいです。また、定規自体が透明で格子状に線が入っているものにすると◯。

 

洋服などの型紙の上がり線に合わせて線を引けば簡単に縫い代線を書くことができて便利です。さらに2cm幅のラインが入っている定規にするとベストです。服作りなどでは縫い代の幅が2cmだとちょうど良いことが多いので目盛りが見やすいとその分作業効率もUPします。

種類で選ぶ

定規は種類が豊富で特徴もさまざま。こちらでは7種類の定規をご紹介します。日常使い用からプロ仕様まで幅が広いので、初めて知る定規もあるかもしれません。

スタンダードなものをお探しの方には「直定規」がおすすめ

まっすぐストレートなタイプの定規を直定規と呼びます。最も一般的な定規で、子どもから大人まで年齢を問わず使用されていますね。ものの長さを測ったり直線を引いたり、基本的な用途をすべて満たしているのがこのタイプです。

 

サイズも豊富に揃えられており、15〜30cmくらいのものが多く商品化されています。デザイン性に優れたものや素材もさまざまなものが販売されているので、自身の用途や好みに合ったものを選びやすい定規です。

小学校の授業・算数で必要な方には「三角定規」がおすすめ

三角定規はストレート定規の次にスタンダードかもしれません。小学生の算数の授業で学校から準備するようにいわれることも多いですよね。直角三角定規と直角二等辺三角定規がセットになっている商品が多く、平行線や垂線を描くのに便利なアイテムです。

 

学校以外にも実は多く使われている三角定規。建築士の試験や海図を手がける小型船舶の試験では必須道具となります。より専門的な分野では当たり前に使用されている三角定規は、ストレートタイプとは違った魅力と利用方法を持ち合わせているといえるでしょう。

また以下の記事では、三角定規とセットで使われることの多い分度器の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

DIYでも役立つ!製図に使うものをお探しの方には「三角スケール」がおすすめ

三角スケールは細長い三角柱のような形状をしており、その三角柱の3つの面の両側に計6種類の異なる縮尺の目盛りがついています。「サンスケ」とも呼ばれ、主に製図などで使用されます。DIYをされる方なら便利さをご存知の方が多いかもしれません。

 

間取り図・設計図・地図など一定の縮尺で書かれた図の実際の長さを、めんどうな計算をすることなく簡単に知ることができるため、建築士の方などに重宝されています。

 

専門分野以外にも、引越しや新築のお部屋のインテリアプランを考えたり、地図を読むときに使ったりできる便利な定規。DIYをされる方にも役立つアイテムです。

円形などを手軽に描きたい方には「テンプレート」がおすすめ

円定規はテンプレート定規とも呼ばれ、円・三角・四角といった図形や記号などを手軽に描ける定規です。たとえば、円ならさまざまな大きさの円をコンパス無しで描けるので時間短縮になります。

 

専門分野であれば製図記号や部品記号などに使用でき、趣味の分野であればアクセサリーなどのデザインに利用できます。仕事で使う機会がない方もDIYで何かを製作するきっかけにおすすめです。

曲線が描けるものをお探しの方には便利な「雲形定規」や「自在曲線定規」がおすすめ

雲形定規はその名の通り雲の形に似た定規です。何枚かセットになって販売されているものが多く、それらをうまく使い分けるとコンパスなどでは描けない複雑な曲線をキレイに描くことができます。製図はもちろんデザインや洋裁の型取りなどにも使用されます。

 

また、商品自体の形を自由に変えて使える自在曲線定規もあります。より複雑な曲線や連続した曲線なども描けるアイテムで、用途に応じて形を変えられるため、より自由度が高くフレキシブルに使いたい方にぴったりです。

カッター作業に便利なものをお探しの方には「カッティング定規」がおすすめ

カッティング定規は直定規の一種ですが、定規とカッターを使って紙などを切ることに特化した商品です。樹脂製の定規にステンレスのエッジがついたものやオールステンレス製のものなどがあり、カッターで定規に傷がつくのを防いでくれます。

 

また、カッターが乗り上げて指を怪我するのを防ぐために厚みがある程度ある製品が多いです。ただし、オールステンレス製の定規で厚みがあると重くて使いにくい場合があるため、アクリル製の本体にステンレスエッジの付いたタイプがおすすめです。

紙が手軽にカットできるものをお探しの方には「紙切り定規」がおすすめ

紙切り定規は、カッターやハサミなどを使わなくても手っ取り早く綺麗に紙をカットすることができます。切り抜き作業をすることが多い方におすすめです。

 

紙切り用の定規でなくとも、滑り止めがあるタイプある程度重さがあるタイプを選ぶと紙を切る際に、定規がずれるのを防ぐことができます。傾斜のある比較的エッジの効いた定規を選ぶとより綺麗に切りやすいです。

定規の素材で選ぶ

定規を選ぶときは素材も重要。耐久性や使いやすさに関わってきます。こちらではプラスチック製・木製・金属製の3種類についてご紹介します。

軽くて安いものをお探しの方には「プラスチック製」がおすすめ

プラスチック素材の定規は、種類が多く軽くて安いというメリットがあります。また透明なものが多いので、定規の下の文字や線を確認しながら線を引きたいときなどに便利です。ただ、無理に力を加えると曲がりやすく割れやすいので扱いには注意が必要です。

 

また、耐久性は高くないので傷つきやすい・壊れやすい・長く使うと目盛が消えてしまうといったデメリットも。特に、カッターを使うと側面が削れてガタガタになってしまう場合が多いので、そういった用途には向きません。

ロータリーカッターと一緒に使えるものをお探しの方には「アクリル製」がおすすめ

アクリル製はプラスチックの一種ですが、透明度が高くて硬く、耐候性・高級感もあり、傷もつきにくい素材です。生地を裁断するときなどに使われるロータリーカッターを使用するときはアクリル製の定規を一緒に使うことをおすすめします。

 

製図用・ステンレス製・金属板がついている定規とロータリーカッターを使うと、刃が傷んだり欠けたりしてしまう可能性があります。ただ、アクリル製は衝撃に弱く割れやすいため、プラスチック製より分厚いものが多いという特徴があるので覚えておいてくださいね。

軽くて丈夫なものをお探しの方には自然な風合いが手に馴染む「木製」がおすすめ

竹素材など木製のものは、見た目も手に取った感触もぬくもりを感じられます。軽さ・強度・柔軟性という特徴を兼ね備えており、手に馴染む自然な風合いを好んで使用する方におすすめ。ただ、自然素材なので温度や湿度の影響を受けやすいというデメリットも。

 

これは定規の変形や目盛に誤差が生じることに繋がるので、正確なサイズを測る用途には不向きかもしれません。そのあたりが気になる方は、木製の中でも比較的伸縮の少ない竹素材の定規がおすすめです。

耐久性の高さ重視の方にはステンレス製などの「金属製」がおすすめ

ステンレスやアルミなどの金属製の定規は、耐久性が高く温度や湿度の影響を受けにくいです。そのため、変形したり目盛りに誤差が生じたりすることが少なく、目盛が消えてしまったり、カッターで側面が削れてガタガタになってしまったりすることがありません。

 

特に、ステンレス製は強度が高い・薄い・傷にも強いのでカッティング作業に◯。一方、アルミ製はステンレスより軽量で扱いやすいですが、ステンレスほどの強度がないので落としたりすると変形してしまうことも。また、ある程度厚みをもたせたものが多いです。

ブランド・メーカーで選ぶ

せっかく選ぶなら信頼できるメーカーがいいという方もいるはず。こちらでは定番の定規の人気ブランド・メーカーをご紹介します。

デザイン性も機能性も納得できるものをお探しの方には「コンサイス」がおすすめ

日本発のメーカー「コンサイス」は文具や旅行用品で有名です。ユニークなアイデアと商品の企画力が高いのが大きな特徴です。定規も多くの商品を発売しており、デザイン性の高いおしゃれな定規から機能性重視のカッティングスケールまで幅広い製品があります。

 

せっかく定規を買うならおしゃれなものを使いたい、カッティング作業をするなら性能の高い定規を使いたい方におすすめのメーカーです。

丸ノコガイドも人気!ステンレス製定規をお探しの方には「シンワ測定」がおすすめ

シンワ測定は会社名に「測定」の文字が入っている通り、「測る」ツールを多く取り扱っているメーカーです。金属加工で有名な新潟・燕三条を拠点としており、定規はもちろんさまざまな測定に関する製品を世に送り続けています。

 

例えば、丸ノコで切出し作業をするときに欠かせない補助工具「丸ノコガイド」も人気があり、精度の高さや機能には目を見張るものがあります。精密な金属加工を得意としているため、耐久性に優れたステンレス製の定規をお探しの方はぜひチェックしてみてくださいね。

製図関連の試験で使う定規をお探しの方には「ウチダ」がおすすめ

ウチダは、シンワ測定と同様専門的な測定ツールを多く作っている日本のメーカーです。ヘキサ定規や全円分度器などが人気で、専門性の高いツールとしての定規でありながらデザイン性も優れているところが魅力。

 

製図関連の試験で必須となる定規の商品が充実しているので、資格試験の勉強をしている方や仕事の関係でより専門分野に特化した定規をお探しの方はチェックしてみてくださいね。

使い勝手の良さ重視の方には「レイメイ藤井」がおすすめ

レイメイ藤井は福岡を拠点とした老舗文具メーカーです。学校の算数の授業で子どもが使用しやすい定規セットなど工夫を凝らした商品が魅力。なかでも方眼定規は2008年にグッドデザイン賞を受賞しています。特殊な滑り止め加工で定規がずれるのを防止。

 

5mmピッチで色使いを反復させ5cm間隔で数字の色を変え大きくすることにより、非常に高い視認性を誇っています。線を引く・行を読み取るスペース・端から始まる目盛りなど、使い勝手を第一に考えた設計です。子どもはもちろん大人の方にもおすすめのメーカーです。

目盛りの読みやすさ重視の方には「コクヨ」がおすすめ

日本のメーカー、コクヨは文具やオフィス家具を主力としています。Campusノートやカドケシなど大ヒットした文具があるのでご存知の方も多いでしょう。なかでもウェーブ目盛りの定規は、数字を5センチごとに大きく表示しているのでひと目で長さがわかります。

 

また、目盛りがミリ単位の波形になっているので、小さな文字が見えづらい方でも読み取りやすいデザインです。ほかにも、方眼定規やカッティング用定規など機能性に優れておりデザイン性も高い商品が多いのであなたにぴったりのものが見つかるはず。

良いものを長く使いたい方には「ステッドラー」がおすすめ

ステッドラーはドイツのメーカーで、文具・画材・製図用品が主力商品です。品質の高さが広く知られており、定規といえばステッドラーと答える方も多いほど有名なメーカーです。

 

プロユースに耐える高精度なものづくりが人気の理由で、三角スケールや各種製図用の定規など有名な製品が数多くあります。良いものを長く使いたいという方におすすめのメーカーです。

中・高校生はもちろん大人の方にもおすすめ!シンプルな定規なら「無印良品」

無印良品はみなさんもよくご存知のブランドですよね。シンプルながら便利で使いやすい文房具がたくさん揃っています。定規もリーズナブルで使いやすいものが出ています。両面目盛りの定規は、黒の本体に白字の目盛りが読みやすく、両面とも長さを測れるので便利です。

 

ほかにも手に取りやすいステンレスピックアップ定規折りたたみ式滑り止め付きタイプなど種類が豊富にあるので、自分にぴったりの定規がきっと見つかるはず。大人も子供もシンプルでお手頃な定規をお探しの方におすすめのブランドです。

目盛りで選ぶ

定規の目盛りはどれも同じようで商品によって異なります。視認性や使いやすさに大きく影響するので、選ぶときの重要なポイントといえるでしょう。

測りやすさ重視の方には「目盛が端から始まっているもの」がおすすめ

定規の目盛はよく見ると端が0になっているもの」両端に少しスペースがあるもの」の2種類に分けられます。前者であれば、長さや高さを測るとき誤差が生じることがありません。特に高さを測るときは、立てるだけで簡単に測ることができて便利です。

 

子どもが使うときも、目盛りが定規の端からスタートしている方が測りやすいという声もあります。一方、後者は正確な長さの線を引くときに重宝します。目盛りが端から少しスペースがある地点からスタートするので、線の引きはじめが不安定になることがありません。

作業効率重視の方は「目盛りの見やすさ=作業効率の良さ」と覚えておこう!

定規の目盛りが見にくいとストレスを感じますよね。定規を選ぶときは目盛りの見やすさも重量です。商品によっては目盛りの色を変えたり目盛りの線を徐々に長くしたりツヤ消しで光の反射を軽減したりするなど見やすいように工夫されているものもあります。

 

逆に、厚めの定規だと目盛りと測る対象物との距離が生じてしまうので、正確さに欠けてしまいます。また、デザイン性のみ重視しているタイプだと目盛りの数字が省略されているものもあり、作業効率の観点からはおすすめできません。

 

視認性・作業効率重視なら目盛りが正確で見やすいタイプを、線引き・カッティング作業のためだけに使うならデザイン性が高くなじみやすいタイプを選ぶなど、商品の口コミを参考にしつつ実際に使うことをイメージして選ぶと失敗がないでしょう。

視認性の良さを求める方は「目盛りの最小単位が1mm」のものがおすすめ

通常、定規の目盛りは1mm単位で作られているものが多いですが、なかには0.5mm単位のものも存在します。しかし、目盛りが0.5mm単位の定規はあまり使われておらず、視認性も良くないといわれています。

 

用途によっては0.5mm単位でないといけない場合もありますが、学校・オフィス・家庭で使うぶんには1mm単位の定規がおすすめです。

本体が透明!平行や直角が確認できるものが良いなら「方眼目盛」がおすすめ

ある直線に対し、平行または直角の線を引くときにいちいち三角定規を使うのはめんどうという方には方眼定規がおすすめ。定規本体に小さなマス目がいくつも描かれているので、紙や線を合わせることにより、簡単に平行線や垂直線を引くことができます。

 

図や表を描くときに時間短縮になり便利ですね。本体が透明なので線にマス目を合わせやすいのが特徴です。ただし、方眼定規は視認性の都合上、ほとんどがプラスチック製でできているので耐久性は高くありません。やや壊れやすいので扱いには気をつけてくださいね。

自分が重視したいポイントや付加機能で選ぶ

定規選びで重視したいポイントは人によって違いますよね。こちらでは選ぶ基準になるポイントや便利な付加機能を9つご紹介します。

小学生には15cmがベスト!「定規の長さ」は用途に合わせて

学校や家庭などで一般的な使い方をする場合、定規の長さは15cmで十分でしょう。長すぎてペンケースに入らないと持ち運びに不便なので、ペンケースに入るサイズかどうかが重要

 

専門的な用途の場合は、用途に合った長さの定規を選ぶと良いでしょう。ソーイングや製図用に使うのであれば30cmくらいは必要になります。

持ち運びやすさ・使いやすさ重視の方は「定規の厚み・重さ」も重要!

定規は商品によって厚みや重さが異なります。定規を手帳やノートに挟んだりペンケースに入れたり持ち運ぶことが多い場合は、薄くて軽いものが便利です。しかし、線を引いたりカッティング作業に使用したりする場合は、ある程度の厚みや重さがある方が良いでしょう。

 

薄すぎる・軽すぎるタイプだと定規がずれやすくカッターの刃が定規の上に乗り上げてしまう可能性があります。このように定規の厚みや重さは、持ち運びやすさ使いやすさに関わってくるので、自分が何を重視するか考慮して選ぶようにしましょう。

手に取りやすいものをお探しの方には「工夫が施されている」定規がおすすめ

机やノートに定規が張り付いて取れないとイライラしたことがある方も多いですよね。薄くて軽い定規だとどうしても張り付きやすくなってしまいがち。定規がなかなか取れないと作業スピードにも影響が。そんなときに便利なのが「定規に穴が空いているタイプ」です。

 

空気穴として機能してくれるので、机やノートが離れないという現象を防ぐことができます。ほかにも、ある程度厚みのある定規端につまみが付いているタイプなど、手に取りやすい工夫がされている定規を選ぶとストレスなく使うことができるでしょう。

定規のずれを気にされる方には「滑り止め付き」がおすすめ

作業中に定規が滑ってしまうと線を引くたびにずれてしまい、見た目が悪くなったり教科書やノートが汚れてしまったりして、イライラしますよね。定規のずれを防ぐには「滑り止め付き」タイプがおすすめ。カッティング作業に関しても同様です。

 

ただし、平行線を描いたり、いろいろな箇所のサイズを素早く測ったりする場合は、定規をスライドさせながら使うため、滑り止め加工が付いていない方が作業がしやすいと考えられます。

 

その場合は上から軽く押さえると動かないなど、自分でコントロールできるタイプの滑り止め付き定規を選ぶと良いでしょう。作業に合わせて定規を使い分けるのもポイントですね。

綺麗なラインを引きたい方には「にじみ防止加工」付きがおすすめ

ボールペンなどで線を引いたとき、線がにじんでしまったり、紙が汚れてしまったりしたことはありませんか?これはペンのインクが紙と定規の間に広がってしまうことが原因で起こります。こういったときに便利なのが「にじみ防止加工タイプ」です。

 

定規の筆記具が接する面が段差になっているインクエッジ、傾斜がつけられているテーパーカットなどが挙げられます。これなら定規と紙が接触していない状態になるため、インクが広がりにじんでしまう現象を防ぐことができて安心ですね。

収納に便利!大きなサイズも測れるものをお探しの方には「折りたたみ式」がおすすめ

定規を持ち歩くにはペンケースに入るサイズ=15cmくらいがベストですが、もう少し長いサイズの定規を使いたいという方におすすめなのが「折りたたみ式」タイプです。伸ばしたときに20〜30cmあるタイプだと、A4サイズのノートも1回で線を引くことができて便利。

 

関節のように自由に伸ばせるようになっているため、短い定規だとサイズを測るのに時間がかかるところもサッと測ることができます。また、携帯性に優れているだけでなく、折りたたんだ状態でも使えるので、小さなサイズも測りやすく、1個持っておくと重宝します。

しおり代わりに使えるものをお探しの方には「おもしになる」定規がおすすめ

定規は線を引くためのものですが、「おもし」として使うことができると便利なシーンはたくさんあります。風通しのよいデスクで勉強しているときや、テキストやノートの特定のページを広げておきたいときなど、しおりを挟んだりおもしを置いたりしますよね。

 

そんなとき定規が軽量のものだと風に飛ばされてしまうかもしれませんが、ある程度重量があり安定感に優れた定規だと、おもし代わりとして使えて非常に便利です。複数の本を開きながら作業するときも、しおりのように使えるので重宝しますね。

長く使えるものをお探しの方には「目盛りが刻印タイプ」の定規がおすすめ

定規の本体が劣化して使えなくなることはありませんが、使い込んでいくうちに目盛りが消えてしまうことはよくありますよね。100円ショップのものなど、最初から消耗品として購入する場合は気をつかわなくても構いません。

 

しかし、長く使えるものを選ぶときはしっかりとした目盛りがついているタイプを選ぶようにしましょう。プラスチック製・アクリル製のものより、アルミ製・カーボン製のものの方が比較的目盛りが消えにくいです。

 

また、目盛りがプリントされているタイプだと目盛りが徐々にすり減ってしまうので、目盛りが刻印タイプのものにすると磨耗する心配がありません。

おしゃれさ・かわいさを重視する方には「北欧定規」がおすすめ

定規を選ぶときは実用性が重要ですが、デザインがおしゃれでかわいいものは使うと気分も明るくなりますよね。海外は日本と単位が違うので長さを測るときはちょっと不便ですが、北欧風デザインの定規はシンプルながらもおしゃれなものが多いです。

 

日本ではなかなか見かけないデザインだと、また違った印象があり楽しいですよね。種類も豊富にあるので、普段使いの定規に飽きた方やおしゃれでかわいい文具がお好きな方はぜひチェックしてみてくださいね。

直定規の人気おすすめランキング8選

8位

シンワ測定

アルミ直尺 アル助

価格: 330円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

学校の授業から仕事・趣味の範疇まで多岐にわたって使える優れもの

シンワ測定の直定規は、大きくて鮮明な目盛りが特徴で抜群の視認性を誇っています。また、材質がアルミで丈夫かつ軽くて錆びにくいのもポイント。さらに、滑り止めの機能もあり、定規の裏面にスポンジが貼り付けてあるので軽い力で定規を押さえられます。

 

危険防止壁を採用しているためカッターの刃よりも高く作られており、カッターの刃が滑っても乗り越えにくい形状。サイズ展開も豊富で、用途に合わせて複数揃えるのもおすすめ。ただし、目盛り自体は刻印ではなく印字なので注意してくださいね。

目盛りサイズ 15cm 材質 本体:アルミ・滑り止め:スポンジ
本体サイズ 幅3.5cm×高さ31cm×厚さ0.5cm カラー シャンパンゴールド・シャイニングブルー・ペールピンク
種類 直定規 目盛りのスタート位置 端から

口コミを紹介

裏面の滑り止め効果が抜群でカッティングシートや紙がズレません。
危険防止壁があるので安心してカットでき作業効率も上がります。
アルミ製なのでカッターの刃に負けずに真っ直ぐ切れます。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

マックス (MAX)

多機能スケール ナカトジール ブルー

価格: 300円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

これひとつで円や波線が描けて角度も測れる!

多機能・軽い・薄い・安いすべてを兼ね備えた定規。簡易コンパス付きで1cm単位の円を描いたり、直線はもちろん波線を引いたりすることもできます。分度器がついているので角度を測ることも可能。さらに、虫眼鏡が付いているので文字などを拡大して見ることも。

 

180度開くホッチキスと併せて使えば中綴じができるのも魅力。普通紙10枚までは一度にホッチキスで止めることができます。仕事・勉強・趣味で製本作業をされる方に◯。汎用性のある定規をお探しの方はもちろん学生からエンジニアの方まで幅広く使える便利な定規です。

目盛りサイズ 14cm 材質
本体サイズ 幅6.5cm×高さ20.4cm×厚さ0.65cm カラー
種類 多機能付き直定規 目盛りのスタート位置 分度器の目盛りに接している

口コミを紹介

これは普通のホチキスが使えるのが素晴らしい。
小冊子用に印刷すれば、今までの2倍の厚さが綴じれます。
出来上がりの厚みもぐっと薄くなり、ページめくりも非常に快適です。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

mochimono(モチモノ)

滑らない定規 ピタットルーラー

価格: 660円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アルミとアクリルの利点を1つにまとめた二刀流直定規

2014年にグッドデザイン賞・2015年に日本文具大賞を受賞した直定規。スムーズに動かせてピタッと止まるまさに理想的な定規です。軽く押さえるだけで定規が滑らず、線を引くときやカッターを使うときにズレることがないので、力の弱い年配の方でも安心して使えます。

 

滑り止めが浮いてるので軽く滑らせて移動させることができ、ストレスがありません。また、アルミとアクリル素材の二刀流なのでアルミ部分はカッターとしても使え、アクリル部分は透明で下の文字が見やすく線が引きやすいです。

目盛りサイズ 15cm 材質 アルミ・アクリル・TPE・ABS
本体サイズ 幅2.6cm×高さ16cm×厚さ0.6cm カラー ネイビー・オレンジ
種類 滑り止め付き直定規 目盛りのスタート位置 途中から

口コミを紹介

透明樹脂定規は向こう側が見える状態での寸法測定ができるし、金属定規は片側が0寸法から目盛り付けされてるので深さ測定も可能で役立つ。定規を上から押さえると滑り止め部分の絶妙な変形により固定されるので、線引きやペーパーカッティングがずれずにできるのは嬉しい。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

コクヨ

ステンレス直定規 ツヤ消し TZ-RS30

価格: 674円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

目盛の精度が高く技術職の方にもおすすめ!

こちらは薄くて丈夫なステンレス製の定規です。適度な重さがあるのでカッティングも失敗しにくく、カッターで定規本体を傷つける心配もありません。片側の目盛は1mm間隔、反対側の目盛は0.5mm間隔なので、より精度の高い測量が求められる専門職の方にもおすすめ。

 

口コミでは傷がつきにくく丈夫で長く使える、折れたり曲がったりしないなど耐久性の高さが高評価を得ています。ほかにもツヤ消しだから光が強い環境で使っても目盛りが見えなくなったりしないという声も。1つ持っておくと幅広いシーンで大活躍!

目盛りサイズ 30cm 材質 ステンレス
本体サイズ 幅3.4cm×高さ34.5cm×厚さ0.2cm カラー
種類 直定規 目盛りのスタート位置 端から

口コミを紹介

まさにいい道具と言える製品。とても薄いですがペナペナとしなることも全くなく、つや消し処理のおかげで屋内外問わずにパッと計測ができます。100円くらい高くなりますが、私はツヤ消しを全力で推します。1つ持っておけばどんな目的でも確実にこなしてくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

クツワ

HiLiNE 折り畳みアルミ定規

価格: 517円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手軽にスパッと紙が切れる!

こちらは持ち運び便利な折り畳み式で、伸ばすと30cmになる定規です。側面が45度の傾斜になっており、カッター無しで紙をスパッと切るのに適しているという特徴があります。定規を使って紙を切ることが多い方におすすめの商品です。

 

また、目盛りが端から始まるゼロスタートなので高さや深さを測るときにも便利。半分に折りたたむ部分を使えば15度ごとのおおなかな角度が測れるようになっているところもポイント。他にピンクとブルーもあるのでお好みのカラーが選んでくださいね。

目盛りサイズ 15~30cm 材質 アルミニウム
本体サイズ 幅3cm×高さ16cm×厚さ0.6cm カラー ブラック・ピンク・ブルー
種類 折りたたみ式直定規 目盛りのスタート位置 端から

口コミを紹介

長く使える定規が欲しかったので、アルミ製を探していました。
思っていた以上に厚く、しっかりした作りで安心して使えます。
伸ばして使っても、つなぎ目がぐらつきません。
紙を切るにも便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

レイメイ藤井

すべらないカッティング定規 30cm

価格: 406円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

平行線を引いたり、キレイにカッティングしたりしたい方に

こちらはカッターと定規を使って、カッティング作業をするときに便利な定規です。秘密はステンレスエッジ仕様滑り止め特殊加工。この2つの工夫で、カッターの刃で定規本体が傷つくことや、定規が滑ってまっすぐ切れないといったことが防げるようになっています。

 

口コミではプラスチック板のカットもキレイにできる、方眼もあるから平行線を引いたり切ったりするときに便利など機能面が高評価を得ています。長さを測る一般的な定規としてはもちろんですが、特にカッティングにおすすめしたい商品です。

目盛りサイズ 30cm 材質 再生PET樹脂(80%)
本体サイズ 幅4.5cm×高さ31cm×厚さ0.3cm カラー ブルー
種類 カッティング用直定規 目盛りのスタート位置 途中から

口コミを紹介

買って正解。よほど気を抜かない限りはズレずにカットできます。
全く滑らないのではなく、押さえていないときには滑って軽く抑えると滑らないという絶妙な加減がGoodです。早く買っておけばよかった。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

コクヨ

直線定規 まなびすと 再生PET樹脂製

価格: 71円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブル!両側に目盛りが印字されている直定規

コクヨの直定規は、2・3・7・8mmの目盛りが1・4・6・9mmの目盛りより長くなっているので、視認性が高く長さが測りやすくなっています。5cmごとに数字が大きくプリントされているのも目に優しいですね。15cmなのでペンケースに入るサイズなのも◯。

 

また、通常の目盛りの下に右側から始まる目盛りが印字されており、両側の目盛りどちら側を使ってもサイズが測れます。お値段も非常にリーズナブルで、色もブルーとピンクの2色展開です。長いサイズをお探しの方は30cmタイプもありますのでぜひ!

目盛りサイズ 15cm 材質 R-PET100%
本体サイズ 幅160×奥行30×高さ1mm カラー ピンク・ブルー
種類 直定規 目盛りのスタート位置 途中から

口コミを紹介

今でも重宝しています。
丁度良い長さなので、ペン立てに入れても邪魔になりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

デザインフィル

ミドリ アルミ&ウッド定規

価格: 324円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

筆記用具コレクターにもおすすめのオシャレな定規

軽くて丈夫なアルミに天然の木材を組み合わせたおしゃれな定規です。適度な重みで使いやすい、断面の中央が少し膨らんでいるため手に取りやすい、目盛りがレーザー刻印で消えにくいなどの特徴があります。また、黒地に白字の目盛りが読みやすくサイズも15cmとコンパクト。

 

定規を持ち歩くことが多い方や定規とカッターを一緒に使う方におすすめ。定規の黒部分は国産の竹を使用しています。他にもヨーロッパ産の天然木ブナを使用したうす茶・アフリカ産天然木ブビンガを使用した濃茶の2種類があるのでお好みのものを選んでくださいね。

目盛りサイズ 15cm 材質 アルミ+天然木使用
本体サイズ 幅2cm×高さ16cm×厚さ0.2cm カラー 黒・うす茶・濃茶
種類 直定規 目盛りのスタート位置 途中から

口コミを紹介

透明物差しは下が濃い色の布や紙だと数字がまったくみえません。そうなるとこのテの物差しの方が重宝します。線を引く側が薄くシャープになっており、線がひきやすい。15センチでペンケースに入るし、引き出しに入れてもじゃまになりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

直定規のおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 目盛りサイズ 材質 本体サイズ カラー 種類 目盛りのスタート位置
1
アイテムID:6923920の画像
ミドリ アルミ&ウッド定規

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

筆記用具コレクターにもおすすめのオシャレな定規

15cm アルミ+天然木使用 幅2cm×高さ16cm×厚さ0.2cm 黒・うす茶・濃茶 直定規 途中から
2
アイテムID:7004027の画像
直線定規 まなびすと 再生PET樹脂製

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

リーズナブル!両側に目盛りが印字されている直定規

15cm R-PET100% 幅160×奥行30×高さ1mm ピンク・ブルー 直定規 途中から
3
アイテムID:6923914の画像
すべらないカッティング定規 30cm

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

平行線を引いたり、キレイにカッティングしたりしたい方に

30cm 再生PET樹脂(80%) 幅4.5cm×高さ31cm×厚さ0.3cm ブルー カッティング用直定規 途中から
4
アイテムID:6923908の画像
HiLiNE 折り畳みアルミ定規

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

手軽にスパッと紙が切れる!

15~30cm アルミニウム 幅3cm×高さ16cm×厚さ0.6cm ブラック・ピンク・ブルー 折りたたみ式直定規 端から
5
アイテムID:6923896の画像
ステンレス直定規 ツヤ消し TZ-RS30

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

目盛の精度が高く技術職の方にもおすすめ!

30cm ステンレス 幅3.4cm×高さ34.5cm×厚さ0.2cm 直定規 端から
6
アイテムID:6923902の画像
滑らない定規 ピタットルーラー

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

アルミとアクリルの利点を1つにまとめた二刀流直定規

15cm アルミ・アクリル・TPE・ABS 幅2.6cm×高さ16cm×厚さ0.6cm ネイビー・オレンジ 滑り止め付き直定規 途中から
7
アイテムID:6923890の画像
多機能スケール ナカトジール ブルー

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

これひとつで円や波線が描けて角度も測れる!

14cm 幅6.5cm×高さ20.4cm×厚さ0.65cm 多機能付き直定規 分度器の目盛りに接している
8
アイテムID:7029136の画像
アルミ直尺 アル助

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

学校の授業から仕事・趣味の範疇まで多岐にわたって使える優れもの

15cm 本体:アルミ・滑り止め:スポンジ 幅3.5cm×高さ31cm×厚さ0.5cm シャンパンゴールド・シャイニングブルー・ペールピンク 直定規 端から

直定規以外の人気おすすめランキング7選

7位

ステッドラー

自在曲線定規 マルス

価格: 440円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

インクエッジ付きの自在曲線定規

製図の世界では知らない人はいないドイツのブランド「ステッドラー」。なかでもブランドを象徴するブルーの自在曲線定規耐久性・弾力性・復元性に富んだインクエッジ付きの曲線定規になっています。曲げ戻りが極めて少なく、任意の曲線が細かく自由自在にとれます。

 

芯材に従来の鉛ではなく軟質アルミを採用しており、環境に優しい素材なのもポイント。ステッドラーの自在曲線定規は8種類あり、サイズも30cm〜60cmまであります。目盛りが付いているタイプもあるので用途に合わせて選んでくださいね。

目盛りサイズ 30cm 材質 プラスチック・アルミニウム
本体サイズ カラー ブルー
種類 自在曲線定規 目盛りのスタート位置 目盛りなし

口コミを紹介

初めての自在曲線定規で手書き製図に使いたいと思ったので購入。性能についてはシリコンの筒の中に柔らかい金属のようなものがあり自在に曲げられます。これにより曲線であればほとんど書くことが可能です。雲形定規使うよりも十分使いやすかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

クロバー(Clover)

方眼定規 50cm

価格: 850円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

裁縫に適した曲線部分も測りやすい方眼定規

ソーイング用として定評のあるクロバーの方眼定規。適度な柔軟性を備えた定規で薄く作られており、曲線部分を測りやすくしているというほかの定規とは違った特徴を兼ね備えています。目盛りは端からスタートしており余分な空白がありません。

 

また、方眼になっているため目盛りが読みやすく、グリーンゾーンに色分けされた部分が生地の上からでも視認性が高くなっています。長さは30cmタイプもあるのでお好みのものを選んでくださいね。専門職の方はもちろん裁縫を趣味で初めたばかりの方にもおすすめの定規です。

目盛りサイズ 50cm 材質 PET樹脂
本体サイズ 幅5.2cm×高さ55cm×厚さ1.3cm カラー
種類 方眼定規 目盛りのスタート位置 端から

口コミを紹介

緑色になってる部分が15ミリなので縫い代の幅の印つけに重宝します。
赤色のラインが意外と柄物でも見分けやすく、作業ストレスが軽減しました。この定規がないと洋裁が面倒に感じてしまうほど愛用しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

出典:

  • アイテムID:7029109の画像1枚目
  • アイテムID:7029109の画像2枚目
  • アイテムID:7029109の画像3枚目
  • アイテムID:7029109の画像4枚目
  • アイテムID:7029109の画像5枚目

コンサイス

方眼カッティングスケール HST-150

価格: 550円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

端がステンレス製!カッティング作業に適した方眼定規

コンサイスの方眼定規は端がステンレスになっておりカッティング作業がしやすくなっています。本体は透明で5mm方眼入り、両端にも1mmの目盛りが付いているのでカッティングするときに非常に便利。サイズ展開も15cm・30cm・50cmの3種類から選べます

目盛りサイズ 15cm 材質 再生アクリル
本体サイズ 幅3cm×高さ16cm×厚さ0.3cm カラー
種類 カッティング用方眼定規 目盛りのスタート位置 端から

口コミを紹介

子供に持たせるために購入しました。
だからこそ、正確で使いやすいものを持たせたい。
筆箱に入れて持ちやすいサイズでもあるようです。
カッターでの工作にもこの定規があると便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

コクヨ

三角スケール プラスチック芯 TZ-1562N

価格: 750円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

立体的で手に取りやすく、変形しにくい定規

こちらは三角柱のような立体的な形状の定規です。素材に耐熱性や耐衝撃性の高いABS樹脂を使用。伸縮が少ないため、正確さを求められる作業にぴったりです。実際口コミでも建築図面を読み取るのに使っているなど専門職の方に重宝されている声があります。

 

ほかにも、立体的だから平らな定規と比べて手に取りやすい、こすれて目盛が消えたりしないという声も。精度の高い測量を求められる職業の方や、机の上や引き出しからつまんですぐに手に取れる定規をお探しの方におすすめです。

目盛りサイズ 15cm 材質 ABS樹脂・竹
本体サイズ 幅1.6cm×高さ17cm×厚さ1.4cm カラー
種類 三角スケール 目盛りのスタート位置 途中から

口コミを紹介

図面をちょこっとみて、比較や出来具合を見るのに非常に便利なアイテムです。いつもポケットにしまい、いつでも使用可能。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

レイメイ藤井

見やすい方眼定規

価格: 133円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

グッドデザイン賞受賞!使いやすい方眼定規

2008年にグッドデザイン賞を受賞したアイデアが詰まった方眼定規。滑り止め特殊加工が施されており、軽くすべらせて簡単に位置を合わせることができ、手で押さえるとピタッと止まるのでイライラしません。5mm間隔の配色・矢印付きの目盛りで視認性が高いです。

 

方眼目盛り付きで平行・直角の線が引きやすいうえに、文字読み取り用スペースがあり辞書などの文字も読みやすい。右側からも目盛りが付いているので左利きの方も使いやすく、片側はゼロスタート目盛りなので高さや深さを測るときにも◯。使う人のことを考え抜かれた商品!

目盛りサイズ 15cm 材質 アクリル製(メタクリル樹脂)
本体サイズ 幅3.5cm×高さ16cm×厚さ0.2cm カラー ブルー
種類 方眼定規 目盛りのスタート位置 途中から(片側にゼロスタート目盛りあり)

口コミを紹介

定規なんて100均でいいと思ってたんですが、今回は100均じゃないものを使ってみようと注文してみました。これは使いやすいですね。滑り止めがついてるので、紙に置くとピタッとして動かず、方眼が書かれているので、罫線を無視して線を自分でひいてノートを使うときにも役立ちます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ステッドラー

テンプレート 円 定規 976 01

価格: 800円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパス無しで手軽にキレイな円が描ける!

ステッドラーの円定規は、幅広いサイズの円がコンパス無しで自由自在に描けます。1番小さな円はなんと直径0.5mmから、最大で直径33mmの円を描くことができ、1mm刻みで円が描けるのが便利という声が多く、専門学生やプロの方にも愛用されているおすすめ商品。

 

また、耐衝撃性のアクリルを使用しているため耐久性があるのもポイント。程良い厚みがあり、透明度の高いブルーなので図面などが見やすいです。円のテンプレートはプロが仕事で使うときはもちろん、1枚持っておくと趣味のクラフトや雑貨作りなどでも重宝しますね。

目盛りサイズ 20cm 材質 プラスチック
本体サイズ 幅11.5cm×高さ23cm×厚さ0.1cm カラー ブルー
種類 円定規 目盛りのスタート位置 途中から

口コミを紹介

円って手で描けませんね。それなのに円を描く機会が割りと多くかなりストレスになっていました。これだけミリ単位でサイズがあると、いろんなサイズに対応できて助かります。今までフリーハンドで円を描いていたのですがストレスなく1秒で描けて気持ち良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

クツワ

STAD 算数定規セット ケース入り

価格: 393円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

教科書対応で小学生の算数の授業におすすめ!

こちらは小学生の算数の授業にぴったりな定規5点セットです。内容は15cm定規・直角三角定規・直角二等辺三角定規・分度器・ミニ定規の5点セット。5点すべて端から端まで見える目盛りになっているので、始まりと終わりを正確に測れる便利な定規になっています。

 

また、15cmの直定規は読み間違いを起こしやすい余分な目盛りやデザインを省いた視認性の高い定規になっています。三角定規と分度器も角度ごとに色分けされているので角度を測りやすいですね。さらに、ケース付き・名前シール付きなので定規を失くす心配もありません。

目盛りサイズ 15cm 材質 15cm定規・三角定規・分度器:メタクリル樹脂・ミニ定規:PVC・ケース:PS系樹脂
本体サイズ カラー
種類 直定規・直角三角定規・直角二等辺三角定規・分度器・ミニ定規 目盛りのスタート位置 端から(直定規)

口コミを紹介

今までに何回か三角定規をなくしてる兄弟。
ケース付きなら失くさないかも!と思い買い与えました。
2年近く失くさずに使っています。
買い直さなくて済んでます。

出典:https://www.amazon.co.jp

直定規以外のおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 目盛りサイズ 材質 本体サイズ カラー 種類 目盛りのスタート位置
1
アイテムID:6923917の画像
STAD 算数定規セット ケース入り

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

教科書対応で小学生の算数の授業におすすめ!

15cm 15cm定規・三角定規・分度器:メタクリル樹脂・ミニ定規:PVC・ケース:PS系樹脂 直定規・直角三角定規・直角二等辺三角定規・分度器・ミニ定規 端から(直定規)
2
アイテムID:6923911の画像
テンプレート 円 定規 976 01

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

コンパス無しで手軽にキレイな円が描ける!

20cm プラスチック 幅11.5cm×高さ23cm×厚さ0.1cm ブルー 円定規 途中から
3
アイテムID:7004382の画像
見やすい方眼定規

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

グッドデザイン賞受賞!使いやすい方眼定規

15cm アクリル製(メタクリル樹脂) 幅3.5cm×高さ16cm×厚さ0.2cm ブルー 方眼定規 途中から(片側にゼロスタート目盛りあり)
4
アイテムID:6923899の画像
三角スケール プラスチック芯 TZ-1562N

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

立体的で手に取りやすく、変形しにくい定規

15cm ABS樹脂・竹 幅1.6cm×高さ17cm×厚さ1.4cm 三角スケール 途中から
5
アイテムID:7029109の画像
方眼カッティングスケール HST-150

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

端がステンレス製!カッティング作業に適した方眼定規

15cm 再生アクリル 幅3cm×高さ16cm×厚さ0.3cm カッティング用方眼定規 端から
6
アイテムID:7029160の画像
方眼定規 50cm

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

裁縫に適した曲線部分も測りやすい方眼定規

50cm PET樹脂 幅5.2cm×高さ55cm×厚さ1.3cm 方眼定規 端から
7
アイテムID:7029184の画像
自在曲線定規 マルス

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

インクエッジ付きの自在曲線定規

30cm プラスチック・アルミニウム ブルー 自在曲線定規 目盛りなし

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

定規を使ってきれいな線を引くポイントは?

定規とペンを使って線を引く。単純な作業のようでまっすぐ引けなかったり、長い線を描くときに繋ぎ目がずれてしまったりと、なかなか難しいですよね。改めて正しい線の引き方のポイントを押さえておきましょう。

 

まず、横線を引くときは定規の真ん中をしっかり人差し指・中指・薬指の3本で押さえ、指の位置に注意します。端の方に手を置くとずれる原因に。また、指が定規から出ていると線がぶれてしまいます。しっかりと手を固定し、定規の上の方を使って左から右へ線を引きます。

 

次に、縦線を引くときは親指・人差し指・中指の3本で押さえ、親指が出ないように気をつけましょう。しっかりと手を固定できたら定規の右側を使って上から下へと線を引きます。ボールペンやマーカーで線を引くときは、定規を裏返して使いましょう。

ウェブ定規やアプリではなくあえて定規を選ぶ魅力とは

スマートフォン全盛の今、便利な機能やアプリがたくさんありますよね。定規も同様で、有志の方が作成したWEB定規ものの長さを測れるアプリなどが多く出回っています。確かに手元に定規やメジャーがないとき、急ぎで寸法を測らなければいけないときなどに便利です。

 

しかし、学生の方はもちろん、仕事で使う機会が多い方もペンケースに1本は定規を入れておくことをおすすめします。ちょっとしたインテリア小物を選ぶとき、作業で線を引くとき、紙をさっと切りたいときなど、日常生活の中で定規が活躍する場面が意外と多いからです。

 

仕事に趣味に学業に生活に、定規は必要なものといえるでしょう。また、おしゃれな筆記用具を持っているとより愛着も湧きますよね。以下の記事では、鉛筆・シャーペン・ボールペン・筆箱の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

まとめ

ここまで定規の人気おすすめランキング15選をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。機能性・デザイン性に優れた定規がたくさんありましたね。ぜひ今回ご紹介した選び方を参考に、あなたの作業効率をUPしてくれるお気に入りの1本を見つけてくださいね。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年12月19日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

製図用シャーペンのおすすめ人気ランキング15選【女子向けも】

製図用シャーペンのおすすめ人気ランキング15選【女子向けも】

製図用品
【切断能力と機能性がポイント】丸ノコのおすすめランキング15選

【切断能力と機能性がポイント】丸ノコのおすすめランキング15選

工具
ローカリーカッターの人気おすすめランキング15選【セーフティー式も紹介!2022年最新】

ローカリーカッターの人気おすすめランキング15選【セーフティー式も紹介!2022年最新】

文房具・文具
【スタイリッシュ文具】ステッドラーの人気おすすめランキング15選

【スタイリッシュ文具】ステッドラーの人気おすすめランキング15選

文房具・文具
カッターの人気おすすめランキング20選【おしゃれなものから大型のものまで】

カッターの人気おすすめランキング20選【おしゃれなものから大型のものまで】

文房具・文具
【痛くない!】鼻毛カッターのおすすめ人気ランキング10選

【痛くない!】鼻毛カッターのおすすめ人気ランキング10選

ビューティー・ヘルスケア