イラスト用シャーペンのおすすめ人気ランキング15選【アナログイラストに!】

記事ID40960のサムネイル画像

最近注目のアナログイラストに関心がある方も増えています。実はアニメーターなどのプロでも、絵を描くのに一般的なシャーペンを愛用している方も多いのです。でもいざ選ぼうと思っても芯の太さや使い分けなど迷ってなかなか選べません。そこで初心者の方におすすめのイラスト用シャーペンをご紹介します。

SNSでも話題のアナログイラスト

最近SNSなどで見かけるシャーペンで描かれたアナログイラスト。あんなにイラストが上手に描けるなんてうらやましいですよね。でも特に初心者の方がいざ自分でも描いてみようとしたとき、どんなシャーペンがいいのかちょっと悩むのではないでしょうか。

 

実はイラスト用のシャーペンとして製図用を使う方もいて、グリップの種類や低重心タイプなどイラスト向きの機能もさまざま。さらにシャー芯の硬さ(濃さ)や芯径サイズなどもいろいろあって、どれを選んで良いのか本当に迷ってしまいそう。

 

そこで今回は、イラスト用シャーペンの人気おすすめ商品の選び方とランキングをご紹介します。ランキングは、ペン先の形状や重心の位置など描きやすさや疲れにくさを基準に作成しています。ぜひ参考にしてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

芯が折れる悩みを解決した画期的シャーペン

シャーペンの芯が折れたり詰まったりする悩みに特化して開発された画期的製品です描いている途中で芯が折れないので中断されず、描き続けられるので集中できます。また軽量モデルなので疲れないところもおすすめです。

 

カラーが6色もあって、芯の硬さでシャーペンのカラーを変えて使い分けなどもできます。

芯径の種類 0.5㎜ 材質 プラスチック
重量 9.07 g サイズ 1.04 x 13.74 x 1.04cm

イラスト用シャーペンの選び方

機能やデザインなどが種類がたくさんあるシャーペン。イラスト用にはどんなものがおすすめなのかご紹介します。

機能で選ぶ

本格的な凝ったイラストを描くときはなるべく疲れにくい、使い勝手の良さにこだわりたいものです。イラスト用の描きやすい機能をおすすめしていきます。

細かいところを描くときは「細長いペン先」がおすすめ

製図用などに多い描いているところが見える細長いペン先は、瞳やまつ毛など細かいイラストを描く場合に便利でおすすめです。見えないと手の位置をずらしたり紙を回したり角度を変えて描かなければならないので、少々面倒になります。

力が弱い方には「グリップ付き」がおすすめ

イラストを描いているとどうしても指先に力が入ってしまい、長時間だと指先が痛くなったりします。グリップがある方が、弱い力でも握りやすいので長時間描いていても疲れにくくなり、また滑りにくい材質やデザインを採用してる場合が多いのでおすすめします。

長時間の作業には疲れにくい「低重心」がおすすめ

シャーペンは細かい部分など描くときは、安定してブレない低重心タイプがおすすめです。また長い時間の作業でも安定性で疲れにくい傾向があります。低重心とはだいたいペン先から45~75mmの位置に重心があるタイプですので、購入のときチェックしてみてください。

同じシャーペンを使う場合は「芯の硬度表示」がおすすめ

使いやすいなどの理由で、芯径のサイズを変えて同じシャーペンを何本か使っている場合、ひと目で硬度(濃さ)が分かる硬度表示機能があると便利です。細いラインで描くつもりのところを、うっかり太いラインで描いてしまうミスなどが回避できます。

いつまでも芯先が細いままで描ける「自動芯回転機構」がおすすめ

描いているときに芯が片減りして線が太くなるのを防ぐように、芯先がくるくる回ってとがり続ける自動芯回転機構搭載タイプがありますこれによって同じ太さの線を描き続けられたり、何本も細い線を描きたいときなど便利でおすすめの機能です。

いっきに描きたいときは「自動芯出し機構」がおすすめ

ノックしてシャーペンの芯を出すとき、長く出しすぎたり短すぎたりして意外に煩わしいものです。しかし最初に一度ノックするだけで、あとは自動的に芯が出てくる自動芯出し機構搭載タイプは便利です。

 

描いているときに芯が減ってペン先が紙を痛める心配がなく、気楽にイラストを描いていられます。

使い分けには「ペン先が変えられるタイプ」がおすすめ

イラスト用にシャーペンを違うサイズで使い分けしている方に、ペン先のサイズが変えられるタイプは何本も持たなくて良いのでおすすめです。自分の手にあったシャーペンでずっと描いていられます。また、机の上やペンケースで場所を取らないなどの利点があります。

窓際などで使うときは「マッドな材質のペン先」がおすすめ

シャーペンの先端の材質が金属の場合、描いているときに光が反射して目がチカチカするなどがあります。しかしマッドな材質だと反射したりせず、描いているときに邪魔をしないので、屋外での写生や窓際でイラストを描くときなど意外に便利な機能でおすすめです。

デザインで選ぶ

モチベーションを上げるため、形から入るのも大事です。いくつか参考にデザイン的にもおすすめシャーペンをご紹介します。

ぬくもりある風合いが好きな方は「木目調」がおすすめ

木軸の風合いと、しっくりと手になじむ流線形のフォルムが高級感を誘います。優しい木のぬくもりが使い込むほどに使い勝手の良さを感じさせてくれて愛着が湧き、機能性だけでなくデザイン性の高さもおすすめです。

スタイリッシュな感じが好きな方は「スケルトン」がおすすめ

人間工学に基づいた握りやすいグリップ部分のくぼみと、スケルトンのABS樹脂素材がスタイリッシュなモデルです。軽量かつ丈夫で使いやすく、ポップなデザインが若い方に人気があります。

モチベーションがあがる「かわいいキャラクターもの」がおすすめ

お気に入りのものが身近にあるとモチベーションアップになるので、かわいいキャラクターデザインのシャーペンもおすすめです。キャラクタ―デザインの文房具は意外にラインナップも多く、お気に入りを探してみるのも楽しみのひとつになります。

芯径で選ぶ

芯の太さによって何本かを使い分けてイラストを描いている方も多いです。どのようなときに、どの芯径を使うのがおすすめなのかご紹介します。

細かいイラストは「0.3mm」以下がおすすめ

イラストを描く場合、線の太さに関わる芯径もチェックするのをおすすめします。まつ毛や目など細かい部分のイラストを描きたいときはシャーペンの芯径は0.3mm以下で、しかも細いとシャーペンの芯も折れやすいので芯パイプのあるタイプがおすすめです。

ラフ画や下書きには「0.7~0.9mm」がおすすめ

下書きやラフ画など浮かんだイメージをスラスラ描きたいときは、安定感がある0.7~0.9mmがおすすめです。HB以上のやわらかめのシャー芯であっても、ちょっと力を入れても折れにくいので気を遣わずに描けます。

初心者の練習用には「2.0mm」がおすすめ

イラストを描きなれていない初心者の方は、太めの芯径がおすすめです。2.0mmだとだいたい鉛筆と同じくらいのサイズになり、安定感が抜群で線がブレないので上手く描けます。また1本のシャーペンで、線を太く描いたり細く描いたりできるので練習向きです。

描きたいイラストに合わせて「シャー芯の濃さ」を使い分ける

シャー芯には硬さの基準があり、それがすなわち濃さに反映します。H(硬い)・B(黒い)・F(しっかりした)の表示で、3H・2H・HなどHは数字が大きくなるごとに硬くなり色は薄く、3B・2B・BなどBは数字が大きくなるほど柔らかく濃くなります。

 

FはHとBの中間に位置します。一般的にはH傾向の方が細くかけるので細かいイラスト向きですが、失敗して消しゴムで消す場合など跡が残りやすいので筆圧が強めな方は気を付けてください。

 

しっかり濃いラインを描きたい方にはB傾向がおすすめです。また、ラフ画などささっと描きたいときは、芯がなめらかに動く2B以上が向いています。練習を重ねてシャー芯の濃さを使い分けるのがおすすめです。

口コミで選ぶのもおすすめ

シャーペンのラインナップは性能から値段まで多種多様で、新商品も次々と販売されるので、迷う方はネットの口コミやレビューを参考にするのもおすすめです。文房具愛に溢れている方も多く、長所・短所を細かく書いてあるレビューもあるので大変参考になります。

 

シャーペンは国内はもとより海外メーカーの優れた製品もあるので、気になる商品はぜひ一度口コミやレビューで確認してみてください

アニメーターや漫画家などプロのブログもチェック

アニメーターや漫画家など、絵を描く仕事をしているプロのブログを参考にするのもおすすめです。実際にシャーペンを使った経験を元に書かれたブログなので、軽めのシャーペンの方が疲れないなど説得力があり参考になります。

イラスト用シャーペンの人気おすすめランキング10選

鉛筆みたいな描き心地

鉛筆をイメージさせる形状と弾力のあるエストマー樹脂のボディが握りやすく、太めの芯がなめらかな描き心地を与えてくれます。筆圧が高い方でも折れにくく、筆圧が低い方でも色が出やすい太めの芯径モデルです。

芯径の種類 0.9・1.3mm 材質 樹脂
重量 - サイズ 軸径φ10mm・長さ・139mm

口コミを紹介

えんぴつのような書き味のシャーペンです。
メモ帳などに考えをまとめたり、目立ちやすく書き込んだりと、地味に重宝しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

パイロット (PILOT)

エストゥエンティ(S20)

天然カバ材が手に馴染み見た目にもおしゃれ

万年筆で有名なメーカーの、優雅な流線形と木目がおしゃれなシャーペンです。天然カバ材が使っていくうちに手に馴染み愛着が湧いてゆきます。低重心設計で描きやすく、疲れにくさでもおすすめです。

芯径の種類 0.5mm 材質 樹脂含浸カバ材
重量 9.07 g サイズ 1.83 x 1.07 x14.6cm

口コミを紹介

木軸でかっちり作られていますし、手にもなじみます。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

ステッドラー(STAEDTLER)

オールブラック92535シリーズ

マッドで高級感あるブラックがかっこいい

機能的かつ高級感あるマッドなブラック仕様が目を惹くかっこいいデザインで、低重心の安定感とローレット加工の握りやすいグリップが、長時間の使用でも疲れにくくなっています。

 

細長いペン先が、細かいものを描くときにも邪魔になりません。遡ると17世紀からの歴史を持つドイツのメーカーで世界的にも人気がありおすすめです。

芯径の種類 0.3mm・0.5mm・2mm 材質 アルミニウム, ゴム
重量 30 g サイズ ‎0.8 x 1.2x 14.3cm

口コミを紹介

2時間ほど手描きの作図で使ってみましたが、今までのどのシャープペンよりも安定した作図ができました。
手描きのために考え抜かれた道具だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

若者にも人気のドイツの文具メーカー

人間工学に基づいたくぼみのある独特なグリップと、おしゃれなスケルトンのデザインが目をひきます。ドイツの人気文具メーカーで、ヨーロッパでは若者のふたりに一人が持っているともいわれるおすすめの名作シャーペンです。

芯径の種類 0.5mm 材質 プラスチック
重量 117.93 g サイズ 2.03 x 2.03 x 14.48cm

口コミを紹介

思った通りで、正しいフォームを崩すこと無く長期間持っても疲れにくいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

ロットリング(Rotring)

800+ メカニカルペンシル

デザイン性と機能性を兼ね備えた

スタイリッシュなデザインだけでなく機能性も兼ね備え、スマホやタブレットにも描き込みできるスタイラスが付いたハイブリットモデルです。製図用ですが、描きやすい細いペン先と低重心がイラスト用にも十分機能するのでおすすめします。

 

ドイツで誕生した100年近い歴史ある文具メーカーの製品で、人気の600シリーズの後継モデルのひとつです。

芯径の種類 0.5mm・0.7mm 材質 真鍮
重量 32 g サイズ 11 x 4.29x 15.6 cm

口コミを紹介

発売されてからスタイラスの反応が良くないみたいなレビューをみていたのでためらっていたのですが、結果購入してよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ずっと同じ太さの線をキープ

芯が回りながら描けるので、ずっと尖ったままで同じ太さの線をキープできる自動芯回転機構で人気のクルトガシリーズのニューバージョンです。従来品より回転数を二倍にしてよりクリアな線が描けるようになりました。

 

これによって、長い線も同じ濃さと太さで描き続けることができます。一般的に文字用に使う方も多いシャーペンですが、普段使いのシャーペンをイラスト用にも使える点もおすすめです。

芯径の種類 0.5mm 材質 プラスチック
重量 13.61 g サイズ 1.07 x 1.45 x 14.3cm

口コミを紹介

さらさらと流れるように書き続けられる、素晴らしい文房具である。

出典:https://www.amazon.co.jp

メカニカルなデザインと豊富なカラー

細くて見やすいペン先と、滑り止めのリングが入ったグリップが握りやすく、軽くてなめらかな描き心地がおすすめです。振るだけで芯が出てくるフリシャ機能とそのロック機能で、状況に応じて便利に使い分けができます。

 

メカ二クルなカッコいいデザインに加えて、16色もの豊富なカラーのラインナップもおすすめです。

芯径の種類 ‎0.5mm 材質 ‎樹脂
重量 15.52g サイズ ‎1.05 x 1.05 x 14.9cm

口コミを紹介

シャープペンは何本も愛用していますが、このシャープペンは重心が低く、グリップの部分に少しだけ厚みがあり、私の手には一番よく馴染みます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ペン先とグリップ一体化で描きやすい

細かくて四角い突起のあるグリップが程よい握りごこちをサポートしてくれて、ずっと描いていても疲れない低重心タイプです。またペン先とグリップの一体化で緩みを気にせず安定感のよさもおすすめできます。

芯径の種類 0.5mm 材質 真鍮, ABS, ゴム
重量 13.61 g サイズ 0.76 x 1.02‎ x 13.97cm

口コミを紹介

私が学生の頃からずっと愛用しているシャープペンシルです。持ちやすくちょうどよい重さ。すべり止めの感触も好きです。

出典:https://www.amazon.co.jp

MONO消しゴムと同じデザインが目を惹く

愛用者も多いMONO消しゴムと、同じデザインが目を惹くトンボの人気商品でおすすめです。見た目だけでなく持ちやすくて書きやすい充実の機能性も人気の理由で、もちろんMONO消しゴム搭載の便利さもポイントになります。

 

クリップ部分をノックする方法と振ると芯が出るフレノックのW方式なので、状況に応じて使いやすい方を選べます。このモデルのデザインは、MONOカラー以外にも単色のラインナップもあるのでチェックしてみてください。

芯径の種類 0.5mm 材質 金属
重量 17 g サイズ 1.6 x 1.6 x 14.7cm

口コミを紹介

ラバーグリップはかなり固い方でほとんど変形しませんが、
プラスチックの時より指によくなじむようになり、さらに書きやすくなりました!

出典:https://www.amazon.co.jp

描いているところが見やすい

製図用のシャーペンでステップヘッドのペン先が邪魔にならず、描いているところが見やすいので、文字用にもイラスト用にもおすすめです。メタルパーツとラバー素材の握りやすいグリップと低重心で疲れにくいように作られています。

 

世界で初めて0.5㎜ノック式シャープペンシルを作ったメーカーこだわりの製品で、プロからの人気も高くおすすめです。

芯径の種類 0.3mm・0.4mm・0.5mm・0.7mm・0.9mm 材質 アルミ材、再生ABS
重量 10.89 g サイズ 0.89 x 0.99‎ x 14.5cm

口コミを紹介

持ち心地、書き心地、触り心地、全てが上手くまとまっています。

出典:https://www.amazon.co.jp

ノック不要なので集中できる

最初に一度ノックするだけで、あとはノック不要の自動芯出し機能搭載モデルで、芯が短くなる度ノックする必要がなく集中してイラストが描けます。芯を守る先端のパイプと、握りやすいグリップと疲れにくい低重心もおすすめです。

芯径の種類 0.2mm・0.3mm・0.7mm 材質 先金・ノック=真鍮 前軸=ナイロン・鉄 後軸=ABS クリップ=鉄
重量 13 g サイズ 1.2 x 1 x 14.3 cm

口コミを紹介

オレンズネロは普通のシャーペンが持っている「芯が折れる」、「ノックする必要がある」という弱点を完璧に解決した、革命的な一品だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

描きやすいだけでない機能性の高さ

描きやすさを求めてグリップがゴムと金属のローレット加工の二重構造で握りやすく、細いペン先がシャーペンの中に収納されて胸ポケットに入れても穴をあけるなどリスクが回避できるおすすめの機能性です。

 

製図用の細くて見やすいペン先と適度な重さとフィット感で、イラストを描く方にも人気が高い商品です。メタリックなカッコいいデザインで「グッドデザイン賞」も受賞したことがあります。

芯径の種類 0.3mm・0.4mm・0.5mm・0.7mm・0.9mm 材質 アルミニウム
重量 20g サイズ 1×0.9×15cm

口コミを紹介

自分のイメージどおりにペンが進む
先端が細くなってるから定規とかとも相性がいい

出典:https://www.amazon.co.jp

使いやすさで言うこと無しのロングセラー

1985年の発売以来ずっと愛され続けているロングセラー商品で、製図用ながら、軽くて安定感があって使いやすいので普通の文字用やイラスト用にもおすすめです。お手頃価格で、気軽に手に取れるところも人気の理由であります。

芯径の種類 0.3mm・0.4mm・0.5mm・0.7mm・0.9mm 材質 ABS
重量 10.08 g サイズ 0.9 x 14.5 x 0.8 cm

口コミを紹介

総合的な使いやすさで言えば、このグラフレット500の方が優れていると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

コクヨ(KOKUYO)

鉛筆シャープ TypeMx 金属グリップ

鉛筆的描き心地のニューバージョン

太めの芯で鉛筆のようななめらかな描き心地を実現した、鉛筆シャープのニューバージョンですペン先が細くなり、芯径が0.7mmのモデルが増えました。付属の黒色の消しゴムは汚れが目立ちにくいのでユーザーに好評です。

 

低重心の金属グリップが安定感があり、握りやすい六角形と円型の独特な形状は従来品を継承しつつ性能アップしたものになっています。

芯径の種類 0.7㎜・0.9㎜・1.3㎜ 材質 軸:PC、グリップ:亜鉛合金、クリップ:スチール
重量 ‎20 g サイズ 1.1 x 1.6 x 14.3 cm

口コミを紹介

多少重さはありますが、私自身結構本体を強く?掴んでしまう方なので丈夫そうで良いと思います。
あまりのさらさら感に思わず私も買ってしまいました。

出典:https://www.amazon.co.jp

芯が折れる悩みを解決した画期的シャーペン

シャーペンの芯が折れたり詰まったりする悩みに特化して開発された画期的製品です描いている途中で芯が折れないので中断されず、描き続けられるので集中できます。また軽量モデルなので疲れないところもおすすめです。

 

カラーが6色もあって、芯の硬さでシャーペンのカラーを変えて使い分けなどもできます。

芯径の種類 0.5㎜ 材質 プラスチック
重量 9.07 g サイズ 1.04 x 13.74 x 1.04cm

コメントを紹介

まず、軽い。軽いため、長く使っていても疲れを感じることはありませんでした。
また、芯が折れないという売り込み通り、折れません

出典:https://www.amazon.co.jp

イラスト用シャーペンのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 芯径の種類 材質 重量 サイズ
1
アイテムID:10245909の画像
デルガード

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

芯が折れる悩みを解決した画期的シャーペン

0.5㎜ プラスチック 9.07 g 1.04 x 13.74 x 1.04cm
2
アイテムID:9285809の画像
鉛筆シャープ TypeMx 金属グリップ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

鉛筆的描き心地のニューバージョン

0.7㎜・0.9㎜・1.3㎜ 軸:PC、グリップ:亜鉛合金、クリップ:スチール ‎20 g 1.1 x 1.6 x 14.3 cm
3
アイテムID:9342875の画像
グラフレット

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

使いやすさで言うこと無しのロングセラー

0.3mm・0.4mm・0.5mm・0.7mm・0.9mm ABS 10.08 g 0.9 x 14.5 x 0.8 cm
4
アイテムID:9342563の画像
グラフギア1000

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

描きやすいだけでない機能性の高さ

0.3mm・0.4mm・0.5mm・0.7mm・0.9mm アルミニウム 20g 1×0.9×15cm
5
アイテムID:9285820の画像
オレンズネロ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ノック不要なので集中できる

0.2mm・0.3mm・0.7mm 先金・ノック=真鍮 前軸=ナイロン・鉄 後軸=ABS クリップ=鉄 13 g 1.2 x 1 x 14.3 cm
6
アイテムID:9285824の画像
グラフ1000 フォープロ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

描いているところが見やすい

0.3mm・0.4mm・0.5mm・0.7mm・0.9mm アルミ材、再生ABS 10.89 g 0.89 x 0.99‎ x 14.5cm
7
アイテムID:9342443の画像
MONO モノグラフ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

MONO消しゴムと同じデザインが目を惹く

0.5mm 金属 17 g 1.6 x 1.6 x 14.7cm
8
アイテムID:9285828の画像
スマッシュ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ペン先とグリップ一体化で描きやすい

0.5mm 真鍮, ABS, ゴム 13.61 g 0.76 x 1.02‎ x 13.97cm
9
アイテムID:9343013の画像
テクトツゥーウェイライト

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

メカニカルなデザインと豊富なカラー

‎0.5mm ‎樹脂 15.52g ‎1.05 x 1.05 x 14.9cm
10
アイテムID:9286010の画像
クルトガ アドバンス

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ずっと同じ太さの線をキープ

0.5mm プラスチック 13.61 g 1.07 x 1.45 x 14.3cm
11
アイテムID:9285808の画像
800+ メカニカルペンシル

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

デザイン性と機能性を兼ね備えた

0.5mm・0.7mm 真鍮 32 g 11 x 4.29x 15.6 cm
12
アイテムID:9286002の画像
サファリ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

若者にも人気のドイツの文具メーカー

0.5mm プラスチック 117.93 g 2.03 x 2.03 x 14.48cm
13
アイテムID:9285833の画像
オールブラック92535シリーズ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

マッドで高級感あるブラックがかっこいい

0.3mm・0.5mm・2mm アルミニウム, ゴム 30 g ‎0.8 x 1.2x 14.3cm
14
アイテムID:9286005の画像
エストゥエンティ(S20)

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

天然カバ材が手に馴染み見た目にもおしゃれ

0.5mm 樹脂含浸カバ材 9.07 g 1.83 x 1.07 x14.6cm
15
アイテムID:9343005の画像
鉛筆シャープ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

鉛筆みたいな描き心地

0.9・1.3mm 樹脂 - 軸径φ10mm・長さ・139mm

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天 「シャープペンシル」ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

鉛筆画とシャーペン画の違い

鉛筆とシャーペンの違いはいろいろありますが、一定の太さで細い線が描けるのがシャーペンのメリットで、細密画など細かいイラストが描きたい方にはシャーペンがおすすめです。また、鉛筆は芯が丸くなって削り続けると短くなって握りにくくなる弱点があります。

 

しかし鉛筆の場合は力の入れ加減で濃淡や太さの調整がしやすく、線を払ったりなど動きのある表現がしやすいがも強みです。むしろシャーペンは太い線や濃い線を描きたくても力を入れすぎると芯が折れたりします。

 

実際に試してみて、シャーペンか鉛筆か描きやすい方を選択するのもおすすめします。以下の記事では、デッサン用鉛筆の人気おすすめランキングをご紹介していますので、あわせてご覧ください。

バランスを意識した描き方を練習しよう

初心者の方でいきなりイラストを描いてみたとき、バランスが崩れた絵になってしまい、自分でも残念に思った経験はありませんか。ちょっとした描き方のコツをマスターすると上手に描けたりするので、これから人物のイラストの簡単な描き方のポイントをご紹介します。

 

まずはアタリと呼ばれる簡単な図形で描いて、バランスがおかしくないかなど確認します。バランスが悪いとあまり見栄えがよくありませんのでバランスよく描ける練習が必要です。次にアタリに沿って顔や体など、ラフ画で全体的なイラストを描いていきます。

 

全体が描けたら不要な線を消しゴムで消しながら清書します。顔のラインなどきれいに出したいところや髪の毛など動きを出したいところは、なめらかに描ける柔らかめのシャー芯がおすすめです。

イラスト制作ならコピックも試してみよう

コピックはTooグループが開発販売しているアルコールマーカーで、358色もの多彩なラインナップがあります。よくある使い切りタイプではなく、インクやペン先など交換して使える機能性の良さでも、いまや国内だけでなく海外でも人気のブランドです。

 

もともとは都内の画材店が始まりで、その後海外のマーカーの輸入販売を手がけ、1987年に「デザイナーが使えるマーカー」として開発した製品の販売を開始しました。いまではイラストや漫画でも使えるマーカーとして用途を広げ、多くのユーザーを獲得しています。

 

染料インクの鮮やかで透明感のある発色が魅力のコピックです。同じ色の重ね塗り・違う色を上から塗る混色・グラデーションなど多彩な使い方ができます。以下の記事では、コピックセットの人気おすすめランキングをご紹介しています。あわせてご覧ください。

まとめ

イラスト用シャーペンは、細かいところ用・下書き用・清書用など用途に合わせて使い分けるのがおすすめです。また筆圧がある方ない方などそれぞれなので、ブログや口コミを参考にいろいろ試してみて自分にあったシャーペンを見つけてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年07月17日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2022年】0.3mmのシャーペンおすすめ人気ランキング20選【書きやすいものも】

【2022年】0.3mmのシャーペンおすすめ人気ランキング20選【書きやすいものも】

文房具・文具
製図用シャーペンのおすすめ人気ランキング15選【女子向けも】

製図用シャーペンのおすすめ人気ランキング15選【女子向けも】

製図用品
【2022年最新版】シャーペンのおすすめ人気ランキング20選【自分に合うものを】

【2022年最新版】シャーペンのおすすめ人気ランキング20選【自分に合うものを】

文房具・文具
木軸シャーペンの人気おすすめランキング9選【S20の人気色も!】

木軸シャーペンの人気おすすめランキング9選【S20の人気色も!】

文房具・文具
折れないシャーペンの人気おすすめランキング10選【0.3でも芯が折れない高級シャーペンも】

折れないシャーペンの人気おすすめランキング10選【0.3でも芯が折れない高級シャーペンも】

文房具・文具
【2022年最新版】勉強にぴったりなシャーペンの人気おすすめランキング20選【消しゴムもご紹介!】

【2022年最新版】勉強にぴったりなシャーペンの人気おすすめランキング20選【消しゴムもご紹介!】

その他