ビストロの口コミ・評判を調査!デメリットや欠点も解説

ビストロはPanasonicが販売している高機能オーブンレンジです。毎日の料理を簡単にしてくれる便利なアイテムですが、価格が高いので「買ってから後悔したくない」と考える方も多数います。この記事で口コミや評判をチェックして、後悔のない買い物をしましょう!

人気オーブンレンジ「ビストロ」を買って後悔?

ビストロは、Panasonicが販売する大人気のオーブンレンジです。グリルや自動調理機能が充実していて、使用すれば毎日の料理が楽に楽しくなります。ただ、価格が高いオーブンレンジのため「買ってから後悔したらどうしよう」と不安に思う方もいるはずです。

 

でも実は、買ってから後悔する可能性を下げるのは簡単です!実際に購入した方の口コミや、商品に対する評価を参考にしましょう。自分の目的に合っているかがよくわかるので、後悔する可能性を減らせます。

 

この記事では、ビストロに関する口コミや評判、またおすすめ商品をご紹介します。よくある疑問に答えるQ&Aコーナーも用意しました。購入を迷っている方はぜひ参考にしてください。

ビストロの特徴

ビストロにはさまざまな特徴があります。ビストロの特徴的な機能を5種類ご紹介しますので、ぜひチェックしてください。

余熱なしで両面こんがり焼けるグリル機能

ビストロのグリル機能は、余熱なしで使用できるのが魅力です。高い火力で調理するので、余熱がないのに両面をこんがりと焼き上げられます。凍ったままの食材でも焼き上げられるコースもあるので、解答の手間が不要です。

 

グリル機能を最大限に効率化するために、センサーを搭載したヒーターを使用しています。これが、余熱や解凍なしでこんがり焼き上げる秘密です。

ムラなく芯まで解凍できるレンジ機能

ビストロのレンジ機能はセンサーが搭載されているのが特徴です。高精細・64眼スピードセンサーで食品の温度を測定し、冷えている所を中心に温めます。そのため、解凍の際もムラができにくく、芯までしっかり温まるのが魅力です。

 

また、センサーによる「2品同時あたため」では、それぞれの温度を感知して、効率よく温めます。食材ごとに分ける必要がないので時短調理が可能です。

料理に合わせてスチーム量を自動調整してくれるスチーム機能

ビストロには、蒸し焼きやそのほかの温めに使えるスチーム機能が搭載されています。スチーム機能は、すばやく効率的に調理できるのが特徴です。料理に合わせてスチームの量を調節します。効率的に調理して時短しながら、出来上がりもおいしいのが魅力です。

70~300度まで対応のオーブン機能

ビストロにはオーブン機能が搭載されています。対応温度の幅が広いのが特徴です。魚やフルーツを焼く際には70度前後の低めの温度で、肉料理や焼き芋を作る際には最大300度までの効果力で焼き上げられます。

 

また、発酵機能を使えば、30~65度の温度で効率よくヨーグルトなどを作れます。

自動でお手入れしてくれるオートクリーン機能

電子レンジやオーブンレンジを使用する際、お手入れが面倒に感じた経験がある方は多いです。ビストロなら、機体内部にオートクリーン加工が施されていて、拭かずに自動でお手入れしてくれます。

 

さらに、「お手入れ」メニューや「天井・脱臭」メニューも搭載しているので、手入れの手間は最小限です。毎週一度の給水タンクの清掃や、ときどきクエン酸洗浄をする程度で使用できます。

ビストロの良い口コミ・評判

良い口コミ・評判①

ビストロは “何でもドア”
5
年齢非公開
性別非公開
正直価格もすごいけど、その機能たるや、鳥肌が立つ素晴らしさ。
だって、料理のセンスとやる気のない我が家に料理をさせたんですから。
極端なことを言えば、基本的な操作は取り説不要なぐらい簡単。
タッチパネルはとても操作しやすく、ガイドも分かりやすいので、
道に迷う ? ことも、戸惑うこともありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

ビストロにおける、機能性の高さと使い勝手の良さがうかがえます。基本的な操作が直感的に行えるのは嬉しいポイントです。誰でも使いやすい電子レンジをお探しの方はぜひチェックしてください。

良い口コミ・評判②

おいしい料理ができる
5
年齢非公開
性別非公開
合わせ技で、焼き物、揚げない揚げ物と同時にレンジ料理ができるのが本当に便利。出来上がりの焼き色も美味しそうにつくし、食べてみたらちゃんとおいしいし、買って良かったと思う。まだまだ使いこなしている途中なので、もっともっとレパートリーを増やしていきたい。

出典:https://www.amazon.co.jp

「合わせ技機能」と呼ばれる人気機能についてのレビューです。便利な電子レンジを活用していくうちに、調理への意欲がわいてくる場合もあります。料理が楽しくなるのもビストロの魅力です。

良い口コミ・評判③

すっきりシンプルだけど頼もしい。
5
年齢非公開
性別非公開
冷凍お肉の解凍とか、レンジで茹で野菜を作る時や、パン生地の発酵等にもスチームを併用してくれるのでしっとり仕上がり、一段上の仕事をしてくれます。
こういう機能は日頃のご飯作りでよく使うので助かります。

出典:https://www.amazon.co.jp

ビストロのスタンダードモデル・NE-BS607に関する口コミです。毎日のように使う機能にも工夫がなされているのがうかがえます。おいしい料理を食べたい方はぜひチェックしてください。

ビストロの悪い口コミ・評判

悪い口コミ・評判①

使用後の音がうるさく長い
1
年齢非公開
性別非公開
自動メニューはたくさんありボタン一つで簡単ですが単独でスチームが選べないのでハード系パンを焼くのには不向きでした。あと使用後いつまでも音がうるさく時間も長いので不快です。

出典:https://www.amazon.co.jp

単独でスチームが選べない点と使用後の稼働音への口コミです。他社の加熱水蒸気オーブンレンジを想像して購入すると失敗するケースがあります。

悪い口コミ・評判②

上級者向けかもしれません
3
年齢非公開
性別非公開
上位モデルでは自動メニューのお手軽パスタもこのモデルではできません。
機能は十分なのですが、それを手動設定でも使いこなせる上級者向けだと感じました。

出典:https://www.amazon.co.jp

ビストロは、上位モデルになるほど自動調理できるメニューの幅が広がります。下位モデルは価格を抑えられますが、自分がそれで満足できるかは事前に考えておきましょう。

ビストロのQ&A

ビストロの電気代はどれくらい?

編集部の画像

編集部

電気会社や使用状況にもよりますが、消費電力約1000Wのビストロは1時間27円程度で利用でき、1日3時間で毎日使ったとすると、1か月で約2500円かかります。ビストロには効率よく調理するためのセンサーがついているので、実際はこれより電気代が抑えられる場合が多いです。

ビストロの寿命は?

編集部の画像

編集部

ビストロに限らず、一般的な電子レンジは消耗品です。特に、マグネトロンと呼ばれる部品の寿命が電子レンジの寿命と大きくかかわっています。マグネトロンは、1000時間~2000時間程度で寿命を迎える場合が多いです。使用状況に大きく左右されるものの、一般的な使用の場合は4~6年程度で買い替えが必要になります。

ビストロが故障したら修理できる?

編集部の画像

編集部

メーカー保証期間内であれば修理の依頼が可能です。依頼方法は保証書や購入時の書類に詳しく記載されているので、なくさないようにしておきましょう。また、購入店の修理サービスを利用できる場合もあります。購入店やプラン・保証内容によって異なるので、こちらも購入時の書類をよく確認してみましょう。

ビストロの価格は?安く買うには?

編集部の画像

編集部

ビストロはモデルによって価格が大きく異なります。手ごろなものでは40,000円前後から、ミドルモデルは60,000~80,000円、ハイエンドモデルの場合は140,000円前後です。昔のモデルが安く売られているケースがあるほか、Amazonや楽天などの通販サイトで安く変える可能性があります。

ビストロは一人暮らし向けの機種もある?

編集部の画像

編集部

ビストロには一人暮らし向けの機種もあります!ビストロの充実した機能の中から、温めや解凍・最低限の調理に絞って搭載しているのが特徴です。一人暮らし~二人家族程度まで対応できます。

ビストロは使いにくい?

編集部の画像

編集部

ビストロは高機能・多機能で性能はいいですが、慣れないうちは使いにくいと感じます。初めは簡単なメニューなどを参考に徐々に慣らしていくのがおすすめです。

ビストロのメリット

ビストロのメリットをご紹介します。購入を検討している方はぜひご覧ください。

調理メニューが豊富

ビストロのメリットのひとつに、調理メニューが豊富な点が挙げられます。ハイエンドモデルになるほど調理できるメニューは多くなり、どれも簡単です。

 

さらに、機能が充実している点も魅力といえます。スチーム機能やグリル機能を活用すると、食卓に並ぶメニューにバリエーションを持たせられるのが利点です。

コンパクトで使いやすい

ビストロはの容量は、25~26Lまたは30Lと電子レンジの標準的なものです。しかし、機体全体のサイズはコンパクトに設計されています。また、設置時に機体後ろ・左右の壁から離す必要がないので、スペースを削減できます。一人暮らしのキッチンにも置きやすいです。

デザインがおしゃれ

ビストロはおしゃれなデザインも特徴です。コンパクトな機体に、わかりやすく示されたメニューボタンが設置されています。おしゃれかつ見やすさも兼ね備えているのが魅力的です。機能美を追求した、どんなキッチンにもなじむデザインといえます。

 

シンプルな電子レンジ・オーブンレンジを探している、でもおしゃれなものが欲しい」と考えている方はぜひチェックしてください。

スマホと連携して簡単に使いこなしができる

ビストロには、スマホと連携できる機能が搭載されたモデルもあります。使いこなしも簡単で、好みや必要に応じて増やせるため、満足度が高いです。「普段は基本的な機能を使っていたけれど、せっかくなら調理機能を活用してみたくなった」そんな場合にも活躍します。

 

スマホと連携できるビストロをお求めの方は、「キッチンポケットアプリ」に対応しているかを確認して選びましょう。

手入れが楽

ビストロは、天井部分などにオートクリーン加工が施されています。そのため、毎日のお手入れがとても楽です。機体内のお手入れもボタン一つである程度完了します。

 

また、クエン酸洗浄が必要なタイミングは、ビストロが自動でお知らせするのも魅力です。毎日「清掃した方がいいのだろうか」と悩む必要がありません。

ビストロのデメリットや欠点

ビストロは高機能な分、「慣れるまでが大変」と感じる方もいます。レシピや説明書に頼らずに感覚的に使用できるようになるには、試行錯誤や練習が必要です。

 

ただ、自動調理機能やレシピ本のメニューが充実しているので、「簡単に調理する」のが目的の方には、特に大きなデメリットにはなりません。細かな調整をしたい方や、自分の感覚で使いたい方はデメリットや欠点を理解して購入しましょう。

 

また、他社の加熱水蒸気オーブンレンジを想像してビストロを購入すると、スチームオーブンレンジの機能に不満を持つ方が多いです。どちらかといえば、自動調理機能などに重きをおいている方におすすめします。

ビストロを選ぶポイント

ビストロを選ぶ際のポイントをご紹介します。容量・サイズや機能性・使い勝手などで選びましょう

容量・サイズで選ぶ

ビストロを選ぶときは、一度に温められる容量や機体サイズを確認して選びましょう。25~26L・30Lに分けてそれぞれの特徴をご紹介します。

一人・二人暮らしなら「25~26L」がおすすめ

一人暮らしに適した電子レンジの容量は18L以上です。二人暮らしなら24Lあれば十分だと考えられます。ビストロから選ぶなら、25~26Lのものがおすすめです。「一人暮らしには大きすぎるのでは?」と疑問に思う方もいると思います。

 

しかし、ビストロは容量に対して機体全体のサイズが小さいのが特徴です。25~26Lのものでもキッチン内で邪魔になりにくいので、一人暮らしや二人暮らしの方におすすめします。

機能の充実したものが欲しいなら「30L」がおすすめ

30Lの容量があるビストロは、機能が充実しています。ビストロの特徴を最大限生かしたものが欲しいなら、30Lのものを選びましょう。30Lは、4人家族に適したサイズです。時短メニューも充実しているビストロなら、5人以上の家庭でも必要な分を素早く調理できます。

さまざまなメニューを作るなら「機能性」をチェック

ビストロを選ぶ際は、機能性のチェックが欠かせません。解凍機能や両面グリル・エリア加熱はどの機種でも共通しています。自動お手入れに関する機能も共通です。

 

ビストロ使用者の口コミでも人気の「二段階調理」機能を活用したい場合は、NE-BS808以上のモデルを選びましょう。ワンボウルメニューを使って簡単に調理するなら、NE-BS908以上の高性能モデルがおすすめです。

使い勝手がいいものなら「お手入れのしやすさ」をチェック

ビストロを選ぶ際は、使い勝手やお手入れのしやすさにも注目しましょう。とはいえ、お手入れに関する機能や加工は、どの機種も共通です。ただ、NE-BS808以上のモデルでは機体内がワイド&フラット仕様になっています。

 

そのため、内部の手入れがしやすいのが魅力です。また、使い勝手に関わる要素として、扉のソフトダンパー機能とロック機能があります。機種によって搭載されているかが異なるので、確認しておきましょう。

ビストロのおすすめ3選と口コミ・評判

パナソニック

ビストロ NE‐BS658‐W

一人や二人暮らしの方におすすめの26Lサイズ

容量は26Lで、一人暮らしや二人暮らしの方におすすめのモデルです。解凍や10分メニューなど、時短調理に特化した機能を搭載しています。グリル皿に具材を載せて、そのまま食卓に出せる状態に仕上げる「かんたん見栄えごはん」機能が特徴です。

 

いそがしい朝はもちろん、ホームパーティなどでも活躍します。自動メニューにはゆで卵などのメニューも用意されているので、食卓にもう1品並べたいときにもおすすめです。設置しやすいサイズ感で、キッチンでも邪魔になりません。

本体サイズ 幅500mm×奥行400mm×高さ347mm 設置サイズ 後ろぴったり可能・左右各2cm以上、上部8cm以上あける
容量 26L センサー スイングサーチ赤外線センサー
取扱書掲載メニュー数 191
進化が凄い
5
年齢非公開
性別非公開
他社製2005年式のオーブンレンジを使っていて壊れてしまったのでこちらに買い替えました。人気商品なのか納品まで数日かかりました。画面に説明やレシピまで表示され、電気代までも・・・関心、関心でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

私には充分です(•‿•)
4
年齢非公開
性別非公開
音も静かだし、何より自動メニューもたくさんあってレンジで調理することも増えて、時短になり、疲れて帰った日にも優しいです(笑)
付属のレシピを見ながら色々挑戦中!

出典:https://www.amazon.co.jp

パナソニック

ビストロ NE‐BS908‐K

レシピ通りに自動調理してくれる便利なモデル

ビストロのウリである自動調理機能が充実したモデルです。2段階調理機能やスピードスチーム機構で素早く仕上げます。もちろん、10分メニューや凍ったままグリルなどの時短機能もあるので、いそがしい朝の強い味方です。

 

ハイエンドモデルとの違いは、発酵モード時のスチーム有無が選べない点や自動メニュー数がやや少ない点が挙げられます。「自分でいろいろ調節するよりも、レシピ通りに用意して自動で調理してほしい」と考えている方には、NE‐BS908がおすすめです。

本体サイズ 幅494mm×奥行435mm×高さ370mm 設置サイズ 後ろ左右ぴったり・上部8cm以上あける
容量 30L センサー 高精細・64眼スピードセンサー、とろみ検知センシング
取扱書掲載メニュー数 294
とても良い!使いやすいです
5
年齢非公開
性別非公開
やっぱりPanasonic製は良いですね!
見た目もスタイリッシュで、他の家電とマッチしています。
使い安さもシンプルで温め押すだけで冷凍ご飯もちゃんとホカホカになります。
以前使用していた日立製は、自動でも温まりにムラがあったので、仕方ないのかなぁと思っていたので。
これから他の機能も挑戦してみます!

出典:https://www.amazon.co.jp

4
年齢非公開
性別非公開
最初はいちいち説明書を読まないと調理ができないのが面倒くさいと思っていましたが
料理のできはどれも良く、これ使いこなせたらすごいかも?と色々使ってみたくなりました。
グリルプレートで色々焼けるのが一番気に入ってます。

出典:https://biccamera.rakuten.co.jp

パナソニック

ビストロ NE-CBS2700

自動調理やワンボウル調理など機能充実のハイエンドモデル!

NE-CBS2700は、ビストロの中でも最高レベルの機能性を備えたモデルです。凍ったままグリル調理ができる時短機能や、材料を入れておけば自動で調理するワンボウルメニューなど、機能が充実しています。カラーは白と黒の2種類展開です。

 

スマホのキッチンポケットアプリに対応しており、購入後にメニューを増やせるのも魅力的です。自動・簡単調理がウリのビストロを最大限活用したい方におすすめします。

本体サイズ 幅494mm×奥行435mm×高さ370mm 設置サイズ 後ろ・左右ぴったり可能、上部8cm以上あける
容量 30L センサー 高精細・64眼スピードセンサー、とろみ検知センシング
取扱書掲載メニュー数 333
使いやすく美味しい
5
年齢非公開
性別非公開
元々使ってた電子レンジがターンテーブルタイプだったので全てにおいて感動です!
いちいち説明書を見なくても画面操作で分かりやすく操作しやすい。料理集も役立ちメニューのバリエーションが増えました。出来た料理も美味しい!電子レンジの出来上がりの温度も設定出来るのも嬉しい。見た目のスマートさもポイント高いです。買って本当に良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

トーストも焼ける所が良い
5
年齢非公開
性別非公開
毎日使ってます。特に、トーストや揚げ物を温めるのは
非常にクウォリティが高く毎日使っています。レシピも豊富についているので
レシピ本を買う必要もなく届いた日から色んな料理が作れます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ビストロのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 本体サイズ 設置サイズ 容量 センサー 取扱書掲載メニュー数
アイテムID:10173154の画像
ビストロ NE‐BS658‐W

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

一人や二人暮らしの方におすすめの26Lサイズ

幅500mm×奥行400mm×高さ347mm 後ろぴったり可能・左右各2cm以上、上部8cm以上あける 26L スイングサーチ赤外線センサー 191
アイテムID:10173157の画像
ビストロ NE‐BS908‐K

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

レシピ通りに自動調理してくれる便利なモデル

幅494mm×奥行435mm×高さ370mm 後ろ左右ぴったり・上部8cm以上あける 30L 高精細・64眼スピードセンサー、とろみ検知センシング 294
アイテムID:10173160の画像
ビストロ NE-CBS2700

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

自動調理やワンボウル調理など機能充実のハイエンドモデル!

幅494mm×奥行435mm×高さ370mm 後ろ・左右ぴったり可能、上部8cm以上あける 30L 高精細・64眼スピードセンサー、とろみ検知センシング 333

ビストロの使い方

ビストロの主な使い方をご紹介します。といっても、ビストロは自動調理機能が充実しているので、説明書やレシピ通りに材料を用意してボタンを押せば完了です。また、使用を続けるうえでのお手入れとして、週に一度給水タンクの洗浄と水抜きをしましょう。

 

使う度に手入れが必要なのは、グリル皿と角皿などです。使用していて気になった点があれば、自動お手入れボタンで脱臭などを行えます。ときどき「クエン酸洗浄」の表示が出る場合があるので、その際は対応が必要です。

 

主なお手入れ方法は下記のPanasonic公式ページでも紹介されています。ぜひご確認ください。

パナソニック公式サイトのレシピ集を活用しよう

Panasonicの公式サイトには、ビストロを使って作れる料理のレシピが公開されています。クッキーやショートケーキなどのスイーツから、毎日の献立に役立てられる肉じゃがやナポリタンまで種類も豊富です。

 

また、料理研究家のリュウジさんとコラボしたものや、DEAN & DELUCAとコラボしたものなどもあります。定番のメニューから、ユニークレシピまでさまざまな料理が掲載されているので、使い方に迷っているときはぜひご覧ください。献立に悩んだときにも活用できます。

 

下記の公式ホームページは、ビストロを活用して作れるレシピ集です。ビストロの購入を迷われている方は、ぜひチェックしてどんなものが作れるか確かめてみてください。

まとめ

Panasonicのオーブンレンジ・ビストロについて、口コミや評判とおすすめ商品をご紹介しました。気になるものはありましたか。ビストロがあれば、毎日の料理が楽になります。口コミや評判を元によく吟味して、後悔のない買い物をしてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年07月12日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

レンジ台の人気おすすめランキング15選【ビストロがおける安いものも】

レンジ台の人気おすすめランキング15選【ビストロがおける安いものも】

収納家具・収納用品
クローズアップレンズの人気おすすめランキング5選【倍率の計算方法やデメリットも】

クローズアップレンズの人気おすすめランキング5選【倍率の計算方法やデメリットも】

カメラサプライ品
Panasonicオーブンレンジの人気おすすめランキング10選【口コミも紹介】

Panasonicオーブンレンジの人気おすすめランキング10選【口コミも紹介】

電子レンジ・オーブンレンジ
ブースターシートの人気おすすめランキング10選【ISOFIX対応のアイテムも紹介】

ブースターシートの人気おすすめランキング10選【ISOFIX対応のアイテムも紹介】

カー用品
テレキャスターの人気おすすめランキング10選【10万円で買える】

テレキャスターの人気おすすめランキング10選【10万円で買える】

楽器
中国語辞書のおすすめ人気ランキング15選【中日辞典・日中辞典も】

中国語辞書のおすすめ人気ランキング15選【中日辞典・日中辞典も】

本・雑誌