通訳学校人気おすすめランキング9選【2023年最新版】

記事ID33541のサムネイル画像
専門職である通訳。通訳になるためには高い英語・日本語力に加え実は専門の知識が要求されます。そこで今回は社会人の方向けの学校からオンラインで完結するものまで、おすすめの翻訳学校を幅広くご紹介します。語学力を活かして通訳をしてみたい!そんな方はぜひ参考にしてください。

通訳学校のおすすめはどこ?

テレビや国際会議などさまざまな場所で活躍をされている通訳者さんですが、どのようにすれば通訳になれるのでしょうか。英語の能力を磨けば通訳になれるのでしょうか。答えはノーです。実は通訳は非常に専門的な職業なのです。

 

通訳になるためには通訳養成の学校に行くと考える方が多いかと思います。「通訳」という仕事は、英語の堪能さだけではなく、通訳のテクニックや専門的な通訳の知識が必要です。そのためにも通訳養成スクールに通うというのは、有効な手段だと言えます。

 

今回は通訳者になるための通訳養成スクールについて特集します。なぜ通訳養成学校に通うのが有効なのか、そしてどの学校がいいのか通訳学校の選び方についても解説していきます。おすすめの通訳養成のための学校をランキング形式にて紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

オンラインで完結!英会話のスキルアップを図る!

通訳になるためには?

英語が堪能な方や帰国子女の方なら誰でも通訳ができるように思えますよね。実は通訳という職業は、知識や技術が要求される専門職です。通訳養成学校の選び方の前にどうすれば通訳になれるのかを解説します。

英語が話せる=通訳になれる、ではない

通訳は一言一句をそのまま訳すわけではなく、相手が何をいいたいのか、誤解を生まずに正しく情報を伝えなければなりません。そもそも単語の順序の異なる日本語と英語では、機械的に約していると意味が変わってしまったり、不自然な文章で意図が伝わらなかったりすることもあります。

 

通訳には瞬時に別言語の適した単語に変換する瞬発力や、長い文章でも記憶に留めながら訳していくという技術が必要です。また逐次通訳と同時通訳では異なるテクニックが必要とされます。そういった通訳技術に関する知識の習得や通訳のトレーニングをしていないと、通訳として成り立たなくなってしまうのです。

通訳としての働き方

通訳と一口に言っても、同時通訳・逐次通訳・会議通訳・医療通訳などさまざまな種類・分野に分かれます。自分がどの分野の通訳を専門にしていくのかを決める必要があります。それぞれにおいて専門用語や言語以外の知識が必要です。

 

雇用形態としては、エージェントに登録するまたはフリーランスなどで依頼が来るのを待つこととなります。依頼はコンスタントに来るとは限りませんし、デビューしたばかりの場合実績がなく、かなり不安定な環境に置かれる可能性は高いです。

 

一方、企業内の社内通訳であれば比較的安定はしていますが、通訳の中ではあまりメジャーではないと言えます。しばらく勤めた後にいずれはフリーランスになるという方も多く、結果フリーランスで働く人が多い業界です。

通訳に必要な資格

通訳の唯一の国家資格は「全国通訳案内士」ですが、この資格は観光に特化したものでどちらかと言うと英語による観光ガイドの資格です。観光関連の通訳を目指したいという方には適した資格ですが、別の分野であれば直接的には役立つ資格とは言えないでしょう。

 

通訳に必ず必要な資格はありませんが、英語力を客観的に証明する資格として英検やTOEICの点数を記載する方は多いようです。英検1級やTOEIC900点以上は通訳者のスタートラインといえるレベルであり、残念ながら決してアピールポイントになる資格ではありません。これらの資格が通訳養成学校の入学基準となっているケースもあります

 

通訳のレベルを測る資格としてはTOBISがあり、逐次通訳のレベルが4〜2級、同時通訳が1級として判定される試験です。デジタル証明書を採用しているので、通訳者として働く際のCVなどに添付できるので、客観的な実力証明として役立ちます。

通訳学校の選び方

通訳という仕事を理解した上で、または通訳という選択肢を作るために通訳養成スクールに通おうと決めたら、次は通訳学校選びです。学校選びのポイントを解説していきます。自分に合った学校を選んでください。

どんなスタイルで受講するか

通訳養成学校は、基本的には通学する学校が多いですが、オンラインや通信講座の学校もあります。オンラインや通信講座は、時間の都合がつけにくいという方や地方など遠方に住んでいるという方に最適です。また通学に比べ安価であることも多いです。

 

通学スタイルの場合は、日中、夜間、平日、週末など開講時間に合わせて毎週都合をつけなければいけませんが、直接講師から指導を受けれるというのは最大のメリットです。また他の生徒さんたちと一緒に勉強できモチベーションアップや、卒業後通訳者となった場合の人脈づくりにもつながります。

どれくらいのコースか

コースの回数もクラスや授業内容によってさまざまあります。まずは通訳とはどんなものかを聞ける1日限定の通訳入門などから、3ヶ月短期集中、6ヶ月〜1年間の長期コースなどに分かれます。1週間に通う回数も1回2回などコースによって異っているので、自分のライフスタイルに合わせて通えるものを選んでください。

 

通訳技術を身につけるのは一朝一夕ではいかないので、初心者さんは1年間など期間を決めてしっかり通って基礎技術を習得するという方も多いようです。基礎コースのあとに専門分野ごとのクラスを開講している学校もあるので、半年講座を2つ受講する、というケースもあります。

費用

通訳養成学校の費用は決して安いものではありません。以下のような費用がかかります。

 

    • 入学金(3万円前後)
    • 授業料(10万円〜30万円前後)
    • テキスト代
    • 追加セミナーなど

 

入学金は全額免除や半額キャンペーンなどが開催されていることもあるので、ぜひ活用してください。授業の回数によって授業料は大幅に変わってきますが、しっかり技術を身につけれる程度通うとなると平均して数十万程度がかかってきます。

 

追加セミナーなどの単発の講座であれば数千円〜数万円程度で受講できるものもありますが、通訳技術を習得するというよりはスキルアップやワークショップなどの講座であることが多いです。

立地

通学スタイルの通訳学校を選ぶ場合は、通いやすい立地であるかが大切です。授業も大変なうえに毎週遠い学校に通わないといけないとなると、続けるのが負担になってしまいます。交通の便や駅からの距離など、通いやすいロケーションにあるかを確認してください。

 

仕事終わりに通う場合は、会社から近いまたは定期で行ける範囲であれば負担が減ります。少し離れた場所であれば、授業に間に合うのかの確認も必要です。見学や相談を兼ねて実際に学校に行ってみるのが一番です。

講師はどんな人か

多くの通訳学校では、実際に通訳を仕事にしている方を講師に迎えています。講師が現役の通訳者さんだと、現場の話を聞けたり、実際の通訳経験をもとにした指導を受けれたりするので、モチベーションが上がります

 

実務経験が豊富な人から指導を受けることで、実践に役立つ通訳技術を教わることができます。合わせて指導経験が豊富であれば質の高い授業を受けることができるので、どんなキャリアを持った講師陣がいるのかホームページなどでチェックしてみてください

万が一の振替など

仕事の都合や体調不良などで、授業をお休みしないといけない場合はどうなるのかも入学前に確認しておきましょう。同じクラスが週に複数回開講されている学校であれば、別のクラスで振り替えれる学校もあります。

 

またオンラインといっても録画でなくライブ形式でやり取りしながらのクラスも多いので、必ずいつでも受けれるというわけではありません。万が一開講中に通えなくなった場合はどのような対応なのかも確認しておけば安心です。

卒業後のサポート

通訳は経験や実績が重視される職業のため、未経験・デビューしたてというのはどうしてもハンデになります。そのような新人通訳者のために、学校がエージェント等と提携し、トライアル業務や経験が浅くても受け付けてくれる案件をオファーしてくれる学校もあります。

 

通訳学校の多くはグループ内に通訳サービス会社や人材派遣会社を構えているので、その会社からOJTの機会を与えてもらえたり、トライアル案件を紹介してもらえるというのは大きなメリットです。

 

デビュー時にサポートのある学校を選べば、卒業後も安心です。またクラスメイトと人脈を作っておくことで、通訳者として働き出した後に仕事をお互い紹介しあえることもあります。卒業後のことも視野に入れて学校を検討してください。

無料体験や無料相談を活用

多くの通訳養成学校では、授業の無料体験を行っています。クラスや他の生徒さんの雰囲気を見るためにも無料体験はおすすめです。学校によって、スパルタな授業や和気あいあいな授業など、クラスの雰囲気は大きく変わります。

 

開講日が平日日中なのか週末や夜間なのかで、通っている生徒さんの年齢層なども変わってきます。入学に関し不安なことがあったり複数の学校で悩んだりした場合は、無料相談で相談してみてください。授業内容、クラスレベル、授業料など気軽に相談できます。

通訳学校人気おすすめランキング9選

京都の通訳・通訳ガイド養成学校

最大6人という徹底した少人数制で、経験豊富な講師が適切なアドバイスと指導を行います。基礎コースと本科コース、通訳案内士の専門コースに分かれているので、レベルや目的に合わせて受講してください

 

現役で活躍している講師の指導を受けることができるので、実践で役立つノウハウも学ぶことができます。英語能力だけでなく、日本語能力もしっかり鍛えていき、総合的なスキルアップをはかります。教材の内容も多岐にわたり、幅広い知識や教養を身につけるのに有効です。

場所 京都校 授業形式 対面・オンライン
クラス回数 15回(コースによって異なります) 期間 4ヶ月(コースによって異なります)
授業料 112,000円(コースによって異なります) 入学金 無料
8位

ESDIC英語能力開発アカデミー 通訳案内士試験対策スクール

通訳案内士・通訳ガイド国家試験対策学校

全国通訳案内士に絞った通訳養成学校なので、徹底した試験対策ができます。最新のデータ分析による、学習効率のいい実践的な予想問題やオリジナル教材を使って対策を行います。的中率も高いので、本番も安心です。

 

ひとりひとりへの対応も丁寧で、開講までの学習方法や口座説明を電話で丁寧に行います。2020年の全国通訳案内士試験では、ESDIC受講生から145名の方が合格しており、全合格者の約30%を占めます。英語能力以外の地理・歴史対策講座なども開講されているので、必要に応じて受講してください。

場所 授業形式 オンライン
クラス回数 6回 期間 2ヶ月
授業料 5,000円×授業回数 入学金
7位

コミュニケーターズ通訳養成土曜学校

トップ通訳者が講師

通訳サービス・人材派遣会社の通訳養成学校で、Zoomでのオンライン授業のため国内・海外問わず受講していただくことが可能です。一方的な配信スタイルや講師の解説だけの授業ではなく、ひとりひとりのパフォーマンスを講師がしっかり評価するインタラクティブな授業です。

 

1学期の回数が短いため短期の受講ができて、初学者の方でも始めやすくなっています。受講者の方で更にステップアップを望む方には、2日間の対面での集中ワークショップなども準備されています。

場所 東京校 授業形式 オンライン・対面
クラス回数 4回 期間
授業料 36,300円 入学金

現役通訳者による通訳養成学校

国際会議の通訳者として活躍する原不二子氏が、さまざまな現場で活躍する心のこもった通訳者が生まれて欲しいという思いから作られた通訳養成学校です。言葉、知識、技を磨き、心をこめて伝えることができるのがいい通訳者です。

 

少人数制で講師と生徒さんの距離が近いので、ひとりひとりきめ細やかなアドバイスができ個人のレベルにあった指導をしています。30年以上の通訳会社が母体となっているので、長年培ったノウハウを教授します。

場所 東京校 授業形式 対面
クラス回数 15回(コースによって異なります) 期間 6ヶ月
授業料 126,220円(コースによって異なります) 入学金 32,400円
5位

一般財団法人 国際教育振興会 日米会話学院

歴史ある国際教育団体

国際教育振興会は1947年設立の歴史ある財団法人で、長きに渡り国際教育や異文化交流にの事業を展開しています。日米会話学院の同時通訳科は1967年に設置され、50年以上経験から独自の教育メソッドで英語力の向上をサポートします。

 

通訳コースのレベルは3段階に分かれ、通訳訓練メインコース・逐次通訳訓練コース、上級者クラスでは同時通訳の訓練も行っています。通訳はさまざまな知識・教養も必要とされ、スピーチの内容をしっかりと理解することが重要です。日米会話学院では語学力以外の通訳技術向上にも焦点を当てています。

場所 東京校 授業形式 対面・オンライン・ハイブリッド型
クラス回数 40回 期間 6ヶ月
授業料 243,800円 入学金

真の国際人を育てる

インタースクールは授業が厳しいことで有名です。語学力を徹底的に身につけるために、甘やかさずに高いプレッシャーとモチベーション維持の環境を提供します。インタースクールが独自に開発した学習方法と教材で、使える語学力を育成します。

 

リアルタイムなビジネスや経済、社会・環境問題などを教材に使用したり、インターグループの通訳・国際会議において実際に使われた仕事の資料やニュース、インタビュー、論文などを使ったりしており、実践的な力を養うことができます

場所 東京校・大阪校・福岡校・名古屋校 授業形式 オンライン
クラス回数 16回(コースによって異なります) 期間 4ヶ月(コースによって異なります)
授業料 109,120円(コースによって異なります) 入学金 33,000円

日本初の通訳養成学校

1966年に東京オリンピックを契機として設立された、日本で初めての同時通訳者養成学校です。グループには通訳サービス・人材派遣会社があり、総合的にキャリアや実戦経験をサポートしていきます。

 

講師を勤めているのは、現役で活躍している通訳者なので、効果的な学習方法や通訳者としてのマナー・心構え・キャリアプロセスなどについても指導を受けることが可能です。レギュラーコースでは4〜5ヶ月でしっかりと、短期集中コースでは最短1日から受講をすることができます。通訳者として活躍している方でもスキルアップにできるようなクラスも準備されています。

場所 東京校・横浜校 授業形式 対面・オンライン
クラス回数 12回(コースによって異なります) 期間 4ヶ月(コースによって異なります)
授業料 118,800円(コースによって異なります) 入学金
2位

NHKグローバルメディアサービス バイリンガルセンター 国際研修室

NHKの通訳学校

卒業生はNHKの放送や国際会議・シンポジウムで通訳者として活躍したり、中央官庁などで通訳のスキルを活かしたりしています。講師陣もNHKのニュースや国際情報番組の放送同時通訳や会議通訳などで通訳をしているプロの通訳者です。

 

多形的な通訳者養成コースの編成となっており、まだまだ通訳のレベルに達していない初心者でも着実にステップアップできます。通訳に必要な高度な英語力養成から、専門的なスキルまで網羅的に組まれており、最前線で活躍できる実力を磨きます

場所 東京校 授業形式 対面
クラス回数 15回(コースによって異なります) 期間 4ヶ月
授業料 142,800円(コースによって異なります) 入学金 28,500円

卒業後のサポートもしっかり

通訳・翻訳会社のサイマル・インターナショナルが母体の通訳者養成学校で、グループ内に人材サービス会社があるため、受講生のキャリヤ方針や希望に合わせて実務経験の機会を提供してくれます。通訳学校在籍中から、OJTで経験を積むことが可能です。

 

成績優秀者にはサイマル・インターナショナルの専属通訳への推薦やフリーランス通訳としての登録の機会があるなど、卒業後のサポートもしっかりしています。実務を想定した内容の講師オリジナル教材や、実際の要人・著名人のスピーチを使った教材で効果的に技術を習得します。

場所 東京校、大阪校 授業形式 通学・オンライン
クラス回数 18回(コースによって異なります) 期間 半年
授業料 277,200円(コースによって異なります) 入学金 33,000円

通訳学校の人気おすすめランキング一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 場所 授業形式 クラス回数 期間 授業料 入学金
アイテムID:8195258の画像

公式サイト

卒業後のサポートもしっかり

東京校、大阪校

通学・オンライン

18回(コースによって異なります)

半年

277,200円(コースによって異なります)

33,000円

アイテムID:8195283の画像

公式サイト

NHKの通訳学校

東京校

対面

15回(コースによって異なります)

4ヶ月

142,800円(コースによって異なります)

28,500円

アイテムID:8195268の画像

公式サイト

日本初の通訳養成学校

東京校・横浜校

対面・オンライン

12回(コースによって異なります)

4ヶ月(コースによって異なります)

118,800円(コースによって異なります)

アイテムID:8195275の画像

公式サイト

真の国際人を育てる

東京校・大阪校・福岡校・名古屋校

オンライン

16回(コースによって異なります)

4ヶ月(コースによって異なります)

109,120円(コースによって異なります)

33,000円

アイテムID:8195291の画像

公式サイト

歴史ある国際教育団体

東京校

対面・オンライン・ハイブリッド型

40回

6ヶ月

243,800円

アイテムID:8195399の画像

公式サイト

現役通訳者による通訳養成学校

東京校

対面

15回(コースによって異なります)

6ヶ月

126,220円(コースによって異なります)

32,400円

アイテムID:8195381の画像

公式サイト

トップ通訳者が講師

東京校

オンライン・対面

4回

36,300円

アイテムID:8195356の画像

公式サイト

通訳案内士・通訳ガイド国家試験対策学校

オンライン

6回

2ヶ月

5,000円×授業回数

アイテムID:8195302の画像

公式サイト

京都の通訳・通訳ガイド養成学校

京都校

対面・オンライン

15回(コースによって異なります)

4ヶ月(コースによって異なります)

112,000円(コースによって異なります)

無料

まとめ

通訳は英語力を向上するだけでなれるわけではありません。通訳のテクニックに合わせて、通訳分野の専門知識や教養、幅広い知識を求められます。すべての技術を習得するには、養成学校のプロの講師や現役の通訳士の方の指導を受けるのが大きな助けになります。通訳学校は学校によって特徴や教え方も異なるので、いくつかの学校を比較して自分にぴったりの学校を見つけてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年10月09日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

英語を使う職種が掲載されている求人サイト人気おすすめランキング5選

英語を使う職種が掲載されている求人サイト人気おすすめランキング5選

その他
英語のおすすめバイトサイト5選

英語のおすすめバイトサイト5選

バイト求人
【2023年最新版】声優専門学校の人気おすすめランキング13選

【2023年最新版】声優専門学校の人気おすすめランキング13選

教室・スクール・習い事
雑巾の人気おすすめランキング14選【学校で使えるものやプロ仕様も】

雑巾の人気おすすめランキング14選【学校で使えるものやプロ仕様も】

掃除用具・清掃用品
コーヒーの人気おすすめランキング15選【インスタントや缶コーヒーも】

コーヒーの人気おすすめランキング15選【インスタントや缶コーヒーも】

コーヒー飲料
【2023年度版】マッチングアプリやSNSに潜む国際ロマンス詐欺|巧妙な手口と見分け方を徹底解説!おすすめアプリ3選も

【2023年度版】マッチングアプリやSNSに潜む国際ロマンス詐欺|巧妙な手口と見分け方を徹底解説!おすすめアプリ3選も

結婚・婚活