人気芋焼酎のおすすめランキング20選【プレゼントにもおすすめ!】

記事ID32のサムネイル画像

焼酎の中でも特に人気が高く、独特の香りとクセの強い味わいが病みつきになる芋焼酎。ロックやお湯割りなど様々な飲み方ができ、父の日などのプレゼントにもおすすめです。鹿児島産が特に有名で、魔王などのブランドが人気ですが、他にも様々な種類があります。今回は芋焼酎の選び方と、人気芋焼酎のおすすめをランキング形式で紹介します。

※法律により20歳未満の酒類の購入や飲酒は禁止されており、酒類の購入には年齢確認が必要です。

クセのある香りと味わいが魅力の芋焼酎

江戸時代から南九州で広く栽培されているサツマイモを原料とした「芋焼酎」。芋焼酎ならではの独特の甘さや香りを味わえるものから、フルーティーで飲みやすい特徴の芋焼酎まで、さまざまな種類の芋焼酎が販売されています。

 

独特の香りと味わいでコアなファンを増やしている芋焼酎ですが、銘柄が豊富で、どれを選んだら良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。 今回は、人気銘柄から定番まで、おすすめの芋焼酎をランキング芋焼酎の選び方のポイントをご紹介します。ご紹介するランキングからお気に入りの銘柄を見つけてください。

 

ランキングの選定基準は、売れ筋の芋焼酎であるか、評価が高い芋焼酎か、おすすめの飲み方がある芋焼酎かの観点からランキングを作成しました。

芋焼酎とは?焼酎との違いは?

そもそも焼酎とは純度の高いお酒である蒸留酒の一種で、原料には米や麦などといったメジャーな穀物だけでなく、落花生やそばなども使われることがあります。

 

芋焼酎はさつまいもを原料として使った焼酎で、焼酎の中でも糖度が高く上品な甘みが特徴的です。さつまいもの産地である鹿児島県や宮崎県で特に生産が盛んです。

 

焼酎は好きだけれど、芋焼酎は独特の風味が苦手という方は、芋焼酎だけでなく他の焼酎もチェックしてみてください。以下の記事では様々な種類のおすすめ焼酎を紹介しているので、ぜひご覧ください。

芋焼酎の人気おすすめランキング20選

20位

小正醸造

黄猿 1800ml

価格:2,265円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

まるでマスカットのようなフルーティ芋焼酎

「黄猿」は、芋焼酎に使用される代表芋「黄金千貫」をあえて完熟させ、高い製造技術と丁寧な仕事が要求される黄麹を使い、マスカットのようなフルーティーな味わいと香りが特徴の芋焼酎です。

 

黄猿のフルーティーさを味わうためにおすすめなのが、ストレート、ロック、炭酸割りです。水・炭酸割りの際は焼酎1に対し、水もしくは炭酸3がおすすめの配合です。

産地鹿児島さつまいも黄金千貫
黄麹アルコール度数25 %
おすすめの飲み方ストレート、ロック、炭酸割り

口コミを紹介

アッサリしているのかと思いましたが、香り、味わいともにシッカリした芋焼酎だと感じました。
黄金千貫らしいというのでしょうか。黄猿ならではの個性を感じます。

出典:https://www.amazon.co.jp

19位

光武酒造場

魔界への誘い 1800ml

価格:1,950円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

魔界へと誘われてしまうかのような飲みやすさ

黒麹特有の重厚な香りを持ちながらも、味わいのまろやかさが特徴の「魔界への誘い(いざない)」。黄金千貫の両ヘタを切り込み、丁寧な作業で作られた魔界への誘いは、芋臭さの成分を極力抑えた飲みやすさが特徴。また、荒ごし濾過という方法で濾過し、味わいを壊さないように製造されています。

 

重厚でどっしりとした味わいなので、常温ストレートもしくはお湯割で飲むのがおすすめです。

産地佐賀県さつまいも黄金千貫
黒麹アルコール度数25%
おすすめの飲み方ストレート、お湯割り

口コミを紹介

このお湯割りは最高です。香りといい、味といい、私好みで、おいしく毎晩頂いております。

出典:https://www.amazon.co.jp

18位

小鹿酒造

紅とんぼ(べにとんぼ)720ml

価格:1,404円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お湯割りでうまい芋焼酎

「紅とんぼ」は、上品な香りと甘さを引き出すために、細心の注意を払って麹を強く育てたこだわりのある白麹を使用。また理想の香りを醸すためにアヤムラサキを低温で発酵管理で仕込み、ふわりと湯気に漂う芳醇な香りと甘さ、飲みきりの良さのバランスが特徴の芋焼酎です。

 

芳醇な香りと甘さを楽しむために、特にお湯割で飲むのにおすすめの芋焼酎です。

産地鹿児島さつまいもアヤムラサキ
白麹アルコール度数25%
おすすめの飲み方お湯割り

口コミを紹介

まろやかさが良い
お湯割り良い
ロックで飲むと香りが良い。

出典:https://review.rakuten.co.jp

17位

霧島町蒸溜所

明るい農村 1800ml

価格:2,357円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

老舗醸造所の昔ながらの味わい

芋焼酎の銘柄の中でも、特に変わったネーミングの「明るい農村」。明治44年創業の霧島町蒸留所が作る明るい農村は、昔ながらの良い意味で野暮ったさのある芋の旨味が特徴的です。味わいは、風味がとても強いく濃厚なタイプで芋くさい芋焼酎を求めている方にぴったり。

 

野暮ったい芋の旨みを味わうためにも、ストレートやロック、お湯割で飲むのがおすすめの芋焼酎です。

産地鹿児島さつまいも黄金千貫
黒麹・白麹のブレンドアルコール度数25%
おすすめの飲み方ストレート、ロック、お湯割り

口コミを紹介

焼酎好きの私にとって、明るい農村は基準の焼酎です。これより高ければ余程美味しくないと買いません。これより安くてこの程度に美味しい焼酎を探しています。

出典:https://review.rakuten.co.jp

16位

村尾酒造

村尾 1800ml

価格:9,300円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

芋焼酎3Mのプレミアム芋焼酎

芋焼酎好きからは3M(森伊蔵・村尾・魔王)と呼ばれているほどの人気を誇る3Mのうちの1本である「村尾」。最大の特徴は、口に含んだ瞬間に広がる、強烈な芋の香ばしさです。柔らかな飲み口と甘さの中にスッキリとした芋の味も感じさせる味わいで非常に飲みやすいと評判です。原料の買付、製造から配達まで村尾寿彦氏一人で行っているため作られている量が限られており、プレミアがつくほど人気の一本です。

 

おすすめの飲み方は、村尾のプレミアムな味わいを堪能するためにも、ストレートもしくはロックで飲むのがおすすめです。

産地鹿児島さつまいも黄金千貫・白豊
黒麹アルコール度数25%
おすすめの飲み方ストレート・ロック

口コミを紹介

オーソドックスなのに、ものすごい味わい深い焼酎!
口当たりは爽やか。まろやかな味わいで、後味はキレがある、一度で三度美味しい焼酎です。
さすがに3Mの1つ。魔王はたまに飲んでいましたが、村尾の方が焼酎らしい焼酎で、どう飲んでも旨い!

出典:https://www.amazon.co.jp

15位

森伊蔵酒造

森伊蔵 1800ml

価格:17,900円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高級芋焼酎の代表

村尾に並ぶ3Mのうちの1本である「森伊蔵」。契約栽培のさつまいもを昔ながらのかめ壺でじっくりと熟成発酵させた芋焼酎です。最大の特徴は、芋臭さを除去したまろやかな味です。 芋焼酎なのに芋くさくない。 人によっては、芋というよりは、飴のような甘さと評する人もいるほど。値段は張りますが、なめらかでトロみがあり風味のバランスが絶品の芋焼酎です。 

 

どんな飲み方でも極上の味わいを提供してくれる森伊蔵ですが。その中でも特におすすめなのは、やはり森伊蔵をじっくり味わうためにもストレートやロックで飲むことをおすすめします。

産地鹿児島さつまいも黄金千貫
白麹アルコール度数25%
おすすめの飲み方ストレート、ロック

口コミを紹介

割って飲むのがもったいない!そのぐらい美味しい焼酎です。まず、一口目はそのまま飲むことをお勧めします。この焼酎のうまさがよくわかると思います。
いも好きの方は、ぜひご賞味あれ。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

白玉醸造

白玉の露 1800ml

価格:1,549円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安くて美味しい魔王の兄弟

3Mの一つである「魔王」を手がける白玉醸造が手がける「白玉の露」。黄金千貫を原料に白麹で醸した芋焼酎で、やさしい芋の香りとまろやかでキレのよい飲み口が特徴。スタンダードな味わいですが、値段以上の美味しさを誇り多くのファンを獲得しています。

 

優しい味わいの白玉の露は、芋焼酎を初めて飲む方や、芋くさいのが苦手な方におすすめです。どんな飲み方でもマッチする万能芋焼酎と言えるでしょう。

産地鹿児島さつまいも黄金千貫
白麹アルコール度数25%
おすすめの飲み方なんでもOK

口コミを紹介

白玉醸造のスタンダードなお酒ということですが、ちゃんとおいしいです。
これを飲むと、同じ酒造から出ていてとんでもないプレミアム価格が付いている「魔王」をわざわざ買おうとは思わなくなります(少なくとも私は)。
お勧めです。
しかし安いよなぁ。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

霧島酒造

虎斑霧島 900ml

価格:1,269円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

霧島酒造の新作

黒霧島で有名な霧島酒造からの新作である「虎斑霧島」は、清酒の製造に用いられている黄麹と霧島酒造創業者が極めた黒麹をブレンドした珍しい芋焼酎です。虎斑霧島は、キレのあるナチュラルな苦みに、ふわっと広がる華やかな香りと甘みが特徴です。まるで日本茶のように、苦みが甘みを引き立たせ、複雑ながらもなめらかに絡み合う旨さで人気急上昇中です。

 

虎斑霧島のおすすめの飲み方は、複雑ながらもなめらかな味わいが楽しめる、水割りがおすすめです。

産地宮崎県さつまいも黄金千貫
黄麹・黒麹のブレンドアルコール度数25%
おすすめの飲み方水割り

口コミを紹介

虎斑も負けず劣らず美味しいです。味もまろやかで、虎斑ファンになりそうです。

出典:https://shopping.yahoo.co.jp

12位

京屋酒造

甕雫 1800ml

価格:4,000円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

粋な甕入り芋焼酎

宮崎県日南市の京屋酒造が製造している「甕雫」。原料には無農薬有機農業で栽培した宮崎紅寿芋を使用していることも他の銘柄にはない特徴です。香りは爽やかで、優しく品のある甘みのある芋焼酎です。甕雫の最大の特徴は、その入れ物です。瓶ではなく甕に入っており、付属で柄杓も付いているので、味わいだけでなく、ビジュアルにも富んでいます。

 

甕雫のおすすめの飲み方は、前割りとロックです。特に前割は焼酎9に対し水1の割合で作ってみましょう。まろやかで優しい味わいを楽しむことができるのでおすすめです。

産地宮崎県さつまいも宮崎紅寿
白麹アルコール度数20%
おすすめの飲み方前割り、ロック

口コミを紹介

口当たりさわやかで非常に飲みやすい芋焼酎です。
芋焼酎苦手な人もこれなら行けるはず!

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

吉永酒造

利八 ジョイホワイト 1800ml

価格:3,800円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一風変わった芋焼酎

まだ使っている銘柄の少ないジョイホワイトを使った「利八 ジョイホワイト」。香り芋として焼酎のために開発された白系さつまいもであるジョイホワイトは、柑橘系のフルーティで爽やかな風味と黒麹によるコクとキレ、そしてすっきりとした後味が特徴的です。

 

珍しいジョイホワイトを使った芋焼酎を試してみたい方におすすめの芋焼酎です。おすすめの飲み方は、ロック・水割りやお湯割りで、それぞれジョイホワイトの味わいを楽しめます。

産地鹿児島さつまいもジョイホワイト
黒麹アルコール度数25%
おすすめの飲み方ロック、水割り、お湯割り

口コミを紹介

初めて購入しましたが、芋焼酎とは思えない華やかさ。芋焼酎が嫌いという人にも飲ませてみたい、と思うお酒です。

出典:https://review.rakuten.co.jp

10位

さつま無双

もぐら 1800ml

価格:2,800円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ネーミングと味わいのインパクト

一度聞いたら忘れられないネーミングが特徴の「もぐら」。名前だけでなく、味わいにもインパクトがあります。荒濾過仕立てという芋本来の旨味を生かした製法で、濃厚な芋感が広がったかと思えば、その後にふわっとした甘みがやってきます。

 

もぐらは荒々しい芋の風味が特徴なので、芋くさい芋焼酎を求めているという方におすすめです。おすすめの飲み方はロック、水割り、前割りです。きっと、まろやかさが染み渡るはずです。

産地鹿児島さつまいも黄金千貫
米麹アルコール度数25%
おすすめの飲み方ロック、水割り、前割り

口コミを紹介


地元、鹿児島県では買えませんでした「もぐら」はとっても美味いしゅうございます。
私の吞み方を僭越ながら、ご紹介させていただきます。
先ず、ロックは、チョイ割りに限りますね。氷と焼酎をグラスに入れてから、水(清涼飲料水)チョイ(1割位)と注ぎます。
とても甘みが出てまろやかになり、ツイツイ飲み過ぎてしまいます。いかがでしょうか。
次は、前割りです。好みですが、一升作るのに焼酎600CCに飲料水1200CC注いで3日以上寝かします。
1升の焼酎瓶が3本になりますよ。ほろ酔い気分で体調も良いです。
できれば、陶器で出来たサーバーがベストでしょう。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

西酒造

天使の誘惑 720ml

価格:3,100円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最高金賞を受賞した芋焼酎

西酒造が販売する「天使の誘惑」。インターナショナル・ワイン&スピリット・コンペティション2014にて最高金賞を受賞した芋焼酎です。天使の誘惑の特徴は、ブランデーを思わせる味わいで旨み・コクが強く、甘みがはっきりと存在し、余韻を長く楽しむことができます。芋焼酎ファンのみならず、多くのお酒好きに愛されている芋焼酎と言えるでしょう。

 

天使の誘惑はロックで飲むのがおすすめです。ブランデーやスコッチなどと形容される味わいを楽しんでみてはいかがでしょうか。

産地鹿児島さつまいも黄金千貫
白麹アルコール度数40%
おすすめの飲み方ロック

口コミを紹介

このお酒に出会えてよかった!と思うくらい一番のお気に入りです。
オンザロックで飲むのがいちばん好みに合いました。
またリピートします。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

濱田酒造

赤兎馬 1800ml

価格:2,883円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワインのような味わい

九州地方の酒屋のプライベートブランドとして生まれた芋焼酎の「赤兎馬」。その美味しさに口コミが広がり、全国的に人気の芋焼酎となりました。赤兎馬の特徴は、口当たりは淡麗でありながら、クセの少ない味わいとほのかに甘い香りで、多くの芋焼酎ファンを支持を集めています。

 

赤兎馬のおすすめの飲み方は、ロックです。淡麗で重厚かつ優しい味わいを楽しむためにも、ロックで飲むと赤兎馬の特徴をより感じられるでしょう。

 

産地鹿児島さつまいも黄金千貫
白麹アルコール度数25%
おすすめの飲み方ロック

口コミを紹介

良い香りと口に含むとほんのり甘いフルーティーな味わいが素晴らしい焼酎です。
いつもそのままグラスに注いで香りを楽しみながら飲める最高の焼酎です。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

西酒造

富乃宝山 1800ml

価格:2,750円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

芋焼酎人気の立役者

天使の誘惑でご紹介した西酒造から販売されている「富乃宝山」。それまでの「芋焼酎は臭い」という固定観念を覆し、老若男女問わず多くの人を魅了し、芋焼酎ブームの立役者となった人気銘柄です。クセのある香りではなく、華やかな柑橘系のような香りが特徴です。

 

芋焼酎を飲み慣れてない方でも、飲みやすい芋焼酎なので初心者の方に特におすすめです。クセが少ないので、どんな飲み方でもマッチする万能芋焼酎と言えるでしょう。

産地鹿児島さつまいも黄金千貫
黄麹アルコール度数25%
おすすめの飲み方なんでもOK

口コミを紹介

あんまり芋焼酎っぽくありません。
普通、「芋焼酎」といえば、独特のクセがあって、そのクセが逆に好き!
という人が愛飲してる、ある意味マニアックな味の焼酎だ、と認識しております。
ところが、この富乃宝山は、まったく芋焼酎っぽくないんです。
やや香ばしくて、焼き芋っぽいんですよ。
ほんのり甘い風味で、サツマイモっぽいんですよ。
でも、それって、芋焼酎っぽいって事とは違います…よね?
…このニュアンス、酒飲みならば、ご理解頂けるでしょうか?
そんな、芋焼酎っぽくなくて、焼き芋っぽい風味の焼酎…それこそが富乃宝山だ!…と、私は勝手に納得しております。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

三岳酒造

三岳 1800ml

価格:1,800円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安くて飲みやすい芋焼酎

芋焼酎の定番である、鹿児島県・屋久島の「三岳(みたけ)」。三岳は芋焼酎のなかでも定番に位置する芋焼酎で有名です。価格の割りに品質が良く、クセが強くないことから飲みやすいと好評で、多くの芋焼酎ファンからの支持を集める銘柄です。御岳の特徴は、ほんのり香る芋の上品な香り、澄み切った味わいです。

 

芋焼酎を飲みなれてない方でも、すいすい飲める芋焼酎で、特に芋焼酎初心者に大人気。飲みやすいベーシックな芋焼酎なので、どんな飲み方にもマッチするのが嬉しいポイント。

産地鹿児島さつまいも黄金千貫
白麹アルコール度数25%
おすすめの飲み方なんでもOK

口コミを紹介

飲みやすい。お友達に勧められました。芋焼酎苦手を克服しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

甲斐商店

伊佐美 1800ml

価格:2,550円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プレミアム芋焼酎の草分け的存在

プレミアム焼酎の元祖と言われている「伊佐美」。伊佐美は、白麹が主流だった時代から黒麹を使用し、30年以上多くの熱狂的ファンから愛されている銘柄です。伊佐美は、黒麹らしい濃厚な味わいながら、クセは強くなく、バランスの取れた味わいが特徴です。

伊佐美のおすすめの飲み方は、特徴である濃厚な味わいを生かすロックや、香りを楽しむお湯割りがおすすめです。

産地鹿児島さつまいも黄金千貫
黒麹アルコール度数25%
おすすめの飲み方ロック・お湯割り

口コミを紹介

水又は湯で割っても味が薄くならず、しっかりと芋の甘味があります。
多くの銘柄を呑んできましたが、芋焼酎の中で自分は伊佐美が一番です。
まだ呑まれてない方是非お勧めします。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

佐藤酒造

佐藤 黒麹 1800ml

価格:2,780円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お湯割りがベストの芋焼酎

3Mに並ぶプレミアム焼酎として人気の、鹿児島県の佐藤酒造による芋焼酎「佐藤 黒麹」。多くのいも焼酎ファンを魅了する人気芋焼酎です。佐藤 黒麹の特徴は、黒麹による芋感のある力強くキレのある味わいと重厚で柔らかな甘みです。

 

佐藤 黒麹のおすすめの飲み方は、お湯割りです。特にお湯で割ることで、佐藤 黒麹が持つ、独特の重厚でやわらかな甘みが、口のなかに広がり贅沢な気分を味わうことが可能です。お湯割りは苦手だと言う方も佐藤 黒麹でお湯割りで楽しんでみてはいかがでしょうか。

産地鹿児島さつまいも黄金千貫
黒麹アルコール度数25%
おすすめの飲み方お湯割り

口コミを紹介

焼酎はとても美味しく、満足です。
お湯割りで飲むならこれが最高だと思っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

霧島酒造

赤霧島 900ml

価格:950円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ムラサキマサリの唯一無二の味わい

黒霧島の兄弟銘柄である「赤霧島」。赤霧島の特徴は、ムラサキマサリという紫芋を原材料に使用し、黄金千貫にはない、ムラサキマサリ独自の芋焼酎とは思えない香りと甘みが特徴です。発売当初は、あまりの人気で入手が非常に難しい芋焼酎でした。今では手軽に購入できるようになり、リピーターを数多く確保する大人気銘柄となりました。

 

どんな料理とも相性の良い赤霧島は、味わいを十分に引き出すためにも、ロックや水割り、前割りで飲むのがおすすめです。

産地宮崎県さつまいもムラサキマサリ
白麹アルコール度数25%
おすすめの飲み方ロック、水割り、前割り

口コミを紹介

昔は店舗で偶然見つけた時だけ買っていましたが
昨今は芋の生産量が増えたのか手頃な価格で手に入る機会が多くなってきて嬉しいですね。

香りと甘さが引き立つロックで飲むのがオススメです。
一口目から最後の余韻までとことん澄み切った甘さが美味しい焼酎です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

霧島酒造

黒霧島 1800ml

価格:1,502円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キングオブ芋焼酎

芋焼酎の定番中の定番である「黒霧島」。黒霧島を置いていないスーパーやコンビニは無いと言っていいほど、また、芋焼酎に詳しくない方でもその名を聞いたことがあるくらい有名な銘柄です。芋焼酎らしい独特な味わいと、トロリとした甘みが特徴の黒霧島は、芋焼酎のスタンダードと言っても過言ではありません。多くのファンに愛され続ける人気銘柄です。

 

どんな割り方にもマッチする黒霧島は、さまざまな割り方を楽しんで、自分好みの割り方を探してみると良いでしょう。黒霧島を基準に好みの芋焼酎を探してみることもおすすめです。

産地宮崎さつまいも黄金千貫
黒麹アルコール度数25%
おすすめの飲み方なんでもOK

口コミを紹介

あまり焼酎は飲みませんがこの焼酎は芋のくさみと癖の薄さが特徴です
初心者向けというほどではありませんがカクテルによし割ってよしと汎用性が高いです
とても味わい深いのでおすすめです
個人的には銘酒

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

国分酒造

「国分酒造」 いも麹 芋 1800ml

価格:2,334円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ふくよかな甘みがクセになる

100%さつまいもだけで作られた芋焼酎「いも麹 芋」。100%の芋焼酎を1998年に業界で初めて販売した「いも麹 」焼酎の元祖です。

 

芋を存分に楽しみたい芋好きに本当にオススメした逸品です。ロックで飲むとキレのある味を楽しむことができ、お湯割にすると甘みが増します。

産地鹿児島さつまいも黄金千貫
芋麹アルコール度数26%
おすすめの飲み方ストレート、ロック

口コミを紹介

芋好きだから、存分に味わいたい・・ホントの芋焼酎ってコレだなって思ってます。 今のところお求め易い最高の「芋」!

出典:https://www.amazon.co.jp

芋焼酎の選び方

ここでは芋焼酎の選び方について解説していきます。芋焼酎の原料はどんなものなのか、それぞれの特徴と、芋焼酎はどのような飲み方があるのかなど簡単に説明していきます。

麹の種類で選ぶ

芋焼酎の原料として、が挙げられます。麹には米麹芋麹の2種類があり、さらに米麹には、白麹・黒麹・黄麹の3種類があります。芋麹と黄麹は珍しく、年々増えてきているとはいえ、出回っているものの多くは白麹と黒麹です。それぞれの麹の特徴から、いも焼酎を選んでみましょう。

辛口の強い風味が好きな方は「黒麹」

黒麹の特徴は、深いコク、独特の芋臭い強い風味です。ガツンとくる味わいや、重厚な香りの芋焼酎になる傾向があります。また、飲み口が辛口になる傾向があり、これは製造過程で発生するクエン酸によるものと言われています。
 
黒麹で作られる芋焼酎は、ガツンとくる味わいや、辛口、強い風味を求めている人におすすめです。

芋くささが苦手な方はすっきりとした「白麹」がおすすめ

白麹の特徴は、「まろやかな味わい」「柔らかな香り」です。香り・味ともに、穏やかで優しい口当たりになる傾向があります。白麹で作られた芋焼酎は、芋らしい甘みがありつつも、スッキリしていることから飲みやすい芋焼酎になる傾向があります。
 
ガツンと重い味わいや、芋臭すぎる感じの芋焼酎が苦手な方や、スッキリした飲み口が好みな方には、白麹で醸造した芋焼酎がおすすめです。

プレゼント用なら高級な「黄麹・芋麹」もおすすめ

そのほかに芋焼酎に用いられる麹として、フルーティーな味わいを作り出す黄麹と、甘くすっきりした仕上がりになる芋麹とがあります。どちらの麹で作られる芋焼酎は、高い技術力が必要となることから、徐々に増えてきているとはいえ、まだまだ希少な種類と言えるでしょう。

 

どちらも希少であるがゆえに、なかなかお目にかかるのが難しいですが、黄麹・芋麹を味わってみたいという方や、話題作り、プレゼント用として選ぶのにおすすめの芋焼酎と言えるでしょう。

芋の種類で選ぶ

芋焼酎に欠かせないのは何と言っても「芋」です。芋焼酎の味に大きく影響を与えるサツマイモの種類を簡単に解説していきます。それぞれの特徴を把握した上で選ぶという楽しみもあります。

定番の味を求める方は「黄金千貫」

黄金千貫(こがねせんがん)は、主に鹿児島や宮崎などで多く栽培され、収穫量が多い品種です。一般的に販売されている多くの芋焼酎に使用されているさつまいもです。黄金千貫は他の品種の芋と比べ、デンプンの含有量が多く、甘い風味と丸く柔らかいバランスのとれた味の芋焼酎になるのが特徴です。 
 
多くの芋焼酎に使用されるさつまいもなので、定番を押さえておきたいという方や、甘い風味で芋らしい甘みを味わえるので、初心者から通の方まで幅広く楽しめる芋焼酎と言えるでしょう。

飲みやすさ重視なら「アヤムラサキ・ムラサキマサリ」

「アヤムラサキ」「ムラサキマサリ」は赤ワインのようなフルーティーな香りと、程よい酸味を楽しむことができる紫芋系のさつまいもです。紫芋を原料とした焼酎は、華やかな香りと芋らしい優しい甘みが特徴の味わいになります。
 
一般的に、黄金千貫の芋焼酎より紫芋系の芋焼酎の方が飲みやすいと言われているので、芋焼酎の初心者の方であれば、紫芋系の芋焼酎がおすすめです。

フルーティさが欲しい方は「アヤコマチ」や「ハマコマチ」などの橙芋系

橙芋はオレンジ芋ともいわれ、「アヤコマチ」・「ハマコマチ」などがあります。橙芋から作られる芋焼酎は、甘みがあって華やかでフルーティな香りが特徴です。

爽やかでさっぱりとした風味が好きな方は「ジョイホワイト」などの白芋系

皮も果肉も真っ白な白芋系のサツマイモで作られる芋焼酎もあります。品種としては、芋焼酎用に開発された「ジョイホワイト」や「シロユタカ」などがよく使われています。

 

白芋系さつまいもから作られる芋焼酎の特徴は、爽やかで果実のような香りが特徴で、淡麗かつフルーティーな味わいを楽しむことができます。

 

芋臭すぎるのは苦手という方や、変わり種も味わってみたいという方におすすめのさつまいもです。

芋焼酎の「香り」は好みに合わせて選ぼう

美味しい芋焼酎というのはとにかく香りが良く、芋焼酎ならではの独特な香りを好んで飲む方が多いようです。

 

芋焼酎はややクセがあると言われますが、美味しい一本は芳醇な香りが高いためクセが全くありません。店頭などで芋焼酎の香りを確かめられる場合は、自分の好みの香りかどうか確認してみてください。

飲み方で選ぶ

芋焼酎は、一般的な他の焼酎と同じような飲み方ですが、好みの飲み方は人それぞれ。ここでは、芋焼酎のおいしい飲み方を解説するとともに、各飲み方でおすすめの焼酎の特徴を簡単にご紹介します。変わった飲み方も紹介するので参考にしてみてください。

「ストレート・ロック・水割り」は様々なアレンジが楽しめる

芋焼酎は、たくさんの銘柄が販売されています。同じ麹やさつまいもを使っていても、銘柄によって風味や香りが違います。その味の違いを楽しむのであれば、常温そのままのストレートがおすすめ。特に黒麹系のガツンとくる芋焼酎で楽しむのがおすすめです。

 

ロックは芋焼酎と氷しか入れていないので、最初は濃い味が楽しめます。徐々に氷が溶けてくると、口当たりが優しくなり、味わいの遷移を楽しむことができます。ストレート同様、芋焼酎本来の味わいを楽しみたい方におすすめ。特に黒麹系の芋焼酎で楽しむのがおすすめです。

 

水割りは、先に氷と芋焼酎を入れて、お好みの量の水を足して作ります。割合はお好みで。出来るだけ美味しい水(軟水を使いましょう)で割ることで、味や口当たりがよくなります。こちらは白麹系の芋焼酎でフルーティな味わいを楽しむのがおすすめ。

芋の風味を楽しむなら「お湯割り」

最も芋の風味が引き立つのはお湯割りです。焼酎づくりで盛んな鹿児島県でも好まれている飲み方で、焼酎4・お湯6で割るのが一般的な作り方です。湯気から立ち上る芋の香りは格別です。

 

作り方の注意点としてはアルコールが飛びすぎないように、先にお湯をグラスに注いでから焼酎を注ぐという点です。また沸騰したばかりのお湯よりも80℃前後の方がより風味が立ちます。

 

お湯割でおすすめの芋焼酎は黒麹・白麹系どちらでもおすすめですが、香りが弱めのいも焼酎を割るといつもと違った風合いが楽しめます。いつもと違った風合いで飲みたいという方や、お湯割で飲むのが好きという方は参考にしてみてください。

糖質やカロリーが気になる方は「炭酸割り」

少し珍しい飲み方として、芋焼酎を炭酸水で割る飲み方です。芋焼酎独特の香りを炭酸でまろやかに膨らませて立たせることで、よりいっそう香りを味わうことができるようになります。喉越しスッキリで、もしかしたらいつもより飲みすぎてしまうかもしれません。

 

炭酸割りでおすすめの芋焼酎は白麹系の芋焼酎です。暑い日にゴクゴクと芋焼酎を飲みたいたまには違う飲み方をしてみたいという方は参考にしてみてください。

 

また、炭酸割りであれば余分なカロリーもかからないので、糖質制限中の方や、ダイエット中などでカロリーを気にしている方にもおすすめです。

芋くささが苦手な方は「お茶割り」がおすすめ

こちらも芋焼酎の飲み方としてはやや珍しい、お茶で割る方法です。緑茶で芋焼酎を割ると意外にもお茶の風味と芋焼酎の味わいがマッチします。お茶割りは悪酔いしにくい特徴があるので自宅での晩酌に向いています。夏はウーロン茶割りもゴクゴク飲めておすすめです。

 

お茶割りは、いつもと違った飲み方をしたいという方や、芋焼酎にチャレンジしたいが、芋臭すぎるのが苦手という方におすすめです。白麹系の芋焼酎とよく合うので試してみてはいかがでしょうか。

まろやかな味わいが好きな方は「前割り」

「前割り」とは、焼酎作りのお膝元である鹿児島で、お客さまをもてなす席で振る舞われてきた飲み方です。焼酎と水を好みの割合で混ぜ(おすすめは5:5)冷蔵庫などで数日間寝かせた焼酎の飲み方です。

 

事前に焼酎と水を混ぜることによって、焼酎と水がよく馴染み、口当たりが非常にまろやかになります。寝かせる期間は3日~と様々ですが、一晩寝かすだけでもかなり味わいに変化があります。

 

水割りやお湯割りとはまた違った味わいが特徴の前割りは、黒麹系のガツンとした芋焼酎がおすすめです。ロックや水割りとは違った味わいを楽しむことが可能です。

コーヒーやジュースなどの「変わり種」も試してみよう

コーク割りやジュース割りなど、甘い飲み物で割ることが多いですが、甘い飲み物が苦手な方はコーヒー割りなどの変わった割り方をしてみてはいかがでしょうか?

 

コーヒーの香ばしい香りと、芋焼酎の香りが組み合わさって大人な香りを楽しむことができそうです。また、気分に合わせてミルクやシロップを入れて甘みのある味わいを楽しんだり、バニラアイスをのせてデザート風に楽しんでみるのも良いかもしれません。

甲・乙・甲乙混和といった「蒸留方法」は好みに合わせて

焼酎は製造上の違いにより甲・乙・甲乙混和の3種類分けられるのですが、美味しい芋焼酎を飲みたいのであれば、乙類を選ぶことをおすすめします。

 

乙類は「本格焼酎」と呼ばれ、昔ながらの単式蒸留法によって芋が本来持つ香りや風味をしっかりと抽出させることができます。

 

一方、甲類は連続式蒸留方式で風味が取れたクリアなアルコールが抽出でき、クセがなく飲みやすいという利点がありますが、原料が持つ味や香りが薄れてしまいます。

鹿児島などさつまいもの「産地」では種類が豊富

芋焼酎を選ぶ際、産地も考慮して選ぶと良いでしょう。芋焼酎の原料となる芋は、酒蔵と同じ地域でとれたものを利用することが多いそうで、言い換えると芋が美味しい地域の芋焼酎は美味しくなる傾向があるのだとか。

 

そのため、日本一のサツマイモの生産量を誇る鹿児島県には、芋焼酎を作っているところが多いのが関係しているようです。

 

鹿児島県が類を見ないほどのサツマイモ生産量を誇りますが、茨城県や千葉県での生産量も豊富なようなので、このような地域の芋焼酎を選んで見ても良いかもしれませんね!

初めて飲むなら買いやすい「価格」の芋焼酎を選ぼう

芋焼酎は1000円前後で買える安い銘柄から数万円する高級なプレミア焼酎まで、幅広い価格帯になっています。あまり焼酎を味わったことがない方は、手の出しやすい比較的安価な芋焼酎から飲み比べてみてはいかがでしょうか?

 

初めから高級な銘柄を飲んでしまうと、舌が高級品に慣れてしまい安い芋焼酎が一切飲めなくなってしまうかもしれません。逆に、安すぎるものだと味の質が低い可能性も高いため、安すぎず高すぎず程よい価格帯の芋焼酎から飲み始めることをおすすめします。

用途で選ぶ

芋焼酎は日頃お世話になっているあの人に贈答する贈り物用で購入する場合や、自宅で嗜むように購入するなど用途は様々です。用途に合わせて選ぶ芋焼酎の種類を変えてみるのも良いでしょう。

父の日などの「ギフト用」なら贈る相手に合わせて選ぼう

普段お世話になった方などに送る芋焼酎は、やはり自分ではなかなか手が出せないような値段の芋焼酎を送ると喜ばれると思います。誰に送るかによって、価格帯も変わってくるので、ご自身が贈答する相手の立場を配慮しながら選んでみると良いでしょう!

「自宅用」ならコスパがよいものがおすすめ

自宅で嗜む用の芋焼酎はご自身が楽しむ程度なので、あまり高価なものでなくても良いのではないでしょうか。普段のご褒美であったり、特別な日などには高価な芋焼酎を飲んでみてはいかがでしょうか?

 

毎日高級な芋焼酎を飲んでいると、特別感が感じられなくなってしまうため、たまに高価なもの、普段は比較的安価なものを飲んでみると良いかもしれません。

芋焼酎のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4174の画像

    国分酒造

  • 2
    アイテムID:4191の画像

    霧島酒造

  • 3
    アイテムID:4142の画像

    霧島酒造

  • 4
    アイテムID:4087の画像

    佐藤酒造

  • 5
    アイテムID:4067の画像

    甲斐商店

  • 6
    アイテムID:4056の画像

    三岳酒造

  • 7
    アイテムID:4053の画像

    西酒造

  • 8
    アイテムID:4047の画像

    濱田酒造

  • 9
    アイテムID:4043の画像

    西酒造

  • 10
    アイテムID:4028の画像

    さつま無双

  • 11
    アイテムID:3995の画像

    吉永酒造

  • 12
    アイテムID:3974の画像

    京屋酒造

  • 13
    アイテムID:3969の画像

    霧島酒造

  • 14
    アイテムID:3965の画像

    白玉醸造

  • 15
    アイテムID:3961の画像

    森伊蔵酒造

  • 16
    アイテムID:3719の画像

    村尾酒造

  • 17
    アイテムID:3715の画像

    霧島町蒸溜所

  • 18
    アイテムID:3712の画像

    小鹿酒造

  • 19
    アイテムID:3708の画像

    光武酒造場

  • 20
    アイテムID:3704の画像

    小正醸造

  • 商品名
  • 「国分酒造」 いも麹 芋 1800ml
  • 黒霧島 1800ml
  • 赤霧島 900ml
  • 佐藤 黒麹 1800ml
  • 伊佐美 1800ml
  • 三岳 1800ml
  • 富乃宝山 1800ml
  • 赤兎馬 1800ml
  • 天使の誘惑 720ml
  • もぐら 1800ml
  • 利八 ジョイホワイト 1800ml
  • 甕雫 1800ml
  • 虎斑霧島 900ml
  • 白玉の露 1800ml
  • 森伊蔵 1800ml
  • 村尾 1800ml
  • 明るい農村 1800ml
  • 紅とんぼ(べにとんぼ)720ml
  • 魔界への誘い 1800ml
  • 黄猿 1800ml
  • 特徴
  • ふくよかな甘みがクセになる
  • キングオブ芋焼酎
  • ムラサキマサリの唯一無二の味わい
  • お湯割りがベストの芋焼酎
  • プレミアム芋焼酎の草分け的存在
  • 安くて飲みやすい芋焼酎
  • 芋焼酎人気の立役者
  • ワインのような味わい
  • 最高金賞を受賞した芋焼酎
  • ネーミングと味わいのインパクト
  • 一風変わった芋焼酎
  • 粋な甕入り芋焼酎
  • 霧島酒造の新作
  • 安くて美味しい魔王の兄弟
  • 高級芋焼酎の代表
  • 芋焼酎3Mのプレミアム芋焼酎
  • 老舗醸造所の昔ながらの味わい
  • お湯割りでうまい芋焼酎
  • 魔界へと誘われてしまうかのような飲みやすさ
  • まるでマスカットのようなフルーティ芋焼酎
  • 価格
  • 2334円(税込)
  • 1502円(税込)
  • 950円(税込)
  • 2780円(税込)
  • 2550円(税込)
  • 1800円(税込)
  • 2750円(税込)
  • 2883円(税込)
  • 3100円(税込)
  • 2800円(税込)
  • 3800円(税込)
  • 4000円(税込)
  • 1269円(税込)
  • 1549円(税込)
  • 17900円(税込)
  • 9300円(税込)
  • 2357円(税込)
  • 1404円(税込)
  • 1950円(税込)
  • 2265円(税込)
  • 産地
  • 鹿児島
  • 宮崎
  • 宮崎県
  • 鹿児島
  • 鹿児島
  • 鹿児島
  • 鹿児島
  • 鹿児島
  • 鹿児島
  • 鹿児島
  • 鹿児島
  • 宮崎県
  • 宮崎県
  • 鹿児島
  • 鹿児島
  • 鹿児島
  • 鹿児島
  • 鹿児島
  • 佐賀県
  • 鹿児島
  • さつまいも
  • 黄金千貫
  • 黄金千貫
  • ムラサキマサリ
  • 黄金千貫
  • 黄金千貫
  • 黄金千貫
  • 黄金千貫
  • 黄金千貫
  • 黄金千貫
  • 黄金千貫
  • ジョイホワイト
  • 宮崎紅寿
  • 黄金千貫
  • 黄金千貫
  • 黄金千貫
  • 黄金千貫・白豊
  • 黄金千貫
  • アヤムラサキ
  • 黄金千貫
  • 黄金千貫
  • 芋麹
  • 黒麹
  • 白麹
  • 黒麹
  • 黒麹
  • 白麹
  • 黄麹
  • 白麹
  • 白麹
  • 米麹
  • 黒麹
  • 白麹
  • 黄麹・黒麹のブレンド
  • 白麹
  • 白麹
  • 黒麹
  • 黒麹・白麹のブレンド
  • 白麹
  • 黒麹
  • 黄麹
  • アルコール度数
  • 26%
  • 25%
  • 25%
  • 25%
  • 25%
  • 25%
  • 25%
  • 25%
  • 40%
  • 25%
  • 25%
  • 20%
  • 25%
  • 25%
  • 25%
  • 25%
  • 25%
  • 25%
  • 25%
  • 25 %
  • おすすめの飲み方
  • ストレート、ロック
  • なんでもOK
  • ロック、水割り、前割り
  • お湯割り
  • ロック・お湯割り
  • なんでもOK
  • なんでもOK
  • ロック
  • ロック
  • ロック、水割り、前割り
  • ロック、水割り、お湯割り
  • 前割り、ロック
  • 水割り
  • なんでもOK
  • ストレート、ロック
  • ストレート・ロック
  • ストレート、ロック、お湯割り
  • お湯割り
  • ストレート、お湯割り
  • ストレート、ロック、炭酸割り

芋焼酎を使ったアレンジレシピをご紹介!

芋焼酎は飲み物として楽しむだけでなく、料理にも活用できることをご存知でしたか?ロックで飲むだけでなく、ジュース割など芋焼酎を存分に楽しんだ後は、最後に料理に活用してみてください。最後に、芋焼酎を使ったアレンジレシピをご紹介します!

おつまみにもおすすめな「煮豚」

【材料】

・豚ももブロック 400g

・芋焼酎 100cc

・水 100cc

・醤油 大さじ2

・砂糖 大さじ2

 

【作り方】

1.豚ももブロック肉、芋焼酎、水、砂糖、醤油を圧力鍋に入れて蓋をし15分ほど圧をかけてそのまま圧が抜けるまで放置します。

2.煮汁を煮詰めながらお肉に絡めていきます。

3.お肉が冷めたら薄切りにして出来上がりです。

甘みを存分に楽しむなら「りんごジャムパンケーキ」

【材料】

・りんご 400g

・三温糖 1回目 30g 2回目 小さじ1

・芋焼酎 1回目 50ml 2回目 50ml

・水 100ml

・ハチミツ 大さじ3

・マーガリン・メープルシロップ お好みで

 

【作り方】

1.りんごをさいの目に細かく切って、フライパンに三温糖と芋焼酎を一緒に入れて火をつけます。(1回目)

2.途中水を入れてしばらく煮て、りんごを崩しながら三温糖と芋焼酎を入れて煮ます。(2回目)

3.ハチミツを入れて甘さを調節していきます。

4.冷凍のパンケーキを加熱して、一口サイズに切ってから完成したりんごジャムを乗せてお好みでメープルシロップをかけて完成です。

芋焼酎を飲むなら高機能なグラスを使おう!

芋焼酎を飲む際には、ぜひグラスにもこだわりましょう。機能性の高いグラスや、おしゃれでデザイン性の高いグラスであれば日々の晩酌ももっと充実します。

 

以下の記事では保温・保冷性能が高く、芋焼酎にもおすすめのダブルウォールグラスのおすすめ商品を紹介しているので、ぜひご覧ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は芋焼酎の選び方と、人気のおすすめの芋焼酎20選を紹介させていただきました。気になった芋焼酎はあったでしょうか。芋焼酎はする際は、さつまいもや麹、飲み方をよく考えてから購入してみてください。きっとお気に入りの一本が見つかるはずです。この記事が芋焼酎を選ぶのに参考になれば幸いです。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2019年08月08日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ