【2021年最新版】漂白剤の人気おすすめランキング15選【ワイシャツの黄ばみを落とす】

記事ID2746のサムネイル画像

頑固なカビや黄ばみなどを落とし、消臭効果もある漂白剤。酸素系や塩素系などさまざまな種類があり、どれを選べばよいか迷ってしまいます。そこで今回は、漂白剤の選び方や人気のおすすめ商品ランキングをご紹介します。キッチン用の漂白剤をお探しの方も必読です!

ワイシャツ襟汚れ・作業服にも!漂白剤で服をきれいに

服についた頑固な汚れやシミなどを落とすのは一苦労ですよね。そんなときに役立つのが漂白剤です。お気に入りの服をきれいな状態に保つために漂白剤を購入したいけれど、どれを選べばいいか分からない方も多いのではないでしょうか。

 

実は一口に漂白剤といっても、酸素系・塩素系・還元系などの種類があり、汚れの種類や大きさによって使うべきタイプが変わってくるのです。漂白剤を選ぶ際は、汚れの程度に合わせた適切な商品を見定める必要があります。

 

そこで今回は、漂白剤の選び方や人気のおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングは、価格・薬剤の種類・液体か粉末かどうか・落とせる汚れを基準に作成しました。購入を迷われている方は、ぜひ参考にしてみてください。

漂白剤の選び方

ここからは漂白剤の具体的な選び方について解説していきます。選び方を理解しておけば、落としたい汚れにあわせて柔軟に漂白剤を選べるようになるはずです。

粉末・液体で選ぶ

漂白剤は粉末タイプと液体タイプの2種類がありますが、それぞれ漂白効果が違います。この漂白効果について気をつけておきたい点もあるのでそれぞれ解説していきます。

軽い汚れを取りたいなら「液体タイプ」

粉末タイプと比較すると漂白効果が控えめなのが液体タイプです。漂白効果が控えめと言っても、基本的な汚れを取りたいのであれば粉末タイプではなく液体タイプの方がおすすめです。

 

洗濯する際も漂白剤が一箇所にかたまらずにまんべんなく分散してくれるので扱いやすさも粉末タイプより優れています。

頑固汚れをしっかり落とすなら「粉末タイプ」

頑固汚れをしっかり落としたいのであれば粉末タイプです。液体タイプは水分で薄められているのに対して、粉末一つ一つが全く薄められていない漂白剤そのものですので、液体タイプと比べて高い漂白効果を期待できます。

 

ただし、液体タイプの酸素系漂白剤であれば色落ちすることはありませんが、粉末タイプの酸素系漂白剤はアルカリ性ですので、色落ちする可能性があります。粉末タイプの酸素系漂白剤を使用する場合、酸素系だから色落ちしないという間違った認識をしないようにしましょう。

種類で選ぶ

漂白剤は大きく分けて酸素系・塩素系・還元系の3種類に分類されます。それぞれどのような汚れと相性がよいのか異なりますので、一つ一つ見ていきましょう。

ワイシャツなどの軽い黄ばみ・汚れを落とすなら「酸素系」

漂白剤の中で最も使われているものが酸素系のものです。酸素系の漂白剤の主成分は、手の消毒などによく使われるオキシドールと同じ過酸化水素です。酸素系の漂白剤は服などについた黄ばみとの相性が良く、基本的な服の汚れは酸素系漂白剤で落とすことができます。

 

ただし粉末タイプの酸素系漂白剤を使う際は注意が必要です。粉末タイプは液体タイプのものと比べて漂白力が高いですが、色落ちしやすくなるという欠点もあるため、色付きの服を漂白する場合は液体タイプの酸素系漂白剤を選ぶようにしてください。

 

なお以下の記事では、酸素系漂白剤の人気おすすめ商品をランキング形式でご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

白物の汚れを落とすなら「塩素系」

白い服にこびりついた汚れをしっかり漂白したいのであれば、強力な塩素系漂白剤を使用することがおすすめです。塩素系の漂白剤は非常に強力で色落ちもしやすいですが、白物であれば色落ちを気にする必要がないため非常に相性が良いです。

 

漂白力が高くて便利ではありますが、その使い方を誤ると非常に危険です。特に酸性のものとの相性も非常に悪く、万が一酸性のものと塩素系漂白剤が混ざってしまった場合は有毒ガスが発生してしまうので、絶対に混ぜないようにしてください。

 

なお以下の記事では、塩素系漂白剤の人気おすすめ商品をランキング形式でご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

作業着についた鉄サビやシミを落とすなら「還元系」

鉄サビやシミを落としたい場合は、還元系の漂白剤がおすすめです。還元系の漂白剤はほかの種類の漂白剤と全く違った働きで漂白するので、酸素系や塩素系でも落ちなかったシミだったとしても、還元型漂白剤であれば簡単に落ちることもあります。

 

こちらも塩素系漂白剤と同じで白物以外には基本的に使用できません。塩素系漂白剤であれば、間違えて白物以外を漂白してしまっても色落ちするだけですが、還元系漂白剤の場合色落ちではなく他の衣服などに色移りしてしまうので注意が必要です。

落としたい汚れから選ぶ

食事の際にハネてこびりついてしまった汚れ、錆びた柵に触れてついた汚れ、それぞれ汚れの種類が全然違います。落としたい汚れにあわせた漂白剤を使用する必要があります。

「服の黄ばみ」には液体タイプの酸素系がおすすめ

服の黄ばみであれば液体タイプの酸素系漂白剤がおすすめです。服の黄ばみは、日常的な選択でも落ちきれなかった汚れが目に見え始めているものであり、そのような汚れは漂白剤を使えばしっかり落とすことができます。

 

粉末タイプの酸素系や塩素系、還元系の漂白剤でも落とすことができますが、そこまで強力な漂白剤は必要ないので、色落ちの可能性がなくて日常的に利用しやすい酸素系漂白剤がおすすめです。

「白服の頑固な汚れ」には塩素系がおすすめ

普段使っている酸素系漂白剤でも落ちないような白い服の汚れは、塩素系漂白剤がおすすめです。

 

強力な塩素系の漂白剤を使えばほとんどの汚れを落とすことができるので、普段使い用に酸素系漂白剤を使い、どうしても取れない汚れを落とす用に塩素系漂白剤を一つストックしておくと、うまく使い分けることができるでしょう。

 

ただし鉄サビとの相性は悪く、落とす目的で塩素系漂白剤を使っても、化学反応を起こしてさらに錆が進行してしまいます。ですのでその場合は、塩素系ではなく還元系の漂白剤を使うようにしましょう。

「鉄サビなどのシミ」には還元系がおすすめ

鉄サビなどのシミは酸素系塩素系の漂白剤を使っても落ちにくい汚れです。そういう場合は還元系の漂白剤がおすすめです。還元系の漂白剤は他の漂白剤と比べて鉄サビのようなシミとの相性が良いので、簡単に汚れを落とせる可能性があります。

 

ただし、還元系の漂白剤は色落ちをする可能性があるので、色移りさせたくない服と一緒に洗濯しないようにしましょう。

「台所・キッチン」のカビ・汚れには専用の表示を確認しよう

漂白剤は洗濯用だけではなく、洗濯槽用やキッチン用の商品が販売されています。キッチン周りの頑固汚れを落としたい場合は、洗濯用ではなくキッチン・台所専用の商品を使用することをおすすめします。商品のパッケージに表示がありますので、しっかり確認しましょう。

価格で選ぶ

日常的に利用するのであれば価格も非常に重要です。たとえ一本一本が安かったとしても、何回も購入すると考えると結構大きな金額になってきます。

大容量で低価格なら「500円未満」

漂白剤は安いものだと500円未満で販売されています。内容量が増えれば増えるほど価格が高くなっていく傾向にありますが、メーカーによっては内容量がそれなりに多くても低価格であることもあります。この記事でも低価格大容量の漂白剤を紹介しているので、参考にしてみてください。

「粉末タイプ」は少し高めなので注意

液体タイプと比べると粉末タイプは一つあたりの価格がやや高めです。また、粉末タイプは酸素系漂白剤であっても色落ちする可能性があるので、日常利用することを考えると、価格もリーズナブルで色落ちする心配もない液体タイプの酸素系漂白剤が無難でおすすめです。

ブランドで選ぶ

漂白剤はさまざまなブランドから販売されています。それぞれに特徴があるので見ていきましょう。

赤ちゃんにもやさしい商品が豊富な「パックス」

太陽油脂が手掛ける商品ブランドである「パックス」は、スキンケアやボディケア、ランドリー商品など、生活に必要なさまざまなアイテムを展開しています。特に赤ちゃんのお肌にもやさしい商品に力を入れているのが特徴です。漂白剤は台所や洗濯など多目的に使用できるので注目です。

匂いにもこだわるなら消臭グッズも豊富な「ワイドハイター」

大手メーカーである花王が手掛けるブランド「ワイドハイター」シリーズでは、酸素系や塩素系などの衣料用漂白剤だけでなく、服の気になるニオイを消臭してくれる衣料用消臭剤にも力を入れています。同ブランドで服の匂いにもこだわりたい方におすすめです。

漂白剤の人気おすすめランキング15選

15位

日本ガーリック

酸素系漂白剤

価格: 1,595円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

無香料・合成界面活性剤未使用

まずはじめにランキング入りを果たしたのは酸素系漂白剤です。こちらの漂白剤はコストパフォーマンスに優れていて、洗濯から除菌・抗菌・消臭まであらゆる目的で使用することができます。

 

コーヒーやしょうゆなどの頑固な汚れもしっかり落とすことが出来るので、おすすめできる漂白剤のひとつです。また、このランキングで紹介しているのは1つあたり3kgのものですが、少しだけ試してみたい方向けに950gでさらに価格が安いサイズも販売されています。

内容量 3000g 薬品タイプ 酸素系
タイプ 粉末 ボトル(容器)の有無 あり

口コミを紹介

しまいっぱなしの服の黄ばみ取りに使いました。よくとれました。顆粒は1mmくらいの丸い大きさで、お湯でもよく混ぜないと溶けないので気をつけました。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

OXI CLEAN

STAINREMOVER

価格: 2,500円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超大容量の酸素系漂白剤

超大容量で評判がいい漂白剤を探しているなら、STAINREMOVERがおすすめです。衣類などの洗濯に使うことはもちろんのこと、台所周りや水回りも漂白することができます。それだけではなく家具も漂白することができるので、大容量をフルに活かすことができます。

内容量 4980g 薬品タイプ 酸素系
タイプ 粉末 ボトル(容器)の有無 あり

口コミを紹介

最初日本版を試してみて次はアメリカ版を試したいと思い購入しました。届いた時の中身漏れはあまり気にならなかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

丹羽久

niwaQ

価格: 476円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドラム式洗濯機でも問題なし

ドラム式洗濯機でも手軽に使いたいのであれば、niwaQを用意し、洗濯のたびに大さじ1~2杯入れるだけです。価格もリーズナブルでお財布でとても優しいので、毎日使ってすぐ無くなる方でも安心して購入することができます。

 

また、界面活性剤を使用していないので洗濯後にヌルヌル感が残ることもなく、環境にも優しい洗剤となっています。ただしniwaQは酸素系の漂白剤ですが、アルカリ性の粉末タイプであるため、色落ちする可能性があります。ですので色が薄い衣服などに使うことがおすすめです。

内容量 1000mg 薬品タイプ 酸素系
タイプ 粉末 ボトル(容器)の有無 あり

口コミを紹介

驚き!
ドラッグストアで液体の浄洗浄で日常洗浄しており、安心していたが,
これを使うと、茶色い水に変わると同時に浮遊物がいっぱいでてきて驚き。
コンロのゴトクも、油・やけが簡単に落ちます。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

花王

ワイドハイターEXパワー 詰替え用

価格: 300円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

何ヶ月も持つ漂白剤を求めるなら

これからワイドハイターEXパワーを使って行こうと考えている方が抑えておきたいのが、お得な詰め替えパックです。1つあたりの価格が非常に安いだけでなく。セットで複数同時に購入すればするほど、1個あたりの価格が安くなるという主婦にはありがたい料金設定です。

 

もちろんワイドハイターは有名な漂白剤ブランドですので、安心して洗濯などに活用することができます。

内容量 880ml × 2 薬品タイプ 酸素系
タイプ 液体 ボトル(容器)の有無 詰替え用

口コミを紹介

洗濯の際には必ず使っています。
基本的に洗濯機でそのまま乾燥をかけるか、浴室乾燥で乾かすかなのですが
洗濯物から嫌な匂いがすることもないです。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

シャボン玉石けん

シャボン玉

価格: 420円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

万能さがウリ

衣服の洗濯だけでなく、台所などでも気軽に使える漂白剤が欲しいならこのシャボン玉がおすすめです。衣服についた黄ばみなどの汚れはもちろんのこと、台所で使うことが多いまな板や食器などもしっかり漂白することができます。容器も小さめで置き場所にも困りません。

内容量 750g 薬品タイプ 酸素系
タイプ 粉末 ボトル(容器)の有無 あり

口コミを紹介

洗濯後に収納しておいたベビー服、経年で首元を中心に黄ばみが発生してました。
ダメ元で、この商品につけ置きしたところ真っ白に!正直諦めていたので驚きました。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

株式会社グラフィコ

オキシクリーン デオドラントパワー

価格: 2,067円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

強力なプチ高級漂白剤

安い漂白剤ではなく、少し価格が高く漂白性能が優れている漂白剤を求めているのであれば、オキシクリーンのデオドラントパワーがおすすめです。他の酸素系漂白剤と比べてもやや価格が高めですが、そのぶん評価も高く生乾き特有の強烈な臭いもきれいに消臭してくれます。

 

日常利用目的にリーズナブルな漂白剤を使っておき、いざという時に備えてデオドラントパワーを一つ用意しておくといいかもしれません。

内容量 1360g 薬品タイプ 酸素系
タイプ 粉末 ボトル(容器)の有無 あり

口コミを紹介

使い方もネットで調べられるし、、使ってみると凄くいい!キッチンの油汚れ…力を入れなくても取れました。五徳などはつけ置きでら汚れがスルッととれましたー!年末の大掃除、初めて楽にでしましたよ。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

ライオン

ブライトW 衣類用漂白剤

価格: 555円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パワージェルで頑固汚れもまとめて落とす!

パワージェル型の漂白剤をずっと使っていきたいのであれば、ブライトWがおすすめです。この記事で紹介しているのは1200mlのものですが、ほかにも600ml~7200ml(1200ml×6個)というように容量のバリエーションが豊富ですので、ストック状況に合わせて購入する量を柔軟に変えることができます。

 

いつもワイドハイターを使っていたけど最近物足りなく感じている方は、一度ブライトWを使ってみてもいいでしょう。

内容量 1200ml 薬品タイプ 酸素系
タイプ 液体 ボトル(容器)の有無 詰替え用

口コミを紹介

大容量なので、チョコチョコ買いに行かなくて済むようになった。重いので、Amazonでまとめて買えるのが嬉しい。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

花王

ワイドハイターEXパワー 粉末タイプ

価格: 392円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低価格な粉末タイプ

ワイドハイターEXパワーは液体タイプが主流ですが、実は粉末タイプも販売しています。さらにワイドハイターEXパワーの粉末タイプは他の粉末タイプと漂白剤と比べて価格が安く、粉末タイプの漂白剤を日常的に利用したい方におすすめです。

内容量 450g 薬品タイプ 酸素系
タイプ 粉末 ボトル(容器)の有無 詰替え用

口コミを紹介

液体のやつでは4時間くらい放置しないと取れなかったシミが、これだと1時間くらいで取れるようになってすごい時短。
液体のやつは洗濯機の中で泡が凄かったけど、これは泡が殆ど出ない。
匂いは入浴剤のバブみたいな香りで液体の時よりキツくなくて好きです。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

花王

ハイドロハイター

価格: 218円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

落ちない鉄サビも一発

実は市販されている漂白剤のほとんどが酸素系であり、還元系の漂白剤はあまり種類がありません。その中でもおすすめできるのがハイドロハイターと言われる還元系漂白剤です。

 

還元系は酸素系漂白剤と比べると非常に高価ですが、その代わり酸素系の漂白剤で落ちなかった鉄サビのシミでもしっかり落とすことができます。漂白剤を何回使っても落ちてくれない汚れがある場合はハイドロハイターを使ってみることをおすすめします。

内容量 150g 薬品タイプ 酸素系
タイプ 液体 ボトル(容器)の有無 あり

口コミを紹介

写り錆び落としに使用しました。
本品を撒いて 上から熱湯をかけ放置した処ちゃんと消えました。
液が分散しないよう 周りを囲うと上手くいきます。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

花王

ワイドハイターEXパワー 業務用

価格: 3,750円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ抜群

大きなボトルを置くスペースがあり、お得にまとめ買いしたいのであればあえて業務用を購入しておくという手もあります。業務用の場合、一つ一つはサイズが大きいぶん1リットルあたりの価格が安くなりますので、何回も漂白剤を買いに行きたくないという場合には業務用がおすすめです。

 

1回あたり30ml使用すると考えると、この業務用を一つ購入するだけで300回近く使用することができます。

内容量 4500ml × 2 薬品タイプ 酸素系
タイプ 液体 ボトル(容器)の有無 あり

口コミを紹介

もう、何年も使っています。洗濯をする時に洗剤と一緒に入れています。この容器は大きいので、前に使っていた小さい容器に移しています。お値段的に割安なので、前回も2個組みを購入しました。1つはストックにしています。置き場所がある方はこちらをおススメします。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

グラフィコ

オキシクリーン

価格: 423円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

しみ抜きにも便利

全然を落ちる気配がないシミの汚れもしっかり落としてくれるのがこのオキシクリーンです。普段使っている洗剤と一緒に混ぜて使うことで高い漂白効果を得ることができ、漂白効果高いにもかかわらず色落ちしないというメリットを持っています。

内容量 500ml 薬品タイプ 還元系
タイプ 液体 ボトル(容器)の有無 あり

口コミを紹介

初めてのオキシクリーンだったので、送料無料で量の少ないものを選びました。洗濯機掃除に使用し、予想以上に綺麗になったので、次からもっとたくさん注文してもいいなと思ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

花王

ワイドハイターEXパワー 本体+詰め替え用

価格: 775円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本体付きでまとめ買いならコレ一番

新しく漂白剤を購入する場合必ずボトル付きの商品を購入する必要があります。そしてそのまま使い続ける場合は別で詰め替え用の同じ漂白剤を購入する必要がありますが、このワイドハイターであれば、ボトル本体と一緒に詰め替え用も一つついてくるお得なセットとなっています。

 

別々で購入するよりもかなりお得であるため、これから新しい漂白剤を探している方にはおすすめです。

内容量 1000ml + 880ml 薬品タイプ 酸素系
タイプ 液体 ボトル(容器)の有無 あり(詰め替え付)

口コミを紹介

場所を選びますが、詰め替える回数が減り本当に助かっています。Amazonサイバーマンデーセールで購入したため、ホームセンターで買うより安かった。また自宅まで配送してくれるので大変助かりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ピジョン

ベビーホワイト

価格: 492円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

抗菌・消臭効果が強い

赤ちゃんの食べ残しやおもらしなどでできてしまったパンツの黄ばみをしっかり取りたいなら、赤ちゃんのための漂白剤であるベビーホワイトです。赤ちゃんの体のことを考えて、界面活性剤は一切使用しておらず、安全性の高い漂白剤となっています。

 

もちろん、液体タイプの酸素系であるため赤ちゃん用の衣類だけでなく、色落ちの心配をせずに他の衣類とまとめて洗濯することができます。他の衣類とまとめて洗濯できるだけでかなり楽になりますので、ブライトSTRONGを一つ洗濯機の近くにおいておくといいでしょう。

内容量 350ml 薬品タイプ 酸素系
タイプ 粉末 ボトル(容器)の有無 あり

口コミを紹介

これは本当に素晴らしい洗剤だと思います。赤ちゃん用ですが、私は大人の依頼にも活用しているくらいのお気に入り。適温で使用すればいつぞやの汚れも見事落ちます!

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

紀陽除虫菊

オキシウォッシュ

価格: 473円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

粉末タイプといえばこれ

強力な漂白効果だけでなく、高い抗菌作用や消臭効果を持つ粉末タイプの漂白剤です。粉末タイプの漂白剤の中で特におすすめするのがオキシウォッシュであり、このランキングの中で粉末タイプに限定すると実質1位となっています。

 

汗染みや黄ばみなのは当然のこと、カーテンやカーペットなど日頃の汚れがかなり貯まりやすいものの汚れもしっかり漂白してくれます。使い方も丁寧にパッケージに書かれていますので、漂白剤を使うことにあまり慣れていない方でも色落ちなど恐れずに使用することができます。

内容量 680g 薬品タイプ 酸素系
タイプ 粉末 ボトル(容器)の有無 あり

口コミを紹介

酸素系漂白剤の中で洗浄力が段違いに良いです。

粒子が細かいのでマスクする手間が少しありますが
その分早く溶けて早く洗えるのでトータルの時間はこちらのほうが早いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

花王

ワイドハイターEXパワー

価格: 389円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低価格&大容量!

リーズナブルかつ日常的に利用しやすい漂白剤といえば、やはりワイドハイターのEXパワーです。その中でも置き場所にも困らずボトル付きのこの漂白剤が生活において一番使い勝手が良いと判断したため、ランキング1位としました。

 

1回あたり20~40mlしか使用しないので、毎日使ったとしても1日あたり10~20円分程度しか使いません。評判は高く全国的に利用されているので、漂白剤選びに困ったらこのサイズのワイドハイターを使うと良いでしょう。

内容量 1000ml 薬品タイプ 酸素系
タイプ 液体 ボトル(容器)の有無 あり

口コミを紹介

これなしでお洗濯するのは、雑菌やニオイが気になって、不安になるので もはや必需品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

漂白剤のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7353942の画像

    花王

  • 2
    アイテムID:7353939の画像

    紀陽除虫菊

  • 3
    アイテムID:7353936の画像

    ピジョン

  • 4
    アイテムID:7353933の画像

    花王

  • 5
    アイテムID:7353930の画像

    グラフィコ

  • 6
    アイテムID:7353927の画像

    花王

  • 7
    アイテムID:7353924の画像

    花王

  • 8
    アイテムID:7353921の画像

    花王

  • 9
    アイテムID:7353918の画像

    ライオン

  • 10
    アイテムID:7353915の画像

    株式会社グラフィコ

  • 11
    アイテムID:7353912の画像

    シャボン玉石けん

  • 12
    アイテムID:7353909の画像

    花王

  • 13
    アイテムID:7353906の画像

    丹羽久

  • 14
    アイテムID:7353903の画像

    OXI CLEAN

  • 15
    アイテムID:7353900の画像

    日本ガーリック

  • 商品名
  • ワイドハイターEXパワー
  • オキシウォッシュ
  • ベビーホワイト
  • ワイドハイターEXパワー 本体+詰め替え用
  • オキシクリーン
  • ワイドハイターEXパワー 業務用
  • ハイドロハイター
  • ワイドハイターEXパワー 粉末タイプ
  • ブライトW 衣類用漂白剤
  • オキシクリーン デオドラントパワー
  • シャボン玉
  • ワイドハイターEXパワー 詰替え用
  • niwaQ
  • STAINREMOVER
  • 酸素系漂白剤
  • 特徴
  • 低価格&大容量!
  • 粉末タイプといえばこれ
  • 抗菌・消臭効果が強い
  • 本体付きでまとめ買いならコレ一番
  • しみ抜きにも便利
  • コスパ抜群
  • 落ちない鉄サビも一発
  • 低価格な粉末タイプ
  • パワージェルで頑固汚れもまとめて落とす!
  • 強力なプチ高級漂白剤
  • 万能さがウリ
  • 何ヶ月も持つ漂白剤を求めるなら
  • ドラム式洗濯機でも問題なし
  • 超大容量の酸素系漂白剤
  • 無香料・合成界面活性剤未使用
  • 価格
  • 389円(税込)
  • 473円(税込)
  • 492円(税込)
  • 775円(税込)
  • 423円(税込)
  • 3750円(税込)
  • 218円(税込)
  • 392円(税込)
  • 555円(税込)
  • 2067円(税込)
  • 420円(税込)
  • 300円(税込)
  • 476円(税込)
  • 2500円(税込)
  • 1595円(税込)
  • 内容量
  • 1000ml
  • 680g
  • 350ml
  • 1000ml + 880ml
  • 500ml
  • 4500ml × 2
  • 150g
  • 450g
  • 1200ml
  • 1360g
  • 750g
  • 880ml × 2
  • 1000mg
  • 4980g
  • 3000g
  • 薬品タイプ
  • 酸素系
  • 酸素系
  • 酸素系
  • 酸素系
  • 還元系
  • 酸素系
  • 酸素系
  • 酸素系
  • 酸素系
  • 酸素系
  • 酸素系
  • 酸素系
  • 酸素系
  • 酸素系
  • 酸素系
  • タイプ
  • 液体
  • 粉末
  • 粉末
  • 液体
  • 液体
  • 液体
  • 液体
  • 粉末
  • 液体
  • 粉末
  • 粉末
  • 液体
  • 粉末
  • 粉末
  • 粉末
  • ボトル(容器)の有無
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり(詰め替え付)
  • あり
  • あり
  • あり
  • 詰替え用
  • 詰替え用
  • あり
  • あり
  • 詰替え用
  • あり
  • あり
  • あり

漂白剤の使い方

漂白剤の正しい使い方は、商品の表示を必ずよく確認するようにしましょう。以下では、代表的な使い方について簡単に説明していきます。

運動靴などはつけ置きでキレイに!

お子さんがいるご家庭では、真っ黒に汚れて帰ってくる運動靴のお手入れにうんざりしている保護者の方も多いのではないでしょうか。そんなとき、酸素系・粉末タイプの漂白剤を溶かしたお湯につけておくだけで、簡単に運動靴を真っ白にすることができますよ。

お風呂周りもピカピカに!

酸素系・粉末タイプの漂白剤は、浴槽周りの掃除にもおすすめです。方法は簡単で、浴槽にお湯をはって漂白剤を溶かし、一定時間おいておくだけです。洗面器やバスチェアも一緒につけておけば一石二鳥です。十分に付け込んだ後、ブラシでこすりつつきれいにすすぎましょう。

特にしつこい汚れには重曹を追加しよう

酸素系・粉末タイプの漂白剤は、アルカリ性になったときに漂白パワーが強力になります。したがって特にしつこい汚れを落としたい場合は、重曹を混ぜてみましょう。以下の記事では、重曹の人気おすすめ商品をランキング形式でご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

自宅の消毒には塩素系漂白剤が有効

自宅のドアノブや手すり、家具などを消毒する機会も増えているでしょう。そうした場所には、0.05%に薄めた塩素系漂白剤を使って拭き取り消毒をすることがおすすめです。漂白剤を使用した後は、必ず水拭きをしておくことが、腐食や変色を起こさないために重要です。

漂白剤使用時の注意点

漂白剤は便利なアイテムですが、使用する上でいくつかの注意点もあります。注意点をしっかり守ったうえで、快適な洗濯ライフを送りましょう。

漂白剤を使用できない衣類を把握しよう

漂白剤は全ての洗濯物に使用できるわけではありません。特に水洗い不可の服や金属のついた衣類には使用しないように注意しましょう。

 

シルクやウール、カシミヤなの水洗いができない服に漂白剤を使用してしまうと、せっかくのお洋服が縮んだり色が変わってしまったりします。また金属製のボタンなどがついた服に漂白剤を使うと、金属に接した部分がボロボロになる恐れがあるので注意が必要です。

 

以上のような使用上の注意点をしっかりチェックしたうえで、正しく漂白剤を使うことで服の汚れを簡単に取り除いて快適な洗濯ライフを送ることができるでしょう。

必要以上の量を使用しないように注意

漂白剤は、多く使えばよいというわけではありません。必要以上の量を使用してしまうと、大事な服を傷める可能性があります。必ず商品に表示されている用量を守って使用するようにしましょう。

塩素系漂白剤を他のタイプを混ぜるのはNG

塩素系漂白剤を他のタイプの洗剤を混ぜてしまうと、有毒なガスが発生してしまい体に害が及ぶ危険性があります。塩素系漂白剤を使用するときには、他の商品と併用しないこと、しっかり換気することを徹底しましょう。

容器は移し替えないのがおすすめ

容器の見た目を重視して漂白剤や洗剤などを好みの容器に移し替えたい方もいるかもしれません。しかし漂白剤の場合、容器の入れ替えはおすすめできません。成分によっては、専用の容器でないと反応を起こして破裂してしまう危険性があるためです。

まとめ

今回、様々な漂白剤や漂白剤の選ぶポイントについて紹介しました。漂白剤選びは間違って色落ちして、お気に入りの服が着られなくなってしまったというようなトラブルを避けるために、是非この地図の選び方やランキングで紹介した漂白剤を参考に自分に合う漂白剤を見つけられるようにしましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月08日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年最新版】柔軟剤入り洗剤の人気おすすめランキング15選【毎日いい匂い!】

【2021年最新版】柔軟剤入り洗剤の人気おすすめランキング15選【毎日いい匂い!】

洗濯用品
粉末洗剤の人気おすすめランキング15選【最強の粉末洗剤】

粉末洗剤の人気おすすめランキング15選【最強の粉末洗剤】

洗濯用品
【クリーニング研究家監修】襟汚れ洗剤の人気おすすめランキング20選【襟が綺麗真っ白に】

【クリーニング研究家監修】襟汚れ洗剤の人気おすすめランキング20選【襟が綺麗真っ白に】

洗濯用品
【コーヒーライター監修】コーヒー粉の人気おすすめランキング23選【スーパーで買える市販品も!】

【コーヒーライター監修】コーヒー粉の人気おすすめランキング23選【スーパーで買える市販品も!】

茶葉・インスタントドリンク
【300人に聞いた!】部屋干し用洗剤の人気おすすめランキング23選【2021年最新版】

【300人に聞いた!】部屋干し用洗剤の人気おすすめランキング23選【2021年最新版】

洗濯用品
食洗機洗剤の人気おすすめランキング15選【コスパ最強・入れ方も!】

食洗機洗剤の人気おすすめランキング15選【コスパ最強・入れ方も!】

キッチン雑貨・消耗品