ヒップシートのおすすめ人気ランキング10選【西松屋も紹介!抱っこ紐との違いは?】

今までの抱っこ紐に変わる、新たな赤ちゃんの抱っこアイテム「ヒップシート」。エルゴにつけるタイプや西松屋のもの、おしゃれなものなど種類が多く迷いますよね。そこで今回はヒップシートの選び方とおすすめ商品をランキング形式で紹介します。是非参考にしてみてください。

赤ちゃんとお出掛けするならヒップシートを活用しよう

赤ちゃんとお出掛けするときはベビーカーや抱っこ紐が主流でしたが、近年注目を浴びているのがヒップシートです。ヒップシートは腰に椅子を付けたような感覚で台座がついており、そこの上に赤ちゃんを座らせるように乗せて使用します。

 

商品によりますが対象月齢は0~36ヵ月前後と幅広く、肩こりや腰痛も軽減できると好評です。しかし、西松屋・ケラッタ・ポルバンなどさまざまなメーカーから発売されているので、どれにしようか迷ってしまう方も多いと思います。

 

そこで今回は、ヒップシートの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介していきます。ランキングは、対象年齢・耐荷重・収納スペースの有無を基準に作成しました。メリット・デメリットも解説しているので、ぜひ参考にしてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

腰巻きタイプのヒップシートのおすすめ

15キロ以上にも対応!コンパクトに折りたたみできる

【コンパクトに折りたためて使い勝手抜群!】

このヒップシート最大の特徴は、なんといってもコンパクトに折りたたみができる点です。折りたたむとマザーズバッグに入る程度の大きさになり、ほとんど荷物になりません。少しでも荷物を減らしたい方におすすめです。

 

また、折りたためるコンパクトな仕様でありつつ横抱き・縦対面抱っこ・腰抱っこの3通りの抱っこが可能です。ファスナーつきのポケットもついているので、スマートフォンやハンカチなどの小さな荷物も収納できます。

 

【Amazon・楽天でも折りたためる点が高評価!】

Amazon・楽天でも口コミ・評判が高く、「シンプルでコンパクトに使える」「ぐずった時などに持っていると便利」など、携帯性の高さによる利便性がとても評価されていました。折りたためる腰巻タイプのヒップシートが欲しい方におすすめです。

種類 腰巻タイプ 対象月齢 0~48カ月
収納スペース あり 耐荷重 20㎏

肩掛けタイプのヒップシートのおすすめ

Amazonランキング3冠達成のコスパ最強の男女兼用ヒップシート

【保育士推薦の男女兼用ヒップシート!】

横抱き・腰抱き・前向き抱き・対面抱きの全4種類の抱き方が可能なヒップシート。横抱きは3カ月程度の赤ちゃんから対応、それ以外の抱き方は赤ちゃんのひとり座りができてから対応と長く愛用できるのが嬉しいポイント。ウエストベルトは65~115cmまで調節が可能で、男女兼用で使えます。

 

ヒップシートには30度ほどの角度がついていて赤ちゃんも座りやすく、また、滑りにくい構造になっています。ちょっとした外出に対応できる収納ポケット付きです。

 

【Amazon・楽天で圧倒的高評価!】

Amazon・楽天で共に口コミ数・評判が高く、Amazonランキングでは3冠達成と、買って間違いなしのヒップシートです。「お手頃なお値段」「装着も抱っこもかなり楽」など安さと使いやすさを好評する口コミが多く見られました。

種類 肩掛けタイプ 対象月齢 3~36カ月
収納スペース あり 耐荷重 20kg

抱っこ紐タイプのヒップシートのおすすめ

nianruママベスト商品!4way仕様で使い勝手の良いヒップシート!

【赤ちゃんの成長に合わせて使い分けできる抱っこ紐タイプのヒップシート!】

構造がしっかりしている抱っこ紐タイプのヒップシートは値段が高めなものも多いものの、こちらのヒップシートは抱っこ紐タイプなのに2千円台とリーズナブルです。また、赤ちゃんの成長に合わせて「対面抱っこ」「前向き抱っこ」「おんぶ」「ヒップシート」の4通りの使い分けができるので、長期間使用できます。

 

座面にはクッションが入っているので、赤ちゃんも快適です。また、保護者にとっても抱っこ紐タイプで使用する際は肩ベルトと腰ベルトで赤ちゃんの体重が分散されるので楽に過ごせます。デザイン性にも優れるおしゃれなヒップシートです。

 

【Amazon・楽天でも高評価!ninaruママベスト受賞のヒップシート!】

Amazon・楽天でも高評価で、楽天ランキングでは抱っこ紐・ベビースリング部門で1位獲得するほどの人気商品となります。妊娠アプリや育児アプリで有名な「ninaru」のアンケート調査ではninaruママベストを受賞しており多方面で評価の高いヒップシートです。

種類 抱っこ紐タイプ 対象月齢 3~36カ月
収納スペース あり 耐荷重 15kg

ヒップシートの選び方

近年ではたくさんあるヒップシートですが、選び方はそれぞれ異なります。赤ちゃんとお父さん・お母さんが心地よく感じるヒップシートを選びましょう。

種類で選ぶ

ヒップシートには大きく分けて3種類の形状があります。ヒップシートの形状によって対応できる抱き方も変わってくるので、赤ちゃんに合ったものを選ぶようにしましょう。

肩こりに悩んでいるならスタンダードな「腰巻タイプ」がおすすめ

腰に巻くように装着する腰巻タイプは最もスタンダードなタイプです。このタイプはウエストポーチのように腰に巻き付け、赤ちゃんを台座に座らせるようにして抱っこをします。肩に負担がかからないので、肩こりに悩んでいる方におすすめです。

 

また、赤ちゃんを抱き下ろしする際、抱っこ紐のような手間がかからないのもうれしいポイントです。手で支える必要がありますが、普通の抱っこよりも格段に負担は軽くなります。以下の記事では肩こりのケアグッズを紹介してるので、ぜひこちらも参考にしてください。

腰痛に悩んでいるなら「肩掛けタイプ」がおすすめ

腰巻タイプだけで赤ちゃんを支えるのに不安がある方には、肩ベルトがついた肩掛けタイプのヒップシートがおすすめです。ショルダーバッグのような形状で、腰だけでなく肩でも赤ちゃんを支えられます。そのため腰痛になる不安も減らせるはずです。

 

ショルダーバッグの形状なので、赤ちゃんが下りたがったときにも比較的簡単に対応できるのが特徴です。肩ベルトがついているため、赤ちゃんの抱っこのバリエーションも増えます。以下の記事では腰痛ベルトを紹介しているので、こちらも参考にしてください。

おんぶもするなら「抱っこ紐タイプ」がおすすめ

さらに安定して赤ちゃんを抱っこしたい方は、抱っこ紐タイプのヒップシートを試してみましょう。見た目は普通の抱っこ紐のようですが、内側には赤ちゃんが座る座面があり、腰巻タイプや肩掛けタイプのように赤ちゃんを座らせられます。

 

また抱っこ紐タイプのヒップシートは、両手が完全に自由になるのも大きな特徴です。赤ちゃんを抱っこしながら作業や買い物などで両手を自由に使いたいときに活躍します。今まで普通の抱っこ紐を使っていた方にとっては、使い勝手が似ていて使いやすいタイプです。

折りたたみ可能かなどの「使いやすさ」もチェック

ポケットなどの収納スペースや、コンパクトに折りたためるかなどの機能は使い勝手が大きく変わるため必ず確認しましょう。収納スペースが大きければおむつやペットボトル、携帯などの必需品を収納できます。

 

また、コンパクトに折りたたみ可能なものであれば、赤ちゃんが歩く際にバッグに収納できて非常に便利になります。歩き始めの時期に使いたい方に特におすすめの機能です。

赤ちゃんの対象月齢で選ぶ

いつからいつまでヒップシートを使いたいのか、使う月齢の範囲でヒップシートを選ぶと新たに買い替える必要もなく便利です。

新生児など早い時期から使いたいなら「0カ月~」がおすすめ

新生児の赤ちゃんを連れて行かなければならない用事ができてしまった場合、まだ3カ月にも満たない赤ちゃんだと、どう連れて行っていいかわからない方もいると思います。そんなときには対象月齢が0カ月~と表記されているヒップシートを選択しましょう

 

対象月齢が0カ月~に設定されているヒップシートの多くは横抱きでの対応になります。そのため、抱っこ紐タイプのヒップシートがほとんどです。装着は面倒かもしれませんが、赤ちゃんの安全のためにもしっかりと装着しましょう。

首が座る頃から使うなら「3カ月~3歳」がおすすめ

赤ちゃんが生後3カ月程度まで成長すると、だんだん首がすわりはじめるため、この状態になると赤ちゃんの頭も安定し、対応するヒップシートも多くなります。一部の腰巻タイプや肩掛けタイプはもちろん、抱っこ紐タイプも引き続き使用可能です。

 

首が座るようになった赤ちゃんにとって視界に入るものはすべてが刺激的です。まだ視力の発達が十分でないとはいえ、その刺激に反応して運動機能も少しずつ高くなってきます。赤ちゃんの不意の動きにも対応できるようなしっかりしたヒップシートを選びましょう

乗せ下ろしが楽なものなら「2歳前後」がおすすめ

歩くのが楽しい2歳前後の赤ちゃんは抱っこ紐でずっと抱っこしているのは嫌がり、急に歩き出したいと泣いてしまう子も多いものです。ところが、体力はそんなにないのですぐに疲れてまた抱っこしてほしくなり、歩いたり抱っこしたりの繰り返しになります。

 

ヒップシート単体の商品であれば、毎回抱っこ紐部分をセットする手間がないので、赤ちゃんの要望にもこたえやすく、乗せ下ろしを頻繁に繰り返すわずらわしさも感じません。すぐに抱っこしたり下ろしたりできるので、赤ちゃんもお母さんも楽になります。

「36カ月以降」も使いたいなら耐荷重15キロ以上がおすすめ

ヒップシートを使い始められる時期については、腰巻タイプなどの形状やメーカーによってばらつきがあります。対象月齢の最大は36カ月(3歳)程度のヒップシートがほとんどです。これはヒップシートが対応できる耐荷重にも関係しています

 

3歳の男の子の平均体重は14~15キロ以上、そして女の子の平均体重は13~15kg程度とされています。そして、多くのヒップシートの耐荷重も15~20キロ前後のものが多いです。それ以降も使いたい方は耐荷重をよく見るようにしましょう。

身体の大きさを考えるなら「いつから」対応かをチェック

また、多くのヒップシートの耐荷重は15kgほどとなっています。ですが、中には20kgや30kgまで耐えられる製品もあるので、いつからいつまで使うのか、あるいは赤ちゃんの身体の大きさなども考慮したうえで選ぶようにしましょう。

「衛生面」が気になるなら洗濯が可能かどうかをチェック

赤ちゃんの中には吐き戻しをしてしまったりよだれが出る子も多いので、ヒップシートに乗せていれば汚してしまって当然といえます。汚れが多く拭き取りだけできれいにできない場合は、洗濯に対応しているヒップシートを選ぶようにしましょう

 

ベルト・肩ひも部分を取り外して洗えるものや丸洗いできるものなど、さまざまな製品があります。洗濯機で丸洗いできる商品であればいちいち手洗いする必要がないので、気軽に使えて楽です。

安いものを買いたいなら「安全面」をチェック

ヒップシートは数千円で購入できる安いものから、高ければ2万円程度する商品もあります。腰巻きタイプのヒップシートは手ごろな価格で購入できる場合が多いものの、価格だけでなく安全面にも注目して選ぶようにしましょう。

 

安くてもしっかりしているヒップシートも販売されていますが、コストを削っているために使っているうちに破けてしまうものもあります。安全面がしっかり実証されているヒップシートを選びましょう。

楽しく使うならおしゃれな「デザイン」がおすすめ

腰巻きタイプや肩ひもタイプといった種類を考慮した使いやすさも重要ですが、ヒップシートは頻繁に使うものなのでおしゃれなデザインで選ぶのもおすすめです。自分好みのカラーを選んでおくだけで、赤ちゃんとの日々を楽しく彩れます。

コンパクトに「折りたたみ」できるものがおすすめ

コンパクトに折りたたんで持ち運べるものもおすすめです。折りたためるものであれば、赤ちゃんが歩きたがったときや、外での食事の際などヒップシートの必要がない場面ではマザーズバッグなどに収納しておけます

メーカーで選ぶ

ヒップシートはさまざまなメーカーから販売されています。お気に入りのメーカーで選ぶのもおすすめです。

動きやすさや快適性なら「エルゴにつけるタイプ」

ハワイのマウイ島で誕生したエルゴは、現在50カ国以上で販売されている人気メーカーです。動きやすさや快適性に優れているため、数多くの愛用者がいます。エルゴにつけるタイプのヒップシートは、新生児から幼児まで長く使えるものが多いのでおすすめです。

多機能で便利なものなら「ケラッタ」

ケラッタはベビー用品およびマタニティ用品を、多数取り扱っているメーカーで日本製の商品が多いのも特徴です。リーズナブルな価格で豊富な機能が特徴で、さまざまな抱き方ができます。家の中だけでなく、散歩や交通機関での移動の際に便利です。

体型に合う日本製なら「BABY&Me」

BABY&Me(ベビーアンドミー)は、ヒップシートの日本ブランドです。日本製であり日本人の体型により合う構造を心がけて開発をしています。品質や機能性にも優れ、日本だけでなく世界中で愛されているブランドです。

ベビー用品が安いメーカーなら「西松屋」

西松屋はマタニティ・新生児・ベビー・スクールサイズまでの幅広い年齢に対して、洋服・肌着・ベビーフード・哺乳瓶・ベビーカーといったさまざまなものを販売しています。安いアイテムも多いので、ヒップシートと一緒にまとめて揃える場合におすすめです。

違和感のないサイズ感なら「ポルバン」

日本のメーカーであるラッキーインダストリーズが手掛けたヒップシートシリーズが、ポルバンです。ポルバンは、ママと赤ちゃんが気軽に外出しやすいヒップシートを目指しており、違和感のないサイズ感になっています。

腰巻きタイプのヒップシート人気おすすめランキング3選

シンプルな腰巻タイプ!おしゃれなデザインも魅力

腹部に当たる部分には厚さ約3cmのクッションが入っているので、腰回りにかかる赤ちゃんの体重を分散してくれます。また、面ファスナーとバックルの二重構造になっているため、ウエストベルトが緩む心配がなく安全です。

 

赤ちゃんが座る座面には滑り止めが付いているので、安定して座れます。座面の中身は厚い発泡スチロール素材になっていて軽いのに耐久性があり、長期間使用できるのもうれしいポイントです。シンプルですがおしゃれな見た目で、手軽に持ち運べます。

種類 腰巻タイプ 対象月齢 3~36カ月
収納スペース あり 耐荷重 18kg

口コミを紹介

手で支えは必要ですが、本当に便利です。家の中では抱っこひもが暑そうだし、すぐ寝てしまう。。こちらだと息子も気に入ってとても快適です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ラッキー工業

ポルバン ウエストポーチ抱っこひも

ポルバンの人気アイテム!歩きたがる2歳前後におすすめ

ヒップシートの草分け的存在であるポルバンのヒップシートです。別売りのショルダーベルトシングルやショルダーベルトダブルを追加で購入すると、抱っこのバリエーションが多くなります。

 

肩ベルトが無いポーチ本体だけで使用すると、赤ちゃんの乗せ下ろしがとても簡単です。また、赤ちゃんとお父さんお母さんが密着しすぎないので、暑い季節でも快適に抱っこができます。ヒップシートに迷ったらこちらの商品がおすすめです。

種類 腰巻タイプ 対象月齢 7~36カ月
収納スペース あり 耐荷重 15kg

口コミを紹介

娘が2歳近くになってから購入しました普通の抱っこひもでは装着が面倒、ベビーカーをもっていくほどではないというときに大活躍。ほんとうに買ってよかったと思う商品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

15キロ以上にも対応!コンパクトに折りたたみできる

【コンパクトに折りたためて使い勝手抜群!】

このヒップシート最大の特徴は、なんといってもコンパクトに折りたたみができる点です。折りたたむとマザーズバッグに入る程度の大きさになり、ほとんど荷物になりません。少しでも荷物を減らしたい方におすすめです。

 

また、折りたためるコンパクトな仕様でありつつ横抱き・縦対面抱っこ・腰抱っこの3通りの抱っこが可能です。ファスナーつきのポケットもついているので、スマートフォンやハンカチなどの小さな荷物も収納できます。

 

【Amazon・楽天でも折りたためる点が高評価!】

Amazon・楽天でも口コミ・評判が高く、「シンプルでコンパクトに使える」「ぐずった時などに持っていると便利」など、携帯性の高さによる利便性がとても評価されていました。折りたためる腰巻タイプのヒップシートが欲しい方におすすめです。

種類 腰巻タイプ 対象月齢 0~48カ月
収納スペース あり 耐荷重 20㎏

口コミを紹介

肩ベルト付きや他のヒップシートも検討しましたが、ただ乗せるだけ、嵩張らない、シンプル、比較的ダサくない、といった点でこれに決めました。

出典:https://www.amazon.co.jp

腰巻きタイプのヒップシートおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 種類 対象月齢 収納スペース 耐荷重
1
アイテムID:10430026の画像
DaG1

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

15キロ以上にも対応!コンパクトに折りたたみできる

腰巻タイプ 0~48カ月 あり 20㎏
2
アイテムID:10165208の画像
ポルバン ウエストポーチ抱っこひも

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ポルバンの人気アイテム!歩きたがる2歳前後におすすめ

腰巻タイプ 7~36カ月 あり 15kg
3
アイテムID:10165205の画像
ヒップシート

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

シンプルな腰巻タイプ!おしゃれなデザインも魅力

腰巻タイプ 3~36カ月 あり 18kg

肩掛けタイプのヒップシート人気おすすめランキング3選

人気のケラッタ!男性にもおすすめのデザイン

赤ちゃんが快適に過ごせる30°設計のヒップシートです。突然身体を傾けても倒れにくいので、安心して使えます。お母さんやお父さんの身体への負担を考え尽くされた仕様で、長時間でも気軽に使用できるのが魅力です。

 

また、斜め掛け・前掛け・ストラップ無しスタイルとして使い回せるため、お出掛けの際にも便利です。遠出をする際にもこちらの製品ひとつあれば、サッと必要な物の出し入れができます。長時間の使用でも無理なく使用できるのが魅力です。

種類 肩掛けタイプ 対象月齢 3カ月~
収納スペース あり 耐荷重 20kg
2位

Lauce

ヒップシート ウエストポーチ 2タイプ対応モデル

安いのに使いやすい!腰痛が気になる方におすすめ

赤ちゃんが座る部分には厚手骨盤クッションを使用し、さらに滑り止め生地の補強がしてあるので快適な座り心地です。また、座面には約35度の傾斜が付けてあるので、自然とお母さんやお父さんに密着できます。

 

それに加えて、人間工学設計を採用しているため、効率的に赤ちゃんの体重を分散します。肩と腰とシートにバランスよく赤ちゃんの体重が分散されるので、抱っこしているお母さんやお父さんの負担も軽くて楽です。

種類 肩掛けタイプ 対象月齢 乳児〜36カ月
収納スペース あり 耐荷重 20kg

口コミを紹介

お買いものの時などにも使いたかったので、荷物収納できるこちらを選びましたが満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

Amazonランキング3冠達成のコスパ最強の男女兼用ヒップシート

【保育士推薦の男女兼用ヒップシート!】

横抱き・腰抱き・前向き抱き・対面抱きの全4種類の抱き方が可能なヒップシート。横抱きは3カ月程度の赤ちゃんから対応、それ以外の抱き方は赤ちゃんのひとり座りができてから対応と長く愛用できるのが嬉しいポイント。ウエストベルトは65~115cmまで調節が可能で、男女兼用で使えます。

 

ヒップシートには30度ほどの角度がついていて赤ちゃんも座りやすく、また、滑りにくい構造になっています。ちょっとした外出に対応できる収納ポケット付きです。

 

【Amazon・楽天で圧倒的高評価!】

Amazon・楽天で共に口コミ数・評判が高く、Amazonランキングでは3冠達成と、買って間違いなしのヒップシートです。「お手頃なお値段」「装着も抱っこもかなり楽」など安さと使いやすさを好評する口コミが多く見られました。

種類 肩掛けタイプ 対象月齢 3~36カ月
収納スペース あり 耐荷重 20kg

口コミを紹介

装着に少し時間がかかりますが、このベルトがあるとないとは、負担がまったく違います。孫もお気に入りで、「抱っこするの持ってきた?」と楽しみにしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

肩掛けタイプのヒップシートおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 種類 対象月齢 収納スペース 耐荷重
1
アイテムID:10165220の画像
ヒップシート

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

Amazonランキング3冠達成のコスパ最強の男女兼用ヒップシート

肩掛けタイプ 3~36カ月 あり 20kg
2
アイテムID:10165217の画像
ヒップシート ウエストポーチ 2タイプ対応モデル

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

安いのに使いやすい!腰痛が気になる方におすすめ

肩掛けタイプ 乳児〜36カ月 あり 20kg
3
アイテムID:10165216の画像
ヒップシート ベビーキャリア

楽天

詳細を見る

人気のケラッタ!男性にもおすすめのデザイン

肩掛けタイプ 3カ月~ あり 20kg

抱っこ紐タイプのヒップシート人気おすすめランキング4選

多機能なのに安い!抱っこ紐タイプのヒップシート

ヒップシート単体のほか、抱っこ紐やヒップシートキャリアの3通りの使い分けができるヒップシートです。特に抱っこ紐として使う場合、赤ちゃんを横抱きにすれば0カ月から使用できる構造になっています。

 

腰ベルトも横幅が広くなっているため、赤ちゃんの体重をしっかり支えられます。また、座面には高弾力のクッションを使用し、滑り止めもついているので赤ちゃんにも優しい作りです。

種類 抱っこ紐タイプ 対象月齢 0~36カ月
収納スペース あり 耐荷重 20kg

口コミを紹介

マジックテープ、接合部などは軽い力で開けられ止めるとしっかり。
材質が柔らかい上にとても軽い。そしてとにかく安い。

出典:https://www.amazon.co.jp

6wayで使えるおしゃれなヒップシート

おんぶ・前向き・対面・横抱っこが可能なヒップシートです。軽量なのに耐久性に優れています。座面は厚いスポンジ製で滑り止めも付いているので赤ちゃんも快適です。ポップなデザインやナチュラルな柄など5種類から選べます。

 

取り外せるよだれカバーが付属しているため清潔です。携帯やティッシュなどを収納できるポケットもあるので便利に使えます。

種類 抱っこ紐タイプ 対象月齢 0~36ヵ月
収納スペース あり 耐荷重 14.9kg

口コミを紹介

可愛く、サブの抱っこひもとして購入しました。ちょっとしたお出かけのときは、ヒップシートとして抱っこするととっても楽です。腰の負担が違います。買って大満足です

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

POGNAE

ナンバーファイブ ネオ ヒップシートキャリア

安全性に優れた信頼の日本製ヒップシート

赤ちゃんがヒップシートでいつの間にか眠ってしまう事はよくあります。いざベッドへ赤ちゃんを移動させようとヒップシートを外したら、マジックテープの大きな音で赤ちゃんが起きてしまう経験をしたお母さんも多いはずです。

 

こちらのヒップシートは肩掛けタイプで構造がしっかりしていて、独自のサイレントファスナーで赤ちゃんを起こす心配もなく腰ベルトの着脱ができます。2重安全装置のついたバックルや滑りにくいシリコンシートで、安全性にも配慮された日本製です。

種類 抱っこ紐タイプ 対象月齢 1~36カ月
収納スペース あり 耐荷重 15kg

口コミを紹介

デザインがかわいくて、生地も安っぽくなく大変満足です!
高い商品ですが買ってよかったと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

nianruママベスト商品!4way仕様で使い勝手の良いヒップシート!

【赤ちゃんの成長に合わせて使い分けできる抱っこ紐タイプのヒップシート!】

構造がしっかりしている抱っこ紐タイプのヒップシートは値段が高めなものも多いものの、こちらのヒップシートは抱っこ紐タイプなのに2千円台とリーズナブルです。また、赤ちゃんの成長に合わせて「対面抱っこ」「前向き抱っこ」「おんぶ」「ヒップシート」の4通りの使い分けができるので、長期間使用できます。

 

座面にはクッションが入っているので、赤ちゃんも快適です。また、保護者にとっても抱っこ紐タイプで使用する際は肩ベルトと腰ベルトで赤ちゃんの体重が分散されるので楽に過ごせます。デザイン性にも優れるおしゃれなヒップシートです。

 

【Amazon・楽天でも高評価!ninaruママベスト受賞のヒップシート!】

Amazon・楽天でも高評価で、楽天ランキングでは抱っこ紐・ベビースリング部門で1位獲得するほどの人気商品となります。妊娠アプリや育児アプリで有名な「ninaru」のアンケート調査ではninaruママベストを受賞しており多方面で評価の高いヒップシートです。

種類 抱っこ紐タイプ 対象月齢 3~36カ月
収納スペース あり 耐荷重 15kg

口コミを紹介

動くときは支えますが、歩くくらいなら両手離しても問題なし!
メッシュなので涼しいし、子どもも両手が動かせるので嫌がりませんでした(^^)

出典:https://www.amazon.co.jp

抱っこ紐タイプのヒップシートおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 種類 対象月齢 収納スペース 耐荷重
1
アイテムID:10165234の画像
ヒップシート

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

nianruママベスト商品!4way仕様で使い勝手の良いヒップシート!

抱っこ紐タイプ 3~36カ月 あり 15kg
2
アイテムID:10165231の画像
ナンバーファイブ ネオ ヒップシートキャリア

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

安全性に優れた信頼の日本製ヒップシート

抱っこ紐タイプ 1~36カ月 あり 15kg
3
アイテムID:10165228の画像
抱っこひも ヒップシート

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

6wayで使えるおしゃれなヒップシート

抱っこ紐タイプ 0~36ヵ月 あり 14.9kg
4
アイテムID:10165225の画像
ベビーキャリア ヒップシート

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

多機能なのに安い!抱っこ紐タイプのヒップシート

抱っこ紐タイプ 0~36カ月 あり 20kg

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

ブログや口コミで話題のヒップシート

今まで抱っこひもやベビーカーを使っていたお母さんやお父さんも口コミやブログでの評判の高さから、ヒップシートに乗り換えている方も多いです。抱っこひもは赤ちゃんをしっかりホールドしてくれるので、両手が空いて安心感もあります。

 

装着が手間で歩き始めると不便に感じる場合が多いですが、ヒップシートは乗せ下ろしが簡単にできるため、歩き始めた赤ちゃんにもぴったりです。実際に実物を見てみたい方は赤ちゃん用品店を覗いてみましょう

ヒップシートのメリットとは?抱っこ紐との違いは?

ヒップシートと抱っこ紐の大きな違いは、負担がかかる箇所とそれぞれ利点が違うところです。ヒップシートは主に赤ちゃんの体重が腰にかかりますが、乗せ下ろしが簡単なため、歩き始めの時期に適しています

 

一方、抱っこ紐は赤ちゃんの体重が肩と腰に分散されます。また、赤ちゃんとの密着度が高いため月齢が低い赤ちゃんでも安心です。以下の記事では、さまざまな抱っこ紐の人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひ、こちらも参考にしてください。

ヒップシートのデメリットとは

ヒップシートのデメリットは使い方によっては落下の危険がある点です。自由度が高い分、目を離したり手を離したりすると誤って落下してしまう可能性があります。小さな子供や赤ちゃんは、目の前のものに興味を持って体を動かすので気を付けましょう。

 

また、抱っこ紐に比べるとややおんぶがしにくいのもデメリットです。やり方さえ覚えて慣れてしまえば、おんぶOKのヒップシートであれば問題なくできます。落下に気をつけながら、ぜひおんぶの練習もしてみてください。

まとめ

今回はヒップシートの選び方とおすすめの商品をランキング形式で紹介しました。ヒップシートには赤ちゃんとお父さん、お母さんをつなぐ大切な役割があります。購入の際にはこちらの記事を参考にして、赤ちゃんに合ったヒップシートを見つけてみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年10月25日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2022最新版】前向き抱き用抱っこ紐の人気おすすめランキング13選

【2022最新版】前向き抱き用抱っこ紐の人気おすすめランキング13選

抱っこひも・ベビーキャリー
ベビービョルン抱っこ紐の口コミ・評判を調査!

ベビービョルン抱っこ紐の口コミ・評判を調査!

その他ベビー・キッズ
【研究家監修】抱っこ紐のおすすめ人気ランキング15選【家の中でも使える】

【研究家監修】抱っこ紐のおすすめ人気ランキング15選【家の中でも使える】

抱っこひも・ベビーキャリー
【2022年最新版】メッシュタイプの抱っこ紐の人気おすすめランキング12選【エルゴなど人気アイテムも紹介】

【2022年最新版】メッシュタイプの抱っこ紐の人気おすすめランキング12選【エルゴなど人気アイテムも紹介】

抱っこひも・ベビーキャリー
【2022年最新版】エルゴベビーのおすすめ人気ランキング15選【抱っこ紐】

【2022年最新版】エルゴベビーのおすすめ人気ランキング15選【抱っこ紐】

抱っこひも・ベビーキャリー
抱っこ紐ケープのおすすめ人気ランキング15選【防寒ケープやおしゃれなブランドものも】

抱っこ紐ケープのおすすめ人気ランキング15選【防寒ケープやおしゃれなブランドものも】

抱っこひも・ベビーキャリー