【2021年最新版】孵卵器の人気おすすめランキング10選【使い方も紹介】

記事ID25903のサムネイル画像

うずらや文鳥などの鳥や爬虫類の卵を孵化させるための孵卵器には、温度・湿度の自動調節機能や自動転卵機能のついた最新商品が登場しています。そこで今回は、孵卵器の選び方や人気のおすすめ商品ランキングをご紹介します。使い方を知りたい方も要チェックです!

自動孵卵器(インキュベーター)の魅力とは

動物の研究を行う学生や小鳥のブリーダーなどで、鳥や爬虫類の孵卵器を必要としている方もいらっしゃるのではないでしょうか。孵卵器は卵を最適な環境の下で温め、孵化をサポートするために必要なアイテムです。特に鳥の卵は温度管理が非常に重要です。

 

実は卵の孵化において、温度や湿度の管理が大変重要です。きっちりと温度管理をしているつもりでも、孵化に失敗してしまうことは珍しくありません。その点、孵卵器は自動的に中の温度や湿度を保ってくれるので便利です。

 

そこで今回は、孵卵器の選び方や人気のおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングは、機能・見やすさ・お手入れのしやすさを基準に作成しました。購入を迷われている方は、ぜひ参考にしてみてください。

孵卵器の選び方

孵卵器を購入しようと思っても、どう選んだらいいか迷われている方も少なくありません。ここでご紹介する選び方を押さえておけば、きっと最適な孵卵器を見つけることができますよ。

卵の種類で選ぶ

まずは育てようとしている卵の種類を確認しましょう。孵卵器の中には鳥専用や爬虫類専用など、特定の動物に特化したタイプもありますので、間違いのないようにすることがポイントです。

うずら・文鳥などは「鳥用」がおすすめ

孵卵器の最もスタンダードなタイプが鳥用の商品です。主にニワトリやガチョウ、うずらなどの卵を入れることができ、商品の種類も豊富です。したがって、価格や機能など自分に合った商品に出会いやすく、選びやすい点がメリットです。

 

鳥用の孵卵器を購入する際は、後ほどご紹介する鳥判別機能がついているかどうかもよくチェックすることをおすすめします。鳥判別機能が備わっていることで、鳥ごとの種類に合わせた温度管理を徹底することができ便利です。

カメ・カエルなどは「爬虫類用」がおすすめ

カメやカエルなどの爬虫類の卵を孵化させたいと考えている方には、爬虫類用の孵卵器をおすすめします。孵卵器で一般的に販売されている商品は鳥用のものが多いので、間違えないように注意が必要です。

 

鳥用の孵卵器は爬虫類には使用できません。卵のサイズや最適温度などが異なるためです。したがって爬虫類の孵卵器を購入する場合は、必ず「爬虫類専用」といった表記があるかを確認するようにしましょう。

機能で選ぶ

鳥判別機能や温度調節機能など、孵卵器にあると便利な機能を知っておくと商品選びの際に役立ちます。ここでは代表的な機能をご紹介していきます。

文鳥・烏骨鶏などの「鳥判別機能」付きがおすすめ

孵卵器に鳥判別機能が備わっていれば、特に初心者にとっては非常に便利です。鳥の卵は種類によって、孵化までの日数や最適温度が異なるからです。

 

ニワトリやガチョウ、アヒルなどの中から該当する鳥の種類のボタンを押すことで、孵卵器が自動的に孵化までの日数や温度を設定し、卵に最適な環境を整えてくれます。日数の管理も格段に簡単になるので、ぜひ鳥判別機能の有無はよく確認するようにしましょう。

初心者は「温度・湿度の自動調節機能」付きがおすすめ

うまく孵化させるためには、温度と湿度の調整が非常に重要です。しかし孵化するまでの期間、常に適切な温度や湿度に保つことは上級者でも難しい作業です。そこで温度・湿度の自動調節機能が搭載された孵卵器であれば、調節の難易度はぐっと下がります

 

温度の調節機能が備わった孵卵器は多く販売されている一方で、湿度まで調節してくれる孵卵器はあまりありません。特に初心者の場合は、温度・湿度ともに自動調節してくれる孵卵器に絞って探してみるといいでしょう。

手間を省くなら「自動転卵機能」付きがおすすめ

温度・湿度のほかにも重要なのが、「転卵」です。転卵とは卵の中にある胚が殻に癒着してしまうのを防止するために、定期的に卵を回転させる作業です。この作業を怠ると孵化に失敗してしまう可能性があります。

 

転卵を自動で行ってくれる自動転卵機能が搭載されていると非常に便利です。多くの孵卵器では、一定の時間間隔で卵を45~90度に回転させてくれます。少しでも手間を省きたい方は、ぜひ自動転卵機能の備わった孵卵器を選びましょう。

 

また、中にはあえて手動で転卵できるタイプの孵卵器も販売されています。転卵の頻度や角度にこだわりたい方や、手をかけて卵を育てていきたい方には、手動タイプの孵卵器がおすすめです。

作動音が気になるなら「静音機能」をチェックしよう

孵卵器は常時作動させておく必要のあるアイテムです。特に夜中は、小さな作動音でも気になってしまうかもしれません。また研究目的などで複数台を同時に使用する場合はそれだけ作動音が大きくなりますよね。

 

作動音が大きいと、睡眠不足やストレスの原因になってしまい、健康に害が及ぶ可能性もあるので注意が必要です。

 

このように長期間使用することを想定し、できるだけ作動音の小さい孵卵器を購入することをおすすめします。音の大きさは口コミなどで事前によくチェックしましょう。中には「静音タイプ」との表記がある商品もあるので要チェックです。

卵を観察するなら「見やすさ」にこだわろう

孵卵器の中の卵の状態はこまめにチェックすることが大切です。そのためにも、カバーがクリアガラスでできているものなど、内部が見えやすいタイプを選ぶことをおすすめします。またプラスチックであればぶつけても壊れにくい耐久性をもっています。

 

外から見えにくいからといってフタを開けてしまうと、中の温度や湿度が崩れてしまうので注意が必要です。

設置スペースや卵の数に合わせて「サイズ」をチェックしよう

孵卵器は家庭用のコンパクトなタイプから業務用サイズまで、幅広い大きさの商品が展開されています。孵卵器のサイズが大きくなるほど、収納できる卵の数が多くなるので大量に孵化させたい場合には便利です。

 

サイズを検討する際には、孵化させたい卵の数だけではなく設置スペースも考慮しましょう。安定して設置できるスペースを確保したうえで、適したサイズの孵卵器を選ぶことをおすすめします。特にご家庭用に購入する場合はコンパクトサイズがおすすめです。

安すぎる「価格」には注意しよう

孵卵器は低価格なものであれば1万円前後で購入できます。しかしあまり安すぎると、機能が不十分であったり壊れやすい可能性があるので、事前に商品説明や口コミなどを細部まで入念に調べるようにしましょう。

 

また保証付きの商品を選ぶことで、万が一の場合にも安心して対応してもらえます。多少値段が張っても、機能とサポート体制が充実した商品の方がおすすめです。

孵化を成功させたいなら「お手入れのしやすさ」をチェックしよう

孵卵器は生き物の卵を扱う機械ですから、内部を清潔に保つことが重要です。使用後はお手入れが欠かせません。そこでお手入れのしやすさについても、購入前にチェックすることをおすすめします。

 

商品の中には部品ごとに解体して水で洗えるタイプなど、お手入れがしやすい工夫が凝らされているものがあります。毎回の孵化を成功させるためにも、衛生面に気を付けることを心掛けましょう。

購入場所で選ぶ

孵卵器は主に、ホームセンターなどの販売店や通販などで購入することができます。目的に合わせた購入場所で商品を選ぶようにしましょう。

実際に商品を手に取りたいなら「ホームセンター」がおすすめ

孵卵器は海外製の商品が多いため、通販の方が品揃えが充実しています。しかしいきなり通販で購入することに抵抗がある方は、コーナンやカインズなどお近くのホームセンターで実際に商品を手に取ってみることをおすすめします。

 

目当ての商品がなくても、類似する商品を眺めるだけでも学べる点は多いでしょう。自分の手で触ってみたり機能の表示を確認することで、商品の違いや特徴をしっかり理解することができます。また知識のある店員に質問することができればさらに安心できるでしょう。

豊富な品揃えからお手軽に購入するなら「通販」がおすすめ

店に足を運ぶ時間がなかったり、買いに行く手間を省きたい方には通販がおすすめです。お店よりも通販の方が品揃えが豊富なので、商品説明や口コミを参考にじっくり比較しましょう。ただし送料が別途かかる場合があるので、しっかり確認するようにしましょう。

 

また通販で商品を購入する際は、保証などのアフターサービスがついているかどうかもチェックすることをおすすめします。アフターサービスが充実していれば、到着した商品に不備があったり、商品が故障した場合にも安心して対応してもらえます。

一度しか使わないなら「レンタル」もおすすめ

孵卵器を購入したいけれど、一度しか使わない…とお悩みの方や、お試しで商品を使用してみたい方もいると思います。そうした場合は、孵卵器をレンタルするのもおすすめです。孵卵器はネット上の各種サイトでレンタルすることができます。

メーカーで選ぶ

孵卵器はさまざまなメーカーから販売されています。それぞれに特徴があるので見ていきましょう。

機能性とコスパの良さなら「LifeBasis(ライフベイシス)」

LifeBasisはさまざまな種類の孵卵器を手掛けているメーカーです。LifeBasisの孵卵器は機能性に優れているだけでなく、リーズナブルな価格で購入できるのが特徴です。静音機能を搭載していることにより、作動音が気にならないのも魅力です。

 

ニワトリの卵であれば10個入りから24個入りまで選べるので、目的や設置スペースに合わせて孵卵器を選ぶことができます。

手厚いアフターサポートなら「リトルママ」

リトルママは孵卵器などを取り扱う海外メーカーです。リトルママの商品は、孵卵器の正規輸入代理店であるベルバードから購入することができます。ベルバードでは孵卵器の販売だけでなく、機種の修理にも対応してもらえるので万が一の際にも安心できます。

安心の日本製なら「フランキ」

フランキは埼玉県に本社を置く孵卵器販売会社です。海外製がほとんどを占める孵卵器市場の中で、日本製ならではの高品質な製品を提供しています。またメンテナンスや修理にも対応してもらえるので、安心感のある日本製の孵卵器を使用したい方におすすめです。

孵卵器の人気おすすめランキング10選

10位

RCOM MARU AUTOLEX

たまぴょミニ

価格: 17,000円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

趣味や家庭用におすすめ

こちらの孵卵器は、ニワトリの卵で3個入れることのできるミニサイズなので、趣味や家庭での使用にピッタリです。小さいながらも、自動転卵機能や温度調節機能など性能は優れているのでおすすめです。

サイズ 20x26x10cm 重量 1kg
卵の種類 ニワトリなど 鳥判別機能 -
温度・湿度調節機能 温度のみ 自動転卵機能 あり
静音機能 -

口コミを紹介

使いやすい。箱は、英語だけどちゃんと日本語の説明書が、ついていたからいいと思いました。ちゃんと鶏の雛がかえりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

Baoblaze

インキュベーター 爬虫類用

価格: 1,050円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

爬虫類を簡単に孵化させよう

こちらの孵卵器は、プラスチックでできているので耐久性に優れています。ヘビやトカゲなど爬虫類の卵を12個まで入れることができ、さらに2箱セットになっているのでお得に大量の卵を孵化させることができます。

サイズ 16.5 ×11×5cm 重量 -
卵の種類 爬虫類 鳥判別機能 なし
温度・湿度調節機能 なし 自動転卵機能 なし
静音機能 なし

口コミを紹介

値段の割にしっかりしていて、蓋がガバガバということもなく、ちゃんと閉まります。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

ZFF

全自動卵インキュベーター

価格: 24,674円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多機能で便利な孵卵器

こちらの孵卵器は、温度だけでなく湿度の自動調節機能がついていて、さまざまな鳥の卵に対応しています。さらに自動転卵機能もついているので、初心者の方でも手間をかけずに卵を孵化させることができます。

サイズ - 重量 5kg
卵の種類 鳥判別機能 -
温度・湿度調節機能 あり 自動転卵機能 あり
静音機能 -

口コミを紹介

いろいろな機能がついているので助かりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

MMSAWA

自動孵卵器

価格: 3,999円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

LEDライトで中がよく見える

こちらの孵卵器は、デジタル液晶画面によって設定を確認しやすいほか、LEDライトがついているので内部の様子をよく観察することができます。また静音機能がついているので、夜中も動作音が気にならないでしょう。

サイズ 25×25×8cm 重量 約0.82kg
卵の種類 鳥判別機能 -
温度・湿度調節機能 あり 自動転卵機能 なし
静音機能 あり

口コミを紹介

丁寧な梱包でした。日本語の説明書で分かりやすく孵卵器の操作方法もわかりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

アールコム

小型孵卵器

価格: 31,900円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

生まれたヒヨコにもやさしい設計

こちらの孵卵器は、温度が均一にいきわたるようにドーム型の形になっています。また生まれたヒヨコが落下しないように工夫された内部の構造が特徴的です。必要な機能がそろっているので、初心者の方にもおすすめです。

サイズ 259x236.5x172 mm 重量 2.5kg
卵の種類 鳥判別機能 -
温度・湿度調節機能 あり 自動転卵機能 あり
静音機能 -

口コミを紹介

6個の卵、全て孵化しました!付属のマニュアル含め、不便なく使えました。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

xuuyuu.

爬虫類専用孵卵器

価格: 869円(税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

爬虫類の孵化に最適

こちらの孵卵器はヤモリやカエル、トカゲ、ヘビ、カメといった小さな爬虫類の卵を孵化させることを目的としています。透明のプラスチックでできているため、中をよく見渡すことができ、耐久性にも優れています。

 

シンプルな構造なのでお手入れが簡単で、何度も繰り返し使用することができます。また付属品として温度計がついてくるので、孵卵器内の温度管理に役立ちます。爬虫類が好きな人にプレゼントとして贈るのもいいですね。

サイズ 16.5x11x5.2cm 重量 100g
卵の種類 ヤモリ・カエル・ヘビ・トカゲ・カメなど爬虫類 鳥判別機能 なし
温度・湿度調節機能 なし 自動転卵機能 なし
静音機能 なし

口コミを紹介

初めてカメの卵を孵化させました。感動しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Safego

自動孵卵器

価格: 5,699円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自動転卵機能で手間いらず

こちらの孵卵器は、設置スペースに困らない小型サイズでありながら、鶏12個の卵を入れることができます。自動転卵機能を搭載しているので初心者でも手間がかかりません。

 

また1年保証がついているので、万が一の場合にも安心です。研究や工場、家庭用としてお手頃な価格で購入できるのもメリットです。

サイズ 30x28.2x17.6cm 重量 1.56Kg
卵の種類 鳥判別機能 -
温度・湿度調節機能 あり 自動転卵機能 あり
静音機能 あり

口コミを紹介

自動で回転してくれるので、初心者でも簡単にできました!

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp

3位

Decdeal

ミニデジタル孵卵機

価格: 2,980円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

温度を自動で調整してくれる

こちらの孵卵器は、カバーが透明でできているためふたを開けなくても中の様子をよく観察することができます。また18~45度の間で自由に温度を設定できるので、幅広い種類の卵に対応しています。

 

0.01度の温度差まで正確に感知し、適切な温度を保つ自動調節機能を搭載しているので、孵卵器の内部を常に最適な環境に整えることができます。またコンパクトな設計のため、省電力である点もメリットです。家庭用にもおすすめです。

サイズ 15.5×15.5×15cm 重量 322g
卵の種類 ニワトリ・ガチョウ・ハト・ウズラなど 鳥判別機能 -
温度・湿度調節機能 温度のみあり 自動転卵機能 なし
静音機能 -

口コミを紹介

小さくて場所もとらずにとても良かったです。無事に孵化もしました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Life Basis

自動孵卵器 小型

価格: 6,099円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

家庭用にぴったりの小型サイズ

こちらの孵卵器はニワトリの卵が10個入る小型サイズなので、家庭用にぴったりです。内部への均一な空気循環を実現させるため、洗練された流線形のフォルムになっています。液晶画面で温度やモードを一目で確認することができ便利です。

 

こちらの商品には温度を一定に保つ機能だけでなく、給水装置に水を入れることで湿度も調整できる点がおすすめポイントです。またゆりかごのように優しく卵を回転させてくれる自動転卵機能も搭載されています。

サイズ 25×25×15cm 重量 1.7Kg
卵の種類 ニワトリ・アヒル・ガチョウ・キジ・カモ・ウズラ・オウムなど 鳥判別機能 -
温度・湿度調節機能 あり 自動転卵機能 あり
静音機能 -

口コミを紹介

仕組みが簡単なので、初心者でもわかりやすかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Life Basis

自動孵卵器

価格: 9,999円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

静音タイプなので動作音が気にならない

こちらの孵卵器は、ニワトリの卵で24個入る大容量サイズです。研究目的や工場で使用する方におすすめです。温度・湿度の自動調節機能や自動転卵機能を搭載しているので、初心者の方でも簡単に孵化を成功させることができるでしょう。

 

さらに、作動音を抑制する静音機能もついているので全くストレスになりません。転卵モーターをコントロールすることで、転卵音を最小限に抑えることに成功しています。またさまざまな種類の卵に対応しているので、これ1台で重宝します。

サイズ 45×31×25cm 重量 4.5Kg
卵の種類 ニワトリ・アヒル・ガチョウ・キジ・カモ・ウズラ・おうむなど 鳥判別機能 あり
温度・湿度調節機能 あり 自動転卵機能 あり
静音機能 あり

口コミを紹介

器内が広いので孵化後の育雛器としても使ってます。温度も±0.1~0.2度の範囲で安定しています。室温12~13度の寒い部屋でも 孵化器内は38度を維持できました。最初に温度校正を設定して、あとは設定したい温度に設定するだけなので操作も簡単です。

出典:https://www.amazon.co.jp

孵卵器のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7079584の画像

    Life Basis

  • 2
    アイテムID:7079310の画像

    Life Basis

  • 3
    アイテムID:7078787の画像

    Decdeal

  • 4
    アイテムID:7078605の画像

    Safego

  • 5
    アイテムID:7078495の画像

    xuuyuu.

  • 6
    アイテムID:7083625の画像

    アールコム

  • 7
    アイテムID:7083181の画像

    MMSAWA

  • 8
    アイテムID:7083164の画像

    ZFF

  • 9
    アイテムID:7082892の画像

    Baoblaze

  • 10
    アイテムID:7082931の画像

    RCOM MARU AUTOLEX

  • 商品名
  • 自動孵卵器
  • 自動孵卵器 小型
  • ミニデジタル孵卵機
  • 自動孵卵器
  • 爬虫類専用孵卵器
  • 小型孵卵器
  • 自動孵卵器
  • 全自動卵インキュベーター
  • インキュベーター 爬虫類用
  • たまぴょミニ
  • 特徴
  • 静音タイプなので動作音が気にならない
  • 家庭用にぴったりの小型サイズ
  • 温度を自動で調整してくれる
  • 自動転卵機能で手間いらず
  • 爬虫類の孵化に最適
  • 生まれたヒヨコにもやさしい設計
  • LEDライトで中がよく見える
  • 多機能で便利な孵卵器
  • 爬虫類を簡単に孵化させよう
  • 趣味や家庭用におすすめ
  • 価格
  • 9999円(税込)
  • 6099円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 5699円(税込)
  • 869円(税込)
  • 31900円(税込)
  • 3999円(税込)
  • 24674円(税込)
  • 1050円(税込)
  • 17000円(税込)
  • サイズ
  • 45×31×25cm
  • 25×25×15cm
  • 15.5×15.5×15cm
  • 30x28.2x17.6cm
  • 16.5x11x5.2cm
  • 259x236.5x172 mm
  • 25×25×8cm
  • -
  • 16.5 ×11×5cm
  • 20x26x10cm
  • 重量
  • 4.5Kg
  • 1.7Kg
  • 322g
  • 1.56Kg
  • 100g
  • 2.5kg
  • 約0.82kg
  • 5kg
  • -
  • 1kg
  • 卵の種類
  • ニワトリ・アヒル・ガチョウ・キジ・カモ・ウズラ・おうむなど
  • ニワトリ・アヒル・ガチョウ・キジ・カモ・ウズラ・オウムなど
  • ニワトリ・ガチョウ・ハト・ウズラなど
  • ヤモリ・カエル・ヘビ・トカゲ・カメなど爬虫類
  • 爬虫類
  • ニワトリなど
  • 鳥判別機能
  • あり
  • -
  • -
  • -
  • なし
  • -
  • -
  • -
  • なし
  • -
  • 温度・湿度調節機能
  • あり
  • あり
  • 温度のみあり
  • あり
  • なし
  • あり
  • あり
  • あり
  • なし
  • 温度のみ
  • 自動転卵機能
  • あり
  • あり
  • なし
  • あり
  • なし
  • あり
  • なし
  • あり
  • なし
  • あり
  • 静音機能
  • あり
  • -
  • -
  • あり
  • なし
  • -
  • あり
  • -
  • なし
  • -

孵卵器の使い方のポイント

孵卵器は卵を扱う繊細な製品です。命を扱っていることを念頭に置いて、正しく使用するようにしましょう。

安易に孵卵器を使用しないよう注意しよう

小中学校での教材や子供の自由研究の題材として孵卵器を使用することは、あまりおすすめできません。なぜなら孵卵器は命を扱う機械であり、実験目的で安易に使用することには問題があるとの意見もあるからです。

 

また孵化した後は生き物を育てる責任が生じることも考えておく必要があります。たとえば、ヒヨコが成長してニワトリになったとき、マンションやアパートで飼育することは困難です。安易に孵化させることは過剰な繁殖にもつながるので危険です。

 

孵卵器は基本的には、研究目的の獣医学生や小鳥などのブリーダーが購入するものです。それ以外の方がどうしても使用する場合は、上記のような注意点をしっかり理解したうえで、大人が責任をもって孵化から飼育まで担うようにしましょう。

 

なお以下の記事では、子供の自由研究で活躍するアイテムの人気おすすめ商品をランキング形式でご紹介しています。植物観察や天体観測などに役立つ商品を取り上げています。こちらもぜひ参考にしてみてください。

有精卵かどうか確認しよう

大前提として、孵卵器で卵を孵化させるためにはその卵が有精卵である必要があります。受精が成立していない無精卵では、いくら孵卵器で温めても卵を孵化させることはできません。市販の卵の中には無精卵も混ざっているので注意しましょう。

 

アマゾンや楽天などの通販では有精卵だけのパックを購入することができるので、事前にチェックしておくことをおすすめします。

全自動でもオート機能に頼りすぎないようにしよう

孵卵器の多くは自動で温度調節や転卵をしてくれるので、手間を省くことができ非常に便利です。しかし、いくら便利といっても完全に機械に頼り切ってしまうのは避けるのが良いでしょう。

 

特に真夏の猛暑や真冬の冷え込み、機械の劣化による性能の劣化などを見越してこまめに中の様子を確認することをおすすめします。また購入直後は、いきなり卵を設置するのではなく、まずスイッチを入れてみて温度を安定させることがおすすめです。

 

理想としては、鳥判別機能や温度・湿度調節機能、自動転卵機能などを存分利用して手間を省きつつ、こまめに自分の目で観察しながら微調整を加えるのがいいでしょう。機械に頼りすぎず、心を込めて卵を温めていきましょう。

孵卵器を自作する方法

孵卵器を自作で用意したいと考えている方に、必要なアイテムの案をご紹介します。卵を孵化させるために最低限必要なものは、発泡スチロールなどの保温性の高い箱、温度計・湿度計、サーモ付きペットヒーター、水を入れる容器です。

 

これらを組み立てることで孵卵器を自作することは可能ですが、肝心なのは温度と湿度の管理や転卵作業です。手動ですべてを行うのはかなり大変なので、初心者の方や確実に孵化を成功させたい方は、機能の備わった孵卵器を購入することをおすすめします。

まとめ

ここまで孵卵器の選び方や人気のおすすめ商品ランキングをご紹介してきましたが、いかがでしたか。卵の種類や機能などをしっかりチェックして、ご自分に合った孵卵器を探してみてくださいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年05月07日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事